«
»

インタビュー rss

中国「海警」の漁船追尾 中山泰秀衆院議員

自民党外交部会長 中山泰秀衆院議員

 日本が新型コロナウイルス対処に追われる中、尖閣諸島周辺の接続水域における中国公船の航行が常態化している。5月8日には領海に侵入しわが国の漁船を追尾するなど、不法な活動を活発化させている。日本の採るべき対応策などについて、自民党外交部会長の中山泰秀衆院議員に聞いた。(聞き手=政治部・亀井玲那、社会部・川瀬裕也)

中国公船の日本漁船追尾をどう考えるか。

20
続き

洋上風力で経済活性化へ

新潟県胎内市長 井畑 明彦氏に聞く

 新潟県胎内市は山・川・海という美しい自然に恵まれた人口約3万人の市である。井畑明彦市長に、コロナ対策や、地域おこしの起爆剤として取り組んでいる洋上風力発電への思いを聞いた。

胎内市では6月下旬の時点でコロナ感染者は1人と最小限に抑えられました。

新潟市内に勤務されていた方でしたが、今は元気になられて良かったです。

10
続き

へき地校に教育の原点あり

全国へき地教育研究連盟会長 柿崎 秀顕氏に聞く

 人口減少に伴い教育現場にも少子化の波が襲う。地方の過疎化が進めば、町村合併や学校の統廃合が進む。その一方で、以前より「へき地に教育の原点がある」と呼ばれたへき地校教育に近年、注目が集まる。

8
続き

英訳上橋作品が米国で文学賞受賞

翻訳家・平野キャシーさんに聞く

3
続き

発明の原動力

大和システムズ取締役会長 佐藤 克男氏に聞く

 大和システムズの佐藤克男取締役会長は、世界で初めて歌碑の前で歌が流れるシステムや節水機能付きの音楽が流れる女性トイレ用の「シャワー・ロボ」などを生み出した発明家だ。新たなものを生み出す原動力や日々の仕事に懸ける信念について尋ねた。 (聞き手=石井孝秀)

これまでさまざまな発明品を残しているが、どのような意識で発明に取り組んできたのか。

6
続き

ロードバイクで鳥海山へ登る

高校3年生 新田 岳登君に聞く

 鳥海山ブルーラインが除雪を終えて開通した4月17日、下から車で登って行くと、自転車を漕(こ)ぐかっこいいウエアの青年とすれ違った。開通した5合目・鉾立(ほこたて)山荘下の駐車場で道路脇の雪の壁を撮影中、彼が現れた。急遽(きゅうきょ)、秋田県立仁賀保(にかほ)高校3年生の新田岳登君(17)にサイクリングの魅力を聞く。 (聞き手=伊藤志郎)

1
続き

新型コロナウイルスと宗教

神道国際学会理事長 三宅 善信氏に聞く

 新型コロナウイルス感染症の流行は、専門家の間で指摘されていたが、昨年2月刊行の『風邪見鶏 人類はいかに伝染病と向き合ってきたか』(集広舎)でパンデミックの警告を発していたのは、神道国際学会理事長で金光教春日丘教会長の三宅善信師。宗教家としての視点を伺った。 (聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

2
続き

尺八 民族違えば音色も変わる

海上保安大学校名誉教授 日當 博喜氏に聞く

 広島県呉市の海上保安大学校で長年、教鞭(きょうべん)を執ってきた日當博喜氏は巡視船の汽笛の音だけでなく、もう一つの音と人生を共にしてきた。その音とは、尺八の音(ね)。幼少時から父親が吹く尺八を聞き、自らも尺八を吹き続け、日本尺八連盟大師範竹帥となり竹号は「鶴山」と称する。海上保安大学校名誉教授の日當氏に「尺八の歴史」を聞いた。 (聞き手=池永達夫)

2
続き

新学習指導要領 内容充実、学校に主体性求める

北海道教育大学札幌校学校臨床教授 横藤 雅人氏に聞く

 新型コロナウイルスで小中学校、高校、大学などの教育機関は現在、休校・休学となっている。そうした中で小学校は今年度(中学校は令和3年度)から新学習指導要領がスタートする。平成29年度から31年(中学校は令和2年度)までの周知・移行期間を経ての全面実施となるが、改めて新学習指導要領のポイントについて北海道教育大学札幌校学校臨床教授の横藤雅人氏に聞いた。 (聞き手=湯朝肇・札幌支局長)

0
続き

マン島TTレース、自分磨いて結果出す

オートバイレーサー 山中 正之さんに聞く

 1907年からイギリス・マン島で開かれ、世界最古の一番危険なレースと言われる「マン島TTレース」。普段は生活道路として使われている公道を封鎖して設けた約60キロの周回コースをバイクで、最高時速300キロ以上、平均速度200キロ以上で駆け抜ける、世界中から一流のレーサーが集まる大会だ。過去には、挑戦した何人もの日本人選手が亡くなっている危険なレースに挑戦し続けている現役オートバイレーサー山中正之さん(52)に、挑戦の理由などを聞いた。 (聞き手=佐藤元国)

0
続き

八幡神社が全国に広がった理由

市谷亀岡八幡宮宮司 梶 謙治氏に聞く

1
続き

世界に誇れる日本のデザイン

d47 MUSEUM館長 黒江 美穂さんに聞く

 「日本初のデザイン物産美術館」が、東京・渋谷のd47(でぃーよんなな) MUSEUM(渋谷ヒカリエ8階)にオープンして8年がすぎようとしている。「47都道府県をファッションで着る47展」を基軸に、日本が誇れる技術とモノについて同館館長の黒江美穂さんに聞いた。 (聞き手=伊藤志郎)

0
続き

子供に考える力を付けるには?

医学部予備校アイザック・メディカル塾長 大西 重信氏に聞く

 単純労働の多くがAIに代替されていく時代、人間には今まで以上に考える力が求められている。そこで受験を中心に家庭教師として長く子供の能力開発に携わっているプロ教師の会に所属しながら医学部予備校アイザック・メディカル塾長を兼務する大西重信氏に、考える力が付くようにするにはどうすればいいか伺った。 (聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

1
続き

世界に発信したい縄文文化

北の縄文道民会議事務局次長 戎谷 侑男氏に聞く

2
続き

「中国人」でなく「香港人」

自由インド太平洋連盟副会長 石井 英俊氏に聞く

 香港独立派のリーダー・陳浩天氏が2020年のノーベル平和賞候補にノミネートされた。ノミネートに向けて取り組んだ、アジアの人権保護運動を行う「自由インド太平洋連盟」(ラビア・カーディル会長)の石井英俊副会長に話を聞いた。 (聞き手=石井孝秀)

今回、陳浩天氏がノーベル平和賞にノミネートされた経緯は。

4
続き

パンデミック米中情報戦、“偽情報”部隊が活発化

日本安全保障・危機管理学会上席フェロー 新田 容子氏

4
続き

ウイグル襲う新型コロナ禍 トゥール・ムハメット氏

日本ウイグル連盟会長 トゥール・ムハメット氏

 中国・武漢を発生源とする新型コロナウイルスは世界中で感染が拡大している。中国当局から激しい弾圧を受けているウイグル族にもコロナウイルスの感染が広がっており、当局の差別的対応について日本ウイグル連盟のトゥール・ムハメット会長に話を聞いた。(聞き手=石井孝秀)

ウイグル族にどのような被害が出ているか。

2
続き

薬物依存リハビリ施設 残留物排出し新たな人生を

ナルコノンジャパン総代表 神野 正啓氏

 覚醒剤の押収量が昨年、過去最高になるなど、違法薬物問題が深刻化している。また、芸能人による乱用・再犯事件が続き、薬物依存からの回復方法に注目が集まっている。そんな中、米国で生まれた薬物リハビリテーション施設「ナルコノン」が今年秋、日本で開設する予定だ。ナルコノンジャパン総代表、神野正啓さんに、施設のリハビリプログラムについて聞いた。 (聞き手・森田清策)

0
続き

少子高齢化時代の町興し

福井県永平寺町長 河合 永充氏に聞く

 少子高齢化時代の行政の長は、税収の確保と住民サービスという二つの課題を克服しなければならない。人口約1万8千人の永平寺町の町長、河合永充氏(46)は、歴史ある禅の里・永平寺と、最先端技術を駆使した自動運転などを軸においた「町づくり」に取り組んでいる。

町長初就任から6年が経(た)ちました。就任時から、永平寺を軸に置いた「町づくり」を提案されてきました。

2
続き

新型肺炎 習政権の隠蔽

評論家 石平氏

 中国発祥の新型肺炎は世界の株式市場にまで感染し、世界経済を冷え込ませる最大要因になってきた。だが、最近の中国の新規感染者数の激減ぶりが顕著だ。果たして本当の数字なのか、また今回の新型肺炎騒動が政治変革を促す契機になるのか、評論家の石平氏に聞いた。(聞き手=池永達夫)

当初、新型肺炎をもたらした新型コロナウイルスの発生源は、武漢市の華南海鮮卸市場とされた。

7
続き

新型コロナウイルスの感染者3人止まりの沖縄

琉球大学名誉教授 平良一彦氏に聞く

 沖縄県内で新型コロナウイルスの感染が確認された3人と長時間接触した「濃厚接触者」について県は4日、継続観察した43人すべての観察を終えたと発表した。横浜港発着のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客が多く下船した沖縄で感染者が少なかったのはなぜか。長年、沖縄本島北部の大宜味村の健康長寿について研究している平良一彦琉球大学名誉教授に聞いた。(沖縄支局・豊田 剛)

2
続き

宗教者の在り方

称讃寺住職 瑞田 信弘師に聞く

 価値観の多様化にネットの発達などで、人々の宗教意識も変わりつつある。人口減少に加えて宗教離れ、後継者難などで存続できない寺が増える中、宗教者の在り方として「心に寄り添う」ことが求められている。浄土真宗本願寺派(西本願寺)住職で幅広く社会活動を行っている瑞田(たまだ)信弘師に考えを伺った。 (聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

2
続き

「富士山型のまちづくり」推進 静岡県

静岡県牧之原市長 杉本基久雄氏

 一年を通してサーファーが訪れる静波海岸や相良サンビーチを有し、江戸時代の老中・田沼意次ゆかりの地としても知られる牧之原市。郷土の偉人を用いたまちおこしと、沿岸部と高台を開発する「富士山型のまちづくり」に取り組む杉本基久雄市長に話を聞いた。(聞き手=亀井玲那)

田沼意次と牧之原市の関係は。またその功績は。

1
続き