«
»

どうなる朝鮮半島情勢 rss

北朝鮮 駆け引き続く米朝

 北朝鮮の拉致・核・ミサイル問題や韓国の反日路線などで日本の安全保障や経済に大きな影響を及ぼしてきた朝鮮半島情勢。2020年は果たしてどのような動きが予想されるのか。現状と展望をまとめた。 (ソウル・上田勇実)

2
続き

韓国 変わらぬ反日路線

 韓国の文在寅政権は、一昨年10月の元徴用工に対する韓国大法院(最高裁)判決により国際法違反の状態が生まれたにもかかわらず、これを放置したまま日韓関係を極度に悪化させた。その後も一向に関係改善に向けた努力は見られない。日本との協定や合意を一方的に反故(ほご)にする対日強硬路線はしばらく続きそうだ。

3
続き

分水嶺の4月韓国総選挙、解消されぬ保守分裂の危惧

 「韓米関係、韓日関係を壊し、中国に接近している文政権に歯止めをかけられるか否かは4月の総選挙が分水嶺(れい)になる」

 李明博政権で政府系シンクタンクのトップを務めたある保守系論客は韓国総選挙の行方にこう神経を尖(とが)らせた。

2
続き

見通せぬ日朝交渉 「拉致」解決阻む相互不信

 安倍晋三首相が日朝間の懸案で最優先課題に掲げてきた北朝鮮による日本人拉致問題。第1次内閣を含め在任期間は8年を超える歴代最長となったが、拉致問題は解決に向けた動きが鈍い。最大の原因は相互不信の深さにある。

1
続き