■連載一覧
  • どうなる米朝首脳会談
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 検証 南北首脳会談
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 2018/5/23
  • 2018/5/08
  • 2018/5/01
  • 2018/4/07
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • フォト rss

    文豪夏目漱石、英国留学中「独リボツチデ淋イヨ」

     福井県は23日、文豪夏目漱石が英国留学中、ドイツに留学している友人2人に送った自筆のはがき3通を発見したと発表した。いずれも内容は1917年刊行の「漱石全集」で紹介されているが、現物の確認は約100年ぶりという。

    0
    続き

    筑波大、バイオ実験ロボット「まほろ」を公開

     スポーツ選手のドーピング検査を自動化する研究に取り組んでいる筑波大は23日、ヒト型バイオ実験ロボットを報道陣に公開した。酸素を運ぶ赤血球を増やしたり、筋肉を増強したりするドーピングは、従来の薬物から遺伝子操作に移行すると予想され、検査が難しくなる。ロボットの活用で検査の信頼性と効率の向上を目指す。

    0
    続き

    「ツール・ド・東北」、初心者も完走できる

     9月15、16両日に宮城県で開催されるサイクリングイベント「ツール・ド・東北 2018」(河北新報社、ヤフー主催)の記者発表会が22日に東京都内で開かれ、お笑いトリオ「ロバート」のメンバーらが魅力をアピールした。

    0
    続き

    プリンスさんが使用したギター、2500万円で落札

     米国の伝説的な歌手として知られ、2016年4月に死去したプリンスさんがヒット曲の演奏で使用した貴重なギターがこのほどオークションに掛けられ、22万5000ドル(約2500万円)で落札された。競売商ジュリアンズ・オークションズが明らかにした。

    0
    続き

    流木の芸術・馬の彫像の前で「はい、ポーズ!」

     ロンドンで21日、流木でつくられた馬の彫像の前でポーズを取る男性。

     22日から一般公開される花の祭典「チェルシー・フラワーショー」の会場での一こまで、この祭典は、ロンドンのチェルシー王立病院で毎年開催されている。

    0
    続き

    国交省、図柄入り車ナンバーのデザインを決定

     国土交通省は22日、全国41地域で導入される図柄入り自動車用ナンバープレートのデザインを発表した。10月ごろから交付。仙台市が対象区域の仙台ナンバーは戦国武将の伊達政宗と「仙台七夕まつり」、福井県全域を対象とした福井ナンバーは県内で見つかった恐竜の化石をモチーフにしている。

    0
    続き

    京大の末盛准教授ら、再生医療用ES細胞提供へ

     再生医療に使える胚性幹細胞(ES細胞)の作製に国内で初めて成功したと、京都大ウイルス・再生医科学研究所の末盛博文准教授らが22日、発表した。今後増殖させて備蓄し、臨床研究を行う研究機関に7月ごろにも提供できるようになる。

     ES細胞は人工多能性幹細胞(iPS細胞)と同様に、体のさまざまな組織になる力を持つ。ただ、受精卵を壊して作るため倫理上の問題が指摘され、国内での利用は基礎研究に限られていた。

    0
    続き

    歌人の与謝野晶子の未発表の和歌一首を発見

     堺市は22日、歌人の与謝野晶子が後に東京帝国大教授になった兄・鳳秀太郎夫妻に宛てた書簡が見つかり、未発表の和歌一首が記されていたと発表した。複製を同市の「さかい利晶の杜 与謝野晶子記念館」で6月18日まで公開する。

    0
    続き

    「ゲンちゃん」、フルアルバムをリリース

     ゲンちゃんの愛称で知られ、笑顔とやさしい歌声で人々を魅了するシンガーソングライターの鉢嶺元治さんはこのほど、フルアルバム「目覚めよ日本!!」を自主制作した。

     新曲「日本の勇者 自衛隊」、沖縄の園児に馴染(なじ)みのオリジナル手話ソング「まほうの言葉」、沖縄民謡など全16曲。「沖縄で当たり前に歌ってほしい」という思いから「君が代」や「日の丸の旗」も収録している。

    0
    続き

    筑後川・原鶴温泉の鵜飼いが復活

     昨年7月の九州北部豪雨の影響で、昨シーズンは約2カ月の漁期を残して中止となっていた筑後川・原鶴温泉(福岡県朝倉市)の鵜(う)飼いが20日、復活した。

     流れ込んだ土砂の撤去など復旧作業が進み、再開にこぎつけた。この日は豪雨被災者も招待され、屋形船から初夏の風物詩を楽しんだ。

     鵜匠(うしょう)の臼井信郎さん(33)は「明るくにぎわう筑後川と朝倉市を楽しんでほしい」と話した。

    0
    続き

    フランシスコ・ローマ法王、前田氏を枢機卿に

     フランシスコ・ローマ法王は20日、バチカンのサンピエトロ広場で演説し、前田万葉大司教(69)を含む14人を枢機卿に任命すると発表した。6月29日の枢機卿会議で正式決定する。

     枢機卿は、バチカン(ローマ法王庁)でローマ法王に次ぐ高位聖職者。日本人の枢機卿就任は2007年死去の浜尾文郎氏以来で6人目となる。前田氏は長崎県出身。2014年から大阪大司教。

    1
    続き

    ヘンリー王子、「不良少年」から「王室の顔」に

     チャールズ英皇太子と故ダイアナ元妃の次男として幼少時から世界中の関心の的だった。過度な注目を浴びることへの反発からか、問題行動を起こすこともしばしばで、「不良少年」「反逆王子」の呼び名も。しかし、最近は重要公務をこなす機会が増えたほか、慈善活動家としても活躍、「王室の顔」の一人としてすっかり変身を遂げた。

    1
    続き

    ヘンリー英王子が挙式、花嫁の母はアフリカ系

     米国人、離婚歴、女優、母親は非白人と、英王子の花嫁としてはかなり異例ずくめのメーガン・マークルさん。白人が占めてきた英王室に「(両親の人種が異なる)バイレイシャル」が加わることが大きな関心を呼んだ。ただ、さまざまな人種が暮らす現在の英国では、そうした出自に抵抗感を示す人は少ないようだ。

    1
    続き

    ゆらゆらと群舞、「アサギマダラ」が飛来中

     大分県の離島・姫島村に、渡りチョウのアサギマダラが飛来している。島北部に位置する、みつけ海岸ではスナビキソウの蜜を求めてゆらゆらと群舞する神秘的な光景を楽しむことができる。

     アサギマダラは春になると北へ、秋になると南へ日本縦断の旅をするめずらしいチョウで、中継地で羽を休めながら移動する。姫島村はアサギマダラが蜜を好むスナビキソウとフジバカマが自生しており、大規模中継地として知られている。

    1
    続き

    お城の形の冠をかぶった砂男、ビーチに登場

     頭にお城の形の冠をかぶった男の砂像が韓国南部釜山の浜辺に現れた。

     19日から4日間にわたり砂像の展示会が開かれる予定で、韓国だけでなく日本や中国、米国などからの参加者が計11の像を披露する。

     作品には米映画のヒーロー「アイアンマン」をかたどったものもある。

    1
    続き

    是枝監督「万引き家族」に最高賞パルムドール

     フランスで開催された第71回カンヌ国際映画祭で19日夜(日本時間20日未明)、長編コンペティション部門の審査結果が発表され、是枝裕和監督(55)の「万引き家族」が最高賞パルムドールを受賞した。日本作品の受賞は1997年の「うなぎ」(今村昌平監督)以来21年ぶり5作目。

    3
    続き

    内村航平が10連覇を達成、全日本3位から逆転

     体操の個人総合で争うNHK杯最終日は20日、世界選手権(10月開幕、ドーハ)代表選考会を兼ねて東京体育館で男子が行われ、内村航平(リンガーハット)が優勝し、10連覇を達成した。

     全日本選手権個人総合の成績を持ち点とした3番手からのスタートだったが、6種目全てで14点以上を挙げて合計258・629点で逆転。0・734点差で2位の白井健三(日体大)とともに世界選手権代表に決まった。

    1
    続き

    浅草の初夏を彩る三社祭、「宮出し」行われる

     東京・浅草に初夏の訪れを告げる「三社祭」は20日、浅草神社の本社からみこしを出す「宮出し」が行われた。

     早朝、同社の境内から一之宮、二之宮、三之宮と呼ばれる3基のみこしが氏子らに担がれて出発。「ソイヤ、ソイヤ」など、威勢の良い掛け声とともに仲見世通りや雷門を抜け、街中を練り歩いた。

    1
    続き

    東京・渋谷駅周辺で、「西郷どん」もパレード

     初夏の到来を告げる「渋谷・鹿児島おはら祭」(同実行委員会主催)が20日、東京・JR渋谷駅周辺で行われた。おはら祭は昭和24年、鹿児島市政60周年を記念して鹿児島市で始まった祭りで、渋谷での開催は今年で21回目。

     鹿児島県や関東から集まった約2600人の踊り手たちが、鹿児島民謡「おはら節」や地元渋谷の魅力を歌った「渋谷音頭」などの曲に合わせて踊りパレードを披露。

    1
    続き

    台湾の近代アート展「台湾・美」を開催

     台湾の芸術文化を広く日本人に知ってもらおうと、台北駐日経済文化代表処が主催する展示会「台湾・美」の開催(21日から)に先立ち20日、同代表公邸(東京・白金台)で報道向けの内覧会が行われた。

     かつて日本で西洋絵画を学んだ近代画家の郭柏川、李梅樹、顔水龍、李石樵ら4人の作品から、新世代アーティストの林書楷、孫培懋、許聖泓ら3人の代表作品が紹介された。

    1
    続き

    英ヘンリー王子が米女優マークルさんと挙式

     チャールズ英皇太子の次男ヘンリー王子(33)と米女優メーガン・マークルさん(36)の結婚式が19日、ロンドン近郊にあるウィンザー城で行われた。王子の兄ウィリアム王子がキャサリン妃と2011年4月に挙式して以来の主要王族によるロイヤル・ウエディング。お祝いでウィンザーに10万人が訪れたと推定され、世界各国から報道陣が殺到、7年前と同様に大きな関心を集めた。

    0
    続き

    安倍首相夫人の昭恵氏「美しい海を次世代に」

     安倍晋三首相夫人の昭恵氏は19日、福島県いわき市で開かれた「太平洋・島サミット」関連のシンポジウムに出席し、「この美しい海を守り、次世代に渡していくことがわれわれの責任だ」と海洋環境の保護を訴えた。

     シンポジウムは同市の水族館「アクアマリンふくしま」で行われた。昭恵氏は同席した各国首脳夫人らに「これからも共に協力していきたい」と呼び掛けた。

    0
    続き

    人形供養、ひな人形など大切な人形にお別れを

     文字通り人形を供養する「人形報恩祭」が19日、東京都台東区の第六天榊神社で行われた。「厄災を人の代わりに受けてくれる」といわれるひな人形をはじめとする人形たちに感謝を込め、供養する同祭。

     この日集まった人形の種類はさまざま。昭和初期に作られた日本人形から最近のアニメキャラクターのぬいぐるみまで約300点が並べられ、慣習に倣った「御霊抜き」の後、お焚(た)き上げが行われた。

    0
    続き