«
»

Viewpoint rss

「日本型福祉社会」の実現を

弁護士 秋山 昭八

 社会保障制度が充実した結果、高齢期の生活保護を国に頼ることとなり、家族による生活保障の時代には意識されていた「世代間扶養の摂理」(子どもを産み育てる事の重要性)を忘れてしまっている。

 福祉の概念が社会に定着し、介護保険制度や市場経由の介護サービスが安価に提供されるようになった結果、家族内介護という考え方が必要以上に軽視されるようになった。

1
続き

「戦争の愚かしさ」語る軽さ

文芸評論家 菊田 均

 毎年のことだが、「8月15日」が近くなると、戦争のことが話題になる。そんな中、「愚かな戦争」、「戦争の愚かしさ」という言葉がいつものように言われる。聞いていて、「軽い」という印象を常に感じる。「戦後70年」という長い時間がそこに横たわっているために、戦争の実態が追体験しにくくなっているところから「愚か」という言葉が出てくるようだ。

2
続き

遺憾な東芝の不正経理操作

経済ジャーナリスト 尾関 通允

 いわゆる戦後期のまだ早い頃、自然発生的に株式の集団売買が証券会社の店頭で行われるようになり、しばらく後に会員制度の証券取引所が新発足して、取引所に上場を認められた株式が公式の場で売買できることになった。

1
続き

ゴルバチョフ氏の新回想録

日本対外文化協会理事 中澤 孝之

 ノーベル平和賞受賞(1990年)のミハイル・ゴルバチョフ氏(1931~)は、91年末のソ連解体直後に大統領職を辞した。その後、設立した「ゴルバチョフ財団」を基盤にして執筆や講演をこなしてきた。国際「緑の十字」会長として国際環境保護活動も積極的に展開、近年は病気がちながら各国を飛び回っている。

0
続き

参院は良識ある安保審議を

桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

 先日、国会の予算委員会でプラカードを持った人たちの写真を見て一瞬、「これは大変だ」と思った。日本国の「国権の最高機関で、国の唯一の立法機関」にデモ隊が入り込み占拠されていると思い、注意深く新聞に目を近づけて読むと、何か顔なじみの国会議員が芝居がかった泣き面をしていたり、怒っているような顔をして写っていた。デモ隊の乱入でないことで少しは安堵(あんど)したものの、国会議員の品位のなさにはがっかりした。

0
続き

ツケが回る大学再編の動き

評論家 大藏 雄之助

 文部科学省が国立大学に関して次々に通達や提言を行っている。

0
続き

医療観に「いのちの物語性」

名寄市立大学教授 加藤 隆

 半年ほど前のことだが、とても印象深い映画を観た。胎内記憶を持つ子どもたちを丁寧に取材してドキュメンタリー風にまとめた「かみさまとのやくそく ―胎内記憶を語る子どもたち―」という映画である。

1
続き

統合に亀裂を生んだドイツ

アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員 加瀬 みき

 ドイツ連邦議会はメルケル首相とショイブレ財務相が求める第3回ギリシャ救済交渉を承認し、ギリシャは国家破産およびユーロ離脱を免れた。しかし、ギリシャが交渉の前提となる条件を認めるまでの過程でドイツはギリシャの憎しみを買い、他のユーロ加盟国からの批判を招き、一時的グレクジット(ギリシャのユーロ圏離脱)を提案することで統一通貨の永続性への疑問を生み、一方、この間にドイツ人の国民国家への想いがむくむくと復活している。

0
続き

The Media Situation in Okinawa

Robert D. Eldridge, Ph.D.

   Over the course of several essays, I wish to discuss the unnatural state of the Okinawa media and political situation in Japan’s 47th prefecture, as well as touch on the recent “Hyakuta Incident,” which not only highlighted but also symbolized the problem with the media there.    Before this, I want to ask the question, what makes the Okinawa media so extreme and so disliked by some around Japan to the extent that many, including which the well-known novelist and commentator Hyakuta Naoki to state, whether in jest or in truth, the need to destroy the two local newspapers?    The short answer is the failure over the years of the two newspapers to honor the codes of the Japan Newspaper Publishers and Editors Association and I would add, loyalty to its readership who are paying subscriptions to purchase news that is impartial, fair, and neutral.    Recently, the editors of the Ryukyu Shimpo and Okinawa Times held joint press conferences in Tokyo, and at the Japan Press Club on July 2, 2015, Mr. Shiohira Yoshikazu argued that they enjoy the support of the readers and if they didn’t, they would have already been “run out of town.”    This statement is misleading in a couple of ways. First, he failed to mention that readership is actually down despite the consistently rising population of Okinawa (to the extent that there are strong rumors preceding the Hyakuta Incident that the Shimpo is in debt, which suggests the company might be using this incident to reinvigorate itself). For example, currently the Shimpo reportedly has approximately 202,000 readers versus the 207,000 of the Okinawa Times, but was previously higher. Of course, we can find that same trend nationally and internationally as well, where readers of print media are declining due to other sources of information, but I know many examples here in Okinawa where the decision to no longer read the local newspapers was made out of a conscientious statement of distrust in the reporting, essentially boycotting their purchase.    The second misleading statement by Mr. Shiohira is the fact that the two local newspapers, a situation he did not raise. Together the two newspapers currently hold 99% of the local market share. For a variety of reasons, the five national newspapers, as well as the Yaeyama Nippō, a center-right newspaper from Ishigaki City, together make up only the remaining one percent. This creates a highly worrisome situation, in which information is controlled by the two local newspapers.    In most places where two local newspapers exist, there is a tendency for one to be center-right and the other center left in its editorial policy. One example is Washington, D.C., where the Washington Post is considered to the left, and the Washington Times, is considered on the right. Readers of one political persuasion or another, or those who like a certain writing style or layout, etc., will tend to choose one of the newspapers. It is therefore highly unusual for two newspapers in a small market to be of identical stance and composition. Explaining this abnormal—and I would argue, too, unhealthy—situation is the purpose of this commentary.    The reasons for their near-complete control over the market include the distance separating Okinawa from mainland Japan preventing the timely delivery mainland newspapers, their higher cost, and the lack of “hometown” news about Okinawa in the mainland newspapers, all of which cause potential readers in Okinawa (whose annual income is lower, only 74% of national average) not to buy mainland newspapers. Other reasons, especially strong in Okinawa with its senior population, is the previous lack of familiarity with the Internet (only 59% of the homes have broadband access, compared to 75% nationwide) due to its not having been readily available) and continued reliance on the print media. In addition, Okinawa is ranked last in the country for satellite television subscriptions.    The importance of the printed newspaper is seen in the daily observation of the obituary page for information about the passing of friends, relatives, teachers, and others to whom the reader is indebted. In a small island like Okinawa, social obligations, such as attending viewings and funerals, are very taken very seriously. The newspapers still tend to be the place to go for reading this information, as well as placing it if the death was in your family. The local newspapers, as such, charge a high price for the placement of these ads, which is a significant source of revenue for them.    Disturbingly, the editorial stances of these two newspapers, namely anti-base, anti-military, anti-mainland, anti-central government, etc., are also identical, as discussed above, which means there is a lack of choice and information for the readers and hence, the citizens of Okinawa as a whole.    Moreover, in addition to serving as the basis for the commentaries or editorials, these stances are sadly also strongly reflected in the actual reporting in the newspaper if not serving as the driver of the story itself, thus being against to the ethical guidelines adopted on June 21, 2000 by the Japan Newspaper Publishers and Editors Association known as the Canon of Journalism, which stressed among many other standards that “Reporting must be accurate and fair, and should never be swayed by the reporter’s personal conviction or bias.” .    In other localities, this might not be as serious a problem because there is access to additional information, such as the Internet and Social Media, but within Okinawa, due to its relatively low Internet use, it has been a hindrance to the population expanding its horizons and thus retaining its ignorances, prejudices, and biases. Moreover, Okinawans tend to travel and/or relocate less than their mainland compatriots, and will often spend much of their life in or near their hometown (this includes not only in reference to trips to the Japanese mainland, but within Okinawa itself). Furthermore, there is a greater myriad and complexity of social relations in Okinawa, which, combined with proximity, causes a tendency toward group think.    The group think and above issues of ignorance, prejudice, and/or bias, has led to a series of narratives about Okinawan history developed by academics, activists, and like-minded politicians, to suggest that Okinawa has been (and continues to be) discriminated against and/or victimized, etc.    It is particularly the Okinawa media that promotes this narrative and agenda, and constantly looks for examples, stories, or angles to events to prove their viewpoint, thus creating a never-ending cycle and self-fulfilling prophecy. Challenging this narrative or standing up to the media become more and more difficult for those politicians, government officials, business leaders, scholars, or reporters who believe or know differently.    In contrast, the Okinawa media will argue that it is “representing” public opinion, but it actually tries to “lead” the people through commission and omission. The Okinawa media will publish information, which may not always be correct, that is negative and/or potentially embarrassing about the central government or U.S. military, while simultaneously withholding stories that might be seen as positive and lying about their actions to cover up the story. In turn, the national media and the international media pick up on these stories and republish these allegations, often without checking the facts.    These actions, which are repeated numerous times daily, are part of the local media’s anti-base agenda, as with the pressure exerted on politicians and others to “toe” the line. The result is a dangerous mindset in Okinawa that one conservative commentator has called “totalitarianism.”    Democracy can only exist with the freedom of expression and an informed public. When the media is biased and has an agenda, rather than being objective and a healthy, it not only fails to serve as an important and healthy fourth pillar (or “estate”) in society, but it becomes a destructive force. The Okinawan media is out of control, which is not only bad for Japan and the U.S.-Japan relationship, as well as for the U.S. military presence and security for the entire region, but also for democracy itself.

0
続き

沖縄の異様なメディア事情<English付>

エルドリッヂ研究所代表・政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ

 私は問いかけてみたい。沖縄のメディアはどうしてこうも極端で、作家の百田尚樹氏に「沖縄2紙を潰さないといけない」とまで言わしめたのだろうか。手短な答えは、琉球新報と沖縄タイムスの何年にもわたる日本新聞協会倫理綱領の不履行だ。ついでに、公正中立で偏らないニュースを買おうと購読料を払っている読者へのロイヤルティについても加えたい。

1
続き

ユダヤ金融規制した大憲章

獨協大学教授 佐藤 唯行

 日本の高校生も世界史の授業で学んだことのあるマグナ・カルタ(大憲章)。今年はマグナ・カルタ発布、800周年にあたる記念の年だ。発布の地、英国東南部ラニミードではエリザベス女王やキャメロン首相も出席し、祝賀式典が盛大に催されたのである。

0
続き

「苦悩」は人間の生きる証し

メンタルヘルスカウンセラー 根本 和雄

 我が国におけるカウンセリングの歩みは、昭和30年代にアメリカの教育相談(職業相談)の流れに端を発し、幾多の変遷を経て今日に至っている。

1
続き

那覇空港管制トラブルに思う

元統幕議長 杉山 蕃

 先日、那覇空港において離発着する航空機の管制上のトラブルが発生した。目前の滑走路をまたぐ格好で離陸していく自衛隊ヘリを視認した離陸操作中の民間機が、滑走路上で停止。続いて着陸してきた民間機が、離陸を中止した民間機の後ろに停止するというヒヤリ事件である。本件いろいろの問題点があり、深刻な事態も考えられることから、若干の分析と所見を披露したい。

0
続き

機能するための抑止論再考

日本大学名誉教授 小林 宏晨

 最近まで抑止の理論と実践は冷戦の遺物と見做されていた。しかし、ウクライナ危機の影響下に抑止原理は極めて現実味を帯びるようになった。抑止は今や再考されなければならないと主張される。専門性の高い低いに関わりなく、人は簡単明瞭と思われる概念の理解を試みるが、その実、簡単明瞭ではない。つまり、抑止とは何か? 何時抑止は機能するのか?何時機能しないのか?

0
続き

中国国防白書の軍事戦略

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生

 去る5月26日に中国は「中国の軍事戦略」と題する国防白書(2014年版)を国務院新聞弁公室から発行した。中国の国防白書は、中国の軍事面の不透明性に対する国際的な批判に応えようと1998年に「中国の国防」として発行され、爾来(じらい)2年ごとに発行されて、今次白書は9回目となる。

0
続き

異次元金融緩和の効果検証

鈴木政経フォーラム・経済学博士 鈴木 淑夫

 黒田東彦日銀総裁の異次元金融緩和の第一弾が打ち出されてから2年以上経ち、第二弾が打ち出されてから半年以上経った。そこで黒田総裁が期待している政策効果と、現実の経済の推移を対比してみよう。

 黒田総裁の講演や、日本銀行の「経済・物価情勢の展望」などから判断すると、いま日本銀行が期待している政策効果の波及経路は、次のようになる。

0
続き

仏強襲揚陸艦の対露輸出中止

ロシア研究家 乾 一宇

 ロシアは、フランスからミストラル型強襲揚陸艦(2万1500㌧)を購入予定だったが、ロシアのクリミア併合やウクライナ東部での戦闘継続を受け、フランスはロシアに輸出契約の破棄を申し入れている。

 そもそもロシアのミストラル購入計画は、2008年8月のグルジア紛争で黒海からの増援部隊の揚陸に多大の時間を要したことが発端と言われている。

1
続き

安全保障関連法案の成立を

評論家 太田 正利

 延長した通常国会でも安全保障関連法案審議の与野党の攻防が続いている。日本の防衛政策は画期的な転機を迎えており、なお法案は難産の過程にある。断続的に審議中断の挙に出ていた野党は、自民党議員の失言に追及を加えての世論戦をも挑んでいる。が、この法案成立の暁には、「専守防衛」を基本とする日本の安全保障政策は大転換を経験することになる。

1
続き

国家を再建した敗戦後70年

経済ジャーナリスト 尾関 通允

 昭和16年12月8日の日本海軍航空隊(航空母艦から発進)による真珠湾米海軍基地への奇襲攻撃成功に始まった先の大戦が、日本の惨めな大敗北に終わってから、やがて満70年になる。もっとも、対米英戦突入以前に対中国戦が進行中で、戦時体制下の一般国民の生活は食糧不足を中心に日常の消費財をも含めて、次第に困窮の度を増していた。

1
続き

精神的混乱の病巣をえぐる

NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之

 家族の縁も切れて一人暮らしをする老若男女や自殺が増えるなど、日本社会を精神的混乱へと蝕んでいる「病巣」を、真剣に抉(えぐ)り出してみたい。私は長年、家庭裁判所の調停委員として、家族との諍(いさか)いから「本当の私を取り戻す」ために離婚を求める女性に多く会ってきた。彼女らは、妻であり母である現実の私の「向こう側」に、「自由な本当の私」があると信じているのだ。『離婚』によって慣わしだの仕来りだのを排除すれば、「元の自分」を取り戻せるというのだ。

1
続き

ヒョウタンから学んだこと

歴史家 金子 民雄

 ヒョウタンが実る季節を迎えた。プラスティック製品が世界に蔓延してしまった現代では、ヒョウタンなどと言ったところで気にもかけない人が多いだろう。第一これが植物なのか知らない人も、きっといるにちがいない。「瓢箪(ひょうたん)から駒」、「ひょうたん鯰(なまず)」などといった日本の諺はあるものの、もうこんな古くさい譬え話など、いまではめったに聞くこともない。

0
続き

バランス感覚を失う日本人

桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

 かつて国際政治学者の高坂正堯先生は、その著書「国際政治」で勢力均衡について「均衡という考え方は、ただ国際政治において使われるだけでなく、国内政治においても使われる。それだけでなく経済においても医学においても使われている。人間の身体を構成する多くの器官が均衡を保ててこそ人間は健康であると考えられるし、経済についても均衡が破壊されることが種々の弊害を引き起こすと見られる」と述べた。更に先生は「国際政治における勢力均衡は、その目的として各国の独立の維持と無秩序の状態(即ち全体戦争)の回避という二重の目的を持っていた」と記している。

0
続き

武官に報いる「名誉の階梯」

東洋学園大学教授 櫻田 淳

 現下の政局の焦点は、集団的自衛権行使を織り込んだ安全保障法制整備の行方である。多分、安保法制それ自体は、「自民、公明+維新・橋下系」の賛成で、採決強行を繰り返してでも成立させるという筋書きであろう。この安保法制整備が成れば、自衛隊は、実質上、「普通の国」の軍隊になる。

1
続き