«
»

新聞 TV 週刊誌 経済誌 rss

緊急事態宣言、ストレートに外出自粛の行動を呼び掛ける産経に好感

 阪神・淡路大震災、東日本大震災とは違った国難である。中国・武漢市(湖北省)から始まり世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス禍の蔓延(まんえん)阻止のため、安倍晋三首相は7日に感染者が急拡大する東京など7都府県を対象に緊急事態宣言を発令した。期間は5月6日までの1カ月間である。

 宣言の名称は重々しく聞こえるが、事態を鎮静化させるために、外出自粛をして人と人との接触を極力減らしてほしいと政府が国民に要請しているのである。中国や欧米のように交通遮断や外出を禁止して都市封鎖(ロックダウン)を行うわけではない。政府の専門家会議が先月中旬に提唱した、感染爆発の緩やかな抑制を目指す「日本型の対策」を模索してコロナ禍と戦うのである。

1
続き

「新型コロナ面」特設も自社社員感染への「適切な対応」の中身書かぬ朝日

 新型コロナ禍の拡大で「黒死病」を連想した。14世紀の西ヨーロッパで総人口の3分の1を奪った黒死病(ペストとされる)は、史上最大の生物医学的な災厄で、その後の世界史を塗り替えた。21世紀の新型コロナはどんな影響をもたらすか。書棚から『黒死病 疾病の社会史』(ノーマン・F・カンター著=青土社、2002年刊)を引っ張り出し、読み直してみた。

 そこには戦慄(せんりつ)する話が少なからずある。今世紀初め、米国医師会は感染症疾患に関する会議を開き、国民の気の緩みに警鐘を鳴らした。世界が「一つの村」ともいえる時に感染症に無防備過ぎる、と。ある科学者は生物兵器テロに言及し、こう警告した。

1
続き

自然の摂理に反する“パパ2人家族”を紹介する「ハートネットTV」

 新型コロナウイルス禍が深刻化する中、NHKが3月19日に放送したBS1スペシャル「ウイルスVS人類~未知なる敵と闘う」で、昆虫学者(国立環境研究所)の五箇公一の次の言葉が印象に残った。

 「要は、われわれは手を出してはいけないところまで自然に対して浸食を果たしてしまったがために……ウイルスなどの問題が人間社会にリスクとして降ってくる。この悪循環を断つためには、『自然の摂理』に準じた自然共生とは何かといった議論を今から始めないと、持続性が保てない。このままいくと、人間社会は崩壊しか道筋がなくなってしまう」

6
続き

小池都知事は新型コロナを再選に利用していると指摘する新潮・文春

 今回もまた新型コロナウイルスの話題が続く。今や、2週間前の“花見の緩み”から感染者数が爆発的に増えるかどうか、また、その結果を受けて、緊急事態が宣言されるかどうかが焦点となっている。

 日本医師会は宣言を出すべきだと政府に迫るが、「今はその段階ではない」と安倍政権は慎重な態度を崩さない。しかし、仮に緊急事態宣言が出されたらロックダウン(都市封鎖)は断行されるのか、外出禁止や在宅ワークが増えるのか…、庶民としては、何もはっきり決まらない状態で、じわじわと迫る“何ものか”に身構える、もやっとした心理状態に置かれている。今こそ週刊誌の出番だ。

3
続き

新型コロナ禍への緊急経済対策で「迅速さ」「大胆さ」を求めた各紙

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。イベントや外出の自粛が続き、経済活動も臨時休業や生産の縮小・停止、働き手にとっては自宅待機にとどまらず解雇という事態も増えている。

 2020年度予算が成立したばかりだが、政府は補正予算での経済対策の取りまとめに動かざるを得ない現状である。

0
続き

地下鉄サリン事件25年、教訓が生かされていないと警鐘鳴らす産経など

 「これからの25年でも、予期しない大変な事態は起こるだろう。それは、新たな形での化学テロかもしれない。そのときに現実的に対応できるだろうか。思考停止を越えて、考え続けようと思う」

 さる3月20日に地下鉄サリン事件から25年を迎えた。濱田昌彦・元陸上自衛隊化学学校副校長は産経のオピニオンサイト「iRONNA(いろんな)」でこう語っている。

0
続き

新型コロナの世界経済への影響はリーマン・ショック時以上と各誌予測

 中国武漢から発した新型コロナウイルスによる感染症。今やイタリア、スペインから米国に至るまでパンデミック(世界規模の大流行)の様相を呈し、猛威を振るう「武漢ウイルス」は医療、教育、経済などあらゆる分野に影響を及ぼしている。何よりも人類を不安に陥れているのは、今回の“コロナショック”が「特効薬がない」「いつ終わるか分からない」という状況があるのだが、とりわけ産業、経済分野において深刻だ。

 経済各誌は3月に入って相次いでコロナパニックを特集している。まず、週刊ダイヤモンドが7日号で「新型肺炎 世界連鎖株安 日本企業『総崩れ』」と題して緊急特集を組んだ。続いて週刊エコノミストが10日号で「中国発世界不況~新型コロナショック」と題し、中国経済の失速と世界経済への影響を分析した。

0
続き

様々な新型コロナ対策を求め緊急事態宣言の必要説かぬ「サンモニ」

 新型コロナウイルスの感染が日本でも芸能人やプロ野球選手など有名人にも確認され、首都圏の1都4県知事が外出自粛を要請するなど予断を許さない状況になった。

 26日に中国を抜いて感染者が8万3507人(米ジョンズ・ホプキンス大の集計)と最も多い国になった米国では、1カ月前の2月26日の感染者は60人だった。イタリアなどもそうだが、感染者の加速度的な増加が凄まじい。

0
続き

新型コロナ禍拡大の中で中国新華社の呆れた「脅迫」記事を伝えた本紙

 感染の拡大阻止、経済対策、2020東京五輪の約1年延期開催などなど。中国・武漢市(湖北省)から世界中に拡大し猛威を振るう新型コロナウイルス禍の溢(あふ)れ返る報道の中で拾った有益な情報をウオッチしていきたい。今は何よりも冷静沈着な対応が求められているから。

 また本紙掲載記事からで恐縮だが、昨日付のベルリン時事は、日本の感染者数が統計上は先進国中で圧倒的に少ないことに欧米メディアが注視し始めたことを伝えた。日本は「検査不足で実態が反映されていないのか、それとも感染抑止で『健闘』しているのか」の見極めである。世界保健機関(WHO)は「単純に検査数で是非を判定するのには慎重な姿勢」だとも伝える。

7
続き

各国が非常事態を宣言する中、改憲に反対する左派紙の空想的平和主義

 新型コロナウイルス禍は収まりそうにない。マクロン仏大統領は「われわれは(ウイルスとの)戦争状態にある」(3月16日)と宣言し、トランプ米大統領は自らを「戦時下の大統領」(18日)と言った。欧州は今やパンデミック(世界的大流行)の中心地で、米国にも波及。世界での感染者は先週1週間で倍増し30万人を超えた(共同22日)。いずれの国も非常事態を宣言し、外出や経済活動を制限してウイルス禍と戦っている。

 こうした欧州での取り組みについて読売は「個人の自由や権利を尊重する欧州の価値観と相反する措置だが、2度にわたる大戦で国土が戦場となった歴史的背景から、危機に対応する法制が整えられているからだ」と解説している(18日付「スキャナー」)。

4
続き

テレビが煽る新型コロナ、冷静な情報載せ「普通」の生活呼び掛ける新潮

 新型コロナウイルスについて、連日の溢(あふ)れ返る報道を見ていれば、対処法も見通しも次第に明らかになっていく、はずだが、故意なのか、理解できないのか、テレビのワイドショーは相変わらず「政府の説明不足」とか「情報発信が足りない」と文句たらたら。これを見る視聴者も、実は新聞やネットで十分な情報を目にしていながら、「情報が足りていない」というテレビの声に誤導され、錯覚から目覚めることがない。一番、センセーショナルに煽(あお)る週刊誌ですら、今では新型コロナについて冷静な情報を載せているというのにだ。

 週刊新潮(3月26日号)が特集「『新型コロナ』との消耗戦」で、新型コロナは恐ろしいウイルスではないことを強調していた。「ジャーナリストの石高健次氏」による「『PCR検査』拡大で日本は韓国の二の舞」の記事で、「免疫学の権威、奥村康氏」が「新型コロナウイルスは、通常の季節性インフルエンザと比較すれば、そんなに恐くないかもしれません。だいたい1週間で抗体ができ、快方に向かう一般的なウイルス疾患のようです」と指摘している。

3
続き

医療や政治体制が脆弱な中東各国での感染拡大に警鐘を鳴らす米紙

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。発生源の中国では既に収束に向かっているとの見方がある一方で、中東・アフリカでは感染者数が急速に拡大している。欧米に比較すれば少ないものの、内戦や経済制裁で、医療体制が崩壊または機能していない国もあり、米政治専門紙ザ・ヒルは、今後「破滅的な結果」を招く可能性があると警告している。

 米ジョージタウン戦略グループのマネージングディレクター、デービッド・ハーデン氏は、各国で移動の制限、集会の禁止などの措置が取られていると指摘、「緩和策は役に立っているものの、ほとんどの国は今後の感染拡大に対応できないだろう」と悲観的な見方を示している。

2
続き

新型コロナ禍で「ベアゼロ」春闘に理解の読売、「便乗」と批判の毎日

 自動車、電機など大手企業の2020年春闘は、相場形成を主導するトヨタ自動車が13年以来7年ぶりに、基本給を底上げするベースアップ(ベア)を見送る「ゼロ」回答とするなど、前年割れも相次ぎ、総じて厳しい内容となった。

 新聞各紙の論説陣は新型コロナ禍に関し、国内対策や株式市場の世界的株安連鎖への対応などで社説をたびたび掲載しているからか、春闘については3紙にとどまった。12日付読売「春闘賃上げ回答/労使協力で苦境乗り越えたい」、日経「賃上げを再起動するときだ」、15日付毎日「春闘の低額回答/新型コロナに便乗なのか」である。

0
続き

保守紙は今こそ堂々と憲法改正と緊急事態基本法の必要性を説くべし

 つい辞書を引きたくなった。泥縄=事が起こってからあわてて用意をすること。付け焼き刃=一時その場を間に合わせるために、にわかに習い覚えること。後手=手おくれになること(いずれも広辞苑)。

 新型コロナウイルスに対して海外は「緊急事態宣言」を発令している。ところが、わが国は先週、ようやく宣言できる法律(改正新型インフルエンザ対策特措法)を成立させた。どう見ても泥縄、付け焼き刃。これを後手と言わずに何と言えよう。こんな国は世界に例がない。

1
続き

米民主党の「オバマ伝説づくり」の努力放棄を指摘するNW日本版

 「レーガンやブッシュとは大違い 人気のある大統領だったのに出身地ハワイにはオバマの名を冠した学校や通りがない」

 ニューズウィーク日本版3月10日号「オバマ命名運動が振るわない理由」のタイトルで、その実情を記している。日本に居ては見えてこない米社会の動きだ。

 米国には「命名運動」というムーブメントが存在していて、レーガン空港の命名はこのキャンペーンの成果だ。

0
続き

中国発の新型肺炎で延期された習主席国賓来日は論外とする遠藤誉氏

 「多くの国に感染が広がった今、パンデミック(世界的な大流行)の危機が現実味を増している」(世界保健機関〈WHO〉のテドロス事務局長)

 中国・武漢市から感染が世界中に拡大した新型コロナウイルス肺炎が猛威を振るっている。死者も中国と世界で4000人超え。感染者の拡大は震源地の中国で8万人を超すなど突出し、隣接する韓国や中国と関係の深いイラン、寄港を受け入れたクルーズ船内で広がった700人近くが上乗せされた日本などが多かったが、これらの国での感染防止効果がイランを除いて見えてきた。その一方で、「一帯一路」で中国との往来が盛んで感染者が1万人を超えたイタリアをはじめ、ドイツ、フランス、スペインなどがいつの間にかそれぞれ急増し新たな緊急事態となっている。

6
続き

「人命より説明」を優先させ政府の感染症対策の足を引っ張る朝日

 大地震、大津波、原発事故の三重苦が襲った東日本大震災。それから明日で9年。新聞はその教訓を今回の新型感染症に生かそうとしているだろうか。

 安倍首相は緊急事態を宣言して感染症を封じ込める法整備を模索する。すると朝日5日付社説は「説明尽くし慎重判断を」と言った。感染症が広がるこの時期に説明を尽くせというのは反対宣言に等しい。また中韓両国からの入国を大幅に制限する措置を新たに打ち出すと、「自身の指導力を演出しようとする狙いが透けて見える」(6日付)と論(あげつら)った。

3
続き

新型肺炎という「有事」に日本の“欠陥”を指摘した「プライムニュース」

 中国共産党の情報隠蔽(いんぺい)が新型コロナウイルスの世界蔓延(まんえん)につながったことは明らかなことから、日本のメディアでは隠蔽体質をはじめとした中国共産党の一党独裁体制の「病弊」に焦点を当てた報道が目立った。しかし、新型コロナがあぶり出したものはそれだけではない。憲法から個人の生活まで「有事」を想定することを避けるというわが国の“欠陥”もその一つであろう。

 BSフジの報道・討論番組「プライムニュース」は4、5の両日、「日本の危機管理」がテーマだった。国家の危機管理レベルは「初動」に現れると言われる。新型コロナ対策で、いち早く中国全土からの入国禁止措置を取った米国などと違い、わが国は「初動対応が甘い」「泥縄対策」などと批判が出ているが、なぜそうなったのか。

0
続き

新型コロナウイルス報道で読み応えあるアエラと安倍批判ばかりの朝日

 新型コロナウイルスが猛威を振るっている。風評や偏見・差別も出てきている。これらは対象への無知と人間の心の弱さから生じるものだ。正しく知って冷静に対処する。そのためには正しい情報と知識が必要で、こんな時こそ、週刊誌は正しい対処方法を読者に伝え、政府や当局の対策を評価・批判すべきだ。

 同じ社が出している週刊誌が色合いの違う報じ方をしていて興味深い。週刊朝日(3月13日号)とアエラ(同9日号)である。

5
続き

新型肺炎の感染拡大で景気減速、世界株安への対処を訴える各紙社説

 中国を発生源とする新型コロナウイルスによる感染が世界的に拡大し、いまだ終息の兆しが見えない。株式市場は、世界同時株安の様相を呈し、日銀の黒田東彦総裁は「市場への潤沢な資金供給」を表明。米連邦準備制度理事会(FRB)も0・5%の緊急利下げを実施した。

 新聞各紙は新型肺炎に関するニュースを連日報道し、論説面でもこのテーマに関する経済的な社説を多方面から取り上げている。

0
続き

新型肺炎対策で安倍政権の後手を批判するなら、まず憲法を改正せよ

 2020年は早くも3月を迎えた。列島は新型コロナウイルス禍で持ち切りだ。この人命を脅かす危機を年頭に予想した新聞はあっただろうか。少なからず新聞人は新年の展望を論じたが、感染症の話はついぞ聞かなかった。

 そんな中で妙に印象に残っているのは産経の佐々木類・論説副委員長の次なる「ひとこと」である(1月3日付)。「内憂外患の日本に迫り来る危機を感じられるかどうか。ノアは『雨の降る前』に箱船を造ったことを想起したい」。感染症対策もしかり。事が起こる前に備えるべきだ。

4
続き

世界的な視点で日本史を読み解こうと試みたダイヤモンドの歴史特集

 英国の歴史学者E・H・カーは、著書『歴史とは何か』(岩波書店)の中で「歴史とは、歴史家と事実との間の相互作用の不断の過程であり、“現在と過去との間の尽きることを知らぬ対話”である」と語っている。その一方で巷(ちまた)には、「歴史は勝者が作り、敗者は文学を作る」という言葉がある。この命題の真偽は別にして、歴史にはある種の「主観」が入っていることを前提に見るべきという戒めが込められているのだろうが、カーは、“主観的”な歴史的事実だったとしても、あえて自らの主観を相対化して問い直す存在として「歴史に向き合う」ことの重要性を説いている。

 ところで経済誌ではよく歴史をテーマに取り上げる。近いところでは週刊東洋経済が昨年12月17日号で「世界史と宗教」をテーマに特集を組んだ。そして今回は、週刊ダイヤモンドが2月15日号で「世界史でわかる日本史」をテーマに、世界と日本の歴史的関わりについて問い直そうとする。というのも同誌によれば、従来の日本史の捉え方が「閉鎖的」「固定的」ではなかったのか、というのだ。「(本来、歴史には)『日本史』『世界史』という区分けは存在せず、教育システムや受験勉強のために便宜上、分けられたにすぎない。それが歴史をつまらなくしている」(同誌)と指摘しながら、「歴史に意味がなければ、我々は今、何のために生きているのか。…日常でもビジネスでも何が起きるか分からないこの時代。本特集をきっかけに、あらためて歴史を学んでみてほしい」と熱く綴(つづ)る。

1
続き

新型肺炎に“撲滅”か“共生”かの方針を政府に迫る「日曜報道」橋下氏

 中国湖北省武漢市で流行した肺炎をもたらす新型コロナウイルスが世界に広がり、わが国でも、学校の臨時休校や一部の地方では緊急事態宣言に踏み切っている。安倍晋三首相を本部長とする政府新型コロナウイルス感染対策本部は25日、「水際対策」から流行抑止へと切り替える対策の基本方針をまとめ、27日には全国の小中高校に春休みまでの臨時休校を呼び掛ける前例のない状況になった。

 これを先取りしたかのように23日の報道番組の中で強く訴えていたのが、フジ「日曜報道ザ・プライム」に出演した元大阪府知事、元大阪市長の橋下徹氏。新型インフルエンザが流行した2009年5月に、一斉休校を当時の舛添要一厚労相に要請し大阪府で実施した経験がある。

4
続き


14 / 70|«1415 »|