«
»

生前退位 rss

旧皇室典範を復元改正せよ

大月短期大学名誉教授 小山 常実

 天皇陛下の譲位問題がきっかけとなり、現行「皇室典範」(以下、「新典範」と言う)の改正問題が再浮上しています。しかし、中身がどうであれ、「皇室典範」の改正に反対です。それは、「新典範」というものが、偽物の存在であり、無効の存在だからです。

0
続き

82歳の誕生日を迎えられた皇后陛下が、宮内庁…

 82歳の誕生日を迎えられた皇后陛下が、宮内庁記者会からの質問に文書で回答された。新聞各紙に御回答の全文が掲載されたが、中に気になる1点があった。

 皇后陛下は、新聞の1面で「生前退位」という活字を見られた時、大きな衝撃を受けられた、という。「歴史の書物の中でもこうした表現に接したことが一度もなかった」と述べておられる。

0
続き

有識者会議、皇室の伝統踏まえ徹底論議を

 天皇陛下が生前退位の御意向を滲(にじ)ませたお気持ちを表明されたのを受け、政府が設置した「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」が初会合を開いた。象徴としての在り方、そしてわが国の国体に関わる重大なテーマであるだけに、拙速にならぬよう、徹底した議論が求められるところだ。

 首相「予断持たずに」

0
続き

祈る存在が象徴の本質

作家 竹田恒泰

 明治22年に旧皇室典範が発布されるが、この時に譲位を制度化すべきかどうか明治の元勲達がさんざん議論してきた。そして四つの理由で制度化すべきでないという結論になった。

7
続き

天皇陛下「お気持ち」表明に思う

作家 竹田恒泰

 天皇陛下のビデオメッセージによる、お気持ち表明を大きな驚きをもって拝聴した。天皇は非政治的であるという憲法上の大前提があり、陛下はこれまで皇室制度も含め政治向きな話は基本的にお話しにならなかった。ところが今回、天皇や皇室制度のあり方を議論するきっかけとなるような、相当踏み込んだことを仰った。

10
続き

「生前」も「退位」も不敬極まりない言葉

 誰しもが幼少のころ、両親から言葉遣いに関して叱られた経験はあるだろう。とくに、目上の方に対する敬語の使い方に関しては、口酸っぱく言われたはずだ。私もその一人で、両親には非常に厳しく注意されてきた。また、学校教育の場においても、ゆとり世代とはいえ、敬語の使用に関して非常に重要視されてきた。我が国には、言霊という概念があり、古代日本人から現代におけるまでずっと大切にされてきた。しかし、昨今の新聞報道を観察していると、言葉のプロフェッショナルのはずの新聞が、全く敬語や敬称を使えない現実を目にする。本年8月8日の天皇陛下の玉音放送に関する新聞報道も、酷い有り様だった。

 天皇陛下が8日に、ビデオメッセージという形でお言葉を述べられたのは、「天皇」というご存在が高齢になり、国事行為及び宮中祭祀などに一定の支障が出てきた場合、どのようにすべきなのかという、天皇不親政の原則を厳守しながらの問題提起であった。陛下のお言葉では具体的には述べられなかったが、「天皇の譲位」を示唆するものであると拝察される。「天皇の譲位」に関して、今後どのように政府や国会は議論していくのか、非常に大きな関心事ではあるが、その前に「保守政治家」と呼ばれる人たちや、「保守系」と呼ばれるメディアの皇室報道での敬語や敬称の使用の仕方が非常に気になるので、本稿で問題提起したいと思う。

11
続き

天皇陛下お言葉、御意向に沿う叡智集めよ

 天皇陛下が「象徴としてのお務め」について、御自身のお気持ちをビデオメッセージで発表された。直接のお言葉はなかったものの、摂政を置くことにも否定的な御見解を述べられ、「生前退位」の御意向を強く滲ませられた。

 陛下がビデオメッセージで、国民にお気持ちを表明されるのは、2011年の東日本大震災以来2度目のことである。国民に直接語り掛けられるということ自体、陛下のこの問題への切実な御心情が察せられる。

3
続き

高いハードル、国民的議論を

 象徴天皇として国民と共に歩んでこられた天皇陛下が、生前退位の意向をめぐり、ビデオメッセージで率直に「お気持ち」を述べられた。憲法との整合性から「退位」の文言こそ用いなかったが、今後の活動が困難に直面することへの御懸念がにじみ出た内容で、退位は象徴天皇制の根本に関わる話であり、皇室典範改正など高いハードルがあるが、内容を真摯(しんし)に受け止め、早急な国民的議論が不可欠だ。

2
続き

天皇陛下の「生前退位」論じた社説で「憲法」連呼し異様さ際立つ東京

 憲法、憲法、憲法…、数えてみれば、憲法の文字が9回も登場する。天皇陛下の「生前退位」を論じた東京14日付社説だ。その中で「天皇」の文字は12回。それに対して憲法は9回。天皇と書くたびに憲法を冠しているといっても過言ではない。

1
続き

終身制の功罪について

 天皇陛下が生前退位の意向をお持ちだというニュースは欧州のオーストリアでも大きく報道された。東京発の通信社のニュースを土台に詳細に天皇家の背景を報じるメディアもあった。

 天皇陛下の生前退位の意向を聞き、終身制の良し悪しを改めて考えざるを得なかった。体力の限界まで公務を遂行しなければならない終身制はある意味で非常に酷なシステムだ。

3
続き

陛下「生前退位」、御意向受け止め精緻な論議を

 天皇陛下が、生前に天皇の位を皇太子殿下に譲られる御意向を示されていることが明らかとなった。

 宮内庁は近く、陛下の御意向を公表することも検討しているという。

 御公務への妥協なき姿勢

 陛下は現在、82歳。憲法上の国事行為のほか、被災地訪問や大戦の戦跡地を訪ねる「慰霊の旅」など、御公務に精力的に取り組まれている。今年も3月に福島、宮城両県の復興状況を視察され、5月には熊本地震の被災地を訪問された。

3
続き