■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • フォト rss

    大嘗祭で使われる新米の産地の「斎田」決まる

     宮内庁は18日、11月の大嘗祭で使われる新米の産地の「斎田(さいでん)」が、栃木県高根沢町と京都府南丹市の田に決まったと発表した。近く米の収穫儀式「抜穂(ぬきほ)の儀」が行われる。

    1
    続き

    ラグビーW杯あす開幕、テレビカメラ大量投入

     アジアで初開催となるラグビーワールドカップ(W杯)日本大会が20日に開幕する。大会は、世界200カ国で40億人がテレビで視聴するとされる。迫力のプレーや各国チームの戦術を映像に捉えるため、1試合に投入されるテレビカメラは最大で30台を超える。

    1
    続き

    森田千葉県知事、激甚災害の早期指定を要望

     安倍晋三首相は18日、台風15号で被災した千葉県の森田健作知事と同県選出の自民党国会議員らと首相官邸で面会し、激甚災害の早期指定について要望を受けた。

     森田氏はこの後、記者団に「首相から大変前向きな回答をいただいた。指定していただけると信じている」と述べた。

    1
    続き

    観光地への打撃深刻、影響長期化に強まる懸念

     台風15号で停電や断水に見舞われた千葉県で、秋の行楽シーズンを迎えた観光業への打撃が深刻になっている。来場者の落ち込みや臨時休業を余儀なくされた施設も多い。週末の3連休が近づく中、影響の長期化を懸念する声が高まっている。

    1
    続き

    ダビンチの一風変わったライオンがお目見え

     パリのイタリア文化会館で11日、一風変わったライオンがお目見えした。

     このライオン、レオナルド・ダビンチが約500年前に考えた設計図を基に制作された。

     細部まで精巧に再現されており、ダビンチの鬼才ぶりをうかがわせる。

    1
    続き

    ラグビーW杯、リッチな「おもてなし」が人気

     高級な食事や元選手による解説など、リッチな「おもてなし」を楽しみながら大型スポーツイベントを観戦できる「スポーツホスピタリティー」が人気を博している。ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会では、4000万円以上もする商品が完売。販売する企業は「東京五輪も控え、新しい観戦スタイルとして日本に定着させていきたい」と話している。

    2
    続き

    正体不明の芸術家バンクシーの「英議会」競売へ

     英競売商サザビーズは15日、正体不明の英芸術家バンクシーによる、英下院をモチーフに政治家をチンパンジーに見立てた絵画作品を、10月3日に競売に掛けると発表した。150万~200万ポンド(約2億~2億7000万円)の高額での落札が見込まれている。

    2
    続き

    橋本聖子五輪相が就任あいさつに都庁を訪れる

     橋本聖子五輪担当相は17日、東京都庁を訪れ、小池百合子都知事に就任のあいさつをした。両者は来夏の東京五輪・パラリンピックに向け連携強化を確認。

     五輪出場経験のある橋本氏の就任について、小池氏は「大変心強い」と歓迎し、「暑さ対策や大会運営の課題は山積しているが、力を借りながら(準備を)進めていきたい」と述べた。

    2
    続き

    バスケ男子の馬場雄大、マーベリックスと契約へ

     馬場が夢の実現へ前進した。近日中に渡米し、NBAのマーベリックスと契約。シーズン前のキャンプで結果は求められるが、「夢だったNBAでプレーする第一歩」と晴れやかな表情で語った。

     高い身体能力を生かしたドリブルや、ダンクシュートなど鮮やかな攻撃が持ち味。7月に招待されたサマーリーグでも「自分の強みを見せることができた」と手応えを感じていた。

    2
    続き

    ひとりの船頭トイチを通して見つめる人間の根源

     明治後期、美しい緑豊かな山あいに流れるとある川。川辺の質素な小屋に1人寂しく住むトイチ(柄本明)は、村と町を繋(つな)ぐための川の渡しを生業にしている。さまざまな事情を持つ人々が舟に乗る。日々、黙々と舟を漕ぎ、静かな生活を送っていた。そんな山奥の村にも、文明開化の波が押し寄せる。川上では煉瓦造りの大きな橋が建設されている。人々は「橋さえできれば、村と町の行き来は容易になる」と完成を心待ちにしている。トイチの内心は複雑だ。

    2
    続き

    史上最年少の仲邑菫初段が男性棋士に初勝利

     囲碁の史上最年少プロ棋士、仲邑菫初段(10)が16日、七大タイトル戦初挑戦となる第59期十段戦の予選で古田直義四段(50)と大阪市内で対局し、235手で白番1目半勝ちした。仲邑初段は初の男性棋士との公式戦を白星で飾った。

     終局後、仲邑初段は「勝ててうれしい」と話し、にっこりほほ笑んだ。

    2
    続き

    イチロー氏「野球のレベルを高めてくれた」

     米大リーグ、マリナーズで球団特別補佐のイチロー氏(45)が14日、本拠地シアトルでのホワイトソックス戦前に特別功労賞に当たる「フランチャイズ・アチーブメント賞」を受賞した。

     ユニホーム姿の同氏は、通算3089安打を放った2001年以降の大リーグでの足跡を振り返り、「自分が知る限り最も偉大な選手たちと一緒にプレーできて光栄だった。自分の野球のレベルを高めてくれた」と語った。

    2
    続き

    英宮殿で展示中の「黄金のトイレ」が盗まれる

     英南部オックスフォードシャー州にある世界遺産でチャーチル元首相の生家ブレナム宮殿に展示されていた18金製の「黄金のトイレ」が14日、何者かに盗まれた。500万~600万ドル(約5億4000万~6億5000万円)の価値があるという。BBC放送などが伝えた。

    2
    続き

    金色バスお披露目、市内の路線バスとして運行

     平成初めのふるさと創生事業で交付された1億円を担保にレンタルした金塊を展示し、話題になった兵庫県淡路市(旧津名町)で15日、車体を金色に装飾した市バスが公開された。金塊のまちを改めてPRする作戦で、市内の路線バスとして10月から運行する。

    2
    続き

    キーワードは透明性? 自動車産業の将来を占う

     ドイツ・フランクフルトで開催中の国際自動車ショーに独自動車部品大手が出展した透明な車。

     22日までを会期とする自動車ショーのキャッチコピーは「あすを走る」で、透明性向上が自動車産業の将来を占うキーワードになるとのメッセージかも?

    2
    続き

    東京五輪代表決定、MGCを五輪コースで行う

     東京五輪代表選考会のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)は15日、明治神宮外苑を発着とした42・195キロの五輪とほぼ同じコースで行われ、男子は1位の中村匠吾(富士通)と2位の服部勇馬(トヨタ自動車)、女子は1位の前田穂南(天満屋)と2位の鈴木亜由子(日本郵政グループ)が代表に決まった。

    2
    続き

    羽生結弦が今季初戦を制す、4回転に課題実感

     ショートプログラム(SP)に続き、フリーでも冒頭のジャンプでミスが出た。羽生は1本目の4回転ループ、続く4回転サルコーの着氷で体勢を崩した。今季初戦を手堅く制したが、悔しさが口を突いた。

    2
    続き

    「赤の他人でいられない」、ボランティア本格化

     台風15号の被害を受けた千葉県では15日、夜からの激しい雨が予想される中、ボランティアによる支援活動が本格化した。県社会福祉協議会によると、鴨川市や鋸南町など14自治体で受け入れを行い、学生など多くの人が集まった。30度近い暑さが続く中、参加者らは「赤の他人ではいられない」「少しでも楽になって」と汗を流した。

    2
    続き

    未来の輸送機関、宇宙エレベーター本格実験

     地上と宇宙ステーションをケーブルでつなぎ、エレベーターで行き来する-。夢物語のような構想の実現に向けた実証実験が15日、福島県南相馬市で行われた。実験は宇宙エレベーター協会(東京都港区)が主催。試験的だった昨年に続いての開催で、今年は14、15両日に、国内外から大学や企業など計12チームが参加した大規模なものとなった。

    2
    続き

    気仙沼から5000尾、秋のサンマを召し上がれ

     古典落語「目黒のさんま」をもとに始まった「目黒のさんま祭」(第43回目黒区民まつり実行委員会主催)が15日、東京・目黒の田道広場公園で行われた。炭火で焼いた新鮮な秋のサンマを味わおうと、イベント開始の1時間前には会場近くに500㍍以上の行列ができた。

    4
    続き

    不安をはねのけ、紀平梨花が今季初戦で優勝

     SP首位で迎えたフリー。紀平は不安を抱えながら演技に臨んだ。この日練習が行われたサブリンクは氷が硬く、試合のリンクとは感触が違っていた。ジャンプを失敗して心が揺れた。

     SPでは安定してトリプルアクセル(3回転半)を決めていたが、フリー直前の6分間練習でもミスが出る。感覚が狂っていた。「アクセルで思ったジャンプが跳べていなかった。すごく焦っていた」

    2
    続き

    ラグビーW杯出場国国歌で海外の選手を歓迎

     ラグビーワールドカップ(W杯)開幕を前に、出場国の国歌を歌うことで訪れる選手らを歓迎するプロジェクト「スクラムユニゾン」の活動が広がっている。発起人で元日本代表主将の広瀬俊朗さん(37)は「国歌はその国について学ぶいいきっかけになる」と話す。

    2
    続き

    大阪府警、「アオリ運転、絶対イカん」

     あおり運転、絶対いかん―。

     大阪府警はこのほど、「アオリイカ」があおり運転の撲滅を訴えるアニメ動画を作り、動画投稿サイト「ユーチューブ」に公開した。

     府警交通総務課の担当者は「あおり運転は人命に関わる重大な犯罪。運転する際は、この動画を思い出して絶対にやめてほしい」と呼び掛けている。

     動画は職員6人による手作り。

    2
    続き