«
»

フォト rss

ホンダの軽自動車「N-BOX」、4年連続首位

 2020年上半期(1~6月)の国内車名別新車販売台数は、ホンダの軽自動車「N-BOX」が4年連続で首位となった。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大により販売台数は振るわず、前年同期比22・7%減の10万1454台だった。日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が6日発表した。

1
続き

精神的に追い詰められたヒロインのセシリア

 富豪で天才科学者エイドリアンとの束縛された関係から逃れたいと思っているセシリアは、真夜中に逃げ出すことを計画する。厳密なセキュリティーがかかる豪邸からの脱出を図り、成功する。

 それからしばらく経(た)ったある日、弟を名乗る人物が現れ、エイドリアンが手首を切って自殺したという報告を受ける。周囲は、それを信じるが、セシリアは疑っていた。

1
続き

国境閉鎖措置を解除、待ちに待った「海開き」

 クロアチア西部の海岸で6月30日、勢いよく水の中に飛び込む外国人観光客たち。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて数カ月間続けてきた国境閉鎖措置を解除。

 これまでにEU域内から約35万人が訪れたという。

1
続き

「トキワ荘マンガミュージアム」がオープン

 

 手塚治虫さんら昭和を代表する漫画家が暮らした東京都豊島区の木造アパート「トキワ荘」が再現され、博物館「区立トキワ荘マンガミュージアム」として7日、オープンした。

1
続き

熊本県内で広がるボランティア募集の動き

 九州南部を襲った記録的豪雨で、熊本県内でボランティアの受け入れ準備が進んでいる。ただ、新型コロナウイルス対策のため、募集を県内在住者に限定するなど、受け入れに時間がかかる見通しの団体も多い。全国社会福祉協議会(全社協)は「被災地からの情報があるまでは現地に向かわないで」と呼び掛けている。

1
続き

阪神・原口文仁捕手が大病経験、発信を使命に

 大腸がんの手術を経て昨年復帰したプロ野球阪神の原口文仁捕手(28)が、アフラック生命保険の「がん保険」のCMに出演した。アイドルグループ「嵐」の桜井翔さんとの対談で、闘病生活と妻の支えについて語っている。

1
続き

宮森小の米軍戦闘機墜落事故から61周年

 沖縄が米国統治下だった1959年、うるま市の宮森小学校に米軍戦闘機が墜落し、児童や住民18人が犠牲になった事故から61周年となる6月30日に合わせ、同月29日から7月3日まで県庁で当時の状況や被害について伝える写真展が開かれた。

 写真展は、地元で事故の継承に取り組む「石川・宮森630会」が企画。沖縄の新聞社から提供を受けた当時の写真や新聞記事など約60点が展示された。

1
続き

夏の風物詩「つりしのぶ」で涼感を演出

 青々とした葉が涼しげな「つりしのぶ」の出荷が、兵庫県宝塚市のつりしのぶ園で最盛期を迎えている。

 シダ植物のシノブグサを球状や三日月形にした土に植えて作る「つりしのぶ」は、軒下などに飾って涼感を味わう夏の風物詩。

 同園の市原誠さん(74)は、「(新型コロナの影響で)家にいる時間が多いと思いますが、気持ちを癒やしてもらえれば」と話す。

1
続き

ダライ・ラマ14世が85歳の誕生日を迎える

 チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世は6日、85歳の誕生日を迎えた。高齢のため健康不安がささやかれ、中国政府が後継者選びに介入する可能性も取り沙汰される。

 こうした中、本人は昨年11月、自身の後継問題は「急いで話し合う問題なのか」と述べ、議論は時期尚早との姿勢を示した。

3
続き

小池東京都知事、再選後初めて都庁で記者会見

 東京都の小池百合子知事は6日午後、再選後初めて都庁で記者会見し、「ポストコロナという新たな時代の改革を進める」と述べ、行政のデジタル化などに取り組む「構造改革推進チーム」を新設すると表明した。新型コロナウイルス感染拡大を踏まえた新たな社会像についても検討する。

3
続き

パリのルーブル美術館、4カ月ぶりに営業再開

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて3月中旬から休業していたパリのルーブル美術館が6日、約4カ月ぶりに営業を再開した。レオナルド・ダビンチの名画「モナリザ」の前には人だかりができ、入館者は「やっと見られて良かった」と喜んだ。

1
続き

「ウィーン少年合唱団」がコロナ影響で財政難に

 世界的に有名なオーストリアの「ウィーン少年合唱団」が新型コロナウイルスの影響で公演キャンセルが相次ぎ、財政難に陥っている。合唱団は6日までにウェブサイトに声明を出し、これまでに113の公演が中止となったことを公表。運営費を賄うためネット上で寄付を募り始めた。

1
続き

実にユニークな1玉、サイコロ振れるかな?

 ハンガリー南部の町で1日、サイコロの形をした四角いスイカを手にする農家の男性。

 表面にサイコロの目がくっきりと表れ、実にユニークな1玉だ。試験的に生産したもので、特殊な形状の箱に入れて3週間育てたという。

1
続き

西日本豪雨から2年、犠牲者しのび追悼式

 西日本豪雨は、最初の大雨特別警報から6日で2年を迎えた。甚大な被害が出た岡山県倉敷市真備町地区などで同日午前、追悼式典が行われた。

1
続き

「異常な増え方」、球磨川が1時間で3m水位上昇

 「見たことのない増え方だった」「判断を間違えれば命がなかった」。球磨川の氾濫で甚大な被害に遭った特別養護老人ホーム「千寿園」がある熊本県球磨村渡地区の水位観測所で氾濫直前の球磨川を観測していた大瀬明子さん(40)=同県人吉市=が5日、当時の様子を振り返った。

1
続き

元谷氏、戦後のジャーナリズムに警鐘を鳴らす

 アパグループ代表の元谷外志雄氏は6日、都内で、このほど上梓した『理論 近現代史学Ⅵ』の出版記者会見を開いた。元谷氏は「サンフランシスコ講和条約が結ばれたにもかかわらず、プレスコード(GHQが発効した米英中批判などを30項目の報道禁止事項)を、いまだに守り続けるメディアはおかしい」と、戦後ジャーナリズムの在り方に警鐘を鳴らした。

1
続き

東京消防庁、巨人コーチの会田有志さんに感謝状

 東京消防庁は6日、都営地下鉄新宿線馬喰横山駅構内で6月28日夜、エスカレーターで意識を失い転倒した男性を心肺蘇生法などで救命したプロ野球巨人3軍投手コーチの会田有志さん(36)に対し、消防総監感謝状を贈呈した。

1
続き

昨春センバツVの東邦が優勝旗・優勝杯を返還

 昨春の第91回選抜高校野球大会を制した東邦(愛知)の優勝旗・優勝杯返還式が6日、名古屋市の同校で行われた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で今春の選抜大会が中止。4月に予定されていた返還式もこの日にずれ込んだ。

1
続き

世界遺産サグラダ・ファミリア教会が限定公開

 スペイン北東部カタルーニャ自治州の州都バルセロナにある世界遺産サグラダ・ファミリア教会が4日、医療や警察、NGOといった社会を支える部門に勤務する人に限定して公開された。「新型コロナウイルスの感染拡大阻止に向けた戦いの最前線にいる人々」に敬意を表するためという。

1
続き

清野JNTO理事長「自然体験型で地方連携」

 訪日外国人旅行者(インバウンド)誘致活動を行う日本政府観光局(JNTO、正式名称・独立行政法人国際観光振興機構)の清野智理事長はこのほどインタビューに応じた。

 新型コロナウイルス感染収束後の訪日客誘致戦略について、感染拡大を防ぐため、旅行者が密集しない地方の自然体験型観光などのキャンペーンに注力する姿勢を表明。地方自治体などと連携していく考えを示した。

1
続き

中村輪夢、自転車BMXの新種目で頂点目指す

 名が体を表す18歳。東京五輪で初めて実施される自転車のBMXフリースタイル・パークで、中村輪夢(ウイングアーク1st)は堂々の金メダル候補だ。昨年はワールドカップシリーズで日本人初の総合優勝。延期された1年後の五輪に向け、「出るからには一番を目指して頑張る」と頂点を見据える。

1
続き

ブラジル、コロナ禍中でサッカー再開に前のめり

 南米のサッカー大国ブラジルで、リオデジャネイロ州選手権が約3カ月半ぶりに再開した。全国選手権1部リーグも8月9日に再び始まる見通しで、ファンにとってはうれしい日常が戻りつつある。ただ、世界で2番目に感染者が多い同国では今も1日4万人前後の新規感染が確認されており、国民の間には疑問の声も出ている。

1
続き

英国の著名な歴史家が人種差別発言で失職

 英国の著名歴史家が、黒人への人種差別問題に関して問題発言をし、名誉フェローを務めていたケンブリッジ大学を辞める事態に追い込まれた。

1
続き