■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 政治 rss

    与党改選過半数、改憲多数派形成へ論議深めよ

     第25回参院選が投開票され、与党の自民、公明両党が改選過半数を獲得した。6年半余りにわたる安倍晋三首相の政権運営や重要諸政策が国民から支持されたものだ。ただ、憲法改正の国会発議に必要な3分の2の議席は、自民、公明、維新の3党では届かなかった。しかし、それ以外にも改憲を真剣に考えている候補者が当選している。安倍政治の集大成の意味でも、首相は多数派形成に向けて議論を深めていくべきだ。

    二者択一の訴えが浸透

    5
    続き

    参院選投開票、国づくりへ良識ある人材を

     令和初の国政選挙である第25回参議院選挙は、きょう投開票される。6年半に及ぶ安倍晋三首相の政権運営や政策を支持するのか、野党各党の主張と対案を支持して一票を投じるのか。有権者はそれらを吟味し、新しい時代の国づくりに真摯(しんし)に取り組める良識の府に相応(ふさわ)しい人材を選択してもらいたい。

    注目される二つの数字

    4
    続き

    令和参院選 兵庫、与党2へ公・維・立が混戦

     2016年参院選で、改選数が3に増えた兵庫選挙区で24年ぶりに議席を得た公明。今回も「最重点区」と位置付け、てこ入れを図る。日本維新の会や立憲民主も交えた混戦が展開される中、組織票の奪い合いにより自民と公明の間では不協和音も聞こえる。

    1
    続き

    参院選終盤、投票率上昇へ活発な選挙戦を

     令和初の第25回参院選も終盤戦に入り、投票日が3日後に迫った。

     各党各陣営も最後の支持を訴える遊説に全力を注いでおり、新しい時代にわが国の針路を考える大切な機会として、一人でも多くの有権者が投票所に足を運ぶように選挙が盛り上がっていくことを期待したい。

     低投票率の若い世代

    0
    続き

    令和参院選 静岡 榛葉、徳川との決戦熾烈

     「今度の選挙、全く読めない」と、各候補の選挙事務所が異口同音に話す。

     これまで自民と民主系が改選2議席を分け合い、“無風区”と呼ばれていた静岡だが、国民現職の榛葉賀津也に対し、立憲から強力な刺客が送り込まれた。新人ながら徳川宗家19代目という強烈な肩書を持った徳川家広だ。

    2
    続き

    自民党も立憲民主党も国民民主党も候補者選びには苦労したのだろう

    6年間の最大の功績は、子どもを産んだこと、などと街頭演説で言われてしまった候補者がいる。

    つまり、それ以外には候補者を持ち上げる材料がなかった、ということだ。

    地元で候補者差し替えの動きがあった、というのだから、この発言を一概に批判することは出来ない。 地元の有権者からあれやこれや苦情が出ていたのに、そういう声を聞かないで、現職優先という方針で押し切ってしまった自民党本部の選対に問題がある。

    0
    続き

    令和参院選 東京、当選圏へ与野党混戦続く

     東京では、連日の雨空の下、与野党入り乱れて熾烈(しれつ)な戦いが繰り広げられている。

     改選議席が1増えて6となったが、自民2、立憲2を含む20人が立候補。2013年の前回選挙で上位を占めた自民・丸川珠代、公明・山口那津男、共産・吉良佳子の現職3人が今回も有利な戦いを進めている。

    4
    続き

    令和参院選 沖縄、若者浮動票狙い自民追撃

     「今、イデオロギー闘争で選挙をやっているのはこの沖縄県だけ。県民分断も平成で終わりだ」

     自民新人で実業家・元日本青年会議所会頭の安里繁信は地元浦添市での出陣式で、推薦を受ける公明の金城勉県本部長、維新の下地幹郎衆院議員による熱い応援演説の後、こう訴えた。

    2
    続き

    令和参院選 埼玉、1増めぐり共・国 勢いに差

     改選議席が3から4に増えた埼玉。自民・古川俊治、公明・矢倉克夫、立憲民主・熊谷裕人の3人が優位に戦いを進める。

     なかでも古川は、前回2013年の選挙が100万票を獲得する独壇場だっただけに、今回も他を寄せ付けない。

    1
    続き

    令和参院選 新潟、“落下傘”と“忖度”の激戦

     「相手候補は、当選するためだけに新潟にやって来た人だ」

     公示日の翌日、新潟市中心部のショッピングモールに安倍晋三首相の声が響いた。首相の隣で厳しい表情を浮かべるのは自民の現職、塚田一郎だ。党が重点区の一つに位置付ける新潟には、公示日の麻生太郎財務相をはじめとして、安倍首相、菅義偉官房長官ら党幹部が連日応援に駆け付ける。

    5
    続き

    令和参院選 大阪、残り1議席争う立・維・共

     「梅村さんの熱い思い、伝わったで!」  気温が30度近くまで上昇し強い日差しが照り付けた7日正午、堺市堺区の堺東駅前で行われた維新の新人・梅村みずほの街頭演説会では活気にあふれた声援が飛び交った。梅村が「維新は身を切る改革で教育無償化を実現してきた。私も子供たちのために命を張ります」とこぶしを振り上げて訴えると、ひときわ大きな拍手が沸き起こった。聴衆から「維新が国政で頑張ってくれや!」と声が掛かると、梅村は任せてくれと言わんばかりに大きくうなずいた。

    2
    続き

    自民圧勝を予測する共同の参院選序盤情勢はアナウンス効果が狙いか

     参院選が始まるや否や、各紙が一斉に「序盤情勢」を報じた(6日付)。どこも似たり寄ったりで「参院選 自民が優位」(読売)「自公、改選過半数の勢い」(朝日)なのだそうだ。

    1
    続き

    さて、現時点でインターネット投票を推進する政党はどの党かしら

    投票率の低下を憂いていたのだが、投票率が低下している一因として投票所の減少が上げられている。

    いわゆる過疎地でその傾向が顕著だということだ。 投票所まで5キロもある、などということを聞くと、うーん、それでは投票に行くのは難しいだろうな、と言わざるを得ない。 巡回投票所という提案もあるが、過疎地の場合は相当広大な地域を巡回しなければならなくなりそうだからその費用負担等を考えるとなかなか実現は難しそうである。

    0
    続き

    四野党の参議員選挙の公約では辺野古移設が確実

    参議員選挙で、自民党は普天間飛行場の辺野古移設を進めることを明記した。これに対し、「立憲民主党など野党4党は辺野古移設の中止や反対で足並みをそろえて対立軸を明確にした。辺野古移設問題が全国的な争点の一つとして問われることになる」と琉球新報は報じている。

     辺野古移設問題が全国的な争点となると野党は県外移設を言えなくなる。県外移設は沖縄では主張できるが本土ではできないのだ。

    1
    続き

    対韓輸出厳格化、文氏はこれ以上信頼損なうな

     政府が韓国を対象に半導体材料の輸出管理を強化した。日本企業に元徴用工らへの賠償を命じた韓国最高裁判決をめぐって解決策を示さない韓国政府への事実上の対抗措置だ。

     韓国の文在寅政権の反日的な姿勢で、日韓関係は悪化の一途をたどっている。これ以上、日本との信頼関係を損なうべきではない。

    フッ化水素などが対象

    17
    続き

    辺野古移設賛成への風が吹いてきた

     安倍首相は参議院選における党首会談で、普天間飛行場の辺野古移設は宜野湾市民の危険性を除去するのが目的であること、そして、民主党政権時代に鳩山首相が県外移設をしようとしたができなかったことから辺野古移設になったことを話した。そして、辺野古飛行場の滑走路は1000メートルも短くなり大型の輸送機は離着陸できなくなるとも話した。辺野古移設は沖縄の米軍基地の縮小になると安倍首相が言った通りである。

     辺野古埋め立て工事が始まって半年以上になる。埋め立て工事は順調に進んでいる。辺野古埋め立てが進んでいけば辺野古の海も大浦湾も汚染されないことを県民は理解するようになる。辺野古移設反対派の嘘は工事が進行していくつれてばれていく。

    3
    続き

    3年前の都知事選挙の再来はなさそうだ

    多分、皆さん、手応えが今一つ、というところではないだろうか。

    一部には燃えている人がいるのだろうが、まだ火が点いていないところが大半のような印象である。 選挙戦が始まるまで順調な歩みを見せていたれいわ新選組だったが、選挙戦の本番になったらガクッと世間の注目度が落ちてきている。

    諸派扱いにはされていないが、ことさらにれいわ新選組や山本太郎を取り上げるマスコミが出て来ない。

    1
    続き

    安倍政権とのスタンスをそのまま反映した各紙のG20サミット評価

     「まずは米中双方が納得できる自由貿易の原則を確認し、それに沿うよう促したのは現実的アプローチといえる」(産経6月30日付主張)。

     「世界経済の持続的な成長には、各国が協調して自由貿易の推進などに取り組むことが不可欠だ。その重要性を確認した意義は小さくない」(読売7月1日付社説)。

    1
    続き

    参院選公示、骨太の政策論戦し選択肢示せ

     令和の時代を迎えて初めての国政選挙、第25回参議院選挙が4日公示され、21日の投開票日に向けて17日間の選挙戦が始まる。参院選は政権選択の選挙ではないが、その結果は今後の安倍晋三首相の政権運営に少なからず影響を及ぼす。与野党ともに、憲法、外交・安全保障を含む国政全般にわたる骨太の政策論戦を通して、有権者により明確な選択肢を示してもらいたい。

     「年金不安」だけでない

    0
    続き

    大阪G20サミット閉幕、環境・経済で成果

     大阪で28、29両日に実施された20カ国・地域首脳会議(G20サミット)は、首脳宣言を採択して閉幕した。環境ではプラごみゼロへの枠組みを示し、世界貿易機関(WTO)改革への道筋を示した。一方で米中貿易摩擦では、米国が追加関税の先送りを表明、景気の下振れリスクが指摘されていた危機はひとまず乗り切った。(G20大阪サミット取材班)

    2
    続き

    NW日本版で安倍政権の「中道左派への変質」を指摘した冷泉氏の卓見

     「年金受給は何歳からがいいか」「間違わない死後の相続」等々の見出しが並ぶ最近の週刊誌。もはや読者は中高年しかいない、という現状を自ら暴露しているような体裁である。その課題に直面しつつある年齢だとはいえ、頻繁に同じような企画が続くと食傷気味になる。

    1
    続き

    良識の『腐』・参議院。タレント候補者全員落選でいいわ!

     G20で安倍総理が韓国の文在寅大統領と8秒間の握手、記念撮影後すぐに退場を促したと話題になっています。河野外務大臣も韓国の提案は国際法違反で受け入れられないとばっさり切り捨てていましたし、韓国に対する対応は岩屋防衛大臣を除けば概ね良かろうと思っています。個人同士の友情とは違い、国と国との付き合いはルールに則り、感情抜きでお願いしたい。

     閣僚はG20で忙しいですが、それ以外の議員は参院選突入ということで、候補予定者は勿論のことその応援で衆議院議員も選挙のない参議院議員も国内を飛び回っているようです。「愚か者!恥を知れ!」と国会で野党に毒づいた三原じゅん子参議院議員も、あちこちで引っ張りだこの様子。

    2
    続き

    G20閉幕、自由貿易の基本原則を確認

     日本が初の議長国を務める20カ国・地域首脳会議(G20サミット)は29日、2日間の協議を終え、首脳宣言を採択して閉幕した。米国と中国の貿易摩擦が長期化する中、宣言に「自由・公正・無差別な貿易、投資環境の実現に努める」ことを明記。デジタル経済のルール作りの枠組み「大阪トラック」の開始を宣言するとともに、海洋プラスチックごみ削減へ具体的な実施の枠組みで合意した。

    1
    続き