■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 沖縄 rss

    サンゴ礁壊滅の危機救え 養殖の第一人者・金城浩二さん

     日本のサンゴ礁の約9割が沖縄海域に分布しているが、その大半は白化現象が原因で壊滅の危機に瀕(ひん)している。その中でサンゴを救おうと20年間、養殖・移植作業を行っているのが金城浩二氏だ。サンゴの壊滅が自然環境にいかなる影響を与えるのか、一人でも多くの人に気付いてほしいと訴えている。 (那覇支局・豊田 剛)

     環境省はこのほど、石垣島と西表島の間にある国内最大級のサンゴ礁「石西礁湖」と西表島周辺海域の全調査地点で、サンゴの白化現象を確認したと発表した。

    1
    続き

    我喜屋監督の興南、雪辱は来年

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄の夏は、終戦記念日とともに終わってしまった。甲子園の話だが、多くの沖縄県民の感情だ。

    3
    続き

    リベラル会派離脱で革新候補選びが混迷―沖縄知事選

     沖縄県議会与党の革新リベラル会派「おきなわ」は20日、8日に死去した翁長雄志知事が残した後継者選びに関する音声データについての信ぴょう性に疑いを抱き、音声が開示されるまでは知事選の人選を進めている調整会議に出席しないことを同会議の照屋大河議長に伝えた。

    8
    続き

    やはり誰もいなくなる!後継者が敵前逃亡、翁長知事、後継2氏指名の音声データ残す 呉屋守将氏と玉城デニー氏

     事実は小説より奇なり、

     翁長雄志氏の遺作『ヘノコ撤回サギ物語』は、アガサクリスティ著の『そして誰もいなくなった』より、数倍興味深い。 意識混濁の病床で、家族に遺した翁長知事の「遺志」が音声データになって残っていた。 だが、この「遺志」は「撤回せよ」の遺志ではなく、後継者の「遺志」であった。

    3
    続き

    県知事選で裏目に出た共産党の安慶田副知事排除

     翁長知事が死去し、知事選が11月から9月30日に繰り上げされた。  17日に翁長雄志知事の支持母体「オール沖縄」に参加する政党や団体などが、那覇市内で会合を開き、9月30日投開票の知事選に擁立する候補を協議した。

     会議には4年前の知事選で翁長氏当選の原動力となった県内有力企業の金秀、かりゆし両グループは欠席した。欠席したのはかりゆしグループはオール沖縄を離脱したからであり、金秀グループも離脱しているに等しい状態である。リョウグループ以外にも離脱した企業は多い。

    15
    続き

    佐喜真淳氏が出馬表明「対立から協調、過去から未来へ」―沖縄県知事選

     「元気で明るい、対立や分断から無縁な沖縄を取り戻すために全身全霊をかける」  宜野湾市の佐喜真淳市長が14日、同市役所で9月30日の沖縄県知事選への出馬を正式表明した。

    5
    続き

    偽の翁長知事伝説がつくられている。それを崩す

     「命を削って県民や平和のために尽くした翁長さん」  翁長知事の偽の伝説が始まっている。  翁長知事が命を削ったのは県民や平和のためではない。選挙に勝つためであり、知事の座に居座るためであった。  その事実の一つを2016年12月のブログに書いた。翁長知事は知事の座に居座るために共産党に気を配っていた。県民に気を配ってはいなかった。

    2016年12月のブログ

    13
    続き

    翁長雄志氏死去 沖縄県知事選来月30日投開票

     沖縄県の翁長雄志知事が8日死去したことを受け、知事選が9月30日に投開票されることが決まった。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設撤回の判断は次期知事に委(ゆだ)ねられる情勢で、翁長氏の後継に大きな負担がのしかかる。革新側がポスト翁長選びで難航する一方、政府や自民党沖縄県連は「弔い合戦」のムードが高まることに警戒している。(那覇支局・豊田 剛)

    1
    続き

    ゆいレール15年、延伸に期待

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     「ゆいレール」の愛称で親しまれている沖縄都市モノレール(美里義雅社長)が今月10日、開業15周年を迎えた。総乗客数は開業翌年度から1・5倍以上に増え、昨年、乗客数2億人を達成した。

    3
    続き

    鳩山由紀夫元首相が沖縄県民に謝罪

     沖縄県の翁長雄志知事の告別式が13日午後、那覇市で営まれ、鳩山由紀夫元首相が参列し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先をめぐり、混乱を生じさせたことを謝罪した。

    4
    続き

    「7万人」鵜呑みにする地元メディア、実数は1万5000人

    「主催者発表7万人」という言葉が、誰にも検証されぬまま報じられ、独り歩きしている。11日に行われた辺野古への土砂投入阻止「県民大会」の動員数だ。

    13
    続き

    「翁長知事が基地負担軽減に努力」という嘘がまかり通っている

    通夜に訪れた稲嶺恵一元沖縄県知事は「沖縄の過重な基地負担を何とかしたいと努力したが、道半ばで去られたことは本人も残念だと思う」と述べ、故人をしのんだ。

    今マスコミが報道するのはこのように翁長知事が沖縄の基地負担をなんとかしようと努力していたということである。辺野古飛行場は普天間飛行場の移設を目的としたものであり、普天間飛行場建設ができなければ普天間飛行場が固定化してしまう。辺野古飛行中建設に反対することが沖縄の基地負担を軽減することにはならない。それが現実であり真実である。

    3
    続き

    酔った知事が襲撃、「人間失格、心の底から軽蔑」

     事件は1992年9月13日に起きた。戦後、琉球政府の民生官を務めたロバート・フィアリー氏を歓迎する戦後史シンポジウムのパーティーが那覇市内のホテルで催された。

    2
    続き

    “沖縄事情”から革新と手を組んだ保守の家門―翁長雄志氏

     8日、死去した沖縄県の翁長雄志知事。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の辺野古移設阻止を県政運営の柱に掲げ、4年間はそれに没頭した。反基地革新勢力からすれば、「英雄」に映った。一方で、辺野古移設をめぐり、国との裁判闘争に発展した。その結果、国との信頼関係は低下。予算規模が縮小され、そのしわ寄せが市町村に及んだ。

    4
    続き

    左翼与党、後継人選着手へ・・・保守系候補でなければ左翼が勝てる見込みはないが

    与党、後継人選着手へ 沖縄県知事選 呉屋、城間氏推す声

     翁長雄志知事の突然の死去により、任期満了による県知事選(11月18日投開票)が前倒しされることとなった。公職選挙法の規定により遅くとも9月末までには知事選が実施される見通しで、翁長氏の2期目擁立を決めていた県政与党は急ピッチで人選作業を進める。

    1
    続き

    翁長知事死去、 どうなる辺野古承認撤回?

    「あまりにも早すぎる」 「信じられない」

     米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する勢力は、翁長雄志知事の訃報に深い悲しみと喪失感に包まれた。今月中にも辺野古埋め立ての土砂が投入される見通しだが、それを阻止するため翁長氏が仲井真前知事による埋め立て承認撤回のための手続きを進めようとした矢先だった。

    8
    続き

    翁長沖縄県知事が死去

     沖縄県の翁長雄志知事が8日午後7時までに入院中の浦添総合病院で死去した。67歳だった。膵臓がんを公表し、公務を減らしながら闘病していた。「意識が混濁した」として、県が「職務代理を置く」と発表した矢先の知らせだった。

     8日午後5時、沖縄県庁で記者会見が開かれ、知事職務代理者になったばかりの謝花喜一郎副知事が、神妙な面持ちで文章を読み上げた。

    4
    続き

    空手ツアーで沖縄に海外観光客増を 初の五輪正式種目を弾みに

     沖縄の伝統空手・古武道の「型」を競う「第1回沖縄空手国際大会」(主催・同実行委員会、県、沖縄伝統空手道振興会)が1日から7日間の日程で、那覇市の県立武道館と豊見城市の沖縄空手会館で行われた。世界50カ国・地域から競技に約1200人、沖縄空手セミナーと合わせて約2300人が参加した。2020年の東京五輪で空手が初めて正式種目に採用されることを弾みに、沖縄の空手を海外観光客を取り込む柱に据える取り組みも行われるようになった。(那覇支局・豊田 剛)

    2
    続き

    四軍調整官、惜しまれて退役

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     在沖米軍トップの四軍調整官を兼任する米海兵隊第3海兵遠征軍(3MEF)の司令官交代式が2日、うるま市のキャンプ・コートニーのグランドで開かれた。

     退役するローレンス・ニコルソン中将は39年間の海兵隊員の仕事に終止符を打つ。

    4
    続き

    沖タイの逆切れ記事!防衛局「辺野古承認撤回すれば928億円無駄になる」 → 沖タイ「沖縄県民を恫喝するな!」

    8月4日付八重山日報の一面トップに、次の大見出しが躍っている。

    沖縄防衛局 「弔問」の9月延期を要求 だが県は防衛局の延期要求を拒否した。 県が延期要求を拒否したのなら、防衛局側は「膨大な資料を読み解くには一ヶ月必要」と主張して、聴聞を拒否すればよい。 その結果県の計画通り、「撤回」が早くなる。 「法的決着」をは早めにするためには、「聴聞拒否」も次善の策だろう。 そもそも、法的に瑕疵のない埋め立て承認を撤回するには、「公益のため」という大義が不可欠だ。 県は承認後に新たに発生した要件として、「留意事項違反」「軟弱地盤」「環境保全」「図前協議不履行」など、4点を挙げている。

    1
    続き

    埋立工事の現実に辺野古移設反対派のジュゴン妄想はしぼんでいく

    『ジュゴン』が棲むとっても美しい海・辺野古に米軍普天間基地の代替基地建設の話が持ち上がっています。巨大な基地が建設されれば、ジュゴンの棲めない海になってしまいます。    辺野古移設反対派のジュゴン妄想である。勢いのあった妄想も今は・・・。  辺野古飛行場の建設の前の護岸工事をしている。そして、8月17日から土砂による埋め立てが始まる。埋め立て地域は完全にケーソンで囲まれて、土砂が美しい辺野古の海を汚染することはないことが明らかである。「ジュゴンの棲めない海になる」という妄想は埋め立て工事によって消されてしまったようだ。妄想は現実が近づいてくるに従って消えていくものだ。

     辺野古移設反対派の妄想したまるで辺野古の海を覆ってしまうような巨大な基地も護岸工事が始まると、辺野古崎沿岸の小さな基地の現実になった。

    2
    続き

    裏切った有識者たち、知事の権力におもねる

     偽善者には2種類がある。「自分があくどいことをやっていることを知りながら、赤信号、みんなで渡れば恐くない」とふんぞり返る偽善者。「自分があくどいことをやっていることを自覚せず、やりたい放題のことをやる」恥も外聞もない偽善者だ。かつては沖縄タイムスと琉球新報が曲がりなりにも第4の権力ジャーナリズムとして、権力者の腐敗に「物申す」姿勢を見せていたが、今では両新聞は権力の腐敗を覆い隠すブラックジャーナリズムに成り果てている。

    1
    続き