■連載一覧
  • 憲法改正 私はこう考える
  • どう見る北の脅威
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 2018/2/15
  • 2018/2/13
  • 2018/1/18
  • 2018/1/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 政治 rss

    名護市長選の争点をずらしたのは稲嶺候補とマスコミだ。だから負けた。

     名護市長に辺野古飛行場建設を止める権限はない。だから、止めることができない。それは8年前に稲嶺氏が名護市長になる前からはっきりしていた。しかし、その事実を隠して市民には止めることができると嘘をついて当選したのが稲嶺前市長である。

     止めると公約して市長になってから8年間経っても辺野古飛行場建設工事は止まっていない。止まっていないどころか確実に進んでいる。この現実を見れば名護市長が工事を止めることができないことを市民も気付くようになる。 ・・・名護市長が辺野古移設を止めることはできない。これが現実・・・ このような意識が名護市民に広まったのである。もう、市民を騙すことはできない状況になってきたのである。

    48
    続き

    北方領土の日、共同経済活動後の道筋は?

     日本とロシアは1855年2月7日に結んだ日露通好条約で、両国の国境を択捉(えとろふ)島と得撫(ウルップ)島の間に定めた。しかし、わが国の領土である択捉、国後(くなしり)、色丹(しこたん)、歯舞(はぼまい)の北方四島は、戦後70年以上が経過した現在もなお、ロシアの占拠下にある。きょう、38回目の「北方領土の日」を迎え、「北方領土返還要求全国大会」が官民一体となって開催される。

    2
    続き

    選挙広報戦略に長けた自民党と何もなさそうな野党の違い

    昨年の都議会議員選挙あたりまでは、随分無残な選挙広報戦術を展開していたな、と思っていたが、やはり自民党には選挙上手な人が揃っているようである。

    明らかに野党の皆さんより一段上を行っている。

    小池さんが失速してから非自民党側の選挙戦略や選挙広報戦略には何も見るところがないように思えたが、この度の名護市長選挙でそのことが一段とはっきりした。

    7
    続き

    安倍改憲案の致命的欠陥

    大月短期大学名誉教授 小山 常実

    1
    続き

    名護市長選、辺野古移設に拍車を掛けよ

     沖縄県名護市の市長選挙で米軍普天間飛行場(宜野湾市)の辺野古移設を容認する自民党系候補が移設反対派の現職を破って当選した。同選挙は移設に反対する翁長雄志知事ら「オール沖縄」と政府・与党との事実上の頂上決戦とされた。それだけに与党勝利は意義深い。

    容認候補が現職破る

    6
    続き

    神通力失った沖縄地元紙、SNS使う若者そっぽ向く

     ソーシャルメディア(SNS)を使った選挙運動の解禁、選挙年齢の18歳引き下げ。これらはいずれも保守系の陣営にとって追い風となった。

     沖縄のテレビ局調査によると、名護市長選で10代と20代では渡具知武豊氏と稲嶺進氏の支持の割合が2対1と圧倒した。50代までの全世代で渡具知氏が優勢だったが、60代以降は稲嶺氏が上回った。

    38
    続き

    名護市長選敗北を受けて翁長知事が早くも予防線?

     辺野古移設反対に執着する翁長雄志知事の口から出てくるものは、安倍政権批判ばかり。政府批判ばかりで、名護市のビジョンをほとんど語らなかった稲嶺進氏の援護射撃にはなり得なかった。

     名護市長選戦最終日の3日夕方、大型店舗が並ぶ国道58号線の交差点で革新系の稲嶺進候補の打ち上げ演説会で、翁長雄志知事は開口一番、自民党筆頭副幹事長の小泉進次郎氏が名護市に入るのを念頭に、小泉純一郎元首相の批判をした。

    9
    続き

    「北部のプライド取り戻す」渡具知氏当選を受け主なコメント

    渡具知武豊氏  「(稲嶺進市長の)2期8年の市の閉塞感。これからの名護市の経済振興や子育て世代に対する支援などを訴え、全般的に支持されたと思う。(辺野古移設については)係争中なので裁判の行方を注視する」

    稲嶺進氏  「市民の選択の結果だ。真摯(しんし)に受け止めないといけない。辺野古移設問題を訴えたが、目の前の経済優先という形で取られた」

    6
    続き

    「奇跡が起きた!」「次は知事選だ」名護市長選の先を見据える保守陣営

     開票作業が始まる午後9時から支持者が続々と集まる名護市役所裏にある渡具知武豊選対本部。「奇跡」の瞬間を見ようと、沖縄本島全土から支援者が集まっていた。

     2月4日午後10時半、テレビで「名護市長選で渡具知武豊氏が当確」のテロップが流れると、大歓声が沸き起こり、支援者からは「奇跡が起きた」「夢みたい」という言葉が飛び交った。

     「奇跡」というのにも理由がある。

    9
    続き

    新人の渡具知武豊氏が当選、翁長知事推す稲嶺氏破る―名護市長選

     米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設が焦点となった名護市長選が4日、投開票され、移設を推進する政府が推す無所属新人の渡具知武豊氏(56)が、翁長武志知事とともに移設に反対し、3選を目指す稲嶺進氏(72)を破って初当選を確実にした。

     移設容認の市長の誕生は8年ぶり。移設反対を訴える翁長氏にとっては11月に予定されている沖縄県知事選に向けて大打撃となった。

    26
    続き

    「基地反対」か「街の発展」か―名護市長選で最後の訴え

     任期満了に伴う沖縄県名護市長選の投開票を翌日に控えた3日夕、候補者は最後の訴えを行った。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への移設の是非と経済振興が争点。移設阻止を掲げる現職の稲嶺進氏(72)と、辺野古移設には容認の立場で与党が推す新人の渡具知武豊氏(56)の無所属2人による一騎打ちだ。

    6
    続き

    野党の議員って何でも言っていいのでしょうか?

     山本太郎という政治家なのか俳優なのかまた活動家なのかわからない存在の人間が参議院議員を務めています。この人の質問は左巻きを代弁するようなものが数多くあったのですが、今回の発言はとみに酷いと思います。

     http://seikeidouga.blog.jp/archives/1069552041.html

    25
    続き

    何にしても、逃げるのはよくない

    憲法改正の議論をするのは国会の義務だ、とまでは決して言わないが、野党の皆さんも憲法改正論議から逃げない方がいい。

    憲法9条は些かも変える必要はない、と言っているのだから逃げているというわけではない、と反論されるのだろうが、そういうことをやっていると、結局は数の力で押し切られてしまう。

    せめて、小林よしのり氏のレベルまでは行かれた方がいいだろう、というのが私の感想である。

    6
    続き

    若者からそっぽ向かれる日本の「リベラル」を政治学者岩田温が切る

    専用FBページ:https://www.facebook.com/kokueki/

     日本の「リベラル」の実態、憲法の問題点と改正、保守とは何か、奇怪な「日本型反知性主義」、若い世代が政治から離れる理由などを政治学者の岩田温氏が縦横に語った。

    パトリオットTV フェイスブックページhttps://www.facebook.com/kokueki/ たくさんの「いいね!」をお願いします!

    81
    続き

    辺野古移設は関係がないのに関心が53・2%という名護市長選の歪み

    2月4日投開票の名護市長選を前に、琉球新報社と沖縄タイムス社、共同通信社は28、29の両日、電話世論調査を合同で実施した。市長選で最も関心を持っている争点については「辺野古移設」が53・2%であり、前回の市長選と同様に最も高かった。

    35
    続き

    辺野古移設問う名護市長選、来月4日投開票

     米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設が予定される名護市の市長選が来月4日、投開票される。移設に反対する翁長雄志知事が支援し3選を目指す現職の稲嶺進氏(72)=民進、共産、自由、社民、社大推薦、立憲支持=と、自民、公明、維新が推す元名護市議、渡具知武豊氏(56)が立候補した。政府与党対翁長知事の代理戦争の様相でもあり、結果は11月に予定されている知事選の行方を左右するものとみられている。(那覇支局・豊田 剛)

    3
    続き

    翁長知事、反基地活動に“忖度”? 通行制止で違法確定

     沖縄県東村高江の米軍北部訓練場周辺でのヘリコプター離着陸帯の建設工事を受け、基地反対派側の弁護士が現場で約2時間、警備目的で車両を止められたのは違法だとして、県に30万円の損害賠償を命じた那覇地裁判決で、翁長氏は「控訴しない」と発表した。

     県警は控訴の意向を示していたが、「1審判決は重く受け止めるべき」とする翁長氏が押し切った形だ。控訴期限の30日に県の敗訴が確定する。

    1
    続き

    朝日の指摘通り、美謝川変更の権限は名護市長にある。しかし、大した問題ではない。

     安倍政権は総力を挙げて渡具知候補を上げて応援している。安倍政権として渡具知候補を当選させたい理由は名護市長には辺野古飛行場建設を邪魔することができる権限がまだあるからだ。そのことを朝日新聞が指摘した。

     名護市辺野古で進む米軍普天間飛行場の移設工事では、国が今後、名護市長の「同意」を得なければならない工事や作業がある。

    31
    続き

    テロ対策早う!小池都知事、あなた都民に対する背信ですよ。

    小池百合子東京都知事が総理の座を狙い立ち上げた希望の党ですが、玉木雄一郎代表が「支持率が上がらないのは小池のせいだ!」と離党を迫るみたいですね。 http://www.kahoku.co.jp/naigainews/201801/2018012501001976.html この方、どこまでズレているんでしょうねえ… 小池人気頼みで当選しようと民進党を捨てたくせに、どの口が言うんでしょうか。 玉木氏に投票した82,345人の香川2区の皆さん、次は少しお灸をすえた方がいいですよ。

    2
    続き

    八重瀬町長に新垣安弘氏、自公が名護市長選に向けて弾み

     任期満了に伴う沖縄県八重瀬町長選挙が28日投開票され、無所属新人で元県議の新垣安弘氏(62)=自民、公明推薦=が当選した。いずれも無所属新人で、翁長雄志知事を支持する革新系「オール沖縄」の前町議の知念昭則氏(66)と保守系で前町議の宮城勝也氏(43)は及ばなかった。

    5
    続き

    首相の五輪出席には反対だが、それでも安倍総理を支持する。

     昨日は「美しい日本の憲法を創る福岡県民の会」の推進委員会に出席してきました。日本会議の椛島事務総長もお見えになり、熱い議論が戦わされました。

     憲法改正を巡る中央の状況の説明を受け、進行役の松尾新悟日本会議福岡の会長から質問は?と言われましたので、不肖私も手を上げて質問をさせていただきました。

    15
    続き

    代表質問、安保法廃止は理解し難い

     衆院で安倍晋三首相の施政方針演説など政府4演説に対する各党代表質問が行われ、立憲民主党の枝野幸男代表、自民党の二階俊博幹事長、希望の党の玉木雄一郎代表が登壇した。

     立憲の枝野代表らが登壇

     昨年の衆院選で立憲は野党第1党となった。衆院選公示前、希望の党との合流を決めた民進党に、希望の小池百合子代表(当時)は安全保障関連法や憲法改正への容認を迫った。

    3
    続き

    「2紙購読やめます」惜敗の古謝景春氏―沖縄南城市長選

     任期満了に伴う沖縄県南城市長選が21日投開票され、元衆院議員の瑞慶覧長敏氏(59)=民進、共産、自由、社民推薦=が、無所属で4選を目指した現職の古謝景春氏(62)=自民、公明、維新推薦=を僅差で破り、初当選を果たした。翁長雄志知事ら革新系「オール沖縄」が推す瑞慶覧氏が、安倍政権が支援する古謝氏を制した。投票率は2006年の新市発足以降で最低の66.92%、8年前の前回より7・55ポイント下がった。

    12
    続き