■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • インタビュー rss

    震災復興の阻害要因になる 新しい歴史教科書をつくる会会長 杉原誠四郎氏に聞く(上)

    杉原誠四郎氏に聞く(下)へ

     震災復興の被災地で、自治体が整備した移転促進区域には、政教分離の原則から、寺社や墓地などの宗教施設は含まれないため、宗教文化と共にある地域共同体が崩壊しかねない事態が発生している。日本の宗教文化において政教分離をどう適用すべきか、近現代史に詳しい杉原誠四郎氏に伺った。(聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

    復旧対象から除外される墓地/保護されるべき祭祀

    0
    続き

    戦後70年、自国の防衛力確立を 自民党衆議院議員 國場幸之助氏に聞く

     昨年12月の衆院選では沖縄県は全小選挙区で自民党候補が敗北した。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古沖への移設が最大の焦点となり、苦戦を強いられた。政府、党本部に対する沖縄の代弁者として奮闘し、比例代表で復活、2期目の当選を果たした自民党衆議院議員の國場幸之助氏に衆院選における本土と沖縄の温度差、南西諸島防衛などについて聞いた。(那覇支局=竹林春夫・豊田 剛)

    0
    続き

    死刑がなかった平安時代 大妻女子大学比較文化学部教授 上垣外憲一氏に聞く

     高野山は今年、開創1200年を迎える。空海は唐からもたらした真言密教で旧仏教をはじめ神道や修験道を総合し、満濃池改修などの社会活動も行った。平安時代の基礎となった空海の思想は日本仏教史にどう位置づけられるのか、岩波講座『日本の思想』第三巻「内と外」で空海を高く評価した上垣外憲一教授に話を伺った。(聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

    出家による救済措置/「平安」思想の基に空海

    0
    続き

    地方過疎化の危機 苫小牧市議会議員 櫻井 忠氏に聞く

     第3次安倍内閣がスタートした。新内閣の柱はアベノミクスの進化とともに、地方創生の実現がある。人口減少、地方の過疎化に伴う自治体消滅の危機が叫ばれる中、地方創生をどのように実現していくか、苫小牧市議会議員の櫻井忠氏に聞いた。(聞き手=湯朝肇・札幌支局長)

    北海道復興の鍵握る苫小牧/地理的優位性に発展の道

    子宮頸がんワクチン被害者遅延性副反応にも検証必要

    1
    続き

    国家百年の計示せる政治家を 元松下政経塾常務理事・副塾長 上甲 晃氏

     元松下政経塾常務理事・副塾長の上甲晃氏はこのほど、世界日報の読者でつくる「世日クラブ」(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)の今年最後となる第158回定期講演会で「未来をひらく人づくり~松下幸之助の志」をテーマに講演した。以下はその要旨。

    汗をかき人間力高める/専門的勉強よりトイレ掃除

    自分が変わらずに人は育てられない

    0
    続き

    遺骨収集の道筋を見届ける 東部ニューギニア戦友遺族会会長 堀江正夫氏に聞く

    本格作業期待されるミャンマー/インドネシアでは宗教の壁

     ――遺骨収集は待ったなしだ。

    0
    続き

    安達司令官は猛将であり聖将 東部ニューギニア戦友遺族会会長 堀江正夫氏に聞く

     73年目の開戦記念日を迎えた。先の大戦では「ジャワの極楽、ビルマの地獄、生きて帰れぬニューギニア」とも言われ、とりわけ南洋進出ではジャワとニューギニアの彼我の差は大きなものがあった。東部ニューギニア作戦の生き証人でもある東部ニューギニア戦友遺族会会長の堀江正夫氏に、その戦争実態と教訓を聞いた。(聞き手=池永達夫)

     ――最近、講演録が出版されたり新聞でインタビュー記事が掲載されるなど99歳と思えない活躍ぶりだ。

    0
    続き

    万全の体制で北朝鮮の核実験監視 CTBTO準備委報道官に聞く

     北朝鮮外務省は11月20日、国連総会第3委員会(人権)が同国の人権蹂躙(じゅうりん)を批判し、国際刑事裁判所(ICC)に付託する内容が明記された決議案を採択したことに対し、「われわれの戦争抑止力は無制限に強化される」といった内容の報道声明を公表し、第4回の核実験を実施する可能性を示唆した。一方、ウィーンで開催されたイランと国連安保常任理事国5カ国とドイツ6カ国間の核協議は包括的合意が実現できず、7カ月間、継続審議されることになったばかりだ。そこでウィーンに事務局を置く包括的核実験禁止条約機関(CTBTO)準備委員会のトーマス・ミュツェルブルク報道官に北朝鮮の核実験警告への対応のほか、イランの批准問題、条約の発効の見通しなどを聞いた。(聞き手=ウィーン・小川 敏)

    0
    続き

    『謎とき 東北の関ヶ原』 歴史家 渡邊大門氏に聞く

     豊臣政権から徳川時代への分水嶺となった関ヶ原の合戦は、これまで、実際の関ヶ原で行われた合戦が軸となって論じられることが少なくなかった。しかし、合戦の前には、政治的な駆け引きやそれに至るプロセスがあり、そう簡単に西軍と東軍の石田三成と徳川家康の戦いとすることはできない。歴史家から見た合戦の姿、残されている古文書などの史料を通じて、これまで照明が当てられなかった東北の武将たちの動きを明らかにした歴史家の渡邊大門氏に著書『謎とき 東北の関ヶ原』(光文社新書)について聞いた。(聞き手=羽田幸男)

     ――関ヶ原合戦では東北はあまり取り上げられなかったが……。

    0
    続き

    人格教育は実践教育 北翔大学大学院生涯学習学研究科長・教授 山谷敬三郎氏に聞く

     凶悪犯罪の低年齢化が指摘されている。また、振り込み詐欺や陰湿ないじめなどモラルの低下、倫理観の欠如による社会犯罪も依然として多い。その一方で「孤食」や「お一人様」といった家族・地域の絆の希薄化が社会問題になっている。人間は一人で生きることはできないが、社会の中で生きるには倫理・道徳心は不可欠の要素。文部科学省は2018年度から道徳の教科化を目指すとしているが、道徳教育・人格教育の在り方について教育学が専門の北翔大学学長補佐で同大大学院生涯学習学研究科長・教授の山谷敬三郎氏に聞いた。(聞き手=湯朝肇・札幌支局長)

     ――文部科学省は2018年度(平成30年度)から、これまでの「道徳の授業」を「教科」に格上げすると言います。道徳の教科化について、どのように考えていらっしゃいますか。

    0
    続き

    占拠デモ、台湾政局に影響

    香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く(下)

    ――香港の占拠デモは11月29日に投開票される台湾の統一地方選挙に影響を与えるか。台湾政局への影響をどう見るか。

    1
    続き

    民主派は持久戦の戦略転換を

    香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く(中)

     ――学生を中心とする今回の占拠デモは天安門事件で鎮圧された学生たちを支援する香港での民主化運動とどのような関わりがあるか。

     香港は英領時代の1989年、北京で天安門事件が発生すると、中国の民主化を求める学生たちを支援する運動が支連会(香港市民支援愛国民主運動連合会)を通し、香港大学や香港中文大学などの学生団体も協力してきた。

    1
    続き

    民主派の道路占拠、予想外の長期化に焦りも

    香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く(上)

     香港行政長官選挙の普通選挙改革をめぐり、制度の民主化を要求する学生ら民主派が幹線道路の占拠デモを50日以上続け、香港警察はバリケードの一部撤去を開始することで再び強制排除に乗り出し、混乱している。香港の現状や台湾の政局、中国政府の動向について香港月刊政治誌「前哨」の劉達文(リュウ・ダーウェン)編集長に聞いた。(聞き手・深川耕治、写真も)

    1
    続き

    命の大切さをどう教えるか 一燈園・燈影学園学園長 相大二郎氏に聞く

     2004年の小6女児同級生殺害事件を機に「命の教育」に力を入れてきた長崎県で7月、女子高生による同級生殺害事件が起き、社会に大きな衝撃を与えた。子供たちに命の大切さをどう教えたらいいのか、「争いのない生活」を目指した思想家・西田天香によって設立された一燈園・燈影学園の相大二郎(あいだいじろう)学園長に話を伺った。(聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

    「祈り」と「汗」と「学習」が3本柱/口で教えるのは知識や技術

    0
    続き

    改憲は4、5回の国民投票で 自民党憲法改正推進本部 船田元 本部長に聞く

     船田元・自民党憲法改正推進本部長(衆議院議員)はこのほど本紙のインタビューに応じ、憲法改正について「いくつかの項目ごとに行っていくことになる」と述べ、4回か5回に分けて改正を目指す考えを示すとともに、9条の改正は周到な準備が必要なため「2回目以降になる」との見通しを語った。(聞き手=編集局次長・政治部長 早川一郎、社会部次長 岩城喜之)

    0
    続き

    忍耐と時間が解決の糸口 「愛港之声」主席 高達斌氏

    揺れる香港 各派リーダーに聞く(6)

     香港の学生団体ら民主派が幹線道路で占拠デモを続けている問題に対し、親中派の民間組織「愛港之声」の高達斌(パトリック・コ)主席に聞いた。(聞き手・深川耕治、写真も)

     ――デモに対する中国政府の香港政府への指示は何か。

    1
    続き

    長官選挙全人代決定見直しを 公民党副主席・陳淑荘氏

    揺れる香港 各派リーダーに聞く(5)

     香港の幹線道路を占拠するデモの行方について民主派政党・公民党の陳淑荘副主席に聞いた。(聞き手=深川耕治、写真も)

     ――8月末の全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会による香港行政長官選挙改革案に対して、9月、頭を剃ったのは抗議の意味合いが大きいのか。

    1
    続き

    デモ反対署名こそ「民意」 全国人民代表大会代表 呉秋北氏

    揺れる香港 各派リーダーに聞く(4)

     香港民主派が幹線道路で占拠デモを続けている問題について警察による取り締まり強化の署名活動を展開した全国人民代表大会(全人代=国会)代表の呉秋北・香港工会連合会理事長に聞いた。(聞き手・深川耕治、写真も)

    1
    続き

    中台統一は香港動向次第 立法会議員・涂謹申氏

    揺れる香港 各派リーダーに聞く(3)

     香港の占拠デモと民主化動向について史上最多得票で当選した民主党の涂謹申・立法会議員に聞いた。(聞き手=深川耕治、写真も)

     ――占拠デモは今後、どれぐらい継続するのか、撤退するのか。

    1
    続き

    高度な自治は独立ではない 民建連副主席 蔣麗芸氏

    揺れる香港 各派リーダーに聞く(2)

     香港立法会(議会=定数70)で最多の13議席を占める親中派政党・民主建港協進連盟(民建連)で副主席を務める蔣麗芸立法会議員に学生団体らの占拠デモや立法会での動向を聞いた。(聞き手=深川耕治、写真も)

    1
    続き

    対話での解決が最優先 公民党名誉主席・梁家傑氏

    揺れる香港 各派リーダーに聞く(1)

     香港行政長官選挙の普通選挙改革をめぐり、制度の民主化を要求する学生ら民主派が幹線道路の占拠デモを継続して40日が過ぎた。デモを継続する民主派と政府や親中派の動きは立法会(議会=70議席)を通してどうなっていくのか、各派の立法会議員などに聞いた。1回目は民主派政党・公民党名誉主席の梁家傑(アラン・リョン)立法会議員。(聞き手・深川耕治、写真も)

    1
    続き

    金正恩体制いまだ不安定 孫光柱・元デイリーNK編集長に聞く

     最高指導者・金正恩第1書記による統治が表向きには安定したかに見える北朝鮮。だが、エリートたちを中心とする組織・人を完全に掌握したかは定かでなく、一般住民の忠誠度も弱いなど、権力基盤は盤石とは言えない。北朝鮮体制の特性に詳しい孫光柱・元デイリーNK編集長に金第1書記体制が抱える問題点や今後予想される出方を聞いた。(聞き手=ソウル・上田勇実)

    0
    続き

    道義国家の礎築く西郷の教え 西郷隆盛の曾孫 西郷隆夫氏に聞く

     「敬天愛人」で知られる西郷隆盛の遺徳を偲び、曾孫(ひまご)の西郷隆夫氏が縁深い福岡市近郊で西郷家に伝わる秘話を語った。10月11日、福岡南洲会の國分友貴氏(ブルーコンパス)が主催する「あすなろ塾」初回講演で隆盛公の伝えたかった日本人の心や道義国家・日本の再建について講演内容をまとめた。

    郷中教育、女子道が底流に/異年齢による学び合い

    ヒゲ生やさず清潔感保つ/「日本人の誇り」持て

    0
    続き