«
»

フォト rss

青森県大間産クロマグロ、今なら家庭でも

 高級すしねたで人気のクロマグロが値下がりしている。大間ブランドの産地で名高い青森県などで水揚げが順調な一方、飲食店を直撃した新型コロナウイルスの影響もあり、東京の魚市場では取引価格が下落。大間産マグロの刺し身を特売する鮮魚専門店もあり、高級店の味が少しだけ身近になっている。

1
続き

新型コロナによる世界の死者100万人を超える

 AFP通信によれば、新型コロナウイルスによる世界の死者が日本時間28日、100万人を超えた。1月に中国で最初の死亡例が報告されてから9カ月足らず。米ジョンズ・ホプキンス大の集計では、累計感染者数は約3290万人に上り、感染拡大に依然歯止めはかかっていない。北半球ではこれから冬を迎え、インフルエンザとの同時流行を懸念する声が高まっている。

1
続き

久々の大舞台、錦織圭がフルセットの死闘を制す

 最終セットの勝率は現役トップの74・9%。その勝負強さを、久々の大舞台で発揮した。フルセットの死闘を制し、「すごくタフな試合だったが、勝てたことはうれしい」。

 風雨や寒さの中で始まった、自身にとって約1年ぶりの四大大会。長短を織り交ぜたバックハンドのスライスを多用するエバンズの球は強打しにくく、前に出たところを何度も抜かれるなど我慢の展開が続いた。

1
続き

エンゼルスの大谷翔平、改めて二刀流挑戦に意欲

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手がレギュラーシーズン最終戦の行われた27日、オンラインで今季の総括会見に臨み、「もちろんいい年ではなかった」とメジャー3年目を振り返った。

1
続き

俺たちには金がある! フーシ派がアピール

 イエメンの首都サヌアで24日、反政府武装組織フーシ派が兵士の支援を目的とした式典を開き、会場には寄付金として集められた大量の札束がピラミッド形に積み上げられた。

 イエメンでは現在、イランが支援するフーシ派と、サウジアラビア主導の連合軍を後ろ盾とするハディ暫定政権による内戦が続いている。

 今回の式典は、フーシ派が資金面で余力があることをアピールする狙いがあったようだ。

1
続き

ハロウィーン控え、大田市場で「かぼちゃ大市」

 10月末のハロウィーンを前に、大田市場(東京都)で28日、競り人が仮装して観賞用のカボチャを競売に掛ける「かぼちゃ大市」が開かれた。新型コロナウイルス禍でイベントが相次いで中止となる中、仲卸業者らは小ぶりの家庭向け需要に期待を寄せた。

1
続き

百貨店、新年用「おせち」商戦で巣ごもり狙う

 百貨店各社が新年用「おせち」の購入予約の受け付けを始めた。新型コロナウイルスの影響から、自宅でお正月を楽しむ家庭向けに感染予防を意識した取り分け不要な小分けの商品を用意。地方の親族への贈答用や海外旅行気分を味わえる洋風おせちなど、各社は趣向を凝らして巣ごもり需要を狙う。

1
続き

宮内庁、江戸城天守の復元模型を報道陣に公開

 宮内庁は28日、江戸城天守の復元模型を報道陣に公開した。29日から皇居・東御苑で一般公開する。

 同庁によると、天守は江戸時代初期に3回築かれたが、このうち約60メートルと日本一の高さだった寛永期の天守を、当時の資料などに基づいて30分の1スケールで再現した。この天守は明暦の大火(1657年)で焼失し、その後は石垣が造られただけで建物は再建されなかった。

1
続き

日本舞踊家の花柳寿応さんが死去、89歳

 日本舞踊の最大流派、花柳流の四世宗家家元で俳優や演出家としても活躍した花柳寿応(はなやぎ・じゅおう、本名寛ひろし)さんが、26日午前6時52分、肺腺がんのため東京都内の病院で死去した。89歳だった。東京都出身。自宅は東京都中央区新富1の10の8。葬儀は近親者で営む。喪主は孫で五世宗家家元の花柳寿輔(はなやぎ・じゅすけ、本名花柳創右はなやぎ・そうすけ)さん。

1
続き

関脇正代に万感の初賜杯、三度目の正直で殻破る

 土俵から下りた正代は、半ば放心状態で天井を見上げた。「信じられない」。花道で付け人、兄弟子の井筒親方(元関脇豊ノ島)に迎えられると、不意に涙があふれる。万感胸に迫った。  左を差せず、翔猿に土俵際まで押し込まれた。相手の引きに一気に出たところ、うまくいなされ、もろ差しを許して足は俵に。窮地にも「最後まで諦めなかった」。体の柔らかさを生かし、右から突き落として逆転した。

1
続き

妻・母・女性としての不安や葛藤に共感を呼ぶ

 結婚を機に仕事を辞め、育児と家事に追われるキム・ジヨン(チョン・ユミ)。常に誰かの母であり、妻である彼女は、閉じ込められているような感覚に陥ることがあった。妻ジヨンの表情が、やつれていることを薄々気づいていた夫のデヒョン(コン・ユ)は声を掛けるが、ジヨンは「疲れているだけ大丈夫」というだけだった。

1
続き

松尾芭蕉も憧れた日本三景の一つ、宮城県・松島

 日本三景の一つ、宮城県・松島(松島町)を訪ねた。松尾芭蕉が『おくのほそ道』(以下、ほそ道)冒頭で「松島の月先心(まづ)にかゝりて」と記していた念願の地だ。新型コロナの影響で一時休止していた遊覧船の運航も既に再開(通常の約3割に減らし、乗客の下船後は1便ごとに消毒)しているが、いまだ客足は少ない。

1
続き

秋の味覚楽しんで「ゆりあげ港朝市さんま祭り」

 記録的な不漁や新型コロナウイルスの影響でサンマ関連イベントが全国各地で中止になる中、宮城県名取市閖上で「第35回ゆりあげ港朝市さんま祭り」が開催された。

 今年はサンマのサイズがそろわず例年より時期が遅くなったが、朝早くから訪れた人たちに約2000匹が無料で振る舞われ、香ばしい匂いが会場を包んだ。

1
続き

道路で遊ぼう、「カーフリーデー」を導入

 ベルリンで22日、子供たちが遊ぶ道路でピアノを弾く男性。

 この日は、マイカーを使わずに都市交通について考える日として欧州を中心に導入されている「カーフリーデー」に当たる。

 ベルリンでは市内24カ所の通りが午後2~6時まで車両の通行を禁止され、子供の遊び場になった。

2
続き

はやぶさ2、未知の小惑星「1998KY26」へ

 小惑星「りゅうぐう」で採取した砂が入ったとみられるカプセルを届けるため、地球に向けて飛行を続ける探査機「はやぶさ2」。宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、12月のカプセル投下後の延長ミッションの探査目標として、直径約30メートルと小さく、高速で自転する小惑星「1998KY26」を選定した。JAXAによると、直径100メートル以下の小天体を探査機が訪れるのは世界初。運用チームは「前人未到の未知の小惑星」と期待を寄せる。

1
続き

御嶽山噴火6年で追悼式、犠牲者の冥福祈る

 死者58人、行方不明者5人を出した御嶽山(長野・岐阜県境、3067メートル)の噴火から6年を迎えた27日、麓の長野県王滝村の松原スポーツ公園で犠牲者の追悼式が開かれた。遺族や地元関係者ら約60人が参列。噴火時刻の午前11時52分にサイレンが鳴り、参列者が黙とうをささげた。

1
続き

俳優竹内結子さん自殺か、東京都内の自宅で死亡

 俳優の竹内結子さん(40)が27日、東京都渋谷区の自宅マンションでぐったりした状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。捜査関係者への取材で分かった。警視庁は自殺とみている。

 捜査関係者によると、同日午前2時ごろ、自宅の寝室で首をつった状態の竹内さんを同居する夫で俳優の中林大樹さん(35)が発見した。遺書は見つかっていない。

3
続き

初優勝、関脇正代関の父の巌さん「感無量です」

 大相撲秋場所で、熊本県出身として初の幕内優勝を遂げた関脇正代関(28)=本名正代直也、時津風部屋=の地元、熊本県宇土市は歓喜に沸いた。27日にecowin宇土アリーナで行われたパブリックビューイング(PV)には、地元後援会や母校宇土市立鶴城中学校の相撲部員ら200人以上の市民が詰め掛けて声援を送り、優勝を祝う花火も20発打ち上げられた。

1
続き

高さ4mの西洋ススキ、天高い秋空に伸びる穂

 「西洋ススキ」の異名がある高さ約4㍍のパンパスグラスが、東京都調布市の神代植物公園で見頃を迎えている。

 休日には家族連れなどでにぎわい、訪れた人たちは秋風にそよぐ黄金色の穂を見上げ、背丈と比べたり写真に収めたりしていた。

 別名をシロガネヨシといい、アルゼンチン原産のイネ科の植物。大きいものは高さ6㍍余りになるという。

1
続き

被災地重視、菅首相「福島復興は内閣の方針」

 菅義偉首相は26日、東日本大震災の被災地である福島県を、就任後初めて訪問した。東京電力福島第1原発(大熊、双葉両町)などを視察後、記者団に「福島の復興なくして東北の復興なし、東北の復興なくして日本再生なし。これは私の内閣としての基本方針だ」と強調した。

 首相が初の地方視察に福島県を選んだのは、安倍内閣と同様、菅内閣も「震災からの復興」を重視する姿勢をアピールする狙いがあるとみられる。

1
続き

菅首相が国連総会で初演説、五輪来夏開催へ決意

 菅義偉首相は26日(米東部時間25日)、ニューヨークで開催中の国連総会で、ビデオ収録による一般討論演説を行った。新型コロナウイルスの感染収束に向け、日本が「国際的な取り組みを積極的に主導する」と宣言。来年夏に延期された東京五輪・パラリンピックを開催する決意を示した。

 首相が国際会議の場で外交に関する見解を示す初めての機会。今年は新型コロナの影響で、事前収録した映像を流す形で行われた。

1
続き

オンラインで日韓交流イベント「おまつり」を

 日韓の友好を図り、毎年東京都内で行われてきた文化交流イベント「日韓交流おまつり」が26日、オンラインで開催された。昨年は日比谷公園で開かれ7万人超が訪れたが、新型コロナウイルス感染拡大を受けて動画投稿サイト「ユーチューブ」で映像を配信する形に変更。主催者によると、延べ約3万人が視聴した。Kポップグループのコンサート、韓国舞踊などが披露され、視聴者が参加するクイズ大会で盛り上がった。

1
続き