■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • フォト rss

    故郷で徳勝龍の父、青木順次さん「感無量」

     26日の大相撲初場所千秋楽で幕尻優勝を遂げた徳勝龍(33)本名青木誠、木瀬部屋の地元、奈良市役所で行われたパブリックビューイング(PV)には、約200人の市民らが詰め掛けた。結びの一番で貴景勝を寄り切ると、一斉に立ち上がって大歓声。徳勝龍の父、青木順次さん(73)はしこ名の入ったタオルで目を拭い、囲んだ報道陣に「感無量です」と話した。

    0
    続き

    冬の風物詩「長崎ランタンフェス」華やかに

     約1万5000個の中国ちょうちんが長崎市内を彩る「長崎ランタンフェスティバル」が開かれている。

     中国の春節(旧正月)に合わせて開催される冬の風物詩。2月9日までの期間中、パレードや中国獅子舞などのイベントも楽しめる。

    0
    続き

    続く暖冬積もらぬ大雪、除雪担う業者も困惑

     記録的な暖冬の影響で、日本海側を中心に雪が少ない状態が続いている。気象庁の予報では、2月も降雪量は少ない見通しで、大雪に備えていた除雪業者からは「少雪災害だ」との声も漏れる。

     気象庁によると、高温と少雪が続く背景には、「偏西風の蛇行」と「北極振動」がある。日本付近で北にずれた偏西風は、大陸からの寒気の南下を抑制。北極付近に寒気が留まる現象も加わり、冬型の気圧配置が長続きしなかった。

    0
    続き

    白と紺の芸術作品、藍染の技術を多くの若者に

     わら細工や織物、読み聞かせなど、秋田県立博物館(秋田市)でボランティア活動を行っている「アイリスの会」の作品展が同館で開かれている。2001年に発足した同会には5チーム45人が所属しており、今回は会員の作品や織機、活動内容を展示している。

    0
    続き

    上質な「寒ブリ」、脂乗った山陰産がお買い得

     冷え込みがピークを迎えるこの時期、全身に脂が乗った上質な「寒ブリ」の取引が活発化している。東京・豊洲市場(江東区)では特に漁獲が好調な山陰産などが潤沢に入荷。取引価格も値下がりしており、首都圏のほか全国のスーパーなどで人気が高まっている。

    1
    続き

    4年間除外されるロシア選手の個人参加に期待

     昨年12月、スポーツ界で史上最大級ともいえる厳しい処分がロシアに下された。組織的なドーピング問題で、世界反ドーピング機関(WADA)は同国選手団を主要国際大会から4年間除外すると決定。東京五輪・パラリンピックに国として出場できなくなった。同国選手の受け入れなどを行う各地のホストタウンは落胆しつつも、個人資格で出る選手の受け入れを想定し、前向きに準備を進めている。

    1
    続き

    ヘンリー王子とメーガン妃、離脱後も過熱報道

     英王室からの事実上の離脱が決まったヘンリー王子とメーガン妃。「引退」を希望したのは、執拗(しつよう)なメディアの取材に嫌気が差したことがある。しかし、その後もパパラッチによる「追っ掛け」は続いており、平穏な生活は当面の間期待できそうにない。

    1
    続き

    第二次世界大戦下の少年ジョジョの成長を描く

     今日から青少年集団ヒトラーユーゲントの合宿に参加する10歳のジョジョは、ひどく緊張していた。空想の友達アドルフに弱音を吐くも「お前はひ弱で人気もない。だが、ナチスへの忠誠心はピカイチだ」と励まされる。

     時は第2次世界大戦下のドイツ。ジョジョたちを待っていたのは戦いで片目を失ったクレンツェンドルフ大尉と教官のミス・ラームらの指導による厳しい戦闘訓練だった。

    1
    続き

    共和国記念日の祝賀行事は華やかな衣装で

     22日、ニューデリーで華やかな衣装を身に着けて踊るインドのアーティストたち。共和国記念日に先立ち、マスコミ向けにパフォーマンスを披露した。

     インドでは1950年1月26日に憲法が施行されて共和国に移行したことを記念し、全国各地で祝賀行事が行われる。

    1
    続き

    駐日アフガン大使「アフガン人、今も泣いている」

     アフガニスタンの復興支援を行うNGO「ペシャワール会」(福岡市)の現地代表を務め、昨年12月に銃撃され死亡した医師中村哲さん(73)のお別れ会が25日、福岡市の西南学院大で営まれた。チャペル内に設けられた献花台には、中村さんと犠牲になった現地職員ら計6人の遺影が掲げられ、全国から約5000人が参列した。

    1
    続き

    「客遠のく」「仕方ない」、広がる不安と戸惑い

     新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、国内各地の観光地には不安感が広がっている。中国で春節(旧正月)の連休が始まり、多くの訪問客が見込まれる中、「日本人の客足が遠のく」などと戸惑う声も上がる。

    1
    続き

    硬貨2枚でアクセサリー、ガチャガチャが好評

     日本一の真珠の生産量を誇る愛媛県宇和島市で、真珠のアクセサリーのガチャガチャが人気を博している。県の真珠生産は原因不明の稚貝の大量死で打撃を受けており、考案した真珠加工・販売の「宇和海真珠」(同市)の営業担当満瀬智秀さん(54)は「明るい話題を提供して業界を元気にしたかった」と語る。

    0
    続き

    高さ232㎝直径86㎝の「世界最大の花」が開花

     「世界最大の花」とされる「ショクダイオオコンニャク」が、茨城県つくば市の国立科学博物館筑波実験植物園で開花した。高さ2メートル32センチ、直径86センチの大きさで、国内での開花は19例目。

     ショクダイオオコンニャクはインドネシア・スマトラ島に生えるサトイモ科の植物。咲いて約3日後にはしおれてしまうという。小さな花がいくつも集まって咲き、動物の死骸のような臭いを放つのが特徴だ。

    0
    続き

    開幕まで半年、花火600発で五輪ムード盛り上げ

     レインボーブリッジも虹の7色にライトアップされた。

     小池百合子都知事は、「2月にアクアティクスセンターが完成すれば、ハード面はほぼ整い、3月には聖火リレーが始まる。これからますます大会の機運を盛り上げていただきたい」とあいさつ。

     このほか、タレントで元女子サッカー日本代表の丸山桂里奈さんや卓球でパラリンピックに出場する岩渕幸洋さんがゲストとして抱負を述べた。

    0
    続き

    順当な顔ぶれ、中京大中京・履正社など32校

     全体的に見て、各地区とも昨秋の地区大会などの成績が反映された順当な顔ぶれとなった。

     関東・東京は群馬大会3位から明治神宮大会決勝に出場した健大高崎など関東上位4校と、2年連続で東京を制した国士舘に決定。注目の6校目には、関東で8強に入った花咲徳栄が「左腕の高森を中心に総合力で安定している」として滑り込んだ。名門復活が期待された帝京だが、10年ぶりの選抜出場はならなかった。

    1
    続き

    渋野選手「1年目からこんなに稼げるとは…」

     女子ゴルフの渋野日向子選手(21)が24日、生まれ育った岡山市の岡山東税務署で「一日税務署長」を務め、スマートフォンを利用した確定申告を体験した。「思ったより簡単だったので、いろいろな人に使ってもらえるといい」と話し、広報に一役買った。

    1
    続き

    56年ぶり、ブルーインパルスが五輪マーク描く

     東京五輪開幕まで半年となった24日、航空自衛隊松島基地(宮城県)所属の曲技飛行チーム、ブルーインパルスが、上空に五輪マークを描いた。3月20日に同基地で開かれる聖火到着式での披露に向けた練習の一環。前回の東京五輪開会式以来、56年ぶりに日本の空に五輪マークが浮かんだ。

    1
    続き

    米ブレティン誌、世界滅亡まで「残り100秒」

     米科学誌「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ」は23日、毎年発表している核戦争などによる世界の終わりまでの猶予時間を象徴する「終末時計」の針を、人類滅亡を示す午前0時まで100秒に設定した。過去最短だった昨年の「2分」からさらに20秒進めた。

    1
    続き

    高まる感染症の流行リスク、東京五輪で訪日客増

     東京五輪・パラリンピックが開かれる今年は、4000万人以上の外国人客が日本を訪れる見通しで、海外から持ち込まれる感染症の流行リスクが高まる。年明けから新型コロナウイルスによる肺炎が中国を中心に拡大しているが、その他の感染症にも注意が必要だ。五輪開催を半年後に控え、政府は大会期間中の集団発生など、最悪の事態に備えた対策を進めている。

    1
    続き

    iPS細胞から作った軟骨組織を膝関節に移植

     さまざまな細胞に変わる人工多能性幹細胞(iPS細胞)から軟骨組織を作り、膝関節の軟骨を損傷した患者に移植する京都大チームの臨床研究計画について、厚生労働省の専門部会は24日、実施を了承した。今年中に最初の移植を行い、計画を支援する旭化成による臨床試験(治験)を経て、2029年に実用化するのが目標という。

    1
    続き

    五輪を控え、旅客船を使いテロ想定訓練を実施

     東京五輪の開幕が半年後に迫った24日、フェリー運航会社などは東京都港区の客船ターミナルで、旅客船を使いテロを想定した訓練を実施した。訓練には海上保安庁や消防関係者なども参加。五輪・パラリンピック期間中に船舶や港などでの被害発生もあり得るとして、官民の連携強化を図った。

    1
    続き

    東北大、サンゴ産卵は海水温や風速などが影響

     サンゴが一斉に産卵するタイミングは海水温や風速などが影響していると、東北大の丸山真一朗助教らの研究チームが発表した。波が穏やかで受精する確率が高い日に産卵する可能性などが考えられるといい、研究成果は22日付の英科学誌バイオロジー・レターズに掲載された。

     サンゴ礁を作る一部のサンゴは、初夏の満月前後の夜に一斉産卵し、海中で受精することが知られているが、産卵日がどのように決まるかは分かっていない。

    1
    続き

    夏の祭典へ、3月の聖火リレーから賑わい

     東京で56年ぶりに開催される夏季五輪の開会式まで、24日であと半年。メインスタジアムの国立競技場など、史上最多33競技の舞台となる競技会場は準備がほぼ整い、各国・地域の選手団の拠点となる晴海の選手村も宿泊棟が完成した。

     スポーツの祭典を迎える雰囲気は聖火リレーが始まればおのずと高まってくる。47都道府県の各地を走行するランナーも続々と決まり、2月15日には東京都内でリハーサルが行われる。

    1
    続き