■連載一覧
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • フィンランド100年の児童支援 「ネウボラ」の現場
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 人口減少社会を超えて 第1部・先駆けの地方移住
  • 2018/9/25
  • 2018/9/18
  • 2018/8/20
  • 2018/8/06
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 米朝首脳会談の焦点
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/6/07
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 政治 rss

    【PTV RADIO:031】自民党総裁選「安倍首相VS石破元幹事長」阿比留瑠比氏に聞く

    自民党総裁選「なぜ安倍晋三政権は強いのか」を阿比留瑠比さんに聞いた。 (対談の音声を公開!)

     

     

     

    ———————————->> 本記事音声(iPhone用アプリで再生)

    Podcast: Play in new window | Download

    Subscribe: iTunes | Android | RSS

    0
    続き

    知事の権限を逸脱した選挙公約 左翼に抱き込まれたデニー候補

     沖縄県知事選挙は県知事を決める選挙である。県知事は日本国家の地方自治体である沖縄県内の政治を選挙公約した政策を基本に行う。県知事には知事としての権限がある。その権限に則って政策を実現していく。知事は権限以上の政治を行うことはできない。だから、選挙公約も知事の権限を逸脱した公約をするべきではない。

     しかし、玉城デニー候補は知事の権限を越えた政策を選挙公約にしている。 〇普天間飛行場閉鎖返還。 〇辺野古の新基地を絶対に造らせない。 である。

    3
    続き

    若者に照準の佐喜真陣営

     翁長雄志知事の死去に伴う沖縄県知事選挙(30日投開票)が終盤戦に突入している。政権与党などが推薦する前宜野湾市長の佐喜真淳(54)と、「オール沖縄」勢力が「翁長氏の後継者」として推す自由党前衆院議員の玉城デニー(58)との事実上の一騎打ちの構図で、各政党幹部が続々と沖縄入りするなど「総力戦」の様相を見せている。現地の動向をルポした。(敬称略)  (沖縄県知事選取材班)

    4
    続き

    中国企業を介しての中国当局への重要情報漏洩の危険性を警告する日経

     この数週間、新聞の話題はもっぱら自民党の総裁選挙だった。結果は下馬評通り安倍晋三総裁が約7割の支持を得て、3選を果たした。党員票では安倍氏が55%、対抗馬の石破茂氏が45%獲得したが、これをめぐって石破陣営は「善戦」と自賛、安倍陣営は「どこが善戦か」(麻生太郎副総理)と突き放している。

    1
    続き

    猫の手も借りたい? 小池百合子都知事が沖縄知事選応援

     東京都の小池百合子知事が22~23日にかけて沖縄に入り、自公などが推す中道保守の県知事候補の応援演説をした。

     小池氏は2017年6月の東京都議選を前に、「都民ファーストの会」代表に就くために自民党に離党届を提出した。昨年の衆院選では自民党と対立する形で「希望の党」を創設したが、まもなく代表を離党した。

    5
    続き

    「約束された未来」(佐喜真)か「弔い」(玉城)か―沖縄知事選での対照的な戦い方

     沖縄県知事選が告示されて2回目の連休、安倍政権の支援を受ける佐喜真淳氏(54)と、翁長雄志知事の後継の玉城デニー氏(58)がデッドヒートを繰り広げている。その戦いぶりは対照的だ。

     23日、県庁前で自民党筆頭副幹事長の小泉進次郎氏がマイクを握った。 「沖縄の皆さん、1週間ぶりに来ました。選挙もあと1週間後。相手も本気、こちらも一段ギアを上げようじゃありませんか」

    4
    続き

    災害派遣で訓練に支障も

     災害大国・日本にとって、災害への対処は戦争と同じぐらい重要だ。「災害(天災)は忘れたころにやってくる」という警句があるが、今年の夏は「災害は忘れる前にやってくる」という状態が続いている。『大阪府北部地震』(6月18日)。岡山や広島、愛媛を中心に200人以上の犠牲者が出た『西日本豪雨』(平成30年7月豪雨)。関西地方を直撃した『台風21号』(9月4日)。最大震度7を記録した『北海道胆振東部地震』(9月6日)。また、今年の夏は日本全国で35度を超える猛暑日が続き、熱中症で搬送される人が数多く出た。

     大きな災害が起きれば、常に自衛隊は被災地に出動する。警察、消防も同じように被災地に出動するが、自衛隊でないと対応できない場面が多々ある。

    1
    続き

    文科次官辞任、職員の規範意識を高めよ

     文部科学省の戸谷一夫事務次官と高橋道和初等中等教育局長が辞任した。

    一連の汚職事件の責任を取るためで、組織的な天下り問題で辞任した前川喜平前次官に続き、事務方トップが2代続けて不祥事で引責辞任する異例の事態となった。

    贈賄側から接待受ける

     私立大支援事業などをめぐる一連の汚職事件で、文科省は8月、弁護士などで作る調査チームを設置し、全職員を対象に服務規律を守っているかなどを調べた。

    1
    続き

    県庁は左翼の巣窟 県庁に玉城デニー候補のポスター

    沖縄県庁に玉城デニー氏のポスター 自民が調査要求、県選管は「公選法違反の疑い」

     沖縄県議会の自民党会派は20日、県知事選(30日投開票)に立候補している玉城(たまき)デニー前衆院議員(58)のポスターが県庁内に掲示されているのは公職選挙法違反などに当たるとして、新里(しんざと)米吉(よねきち)議長に県議会として調査するよう求めた。富川盛武副知事は20日、記者団に対し、ポスターが掲示された経緯などについて「調査する」と述べた。

    5
    続き

    安倍総裁3選、山積する課題に具体的成果を

     任期満了に伴う自民党総裁選は、現職の安倍晋三総裁(首相)が石破茂元幹事長を抑えて連続3選を果たし、2021年9月まで3年間の追加任期を獲得した。国外では中国の拡張政策、北朝鮮の核・ミサイル開発、米中の貿易摩擦など緊迫する難題が山積し、国内でも少子高齢化、人口減少が加速しており国政の停滞は一刻も許されない。

    地方で健闘した石破氏

    1
    続き

    「一誠」を以て改憲実現を

    編集局長代理兼政治部長 早川一郎

     安倍晋三首相が自民党総裁選で勝利し、政権の継続が確定した。選挙中、憲法改正を最優先課題と位置付け、次の国会に自民党案を提出するスケジュールを示し覚悟を繰り返し表明してきたことを評価したい。ただ改憲への歩みは、難題が多く控えており、これからが本番だ。勝って兜(かぶと)の緒を締め、「謙虚・誠実・丁寧」な姿勢で他党の説得に当たるとともに国民への理解を深めなければならない。

    10
    続き

    批判からは何も生まれない!

     明日、自民党の総裁選が行われます。結果は見えているのですが、マスコミは必至で石破氏が健闘しているというイメージを作っています。

     今回は無理にしても、次の総裁選レースを有利に戦おうという魂胆なのでしょうか。

    3
    続き

    そろそろ焦点を沖縄県知事選挙に絞ってもよさそうだ

    どうやらデッドヒートになりそうなのが、沖縄県知事選挙である。

    序盤ではデニー玉城氏の陣営の方に勢いがあったようだが、そろそろ勢いに陰りが見えてくる正念場を迎えそうだ。

    順調に期日前投票が伸びているようだが、両陣営とも予断を許さない状況のようである。 残る12日間に、2度ほど大きな波が来るのではないだろうか。

    1
    続き

    翁長雄志氏の死去の影響なし、沖縄統一地方選

     統一地方選が26市町村で実施された。翁長雄志(おながたけし)知事の死後、初の県内選挙となったためその影響度が注目されたが、米軍基地問題を抱える宜野湾と名護の両市議選で革新が議席を減らす結果となった。(那覇支局・豊田 剛)

    8
    続き

    選挙勝利ためだけの辺野古移設反対が沖縄政治を駄目にした翁長前知事1

     自民党県連で県外移設を主導していたのが翁長前知事であった。仲井眞元知事が二期目の知事選の時、仲井眞元知事は辺野古移設を選挙公約しようとしたが、県外移設に変更させたのが翁長前知事であった。

    知事選は11月であったが、5月に県外移設を断念して辺野古移設にするのを伝えるために鳩山元首相はの来沖していた。 「最低でも県外」を豪語し県外説を公約していた鳩山元首相であったが、普天間飛行場を受け入れる自治体は一つもなく、県外移設を断念せざるを得なかった。日本は独裁国家でもなければ中央集権国家でもない。民主主義国家である。地方の自治権は保障されている。首相がどんなに県外移設をやろうとしても地方自治体に押しつけることはできない。日本が民主主義国家であることが明らかになったのが鳩山元首相の「県外移設」騒動であった。 来沖した鳩山首相は「県外移設断念」「辺野古移設復帰」を仲井眞知事と稲嶺名護市長伝えた。

    4
    続き

    自民党総裁選をめぐり慎重に石破氏を持ち上げモリカケ論争を煽る朝日

     「敵の敵は味方」。孫氏の兵法では聞かないが、時に耳にする諺(ことわざ)だ。ネットのフリー百科事典「ウィキペディア」のパロディ版(アンサイクロペディア)はこんな風に書いている。

    1
    続き

    自民党総裁選、安倍さんがぶっちぎりでは面白くない。

    さて、自民党総裁選挙が20日に行われます。

    実質的に日本の総理大臣を決めるわけなので、

    投票権のない私でも結構真面目に考えていますが、

    安倍さんが優勢であることは変わりないようですね。

    安倍さんが総理大臣になってから、特に外交はうまくいっているので、

    何も「今」総理大臣を代える必要はありません。

    いくつかの政策では安倍さんより石破さんを支持していますが、

    特に地方の問題や日米地位協定見直しなどは、

    0
    続き

    さて、沖縄県知事選挙の方はどうなっているのかしら

    事実上日本の総理大臣を決める自民党の総裁選の方が沖縄県知事選挙よりもウェイトが大きいということだろう。

    自民党の総裁選はもう目じゃないですね、などと書いておいたが、実際には自民党の総裁選の方がマスコミでは大きく取り上げられている。

    1
    続き

    プーチン氏発言、到底受け入れられない提案だ

     ロシアのプーチン大統領はウラジオストクで開かれた「東方経済フォーラム」の全体会合で、日本とロシアの平和条約について「年末までにいかなる前提条件もなしで締結しよう」と提案した。

     プーチン氏が平和条約締結の期限に言及したのは初めてで、この提案は領土返還を事実上棚上げする意図を明らかにしたものだ。北方領土の帰属問題を解決して平和条約を締結するというのが日本の立場であり、到底受け入れられるものではない。

    2
    続き

    沖縄知事選告示、出陣式で第一声

     沖縄県の翁長雄志知事の死去に伴う県知事選が13日、告示され、無所属の4人が届け出た。前宜野湾市長の佐喜真(さきま)淳(あつし)氏(54)=自民・公明・維新・希望推薦=、共産党や社民党、労組などでつくる「オール沖縄」が推す前衆院議員(自由党)の玉城(たまき)デニー氏(58)による事実上の一騎打ちとなる。選挙結果は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設など在日米軍再編に影響を及ぼす。

    2
    続き

    「安倍3選」控えた朝日新聞の不気味な沈黙と内閣支持率

     朝日新聞が「嘘の新聞」と言われて久しいのですが、『「noindexタグ」事件の朝日新聞は明らかに国民の敵』でも触れた、悪質なメタタグ埋め込み事件を振り返ると、やはり日本の本質的な問題は「選挙で選ばれたわけでもない勢力が絶大な権力を握り、日本の国益を破壊していること」だと痛感せざるを得ないのです。憲法改正はもちろん大切ですが、場合によっては、憲法改正よりも財務省解体、NHK解体、放送法改革などを優先しなければならないのかもしれません。

    9
    続き

    沖縄知事選告示、普天間基地の早期返還実現を

     翁長雄志知事の死去に伴う沖縄県知事選挙がきょう告示される。出馬表明しているのは、自民、公明、維新、希望の各党が推薦する佐喜真淳前宜野湾市長と、共産、社民、立憲民主、国民民主、自由など「オール沖縄」が擁立した玉城デニー自由党幹事長で、事実上、保革一騎打ちの決戦となる。

     危険除去訴える佐喜真氏

    3
    続き

    自衛官不足解消への課題

     防衛省は、自衛隊の人員不足を解消するため、自衛官の定年を延長する方針を固めた。2020年度以降、階級に応じて定年年齢を1~5歳引き上げるとしている。

     防衛省が公表している現在の自衛官の階級に応じた人数(充足率)は以下の通りだ。

    5
    続き