■連載一覧
  • 人口減少社会を超えて 第1部・先駆けの地方移住
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米朝“宴の後”で 非核化・拉致問題の行方
  • 米朝首脳会談の焦点
  • 2018/8/06
  • 2018/7/18
  • 2018/6/14
  • 2018/6/07
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 教育 rss

    高校に国際言語文化コースを

    エルドリッヂ研究所所長、政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ

    8
    続き

    地元の絹産業を学び表現 山形・鶴岡中央高「シルクガールズ・コレクション」

     「鶴岡シルクの良さをもっと知って」――と、山形県立鶴岡中央高等学校(伊藤吉樹校長)は、同市の絹産業の歴史と伝統を理解することを目的に、自ら考案したデザインでドレスを製作、発表する「シルクガールズプロジェクト」を進めている。絹産業の再興を目指す同市の「シルクタウン・プロジェクト」(平成21年始動)の顔として、地域に新しい活力をもたらしている。生徒たちには古里の産業を伝える自覚と責任が芽生えている。(市原幸彦)

    0
    続き

    スマホから離れて夏休みを楽しもう

    松本市立菅野中学校長 松島恒志氏

     シンポジウム「スマホから離れて、夏休みを楽しもう」がこのほど、東京・本駒込の日本医師会会館大講堂で行われた。松本市立菅野中学校長・子どもとメディア信州代表の松島恒志氏は「子どもと電子メディア 園児・小中学生の実態~切実に悩む小中学生・園児の保護者はたくさんいるのです~」と題して学校での現状とその対策を概説した。

    0
    続き

    遠くから思う故郷の夕暮れ

     数日前の朝、自宅の近くで赤とんぼを1匹見つけた。先月の猛暑が2度の台風接近で少し和らぎ、立秋(7日)を過ぎたので暦の上ではもう秋だ。この蒸し暑さももう少し我慢すれば、空気が心地よい本格的な秋がやって来る。

     「夕焼け小焼けの赤とんぼ…」。赤とんぼがわんさか飛び交う中でだんだん日が落ちていく。そんな思い出は故郷の夕暮れと結び付いている。もう一つ、故郷の夕暮れで忘れられないのが『夕焼けとんび』の歌だ。

    0
    続き

    降ればどしゃ降り

    一昨日は塾のイベントで、中1・2生は5時間勉強する “5 Hours”、中3生は10時間の “10 Hours” が催されました。 中3生は朝9時から昼食と夕食をはさんで夜9時まで。中1・2生もよく頑張りました。 2教室の仕切りを取り払って広い空間で生徒たちは壁やホワイトボードなどに向かってひたすら5教科の問題に取り組み、解き終わると講師のところに答案用紙を持って行って、採点・間違ったところは解説を受け、合格するまで再テストという流れ。

    1
    続き

    札幌市で「T-1グランプリ」を開催

     お茶といえばペットボトルで売られるものが珍しくなくなっている昨今、家庭でお茶を入れる文化が薄くなっている。茶の作法は日本文化の根底にある「おもてなし」を体現しているといわれるが、そんなお茶の良さを子供の頃から知ってもらおうと「T-1グランプリin札幌」(主催、同実行委員会)がこのほど札幌市内で開催された。市内の小学校から参加した90人余りが筆記試験や実技を通して競い合い、“日本茶博士”を目指した。(札幌支局・湯朝 肇)

    0
    続き

    スマホから離れて夏休みを楽しもう

    NPO法人子どもとメディア常務理事 古野陽一氏

     シンポジウム「スマホから離れて、夏休みを楽しもう」がこのほど、東京・本駒込の日本医師会会館大講堂で行われた。「大人は知らない?!子どもたちに見えるスマホ社会の風景」と題して、NPO法人子どもとメディア常務理事の古野陽一氏はメディア漬けの子供に、どのように対応していけばよいのかについて語った。

    0
    続き

    “問題児”の可能性

     米国映画『15時17分、パリ行き』をDVDで見た。監督のクリント・イーストウッドがフランスの高速鉄道内で実際に起きたテロ事件を題材に、犯人を取り押さえた米国人の若者3人を、本人役に起用して話題になった映画だ。

     作品に込められた監督のメッセージについては、鑑賞者それぞれに受け取り方があっていいが、筆者は、冒頭の場面がすべてを物語っていたように思った。主役の3人は中学時代からの友人同士。そのうちのスペンサーとアレクは、同じ小学校で共に問題児。進学を控え、彼らの母親たちがクラスでいじめられていると、学校に相談に行く。

    1
    続き

    2018年夏 河合東大オープン 文系数学第1問の解説

    お久しぶりです!

    しばらく更新をさぼってましたが、絶好調で元気に頑張っております。 さて、東大受験生として非常に大切な、東大模試の季節ですね。 私も問題を入手して早速解きましたので、恒例の解説を書きたいと思います。 今回は、河合オープンの第1問です。 まずは問題から。

    完答できる問題

    1
    続き

    東京医大不正入試の何が問題か!?

     東京医大の入試において女子が点数を減点されていた事件が連日報道されている。TVや新聞などの大衆メディアではありがちなことだが「何が」「どのように」問題なのかが明確にされないまま論評されているので、論点を整理しておきたい。1 男女で合格ラインが異なることは不正か‽

     これだけでは不正とは言えない。高校入試で、男子枠、女子枠を定めて入試を実施している高校が今でも存在する。このような高校は、男子の合格ラインと女子の合格ラインが異なるが、それを不正と非難する声はほとんどない。大学においても、日本最古の薬科大学である東京薬科大学では女子部と男子部が分かれており、合格ラインは女子の方がかなり高い。同じキャンパスで過ごし、選択科目も同じ、4年次からの卒業研究も一緒に行うというのであるから、事実上、東京薬大男子部は男子の入試優遇として機能している。

    6
    続き

    【PTV RADIO:026】危険な世界の「大麻合法化」日本は「ダメ。ゼッタイ。」薬物乱用防止教育の重要性を馬崎奈央さんに聞く

     カナダや米国の一部では「大麻合法化」が進んでいる。1つを許せばなし崩し的に薬物が日常生活に入り込む。薬物防止教育の重要性を馬崎奈央さんに聞いた。 (対談の音声を公開!)

     

     

    ———————————->> 本記事音声(iPhone用アプリで再生)

    Podcast: Play in new window | Download

    0
    続き

    小中高生対象、“本物体験”で会話・討論の訓練

     児童・生徒を対象に、10年後、20年後、ますますグローバル化が進む社会に対応できるグローバル人材に育ってほしいという願いを込めて設立された「TOKYO GLOBAL GATEWAY(TGG)」(東京都江東区青海・「東京都英語村」)では、9月6日のオープンに向け着々と準備が進められている。児童・生徒の案内役となる「エージェント」や「スペシャリスト」と呼ばれる各プログラムの指導者らは英語を母語とする外国人「イングリッシュスピーカー」で、話せる楽しさ、伝える喜びを体験できる。開業初年度には、すでに約400校5万人の予約が殺到している。(太田和宏)

    0
    続き

    幸福感を高める教育

     最近の教育ニュースで筆者が特に印象に残ったのは、「幸福感高める教育が必要」(教育新聞7月23日付)という記事だった。自民党のプロジェクトチームが今月10日、「10年後の教育のあり方」について中間報告をまとめ、林芳正文科相に提出したという。

     文系にも理系にも通じる「文理融合人材」を育成することや、教師力の向上、「世界で活躍する人材」の育成などを、これからの教育課題として提言している。

    2
    続き

    スマホから離れて夏休みを楽しもう

    児童・思春期精神科医 森野百合子氏

     現代の生活にスマートフォンやパソコンのネット利用などICT端末は必要不可欠なものとなっている。一方で、過度な使用による依存症などの障害も多く報告されている。シンポジウム「スマホから離れて、夏休みを楽しもう」がこのほど、東京・本駒込の日本医師会会館大講堂で行われた。児童・思春期医療の立場からスマホやネット・ゲーム依存など健康を害する子供の現状について、東京都立小児総合医療センター児童・思春期精神科医長の森野百合子氏が語った。

    0
    続き

    高等教育無償化の改憲に反対

    弁護士 秋山 昭八

     大学、短大など、高等教育の無償化を新たに憲法に書き加えることには反対である。国の基本理念として、永続的な無償化が必須だという国民的合意が形成されているかについては議論が不十分で、唐突な印象が否めない。

    2
    続き

    西田幾多郎記念哲学館、思考過程たどる貴重な資料

     「善の研究」で知られる世界的な哲学者・西田幾多郎(1870~1945)=石川県かほく市(旧石川県河北郡宇ノ気村)出身=の未発表の資料が見つかり、思考過程をたどる上で今後の解明が注目されている。新たに見つかったのは講義用の直筆ノート50冊をはじめ、大量の考察メモ、リポート類などで、西田の遺族が2015年秋、都内の自宅倉庫を整理した際に見つけた。(日下一彦)

    0
    続き

    本当に大丈夫?その生活習慣 質疑応答

     生活習慣、自分では正しいと思っていたことが、意外と間違っていたりする。東京都健康長寿医療センターの主催で「ストップ!その生活習慣は本当に大丈夫?」と題して第150回老年学・老年医学公開講座がこのほど、練馬文化センターで行われた。講演後の質疑応答でバランスの良い食事、生活習慣病と膵臓(すいぞう)がん、脱水症状と脳梗塞・心筋梗塞などについて語られた。

    0
    続き

    改めて、女子大の存在意義

     お茶の水女子大学が、戸籍上の性別と心の性が異なるトランスジェンダーの学生の受け入れを決めた。この問題では米名門女子大が4年前にトランスジェンダー受け入れを決定している。早晩、日本も同様の判断を求められると思っていたが、想像以上に早いタイミングで事が進んだ。

     2015年、性同一性障害の小学生児童の保護者からの相談がきっかけだが、日本学術会議による提言(『性的マイノリティの権利保障をめざして』)が後押しした。7月10日、記者会見で室伏きみ子学長は、「女子の解釈を拡張し、出願資格を『戸籍または性自認が女子とする』に改める。性自認の具体的な確認方法はこれから検討する」とした。

    0
    続き

    記録的猛暑、学校は子供の命守る配慮を

     今年の夏は記録的な猛暑が続いている。

     18日は岐阜県多治見市で40・7度、同県美濃市で40・6度を観測した。国内で最高気温が40度を超えたのは約5年ぶりだ。この日以外も全国的に非常に厳しい暑さに見舞われている。

    熱中症で小1男児が死亡

    2
    続き

    知識中心の性教育に偏り不適切な情報を流した「あさイチ」性教育特集

     NHKは最近、総合テレビ・Eテレを問わず、早期からの性教育を後押しする姿勢を強めている。性を真面目に考えることには賛同するが、どの番組も知識中心の教育に偏り、性の本質とも言える生命の尊厳を深く考えることにつながっていないのだから、何のための性教育なのか、と首を傾げてしまう。

    1
    続き

    危険な世界の「大麻合法化」日本は「ダメ。ゼッタイ。」薬物乱用防止教育の重要性を馬崎奈央さんに聞く

     カナダや米国の一部では「大麻合法化」が進んでいる。1つを許せばなし崩し的に薬物が日常生活に入り込む。薬物防止教育の重要性を馬崎奈央さんに聞いた。

    パトリオットTV フェイスブックページhttps://www.facebook.com/kokueki/ たくさんの「いいね!」をお願いします!

    3
    続き

    恵まれて不満が多い異常

     少し古い話になるが、戦後の経済界を牽引(けんいん)した松下幸之助氏の著書「崩れゆく日本をどう救うか」を再読した。

     初版は昭和49年12月。

    1
    続き