«
»

講演 rss

コウモリから「武漢ウイルス」研究 坂東忠信氏が講演

 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良〈ゆずる〉・近藤プランニングス代表取締役)の定期講演会が27日、動画サイト「ユーチューブ」のライブ配信を通じて行われた。これは、新型コロナウイルス感染拡大防止のためで、元警視庁通訳捜査官の坂東忠信氏が「『武漢ウイルス』と中国共産党立党100年に迫る危機」と題して講演した。

16
続き

韓国・日本に浸透するチュチェ思想

ジャーナリスト 篠原常一郎氏

 ジャーナリストの篠原常一郎氏は、先月21日世界日報読者でつくる世日クラブ(会長=近藤譲良・近藤プランニングス代表取締役)で「韓国・日本に浸透するチュチェ思想」と題し講演。チュチェ思想が沖縄の反基地闘争やアイヌ新法にも影響を与えていることに警鐘を鳴らした。以下は講演の要旨。

8
続き

世界一幸福度が高い日本の女性

動物行動学者の竹内久美子氏が講演

 日本の女性は差別され、幸せではないのか。動物行動学者でエッセイストの竹内久美子氏はこのほど、沖縄県で講演し、女性の人権を主張するリベラリズムの主張を覆すデータを示しながら、日本人の女性は世界一幸せだと指摘。伝統的な日本の家庭のあり方を変える理由はないと強調した。(沖縄支局・豊田 剛)

2
続き

チュチェ思想浸透に警鐘

篠原常一郎氏が講演

 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良〈ゆずる〉・近藤プランニングス代表取締役)の定期講演会が20日、東京都内で開かれ、ジャーナリストの篠原常一郎氏が「韓国・日本に浸透するチュチェ思想」と題して講演した。

11
続き

同化政策でウイグル抹殺、ムハメット氏が世日クラブで講演

 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良〈ゆずる〉・近藤プランニングス代表取締役)の定期講演会が12日、都内で開かれ、日本ウイグル連盟会長のトゥール・ムハメット氏が「今ウイグルで何が起きているのか~中国による弾圧の実態~」と題して講演した。

2
続き

沖縄ではびこる主体思想を警戒するよう喚起

ジャーナリスト 篠原常一郎氏の講演要旨

 沖縄は主体(チュチェ)思想の温床になっている。こう警告するのは元共産党国会議員秘書でジャーナリストの篠原常一郎氏だ。このほど、「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」(運営代表委員=我那覇真子氏)で講演し、米軍基地撤去運動や琉球独立論の精神論となっている主体思想を警戒するよう喚起した。以下は講演の要旨。(沖縄支局・豊田 剛)

3
続き

反基地運動に主体思想浸透、沖縄大学が活動拠点に

篠原常一郎氏が講演で明かす

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設をめぐり、北朝鮮の主体(チュチェ)思想を浸透させている全国の拠点の沖縄大学が反対運動の中心的役割を担っていることがこのほど分かった。元共産党国会議員秘書でジャーナリストの篠原常一郎氏が、同県浦添市で開催された講演会で明らかにした。 (沖縄支局・豊田 剛)

19
続き

蔡英文VS韓国瑜 どうなる台湾総統選

平成国際大学教授 浅野 和生氏

 平成国際大学教授の浅野和生氏は15日、世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤譲良(ゆずる)・近藤プランニングス代表取締役)で「蔡英文VS韓国瑜 どうなる台湾総統選」と題して講演し、来年1月に行われる台湾総統選について「現状では蔡英文氏がリードしているが、中国の介入に警戒しなければならない」と強調した。以下は講演要旨。

0
続き

【ジャパネットたかた創業者 髙田 明】私はリーダーをこうやってきた

ジャパネットたかた創業者 髙田 明

 ジャパネットたかた創業者の髙田明氏は9月8日、自己表現の技能などを体系的にまとめた「パフォーマンス学」の普及を目指す「国際パフォーマンス学会」(佐藤綾子理事長)の年次大会で、「私はリーダーをこうやってきた」と題して記念講演を行い、「モノを伝えるときは、本当に伝えたいという意思があることを相手に伝えなければ、伝わらない」などと訴えた。以下は講演要旨。

0
続き

令和日本 日本の存続は可能なのか

文芸評論家 小川 榮太郎氏

 文芸評論家の小川榮太郎氏は22日、世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)で「令和日本 日本の存続は可能なのか」と題して講演し、「平成の間に日本の強み、勝てる要素が失われてしまった」と強調した。以下は講演要旨。

5
続き

平成で失われた「土着」の力

文芸評論家 小川榮太郎氏が講演

 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良〈ゆずる〉・近藤プランニングス代表取締役)の定期講演会が22日、都内で開かれ、文芸評論家の小川榮太郎氏が「令和日本 日本の存続は可能なのか」と題して講演した。

6
続き

中央アジア結束、カザフ主導 中国「陸の一帯」を牽制

 このほど、「中央アジアからみた一帯一路」をテーマに中国研究所の田中哲二会長が東京都内で講演した。副題は「岐路に立つカザフスタン」で、カザフスタンが近年、中央アジアの結束強化に動いているのは、中国とロシアを牽制(けんせい)するためだとの認識を示した。同講演会は、21世紀シルクロード研究会が主催した。 (池永達夫)

0
続き

報道の自由とは何か ~官房長官会見から見える政治報道

政治ジャーナリスト 安積明子氏

【関連動画】東京新聞記者は会見で優遇されている

8
続き

特権化される「報道の自由」

政治ジャーナリスト 安積明子氏が講演

 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良〈ゆずる〉・近藤プランニングス代表取締役)の定期講演会が13日、都内で開かれ、政治ジャーナリストの安積明子氏が「報道の自由とは何か~官房長官会見から見える政治報道」と題して講演した。

2
続き

望ましい日韓関係をつくるには

元駐日韓国大使 申珏秀氏 講演要旨

0
続き

トランプ政権の行方と日本の戦略

笹川平和財団上席研究員 渡部恒雄氏

7
続き

米の内向き化で日本が重要に

笹川平和財団上席研究員 渡部恒雄氏が講演

 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良〈ゆずる〉・近藤プランニングス代表取締役)の定期講演会が16日、都内で開かれ、笹川平和財団上席研究員の渡部恒雄氏が「トランプ政権の行方と日本の戦略」と題して講演した。

6
続き

激変する朝鮮半島情勢と日本

特定失踪者問題調査会代表 荒木 和博氏

 特定失踪者問題調査会代表の荒木和博氏は12日、世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良(ゆずる)・近藤プランニングス代表取締役)で「激変する朝鮮半島情勢と日本」と題して講演し、日本自身が朝鮮半島を含む東アジアの構造を変え、問題を解決しなければならないと強調した。以下は講演要旨。

1
続き

具体的戦略欠けた新防衛大綱

公益社団法人隊友会北海道隊友会連合会会長 酒巻 尚生氏

0
続き

北漂着船問題、危機感足りない

特定失踪者問題調査会代表 荒木和博氏が講演

 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良〈ゆずる〉・近藤プランニングス代表取締役)の定期講演会が12日、都内で開かれ、特定失踪者問題調査会代表の荒木和博氏が「激変する朝鮮半島情勢と日本」と題し講演した。

10
続き

「発達障害バブル」生むチェックリスト

 「発達障害という診断の下に、子供たちの人権が奪われてしまう」――。教育現場に「発達障害支援」と称して、安易に医療に結び付ける風潮がある。その結果、向精神薬を処方される児童・生徒が少なくないが、東京都内で先月、「発達障害診断・治療を問い質す」と題し、こうした動きに警鐘を鳴らす講演会が開かれた。(森田清策)

 この講演会は先月15日、精神医療による人権侵害の監視活動を行う市民団体「市民の人権擁護の会」日本支部が開いた。

4
続き