■連載一覧
  • フィンランド100年の児童支援 「ネウボラ」の現場
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 人口減少社会を超えて 第1部・先駆けの地方移住
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 2018/9/18
  • 2018/8/20
  • 2018/8/06
  • 2018/7/18
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 米朝首脳会談の焦点
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/6/07
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • フォト rss

    羽生結弦の闘志に火、今季初戦で逃げ切って優勝

     乱れたフリーを終えると、羽生は思わず小さくほえた。「くそっ」。逃げ切ったものの、低調な滑りに「もっと強くなりたいと心から思った」。連覇を遂げた平昌五輪以来となる今季初戦から、勝負師の生の感情があらわになった。

    0
    続き

    探査ロボから写真、「りゅうぐう」の地表写る

     探査機「はやぶさ2」が投下し、小惑星「りゅうぐう」への着地に成功した2台の小型探査ロボット「ミネルバ2-1」は着地後、上空20㌔のはやぶさ2にデータや写真を送信した。

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日、届いたデータなどからミネルバ2がりゅうぐうに着地し、少なくともうち1台はその後、ジャンプして移動に成功したことを確認した。

    0
    続き

    大坂なおみが準優勝、攻め急ぎから立て直せず

     全米オープン決勝で冷静なプレーが光った大坂も、この日は明らかに攻め急いでいた。「頭がいっぱいいっぱいになった。たくさんの(凡ミスを含む)アンフォーストエラーをしてしまった」。日本で開催されたツアーでの初優勝に懸ける思いは空回りし、2年前の決勝と同じ結末となった。

    0
    続き

    「第九」初演収容所長の故松江豊寿氏の記念碑

     第1次世界大戦中にドイツ兵捕虜を人道的に扱い、ベートーベンの「第九」が捕虜により演奏されたことで知られる徳島県鳴門市の「板東俘虜(ふりょ)収容所」で、所長を務めた故松江豊寿氏(1872~1956年)の功績をたたえる記念碑が故郷の福島県会津若松市に建立され、22日に除幕式が行われた。

    0
    続き

    日本最大級、中華街で「中秋大月餅」を展示

     横浜市のローズホテル横浜で「中秋大月餅」が展示されている。横浜中華街の中華料理店、重慶飯店が中国の中秋節に合わせて作った直径約1メートル、重さ約60キログラムの日本最大級の月餅で、24日まで展示されている。

     ホテルの担当者によると、中秋節は豊作を祝う休日。中国ではこの時期に家族で月餅を食べる風習がある。大月餅の展示は、中国文化を伝えるため1994年から毎年行われている。

    0
    続き

    龍馬の花押が初お目見え、唯一の直筆原本

     福井県立歴史博物館(福井市)で22日から始まった特別展で、幕末の志士、坂本龍馬の花押(サイン)が記された書簡が国内で初公開された。龍馬直筆の花押を原本で確認できるのは、この書簡だけという。

    0
    続き

    二重の喜び、白鵬が前人未到の幕内1000勝に到達

     第一人者の白鵬も、よほどうれしかったのだろう。風呂から上がり、無数のフラッシュを浴びると「あー、目が痛い」と言いながら頬が緩んだ。5場所ぶり41度目の優勝に、幕内1000勝という大きな節目で花を添え「最高に気持ちいい」。二重の喜びをかみしめた。

    0
    続き

    「北海道観光に来て!」地震の影響払拭に懸命

     最大震度7を観測した北海道地震は、道内の観光地にも深刻な影響を与えた。来訪者の激減に見舞われた各地の観光協会などは、秋の行楽シーズンに向け、客の呼び戻しに必死だ。割引券や宿泊費の一部を義援金に充てるプランなど、あの手この手でアピールしている。

    0
    続き

    「日韓交流おまつり」、文化を通じて日韓交流を

     今年で10周年を迎える日韓文化交流イベント「日韓交流おまつり2018」(同実行委員会)が22日、東京都千代田区の日比谷公園で始まった。開会式には高円宮妃殿下が出席された。

     「一緒につなごう 友情を未来へ」をスローガンに、会場にはトッポギなど韓国料理の販売や韓服の試着コーナー、韓国の伝統的な遊びを体験できるブースが設置。また、ステージでは韓国の伝統舞踊やK-POPのコンサートが行われた。

    0
    続き

    トラファルガー広場に、夕陽に染まるライオン?

     ロンドン中心部のトラファルガー広場に出現した、鮮やかな赤色に塗られたライオンの像。

     23日まで開かれている「ロンドン・デザイン・フェスティバル」の出品作で、英国人アーティスト、エス・デブリン氏が制作した。

    0
    続き

    世界初、「はやぶさ2」探査ロボの投下に成功

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)は21日、探査機「はやぶさ2」が搭載する2台の小型探査ロボット「ミネルバ2-1」を小惑星「りゅうぐう」に向けて投下したと発表した。着地後に内蔵モーターの力でジャンプしてりゅうぐうの表面を移動し、複数の場所での写真撮影などを試みる。

    4
    続き

    関空の第1ターミナル、17日ぶりに全面再開

     関西国際空港を運営する関西エアポート(大阪府泉佐野市)は21日、台風21号による高潮で浸水した第1ターミナルを全面再開した。再開済みの第2と合わせ、17日ぶりに関空の旅客便がほぼ全面復旧した。

     主力の第1ターミナルは南側エリアが14日に再開していたが、北側エリアの電気設備の復旧が残っていた。

     関西エアポートの山谷佳之社長は21日、「安心して大阪に来ていただけたらうれしい」と旅行者に呼び掛けた。

    0
    続き

    聖地と商都を結ぶ新高速鉄道の運転を開始

     聖地エルサレムとイスラエルの地中海岸の商都テルアビブを結ぶ新高速鉄道の一部区間が25日に運行を開始する。両都市を結ぶ従来の鉄道路線は片道1時間半程度かかっていたが、時速160キロが出る新鉄道が全面開通すれば、両都市を30分で結ぶ予定。

     これに先立ち、ネタニヤフ・イスラエル首相が20日、今回開通するエルサレム中心部とベングリオン国際空港を21分で走る区間に試乗。「歴史的な瞬間だ」と強調した。

    0
    続き

    売れるか、20万円の新型「iPhone」

     NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯大手3社が21日、米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新型モデル「ⅩS(テンエス)/ⅩS Max(テンエス マックス)」を売り出した。最上位モデルは20万円近い。格安スマホがじわりとシェアを伸ばす日本市場で、アップルの高機能・高級化路線が受け入れられるかどうかは不透明だ。

    0
    続き

    地域救急医療の強化へ、多目的医療用ヘリが運航

     東京電力福島第1原発事故で避難指示が出た福島県富岡町で21日、多目的医療用ヘリコプターの運航開始式が開かれた。ヘリは患者や医師、医薬品などの搬送に使われ、復興に向け急務となっている医療環境改善の一助を担う。来月から運航する。

    0
    続き

    世界最大級、「東京ゲームショウ2018」が開幕

     世界最大級のゲーム見本市「東京ゲームショウ2018」(コンピュータエンターテインメント協会主催)が20日、千葉市の幕張メッセで開幕した。23日までの4日間開催されるが、前半2日間はビジネスデイ、後半2日間は一般公開。

     世界41カ国668の企業が参加。また国内企業では338社が出展、どちらも過去最多となり、ゲーム業界の活気を伝えている。

    1
    続き

    インバウンドへの多言語対応が注目を集める

     世界最大級の旅行見本市「ツーリズムEXPOジャパン2018」(主催・日本観光振興協会など)が20日、東京・有明の東京ビッグサイトで始まった。全国47都道府県、130以上の国と地域から約1400社が出展し、民族衣装やゆるキャラなどで各地の魅力をアピールした。

    1
    続き

    「エンデバー号」か? 米東海岸近くで発見

     18世紀の英探検家ジェームズ・クック(通称キャプテン・クック)が太平洋の探検航海で使用した「エンデバー号」とみられる帆船の残骸が、米東海岸近くの海域で見つかった。

     米豪の合同調査チームが19日までに発表した。エンデバー号は沈没から200年以上所在が分かっておらず、英米などのメディアは「歴史的な発見」と伝えている。

    1
    続き

    西日本豪雨の被災者支援、24時間AIで回答

     広島県東広島市は、西日本豪雨で被災した市民やボランティアからの質問に、人工知能(AI)が24時間、自動で回答するサイトを開設した。

     チャット形式で、例えば「罹災(りさい)証明書の申請場所」と質問を入力すると、窓口の場所や開設時間、問い合わせ先が即座に表示される。

    0
    続き

    骸骨でもあったかい? 母親と子供のミイラ

     ドイツ南西部マンハイムの博物館で14日、「ミイラ展」が開催されるのを前に、寄り添う母親と子供のミイラが公開された。

     18世紀のもので、既に骸骨となってもどこか温かみを感じさせる。ミイラ展は今月16日から来年3月まで開かれる。

    0
    続き

    大坂なおみ圧勝、サーブが機能万全の滑り出し

     試合時間59分。全米女王の看板を引っ提げた大坂が、日本で隙のないテニスを展開した。「高いレベルでできた。東京での初戦は特別だと思っていた。良い形で終えられてよかった」。四大大会で決勝進出の経験がある世界30位、チブルコバを全く相手にしなかった。

    0
    続き

    西郷隆盛の福井藩士に宛てた書簡を初公開

     福井県立歴史博物館は19日、薩摩藩の西郷隆盛が福井藩士に宛てた書簡を22日から始まる「幕末明治福井150年博」の特別展で初めて公開すると発表した。藩士との面会翌日に出しており、内容からも、西郷のこまやかな心遣いが読み取れるという。

     書簡は縦16・0センチ、横47・1センチ。複数の専門家による鑑定で、西郷の筆跡と確認された。県外の個人が所蔵していたのを県が特別展のため借用した。

    1
    続き

    北海道地震の被災地に乳児用液体ミルクを提供

     北海道地震で、道は東京都から救援物資として乳児用液体ミルクの提供を受けた。常温で保存でき、開封してすぐに飲める乳児用液体ミルクは災害時に有効で、規格基準を定めた改正厚生労働省令が8月に施行され、国内での製造・販売が解禁されたばかり。ただ専門家は、災害時に乳児の口に入れる際には注意が必要と指摘する。

    0
    続き