■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 教育 rss

    生存率を高めるためには「エコー検査」を

    東京都健康長寿医療センター・松川美保氏

     「ここまでわかった!高齢者がんの予防と治療」と題した老年学・老年医学公開講座(東京都健康長寿医療センター主催)が東京・王子の「北とぴあ」で開かれた。同センター内視鏡科・松川美保専門医長は、早期発見が難しく、根治するのが難しい膵癌(すいがん)だが、「早期発見・早期治療」という鉄則は変わらない。「疑いがあれば、まず、エコー検査から始めましょう」と訴えた。

    0
    続き

    台湾でのリンゴ加工品で流通を学ぶ海外研修

     青森県平川市の県立柏木農業高等学校(髙野浩輝校長、生徒380人)では、平成27年度から台湾でのリンゴとリンゴ加工品の流通等を学ぶ目的で海外研修を行っている。その中で同30年から、同校の生徒たちが加工したジャムが、台湾の日本食販売会社で取り扱われるようになった。生徒自らが現地の業者と直接交渉し、取り扱いを実現したもので、全国的にもユニークな取り組みとして注目されている。(市原幸彦)

    1
    続き

    中学生の「1日スマホ60分」は非現実的?

     香川県議会が全国初となる「ネット・ゲーム依存症対策条例(仮称)」の素案を発表した。今月10日、公開されるや否や、中学生は「1日スマホ60分、夜9時まで」といった、制限部分だけが切り取られ、「非現実的で実効性がない」「行政が口出しするのはおかしい」など、批判が議会に向けられた。

     しかし、国立病院機構久里浜医療センターが昨年11月に発表した10代、20代の男女対象の調査では、平日で18・3%、休日で37・8%の若者が3時間以上ゲームに費やしていた。1時間未満の場合は、学業や仕事への悪影響や心身の状態を害することはないが、3時間以上になると体の不調や睡眠障害などの心の問題が起きてもゲームをやり続けるなど、制御できなくなる人が増える。

    2
    続き

    新学習指導要領が本格始動 資質・能力を育む体制づくりを

    《 記 者 の 視 点 》

     今春からいよいよ全国の公立小学校で新学習指導要領が全面実施される。教育って何だろう?との素朴な疑問に、いまだ確たる自信を持って返答する言葉がない。教育担当になった時からの“大きな課題”だ。

     教育とは、ブリタニカ国際大百科事典によると、以下のように書いてある。

    1
    続き

    希望到来、検査や療法が進歩でがんは治る時代に

    東京都健康長寿医療センター・井上聡氏

     「ここまでわかった!高齢者がんの予防と治療」と題した老年学・老年医学公開講座(東京都健康長寿医療センター主催)が東京・王子の「北とぴあ」で開かれた。同センターの老化機構研究部長・井上聡氏は、がんの検査方法、手術・薬物療法・放射線治療などの標準治療の“急速な進歩”をはじめ、免疫療法、分子標的薬での療法が進展し「がんは治る時代になってきた」と患者にとって希望の到来を語った。

    0
    続き

    スポーツ・文化・観光、3庁連携で海外に発信を

     スポーツ、文化、観光の3庁連携による「第4回スポーツ文化ツーリズムシンポジウム」が、このほど石川県金沢市で開かれた。スポーツと文化芸術資源を結び付け、地域ブランドの確立を目指す取り組みで、過去3回は都内で開かれたが、今回は初めて地方で開催された。トークセッションでは、3庁の長官らが外国人の誘致に向けて、取り組みや展望を語った。(日下一彦)

     文化庁の宮田亮平長官、観光庁の田端浩長官、スポーツ庁次長の瀧本寛氏の3氏が登壇し、今夏の東京五輪と来年5月に関西一円で開かれる生涯スポーツ国際大会「ワールドマスターズゲームズ2021関西」を見据えた各庁の取り組みや展望を語った。スポーツ庁の鈴木大地長官はインフルエンザのため欠席し、代わって同庁次長の瀧本氏が出席した。

    0
    続き

    年賀状から考えた家族の意味

     お正月は毎年、年賀状のやりとりをする。最近はメールなどで済ませる人も多いから、差し出す枚数も受け取る枚数も減ったが、年賀状で近況を知る親族や知人がいるから貴重である。

     中に家族写真付きのものが数枚あった。筆者の子供の中学時代の同級生は、春休みにホームステイをする準備中だという。別の知人の年賀状では成長した女の子の写真を見て感慨深かった。

    0
    続き

    伝統否定する厚労省「子育て革命」

    麗澤大学大学院特任教授 高橋 史朗

     「子供の最善の利益」の名の下に、静かな「子育て革命」が厚生労働省のイニシアチブで進められている。背景には、相次ぐ児童虐待死事件やスポーツ界の体罰問題などがある。

     昨年6月に成立した改正児童虐待防止法の4月施行を受けて、厚労省は昨年12月3日、体罰に関する指針案を公表した。パブリックコメントの形で広く国民の意見を集約した上で、3月末までに決定する予定である。

    2
    続き

    「“直す”指導から“育てる”指導への移行」をテーマに

     教師による生徒への体罰や教師同士のいじめが話題になる昨今、あるべき教師の姿を追求し、さらに子供に寄り添う教師を育てることを目的とする民間団体「北海道師範塾」の冬季講座がこのほど札幌で開催された。新人教師の実践発表、ベテラン教師による指導助言など教師の心構えや学級運営といった現場に即したテーマが議論された。(札幌支局・湯朝 肇)

     「3年前に初めて学級担任を担当し、紆余(うよ)曲折を経ながらも今年春に3年生が巣立っていくと思うと感慨深いものがあります」――こう語るのは、北海道函館水産高校で教鞭(きょうべん)を執っている浦崎菜摘さん。今年の1月4、5日の2日間、札幌市内のホテルで開かれた北海道師範塾(会長、吉田洋一元北海道教育長)主催の冬季講座で同教諭は、「“直す”指導から“育てる”指導に移行するための基盤づくり」をテーマにした実践発表を行った。

    0
    続き

    「ここまでわかった! 高齢者がんの予防と治療」

    東京都健康長寿医療センター・北村明彦氏

     「ここまでわかった!高齢者がんの予防と治療」と題した老年学・老年医学公開講座(東京都健康長寿医療センター主催)が東京・王子の「北とぴあ」で開かれた。同センター社会参加と地域保健研究チームの北村明彦部長は、高齢者がかかりやすい「がん」、たばこ、多量飲酒などの危険因子、健康診断、適切な治療とバランスの取れた食事でがんの進行を抑える、継続的な運動で心身の機能を保って生活していただきたいと語った。

    0
    続き

    無計画な便利さを追求した大きな代償

     新年を迎えて大きく変わったのは、地下鉄銀座線渋谷駅のホームが新しくなったことだ。通勤などで頻繁に利用しているが、昨年末の移設工事の時は半蔵門線を代用し、それほど不便を感じなかった。

     ところがM字形のアーチ屋根が目を引く新駅舎の使用が始まった3日、井の頭線から乗り換えようとすると、従前は岡本太郎の大壁画『明日の神話』を右に見ながらエスカレーターで3階に上ればすぐだった改札口への道筋が複雑になり、しかも、JR中央口に向かう階段でJR線利用者と合流するため、通勤時間帯は大変な混雑に巻き込まれるようになった。

    0
    続き

    虐待被害児の養育、施設での生活から家庭中心へ

     改正民法が4月に施行され、特別養子縁組の条件が緩和される。虐待などで実の親と暮らせない子供に、温かい家庭を提供する狙いがある。これを機に、被害を受けた子供との養子縁組を考える夫婦が増えることを期待したい。

    まだ少ない特別養子縁組

    3
    続き

    地方私立大学サバイバル

    札幌学院大学理事長 井上 俊彌氏に聞く

    1
    続き

    高校生らが農業やITのビジネスモデルを提案

     「厄介者のツルヒヨドリの有効利用」「グリーンAIとゲームを組み合わせたサンゴ育成教育システムの開発」など、高校生らは、農業やITの分野で独創的なビジネスモデルを提案した。沖縄県の体験型理科教育の発展と起業家精神の養育を目的とした高校生の研究発表会が、このほど、恩納村の沖縄科学技術大学院大学(OIST)で開催された。(沖縄支局・豊田 剛)

     「厄介者の特定外来生物でも何か使い道があるのではないか」

    2
    続き

    ポツンと山で暮らす喜び、日本人のDNA

     民放テレビ番組「ポツンと一軒家」が人気だ。山の中にある一軒家を訪ね、なぜ不便な山の中に住むのか、住民に暮らしぶりや半生を聞くという、至ってシンプルな番組だが、多くの人が見てしまう理由は分かる気がする。自然に溶け込み、働くことに喜びを見いだして生きる姿が日本人のDNAを刺激するからなのだろう。

     正月早々にやっていた特番を見ながら、両親のことを思った。大正15年生まれの父は70歳近くになってから、近くに民家のない山中に自分で小屋を建て、住み始めた。電気は通したが、水道がないから沢から水を引いた。そこで炭を焼いたり、キノコを栽培したりして暮らしていた。

    2
    続き

    薬物情報ネットで氾濫

    日本薬物対策協会共同代表 樋田 麻由美さんに聞く

     小中学生を中心に薬物の危険性などを訴える講演会を全国各地で開く日本薬物対策協会・共同代表の樋田麻由美さんに、若年層に大麻などの薬物が広がっている問題について聞いた。 (聞き手=佐藤元国)

    薬物乱用における最近の特徴的な傾向は。

    1
    続き

    「プラチナ大賞」最高賞の大賞・総理大臣賞に選出

     弘前大学と青森県、弘前市が共同で進めている「産学官民一体型青森健康イノベーション創出プロジェクト」が11月、日本が目指すべき社会に向けた取り組みを表彰する「プラチナ大賞」最高賞の大賞・総理大臣賞に選ばれた。同事業は近年、全国の大学などと連携した研究や大手企業の大型投資、他の拠点間とのデータ連携も目立つなど、全国や海外から注目されるプロジェクトに成長している。(市原幸彦)

     プラチナ大賞が描く「プラチナ社会」は、環境問題やエネルギーの心配がなく、雇用があり、あらゆる年代の人が生涯を通じて豊かに生き生きと健康で暮らせる社会。全国の首長や企業経営者などで構成する「プラチナ構想ネットワーク」などが主催している。

    1
    続き

    便利な「駆け込み寺」、病児保育の怖さ

     今月13日、横浜市の大規模病児保育施設が約1億円の赤字を抱え、2年で閉鎖した。同施設は子供が急に熱を出しても医者の診断書なしで、朝7時から預かってくれるため、共働きの親には「駆け込み寺」のような存在だったという。

     同施設の運営者の弁によると、「1日の利用が少ない時でも保育士や看護師など一定のスタッフを確保しなければならないため、赤字が膨らんだ」とのこと。

    2
    続き

    「自画像展」、自分自身を見つめるきっかけに

     水彩絵の具やクレヨン、鉛筆、版画、さらにパソコン画、切り絵を使って描いた顔、顔、顔……。金沢市の「金沢ふるさと偉人館」で開催中の「自画像展-自分を見つめ、自分を描く-」だ。今回で12回を数え、館内には全応募作品1563点が展示されている。鏡で自分の顔をじっくりと眺めることはあっても、自身を描くことはほとんどないだろう。それだけに、この作品展は自身を見詰めるきっかけにもなっているようだ。(日下一彦)

     同館1階フロアに置かれた特設パネルには、子供たちが自由な作風で、思い思いに描いた顔がズラリと並んでいる。画材はさまざまで、これだけ個性豊かな顔が並ぶと実に壮観だ。全国的にも珍しい作品展で、最近では福井市や広島県安芸高田市などにも広がってきた。

    0
    続き

    ゲーム障害予防は難しい

     「三つ子の魂 百まで」と言われるように、両親や生活環境、立ち居振る舞いなど、幼少期に培った性格・性分は100歳になっても変わらないということだ。時間に追われる昨今、子供の「なに?」「なぜ?」を聞き取り、分かるように説明する余裕が無いのが実情だ。

     ゲームのやり過ぎで日常生活に支障を来す「ゲーム障害」実態調査の結果、10代と20代の約12%が休日に6時間以上ゲームをしており、プレー時間が長い人ほど、学業・仕事への悪影響や心身の不調を感じ、ゲームをやめられない、など依存傾向にあることが分かった。世界保健機関(WHO)がゲーム障害を依存症と認定したことを受け、厚生労働省の補助事業として国立病院機構久里浜医療センターが実態調査、11月27日に結果を公表した。

    2
    続き

    中学1年生対象に「地域企業ガイダンス」

     地元企業との出合いを通して将来の職業や働き方の意義を考えてほしいと、秋田県では中学1年生向けに「地域企業ガイダンス」を3年前から開いている。このほど秋田市の外旭川(そとあさひかわ)中学校で開かれたガイダンスには1年生82人と地元企業16社が参加。6~7人のグループに分かれ、生徒はそれぞれ3社から説明を聞いて回った。秋田地域振興局とハローワーク(公共職業安定所)の共催。(伊藤志郎)

     参加した企業は、自動車販売、学習塾、建設業、公務員(秋田県警)、美容、リネンサプライ、飲食・ブライダル、製造業、木材製造、医療・福祉、リサイクル業と多方面にわたる。会場は学級の教室、音楽室、美術室、体育館で、生徒は順次、指定された教室に向かった。

    0
    続き

    増え続ける「いじめ」の病理現象

    メンタルヘルスカウンセラー 根本 和雄

    2
    続き

    小・中・特別支援学校が農業活動の記録を発表

     「たくさんの努力があって、おいしいお米や野菜ができることに気付いた」「花を植えることで地域の人たちを笑顔にしたい」「将来の仕事に、やりがいのある農業を考え始めた」――。このほど大館市の種苗交換会で発表された第37回秋田県学校農園展での感想文の一コマである。(伊藤志郎)

     秋田県では学校農園を営んでいる小中学校が多い。同展には、中学校1校、小学校16校、特別支援学校6校の計23校が活動記録を発表した。1枚の大きな用紙に、苗植えや除草、収穫、加工・販売を楽しんでいる子供たちの姿が、写真や観察記録、文字や絵などで分かりやすくまとめられている。いずれも、農業を自分のこととして捉え、農業に携わる人への感謝の思いや地域とのつながりが感想文の随所に見られた。

    0
    続き