«
»

沖縄 rss

那覇市当局のずさんな施設管理が浮き彫り

 那覇市は、昨年度の包括外部監査で公の施設の管理運営および指定管理者制度における財政管理ですべてが不適切と評価されている。市が公開している資料を入手して明らかになった。外部監査制度は、中核市になると法定で義務付けられるものだが、あまりにもずさんな市当局の指定管理の在り方に批判が噴出している。(那覇支局・豊田 剛)

1
続き

沖縄方言と琉球独立運動

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

 9月18日は「しまくとぅばの日」。「しまくとぅば」(島言葉)は沖縄の方言のことで、「しまくとぅば」の普及、継承を目的に沖縄県が平成18年に条例で制定した。

0
続き

反基地行動に地元は大迷惑

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設で、辺野古沿岸部の埋め立てに向けた海底ボーリング調査の掘削が18日に始まった。移設先の米軍キャンプ・シュワブのゲート前には7月下旬から連日、基地反対活動家らが詰め掛けている。活動家たちの行動に対し、地元住民から不満が上がっている。一方、10年前にできなかった移設工事が進んでいることに対し、政府の「本気さ」を評価する声も上がっている。(那覇支局・豊田 剛)

0
続き

沖縄県教育庁幹部の未成年買春容疑

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

 沖縄県警は7月30日、女子中学生に金を渡して買春したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、沖縄県教育庁参事兼中頭(なかがみ)教育事務所長の浜口茂樹容疑者(59)=沖縄市在住=を逮捕した。

0
続き

沖縄県、「健康長寿復活プラン」で1位奪還へ

 日本の平均寿命は県別では、全国1位が長野県、最下位が青森県、かつて1位で男女ともに凋落傾向にある沖縄県。平均寿命の延伸対策について考える「第2回平均寿命サミット」(主催・沖縄県、沖縄県医師会、琉球大学医学部)が17日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開催され、沖縄、長野、青森3県の学術・行政・医療関係者ら約300人が参加した。「食習慣や食環境の改善」をテーマに、各県の食習慣や改善点などを議論した。中でも、全国一の肥満県の沖縄県では、「生活習慣病を防ぐためには子供の時期から対策を講じなければ手遅れになる」という危機感が漂っている。(那覇支局・豊田 剛)

0
続き

反基地運動に住民いら立ち

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)のキャンプ・シュワブ(名護市辺野古)への移設に向けた作業がいよいよ本格的になった。

 防衛省は14日朝、辺野古沖に立ち入り禁止区域となるブイ(浮標)を設置する作業を始めた。14、15の両日でブイとフロート(浮具)を設置。17日には掘削作業用の台船が置かれ、掘削作業の準備は整った。

0
続き

「21世紀ビジョン」発展の流れ継続、仲井真弘多知事3選出馬表明

 11月16日投開票の沖縄県知事選に向けて、仲井真弘多(ひろかず)知事(74)が7日、那覇市内のホテルで記者会見し、知事選に3選出馬することを正式に発表した。自民党県連の西銘恒三郎会長(衆院議員)ら国会議員、自民党県議はじめ県内41市町村長のうち31市町村長、議長のほか、女性部、青年部、経済界、後援会など約400人が詰めかけた。仲井真知事の発言から出馬の真意を探ってみる。(那覇支局=竹林春夫)

0
続き

梅澤裕隊長永眠す

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

 沖縄戦時、座間味島で米軍と戦った元陸軍海上挺進第一戦隊長の梅澤裕(うめざわ・ゆたか)氏が6日、兵庫県の自宅で逝去した。97歳だった。ドキュメンタリー作家、上原正稔さんによると、6日午前中に病院から退院して自宅に戻った後、午後3時30分、「苦しい姿を見せず、安らかに旅立った」(梅澤夫人の美奈子さんの話)という。

0
続き

沖縄県知事選、「保革対決」明らかに

 11月16日投開票の県知事選まであと3カ月半余り。自民党県連と地元有力経済界などが擁立する3選を目指す現職の仲井真弘多(ひろかず)知事(74)に対して、自民党県連に反旗を翻した一部の自民党那覇市議団と県政革新野党が相乗りして擁立する那覇市長の翁長(おなが)雄志(たけし)氏(63)が挑戦する「保革対立」の構造が明らかになってきた。第三の勢力として、地域政党そうぞう前代表で前衆院議員の下地幹郎氏(52)が「保革」に割り込む形で出馬表明の動きを見せており、知事選の前哨戦は、複雑な様相を呈してきた。(那覇支局=竹林春夫、豊田 剛)

0
続き

観光客増大へ多くの課題

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

 学校も夏休みに入り、いよいよ夏の観光シーズンが始まったが、沖縄県への入域観光客が順調に伸びている。

 今年6月には55万7300人と対前年同月比で6万8200人、13・9%増加、6月の過去最高を記録した。外国客は2カ月連続で9万人を超えた。

0
続き

米軍と地域との信頼を醸成、基地所在自治体が報告

 東アジア地域の安全保障をテーマにした県主催のフォーラム「万国津梁(しんりょう)フォーラム」が17日、那覇市のホテルで関係者約330人を集めて開かれた。同フォーラムは昨年に続いて2回目。今回は「地域と共に創造する安全保障観」がテーマで、基地所在自治体から基地を取り巻く課題や取り組みについての報告があったほか、韓国から代表が初参加した。本土の自治体に共通することは基地をいかに活用し地域住民に還元するかという前向きな内容が多かった。「重い基地負担」という報道が飛び交う沖縄とは対照的だった。(那覇支局・豊田 剛)

0
続き

沖縄県と靖国神社

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

 沖縄戦では沖縄県出身者12万人余を含め、日米両軍および民間人約20万人が犠牲になったとみられている。沖縄県には戦没者の御霊を祀(まつ)る沖縄県護国神社がある。このためか、東京にある戦没者を祀る靖国神社に対する関心はそれほど高くない。

0
続き

那覇市の「龍柱」建立、県議会でも異論

 那覇市が那覇・福州(中国)友好都市交流シンボル事業として計画している「龍柱」の建立に市民から反対する動きが表面化している中、沖縄県議会でも異議が唱えられた。一括交付金約2億6700万円を使って中国皇帝の象徴である「龍柱」を建立することが、一括交付金事業の目的に沿うものか。「龍柱」建立は今や、那覇市から県レベルでの議論、さらには将来の「一括交付金制度の死活問題」にまで波及してきた。(那覇支局・竹林春夫、豊田 剛)

0
続き

「特別警報」に振り回される

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

 大型の台風8号が8日から9日にかけて沖縄を襲った。沖縄気象台は8日午前6時、「暴風特別警報」を発表。続いて、午後3時58分、沖縄本島地方に「大雨特別警報」を発表した。

0
続き

最もやりがい感じた3年間 退官する普天間航空基地司令官 ジェームズ・フリン大佐に聞く

 在沖米海兵隊の普天間航空基地(宜野湾市)の司令官交代式が11日に行われる。現職のジェームズ・フリン大佐は基地司令としての任務を終え、退官する。3年間で築き上げた地元との信頼醸成、新型輸送機オスプレイの配備、普天間飛行場の名護市辺野古移設、今後の日米関係などについて聞いた。(那覇支局・豊田 剛)

 ――普天間基地司令官としての過去3年間をどのように総括するか。

0
続き

ヘイトスピーチ考える講演会

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

 「テキサス親父」として知られる米国人の作家・評論家トニー・マラーノさんが2日、那覇市の沖縄県男女共同参画センター「てぃるる」で講演会を開き、約270人が参加した。主催したのは、「平和とヘイトスピーチを考える会」(手登根安則実行委員長)で、マラーノさんの沖縄講演は初めて。同会場では5月、左翼系のヘイトスピーチを考えるシンポジウム(主催・沖縄弁護士会)が開かれたばかりだ。

0
続き

台湾人戦没者慰霊塔の建立を

 沖縄戦の戦没者をまつる沖縄県平和祈念公園(糸満市)に台湾人戦没者の慰霊施設を建立する動きが進められている。日本と台湾の友好と平和を願うNPO日本台湾平和基金会は21日、台湾人戦没者慰霊祭を公園内で開催。台湾立法院委員(国会議員)や元軍属らが戦死者を追悼しながら台湾と日本、沖縄の友好を深化させることを誓った。(那覇支局・豊田 剛)

0
続き

真実の探求続ける星雅彦氏

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

 「沖縄戦の実情はどこかでゆがめられている。もう一度洗い流して考えなければならない」

 こう語る文芸誌「うらそえ文藝」編集長の星雅彦氏は、2009年発行の同誌(第14号)で軍命説に疑問を呈して以来、沖縄戦の真実を求め続けている。

0
続き

在沖米軍、韓半島安定に重要

 歴史認識や慰安婦問題をめぐって日韓関係がこじれる中、「東アジアの安全保障と日米韓協力の意義」をテーマに専門家によるシンポジウム(主催・在沖米国総領事館、パシフィックフォーラムCSIS)が12日、那覇市内で開催された。シンポジウムでは、安全保障に詳しい日本、米国、韓国の専門家が北朝鮮や中国の問題で3カ国が緊密な連携を取ることが重要との認識で一致した。(那覇支局・豊田 剛)

0
続き

サッカー向きの沖縄県民

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

 サッカーW杯ブラジル大会が13日(日本時間)から始まった。「なぜブラジルはサッカーが強いのか」を分析するテレビ番組によると、ブラジルの代名詞とも言える「サンバ」のリズムと「ジンガ」がブラジルサッカーの強さの秘訣(ひけつ)という。

0
続き

仲井真現知事と翁長那覇市長の対決か

 今年11月に予定されている沖縄県知事選に向けて、与野党両陣営の候補者選びが活発化してきた。仲井真(なかいま)弘多(ひろかず)知事は、米軍普天間飛行場を抱える宜野湾市や経済界から3選に向けた出馬要請を受けている。一方、革新陣営は普天間飛行場の名護市辺野古移設反対というシングルイシュー(単一争点)で翁長(おなが)雄志(たけし)那覇市長への出馬要請に動きだした。(那覇支局・竹林春夫、豊田 剛)

0
続き

かりゆし、全国に広がるか

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

 梅雨がない北海道を除いて日本全国が梅雨入りした。沖縄県が梅雨の真っただ中の6月3日、最も暑い観測地点の上位10位がすべて北海道という驚くようなニュースが飛び込んできた。その日の那覇の最高気温は29度だった。猛暑が全国を襲うようになり、沖縄のかりゆしウエアがにわかに注目を浴びている。

0
続き

沖縄・竹富町の教科書使用問題、地区離脱で収拾もしこり残る

 沖縄県の石垣市、竹富町、与那国町からなる八重山採択地区協議会の答申と異なる中学公民の教科書を竹富町が使用している問題で、県教育委員会は5月21日、地区から竹富町教委を分離することを決めた。6月6日にも離脱が正式に承認される見通しだ。混乱が続いた教科書問題はひとまず収束に向かうが、竹富町が行政・文化・経済の各分野で一体感の強い八重山地区から離脱することによる影響が懸念される。(那覇支局・豊田 剛)

0
続き