■連載一覧
  • 憲法改正 私はこう考える
  • どう見る北の脅威
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 2018/2/15
  • 2018/2/13
  • 2018/1/18
  • 2018/1/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • フォト rss

    宮城県気仙沼市で被災の「海の市」が復活

     東日本大震災で被災した宮城県気仙沼市の観光施設「海の市」が、本格的に営業を再開した。震災前は年間100万人が訪れていたが、津波で被災して休業に追い込まれた。このほど、建物を改修して全面復活した。

    0
    続き

    「ドクターイエロー」の車内を初めて一般公開

     東海道新幹線の開業50周年を記念し、黄色い車体で鉄道ファンに人気の高い点検用新幹線「ドクターイエロー」の車内が26日、浜松市中区のJR東海浜松工場で初めて一般公開された。4万5000組の応募の中から選ばれた夏休みの子供ら200組が同工場を訪れ、普段は見ることのできない車内を興味深そうに見学した。

    1
    続き

    高梨沙羅2本ともK点を越え、順調なスタート

     この夏初めての大会に挑んだ高梨は2本ともK点を越え、2位の伊藤に10点以上の差をつけて優勝。「まずまずだった。いいスタートが切れたと思う」とにこやかな笑みを浮かべた。

     今月中旬まで、欧州で約1カ月の合宿に臨んでいた。ソチ五輪では「自分の思っていたジャンプができなかった」と改めて反省。助走では前のめりにならない姿勢を心掛け練習を重ねたという。体重が板の中心に乗るようになり、成果が表れてきた。

    0
    続き

    日本初、飼育下のウミウひながすくすく成長

     京都府宇治市の夏の風物詩「宇治川の鵜飼(うか)い」で飼われているウミウのペアに卵が産まれ、1羽がふ化した。すくすくと成長している。飼育下のウミウの卵のふ化は「日本で初めて」(山本正市長)とも言われ、新たな観光の目玉として期待されている。

     卵は6月29日にふ化し、成育器の中で育てられていた。温度管理が難しく、鵜匠(うしょう)が夜を徹して見守ることもあったという。

    0
    続き

    たこを使って、空飛ぶサーフィン

     北アフリカ・モロッコ沖にあるスペイン領カナリア諸島で行われた、たこを使ったサーフィン「カイトボーディング」の世界大会で技を披露する男性。

     風を受けて空と海を自由に駆け回る姿は、まるで鳥のよう。(EPA=時事)

    0
    続き

    岐阜・多治見で39・3度

     日本列島は25日、朝から晴れて気温が大幅に上昇し、今夏で最も厳しい暑さとなった。気象庁によると、岐阜県多治見市で同日午後2時すぎに39・3度を観測し、群馬県館林市で11日に観測した38・0度を抜いて全国で今夏最高となった。

     愛知県豊田市では38・6度、名古屋市や岐阜市などでは38・2度を観測。東京都心の大手町では35・6度で今夏初の猛暑日となった。

    0
    続き

    観光地世界一で京都表彰

     米国の有力旅行誌「トラベル+レジャー」の読者が選ぶ世界で魅力のある観光地ランキングで京都が首位となったのを受け、京都を代表して糟谷範子京都市観光政策監らが24日、ニューヨーク市内で行われた表彰式に参加し、記念のプレートが贈られた。

    0
    続き

    ラッピングバスで台湾観光PR

     台湾の魅力をアピールするイラストが車体に描かれたラッピングバスの完成披露会見が25日、都内で開かれた。ラッピングバスは、26日から来年7月25日までの1年間、都心から富士山麓を結ぶ富士急行の高速バスの2路線で運行する。

     会見で、台北駐日経済文化代表処の陳調和副代表は「ラッピングバス完成により日台間の観光客は、もっと増えると期待している」と語った。

    0
    続き

    祇園祭、山鉾2度目の巡行

     京都市で開かれている祇園祭で、49年ぶりに復活した後祭(あとまつり)の山鉾(やまほこ)巡行が24日、市中心部で行われた。

     33基ある山鉾のうち、14日の前祭(さきまつり)で巡った23基とは別の10基が巡行。幕末で焼失し、150年ぶりに再建された「大船鉾(おおふねほこ)」が、最後尾を飾った。

    0
    続き

    猛暑の宮崎で「逃げ水」現象

     日本列島は24日、各地で気温が上がり、35度以上の猛暑日となった所は58地点、30度以上の真夏日も559地点と、いずれも今夏最多となった。

     37.4度を観測した宮崎市内では、路面が熱せられて水があるように見える「逃げ水」現象が表れた=24日午後、宮崎市内

    0
    続き

    安倍首相、北方領土交渉「大変厳しい」

     安倍晋三首相は24日午後、首相官邸で北方領土元居住者の孫ら中学生7人の表敬を受け、北方領土交渉について、「状況は大変厳しいが、粘り強くロシアと平和条約交渉を行い、北方四島の帰属問題を解決していきたい」と返還への意欲を強調した。

    0
    続き

    桐生祥秀、10秒34で3位

     陸上の世界ジュニア選手権は23日、米オレゴン州ユージンで行われ、男子100メートル決勝に進んだ桐生祥秀(東洋大)は10秒34で3位だった。

     桐生は準決勝では10秒38で全体4位。ケンドル・ウィリアムズ(米国)が10秒21で優勝、ジュニア世界記録保持者のトレイボン・ブロメル(同)は10秒28で2位。川上拓也(中大)は決勝に進めなかった。(ユージン〈米オレゴン州〉時事)

    0
    続き

    星出彰彦さん「自分なりの船長色を」

     米フロリダ州沖の海底実験施設で、滞在訓練を行っている宇宙飛行士の星出彰彦さん(45)が日本時間の24日午前、記者会見した。米航空宇宙局(NASA)や欧州宇宙機関(ESA)の飛行士3人とともに実施する訓練で、船長役を務める星出さんは「日本には若田光一さんというすばらしい船長がいるが、彼や自分が仕えた船長のいいところも吸収し、自分なりの船長というカラーを出していきたい」と述べた。

     同訓練で、日本人宇宙飛行士が船長を務めるのは2006年の若田さん以来2度め。若田さんは昨年、国際宇宙ステーション(ISS)の船長も務めた。

    0
    続き

    ブランド牛肉「伊賀牛」、米国向けに初輸出

     ブランド牛肉「伊賀牛」の生産者団体は24日、米国初輸出を祝う記念イベントを三重県伊賀市で開いた。岡本栄市長は「伊賀牛は肉質の良さ日本一を目指している。(食品の)安心安全に本物の味を加えて輸出していきたい」とあいさつした。初回の輸出は2頭で、8月25日(現地時間)にシアトル総領事公邸で試食会と商談会を開催する。

    0
    続き

    栃木県大田原市で恒例の「与一まつり」

     栃木県大田原市で恒例の夏祭り、「第34回与一まつり」が8月1日(金)と2日(土)の両日、開催される。これは源平屋島の戦いで扇の的を射落とした那須与一の偉業を称(たた)える祭りで、市中心の目抜き通りが祭り一色となる。

     昼の部は、勇壮な与一武者行列、福原のもちつき唄、各商店コーナーなどイベントが盛りだくさん。武者行列は甲冑姿の那須与一公はじめ武将、女官、市内の小学生が扮(ふん)した子供武者など350人が練り歩く。

    0
    続き

    東京ミッドタウン、打ち水で涼しくなーれ!!

     「大暑」の23日、東京都港区の東京ミッドタウンでは約130人が参加して歩道などに水をまき、涼をとる打ち水のイベントが行われた。まかれたのは、東京ミッドタウンの地下貯水槽にためた雨水。

     参加者が、ペットボトルに入れた水を勢いよくまくと地表の温度が下がり涼しく感じられたという。近くに住む小学5年生の板垣怜奈さん(10)は「一気に涼しくなった」と笑顔を見せた。

    0
    続き

    西之島、東京ドーム18個分の溶岩が堆積

     国土地理院は23日、小笠原諸島・西之島(東京都小笠原村)の噴火により、東京ドーム約18個分に当たる約2220万立方メートルの溶岩が海面上に積み上がっていると発表した。依然として1日当たり約10万立方メートルの溶岩が流出し続けているとみられる。

    0
    続き

    安倍首相が富岡製糸場を視察

     安倍晋三首相は23日午前、群馬県富岡市を訪れ、世界遺産に登録された富岡製糸場を視察した。首相は記者団に「地域の文化財を生かし、地域再生に向かっていきたい。地域の皆さんの熱意とアイデアが大切だと思った」と述べ、地方の活性化に取り組む決意を改めて示した。

    0
    続き

    五藤光学研究所、恒星9500個の色を再現

     夜空で肉眼で見える明るさの恒星約9500個の色を再現したプラネタリウム「ケイロン3」を五藤光学研究所(東京都府中市)が開発し、報道陣に22日公開した。恒星は大きさや「年齢」によって青白かったり赤かったりするが、欧州の天文衛星の観測データに基づき、忠実に再現した。

    0
    続き

    夏場所11日目、豪栄道が攻めて横綱を連破

     べったりと砂のついた白鵬の背中はめったに見られない。豪栄道は座布団が頭上を舞った光景をまた思い出し、「あれは何度見てもいい」。2場所続けて全勝の白鵬に土をつけ、思わず笑みがこぼれた。

     この日の朝、「悔いを残さないよう、中途半端なことはしない」と誓った。左の頬を張られたがひるまず突っ込み、右を差す。「上の人には攻めなきゃ勝てない」という師匠の境川親方(元小結両国)の言葉通り、思い切って前へ出た。

    0
    続き

    ライオンやトラなど猛獣がジーンズをデザイン

     茨城県日立市のかみね動物園で、ライオンやトラ、ヒグマといった猛獣のかんだ跡や爪痕が入った生地から作られたダメージジーンズが展示されている。来園者の増加につなげようと、園内で活動するボランティア団体などが企画した。

     ライオンなどのおりにジーンズの生地を巻き付けたタイヤや丸太を入れ、遊んで傷が付いた後に生地を回収。それを岡山県倉敷市のメーカーが縫製した。

    0
    続き

    「かわいい」、笑顔のヒマワリ

     千葉県柏市の、あけぼの山農業公園で22日、約5万本のヒマワリが満開となり、訪れた人々の目を楽しませている。

     園内には笑顔をかたどったヒマワリもあり、見つけた子供たちは「かわいい」と花をなでていた。見頃は8月上旬まで。

    0
    続き