«
»

ストップ同性婚条例 rss

広がる「同性パートナーシップ制度」

 同性カップルを「結婚に相当する関係」と認める「同性パートナーシップ条例」が東京都渋谷区で成立してから2年が経過した。これが契機となり、同区を含め5自治体が同様の制度を導入した。来月には、札幌市が政令指定都市として初めてそこに加わる。しかし、「市長の思想運動」にすぎないとの声が出ており、憲法が保障する思想・信仰を侵害する恐れもある。(森田清策)

6
続き

精子提供で出産するレズビアンの倫理無視に「NO!」と言わない日経

 同性カップルを「結婚に相当する関係」と認めて証明書を発行する、東京都渋谷区のパートナーシップ条例を施行してから4月で1年になる。これに合わせて、過去1カ月間は、いわゆる「LGBT」(性的少数者)に関する記事が目立った。その多くは、彼らの権利拡大を促す論調の記事だが、その中で、特に気になった記事がある。日経新聞17日付「かれんとスコープ」だ。

2
続き

性的少数者の人権尊重論議

弁護士 秋山 昭八

 性同一性障害者とは、「生物学的には性別が明らかであるにもかかわらず、心理的にはそれとは別の性別(以下、他の性別)であるとの持続的な確信を持ち、かつ、自己を身体的及び社会的に他の性別に適合させようとする意思を有する者」を指称する(性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律第2条〈定義〉より)。このような性的少数者、LGBT(レズ、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)と言われる人は人口の3~5%といわれている。

3
続き

「朝日」で憲法に触れず法律つくれば「同性婚」できるとAKBに説く学者

 今年夏の参院選から選挙権年齢が「18歳以上」になることから、憲法や政治についての若者向け入門書の出版が相次いでいる。中には、アイドルグループ「AKB48」のメンバーと政治家や専門家を対談させて発売した出版社もある。

1
続き

結婚で繁栄する人類 家庭の基盤を崩す同性婚

 昨年3月31日、東京・渋谷区議会でパートナーシップ条例が成立、米国で増加している同性婚が日本でも増えるきっかけになりそうだ。

 人間にとり男女による正常な結婚は、地球人類の繁栄の基盤として神にも祝福される神聖な意味をもっていた。

 それが、渋谷区で法の力を加えて崩されたと言えるだろう。

6
続き

正月から子育てするレズ・カップル紹介するNHK「あさイチ」特集

 東京都渋谷区で昨年、「パートナーシップ条例」が施行したことで、いわゆる「LGBT」(性的少数者)という言葉がメディアに頻繁に登場するようになった。その影響で、レズ(L)、ゲイ(G)、バイセクシャル(B)、トラスジェンダー(T)を意味する新用語を耳にしたことのある人はかなり増えたはずだが、その最大の“功労者”はNHKである。

6
続き

「同性婚」の問題点 子供の福祉抜き去る

 今年6月末、米国の連邦最高裁判所が「同性婚」を全米で合法化する判断を下した。国内では4月、東京都渋谷区が同性カップルに「結婚に相当する関係」と認める証明書を発行することを盛り込んだ、いわゆる「パートナーシップ条例」を施行している。

1
続き

同性カップル証明書、結婚制度の意義問い直せ

 東京都渋谷区はきょうから、同性カップルを「結婚に相当する関係」と認めるパートナーシップ証明書を全国で初めて発行する。男女の結婚の意義を薄れさせてしまいかねないなど、マイナスの影響を憂慮せざるを得ない制度だが、逆に証明書の発行を契機に婚姻制度の本質を問い直し、同様の取り組みが他の自治体に広がるのを防ぎたい。

 渋谷区がきょうから発行

0
続き

同性婚は「少子化を倍速化」

 東京都渋谷区が今年4月、同性カップルを「結婚に相当する関係」と認める「パートナーシップ条例」を施行して以来、同性婚を合法化させる動きが広がる中、同性婚の問題点を考える講演会(主催=宗教新聞社)が23日、東京・市ヶ谷で行われた。

 「世界的な同性婚問題に日本はどう対処すべきか」をテーマに講演を行ったのは八木秀次・麗澤大学教授。宗教関係者ら約100人が参加した。

0
続き

家庭より個人重視の風潮 古賀氏

対談・結婚には神聖な価値がある渋谷“同性カップル条例”を考える(下)

麗澤大学教授 八木秀次氏/東京都議会議員 古賀俊昭氏

0
続き

次世代を生み出す婚姻制度 八木氏

対談・結婚には神聖な価値がある渋谷“同性カップル条例”を考える(中)

麗澤大学教授 八木秀次氏/東京都議会議員 古賀俊昭氏

 ――渋谷区のパートナーシップ条例は「結婚に相当する関係」と言いながら、では、結婚とは何かについては触れない。

 八木 結婚というのは当事者どうしの契約関係ではない。ほとんどの国で、次の世代を生み出す制度として捉えている。

0
続き

結婚には神聖な価値がある

対談・結婚には神聖な価値がある渋谷“同性カップル条例”を考える(上)

麗澤大学教授 八木秀次氏/東京都議会議員 古賀俊昭氏

0
続き

同性カップルの責任は?

 世田谷区が今年11月をめどに、同性カップルに結婚に準じる関係と認める公的書類を発行するという。今年4月、渋谷区が同性カップルに結婚に相当する証明書を発行する条例を施行しており、これから他の自治体にも広がりそうな趨勢(すうせい)だ。

 同性愛カップルが一緒に住もうと思っても不動産屋に断られるとか、相手が入院した時に家族でないので面会できないなどの差別をなくすための措置だというが、どうして同性婚の認定でないといけないのか。そもそも「同性婚」とは何なのか、分かりにくい。

1
続き

海外で養子取る同性カップル紹介しながら是非論じぬ「グッディ!」

 同性カップルであっても「結婚に相当する関係」と認めて、証明書を発行することを盛り込んだ東京都渋谷区の「同性婚」条例が先月31日、成立した。その直後に記者会見した桑原敏武区長はこう語って胸を張った。

 「国政において、人権上の課題として一石を投じる歴史的な一ページに、この条例はなった」

0
続き

同性カップル条例「他自治体に波及」 八木秀次氏が警鐘

世日クラブ

 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)は16日都内で、世界日報創刊40周年を記念し、麗澤大学の八木秀次教授を講師として招き、「渋谷区同性カップル条例の衝撃」と題した講演会を行った。

0
続き

渋谷「同性婚」条例 懸念すべき他自治体への波及

 同性カップルを「結婚に相当する関係」と認め、証明書を発行することを盛り込んだ「同性婚」条例が東京都渋谷区議会で成立し、1日から施行された。証明書は早ければ今夏にも発行されるという。

家族制度の混乱に拍車

0
続き

ジェンダーの暴走

 渋谷区の「同性婚」条例が31日成立する見通しだ。条例案を審議した総務区民委員会では、自民党は反対したが、他会派は賛成した。

 条例案を一読した印象は、男女共同参画社会基本法をより過激にバージョンアップさせたな、というものだった。同時に、「基本法に暴走を生み出すDNAが埋め込まれている」と、かつて安倍首相(当時自民党幹事長)が語ったのを思い出した。“暴走DNA”とは、ジェンダー思想のことで、その懸念を同性婚容認という形で現実のものにしたのが渋谷区の条例案だ。

0
続き

東京・渋谷 「同性婚」条例、31日成立へ

 東京都渋谷区議会は26日の総務区民委員会で、同性カップルに対し、「結婚に相当する関係」を認める証明書を発行する条例案を賛成多数で可決した。31日の本会議で可決、成立する見通し。自治体が「同性婚」証明書を発行するのは全国初で、成立すれば4月1日から施行される。

 条例案は、区内に住む20歳以上を対象に、同性カップルを結婚相当関係と認める「パートナーシップ証明書」を発行することを明記。証明書に法的拘束力はないが、カップルが不利益を被らないよう不動産業など事業者に要請し、条例に反した場合は事業者名を公表する方針も示している。

0
続き

LGBTの「結婚」を男女同権と同列に扱った「NEWS23」の不見識

 東京都渋谷区が同性カップルを「結婚に相当する関係」と認め、証明書を発行する条例案を区議会に提出して以来、この問題を扱うテレビの時事・報道番組が多いが、同区の対応に疑問を呈するテレビ局はほとんどない。人権尊重はいいこと、しかも海外では「同性婚」を合法化する国が20カ国近くもあるのだから、日本もその流れに遅れないようにすべきである、というのが代表的な賛成意見だ。

 だが、ここで見落とされているのが、家族制度の核心は子供の福祉にあるということ。社会の将来を担う子供のことを抜きに婚姻制度を考えることの危うさは、良識を持った人間なら容易に察しが付こうというもの。しかし、テレビ業界に身を置く人間たちは、そこに思い至らない。というより、無視していると言うべきだろう。

0
続き

「同性婚」容認の第一歩 渋谷区同性カップル条例案の波紋(下)

 条例案の議会提出が報道されて以来、渋谷区役所には連日、条例案に対する意見が届いている。「匿名の意見が多く、大量のファクスが送られてくるなど、賛成、反対どちらが多いか、正確には分からないが、届くのは反対が多い」と、区の担当者は語る。

 条例案に反対する理由は、いわゆる「同性婚」と少子化に絡めたものが多い。一方、賛成者は「人権尊重」を挙げるという。

0
続き

社会の根幹破壊の懸念 渋谷区同性カップル条例案の波紋(中)

 「性的マイノリティーの方々が性的差別に苦しんでいるので、それを解決しなくてはならない」

0
続き

憲法違反、「行政のテロ」の声 渋谷区同性カップル条例案の波紋(上)

東京都渋谷区は同性カップルに「結婚に相当する関係」(パートナーシップ)と認める証明書を発行することを盛り込んだ条例案を3月議会に提出した。「多様性を尊重する社会」を実現するというのが条例案の趣旨というが、「同性婚」容認の第一歩になるとして、強い反発も出ている。区を超えて広がる波紋を追った。(「同性婚」問題取材班)

 「議会に何の報告もない。これでは、行政の議会へのテロではないか」

0
続き