«
»

政治 rss

気の毒だが、野党の皆さんには売るものがない

精々が、夢かしら。

売り物がないのだから、商いが閑散としてしまうのは止むを得ない。 与党の場合は、何はともあれ売り物がある。 自分自身はやっていなくても、これをやりました、あれをやりました、と言っても大嘘とまでは言えない。

0
続き

通常国会閉幕、審議欠いた憲法、外交・安保

 150日の会期中に平成から令和への御代替わりを経た通常国会が閉幕した。本年度予算の成立後、新元号発表、統一地方選前半・後半戦、天皇陛下御退位、新天皇陛下御即位、10日に及ぶ大型連休、改元して初の国賓となるトランプ米大統領の訪日など特別な行事が続いたこともあるが、国会論戦は低調のまま与野党は参院選に向かうことになる。

 ほとんど開かれぬ審査会

5
続き

海洋プラごみ対策、途上国も参加の枠組み提案へ

 「問題の解決には、世界全体での取り組みが不可欠。世界全体で目指すべきビジョンを共有しながら、その実現に向けて、各国が実効性のある具体的な対策を実行に移していくことが求められる」

 大阪G20サミットの重要テーマの一つである海洋プラスチックごみ対策について安倍晋三首相は、先月31日の関係閣僚会議でこのように述べ、「世界全体の取り組みを力強く牽引(けんいん)していく」と決意を新たにした。

2
続き

うーん、山本太郎氏と鳩山由紀夫氏にこんな接点があったのか!

驚いた。

アゴラの編集長の情報収集能力に改めて感心している。 よくぞこの一枚の写真に気が付いたものだ。

山本太郎氏と鳩山由紀夫氏が一枚の写真に写っているのだが、尋常な写真ではない。 二人並んで足湯を楽しんでいる。 裸の付き合いではないが、裸足の付き合いであることはこの一枚のショットで分かる。

裃を脱いでの話が出来る間柄だということである。

1
続き

米中貿易摩擦の行方、一時的な「休戦」で合意か

 大阪で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議は、各国首脳が一堂に会して議論を交わす「内側」の会議よりも、主会場の「外側」で繰り広げられる2国間の首脳会談の行方に注目が集まっている。その主役は、言うまでもなく米国のトランプ大統領と中国の習近平国家主席である。

1
続き

上半期の安倍外交を振り返る

日本国際問題研究所特別研究員 遠藤 哲也

 今年の上半期を振り返って、下半期の見通しを述べてみたい。結論を先に言えば、安倍外交は長期安定政権を基礎に、かつ総理自身の積極的な性格のおかげで、総括すれば良くやっていると思う。しかし、今後を見れば、難問が山積している。

0
続き

「トンネルの岸田」の真骨頂、信頼が厚く遠からず出番も

 いつものことながら参院選を控えた通常国会の会期末は荒れる。選挙を有利に運ぼうとする政党の思惑が激突するからである。それに刺激されるわけではあるまいが、熱い熱い全国高校野球が始まる。球児たちの純粋なプレーは、浮き世の憂さを洗い流してくれる。高校生離れしたスターが生まれるし、毎年のように悲嘆に暮れる場面も現出する。敗れたチームの選手たちが甲子園の土を持って帰る光景にも胸が熱くなる。

1
続き

大阪G20サミット 首相は指導力を発揮できるか

 日本が初の議長国を務める20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が28、29の両日、大阪市で開かれる。米中露はじめ主要国の首脳が一堂に会する中、安倍晋三首相が議長として指導力を発揮し、対立意見を集約して、世界経済の持続的な成長に向けて政策協調を導き出せるかが焦点だ。

2
続き

自由と合併「国民民主」 「統合と結集」は選挙次第

 参院選をにらみ国民民主党と自由党が4月26日に合併し、これを機関紙「国民民主プレス」が5月17日号に載せた。玉木雄一郎代表と自由党の小沢一郎代表が合併合意書を手に並ぶ写真とともに、小沢一郎、日吉雄太、屋良朝博の各衆院議員、森ゆうこ、青木愛、木戸口英司の各参院議員ら6人の入党を報告した。

 しかし、昨年の結党から離党した議員は、3日に離党表明した山井和則国対委員長代行(衆院議員)含め7人。帳尻が合わない。この合併でも離党者が出て立憲民主党を上回る勢力にならなかった。

0
続き

「自由民主」社会保障改革 「人生100年」、参院選で論戦か

 年金だけでは月5万円ほど赤字になり、老後に2000万円の資産形成の必要を唱えた金融庁有識者会議の「高齢社会」報告書に関連して、野党は年金問題を参院選の争点にする構えだ。すでに19日の党首討論で野党各党首が揃(そろ)って取り上げており、自民党は選挙で年金論戦を避けられなくなりそうだ。

0
続き

党首討論、年金の危機感共有し対処せよ

 通常国会で1年ぶりとなる党首討論が行われ、主に年金問題に焦点が当てられた。しかし、参院選の争点化を意識するあまり、不安を強調する野党側と無難に切り抜けようとする安倍晋三首相の議論は噛(か)み合わず、各党首の選挙第一声の予行に終わった感は否めない。

金融庁報告書が焦点に

4
続き

金沢市庁舎内の政党機関紙読者が大幅減

 庁舎内における市会議員による政党機関紙の勧誘購読のあり方が全国的に問題となっている中、金沢市は今年2月下旬、課長補佐級以上の一般職667人に対して、政党機関紙の購読勧誘に関する無記名調査を行った。

6
続き

山本太郎をはじめ野党の議員は信用できるか?絶対にできないその理由。

 年金問題を安倍政権打倒に使っている野党にはほとほと腹が立つ!

 年金問題は第一次安倍政権の時にも消えた年金問題で大問題となり、自民党全体の不信感につながり、そして麻生内閣の時に麻生総理の簡単な言い間違いを問題にされ、とうとう愚かな日本国民は悪夢の民主党にちょっとやらせてみようという選択をしたのです。

 野党の面々はあわよくばその時の風を吹かせようとしていますが、土台無理な話なのです。

6
続き

野党の筋違いの「老後2000万円」批判の尻馬に乗り政府を攻撃する朝日

 「95歳まで生きるには約2000万円必要」とする金融庁の試算をめぐってひと悶着(もんちゃく)があった。野党は「『100年安心』はうそだったのか。国民は、自分で2000万円ためろとはどういうことかと憤っている」(蓮舫・立憲民主党副代表)と息巻き、これに対して麻生太郎金融担当相は「政府の政策スタンスと異なっている」として受け取りを拒否し知らぬ顔の半兵衛だ。

1
続き

参院で問責決議案?それじゃカッコ悪いよ枝野さん。

以下、毎日新聞の記事ですが、https://mainichi.jp/senkyo/articles/20190616/k00/00m/010/122000c 立憲民主党の枝野幸男代表は16日、京都市で記者団に「参院選に挑むので(安倍晋三首相に対する)問責決議案を参院に出すのが筋ではないか」と述べ、首相問責決議案の提出を衆院への内閣不信任決議案提出より優先して検討する考えを示した。

・・・(転載ここまで)・・・

3
続き

G20会合閉幕、エネルギー安保も言及

 長野県軽井沢町で開かれていた20カ国・地域(G20)エネルギー・環境関係閣僚会合は16日、海洋プラスチックごみ削減に取り組む国際枠組みの創設、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」の合意内容を完全に実施することを再確認する―ことなどを盛り込んだ共同声明を採択して閉幕した。

1
続き

G20環境相会合、日本がリードし問題解決を

 長野県軽井沢町で開かれた20カ国・地域(G20)エネルギー・環境関係閣僚会合が閉幕した。採択された共同声明では、海洋プラスチックごみ削減へ各国が協調して取り組む国際枠組みの創設や、エネルギー安全保障の重要性が確認された。

 最重要の懸案事項であり、日本が主導し事を成していかなければならない。

 「地球益」を中心に

0
続き

海洋プラスチックごみ問題、先進国と途上国で温度差

 長野県軽井沢町で行われているG20環境相会議の最大の課題は「海洋プラスチックごみ」問題だ。プラごみを減らしていこうという点では各国は大筋で合意しているものの、温暖化ガス抑制の時と同じように、すでに産業化した先進国と、工業化途上の新興国・途上国との間にはっきりとした温度差がある。

3
続き

G20環境相会合、海洋プラ対策大筋合意

 20カ国・地域(G20)エネルギー・環境関係閣僚会合が15日、長野県軽井沢町で開幕した。海洋プラスチックごみ流出防止へ各国が協調して取り組むための国際枠組み創設について大筋で合意した。

1
続き

海洋プラごみ、温暖化対策議論 きょうからG20環境相会合

 20カ国・地域(G20)エネルギー・環境関係閣僚会合が15、16の両日、長野県軽井沢町で開かれる。海洋プラごみ削減の国際的枠組みの創設で合意できるかが焦点となる。

 地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」からの離脱を表明している米国とも協調して、日本が世界の脱炭素化を牽引(けんいん)するリーダーシップを発揮できるのかも注目される。

1
続き

首相イラン訪問、緊張緩和へ日本の力生かせ

 イラン情勢をめぐって緊張が高まっている。イラン核合意に関する米国とイランの対立が根底にあり、イラン、米国双方と関係が良好な日本の強みを生かし、日本の外交をアピールする好機だ。

米大統領の意向伝える

0
続き

年金問題で安倍政権は堂々と反論を

2019年6月13日

 老後の生活設計に欠かせない年金問題について、極めて正直、的確な報告書を金融審議会がまとめたのに、政権与党は撤回するという。野党は選挙対策で追及できる失点が浮上したと大喜びです。ともに国民不在です。与党も与党、野党も野党です。

0
続き

老後資金、2000万くらい必要なの当たり前だろう。

 また野党やマスコミが政府を切り取り記事で批判して、政府はそれを真っ向から応えず逃げに回るという醜さを露呈します。

 老後資金2000万は必要という根拠を見てみれば;

 夫65歳 妻60歳  貯金ゼロ 収入 20.5万(年金) 支出26万 赤字毎月5.5万円強が前提

 65歳から95歳の30年間の赤字の累計が30年×66万(5.5万×12か月)=2000万というだけのこと。

5
続き