■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 教育 rss

    ゲーム障害予防は難しい

     「三つ子の魂 百まで」と言われるように、両親や生活環境、立ち居振る舞いなど、幼少期に培った性格・性分は100歳になっても変わらないということだ。時間に追われる昨今、子供の「なに?」「なぜ?」を聞き取り、分かるように説明する余裕が無いのが実情だ。

     ゲームのやり過ぎで日常生活に支障を来す「ゲーム障害」実態調査の結果、10代と20代の約12%が休日に6時間以上ゲームをしており、プレー時間が長い人ほど、学業・仕事への悪影響や心身の不調を感じ、ゲームをやめられない、など依存傾向にあることが分かった。世界保健機関(WHO)がゲーム障害を依存症と認定したことを受け、厚生労働省の補助事業として国立病院機構久里浜医療センターが実態調査、11月27日に結果を公表した。

    2
    続き

    中学1年生対象に「地域企業ガイダンス」

     地元企業との出合いを通して将来の職業や働き方の意義を考えてほしいと、秋田県では中学1年生向けに「地域企業ガイダンス」を3年前から開いている。このほど秋田市の外旭川(そとあさひかわ)中学校で開かれたガイダンスには1年生82人と地元企業16社が参加。6~7人のグループに分かれ、生徒はそれぞれ3社から説明を聞いて回った。秋田地域振興局とハローワーク(公共職業安定所)の共催。(伊藤志郎)

     参加した企業は、自動車販売、学習塾、建設業、公務員(秋田県警)、美容、リネンサプライ、飲食・ブライダル、製造業、木材製造、医療・福祉、リサイクル業と多方面にわたる。会場は学級の教室、音楽室、美術室、体育館で、生徒は順次、指定された教室に向かった。

    0
    続き

    増え続ける「いじめ」の病理現象

    メンタルヘルスカウンセラー 根本 和雄

    2
    続き

    小・中・特別支援学校が農業活動の記録を発表

     「たくさんの努力があって、おいしいお米や野菜ができることに気付いた」「花を植えることで地域の人たちを笑顔にしたい」「将来の仕事に、やりがいのある農業を考え始めた」――。このほど大館市の種苗交換会で発表された第37回秋田県学校農園展での感想文の一コマである。(伊藤志郎)

     秋田県では学校農園を営んでいる小中学校が多い。同展には、中学校1校、小学校16校、特別支援学校6校の計23校が活動記録を発表した。1枚の大きな用紙に、苗植えや除草、収穫、加工・販売を楽しんでいる子供たちの姿が、写真や観察記録、文字や絵などで分かりやすくまとめられている。いずれも、農業を自分のこととして捉え、農業に携わる人への感謝の思いや地域とのつながりが感想文の随所に見られた。

    0
    続き

    足りぬ子育てのための人材

     筆者の妻は、高齢者のデイケア施設で働いている。年明けに介護福祉士の試験を受けるため、現在は勉強真っ最中である。

     介護の現場はとにかく人材不足だ。妻が繰り返しこぼしているのは、「今月も1人辞めた」というような話である。どうしたらいいのか。給与の引き上げなど待遇改善は必要だろうが、「それだけでは人は来ない気がする」というのが妻の意見だった。

    2
    続き

    外国人学生と意見交換 東京高校生国際会議

     国際交流を通じた中・高校生の多文化理解促進に向け、「東京高校生国際会議」が15日、東京都立小石川中等教育学校(文京区)で開かれた。都教育委員会が初めて開催したもので、自治体でこうした多国間交流を行うケースは珍しいという。

    1
    続き

    ネットと子供、知らない人と連絡取らせるな

     大阪市住吉区の小学6年の女児が誘拐された事件では、インターネット交流サイト(SNS)の危険性が改めて浮き彫りとなった。

    SNSを通じて女児誘拐

     未成年者誘拐罪で起訴された35歳の男は、警察の調べに対し、女児とはSNSを通じて知り合ったと供述している。

    2
    続き

    ゲーム障害 優先度下げる取り組みを

     ゲームのやり過ぎで日常生活に支障を来す「ゲーム障害」に関する実態調査で、10代と20代の約12%が休日に6時間以上ゲームをしており、プレー時間が長い人ほど、学業・仕事への悪影響や心身の不調を感じながらゲームをやめられないなど依存傾向にあることが分かった。

     WHOが国際疾病に分類

    2
    続き

    地域づくりの核、民俗伝統芸能の振興・継承を

     本州の他府県に比べると歴史の浅い北海道であっても地域の中に伝統芸能はしっかりと息づいている。人口減少や少子高齢化が進む地方にあって伝統芸能は地域づくりの核になると北海道教育委員会はこのほど、「ほっかいどう民俗芸能伝承フォーラム」を開催し、地域に根付く伝統芸能の実演と継承の意義などについて話し合うシンポジウムを行った。(札幌支局・湯朝 肇)

     「地域に長く根差す伝統芸能は、災害などさまざまな困難にあっても地域を盛り返させる力を有しています」――こう語るのは、NPO法人民俗芸能を継承するふくしまの会理事長の懸田弘訓(ひろのり)氏。12月1日、小樽市公会堂で開かれた「ほっかいどう民俗芸能伝承フォーラム」の講師として招かれた懸田理事長は、2011年3月11日に発生した東日本大震災による津波や福島第1原発事故で壊滅的な被害を受けた相馬市や南相馬市、浪江町などの同県沿岸部の町々の様子に加えて、復興に向けて地域の伝統芸能が大きな力になっている点を紹介した。

    0
    続き

    タクシー通学する小学生

     いよいよ小学生がタクシーで通学する時代になったか――。昭和の終わり、バブル経済の時代なら、威勢のいい話となるのだろうが、実は四国の山間部の村で起こった悲しい現実だ。平成半ばに隣町と合併して新しい町の一地区となったが、その後も人口減少が進み、(旧)村の小学校は全校児童数が数人となって、4年前に(新)町の中心部の小学校に統合された。問題は10㌔ほどの山道を使う通学だが、車両(整備)費や人件費がかかる通学バスを導入するよりは、タクシーで一緒に通学する方が安上がりというわけだ。

     その児童が通う町の小学校も生徒数の減少が続き、各学年とも 20人前後のクラスが一つだけ。全校生徒も140人をやっと超えるくらいだというから、筆者が通った昭和40年代の4分の1~5分の1程度しかない。当時の感覚からすると、山奥の小学校程度になってしまった。過疎地の人口減少は、目に見えて分かる切実な現実問題だ。

    0
    続き

    教員の働き方改革、授業に専念できる体制を

     “過労死レベル”と言われ、長過ぎる公立学校の教員の勤務時間を繁忙期とそうでない時期に分け、年単位で調整する「変形労働時間制」の導入を柱とする改正教職員給与特別措置法が参院本会議で可決、成立した。各自治体の判断で2021年度から「休日のまとめ取り」が可能になる。原則「月45時間、年360時間」とする残業上限ガイドラインを、文部科学相の定める「指針」に格上げし、法的拘束力を持たせることも盛り込んでいる。

     国際的にも長い労働時間

    0
    続き

    医師が患者との性的関係を持つことの禁止を

     精神科医の立場を利用して性的関係を持ち、心身を支配したとして、5年前に自殺した女性の遺族らがこのほど、医師免許の剥奪など厳重な処分を求める要望書を厚生労働省に提出した。また、こうした人権蹂躙(じゅうりん)をなくすには、医師が患者と性的関係を持つことを禁止し処罰する法律が必要として法整備も求めている。

     要望書を提出したのは、鹿児島県の倉岡祐子さん(57)ら7人と遺族を支援する弁護士。倉岡さんの次女(当時27歳)は同県内の精神科クリニックに通院中の2014年12月、自殺した。初診から9カ月後だった。また、7人の中には、16年8月に自殺したクリニック従業員女性の遺族も含まれている。

    0
    続き

    読解力低下、本や新聞熟読して能力向上を

     「日本『読解力』急落15位」(読売)、「『読解力』続落、日本15位」(朝日)など教育関係者にはショッキングな見出しが躍った。経済協力開発機構(OECD)が79カ国・地域で15歳計60万人を対象に2018年に実施した「国際学習到達度調査(PISA)」の結果を公表したという新聞記事の見出しだ。

    国際調査で15位に急落

    0
    続き

    台湾人球児で沖縄尚学2年の張博瀚さんが優勝の快挙

     第29回九州地区高等学校英語スピーチコンテスト(九州地区英語教育研究団体連合会主催)が11月2日、福岡県で開催され、沖縄尚学高校(沖縄県那覇市)2年の張博瀚(はくかん)さんが優勝した。台湾人でかつ、野球部の体育系コースの生徒が優勝するのは前例がない。居心地の良い環境から抜け出そうというメッセージは多くの人々の共感を呼んだ。(沖縄支局・豊田 剛)

     沖縄尚学高校は、地球的課題の理解と解決を目指すグローバル教育に力を入れており、英語教育においては沖縄県内でも定評がある。同校はこれまで同スピーチコンテストのバイリンガル部門で4人の優勝者を輩出している。張さんの場合はこれまでと事情が違う。継続して6カ月以上英語圏に居住したことがないノンバイリンガル(非英語圏)の部門で優勝した。

    3
    続き

    スマホに“使われる”

     2カ月前、ガラケーをスマホに替えた。スマホ使用がとっくに「当たり前」になっていたのだから、「遅ればせながら」と言うべきなのだろうが、電車でスマホの画面に釘(くぎ)付けになっている姿が好きになれなかったので、持たなかったのだ。では、なぜスマホに替えたのかというと、SNSで情報発信しようと考えたからだ。しかし、それがなかなかできていない。使い方に慣れない上に、時間の余裕がないからだが、それはこれから何とでもなる、と楽観している。

     それよりも、使い始めて実感したのは、スマホに「使われる」ような状況を生んでいる情報技術の“罠(わな)”の巧妙さだ。例えば、ある食堂から出た後、「いかがでしたか?」と感想を求めるメッセージが届いた。頼みもしないのに、近くにどんな店があるかを知らせてくることもある。

    2
    続き

    教育再生へ「未来への投資」を

    麗澤大学大学院特任教授 高橋 史朗

    1
    続き

    一般社団法人「ReRoots」の新たな挑戦

     東日本大震災による津波で、農業とコミュニティーが壊滅的な被害を受けた仙台市若林区を拠点に、一般社団法人ReRoots(リルーツ、代表理事=広瀬剛史)が大学生たちを中心に農園の運営、農産物の移動販売、マルシェ(公開市場)出店、農業体験を軸としたツーリズム事業など、多岐にわたる活動を行い、新たな形の復興に挑戦している。(市原幸彦)

     ReRootsは、震災後、広瀬さん(45歳)によって組織された市内に住む学生のボランティア団体が母体になっている。平成24年から一般社団法人として活動している。メンバーは約80人。「道路や家屋、農地などの復旧は進んだが、復興には、まだまだ課題があります。農業後継者の不足、農村文化やコミュニティーの衰退、過疎・高齢化です」と広瀬さん。

    0
    続き

    ICT活用でいじめ予防

     AI(人工知能)といったICT(情報通信技術)活用で効率的な知識習得や個別最適化の学びが実現することから、海外では学校に1人1台、ICT活用が進んでいる。

     ところが、日本は5、6人に1台、遅々として進まない。11月初め、都内で開催された「Edvation x Summit 2019」では、公教育のICT活用が大きなテーマとなった。今回、幾つかのセッションに参加する中で、ICT活用の効果は学力や学びの質の向上にとどまらないということが分かった。

    0
    続き

    能楽師が指導、「土蜘蛛」に取り組む「鎌倉こども能」

     神奈川県鎌倉市では次代を担う子供たちに、ユネスコの世界無形文化遺産に登録されている伝統芸能の能楽を通して、日本古来の行儀や作法を学んでもらおうと、昨年度から「鎌倉こども能」事業をスタートさせた。一流の能楽師の指導の下、能「土蜘蛛(つちぐも)」を稽古し、今年3月には保護者や市民を前に練習成果を披露する発表会を開いた。引き続き今年度も12人の子供たちが、来春の本番を目指して練習に励んでいる。(日下一彦)

     「鎌倉こども能」は市内在住・在学の小学4年生から中学生が対象で、昨年度は11人(定員は15人)が、平日の夕方から夜間にかけて、夏休みと冬休みを含めて、本番まで合わせて20回余り稽古を積んだ。今年度も同程度の稽古が予定されている。

    0
    続き

    読書によって育つもの

     今月9日に行われた「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」で、女優の芦田愛菜さんの祝辞が話題になった。中学生とは思えない品のある言葉を選んだ祝辞だったからだ。

     芦田さんは、天皇陛下が松尾芭蕉の『奥の細道』を読まれたことをきっかけに水の研究の道に進まれたことから、自分も大好きな読書を通じて知識を得て、その知識を踏まえて行動に移すことが大切だと考えるようになったと述べている。

    1
    続き

    児童虐待防止月間 若者に健全な結婚観を

     11月は厚生労働省が定めた「児童虐待防止推進月間」だ。今年度の標語公募で最優秀作品に選ばれたのは「189(いちはやく) ちいさな命に 待ったなし」。

     児童相談所(児相)の全国共通3桁ダイヤルを入れながら、心ない大人による虐待から無垢(むく)な命を救うためには早期対応が重要であることを訴えた見事な標語だ。何より、このダイヤルが鳴らなくなることが一番の願いだが、現実は辛(つら)い事件が絶えない。

    1
    続き

    農業生産工程管理の国際認証を取得し農業展開

     人口減少が進む地方にとって、地域づくりのための人材養成は急務となっている。そうした中で北海道教育委員会は昨年度より「北海道ふるさと・みらい創生推進事業」に取り組んでいる。地域の課題を見つけ、解決のための方策を探しながら地域創生に取り組む高校生を支援する事業で、このほど全道の高校生が札幌に集まり、各校の取り組みを発表する「全道フォーラム」が開催された。(札幌支局・湯朝 肇)

     「GAP(農業生産工程管理)の国際認証取得に向けて取り組むことで、農産物の安全性やリスク管理に対する意識が非常に変わりました」こう語るのは岩見沢農業高校3年の大塚悠生君。10月31日、札幌市内で開かれた北海道教育委員会(以下、道教委)主催の「北海道ふるさと・みらい創生推進事業『全道フォーラム』」で大塚君は、昨年11月に取得したグローバルGAPと呼ばれる国際水準の認証取得までの経緯や今後の展開などについて説明した。

    0
    続き

    人里に進出する野生動物

     犬とサルと雉(きじ)。童話『桃太郎』に出てくる動物たちだ。犬を除けば、今は動物園でしか見掛けないが、昔はもっと人里近くでよく目にしたのだろう……。ところがどっこい、最近、そんな考えは一変した。

     先月、四国の故郷に帰省して、親戚や知人に話を聞くと、今は少し車で山奥に入るとサルや雉をよく見掛けるのだそうだ。もう半世紀以上も前となった筆者が子供の頃、サルや雉は近くの山で見掛けたことがなかったので、これは驚きだった。

    1
    続き