■連載一覧
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2018/1/18
  • 2018/1/04
  • 2017/12/21
  • 2017/10/25
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 教育 rss

    最優先すべき待機児童解消

    弁護士 秋山 昭八

     日本の女性就業率(15歳以上)は、最近急激に増加したとはいえ、いまだ5割弱で、主要7カ国(G7)でイタリア、フランスに次いで低い。一方、男性就業率(同)は7割弱でG7で首位を占めている。

     政府は人口が減少する中、労働力として女性の活用を進めたい意向で、働きやすい法制度や託児所の充実に加え、職場復帰へのハードルを下げる多様な取り組みが求められている。

    0
    続き

    「常に学び、価値ある教師」を目指す

     人口減少に伴って今、教育界が変わろうとしている。これまで閉鎖的だといわれた学校は「より開かれた学校」を合言葉に地域や家庭と積極的に関わろうとしている。一方、地域社会もまた、学校を街づくりの拠点として捉え、実りある連携を探っている。こうした中で北海道師範塾「教師の道」(塾頭・吉田洋一氏)は、教師のあるべき姿、教育の質向上を目指し、毎年定期講座を開催している。(札幌支局・湯朝 肇)

    0
    続き

    ビタミンC不足は老化を加速

    老化制御研究チーム研究部長 石神昭人氏

     老年学・老年医学公開講座(主催・東京都健康長寿医療センター)が、東京都北区王子の北とぴあ さくらホールでこのほど開かれた。東京都健康長寿医療センター研究所老化制御研究チーム研究部長の石神昭人氏が「ビタミンCの不足は老化を加速」と題して公演した。

    0
    続き

    運動器症候群予防にビタミンK

    東京都健康長寿医療センター研究所 井上聡氏

     老年学・老年医学公開講座(主催・東京都健康長寿医療センター)が、東京都北区王子の北とぴあ さくらホールでこのほど開かれた。「ビタミンKとロコモティブ症候群」と題して東京都健康長寿医療センター研究所老化制御研究チーム研究部長の井上聡氏が語った。

    0
    続き

    金沢ふるさと偉人館で自画像展「自分を見つめ、自分を描く」

     水彩絵具やクレヨン、鉛筆、版画、さらにパソコンを使って描いた顔、顔、顔……。金沢市の金沢ふるさと偉人館で開催中の「自画像展-自分を見つめ、自分を描く-」だ。今回で10回を数え、館内には全作品が展示されている。どれも力作ぞろいだ。自分の顔をじっくりと眺めて、それを描くことはほとんどない。それだけに、自分自身を見つめるきっかけにもなっているようだ。(日下一彦)

    0
    続き

    阪大入試ミス、外部の指摘に迅速な対応を

     大阪大学が昨年2月に実施した入学試験の物理で、出題と採点のミスによって誤って30人を不合格にしていた。

     このほか、在籍中の学生9人が第1志望の学科で不合格になっていた。阪大は30人を追加合格とし、希望者の入学や転学科を認めて授業料などの補償や慰謝料の支払いなどを行うとしているが、受験生を混乱させた責任は重い。

     誤って30人を不合格に

    1
    続き

    東大一直線はもう古い!?医学部志向や海外志向が急増する理由とは!?

    こんな記事を見つけたので、コメント。

    受験生の医学部・海外志向が急増する理由とは

    学校や塾の本音

     僕が現役の頃(15年前!?)も人気はあったけど、今はそれと比較にならないくらいになりました。

     当時は東大理Ⅰには入れれば医学部もイケるっぽい雰囲気がありましたが、もっと難しいと言って良いでしょう。

     理系のトップクラスは軒並み医学部志望になって、学校や塾は悲鳴。

    11
    続き

    幼児教育無償化の課題 親の子育て力も高めよ

     政府は昨年12月8日、「人づくり革命」と「生産性革命」を実現するための2兆円規模の政策パッケージを閣議決定した。「人づくり革命」として幼児教育では、2020年度までに3~5歳児の幼稚園、認可保育園、認定こども園の費用を無償化する。0~2歳児は当面は住民税非課税世帯を対象とし、認可外の対象範囲については先送りとなった。

     財源の問題はもちろんのこと、「高所得者ほど無償化の恩恵を受ける」「家庭保育を選択した人には恩恵がない」など、不公平感は否めない。無償化で逆に格差が拡大し、さらに保育需要が喚起されるとなれば待機児童解消にも寄与しない。政策的には問題が大きい。

    0
    続き

    道徳教育、子供の本気引き出す授業を

     「道徳の授業って、何なの?」という“そもそも論”を始めると、きりがない。

     答えは簡単ではない。教科書を読んで感想を述べ合ったり、いじめ問題などを“寸劇風”にこしらえ、登場人物の気持ちを探ったり、ということが教育の現場で行われている。それだけで子供たちが自分の意見を持ち、授業を受ける時にワクワクした気持ちになるだろうか。

     4月から小学校で実施

    3
    続き

    「読む楽しさ、調べる喜び」を児童に 東京都荒川区立赤土小が研究発表

     「読む楽しさ、調べる喜び」を味わえる学校図書館利用活動に取り組む、東京都荒川区立赤土小学校は(小島武志校長、1・4年生は2クラス、他各学年3クラス16学級517人)このほど、学校図書館利活用の公開授業・研究発表会を開いた。次期学習指導要領に掲げる「主体的・対話的で深い学び」の実践に向け、小島校長を先頭に教職員が一致団結して取り組んでいる。(太田和宏)

    0
    続き

    進化論の一面的な自然解釈

     平成30年の新しい年が始まった。二十四節気ではまだ、最も寒い時期が始まる小寒(今年は1月5日)を過ぎたところで、春が始まる立春(同2月4日)まで厳寒期が続く。体感的にも春の訪れはまだまだなのに、1月を迎えると不思議と肌を刺すような朝の冷気の中に「新春」を感じてしまう。人の感覚は案外でたらめだ。

     春といえばどんな色を思い浮かべるだろうか。それぞれ暮らした場所の環境にもよるだろうが、筆者の場合はやはり桜の薄いピンクだ。小学校に入学する頃、卒業して中学校に上がる頃、新しい生活の始まりが桜のイメージと重なっているためだろう。

    1
    続き

    ビタミンDで骨粗鬆症を予防

    桜美林大学老年学総合研究所長 鈴木隆雄氏

     老年学・老年医学公開講座(主催・東京都健康長寿医療センター)が、東京都北区王子の北とぴあ さくらホールでこのほど開かれた。身体に必要不可欠なビタミンと健康長寿との結び付きについて「ビタミンDで転倒予防」と題して桜美林大学老年学総合研究所長(大学院教授)の鈴木隆雄氏が語った。

    0
    続き

    福島大学が2019年に食農学類の新設を進める

     福島市内に食農学類(仮称)の2019年度開設を進める国立大学法人福島大学(本部・福島市)では、食料・農業・農村問題へ主体的・創造的に対応できる人材育成に向けた同事業の具体化が進んでいる。20年度に始める現地実習「農学実践型教育プログラム」の実施地域を郡山市、猪苗代(いなわしろ)町など県内7市町村に決めた。(市原幸彦)

    0
    続き

    方言よ、消えるな!

     東北にある筆者の実家には筆者の父、兄夫婦、そしてその長男夫婦と3歳になる娘の4世代が住んでいる。所用で、実家を訪れた時、かわいい盛りの甥(おい)の長女と遊んだが、そのおしゃべりにほとんど訛りがないことに気づいた。標準語なんて、まったくしゃべらなかった筆者の子供時代と大違いだ。

     東京に戻る新幹線を待つ間、駅近くの喫茶店に入った。若い女性店員が見事な標準語をしゃべった。年を追う毎に、故郷の若者から東北弁を聞くことが少なくなっている。

    3
    続き

    エゾシカの肉を有効活用、ピザやワンタン作って試食

     北海道にのみに生息するエゾシカ。高い繁殖力から生息域を拡大し、北海道内ではエゾシカによる農作物や森林などへの被害が相当数報告されている。北海道は個体数の管理を進めているが、被害件数は一向に減る気配がない。その一方でエゾシカ肉は低脂肪で鉄分やたんぱく質が豊富で健康的な食材として知られている。エゾシカの有効活用という視点からNPO法人エゾシカネットはこのほど、エゾシカ肉を使った「子どもシカ肉料理教室」を開催した。(札幌支局・湯朝 肇)

    1
    続き

    死を等閑視してきたツケ?

     先日、本紙12月17日付『ビューポイント』を読んで驚いた。日本人の平均寿命が50歳を超えたのは、なんと第2次大戦直後の1947年になってからで、江戸時代の中期から後期にかけては30歳代、明治になって40歳代になったが昭和の敗戦までは50歳を超えなかったというのだ。

     昨年の平均寿命は男性80・98歳、女性87・14歳で、いずれも過去最高を更新し、男女とも香港に次いで世界2位だが、このような長寿化は戦後急激に進んだということだ。これには食事(栄養補給)や生活環境、特に医療技術の進歩などが大きな役割を果たしたのだろう。

    2
    続き

    日本の大学入試は○×式とも言われる客観式が…

     日本の大学入試は○×式とも言われる客観式が主流だ。採点がしやすく、客観性も高いのだから、これまで行われてきたのも分かる。

     こうした中、2020年度から実施される「大学入学共通テスト」では、国語と数学で記述式が導入される運びだ。受験生は、制限字数内で文章を組み立てなくてはならない。

    1
    続き

    15年間続くチョウの個体識別、地道な活動が道徳の副読本に

     石川県宝達志水町の町立宝達小学校では、渡り鳥のように長い距離を飛ぶチョウのアサギマダラのマーキング活動を続け、個体識別をしている。その活動が来年度から始まる道徳教育で、小学5年生向けの道徳科副読本に紹介されることになった。子供たちは地道な活動が全国に紹介されることに期待を膨らませている。(日下一彦)

    0
    続き

    指導者で子供は変わる

     NHKBS1のドキュメンタリー「奇跡のレッスン」をよく見る。「世界の一流指導者が子どもたちに1週間のレッスンを行い、技術だけでなく心の変化まで呼び起こす」と、番組ホームページは説明する。端的に言えば、指導者によって子供は劇的に変わることを教える番組だ。

     最近見たのは、ラグビーの元日本代表コーチ、エディー・ジョーンズさんが高校生を指導する企画。指導期間は5日間と、いつもより短かったが、最終日に行った格上の大学生チームとの試合で勝ってしまった。ジョーンズさんは、褒める場合も叱咤(しった)する時も言葉が的確。生徒たちは納得してそれを受け入れるから進歩が格段に早い。練習も自ら考えながら、能動的に取り組むようになった。まさに「奇跡のレッスン」である。

    1
    続き

    日本舞踊を通じて「生きる力」を育てる

     日本舞踊を通じて、子供たちの「生きる力」を育むことに情熱を注ぐ高校教師がいる。東京都立高校の家庭科教諭で、藤間流師範の高橋由美子(藤間聖祥)さん(60)=板橋区常盤台在住=だ。子供たちの居場所づくり、地域での異年齢交流を進める一方、日本舞踊や邦楽に触れる機会を増やしたいと、「子どもたちに日本の伝統文化を見せる会」を立ち上げ、活動の幅を広げている。(森田清策)

    2
    続き

    同性婚合法化求めた日本学術会議

     10月の衆議院選挙では主要政党が性的マイノリティー、いわゆるLGBT支援を公約に謳っていた。

     一方、9月には日本学術会議法学委員会の分科会が、「性的マイノリティの権利保障をめざして」と題する提言を公表した。性的マイノリティーの人権保障に関して、性的指向の自由や性自認の尊重、自己決定権の尊重など包括的な法整備を求めている。

    3
    続き

    アパ懸賞論文「低線量率放射線医科学」活用を訴えた東大の稲恭宏博士が最優秀賞

     アパ日本再建財団(元谷外志雄代表理事)が主催する第10回「真の近現代史観」懸賞論文の受賞作品集「誇れる国、日本〔Ⅹ〕」出版発表会が8日、都内の明治記念館で行われ、最優秀賞を受賞した東京大学医学博士の稲(いな)恭宏氏による「日本は低線量率放射線医科学によって復活し人類と地球を救う」が発表された。

    7
    続き