«
»

芸能 rss

槇原容疑者逮捕 芸能界の体質が問われる

 「今後、絶対にこのようなことを起こさないことを固くお約束します」――。

 20年前の薬物事件の判決公判後、こう誓っていたシンガー・ソングライターの槇原敬之容疑者が再び逮捕されたことは、一度薬物に手を染めると、そこから抜け出すことがいかに難しいかを物語っている。

 社会に大きな影響及ぼす

2
続き

芸能人薬物事件 芸能界は根絶に立ち上がれ

 人気女優の沢尻エリカ容疑者が麻薬取締法違反容疑で逮捕された。違法行為は厳しく問われなければならないが、個人の問題として片付けるのではなく、芸能事務所やタレントを出演させるテレビ・映画業界が薬物検査を実施するなど、乱用撲滅に向け積極的な対策を打ち出すことを促したい。

 沢尻エリカ容疑者を逮捕

1
続き

麻薬所持容疑で逮捕された「エリカ様」10年以上前から使用認める

 またもや芸能人が、麻薬取締法違反の容疑で逮捕されたというニュースが報道されました。渦中の人はエリカ様こと、沢尻エリカ容疑者。美貌と演技力で多くのファンを虜にしていました。

 2007年には舞台挨拶で不愛想な顔でマスコミからの質問に「べつに」と答えるなど、気の強さが仇となることもあり、拒否反応を示す国民も少なくありませんでした。

5
続き

下ネタ芸で優勝どぶろっくに批判と称賛の嵐で炎上

 9月21日、コント芸日本一を決める「キングオブコント2019」の決勝戦が行われ、TBSで放送されました。決勝に残った10組で芸を競い合い、審査員の点数によって得点が多かった上位3組が2本目のコントを披露して、総合得点が一番高い組みが優勝となる流れでした。

 審査員は、ダウンタウンの松本人志さん、バナナマン、さまぁ~ずのコンビの計5人。ファイナリスト10組の中から優勝を勝ち取ったのは、どぶろっくのコンビでした。歌を歌いながら同じ下ネタを連呼するというもので、ネット上では批判殺到して炎上。しかし、称賛の声も多数で、賛否入り乱れている状況です。

22
続き

世間を味方に会社を悪者にした宮迫・田村、涙の謝罪会見

 カラテカ・入江の解雇から始まった吉本興業の芸人の首切り。吉本興業が入江ひとりに責任を負わせる形でうやむやにしようとしていたことを週刊誌が嗅ぎつけ、参加した芸人達の金銭授受が明らかにされました。当初は金銭授受を否定していた雨上がり決死隊の宮迫博之(49)、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)でしたが、謹慎を言い渡され、他の吉本の芸人と共に謝罪コメントを発表。これで今回の騒動は幕引きかと思いきや、宮迫が吉本興業から契約破棄を言い渡され、20日に、田村と共に謝罪会見を開きました。

吉本興業の闇、不信感を暴露

13
続き

闇営業の言い訳がましい宮迫に非難の声殺到!

 先月末、バラエティ番組のMCも務める芸人の宮迫博之さん始め、11人の芸人が謹慎処分を受けたことが発表されました。原因となったのは、闇営業。それも、反社会勢力の会合に出席し、金銭の授受があったというものです。振り込め詐欺グループなどの反社会勢力への闇営業を芸人に仲介したとして、カラテカ・入江慎也が吉本興業から解雇されたことから調べが入り、5年前の闇営業の実態が発覚したということです。

宮迫に批判の声が募る理由

1
続き

芸能人逮捕、ただ“お蔵入り・カット”すればいいのだろうか

 芸能界をはじめとして公人の薬物使用で逮捕されるニュースが近年過熱報道される傾向にあります。最近では、ミュージシャンで俳優のピエール瀧容疑者がコカインを使用したとして逮捕され、各局のニュースや報道番組で連日取り上げられました。薬物を使用して逮捕されたことを受け、同容疑者が出演していた映画やドラマがお蔵入りになったり、現在出演している放送中のドラマでは本人が映っているシーンがカットされたりしています。必要以上にメディアが過敏になっているような気がするのは私だけではないようで、ネット上では賛否両論意見が上がっています。

やりすぎな自粛に賛否両論

2
続き

嫉妬深く同調圧力に弱い国民性で炎上した剛力彩芽のインスタ

 「インスタ映え」が流行語になるほど若者世代を中心に広まっているインスタグラム。SNSの主流は今やインスタグラムになっているほどで、特に芸能人の投稿は注目を集めます。そんな中、タレントの剛力彩芽さんの投稿がこれまでにないほど注目を集めました。FIFAワールドカップロシア2018の決勝戦を現地で観戦、その模様を写真に撮ってインスタグラムに投稿したところ、炎上。それに対して剛力さんは謝罪し、過去のインスタグラムを全て削除する事態にまで発展してしまいました。

彼氏のセレブ自慢でインスタ炎上

4
続き

TOKIO山口達也、ジャニーズに守られる人生に終止符を打ってもらいたい

 TOKIOの山口達也が強制わいせつ容疑で書類送検されたことが報道され、連日に渡って各メディアが報道をしています。山口本人の謝罪会見の映像や、TOKIOメンバーが出演する番組内で厳しい苦言を述べたことなどが報じられていますが、事が起きたのは今年の2月。同じ番組に出演していた17歳の女子高校生を自宅に招いて飲酒を勧めたうえ、酔った勢いで無理やりキスなどの行為をしたということです。

復帰を望む発言に他メンバーが苦言

15
続き

哀れな姿の小室哲哉、この姿を文春や新潮は見たかったのか?

 小室哲哉氏は稀代なる天才だと思っています。

 才能に恵まれ過ぎたのでしょうか、後半の人生に襲い掛かった数々の試練に押しつぶされようとしています。それに拍車をかけたのが今回の文春砲です。

 私とほぼ同じ年代の小室氏の輝ているところを見てきた世代としては、あんな哀れな焦燥しきった姿は見たくありませんでした。

 多分たくさんの方も同じご意見だと思います。

15
続き

吉岡里帆 お芝居の質を少しでも 高めていくことが 目標です

1月16日スタート、TBS系連続ドラマ『きみが心に棲みついた』で初主演

 大きな飛躍を遂げた1年だった。連続ドラマのヒロインを初めて演じ、出演したCMも話題になった。愛する映画にオマージュをささげ、12本の作品の名シーンを再現するフォトブックも刊行。そんな充実した日々を振り返り、目を細めた。「2017年は、間を空けずにお仕事をさせていただき、挑戦し続けた1年でした。年頭から春先までは連続ドラマ“カルテット”にレギュラー出演させていただき、その後は地元の京都でとある作品の撮影、夏前からはヒロインを務めた“ごめん、愛してる”の現場へ行くといったように、ほぼ毎日何かしら役を演じ、カメラの前に立っていた覚えがあります。女優として芽が出る前から支えてくださった方々に“大きな役をいただきました”と報告できるようになったことが、個人的にはとてもうれしかったですね」

4
続き

m.c.A・T/ 音楽に限らず、何かを新しく生み出すことが好きなんです

日本中を熱狂したデビュー曲『Bomb A Head!』から20年。数々のヒット曲をリリースし、音楽プロデューサーとしての顔をもち、今も活躍するm.c.A・Tさん。ポップスとしてのヒップホップにおいて、日本におけるパイオニアと称され、手掛けた楽曲は500曲。m.c.A・Tでのトータルセールスは600万枚を超える。移り変わりの激しい音楽業界のことや、世界に通用するアーティストを生み出すことなど、お話を伺った。 (聞き手・高橋克明)

8
続き

橋本環奈さん、人生初のイルミネーション点灯式に感激-東京ドームシティ

 女優の橋本環奈さん(18)が11月9日、東京ドームシティのウィンターイルミネーション点灯式に出席した。イルミネーションの点灯役を務めるのは人生初だといい、「ボタンを押して点灯したのは初めて。すごいきれいだと思いました」と声を弾ませた。

 クリスマスの予定を聞かれた橋本さんは「仕事です」と笑顔で返答。今までのクリスマスの思い出については、「サンタさんは毎年来ていました。でも、だいたいあるじゃないですか、サンタさんはいないと気付く時が」と口を滑らせ、進行役のアナウンサーから、「気付くとか言っちゃだめですよ。小さいお子さんも来ているんだから」と突っ込まれると、観客から笑いが起きた。

6
続き

9.11「遺族と真摯に向き合った作品」映画監督マルティン・ギギさん

 2001年世界を震撼させた9・11同時多発テロ。  ニューヨークの世界貿易センタービルやワシントンの国防省ビルに、ハイジャックされた航空機が激突したニュース映像は、世界の人々に大きな衝撃を与えた。

1
続き

映画「ナインイレブン 運命を分けた日」

 あの日、様々な人々が新しい朝を迎え、いつもと変わらない日常が始まろうとしていた。  2001年9月11日。ニューヨーク。ワールドトレードセンターには実業家のジェフリー(チャーリー・シーン)と離婚調停中の妻イヴ(ジーナ・ガーション)がそれぞれの弁護士と会話をしていた。これまで、家族に対して見向きもしなかったジェフリーは、反省しやり直そうとしていた。だが、そんなジェフリーに対してイヴは冷たい態度をとる。話し合いも取り合えずひと段落し、2人はエレベーターに乗り込む。

 そこには、バイクメッセンジャーのマイケル(ウッド・ハリス)、恋人に別れを告げに来たティナ(オルガ・フォンダ)、ビルの保全技術者エディ(ルイス・ガスマン)がいた。様々な事情を抱える人々が集まったエレベーター。突如、ビルに飛行機が激突し、北棟の38階辺りで閉じ込められてしまう。外部との通信手段はオペレーターのメッツィー(ウーピー・ゴールドバーグ)だけ。極限の恐怖と戦いながら5人が下した決断とは。

2
続き

米倉涼子、ブロードウェイに5年ぶりのカムバック!

ミュージカル『シカゴ』、ロキシー役で  2012年7月、「シカゴ」のロキシー役でブロードウェイデビューを飾り、日本人女優としては54年ぶりとなるブロードウェイでの主演という快挙を成し遂げた女優の米倉涼子。ニューヨークでの出演公演(全6回)と直後に行われた東京凱旋(がいせん)公演(全23回)のチケットは完売し、連日立見客が出るにぎわいとなった。

 それ以降、ブロードウェイの「シカゴ」プロデューサーからは「いつでも米倉に戻ってきてほしい」とラブコールが送られていた。昨年の11月にロングラン20周年を迎えた『シカゴ』。新鮮さと米倉の持つスター・クオリティーをブロードウェイから世界に発信したいという希望から、正式に出演オファーがあった。これに快諾し、今回のブロードウェイへのカムバック公演が決定。ブロードウェイ公演後、8月には日本で20周年記念ジャパン・ツアー公演(chicagothemusical.jp)に出演する。

4
続き

空手界のきゃりーぱみゅぱみゅこと植草さんら浴衣姿披露

 五輪のメダリストらによる浴衣のファッションショーが27日、東京都千代田区の神田明神で行われた。  ショーには空手界のきゃりーぱみゅぱみゅこと植草歩さん、リオ五輪柔道金メダリストの田知本遥さん、リオ五輪競泳銅メダリストの星奈津美さん、ロンドン五輪競泳銅メダリストの寺川綾さん、フィギュアスケートの村上佳菜子さん、パラトライアストンの秦由加子さんら女性6人が普段とはひと味違う和の装いで登場。  目前に控える七夕の願いごとをしたためた短冊を笹の葉に結んだ。

4
続き

GENERATIONS、NYライブ大盛況

15曲を熱唱、日本人以外のファンも多数  7人組ダンス&ボーカルグループGENERATIONS from EXILE TRIBEは5月28日、「GENERATIONS from EXILE TRIBE WORLD TOUR 2017 -SPEEDSTER-」のニューヨーク公演をアービング・プラザで開催した。

 会場には、日本、中国など各国から総勢350人以上のファンが詰め掛けた。GENERATIONSのメンバーそれぞれがファンに英語であいさつ。アンコールを含め、15曲を披露。特に「Love You More」と「SORA」は曲名がアナウンスされただけで、歓声が上がり、日本語と英語で歌われた「Love You More」はしっとりと会場を魅了した。

3
続き

「YOUは何しに?」「仕事だよ(笑)」ネイマールが来日イベント登場

 サッカーのブラジル代表FWでスペイン・バルセロナのFWネイマール選手(25)が5月30日、来日して成田空港に姿を見せた。ファンからの黄色い声援を受けながらサインに応えたネイマール選手。翌日はトークショーと子供たちのサッカー教室のイベントに登場した。自身のサッカーへの思いを語り、子供たちとサッカーをするネイマール選手にファンは歓喜した。

5
続き

宝塚歌劇とクルーズがコラボ

北翔海莉さんや妃海風さんら出演

 日本最大のクルーズ客船「飛鳥II」と、宝塚歌劇のステージが初めてコラボしたクルーズ「TAKARAZUKA ON ASUKA II」が14日、神奈川県横浜市中区の横浜港大さん橋国際客船ターミナルから出港した。

5
続き

「笑顔で新たな出発したい」浅田真央が引退会見

 フィギュアスケート女子の2010年バンクーバー五輪銀メダリストで、世界選手権を3度制した浅田真央選手(26)=中京大=が12日、東京都内で引退会見を開き、「選手生活ではたくさんの山があった。乗り越えられたのは、支えてくださった方々とファンの方々の応援のおかげです」と述べ、現役引退を改めて表明した。

 会見場には海外メディアを含め400人以上の報道陣が詰めかけ、世界レベルの人気を物語っていた。

8
続き