■連載一覧
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/11/04
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 教育 rss

    児童虐待防止月間 若者に健全な結婚観を

     11月は厚生労働省が定めた「児童虐待防止推進月間」だ。今年度の標語公募で最優秀作品に選ばれたのは「189(いちはやく) ちいさな命に 待ったなし」。

     児童相談所(児相)の全国共通3桁ダイヤルを入れながら、心ない大人による虐待から無垢(むく)な命を救うためには早期対応が重要であることを訴えた見事な標語だ。何より、このダイヤルが鳴らなくなることが一番の願いだが、現実は辛(つら)い事件が絶えない。

    0
    続き

    農業生産工程管理の国際認証を取得し農業展開

     人口減少が進む地方にとって、地域づくりのための人材養成は急務となっている。そうした中で北海道教育委員会は昨年度より「北海道ふるさと・みらい創生推進事業」に取り組んでいる。地域の課題を見つけ、解決のための方策を探しながら地域創生に取り組む高校生を支援する事業で、このほど全道の高校生が札幌に集まり、各校の取り組みを発表する「全道フォーラム」が開催された。(札幌支局・湯朝 肇)

     「GAP(農業生産工程管理)の国際認証取得に向けて取り組むことで、農産物の安全性やリスク管理に対する意識が非常に変わりました」こう語るのは岩見沢農業高校3年の大塚悠生君。10月31日、札幌市内で開かれた北海道教育委員会(以下、道教委)主催の「北海道ふるさと・みらい創生推進事業『全道フォーラム』」で大塚君は、昨年11月に取得したグローバルGAPと呼ばれる国際水準の認証取得までの経緯や今後の展開などについて説明した。

    0
    続き

    人里に進出する野生動物

     犬とサルと雉(きじ)。童話『桃太郎』に出てくる動物たちだ。犬を除けば、今は動物園でしか見掛けないが、昔はもっと人里近くでよく目にしたのだろう……。ところがどっこい、最近、そんな考えは一変した。

     先月、四国の故郷に帰省して、親戚や知人に話を聞くと、今は少し車で山奥に入るとサルや雉をよく見掛けるのだそうだ。もう半世紀以上も前となった筆者が子供の頃、サルや雉は近くの山で見掛けたことがなかったので、これは驚きだった。

    1
    続き

    NPO主催の「こどもアートLab」同行記

     既成概念にとらわれず、さまざまな「つくること」にチャレンジしてほしいと、秋田公立美術大学の教員や卒業生を講師(リーダー)に、小学生を対象としたアートワークショップ「こどもアートLab(ラブ)」が8月からスタートした。毎月1回の開催予定で、NPO法人アーツセンターあきた主催。2回目の9月28日に開かれたワークショップに記者も同行した。(伊藤志郎)

     集合場所となった秋田公立美術大学サテライトセンターは、秋田駅西口から徒歩3分のフォンテAKITAの6階にある。大学の広報拠点として、公開講座や授業成果展などを開催する一方、デッサンスクールなども行っている。

    0
    続き

    ストレス多い教育現場 コミュニケーション能力を磨こう

    《 記 者 の 視 点 》

     神戸市須磨区の小学校で、教員による同僚教員への“いじめ”事件はマスコミで大きく取り上げられ、同学校に通う児童にも精神的ダメージを与える、大変痛ましいものとなった。「“いじめ”という段階ではなく、傷害罪だ」「教師という以前に人間としての問題だ」「あきれてものも言えない」「教員免許の取り消しだ」教育関係者だけでなく、さまざまな人が意見を述べている。

    1
    続き

    発達障害って何?

     今月1日の朝、ラジオのスイッチを入れたらNHKで、昭和大学医学部教授の岩波明さんが大人の「発達障害」について解説していた。「この中で、一つでも心当たりのある項目があるようだったらADHD(注意欠如多動性障害)の可能性がある」というので、興味が湧いた。その項目というのは次の六つだ。

     ①集中力を持続させることが難しい②ケアレスミスが多い③片付けが苦手で忘れ物が多い④貧乏ゆすりなど目的のない動きをする⑤感情が不安定になりやすい⑥おしゃべりや不用意な発言が多い――。

    3
    続き

    福島県で小中高生対象に「ジャーナリストスクール」

     福島県では、東日本大震災後の平成25年度から、県内の小学生、中学生、高校生を対象とした体験学習「ジャーナリストスクール」事業を行っている。県、ふくしまの学び実行委員会が主催し、地元紙などが特別協力。毎年、小学5年生から高校2年生までの約30人が参加し、復興の動きを取材し、発信している。(市原幸彦)

     同事業は震災・原発災の経験・教訓、復興状況伝承事業の一環。県内で、復旧・復興に活躍している個人、団体に対し取材し、新聞にまとめ発信することにより、自分たちの住む「ふくしま」の良さを知るとともに、自分の将来の夢や希望を深く考える機会を与えることを目的としている。

    2
    続き

    混乱続く英語4技能試験

     2020年度実施の大学入試共通テストから導入される英語4技能(読む・聞く・書く・話す)の民間試験をめぐって、教育現場の混乱が収まらない。

     文部科学省の10月の最終集計によると、英語民間試験を合否判定などに利用するのは大学全体の6割。東北大や北海道大や慶應など、4割は利用しないことになった。利用する大学の中には学部ごとに対応が異なっていたり、民間試験への大学側の対応は受験生から見ると複雑極まりない。その上、会場や日程も不明瞭では受験生や教育現場の不安が募るのは当然だろう。これらは英語民間試験の実施に関わる問題だが、そもそも目的が異なる民間の英語試験を大学入試に活用することに無理がある。

    4
    続き

    小4児童が入学前の園児に動物の可愛さ伝える

     子供の成長を育むことを目指す全国学校飼育動物研究会の21回目の大会が東京都文京区の東京大学弥生講堂で行われた。

    0
    続き

    神戸東須磨小教員間のいじめを「学校崩壊」の危機と警鐘鳴らすポスト

     神戸市の市立東須磨小学校の教員らの同僚に対する度を超えた嫌がらせを地元新聞が報じ、各週刊誌が後追いしている。

     40代ベテランの女教師Aが30代・中堅の男性教師3人を引き連れて、20代半ばの男性教師Xに職員室内外で執拗(しつよう)にいじめを繰り返していた。AがXに激辛カレーを無理やり食べさせ大笑いしている動画が流出して、教育委員会など地元の教育機関が無視できず実態調査を始めた。

    4
    続き

    大麻汚染低年齢化、乱用防止教育を充実させよ

     「大麻汚染」が未成年者の間に広がっている。「うちの子に限って」と楽観している保護者が多いだろうが、今の中高生はスマートフォンの普及で売買情報に簡単にアクセスでき、その影響が大きい。学校で乱用防止教育を充実させるとともに、保護者も薬物に関する正しい知識を持ち、家庭で子供たちにその危険性を伝える努力が必要だ。

     ネットで売買情報に

    2
    続き

    金沢の神社「御朱印ツアー」で外国人と交流

     金沢を訪れる外国人観光客に、神社参拝の作法を知ってもらい、日本の伝統文化に触れる機会を持ってほしいと、金沢星稜大学女子短期大学部の学生5人が「おもてなし小娘」を結成。今月14日、「金沢の神社にて御朱印集めツアー」を企画し、フェイスブックなどで参加を呼び掛けたところ14人が参加し、交流を深めた。ツアーを通して、学生たちは改めて語学の大切さを痛感することができ、同時に日本文化を見直す機会にもなった。(日下一彦)

     同企画に取り組んだのは2年生5人。金沢を代表する観光名所の兼六園を訪れる外国人は約43万人(18年、石川県の統計)をターゲットに、金沢駅やゲストハウス、フェイスブックでイベントを周知したところ、フランス人やドイツ人、イギリス人、インド人、ベトナム人など14人が応募してきた。年齢は20歳代から30歳代後半で、男性6人女性8人だった。国特別名勝の兼六園周辺に鎮座する金澤神社と尾山神社、石浦神社、護国神社の4カ所を参拝した。

    0
    続き

    神戸市小学校教諭間のいじめ問題に、批判殺到で大炎上

     ここ数日、教諭間のいじめ問題が世間を騒がせています。兵庫県神戸市の東須磨小学校で、4人の教諭が中心となって他の教諭を「いじめていた」という耳を疑う報道に驚きました。校長の会見や、被害教諭の証言、加害教諭の謝罪文などが公開されました。聞くに堪えないいじめの内容や、保身しか考えていない校長や加害教諭に対しての批判が高まっています。

    子供のいじめより陰湿でオープンな大人のいじめ

    9
    続き

    “チーム学校”として対処を

     文部科学省が2018年に全国の小中高校で起きた、いじめや不登校などの問題行動・不登校調査を発表した。いじめの報告は前年度から約13万件増え、過去最高の54万3933件に達した。いじめ問題に焦点が当たりがちだが、自殺した小中学生・高校生が332人もいて、3年連続で増加しているという。

     「活(い)きていくのが嫌」と発言したり、自傷行為に走ることは、自殺の前触れであり、子供たちからのSOSだと、大人は認識しなければならない。思春期を迎えるとホルモンのバランスが崩れ、衝動的な行動を起こしやすくなる。学校や家庭でのネガティブな情報・体験を減らし、昇華させてあげることを教師だけでなく、大人たちは考えないといけない。

    1
    続き

    鳥・哺乳類の動物飼育は家庭や地域ぐるみで

    大手前大学現代社会学部准教授の中島由佳氏

    0
    続き

    いじめ最多54万件、教師に見守り育む余裕を

     学校現場で「いじめ解消」を謳(うた)い文句に取り組んでいるにもかかわらず、「いじめ問題」は無くなる気配が無い。

     文部科学省が2018年度に全国の小中高校で起きた、いじめや不登校などの調査結果を発表した。いじめの報告は前年度から約13万件増え、過去最高の54万3933件に達した。

    休憩もほとんど無い状態

    0
    続き

    教諭いじめ、子供を指導する資格はない

     神戸市立東須磨小学校で、20代の男性教諭が先輩の教諭4人から暴力などのいじめを受けていた。学校で児童や生徒によるいじめ問題が深刻化する中、本来であれば防止する立場の教員が同僚にいじめを行っていた。このような教員に子供を指導する資格はない。

    加害者は「悪ふざけ」

    8
    続き

    北海道の高校生が地元食材で独自の商品開発

     少子高齢社会で人口減少が叫ばれる中、地域の人材育成が急務となっている。そうした中で実践力・即戦力を育成する職業高校への関心は高い。札幌市内でこのほど、全道の商業に関わる学科で学ぶ高校の生徒たちが集まり、それぞれの学校が地元の企業と開発した商品を紹介し販売する「北海道高等学校商業教育フェア」が開催された。(札幌支局・湯朝 肇)

     「それでは参加校の生徒の皆さん、あいさつの練習をしましょう。お辞儀は背筋を伸ばし、30度の角度で上体を倒します。手の位置は体の前で手を組み、おへその下あたりに軽く置いてお辞儀をします」――9月13日と14日の2日間、札幌市内のスーパーで「北海道高等学校商業教育フェア」(主催、北海道高等学校長協会商業部会)が開かれた。

    0
    続き

    オンドルと豆炭あんか

     10月になり朝夕は涼しくなったものの、昼間はとても秋とは思えない30度超えの暑さが続いていたが一昨日から急に気温が下がり、昨朝は晩秋のような肌寒さまで感じるようになった。朝夕が肌寒くなると、わが家に登場するのが電気敷毛布だ。韓国で長く過ごしたため、家族皆がオンドル(韓国式の床暖房)の部屋で寝ることに慣れてしまったためだ。

     ソウル市内でも気温がマイナス10度くらいまで下がることはざらだったが、オンドルが利いた部屋で、窓を閉め切っていると半袖でも過ごせるくらい温かい。エアコンの暖房は、むしろ、つけない方がいい。空気がからっと涼しくて、気持ちいいからだ。最近はベッドで寝る人が増えているが、薄い敷布団と掛け布団で温かいオンドルの床に寝ることに慣れてしまうと、日本でいくら暖かそうな毛布を敷いても、それだけでは物足りなく感じてしまう。やっぱり、下から温かさが押し上げてくるような感触が欲しくなってしまうのだ。

    0
    続き

    自然との関わり学ぶ学校動物飼育が命への責任感を育む

    白梅学園大学子ども学部名誉教授の無藤隆氏

     かわいいと感じる動物を継続的に世話し、育てることを通して、命の大切さ、世話をする喜び、仲間との交流、子供の成長を育むことを目指す全国学校飼育動物研究会の21回目の大会が東京都文京区の東京大学弥生講堂で行われた。白梅学園大学子ども学部名誉教授の無藤隆氏は「生態学的あり方としての自然における学校動物飼育」と題して、動植物と人間の相互関係、学校動物飼育のあり方について特別講演を行った。

    0
    続き

    米国人留学生増やす仕組み構築を

    エルドリッヂ研究所代表、政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ

     日本の大学にはさまざまな課題がある。その一つは、極めて深刻な問題である、定員割れだ。最も影響しているのは私立大学だ。

     現在の日本の大学数は、短期大学を除くと787校である。日本私立学校振興・共催事業団の「平成30年度私立大学・短期大学等入学志願動向」の調査結果によると、現在、210校の私立大学が定員割れをしている。

    3
    続き

    主体的学び、子供の資質・能力の見取りを

     2012年8月の中央教育審議会答申では、児童・生徒が能動的に学ぶことによって「認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力の育成を図る」として「アクティブ・ラーニング(AL)」という言葉が登場した。  カタカナ言葉が独り歩きし、教育の現場で「分かりにくい」「具体的にどうすれば良いのか」という声が挙がった。現在では「主体的・対話的で深い学び」と言われている。

    問われる先生の力量

    2
    続き

    「日本の子どもの眠りがあぶない!」

     9月3日の「すいみんの日」にちなんで「日本の子どもの眠りがあぶない!」と題した市民公開講座が江戸川大学と柏市の共催で千葉県柏市のアミュゼ柏で開かれた。睡眠不足による子供への弊害、改善への“処方箋”について来場者と共に学んだ。公開講座の最後に講演者らによるパネルディスカッションが行われた。(太田和宏)

    江戸川大教授の福田一彦氏

    0
    続き