■連載一覧
  • どうなる米朝首脳会談
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 検証 南北首脳会談
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 2018/5/23
  • 2018/5/08
  • 2018/5/01
  • 2018/4/07
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 沖縄 rss

    今秋の沖縄県知事選、革新は後継不在で知事が頼り

     12月の任期満了に伴う沖縄県知事選が今秋にも実施される。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設に反対する翁長雄志知事は膵臓(すいぞう)がんの手術をしたことを明らかにしたが、革新陣営は翁長氏の再選に期待する。一方、自民は候補者擁立に向け動きが活発になっており、6月にも決定する見通しだ。(那覇支局・豊田 剛)

    3
    続き

    地元が満足する那覇国際通りへ

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     那覇市の国際通り県庁駅前商店街振興組合は昨年11月、県庁前にあるデパート「パレットくもじ」周辺で、地元客と国内観光客、外国人観光客に対し「国際通りの満足度」アンケート調査を行った。

     その結果、国内観光客の8割、外国人観光客の9割が「大変満足」か「満足」を選んだのに対し、地元客は4割と大きな差が出た。

    2
    続き

    天皇のために死ぬ、言葉に尽くし得ぬ情景

     3月28日小雨のち晴れ、夜小雨。夜間、敵情視察のため各地に散っていた部隊が夜明けとともに北山(にしやま)急造陣地に帰隊。道案内の防衛隊員は家族と共に手榴弾(しゅりゅうだん)で自決。このような自決が2、3件既に始まっていた。

    1
    続き

    キャンプの軍人らと地元との関係は「世界一」

    名護市の米軍キャンプ・シュワブ基地司令ケビン・ノートン大佐に聞く

     日米両政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先に決めた米軍キャンプ・シュワブ基地(名護市辺野古)ゲート前での反基地デモが連日のように報道されているが、実はキャンプ・シュワブの軍人らは地元の人々との関係が非常に良好で、「辺野古区民」として受け入れられている。いかにして地元民との関係を築いているのか、キャンプ・シュワブ司令のケビン・ノートン大佐に聞いた。(聞き手=那覇支局・豊田 剛)

    2
    続き

    祖国復帰は世界に誇る出来事

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄県祖国復帰46周年記念大会が13日、沖縄県豊見城市で開かれ、約400人が祝った。天皇皇后両陛下が4月下旬、沖縄行幸啓で市内の沖縄県空手会館を御訪問されたこともあり、空手に話題が集まる大会となった。

    4
    続き

    翁長・沖縄県知事、膵がん

     膵臓(すいぞう)の腫瘍の摘出手術を受け、沖縄県浦添市の病院に入院していた翁長雄志知事は15日午前、退院し、同日午後の記者会見で悪性の膵がんとの診断結果を受けたと発表した。がんのステージは2で、膵臓近くのリンパ節にも腫瘍が見つかり、膵臓の腫瘍とともに摘出したという。  今後はリハビリをしながら少しずつ公務復帰し、今年12月までの任期を全うしたい考えを示した。

    3
    続き

    パニックに陥る住民、玉砕の連絡が飛び交う

     渡嘉敷村落の西側の恩納ガーラには古波蔵惟好村長、真喜屋実意先生(前村長)、徳平郵便局長ら村の有力者をはじめ数百人が集まった。

     1944年2月22日、国勢調査によれば、村の人口は1447人であり、「数百人」とはその一部にすぎないことに注意しよう。

     古波蔵村長らの有力者会議が開かれ、「自決の他はない」と皆、賛成し自決が決められた。

     ある防衛隊員は「戦うために妻子を片づけよう」と言った。

    1
    続き

    沖縄県警の検問不可、反対派は不問 保守派も地元住民も批判

     米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事が進む中、移設反対派は4月下旬、組織的な抗議活動をキャンプ・シュワブのゲート前で行い、近隣住民は長時間の足止めを余儀なくされた。こうした行動に対する警備に関して、那覇地裁はこれまで、警察による検問は違法との判決を下した。その一方、反対派による民間人への「私的検問」は不問としたことに地元保守派から批判が出ている。(那覇支局・豊田 剛)

    9
    続き

    「ゴーヤー」を食べに家に帰ろう

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     5月8日は「ゴーヤーの日」。この日に合わせてさまざまなイベントが開催されている。8日の午後5時8分、沖縄市一番街商店街でゴーヤーチャンプルーが無料で振る舞われた。

    1
    続き

    「いちゃりばちょーでー」横断幕が登場

    沖縄・宜野湾市 普天間基地

    「沖縄の皆様、楽しいゴールデンウイークをお過ごしください」  在沖米海兵隊普天間航空基地(沖縄県宜野湾市)はゴールデンウイークにあわせて横断幕を掲げている。国道58号線から普天間基地に通じる道路に接するフレンドシップパーク(友好園)で見ることができる。

    3
    続き

    米軍が渡嘉敷上陸、避難壕に逃げ込む住民

     渡嘉敷村史と沖縄県史10巻、陣中日誌からウァーラヌフールモーの惨劇を追ってみよう。

    2
    続き

    軍事同盟・核共有を黙殺、「木を見て森を見ず」の過ち

    《 沖 縄 時 評 》

     沖縄では米軍や軍属による事件があるたびに、日米地位協定が米兵の特権を保証する「不平等協定」との批判が起こり、「沖縄差別」の象徴だと論じられる。

    4
    続き

    自民県連会長に国場氏-沖縄

     自民党沖縄県連は28日、那覇市で県連大会を開き、新会長に国場幸之助衆院議員を充てる人事を承認した。幹事長には、島袋大県議が就任した。国場氏と島袋氏は共に、沖縄県が本土復帰した昭和46年度生まれの「復帰っ子」世代。世代交代による再スタートを印象付ける人事となった。

    2
    続き

    渡嘉敷島で聞き取り、赤松隊長への誤解解消へ

     1995年の春と夏、渡嘉敷島を訪ね、「集団自決」の生き残りの人々や関係者から情報を集めた。自決を生き延びた金城武徳さんに自決現場に案内してもらった。そして、海上挺身第3戦隊の陣中日誌を金城さんから入手した。後に大城良平さん、比嘉(旧姓安里)喜順さん、知念朝睦さんらから貴重な情報を入手することができた。

    1
    続き

    辺野古の反基地運動でもセクハラ事案発生

     米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沖への移設に反対する大規模な座り込みデモが23日から続いている中、デモに参加した女性が同じくデモに参加した男からセクハラを受けていたことが26日までに分かった。

    5
    続き

    辺野古着工1年、危険除去と抑止力維持に必要

     米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設に向けた護岸工事の着工から1年を迎えた。

     県内では反対の声が根強いが、辺野古移設は普天間飛行場の危険除去と米軍の抑止力維持に欠かせないものだ。着工1年を機に、改めてそのことを確認したい。

    対決姿勢崩さぬ翁長氏

    6
    続き

    辺野古移設反対の「奇跡の1週間」は「迷惑な1週間」だ

     日米両政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先として合意している名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ前の反対運動が激しい。 「基地建設を止める奇跡の1週間」を合言葉に、移設反対派は今月23日から6日間の予定で、キャンプ・シュワブのゲート前で500人以上の座り込み参加を呼びかけている。主催者発表では23日から25日までは500人を超える参加者が集まった。参加者の中には稲嶺進前名護市長の姿もあった。

    9
    続き

    那覇市の孔子廟使用料免除 地裁が違憲判決

     那覇市の公園内に設置された久米至聖廟(孔子廟)の使用料が免除されていることについて、那覇地裁がこのほど政教分離の原則に反するものとして「違憲」と判断した。市は「宗教施設ではない」と主張し、控訴する方針を固めた。(那覇支局・豊田 剛)

    4
    続き

    百田尚樹氏、過激発言も笑いに

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     「永遠の0」などの小説で知られる作家の百田尚樹氏が22日、沖縄県宜野湾市で講演。相変わらずの“毒舌”に1550人(主催者発表)の観客は魅了された。

     百田氏の話は、沖縄本土2紙と朝日新聞の批判から始まった。「沖縄タイムスは僕の悪口をしょっちゅう書いている。まるで大スター。何やっても注目される(大リーグの)大谷翔平選手みたいだ」と話し、笑いを誘った。

    30
    続き

    現職再選も知事選の行方は混とん―沖縄市長選

     任期満了に伴う沖縄県沖縄市長選が22日投開票され、保守系現職の桑江朝千夫氏が、ほぼダブルスコアの大差をつけて、革新系新人で前市議の諸見里宏美氏を退けた。

    9
    続き

    沖縄市長に自公系再選、翁長知事陣営は苦境に

     任期満了に伴う沖縄県沖縄市長選が22日投開票され、現職の桑江朝千夫氏(62)=自民、公明、維新推薦=が再選を果たした。桑江氏は名護、石垣の両市長選と同様、国政並みの応援を受け、新人で元市議の諸見里宏美氏(56)=社民、共産、社会大衆、自由、民進、希望推薦=に1万5千票余りの大差をつけて圧勝した。

    5
    続き

    圧倒的な小泉人気にしぼむ革新―沖縄市長選

     任期満了に伴う沖縄県沖縄市長選は22日に投開票されるのを前に、中央から政党幹部など政治家が続々と沖縄市入りし、「政府与党」対「翁長雄志知事」の代理戦争の様相を呈している。

     現職の桑江朝千夫氏(63)=自民、公明、維新推薦がわずかに先行し、新人で元市議の諸見里宏美氏(56)=希望、共産、社民、社大、生活推薦=が激しく追う展開となっている。

    8
    続き

    米兵が記した惨劇、阿波連で100人以上が自決

     グレン・シアレス伍長は、手記でこう綴(つづ)る。  <1945年4月27日夜明け、俺たちは渡嘉敷の最南端の浜に上陸し、山の小道を登る途中で3人の日本兵を射殺し、目的地に着くと信号弾を打ち上げ、味方の艦隊の砲撃が始まった。(中略)

    2
    続き