«
»

ストップ同性婚条例 rss

同性カップル証明、渋谷区は条例案を撤回せよ

 東京都渋谷区は同性愛のカップルを「結婚に相当する関係」と認め証明書を発行する条例案を議会に提出した。婚姻制度の理念を無視した偏った内容で、同区だけでなく日本社会に深刻な事態を招くのは明白だ。桑原敏武区長は撤回すべきである。

 極めて偏向した理念

0
続き

渋谷区が同性カップルに“証明書” 結婚、家族の在り方を揺るがす

弁護士 秋山 昭八

 渋谷区は、平成27年度の当初予算案において「男女平等多様性社会の推進―パートナーシップ証明」と題し「(仮称)渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例(案)」を制定し施策を進めるとし、

 ①LGBTなど性的少数者に対する理解に取り組む。

 ②同性パートナーシップを結婚に相当する関係と認め、証明を行う。

 ③多様性社会推進会議を設置する。

等を行政課題としている。

1
続き

渋谷区の同性愛結婚相当条例案に社会規範差し置いて賛成する朝毎

 最近、エイズ(後天性免疫不全症候群)に関するニュースがめっきり減ったように思う。かつては厚生労働省のエイズ動向委員会の発表モノが新聞の1面を飾ることもあった。それが慣れっこになったのか、新薬の開発で恐ろしさがなくなったのか、短報扱いが多い。死亡率は低下したが、感染者は増加しており、決して侮れない。

 エイズはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染によって発症する。血液や精液など体液が感染源だ。輸血や血液製剤による薬害エイズや母子感染は二次感染で、大半は性的接触による。

0
続き

同性カップル証明、結婚制度を混乱させるな

 東京都渋谷区が同性愛のカップルに対して「結婚に相当する関係」を認める証明書を発行するための条例案を3月区議会に提出することを決めた。

 憲法上、結婚を男女に限定するわが国で、このような証明書は前例がない。

 渋谷区が来月条例案提出

0
続き