■連載一覧
  • フィンランド100年の児童支援 「ネウボラ」の現場
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 人口減少社会を超えて 第1部・先駆けの地方移住
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 2018/9/18
  • 2018/8/20
  • 2018/8/06
  • 2018/7/18
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 米朝首脳会談の焦点
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/6/07
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 教育 rss

    偉人の教えが道徳心復活のカギ モラロジー研究所が教育者研究会

     公益財団法人モラロジー研究所が主催し、文部科学省、沖縄県教育委員会などが後援したモラロジー教育者研究会がこのほど、沖縄県糸満市で開かれた。モラロジー研究所講師でNPO法人日本教育再興連盟理事を務める野口芳宏氏は、日本人の道徳心の復活の鍵は、偉人の教えを復活させることだと訴えた。また、元校長でモラロジー研究所講師の細川勝紀氏は「道徳心」について講演した。(那覇支局・豊田 剛)

    1
    続き

    英語保育の効果は

     20年前、学童保育と言えば、ちょっと暗いイメージがあった。ところが、先週の土曜日、最寄り駅前に来春オープンするという最先端の学童保育の募集広告を見て、驚いた。充実した習い事が並び、保育と塾がドッキングしたイメージだ。

     学校が終わるとキッズトレーナーの引率で学童保育に移動。そこにはラーニングセンターがあり、キッズトレーナーが英語でコミュニケーションする「あそびとまなびの英語空間」が提供されている。

    0
    続き

    学校で動物を飼う意味とは?

    大田区立田園調布小学校校長・茂呂美恵子氏

     「動物飼育を通して生命を実感させ、情愛豊かな子供を育てたい」という趣旨で行われている全国学校飼育動物研究大会が第20回を迎えた。「学校で動物を飼うことの意味を改めて考える」と題して、このほど東京都文京区の東京大学弥生講堂で大会が行われた。東京都大田区立田園調布小学校校長の茂呂美恵子氏は、動物飼育推進校に指定されている、前任校の大田区立赤松小学校の実践活動について語った。

    0
    続き

    知って、食べて、来てもらおう

     東日本大震災と東京電力福島第1原発事故を受けた福島県に対し、原子力災害に起因する科学的根拠に基づかない風評やいわれのない偏見・差別が今なお残っている。このため、復興庁は3月、放射線に対する正しい知識をまとめた冊子「放射線のホント 知るという復興支援があります」(A5判、30㌻)を作った。(市原幸彦)

    0
    続き

    数学の公式を疑った高校生

     最近、知人から高輝度青色LEDの開発によってノーベル物理学賞を受賞した中村修二カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授の高校時代の話を聞いた。

     四国・愛媛の大洲高校出身の知人は中村教授と同学年で、文系と理系の違いはあるが当時のことをよく知っていた。中村氏は典型的な理系の生徒で、好きな数学と物理の点数は良かったものの、暗記物は苦手で、総合得点ではいつもクラスの下位の方だったそうだ。

    4
    続き

    学校で動物を飼う意味とは?

    新潟県獣医師会会長・宮川 保氏

     「動物飼育を通して生命を実感させ、情愛豊かな子供を育てたい」という趣旨で行われている全国学校飼育動物研究大会が第20回を迎えた。「学校で動物を飼うことの意味を改めて考える」と題して、このほど東京都文京区の東京大学弥生講堂で大会が行われた。獣医師の立場から新潟県獣医師会の宮川保会長は学校で動物を継続的に飼うこと、飼育・管理について来場者と共に考えた。

    0
    続き

    夏休み「宿題代行サービス」を頼る子どもと一緒に苦しめない親達

     夏休みも終わって新学期が始まっていますが、近年の小学生の夏休みの宿題で、教師を困らせていることがあるようです。それが、子どもの宿題や自由研究などを請け負う「宿題代行サービス」。8月末に、文部科学省は、フリマ事業を展開するメルカリ、楽天、ヤフーの3社と宿題代行への今後の対応方針として出品禁止にすることで合意したと発表しました。そもそも宿題は義務教育の学校側が長期間学校に来ない間、前期で学んだことを定着させるために課しているものなので、子ども自身がやらなければ意味がないと親も分かっているはず。それなのに親がお金を払って宿題代行サービスを依頼している現状の背景には、深刻な問題があるようです。

    宿題代行への賛否から、宿題の有無にまで発展する議論

    3
    続き

    就活ルール、廃止すれば学業への影響大

     経団連の中西宏明会長が、2021年春以降入社の学生の採用活動に関し、面接の解禁日などを決めた就職活動ルール(採用選考に関する指針)を廃止する意向を表明した。企業の採用活動、学生生活への影響が大きいだけに波紋が広がっている。

    多くが解禁前に内定

    1
    続き

    再認識される学校図書館の重要性

     スマートフォンやインターネットなどの普及で児童生徒の本離れ、活字離れが進んでいる。その一方で子供たちの読書習慣を育てる学校図書館あるいは公立図書館の役割の大きさが再認識されつつある。もっとも、北海道において教育現場では学校図書の機能が十分果たされていないという指摘もある。北海道教育委員会石狩教育局はこのほど、学校図書の機能充実と課題解決を目指すべく「読書活動活性化フォーラム」を開催した。(札幌支局・湯朝 肇)

    0
    続き

    子供を愛せない母親

     2016年度、児童虐待で77人が亡くなったという。虐待のニュースを耳にするたびに、祖母が生前よく口にしていた言葉を思い出す。

     「自分のお腹(なか)を痛めて産んだ子供を殺すとは、犬畜生にも劣る」

     明治生まれで大家族の中で育った祖母らしく、表現はきつい。しかし、子供のためなら、自分の命を犠牲にすることもいとわないのが母親であるとの思いは、今の時代でも多くの日本人が共有するものだろう。

    1
    続き

    学校で動物を飼う意味とは?

    文部科学省教科調査官・渋谷一典氏

     「動物飼育を通して生命を実感させ、情愛豊かな子供を育てたい」という趣旨で行われている全国学校飼育動物研究大会が第20回を迎えた。「学校で動物を飼うことの意味を改めて考える」と題して、このほど東京都文京区の東京大学弥生講堂で大会が行われた。渋谷一典氏は文部科学省教科調査官の立場から学習指導要領の中での学校飼育動物について、どのように取り組んでいけばよいかについて語った。

    0
    続き

    修身教育とはどのようなものであったのか

    修身教育や道徳教育をするというと、よく反論として挙げられるのが、 「価値観の押しつけはよくない」 という言葉です。 本当でしょうか。 修身や道徳は価値観を「押し付ける」ものなのでしょうか。 そもそも「押し付ける価値観」とはどのようなもののことを指して言っているのでしょうか。

    先に結論を申し上げると、戦前戦中までの修身教育は、生徒たちに価値観の元になる感動を教えるものでした。 つまり修身は「価値観を押し付ける」ものではなくて、「生徒ひとりひとりが自分なりの価値観を形成するための元になる感動を提供し、生徒たちがその感動をわかちあう」ものであったのです。

    1
    続き

    障害児の就職支援に貢献 翁長克さん

     少子化により子供の数が減る中で、身体障害または知的障害を持つ生徒が通う特別支援学校の数は増え続けている。沖縄県は現在、特別支援学校の生徒の就労支援に積極的に取り組んでいるが、そこにはコーディネーターの努力が欠かせない。(那覇支局・豊田 剛)

    2
    続き

    中学入試にジェンダーフリー?

     先日、通勤電車に乗っていて驚いた。進学塾の日能研が、私立中学校の入試問題を紹介している広告を見てだ。

     都内の私立中学の「トイレマークの“?”」という社会の問題だった。国連が定める「持続可能な開発目標(SDGs)」の中の「ジェンダー平等を実現しよう」を示して、「ジェンダーとは、社会的・文化的につくり上げられた性別に対するイメージのことで、このアイコンはその決めつけられたイメージから自由になることを求めています」と説明する。

    8
    続き

    高校生の悩み LINE相談

     東京都は2学期の始まる前、8月25日から9月7日(午後5時から9時まで)にかけて、都立高校生を対象に、学校に行くのがつらい、精神的に不安定など、SNS(会員制交流サイト)による“心の悩み”相談窓口を試行的に開設する。高校生の間で最も使われているLINEを活用し、生徒が抱えている悩みやいじめについて相談の敷居を低くするのが狙い。

     相談期間中は窓口として10回線を設置し、10人のカウンセラーが対応できる体制を取る。都は夏休み前に、都立高校に通う生徒に相談窓口の周知カードを配布。QRコードを使い、LINEの相談窓口特別アカウントを登録、文字によるチャットで相談ができる。

    0
    続き

    中高生は9月1日、小学生は11月30日

     1学期のいじめ、家庭環境の変化などで、18歳以下の通学適齢期の子供の自殺は9月1日が多い(厚生労働省などの調査)と言われてきたが、実は小学生11月30日、中学生と高校生9月1日が最も多いということが、8月7日に行われた自殺総合対策推進センターの調査結果の発表で明らかになった。全国的に同様な傾向があり、学校段階によってこれまでの通例とは違っているという。

     厚生労働省が発表した平成27年度版自殺対策白書(昭和48年度から平成27年度調査)では、18歳以下の自殺数が日別に明らかにされ、9月1日に自殺者数が最多となることが明らかになり、省庁横断的に対策が取られてきた。

    0
    続き

    子供の自殺、命守る取り組みの強化を

     夏休み明け前後は、子供の自殺が多い傾向がある。

     命を守るための取り組みを強める必要がある。

    9月1日は平均の約3倍

     政府の2015年版自殺対策白書によると、1972~2013年に自殺した18歳以下の子供は計1万8048人。多くの学校で2学期が始まる9月1日が計131人と突出しており、平均の約3倍に上る。9月2日と8月31日もそれぞれ計94人、計92人に達した。

    0
    続き

    学生の就活に教員も関与を

    沖縄大学教授 宮城 能彦

     大学生の就職状況は相変わらず好調である。私が所属する大学の4年生も次から次へと内定をもらっている。しかし、手放しで喜べないこともある。それは、優秀で明るく社交性もあり向上心が高い学生ほどなかなか就職が決まらないということだ。

    1
    続き

    スマホから離れて夏休みを楽しもう

    千葉大学大学院教授 木下 勇 氏

     シンポジウム「スマホから離れて、夏休みを楽しもう」がこのほど、東京・本駒込の日本医師会会館大講堂で行われた。千葉大学大学院教授・こども環境学会副会長の木下勇氏は「スマホやゲームの代替となる遊びの提案~ゲーム・スマホよりも、子どもたちがわくわくする体験は?~」と題して、世田谷の羽根木プレーパークを例に、生きる力を育てる場の提供について提案した。

    0
    続き

    学校で児童に伝えたい干潟の感動

     干潟に生息するさまざまな生き物への理解を深め、小学校の授業に生かせる観察セミナー「干潟を体験! 環境と生き物を知る」(葛西臨海水族園主催)が先月26日と27日、葛西海浜公園(東京都江戸川区臨海町)で行われた。同セミナーは自然のフィールドに出る機会の少ない小学校教員が、学校の児童たちに生き物の面白さを紹介できるよう企画されたもので、関東近隣の小学校の教師ら20人余りが参加した。(石井孝秀)

    0
    続き

    学歴より学習歴の時代

     IT技術を教育に応用するさまざまな試みが始まっている。文部科学省が6月に発表した「Society5・0に向けた人材育成」では、スタディー・ログ等を蓄積した学びのポートフォリオの活用を取り上げている。

     どういうことかと言えば、ブロックチェーン技術(=分散型台帳技術)を使って、個人の学習履歴を蓄積し、一元管理する。例えば、学校で一つのカリキュラムを修了すると、それが元帳に蓄積される仕組み。人に教えたり、社会で身に付けたスキルや資格も、自分が学んだ学習成果がネット上のポートフォリオに蓄積されるというわけだ。

    1
    続き

    高校に国際言語文化コースを

    エルドリッヂ研究所所長、政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ

    8
    続き