■連載一覧
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米朝“宴の後”で 非核化・拉致問題の行方
  • 米朝首脳会談の焦点
  • どうなる米朝首脳会談
  • 2018/7/18
  • 2018/6/14
  • 2018/6/07
  • 2018/5/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • インタビュー rss

    秩父神社における神仏習合

    秩父神社宮司 薗田 稔氏に聞く

     毎年12月に行われる例祭「秩父夜祭」がユネスコ無形文化遺産に登録された埼玉県秩父市の秩父神社は、秩父地方の総鎮守。もともとは武甲山(ぶこうさん)を遥拝する聖地で、豪族の力が弱まるにつれ衰微したが、鎌倉時代に桓武平氏の守護神・妙見菩薩と習合し、発展するようになる。秩父神社の神仏習合の歴史を薗田稔宮司に伺った。 (聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

    1
    続き

    自家製有機肥料で米・野菜栽培

    田中農場会長 田中正保氏に聞く

     中国山地の麓、鳥取県八頭町にある田中農場は1980年の創立で96年有限会社化。2004年から化学肥料を一切使わず、自製の有機肥料(牛ふん完熟堆肥)による米と野菜の栽培で注目され、持続性の高い生産方式で「エコファーマー」の認定を受けている。17年に代表取締役を息子へ引き継いだ田中正保会長に話を聞いた。 (多田則明)

    経営の概要は。

    4
    続き

    北村透谷 生誕150年 近代文学に大きな影響

    北村透谷研究会幹事 鈴木 一正氏に聞く

     今年は明治時代の文学者・北村透谷の生誕150年目という節目の年に当たる。透谷はあまり知られていないが、明治時代の文学・思想などの分野で先駆者的な存在だった。自由民権運動、島崎藤村に影響を与えたロマン主義、そして、近代的な恋愛至上主義の提示、時代を超えた文芸評論活動、キリスト教に帰依し、日本平和会の創立に参加、平和主義運動を提唱して活動したことなど、さまざまな可能性を持っていた文学者だった。その透谷の研究者で、北村透谷研究会事務局の鈴木一正氏に、透谷研究の現在などについて聞いた。 (聞き手=羽田幸男)

    1
    続き

    薬膳料理で健康寿命延ばす

    薬膳料理店「漢喫茶」 宮本貴世絵さんに聞く

    1
    続き

    現状打開には生活習慣の改善必要 我喜屋優氏

    興南学園理事長・我喜屋優氏に聞く

     戦後73年目、6月23日には、沖縄戦が終結した「慰霊の日」を迎える。平成22年に甲子園春夏連覇に導いた興南高校長兼野球部監督を務める我喜屋優・興南学園理事長に平和教育のあり方、沖縄の学力、教育の哲学、野球部の指導方法などについて聞いた。(那覇支局・豊田 剛)

     ――史上6校目の甲子園の春夏連覇という偉業を成し遂げた。どのようにして興南野球部を強豪に育て上げたのか。

    1
    続き

    自衛隊配備「一定の理解得た」 中山義隆・石垣市長

    3期目の中山義隆・石垣市長に聞く

     陸上自衛隊の南西諸島配備が進む中、石垣島はいまだ配備受け入れを表明していない。安全保障に理解を示す中山義隆市長が3月に3選を果たしたことで、配備に向けた動きの加速が予想される。3期目に当たり、自衛隊配備の見通し、行政区域である尖閣諸島の現状などについて聞いた。(聞き手・豊田 剛)

     ――市長選では、保守分裂となり、三つどもえの戦いを制した。

    3
    続き

    北海道の「知らない」を発掘

    シィービーツアーズ代表取締役社長 戎谷 侑男氏に聞く

    1
    続き

    菅実秀と西郷「徳の交わり」、戊辰戦争終戦時の奇跡

    庄内藩中老・菅実秀の玄孫 菅 秀二氏に聞く

     山形県酒田市にある南洲神社には、西郷隆盛と庄内藩の中老・菅(すげ)実秀(さねひで)が祀(まつ)られている。境内にある二人が向き合う像は「徳の交わり」と呼ばれ、鹿児島市内の西郷屋敷にある像と同じ。戊辰戦争終戦時の奇跡から生まれた二人の交流が、やがて鶴岡市、酒田市を中心とする庄内地方の近代化や『南洲翁遺訓』の刊行を生むことになる。実秀の玄孫(やしゃご)に当たる菅秀二さんに、二人の交わりを伺った。 (聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

    0
    続き

    ALD技術を広めたい スントラ博士

    「ミレニアム技術賞」を受賞したスントラ博士に聞く

     「持続可能な開発と生活の質向上を促進する技術革新」に対して贈られる国際的な賞、「ミレニアム技術賞」の授賞式が22日、フィンランドの首都ヘルシンキで行われ、フィンランドのトゥオモ・スントラ博士が受賞した。スントラ氏は、1974年に真空を利用した成膜技術の一つである原子層堆積(ALD)技術を発明した。ALD技術は汎用性があり、多くのハイテク分野で非常に役立つナノスケールの技術と言われ、IT機器の小型化や低価格化、高性能化をもたらした。医学やエネルギー分野にも応用されようとしている画期的な技術だ。(ヘルシンキ・吉住哲男)

    2
    続き

    東海道五十三次を世界遺産に

    街道文庫店主 田中義巳氏に聞く

     北品川辺りは、東海道をそのまま残した形での商店街が続く。その一角に街道に関する書籍3万冊を集めた街道文庫がある。「東海道五十三次を世界遺産にする」ことで町おこしを図ろうとしている田中義巳氏がつくった文庫だ。街道文庫店主の田中氏に、街道文化とその魅力を聞いた。 (聞き手=池永達夫)

    街道に関心を持ったのは?

    0
    続き

    創造的価値の付加こそ仕事

    ホスピタリティバンク研究所代表 浦郷義郎氏に聞く

     銀行マンや会計士、弁護士、行政書士といった侍ビジネスは、これから10年の間に8割以上なくなるというホスピタリティバンク研究所の浦郷義郎代表に「作業と仕事の違い」を聞いた。 (聞き手=池永達夫)

    浦郷氏の近著「ホスピタリティの教科書」では、頭に老舗論が出てくる。

     老舗というのは100年以上続いている店だが、日本では2万軒程度残っている。

    5
    続き

    キャンプの軍人らと地元との関係は「世界一」

    名護市の米軍キャンプ・シュワブ基地司令ケビン・ノートン大佐に聞く

     日米両政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先に決めた米軍キャンプ・シュワブ基地(名護市辺野古)ゲート前での反基地デモが連日のように報道されているが、実はキャンプ・シュワブの軍人らは地元の人々との関係が非常に良好で、「辺野古区民」として受け入れられている。いかにして地元民との関係を築いているのか、キャンプ・シュワブ司令のケビン・ノートン大佐に聞いた。(聞き手=那覇支局・豊田 剛)

    2
    続き

    日本の陶磁器、世界に影響

    出会い創造研究所代表理事 加藤春一氏に聞く

    4
    続き

    聖徳太子の思想を生活化

    燈影学園長 相 大二郎氏に聞く

    1
    続き

    広がる社会人の“学び直し”

    小樽商科大学大学院教授 李 濟民氏に聞く

    3
    続き

    「農業は農行」 農作業は修行!

    喝破道場塾長 野田大燈師に聞く

    2
    続き

    心にいつも懐剣忍ばせる

    作家 石川真理子さんに聞く

     働く女性が増えたことなどから、家庭における女性の役割が軽視される風潮が強まっている。その一方で、わが国の男女平等状況に対する国際的な評価は高くない。「女子の武士道」の著書を持ち、武家の女子の心得に詳しい作家の石川真理子さんに、家を守る女性の矜恃や役割の歪(ゆが)みなどについて聞いた。 (聞き手=森田清策)

    武士道というと、男尊女卑だと思っている人が少なくありません。

    5
    続き

    ネパール、中印との外交バランス重視 エクナト・ダカール氏

    元ネパール和平復興相 エクナト・ダカール氏に聞く

     ネパールのエクナト・ダカール元和平復興相(43)はこのほど来日し、世界日報のインタビューに応じた。ネパールでは、2015年に成立した新憲法下で初めて行われた選挙の結果、親中派政権が誕生。これについて、ダカール氏は「地理的にインドと中国に挟まれたネパール外交の基本原則は非同盟だ」と強調しつつも、「これまではインドだけに依存していたが、今は中国とインドの間でバランスを取っている」と、中国の影響力が拡大していることを認めた。 (編集委員・早川俊行)

    2
    続き

    遺跡から見たアイヌ民族

    海道立北海道博物館学芸員 添田雄二氏に聞く

    1
    続き

    慶良間の集団自決から73年、「軍命」は援護法のための後付け

    沖縄戦聞き取り調査第一人者 作家・星 雅彦氏に聞く

     第2次世界大戦末期の沖縄戦で米軍の沖縄本島上陸前に激戦となった慶良間諸島で、1945年3月25日には座間味島、28日には渡嘉敷島で住民が集団自決をした。戦後、何度も現地入りし、住民から度重なる聞き取り調査をし、集団自決に関する数々の論文を発表している沖縄在住の作家・星雅彦氏に集団自決の真相と要因を中心に聞いた。(聞き手・豊田 剛)

    5
    続き

    中国の野心、二つの100年構想で覇権構築へ

    拓殖大学客員教授 野口東秀氏に聞く

     5年間の第1期政権を終えた中国の習近平国家主席は、昨年10月の共産党大会で党規約に「習近平思想」を入れ、今月の全人代(全国人民代表大会)では憲法改正で国家主席の任期を撤廃するなど「強権統治」への布石を打った。第2次習近平政権の中国がどう動くのか、拓殖大学客員教授の野口東秀氏に聞いた。 (聞き手=池永達夫)

    1
    続き

    明治の国づくりと神道、不可欠だった精神的支柱

    生田神社名誉宮司 加藤隆久氏に聞く

     明治維新150年の今年、明治の国づくりへの関心が高まっている。そこから、今の日本を見直そうとの思いもあろう。そこで、明治の国づくりと神道について加藤隆久・生田神社名誉宮司に伺った。 (聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

    1
    続き