«
»

フォト rss

インドの「共和国記念日」のパレード

 26日、ニューデリーで行われたインドの「共和国記念日」のパレード。

 第2次大戦後の1947年に独立したインドは、50年1月26日、共和国になった。(AFP=時事)

0
続き

センバツ決定を喜ぶ沖縄尚学ナイン

 3月21日に甲子園球場で開幕する「第86回選抜高校野球大会」に、沖縄県から沖縄尚学と美里工業の出場が決まった。県から2校出場するのは2010年以来、2度目。

 沖縄尚学高校では24日、出場校選考委員会から出場決定が伝えられると、校舎に出場を祝う垂れ幕がつるされた。選手たちは選抜優勝に向けて気を引き締めた。

0
続き

浜松市の小中学校で中止していた給食を再開

 浜松市の小学校でノロウイルスによる集団食中毒が起きた問題で、市教育委員会は28日、再発防止策が完了したとして、小中学校で中止していた給食を再開した。

 同市東区の市立中郡小では、食パンやビーフシチューなどの献立を、鈴木康友市長が4年1組の児童とともに食べた。大石幸長君(10)は「ノロウイルスがはやってびっくりした。楽しみだった給食が食べられてうれしい」と笑顔で話した。

0
続き

東日本大震災で被災した塩屋埼灯台が復旧

 東日本大震災で被災した福島県いわき市の塩屋埼灯台の復旧工事がほぼ完了し、28日、報道陣に公開された。福島海上保安部は2月22日から一般公開を再開する。

0
続き

バット職人・久保田五十一さん、4月に引退

 米大リーグ、ヤンキースのイチロー外野手や松井秀喜氏ら、名選手のバットを制作してきたミズノテクニクスの久保田五十一さん(70)が28日、岐阜県養老町の同社で記者会見を開き、4月に退社し、バット作りから引退すると発表した。

0
続き

眼鏡型「モベリオBT-200」、大画面で動画を

 セイコーエプソンは28日、体に装着して使用する情報端末機器「ウエアラブル端末」の新商品として、眼鏡型ヘッドマウントディスプレー「モベリオBT-200」を4月24日に発売すると発表した。眼鏡のように顔に掛けると目の前に大きく画面が浮かび、動画を再生したり、インターネット上の情報を見ることができる。

0
続き

バイオリニスト五嶋みどりさん、グラミー賞獲得

 米音楽界最高の栄誉、第56回グラミー賞の授賞式が26日午後(日本時間27日午前)、当地で始まり、日本人バイオリニストの五嶋みどりさん(42)が参加したアルバムが最優秀クラシック・コンペンディアム賞を受賞した。

 受賞対象となったのはクリストフ・エッシェンバッハ指揮の北ドイツ放送交響楽団と共演した「パウル・ヒンデミット 作品集」。五嶋さんはソリストとしてバイオリン協奏曲を演奏している。

0
続き

五輪目前のソチ、冬季のイメージが一変

 ソチ冬季五輪の開幕が10日余りに迫ったが、競技会場などの最終準備に入ったソチは、冬にしては穏やかな気候が続いている。

0
続き

錦織圭ら日本代表、柴又帝釈天で必勝を祈願

 男子テニスの国別対抗戦、デ杯ワールドグループ1回戦のカナダ戦(31日~2月2日、東京・有明コロシアム)に出場する日本代表が27日、葛飾区の柴又帝釈天で記者会見し、エースの錦織圭(日清食品)は「カナダは昨年4強の強いチームだが、日本もレベルアップしている」と自信を示した。2年ぶりにワールドグループを戦う日本は1回戦を突破したことがなく、勝てば史上初となる。

0
続き

「さぬきキウイっこ」、香川県内で販売を開始

 香川県は、香川大学と共同開発したキウイフルーツ「さぬきキウイっこ」の県内販売を開始した。糖度が高く、一口サイズで食べやすいのが特長。東京や大阪で先行販売しており、今年度は県内、東京、大阪へ計3・5トンの出荷を目指す。

 さぬきキウイっこは、日本に自生する果物のシマサルナシとキウイフルーツを掛け合わせて作ったオリジナル品種。

0
続き

これも古くから伝わる儀式の一つ

 ベラルーシ中部の村ノビニで、つるされたパンに食らいつく少年。

 ベラルーシに古くから伝わる儀式のひとこまだが、今ではこうした儀式は、この村にしか残っていないという。(EPA=時事)

0
続き

赤羽有紀子選手、世界を駆けた「ママさん」

 26日に行われた大阪国際女子マラソン(大阪・長居陸上競技場発着)で、日本の「ママさんランナー」の先駆者として五輪や世界選手権に出場してきた赤羽有紀子選手(34)=ホクレン=が現役最後のレースに臨んだ。優勝争いを演じて堂々の2位に入り、「やり切ったなと思う」。笑顔で締めくくった。

0
続き

金融機関、振り込め詐欺被害47億円を防ぐ

 昨年1年間に東京都内の金融機関職員らが窓口で振り込め詐欺被害を防いだ額は、約47億1300万円に上ることが、警視庁のまとめで分かった。昨年の被害総額の約7割に相当し、防止額は統計を取り始めた2008年以降、増え続けている。歯止めのかからない振り込め詐欺の被害を食い止めようと、詐欺を見抜く金融機関職員の「目」が光っている。

0
続き

災害時、津波避難に携帯端末が活躍

 東日本大震災から間もなく3年を迎える東北の被災地。いまだ余震による津波が懸念される中、万が一に備え、住民のほか土地勘のない観光客でも安全に避難できるよう、身近な携帯端末を利用した仕組みづくりを大学などが進めている。

 岩手県久慈市では、岩手大などが昨年11月、スマートフォン(多機能携帯電話)の全地球測位システム(GPS)を利用して、地図上に津波避難場所が示されるアプリ「くじゃる」を開発した。

0
続き

宮崎で完熟キンカン「たまたま」出荷開始

 宮崎県名産の完熟キンカン「たまたま」の出荷が始まった。県内の生産者で組織する果樹振興協議会きんかん部会の黒木章二副部会長らはこのほど、県庁に河野俊嗣知事を訪ね、とりわけ糖度の高い最高等級「エクセレント」を贈呈した。

 黒木副部会長らによると、今年は夏の猛暑と秋の急激な冷え込みで大ぶりのものは減ったが、「味は例年通りいい」という。

0
続き

シマウマは「早く白黒付けて!」と願ってる?

 目を惑わせるほど多数のシマウマ像が並ぶこの場所は、タイの首都バンコクの寺院。周辺にはインラック首相退陣を求めて気勢を上げる反政府デモ隊が陣取っている。

 政府はデモに対抗して非常事態宣言を出すなど対立は激化の一途だが、シマウマは「早く白黒付けて」と願ってる?=22日(EPA=時事)

0
続き

「求むISSお掃除ロボ」、飛行士の負担軽減

 人間が生活する以上、日ごろの掃除が欠かせないのは国際宇宙ステーション(ISS)も同じ。長期滞在中の若田光一さん(50)ら飛行士は週末の自由時間などに掃除をしているが、宇宙航空研究開発機構はISS内を自由に移動して掃除するロボット技術の募集を始めた。国内の企業や大学などが対象で、優れた提案があれば試作機を共同開発。早ければ2017年にISSで実証試験を行う。

0
続き

西山朋佳さん、女性2人目将棋初段に

 大阪市の関西将棋会館で25日行われた関西奨励会の例会で、大阪学芸高校3年生で奨励会1級の西山朋佳さん(18)が12勝4敗の昇段規定を満たし、初段となった。

 現行規定で初段になった女性は、昨年12月に三段に昇段した里見香奈さん(21)に続いて2人目。

 対局後、会見した西山さんは「初段は一つの目標だったので、達成できてうれしい。これからも二段、三段と上がっていけるように頑張りたい」と笑顔で語った。

0
続き

富山・高岡市で女性用の帽子「乙女笠」を試作

 富山県高岡市は、時代劇でおなじみのすげがさを現代風にアレンジして、女性用の帽子「乙女笠」を作った。まだ試作の段階だが、2015年3月の北陸新幹線開業までに製品化し、新たな名産品として売り出す計画だ。

 乙女笠は、従来のすげがさに比べて小ぶり。スゲで作ったリボンを付けておしゃれに仕上げた。スゲの産地で知られる同市福岡地区の生産量は最近激減。すげがさ作りの職人も高齢化が進む。

0
続き

四大陸フィギュア、女子フリーは村上佳菜子が初V

 フィギュアスケートの四大陸選手権最終日は25日、台北で行われ、女子フリーはソチ五輪代表で、ショートプログラム(SP)首位の村上佳菜子(中京大)が132・18点で1位となり、合計196・91点のともに自己ベストで初優勝した。

 村上は冒頭に3回転の連続ジャンプを決め、ほぼミスのない演技で快勝した。

0
続き

大人も乗れない巨大な木馬

 台湾北東部の宜蘭県にお目見えした巨大な木馬。大工4人が5カ月をかけて完成させた。

 体長8.3メートル、高さ6.4メートルあり、ギネス世界記録を狙っているという=22日(EPA=時事)

0
続き

2020年東京五輪の大会組織委員会が発足

 東京都と日本オリンピック委員会(JOC)は24日、2020年東京五輪・パラリンピックの運営主体となる大会組織委員会を設立した。会長に森喜朗元首相(76)、実務を統括する事務総長には武藤敏郎・元財務事務次官(70)が就任。国を挙げて五輪開催を推進する「オールジャパン」の体制をスタートさせ、6年後の大会に向けた準備が本格化する。

0
続き

池田、守りの野球「新しい形で出発」

 春は27年ぶり。池田が再び甲子園への切符を手にした。かつての強豪を象徴した胸文字「IKEDA」のユニホームをまとった選手はグラウンドで歓喜。岡田監督は「長かったね。この日が来るのを夢を見ながらやってきた」。たどった道のりを振り返った。

0
続き