«
»

フォト rss

生息するサンゴが20年間で半減、白化現象発生

 オーストラリアの研究機関「ARCサンゴ礁研究所」は、東部沿岸に広がる世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフで、生息するサンゴが1995年からの約20年間に半減したとの調査結果を発表した。気候変動の影響で頻発する白化現象などが原因としており、生息減によってサンゴの回復力も損なわれたと警告している。

1
続き

洪水で市中にたまった水に網を投げ魚捕り

 カンボジア・プノンペン郊外で18日、洪水で市中にたまった水に向け網を投げ掛ける男性。

 魚を捕るのが目的だ。カンボジアでは毎年、雨期に各地で洪水が発生する。

1
続き

EVの自動運転バスで「分身」が乗客を案内

 三井物産やパナソニック、凸版印刷などは21日午前、万博記念公園(大阪府吹田市)で23日から行う自動運転サービスの実証実験を報道陣に公開した。電気自動車(EV)の自動運転バスを走らせながら、遠隔操作のアバター(分身)などを使って乗客を案内した。

1
続き

JR東、来春から首都圏在来線の終電繰り上げ

 JR東日本が21日、来春から首都圏在来線の終電時間を繰り上げると発表した。新型コロナウイルスの影響で新たな生活様式が広がる中、仕事帰りのサラリーマンらは冷静に受け止める一方、深夜営業の飲食店からは困惑の声が上がった。

1
続き

「事実を話して」、母は事故の真相解明を求める

 「6人は正面から向き合って、事実を話してほしい」。2歳男児が死亡した東京女子医大病院の医療事故から6年8カ月。医師6人が書類送検された21日、男児の母親(41)が取材に応じ、事故の真相解明を求めた。

 男児の名前は孝祐ちゃん。結婚3年目に授かった一人息子だった。電車が大好きで、散歩中は線路近くで一緒に電車を眺めたという。母親は「すごく素直で甘えん坊だった」と振り返った。

1
続き

タイガー・ウッズ、虎視眈々と83勝目を狙う

 米男子ゴルフのタイガー・ウッズが、22日にカリフォルニア州サウザンドオークスで開幕するZOZOチャンピオンシップに、大会連覇と米ツアー歴代単独最多の83勝目を懸けて出場する。

1
続き

スマホでつなぐ台風19号の浸水被害の記憶

 長野市は、昨年の台風19号から1年の復興祈念事業で、浸水被害のあった地区の8地点にチェックポイントを設けた「デジタルスタンプラリー」を行っている。各地点の看板などに付いているQRコードをスマートフォンで読み取ると、当時の状況を知ることができる。11月8日まで。

 各地点では被災当時の写真、当時と現在の被災地の様子を映した1分間の動画などをスマホで閲覧できる。

1
続き

全長37メートル、ネコの地上絵を新たに発見

 ペルー文化省は20日までに、世界遺産「ナスカの地上絵」が点在する同国南部で、新たに全長37メートルのネコの地上絵を発見したと発表した。2000年以上前に描かれたとみられるという。

 新たに見つかった地上絵は、長い胴体にしま模様の尾、先のとがった耳が付いた頭部で構成。丘の斜面に描かれており、文化省の専門家は「浸食されやすい傾斜地にあり、消えかけていたため、長年見つからなかった」と説明している。

1
続き

菅首相、インドネシアのジョコ大統領と首脳会談

 インドネシア・ジャカルタ入りした菅義偉首相は20日午後(日本時間同)、同国のジョコ大統領とジャカルタ近郊ボゴールの大統領宮殿で会談した。菅氏は新型コロナウイルス感染拡大による同国経済への影響を踏まえ、500億円の円借款を供与する方針を表明した。両首脳は、短期出張などビジネス関係者らの早期の往来再開に向け調整することで一致。2015年以来となる外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)の早期再開を確認した。

1
続き

ロシアの情報機関が東京五輪をサイバー攻撃

 英政府は19日、ロシアの情報機関が東京五輪・パラリンピックの関係団体などに対しサイバー攻撃を仕掛けていたと発表した。攻撃は3月に開催延期が決まる前だった。東京五輪に対するサイバー攻撃の脅威が浮き彫りになったほか、今後の日露関係に影を落とす可能性もある。

1
続き

テレワーク普及や巣ごもり消費で冷凍食品進化

 テレワークの普及や巣ごもり消費など、新型コロナウイルスの影響により自宅での食事の頻度が高まっていることを受け、水産加工メーカー各社が味や品質を高めた冷凍食品などの開発に力を入れている。高級素材の採用や専門家監修のこだわりの一品などが目白押し。食卓でも一味違うおいしさが楽しめそうだ。

1
続き

境川部屋と高田川部屋の稽古場で力士に密着

 大相撲をテーマにしたドキュメンタリー映画作品が、第40回ハワイ国際映画祭に正式出品されることが決定した。

 海外初の上映となった映画『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』。2018年12月から2019年6月までの半年間、境川部屋と高田川部屋のふたつの部屋の稽古(けいこ)場に密着し、激しい朝稽古、親方と力士たちの絆、本場所での戦いの様子などを映像に収めている。

1
続き

福岡県大野城市の自動車学校で教習にAI活用

 福岡県大野城市にある自動車学校が、人工知能(AI)を活用した運転指導を試験的に始めた。走行した経路や速度、ドライバーの目線などをAIが解析し、運転技術を評価する。自動車学校が運転技術評価にAIシステムを導入するのは全国で初めて。高齢者向け講習の増加が見込まれる中、指導員の負担軽減や評価基準の適正化を狙う。

1
続き

政府が支援する「Go To 商店街」が本格始動

 新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた商店街を支援する政府の「Go To 商店街」が20日、本格的に始動した。全国に先駆けて松江市内の3商店街は同日から動画配信を使った魅力発信などを実施。政府は事業を通じてコロナ禍に苦しむ各地の商店街の振興を後押しする。

1
続き

ゆっくりまばたきし返し、猫は人に親愛を示す

 猫の前でゆっくりまばたきすると、猫もゆっくりまばたきし返すことが多いと、英国のサセックス大とポーツマス大の研究チームが20日までに英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。猫にとって相手をじっと見つめるのは敵意の場合があり、ゆっくりまばたきして親愛の気持ちを示すと言われる。飼い主にはよく知られた行動だが、実験で確認したのは初めてという。

1
続き

楽天と楽天野球団が仙台市と包括連携協定締結

 楽天(東京)とプロ野球楽天を保有する楽天野球団(仙台市)は20日、仙台市とデジタル技術やスポーツを通じて市の活性化を図る包括連携協定を締結した。

 2020年シーズンから台湾プロ野球に参入した「楽天モンキーズ」などを通じて国内外の交流人口拡大を図るほか、楽天のサービスで蓄積したデータを観光促進に役立てるなど、3者で協力する。

1
続き

岐阜県垂井町、「痛車」コンテストで町おこし

 岐阜県垂井町で、アニメのキャラクターなどを車体にラッピングして目立たせる「痛車(いたしゃ)」のコンテストが行われた。会場の運動公園駐車場には、県内外から約160台が集結。見学客ら500人以上が詰め掛けた。

 コンテストは3年前、町教育委員会の中村文彦さん(47)が町おこしの一環で開始。参加者は年々増え、今年は申し込み受け付けから2時間でエントリーが埋まった。

1
続き

菅首相、「インド太平洋」構想をアピール

 菅義偉首相は就任後初の外国訪問先にベトナムを選んだ。東・南シナ海で軍事活動を活発化させる中国に連携して対抗する狙いがある。日本として先の米国、オーストラリア、インドとの4カ国外相会合に続き、「自由で開かれたインド太平洋」構想をアピールした形だ。

2
続き

ハノイ滞在中の菅首相、日越大学でスピーチ

 ベトナム・ハノイ滞在中の菅義偉首相は19日、日越大学でスピーチ。ベトナムと東南アジア諸国連合(ASEAN)に親近感を示した上で「かけがえのない友人を大切にしていく」と表明。「自由で開かれたインド太平洋のさらなる繁栄のため共に汗をかき、力を合わせて前に進んでいこう」と呼び掛けた。

1
続き

最先端のデジタル技術が集まる「シーテック」

 最先端のデジタル技術が集まるアジア最大級の展示会「シーテック」が20日、開幕する。21回目の今年は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、初のオンライン開催となる。国内外から約360の企業・団体が出展。非接触、遠隔勤務などコロナ禍を機に変わり始めた生活様式や働き方のニューノーマル(新常態)を支える技術を披露する。

1
続き

新サービス開始、 遊園地でテレワークはいかが?

 新型コロナウイルスの影響で集客に苦戦するテーマパークが、観光施設などで余暇も楽しみながら働く「ワーケーション」を通じて、新たな顧客層の開拓に取り組み始めた。よみうりランド(東京都稲城市)は15日、園内でテレワークができる新サービスを開始。ハウステンボス(長崎県佐世保市)は長期滞在プランを提供しており、非日常的な空間で働きたい需要を掘り起こす。

1
続き

オリーブの別の顔、残りかすがブロックに変身

 パレスチナ自治区ガザ南部のハンユニスで15日、円柱形のブロックを並べる男性。

 オリーブからオイルを抽出した残りかすを利用して作られたもので、燃料として活用されるという。

1
続き

中央リニアのL0系改良型試験車両の走行試験

 JR東海は19日、リニア中央新幹線のL0(エルゼロ)系改良型試験車両の走行試験を山梨実験線(山梨県都留市)で初めて報道公開した。今春完成した2両を従来型の5両と組み合わせて8月から試験を行っており、2022年度まで続ける。

 空気抵抗を低減するために先頭形状を変更したほか、内装に吸音効果のある素材を使用して騒音を抑えるなど、時速500キロでも快適に乗車できるよう乗り心地を改善した。

1
続き