■連載一覧
  • 憲法改正 私はこう考える
  • どう見る北の脅威
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 2018/2/15
  • 2018/2/13
  • 2018/1/18
  • 2018/1/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • フォト rss

    百花繚乱堂々の入場、日本選手団「最強」示す大会

     平昌五輪スタジアムで62番目に行進した赤いコートの一団。自ら「最強のチームジャパン」(斎藤泰雄団長)と称する日本選手団が堂々と歩を進めた。選手団の規模は海外開催の冬季大会で最大。何より史上最高の成績を狙える陣容を誇る。

    1
    続き

    海底に巨大溶岩ドームを形成、現在も活動か

     約7300年前に巨大噴火を起こした鹿児島県・薩摩半島沖の「鬼界カルデラ」で、噴火後に海底に巨大な溶岩ドームが形成され現在も活発に活動していることが分かったと、神戸大海洋底探査センターなどが発表した。論文は9日、英科学誌サイエンティフィック・リポーツ電子版に掲載された。

     センター長の巽好幸教授は「カルデラの地下に大量のマグマが存在し、次の巨大噴火の準備過程に入っている可能性がある」と話している。

    0
    続き

    国宝「懸守」内部に仏像、CT調査で初確認

     平安時代の貴族らが首から下げて用いたお守りの国宝「懸守」の内部に、高さ3・3センチの仏像が納められていたことが分かった。四天王寺(大阪市)と京都国立博物館(京都市)が9日、共同で発表した。

     懸守は平安~鎌倉時代に貴族らが用いたとされるお守りで、四天王寺が所蔵する7点が国宝に指定されている。これまで内部に納入品があることは知られていたが、詳細は不明だった。

    0
    続き

    富士山頂に沈む夕日、オレンジ色のダイヤに感激

     「ダイヤモンド富士」の観賞会が8日夕、東京・六本木ヒルズ屋上のスカイデッキで行われた。

     夕日が富士山頂に沈む瞬間、オレンジ色のダイヤモンドのように輝くと、カメラやスマートフォンを手にした参加者が一斉にシャッターを切った。

     撮影の指導を行っていた写真家の荒谷良一さん(57)は「(日没の直前まで)雲がかかっていたけれど、きれいに見えたから良かった」と笑顔を見せた。

    0
    続き

    平昌五輪きょう開会式、平昌五輪スタジアムで

     平昌冬季五輪は8日、翌日の開会式に先駆けて競技が始まった。日本勢は夜間に行われたジャンプ男子の個人ノーマルヒル予選に登場。冬季五輪で史上最多8度目の出場となる45歳の葛西紀明(土屋ホーム)ら4人が10日の本戦進出を決めた。

    2
    続き

    福井の国道8号、大雪による立ち往生解消へ

     福井県と石川県を結ぶ国道8号で発生した大雪による大規模な車両の立ち往生について、国土交通省福井河川国道事務所は8日、全区間で同日夜にも解消される見込みと発表した。午後3時現在、福井県敦賀市方面に向かう車線では全て解消。金沢市方面の約5・4キロの区間に約100台が残っているという。

    0
    続き

    被災地入り「まさかの時の友は真の友」

     台湾東部で6日発生した地震で、日本の救援チームが8日、震源地に近い花蓮に到着し、7人が取り残されているとみられる傾いた建物で捜索を開始した。一員として訪台した外務省緊急・人道支援課の米田麻希子主査は「厳しい現場だが、精いっぱいやりたい」と述べた。

    0
    続き

    エコノミストと聖職者、相反する二つのタイプの人間が対峙

     原題は「告解」。罪を聖職者に告白し、許しを得る儀式のこと。舞台はバルト海に面したドイツのリゾート地、ハイリゲンダム。

    0
    続き

    松竹、休場中の京都・南座を11月に再開へ

     松竹は7日、耐震補強工事などのため2016年2月から休場していた南座(京都市東山区)を11月に再開すると発表した。12月は演目を変え、2カ月連続で年末恒例の「吉例顔見世興行」を行う。

     現在の建物は1929年築で国の登録有形文化財。大屋根の内部を鉄骨で補強し、コンクリート製の耐震壁を205カ所配置するなどして耐震性を高める。客席のリニューアルやエレベーターの新設で快適性や利便性も向上させる。

    0
    続き

    北朝鮮の「美女応援団」、笑顔で「初めまして」

     平昌冬季五輪に向け、北朝鮮の応援団約229人を含む計約280人が7日、陸路で訪韓した。一行は宿泊先である北東部の山間地、麟蹄に到着。歓迎ムードの中、笑顔を絶やさなかった。

     赤いコートに黒い襟巻き、黒の毛皮の帽子でそろえた「美女応援団」。韓国合同取材団によると7日午前、韓国北西部・都羅山の南北出入事務所を通過した際、応援団員らは「今までにないものをお見せします」と柔和な表情を見せた。

    3
    続き

    平昌五輪で日本選手団の現地支援施設を公開

     9日に開幕する平昌五輪で、日本選手団の現地支援拠点となる「ハイパフォーマンス・サポートセンター」が7日、報道陣に公開された。日本スポーツ振興センター(JSC)が6億4000万円の事業費で、氷上競技が行われる江陵とスキー場のある平昌に設置した。

     選手が普段通りの環境で調整できるよう、食堂で日本食を提供。トレーニングジムや疲労回復のための炭酸泉の浴槽などを備え、医療スタッフが常駐する。

    1
    続き

    山田五郎さん「観光は量から質へ転換すべき」

     都内各地域の魅力を生かした観光事業の促進を目指す東京都は7日、「観光活性化フォーラムTOKYO2018」を東京・丸の内のサピアタワーで開いた。会場では講演会や各団体の情報交換会などが行われ、都内の観光事業関係者ら約200人が参加した。

    1
    続き

    プロバスケ選手が申告書体験「思ったより簡単」

     バスケットボール男子のプロリーグ、Bリーグのアルバルク東京に所属する小島元基選手ら3人が7日、確定申告期を目前に控え、東京都府中市の拠点で、国税庁ホームページの申告書作成コーナーをアピールした。

     小島選手らは東京国税局職員の助言を受け、パソコンで税務申告書を作成。医療費控除による還付申告の方法を体験した。

    0
    続き

    魅惑のダイヤが大規模な商談会に大集合

     イスラエルの商都テルアビブ近郊で5日、ダイヤモンドの大規模な商談会「国際ダイヤモンド・ウィーク」が始まった。

     国内外の200を超える会社が出品し、30カ国からおよそ400人のバイヤーが参加した。

    0
    続き

    福井で記録的大雪、国道8号で車1500台立ち往生

     大雪の影響のため、福井県と石川県を結ぶ国道8号で6日、計約1500台の車が立ち往生し、福井県は自衛隊に災害派遣を要請した。同日午後6時現在で、けが人や体調不良の情報はないという。

    0
    続き

    高梨沙羅「ベストを尽くす」、笑顔で韓国到着

     ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(クラレ)ら平昌五輪代表が6日、遠征先の欧州から韓国入りした。仁川空港に到着した高梨は「また選手として五輪に臨めて幸せ。ベストを尽くして、ソチの悔しさを晴らしたい」。4年前は4位に終わり、初の表彰台を狙う2度目の大会へ意気込みを口にした。

    1
    続き

    江陵オーバル「高速リンク」、日本を後押し?

     スピードスケートは10日の女子3000メートルで始まり、男女各7種目が行われる。会場の江陵オーバルは、1年前にテスト大会を兼ねた世界距離別選手権が行われ、低地なのに好記録が続出した「高速リンク」。日本勢は6日までに全員が初滑りを終え、勝負の舞台でコンディションを確認した。

    1
    続き

    平昌五輪の江陵選手村を公開、日本選手団に好評

     平昌五輪の江陵選手村が6日、報道陣に公開された。日本選手団ではスピードスケートやフィギュアスケート、アイスホッケー女子などの選手が宿泊。約11ヘクタールの敷地内に22~25階建ての居住棟9棟が立ち並び、ベランダには各国の国旗が掲げられていた。北朝鮮選手団も同じ選手村で寝起きしている。

    1
    続き

    宝登山神社で「ジビエバーガー」が10分で完売

     埼玉県皆野町の県立皆野高校商業科の生徒が、秩父地域の企業と連携し、シカとイノシシの肉を使った「ジビエバーガー」(イノシカバーガー)を開発した。

    0
    続き

    5季ぶり、諏訪湖で「御神渡り」の拝観式

     長野県の諏訪湖の氷の筋が蛇行状にせり上がる「御神渡り(おみわたり)」の5季ぶり出現を受け、5日午前、認定と神事をつかさどる八剣神社の宮坂清宮司ら総代80人が、筋や方向を最終確認する拝観式を行った。

     御神渡りは、諏訪大社上社(諏訪市)の男神が下社(下諏訪町)の女神のもとへ通った恋路とされる。湖面を歩いて回り、南北に走る2本の筋、東から西に向かう筋を確認し、正式決定とした。

    1
    続き

    雪と氷の祭典「第69回さっぽろ雪まつり」開幕

     毎年200万人以上が訪れる雪と氷の祭典「第69回さっぽろ雪まつり」が5日、札幌市で開幕した。大通公園など市内3会場に雪像や氷像約203基が展示されている。期間は12日まで。

     大雪像が並ぶメインの大通会場では、漫画家の手塚治虫さん生誕90年を記念した「鉄腕アトム」や「ブラック・ジャック」などのキャラクター、スウェーデンとの国交150周年を記念したストックホルム大聖堂など、計5基の大雪像が並んだ。

    0
    続き

    錦織圭、長期離脱を乗り越えて復活へ第一歩

     男子テニスの錦織圭(日清食品)が3日まで米テキサス州ダラスで行われたツアー下部大会で5試合を勝ち抜いて優勝した。右手首の負傷による昨年8月からの長期離脱を乗り越え、錦織は「ほぼ最高の形」と復活への第一歩に満足感を表した。

    0
    続き

    さよなら「日劇」、名称85年の歴史に幕

     東京・有楽町の映画館「TOHOシネマズ日劇」が4日、営業を終了し、長年映画ファンに親しまれた「日劇」の名は前身の日本劇場の時代から85年にわたる歴史に幕を閉じた。ラストデーのこの日は「ゴジラ」第1作やヒット作の「タイタニック」「君の名は。」などが上映され、満員の観客が別れを惜しんだ。

    0
    続き