■連載一覧
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米朝“宴の後”で 非核化・拉致問題の行方
  • 米朝首脳会談の焦点
  • どうなる米朝首脳会談
  • 2018/7/18
  • 2018/6/14
  • 2018/6/07
  • 2018/5/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • フォト rss

    「土用の丑の日」はウナギで暑さを克服したい

     日本列島各地で35度以上の猛暑日が続く中、「土用の丑(うし)の日」に当たる20日、ウナギを食べてスタミナをつけようという客が専門店や百貨店に列を作った。

     今年のかば焼きの値段は、稚魚の不漁から軒並み上昇。それでも「ぜいたくだけど、年に一度くらいは食べて暑さを乗り切りたい」(50代の男性)と、人気は根強いようだ。

    0
    続き

    東京五輪の一般入場券は2500円から13万円で

     2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は20日、東京五輪のチケット価格の概要を発表した。競技の一般チケットは最低が2500円、最高が13万円で、開会式の最高価格は30万円。種目や開催日別の価格の詳細を今後決め、国内販売は専用サイトを通じて19年春に開始し、20年には販売所でも取り扱う。

    0
    続き

    洞窟救出を後世に、巨大絵画と銅像の制作が進む

     「英雄」と題された絵は横13メートル、縦3メートル。サマンさんの肖像を中央に大きく描き、色彩に明暗を用いて遭難から救出までの情景を表している。

     地元出身の著名芸術家、チャルムチャイ・コーシッピパットさんが制作を呼び掛け、全国から300人を超す芸術家が参加。芸術センターのスーウィット館長は「救助活動中に撮影された300枚以上の写真を参考に図柄を決めた。すべての英雄を紹介したい」と話す。

    0
    続き

    歌「茜空」が完成、大阪府箕面市の子供ら合唱

     1985年の日航機墜落事故で夫を亡くした谷口真知子さん(70)=大阪府箕面市=の体験や思いを題材にした歌「茜空」が完成し、同市の市立東小学校で、同歌を作詞、作曲した歌手北川たつやさん(33)と生徒らの合唱で初披露された。

     どんな悲しみも乗り越えられるというメッセージを込めた力強い歌詞に、谷口さんは「『前向きに生きて』という私の願いが伝われば」と感動した様子で話した。

    0
    続き

    崩壊する家庭、娘の子を取り上げてしまう母

     家族とはどうあるべきなのか、現代ほど不安定な時代はないだろう。この映画は母性の神話を打ち砕き、崩壊する家庭を無慈悲なまでにあらわにしたミステリー作品。

     舞台はメキシコのリゾート地、バジャルタの海辺に立つ美しい別荘。太った姉クララとあどけなさの残る17歳の妹バレリアの二人で暮らしているが、妹には同じ年の恋人がいて、お腹(なか)が大きくなっている。

    0
    続き

    文化審、「北海道・北東北の縄文遺跡群」推薦

     文化審議会は19日、2020年の世界文化遺産登録を目指す候補に「北海道・北東北の縄文遺跡群」(北海道、青森、岩手、秋田各県)を推薦することを決めた。今年、世界自然遺産への推薦を取り下げた「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄両県)とのいずれかを政府内で調整する見通しで、閣議了解を経て、来年2月1日までに国連教育科学文化機関(ユネスコ)に推薦書を提出する。

    0
    続き

    小惑星「りゅうぐう」に130mの大岩を発見

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)は19日、小惑星「りゅうぐう」に到着した探査機「はやぶさ2」が本格観測を開始し、直径130メートルの大きな岩を見つけたことを明らかにした。21日ごろに上空5キロまで降下し、より詳しい地表の様子を観測する。

    1
    続き

    タイ洞窟で遭難の少年ら「救出は奇跡だった」

     タイ北部チェンライ郊外の洞窟から救出されたサッカー少年12人とコーチが18日、入院していた市内の病院を退院し、初めて記者会見に臨んだ。少年らは、救助隊の潜水士に発見されたのは「奇跡だった」などと語った。

     会見場にはユニホームを着て登場。元気にボールを蹴ってみせ、回復ぶりをアピールした。医師は「全員、体重が約3キロ戻り、通常の健康状態だ」と説明した。

    0
    続き

    長友佑都選手「夢かなえてほしい」とエール

     愛媛県西条市出身でサッカー日本代表の長友佑都選手(31)が18日午後、西日本豪雨で被災した同県大洲市を訪れ、子供たちに「強い気持ちを持って夢をかなえてほしい」とエールを送った。

    0
    続き

    香川真司「新たな準備をしないといけない」

     サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場した日本代表の香川真司が19日、東京都内で高級腕時計メーカー、タグ・ホイヤーが開催したトークショーに出席し、「また新たな準備をしないといけない。僕自身はまだまだレベルアップできると実感している」と心境を語った。

    0
    続き

    芥川賞に高橋弘希さん、直木賞は島本理生さん

     第159回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が18日夕、東京・築地の新喜楽で開かれ、芥川賞に高橋弘希さん(38)の「送り火」(文学界5月号)、直木賞には島本理生さん(35)の「ファーストラヴ」(文芸春秋)がそれぞれ選ばれた。

     芥川賞候補作で、既刊書籍との類似表現問題が議論を呼んだ北条裕子さん(32)の「美しい顔」は受賞を逃した。

    0
    続き

    演出家の浅利慶太さんが死去、85歳

     「キャッツ」「ライオンキング」などのミュージカル公演で知られる「劇団四季」の創設メンバーの一人で演出家の浅利慶太(あさり・けいた)さんが13日午後5時33分、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去した。85歳だった。東京都出身。葬儀は親族で行い、後日お別れの会を開く。

    0
    続き

    信州大などが「スマート治療室」で手術が開始

     国立研究開発法人日本医療研究開発機構、信州大学、デンソーなどは9日、手術に用いる顕微鏡や電気メスなどの機器を一つのシステムに接続した「スマート治療室」を開発したと発表した。手術室の外にいる医師と画像やデータを共有し、相談しながら執刀できる。今月下旬から信州大で臨床研究として脳の手術に活用する。

    0
    続き

    イニエスタが笑顔で来日、「早くプレーしたい」

     サッカーJ1の神戸に加入したスペイン代表で世界屈指のMFアンドレス・イニエスタ(34)が18日、専用機で来日した。紺のポロシャツと半ズボン、運動靴で関西空港に到着。約300人のファンに迎えられると、にこやかに色紙やTシャツにペンを走らせた。

    0
    続き

    夏を涼しく、日本最大級の「川崎大師風鈴市」

     各地で猛暑日となった18日、国内外から集まった約900種類、3万個の風鈴が涼しげな音色を響かせる「川崎大師風鈴市」が始まった。今年で23回目となり、日本最大級の規模を誇る。

     東京都国立市から訪れた竹内舞さん(35)は「毎年涼みに来ています」とひとときの涼を楽しんでいた。22日まで。

    0
    続き

    「祇園祭」、ハイライトは華やかな「山鉾巡行」

     京都の夏の風物詩、祇園祭のハイライトとなる山鉾(やまほこ)巡行が17日、京都市中心部で行われた。この日は「前祭(さきまつり)」で、華やかに飾り付けられた23基の山鉾が都大路を練り歩いた。山鉾が交差点で向きを変える「辻回し」が行われると、観客から大きな歓声が上がった。

    0
    続き

    洗練された行動と手口、詐欺師を騙す詐欺師たち

     スウィンダラーズとは詐欺師たちのことで、騙(だま)すということを究極まで追求したような韓国アクション映画である。

     国中を騒がせた希代の老詐欺師チャン・ドゥチルが外国で急死したというニュースが流れた。詐欺師だけを狙う知能型詐欺師ファン・ジソン(ヒョンビン)は、チャン・ドゥチルはまだ生きていると事件の担当検事パク・ヒス(ユ・ジテ)に語り、彼を捕まえようと提案する。

    1
    続き

    イベントで錦織圭「来年の希望が見えてきた」

     テニスのウィンブルドン選手権で、日本男子23年ぶりのシングルス8強入りを果たした錦織圭(日清食品)が17日、東京都内での子供向けスポーツイベントに参加した。「今までで一番充実したウィンブルドン。来年の希望が見えてきた」と大会を振り返った。

    0
    続き

    安芸南高主将が選手宣誓、「被災者に勇気と力を」

     被災者に勇気と力を-。第100回全国高校野球選手権の広島大会が17日、みよし運動公園野球場(広島県三次市)で開幕した。開会式は当初、7日に広島市のマツダスタジアムで行われる予定だったが、西日本豪雨の影響で10日遅れとなった。

     開会に先立ち、豪雨災害の犠牲者を悼み全員で黙とう。県立安芸南高校の田代統惟主将が「被災された方々に勇気と力を与えられるように全力でプレーします」と選手宣誓した。

    0
    続き

    高校野球の沖縄県代表の名シーンを写真で

     全国高校野球選手権大会が今年で100回目を迎えるに当たり、沖縄県内の高校野球の歴史をテーマにした企画展「熱闘 高校野球 本気の夏 100回目」が那覇市の沖縄県立博物館・美術館で開催されている。

     エントランスホールの写真展では、春夏連覇した興南の試合など過去の県代表の名シーンを無料で見ることができる。企画展は29日まで。

    0
    続き

    フランス、クロアチア下し20年ぶり2度目のV

     前半はどちらに流れが傾くのか分からなかった。試合をコントロールできていなかったフランスが、運を味方に付けた。

     前半18分、グリーズマンが自ら得たFKでマンジュキッチのオウンゴールを誘った。10分後に追い付かれたが、同38分にはVARの映像判定で、PKを獲得。グリーズマンがGKの逆を突いて、勝ち越した。

    0
    続き

    ジョコビッチ、3年ぶり4度目の優勝を飾る

     テニスのウィンブルドン選手権最終日は15日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス決勝で第12シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第8シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)を6-2、6-2、7-6で下し、3年ぶり4度目の優勝を飾った。

    0
    続き

    酷暑の連休中、ボランティア延べ4万人が支援 

     西日本豪雨の被災地には、16日も全国から大勢のボランティアが集まり、酷暑の中、支援に当たった。全国社会福祉協議会によると、14日からの3連休中に、被害の大きかった広島、岡山などを中心に被災府県に延べ約4万人が集結。仕事の都合で引き揚げる人は悔しさもにじませたが、被災者からは感謝の声が上がった。

    2
    続き