■連載一覧
  • 憲法改正 私はこう考える
  • どう見る北の脅威
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 2018/2/15
  • 2018/2/13
  • 2018/1/18
  • 2018/1/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • フォト rss

    ダライ・ラマ、携帯アプリに動向を世界に発信

     ダライ・ラマ法王庁は14日、インドに亡命中のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世の動向を発信するためのアイフォーンアプリを公開した。世界中に向け、演説を収録した動画などを通じてダライ・ラマの理念を発信し、理解を求める。

    1
    続き

    清水エスパルスの「プロの技」披露に湧く歓声

     サッカーのJ1清水エスパルスが16日、タイのバンコクでサッカー教室を開き、児童養護施設に入所する9~13歳の少年少女32人がシュートやドリブルの練習やミニゲームに汗を流した。

     指導したFW村田和哉選手とDF飯田貴敬選手が「プロの技」を披露すると、一斉に歓声が湧いた。「みんな無我夢中で楽しんでくれた」と飯田選手。村田選手は「夢や希望を持ち続け、あきらめないことが大切」と語り掛けた。

    0
    続き

    タイムズスクエアでも、そろそろ年越し準備

     米ニューヨークのタイムズスクエアに登場した、「18」の数字をかたどった巨大な照明。

     「2018」の一部で、大みそかの年越しイベントで点灯される。報道陣に13日に公開された準備作業の一こま。

    0
    続き

    2018年用年賀状の受け付けが全国の郵便局で開始

     2018年用年賀状の受け付けが15日、全国の郵便局で一斉に始まった。  日本郵便は東京・丸の内の複合ビル「JPタワー」で、ボクシングWBA世界ミドル級王者の村田諒太さん、フリーアナウンサーの高島彩さんを招き、受け付け開始のセレモニーを開いた。

    1
    続き

    湯島天神でも、新年の準備、ピークだワン

     学問の神様・菅原道真を祭る湯島天満宮(湯島天神)では絵馬の準備がピークを迎えている。

     来年の十二支「戌(いぬ)」にちなんだ絵馬と願い事を書くペンの組み合わせ約5万枚を仕上げるという。

    0
    続き

    無垢と経験の写真、純粋な経験を個性的に

     東京都写真美術館で「日本の新進作家」展が開かれている。将来性のある写真家を発掘し、支援するための企画で、今回で14回目。テーマは「無垢と経験の写真」。日々の生活から純粋な個人の経験を紡ぎ出し、さまざまなアプローチにより作品を制作している5人の作家たちである。

    1
    続き

    生き物になって学ぼう、生態を体験する企画展

     シマウマを狙うライオンや水上を走るトカゲのバシリスクなど、動物の生態を自ら体験することで学べる企画展「MOVE 生きものになれる展」(主催・日本科学未来館など)が東京・青海の同館で開かれている。

    0
    続き

    富士山に降り注ぐ「ふたご座流星群」

     3大流星群の一つ「ふたご座流星群」が出現のピークを迎え、13日夜から14日未明にかけて富士山に降り注ぐかのような流星が観測された。

     静岡県富士宮市のキャンプ場には約20人の天文ファンらが訪れ、明るい流星が現れるたびに歓声が上がった。

    0
    続き

    金井宣茂さん「武道の精神を宇宙で生かす」

     宇宙飛行士の金井宣茂さん(41)が17日、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から国際宇宙ステーション(ISS)に向け出発する。金井さんは高校時代から合気道や弓道など、さまざまな武道に親しみ、中でも海上自衛隊時代に始めた居合道は、宇宙飛行士になってからも稽古を継続。「武道にある日本人としての考え方や生き方が、ISSのようにさまざまな国の人たちが一緒に働く中で、ユニークな価値を与えるのではないか」と話す。

    1
    続き

    伏見城跡に秀吉の石垣に、家康の「埋め殺し」痕跡

     豊臣秀吉が16世紀に築いた伏見城の石垣が京都市伏見区で初めて見つかったと、発掘した民間の調査会社「四門」(東京)が14日、発表した。関ケ原の戦いの後、徳川家康が再建した石垣の下から発見され、家康が豊臣家の遺構を残すまいとした「埋め殺し」がうかがえるという。

    0
    続き

    公道で全国初、無人の全自動運転車の実証実験

     運転席にドライバーがいない乗用車が公道で走る「遠隔型自動運転システム」の実証実験が14日、東京都内と愛知県内でそれぞれ行われた。都などによると、自動運転技術では人が運転に関与しない「レベル4」に準ずる段階で、警察庁が6月に出した公道実験に関する新指針に基づく初めての取り組み。

    0
    続き

    60人が参加、お風呂で楽しくオリンピック?

     銭湯で風呂おけなどを使って順位を競うイベント「お風呂の祭典 オフロンピック」が10日、大阪市住之江区の「姫松温泉」で開催された。約60人が参加。

     車輪を付けたおけで床の的を狙う「桶カーリング」や、おけを積み上げる「桶タワー積み」など4種目の競技に挑戦した。初参加で小学5年生の倉本陽斗君(10)は「普段はお風呂で怒られるようなことができて楽しかった」と笑顔。

    0
    続き

    羽生善治永世七冠、井山裕太7冠に国民栄誉賞を

     政府は、将棋で史上初の永世7冠を達成した羽生善治氏(47)と、囲碁で初めて2度の7冠独占を果たした井山裕太氏(28)に国民栄誉賞を授与する検討に入った。前人未到の快挙で、同賞にふさわしいと判断した。菅義偉官房長官が13日午前の記者会見で明らかにした。

    0
    続き

    東京五輪の大会経費、さらなる大幅削減へ意欲

     2020年東京五輪の準備状況を確認する国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会の第5回会議が13日、東京都内で日程を終えた。ジョン・コーツ調整委員長は記者会見で、現在1兆3850億円(予備費除く)の大会経費に関し「あと2年半でかなり節約できると確信している」と述べ、さらなるコストの削減へ意欲を示した。

    0
    続き

    宇宙ベンチャー、日本勢初の月着陸を目指す

     宇宙開発のベンチャー企業、アイスペース(東京)は13日、101億円余りの官民資金を調達し、2020年までに日本勢初の月面着陸を目指すと発表した。技術開発段階における新興企業の資金調達額としては国内最大規模という。

    0
    続き

    「大くまモン展」、東京・松屋銀座で始まる

     熊本県のPRキャラクターとして誕生し、全国トップクラスの人気を集める「くまモン」の誕生秘話やこれまでの活動をまとめた「大くまモン展」(熊本県主催)が13日、東京・松屋銀座で始まった。企業とのコラボグッズやイベントで使用した衣装など約150点を紹介。

    0
    続き

    待ち遠しいメジャーの大谷関連グッズ

     大リーグのエンゼルスに移籍が決まった大谷翔平投手の影響で、早くも品薄状態になっている大谷関連グッズ。

     大谷選手の背番号17や名前が入ったグッズは、来年2月以降に販売予定で、300件の予約が入っているという。

    0
    続き

    今年の漢字「北」、緊迫化する北朝鮮情勢を反映

     漢字1文字で今年の世相を表す「今年の漢字」に「北」が選ばれ、京都市東山区の清水寺で12日、森清範貫主が揮毫(きごう)した。度重なる弾道ミサイルの発射や核実験の強行といった緊迫化する北朝鮮情勢などを反映した。

    3
    続き

    シャンシャン誕生6ヵ月、体重80倍の12・3キロに

     上野動物園(東京都台東区)で誕生した雌のジャイアントパンダ、シャンシャンが生後6カ月を迎えた。誕生直後にわずか147グラムだった体重は、9日の計測で80倍超の12・3キロに。同園は「活発で健康に育っている」と話した。

    0
    続き

    チャールズ・ジェンキンスさんが死去、77歳

     北朝鮮による拉致被害者曽我ひとみさん(58)の夫で、新潟県佐渡市在住のチャールズ・ジェンキンスさんが11日午後8時52分、致死性不整脈のため佐渡市内の病院で亡くなった。77歳だった。告別式は15日午前10時から佐渡市窪田19の3の黎明セレモニーホール佐和田式場で。喪主は曽我さん。

    0
    続き

    日本を代表する彫刻家、高田博厚の全遺品寄贈

     日本を代表する彫刻家、高田博厚(1900~87年)が神奈川県鎌倉市に構えたアトリエが閉鎖されることになり、彫刻作品や絵画、書籍など数千点の遺品が埼玉県東松山市に寄贈された。

     高田は戦前から戦後にかけてフランスで近代彫刻を学び、帰国後は鎌倉で制作活動に励んだ。東松山市教育長だった故田口弘氏と親交があった縁で、市内には32作品が並ぶ「彫刻プロムナード」が整備されている。

    1
    続き

    史上最大級のペンギン、体長170㌢体重100㌔か

     ニュージーランド南島の暁新世後期(5950万~5550万年前)の地層から巨大ペンギンの化石が発見され、新属新種に分類したと、ドイツ・ゼンケンベルク研究所などのチームが12日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ電子版に発表した。骨格がかなりそろっており、体長170センチ超、体重約100キロと推定された。

    1
    続き