ワシントン・タイムズ・ジャパン

沖縄 rss

辺野古問題に疲れた沖縄県民

沖縄大学教授 宮城 能彦

 先日の衆議院議員選挙は全国的にも、そして特に沖縄においても大きな流れの変わり目であった。

 ご存じのように、沖縄の小選挙区では、自民党が1議席増やす結果となった。しかも、自民党が勝利したのは、辺野古地区がある沖縄本島北部、沖縄3区であった。その意味は大きい。

3
続き

県に住民訴訟、首里城火災「責任者出てこい!」

 沖縄県の玉城デニー知事を相手取って、首里城火災の管理責任を問う住民訴訟が11月16日、那覇地裁(福渡裕貴裁判長)で始まった。原告団は、出火原因が特定されず誰も責任を取らないまま再建を進めることを批判した上で、県が管理委託した沖縄美(ちゅ)ら島財団に損害賠償請求をしないことは職務怠慢と訴えている。(沖縄支局・豊田 剛)

3
続き

沖縄県環境部が軽石活用のアイデアを募集

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

 「沖縄県環境部では、海底火山の噴火に伴う漂流軽石の利活用について、民間事業者等が有するアイディアを募集します」

 小笠原諸島の海底火山から噴出した軽石が沖縄県の沿岸に大量に押し寄せている問題で、県は軽石の活用方法のアイデアを幅広く県民から募集している。募集期間は11月24日~12月8日まで。

1
続き

革新共闘のオール沖縄と決別、自公候補を支援

 先ごろ行われた衆院総選挙で中道保守が議席を増やした。翁長、玉城両県政を支えた「オール沖縄」とたもとを分かち、衆院選では自公候補を支援した沖縄県議会の赤嶺昇議長に、衆院選の総括、今後の沖縄政局、玉城デニー知事の評価などについて聞いた。(沖縄支局・豊田 剛)

 ――衆院選では沖縄で自公候補が比例代表を含めて5人当選した一方で、革新は3人から2人に減らした。この結果をどう見るか。

5
続き

沖縄の「春」に一縷の望み?

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

 来年3月に甲子園球場で開催される予定の第94回センバツ高校野球の重要な参考資料となる秋季九州大会が12日に全日程を終えた。九州国際大付(福岡1位)が大島(鹿児島1位)を破り、初優勝を果たした。

0
続き

海保第11管区、洋上の救急医療で実施訓練

 はるか洋上を航行する船舶内で重傷者が発生したらどうするか。海上保安庁(以下、海保)の第11管区(那覇)はこのほど、救急病院の医師や看護師らを招き、洋上救急訓練を行った。海洋面積が広い沖縄では迅速な判断と関係機関とのスムーズな連携が必要になってくる。(沖縄支局・豊田 剛)

 

1
続き

「チャタンヤラクーサンクー」って何?

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

 2021年の流行語大賞(ユーキャン)の候補の一つに「チャタンヤラクーサンクー」が選ばれた。チキータ(卓球)、ゴン攻め(スケートボード・ストリート)などと並び東京五輪に関連する言葉だ。

 そんなもの一度も聞いたことがないという人は多いだろう。恥ずかしながら筆者もその一人だ。空手の女子形で出場した清水希容選手が得意としている形を指す。

1
続き

「辺野古」平行線のまま 官房長官 沖縄知事と初会談

 松野博一官房長官は6日、沖縄県庁で玉城デニー知事と会談した。玉城氏は、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)を名護市辺野古へ移設する政府方針は「危険性の除去につながらない」と主張し、直ちに中止するよう要求。松野氏は現行計画の実施が「唯一の解決策」と反論し、平行線をたどった。

 官房長官就任後、沖縄基地負担軽減担当相を兼ねる松野氏の沖縄入りは初めてで、玉城氏とは初顔合わせ。

0
続き

辺野古「聞く力」アピール 官房長官が沖縄初訪問

 岸田内閣で沖縄基地負担軽減担当相を兼務する松野博一官房長官が5日、就任後初めて沖縄県を訪れた。懸案の米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設に向け、地元との信頼関係を構築するのが狙い。原則的な対応が目立った安倍・菅政権と対照的に、岸田政権は看板の「聞く力」をアピールしながら理解を求めていく方針だ。

1
続き

衆院選、自公と「オール沖縄」が2対2

 10月31日に投開票された衆議院選挙の結果、沖縄では玉城デニー知事を支持し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する「オール沖縄」勢力が3区と4区で自公に敗れた。辺野古移設反対でまとまっていた革新共闘に限界が見えてきている。(沖縄支局・豊田 剛)

3
続き

沖縄県「軽石は安全性が不明、持ち帰らないで」

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

 小笠原諸島(東京都)の海底火山が噴火して2カ月後、噴火でできた軽石が沖縄県内各地に漂着し、漁業や観光業に影響が出ている。さらには、船が出せないことで一部の離島民の生活にまで支障を来している。

 沖縄本島中東部のうるま市の勝連漁港と浜比嘉島を訪ね、軽石の現状を視察してきた。

4
続き

【沖縄1区】支持母体が大揺れの共産

 ’21衆院選 注目区を行く(1)

「必ずこの1区でオール沖縄の議席を守る。辺野古新基地建設は不可能だ。無条件に撤去させよう」

 共産党の赤嶺政賢は公示日の19日朝、沖縄県庁前でこう訴えた。コロナ禍で外出を控える高齢者が多いためか聴衆はまばらだった。

1
続き

衆院選沖縄選挙区、「経済振興」 か 「基地反対」 か

 衆院選は19日告示された。沖縄は1~4区で保守と革新系「オール沖縄」が激突している。自公が推す保守系候補は新型コロナウイルス対応と経済政策をアピールする一方で、革新勢力は政権批判を強めながら基地問題を争点化しようと躍起になっている。来年秋に実施される県知事選の試金石となる。(沖縄支局・豊田 剛)

 「オール沖縄」は事実上の革新共闘体制で、立憲民主2人、共産、社民がそれぞれ1人擁立する。前回の衆院選は1~3区で革新候補が勝利した。

0
続き

常に進化する沖縄そば、バリエーション豊かに

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

 17日は「沖縄そばの日」。そば粉を使わなくても「そば」と表示できるよう沖縄生麺協同組合が粘り強く交渉し、「本場沖縄そば」として商標登録が認められた1978年の同日を記念している。

 麺の原材料は小麦粉。スープは、豚骨だしに、カツオの削り節で香りをプラス。具は、復帰前の60年代頃は、かまぼこや豆腐が主だったという。

0
続き

保守系候補に必要な資質

OKINAWA政治大学校名誉教授 西田 健次郎

 衆議院選挙が31日に投開票される。沖縄では保守中道を訴えるグループの動きが盛んだ。再三、地元メディアに報道されており、最後まで動向が注目される。このグループは沖縄の保守合同を装いながら、それが私情怨念、私利私欲によるものであれば、その運動は納得できるものではない。

6
続き

沖縄振興予算、10年間3000億円維持を要請

 岸田文雄政権が誕生し、沖縄担当相に地元、沖縄選出の西銘恒三郎衆院議員が就任した。玉城デニー知事は8日と9日、西銘氏と面談し、沖縄振興について話し合い、来年3月に期限を迎える沖縄振興特別措置法の10年継続を推進する意向を示した。(沖縄支局・豊田 剛)

1
続き

沖縄各自治体、ワクチン接種推奨であの手この手

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

 新型コロナウイルスのワクチン接種率が全国最下位の沖縄。各自治体は接種を推進しようとキャンペーンを始めている。

 中でも、最も積極的なのが浦添市だ。11月末までに2回目の接種を受けた市民の中から抽選で50人に石垣島1泊2日のホテルパックを贈る。市の集団接種や、市内の医療機関で個別接種を受けた市民が対象で、12月上旬に当選者に発送する。

0
続き

玉城デニー知事就任3年、公約達成率は1.7%

 沖縄県の玉城デニー知事は10月4日、就任から満3年を迎えた。これまで、首里城火災や豚熱(CSF)、新型コロナウイルス対応など困難な課題に直面。達成した公約は291のうち五つと苦戦している。1年以内に知事選を控えるが求心力の低下が顕著で、再選に向けての明言は避けている。(沖縄支局・豊田 剛)

4
続き

温かい豆腐が店頭から消えた、支援事業展開へ

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

 10月2日は語呂合わせから「豆腐の日」。豆腐は沖縄の台所に欠かせない食材だ。植物性タンパク質が豊富で、値段も手ごろで、簡単に満腹感を得られる。沖縄では、チャンプルー料理として炒めて食べるのが定番。

 最初に沖縄に来て驚いたのは、スーパーの豆腐コーナーが充実していることだ。中でも、一般的な木綿豆腐に近い「島豆腐」が大半を占める。

1
続き

自民総裁選、政策論争活発化で衆院選の追い風に

 自民党の菅義偉総裁の辞任に伴い、自民党総裁選が29日投開票される。4候補のうち、3人が沖縄担当相の経験者で、県内でも認知度が高い候補ばかりだ。菅氏の辞任で政策論争が活発になり、自民党に追い風が吹き始めていることで、国政野党の衆院議員は危機感を募らせている。(沖縄支局・豊田 剛)

 沖縄県選出の自民党国会議員3人のうち、國場幸之助、西銘恒三郎両衆院議員は岸田文雄前政調会長、宮崎政久衆院議員は河野太郎行政改革相を推す。また、沖縄出身の今井絵理子参院議員は麻生太郎財務相率いる麻生派(志公会)メンバーとして岸田氏の推薦人に名前を連ねた。

1
続き

生活様式が変化、忍び寄る健康長寿の危機

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

 9月15~21日は「老人週間」。沖縄県は、今年度中に100歳を迎える「新100歳」が1日時点で589人(男性83人、女性506人)で、過去最多となったと発表した。前年より98人増加した。100歳以上の総数も同54人増の1269人(男性143人、女性1126人)で過去最多だった。

1
続き

沖縄振興予算、単年度予算が3000億円を割る

 内閣府は2022年度沖縄振興予算の概算要求額を2998億円とする方針を固めた。仲井眞弘多県政時代に当時の安倍晋三政権が現沖縄振興計画の期限となる「21年度まで3000億円台を維持する」と確約した期限が過ぎ、10年ぶりに3000億円を割り込んだ。来年度、期限を迎える沖縄振興特別措置法については、内閣府が延長方針を示す一方で、貧困問題など沖縄の社会問題に切り込むなど、河野太郎沖縄担当相のカラーが色濃く出た。(沖縄支局・豊田 剛)

2
続き

沖縄観光に打撃を与えた「9・11」から20年

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

 2001年9月11日、米国ニューヨークとワシントンを襲った米同時多発テロ(以下、9・11)から20年になった。

1
続き


1 / 6112 »|