«
»

フォト rss

広島原爆の日の灯籠流し、今年はオンラインで

 広島市で毎年原爆が投下された8月6日夜、爆心地に近い元安川で行われる灯籠流しについて、主催するおりづるタワー(同市中区)などはこのほど、今年はオンラインでも実施することを明らかにした。新型コロナウイルス対策で、灯籠流しに一般の人が参加できないため企画された。

1
続き

コロナ禍での熊本豪雨被災地の支援、知恵絞る

 記録的な豪雨に見舞われた熊本県南部などで不足するボランティア活動をサポートするため、支援団体が知恵を絞っている。被災地で必要な物資をインターネット上で「1点から」寄付できるサービスを活用するほか、新型コロナウイルスの影響で県外からのボランティアが望めない代わりに、県民の参加を促す動きも出ている。

1
続き

熊本豪雨災害発生から1ヵ月、球磨村で黙祷

 熊本県内で65人が亡くなり、2人が行方不明になった豪雨災害は、4日で発生から1カ月となった。球磨川の氾濫などで県南部を中心に住宅が浸水し、被害は少なくとも全半壊が606棟、床上浸水が5686棟に上る。

 入所者14人が亡くなった同県球磨村の特別養護老人ホーム「千寿園」の前には、4日までに献花台が設置され、花束やペットボトルの水が置かれていた。

1
続き

沖縄県産品を使おう! 奨励月間7月の最後に

 多くのイベントが行われた沖縄県産品奨励月間の7月。その最後となる「沖縄県推奨優良県産品」が27日から31日まで県庁のホールで行われ、食品や工業品などが展示された。

 コロナ禍で秋恒例の総合産業展「沖縄の産業まつり」は中止となりそうだが、県は、「日々の暮らしに積極的に県産品を愛用していきましょう」と呼び掛けている。

1
続き

民間有人宇宙船「クルードラゴン」地球に帰還

 米宇宙企業「スペースX」の開発した有人宇宙船「クルードラゴン」が2日午後(日本時間3日未明)、約2カ月間の任務を終え、南部フロリダ州沖に帰還した。民間開発による初の本格的有人宇宙船の任務成功で、米航空宇宙局(NASA)の探査活動にとっても大きな節目となった。

1
続き

フィンランドのサンナ・マリン首相が結婚報告

 世界で最も若い国家指導者の一人として知られるフィンランドのサンナ・マリン首相(34)は2日、公式インスタグラムで結婚を報告した。優雅なウエディングドレス姿の写真も公開し、「愛する人と人生を共有できることが幸せで、感謝しています」と喜びをつづった。

1
続き

政治家のジョン・ヒューム氏が死去、83歳

 英領北アイルランド紛争の和平に貢献し、1998年にノーベル平和賞を受賞した北アイルランドの政治家ジョン・ヒューム氏が3日、ロンドンデリーの老人施設で死去した。83歳だった。98年の和平合意(ベルファスト合意)で主要な役割を果たすなどし、「過去30年の北アイルランド政治で最も顕著な活躍をした政治家の一人」(BBC放送)とされる。

1
続き

長い弔問の列、李登輝元台湾総統の死を悼む

 先月30日に亡くなった台湾の李登輝元総統への弔問客のために、台北駐日経済文化代表処(東京都港区白金台)は3日、弔問記帳台を同代表処内に設けた。政治家や在日台湾人をはじめとした多くの弔問客が長い列をつくり、台湾民主化の父の死を悼んだ。

1
続き

謎のゾウ大量死の原因をボツワナ当局が調査

 アフリカ南部ボツワナのオカバンゴ湿地帯で見つかった謎のゾウ大量死の原因を調査している同国の野生動物・国立公園局は2日までに、自然界にある細菌の毒が有力視されていると明らかにした。

2
続き

笑顔届けるモン! くまモンがサプライズ登場

 熊本県のマスコットキャラクター「くまモン」が3日午前、豪雨で被災した同県球磨村の保育園などを訪れ、子供たちと交流した。くまモンのサプライズ登場に子供たちは大きな歓声を上げ、楽しいひとときを過ごした。

2
続き

夏季限定、特別イルカショーで大量に水浴び

 愛知県美浜町のふれあい体験型水族館「南知多ビーチランド」で、夏季限定となる特別イルカショーの公開リハーサルが行われた。観覧客は、イルカたちが跳ね上げる水のシャワーを大量に浴びて冷涼感を存分に味わえる。

 「超スプラッシュドルフィン」と名付けたこのショーは、通常のショーよりも大量の水を使うのが特徴。今年は、新型コロナウイルス感染対策のため、客席の間隔を空け、観覧客にはマスク着用を呼び掛ける。

1
続き

現金を要求する架空請求詐欺、「封書型」が急増

 訴訟の取り下げ名目で現金を要求する架空請求詐欺をめぐり、文書を封書で送り付ける手口が愛知県内などで増えている。これまで主流だったはがきを用いた手口は大幅に減り、県警生活安全総務課は「封書が届いても電話しないで」と注意を呼び掛けている。

1
続き

豪雨避難なお1400人超、仮設住宅建設に着手

 記録的な豪雨に襲われた熊本県南部で、居住地域外での仮住まいを余儀なくされる被災者が、少なくとも約230世帯に上ることが分かった。豪雨は4日で発生から1カ月。1400人超が避難所で生活を続けており、県は仮設住宅の建設に着手した。ただ、親戚宅などに避難している住民も多く、住宅需要の増加が見込まれる。

1
続き

熊本豪雨災害発生から1カ月、献花に訪れる

 豪雨災害発生から1カ月を前にし、14人が犠牲になった熊本県球磨村の特別養護老人ホーム「千寿園」には献花台が設けられ、花束を手にした施設スタッフらが献花に訪れた。

1
続き

周囲の支えに感謝、元大関の照ノ富士が優勝

一方的に寄り切り  勝ち残りの土俵下。照ノ富士は頭上を見詰めた。視線の先には5年前に掲げられた優勝額。「自分の写真が下りる前にもう一度飾りたい」。序二段から再出発を切ってからの願いを現実にした。  特別な一番で絶頂期のような力強さを示した。すぐに左上手を取ると、右も強烈に引き付け、三役常連の御嶽海を一方的に寄り切った。

1
続き

産学共同でオンライン就職説明会を開催

 経団連と国公私立大学のトップらで構成する「採用と大学教育の未来に関する産学協議会」は1日、2021年度入社予定の学生を対象としたオンラインの合同就職説明会を開催した。新型コロナウイルスの感染拡大で大規模な就職説明会が中止や延期を余儀なくされる中、就職活動中の学生を支援するのが狙い。参加登録した学生は1500人を超えた。

1
続き

WTO暫定局長の選出で紛糾、次長4人が運営

 世界貿易機関(WTO)は、8月末のアゼベド事務局長の退任後、新たな事務局長が選ばれるまでの暫定トップを置かないと決めた。通常は4人の事務次長から事務局長代行を選ぶが、米中対立で意見を集約できず、選出に失敗した。WTOの機能不全が改めて浮き彫りとなった。

1
続き

東北電力女川原発、初の住民説明会を開く

 東北電力女川原発2号機(宮城県)が再稼働に必要な国の審査に合格したことなどを受け、県は1日、同県女川町で地元住民らを対象とした説明会を初めて開いた。原子力規制庁や東北電の担当者が、国の審査内容や施設の安全対策について説明した。

1
続き

三遊亭圓朝ゆかりの地で「幽霊画展」を開催

 東京・谷中(台東区)にある全生庵(臨済宗国泰寺派:住職・平井生修)で8月1日から、「幽霊画展」を開催。

 同庵は、江戸末期から明治にかけて活躍し、落語中興の祖と言われる三遊亭圓朝の墓がある。圓朝は「怪談牡丹灯籠」などの怪談創作の参考に幽霊画を収集していたことで知られる。

1
続き

東京・隅田川の勝鬨橋と築地大橋がブルーに

 ブルーにライトアップされた東京・隅田川の勝鬨(かちどき)橋と築地大橋。二つの橋が重なり、3連アーチに見える。

 新型コロナと戦う医療関係者に感謝を示すため、当面は日没の15分後から午後11時まで点灯する。

1
続き

作曲家の新垣隆氏らがオンラインで「音楽大学」

 作曲家・ピアニストで、かつて著名作曲家のゴーストライターとして話題になった新垣隆さん(49)らが8月8日、オンラインの音楽教育サービス「シブヤ音楽大学」を開始する。新型コロナウイルスの感染拡大でライブなどを自粛しているアーティストが、豊富な経験と知識を生かし、高度で実践的な音楽を学ぶ機会を提供する試み。

1
続き

谷口真知子さん「当たり前の日常を大切に」

 1985年の日航機墜落事故で夫を亡くした谷口真知子さん(72)大阪府箕面市が7月、家族を描いた絵本「パパの柿の木」の英訳版「MY PAPA’S Persimmon Tree」を出版した。「当たり前の日常を大切に生きてほしい」。絵本を通じて世界の子供にもメッセージが届くことを願っている。

1
続き

現在の宇宙に存在する形成初期の銀河を発見

 国立天文台などの研究チームは1日、すばる望遠鏡(米ハワイ島)の観測データと、人工知能(AI)技術に用いられる機械学習を組み合わせた新たな手法で、現在の宇宙に存在する形成初期の銀河を発見したと発表した。論文は3日付の米科学誌アストロフィジカル・ジャーナルに掲載される。

1
続き