■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 教育 rss

    福島3市町村と市川市が学校給食で食文化交流

     東京電力福島第1原発事故による風評被害が依然として残る中、千葉県市川市の全ての公立小中学校の給食で、福島県の喜多方市、西会津町、北塩原村の3市町村産のコメの提供が昨年4月から続けられている。福島県産米の品質と安全性が評価され、千葉県市川市産のナシを提供してもらい、食の相互交流を通して、安心して喜んで食べてもらう“輪”が広がっている。(市原幸彦)

     市川市と福島県の3市町村は、災害支援をはじめ多分野において相互に連携・交流を図るため、平成30年9月に相互交流協定を締結している。その中の学校給食食育交流事業は、3市町村と市川市の食育を通した交流の一環で、市川市は、公立小中学校55校で3市町村産のコメを給食に取り入れている。

    0
    続き

    更に高みを目指した授業展開を

     中学校で来年度から使われる教科書の検定結果が公表された。学習指導要領の柱とされる、自ら問題を見つけ、討論などを通じて能動的に学習する「主体的・対話的で深い学び」(アクティブ・ラーニング)を重視している。保守派からは教科書の登場人物や表現が左傾化しているとの批判もあるが、教科書の内容も充実し、ゆとり世代に“削減”された教科書も“回復”している。

     最近の教科書はデジタル時代に対応して、タブレット端末をかざすと、登場人物がコメントを音声で発したり、動画で説明したり、算数や数学の練習問題で、間違えた時、どこが、どういう理由で間違えたか、判断し、その部分を補修してくれる機能が付いている教科書もある。

    0
    続き

    漆芸作家を目指す研修生の力作が並ぶ作品展

     伝統工芸の漆芸を学ぶ石川県立輪島漆芸技術研修所(輪島市)の卒業生による卒業作品展が、このほど金沢市の「しいのき迎賓館」で開かれた。今回で53回を数え、会場の1階ギャラリーAには、高度な技を習得し、作家を目指す研修生のみずみずしい力作が並び、来場者の感動を呼んだ。(日下一彦)

     同研修所は、減少傾向にある重要無形文化財保持者(人間国宝)の高度な漆芸技術の伝承者を養成する施設で、2年制の特別研修課程と3年制の普通研修課程から成る。特別研修課程は基礎から作品作りまでを幅広く学び、未経験者でも入所できる。高校や大学で漆芸に触れた研修生が多い。1年目は漆芸全般を学び、2年目に専門に入る。

    1
    続き

    広がる「赤ちゃん見守り宅配便」

     全国の児童相談所が対応した児童虐待相談件数が前年度より20%増の約16万人に上った。相談件数の増加にどの自治体も対応に苦慮している。

     学校・地域・専門機関の連携が進んでいる自治体では、各機関が把握している子供情報を1枚のスクリーニングシートにまとめ、虐待のリスクの高い子供の早期支援につなげる試みを始めている所もある。

    1
    続き

    脳科学と「教育の不易」

    麗澤大学大学院特任教授 高橋 史朗

     政府の教育再生会議第2次報告は、「国は脳科学などの科学的知見と教育に関する調査研究などを推進し、そこで得られた知見の積極的な普及・啓発を図り、今後の子育て支援に活用する」と明記した。

    2
    続き

    一斉休校 “やる気スイッチ”を探す時

     新型コロナウイルス対策で小中高校の一斉休校が行われ、民間の教育事業者などがインターネット上で学習教材やスポーツ指導、電子書籍などを無料や低価格で提供している。スマートフォンやパソコンの使用時間などのルールを家族で話し合い、これを守るという前提条件付きであれば、ネット上の教材活用は歓迎したい事象である。

    保護者叱責はやる気削ぐ

    2
    続き

    小学生がエゾシカによる農業被害などの事例発表

     北海道内のエゾシカ(推定60万頭)による農産物や樹皮食害などは依然として拡大傾向にある。道は侵入防止柵や忌避剤散布などさまざまな対策を講じているが、エゾシカの生息数は一向に減る気配はない。それで、ジビエブームに乗って、“駆除”されたエゾシカの肉を有効利用することも考えられている。自然の生態系を守ることを目的としたNPO法人エゾシカネットは創立5年を契機に1月12日、子供たちを対象とした自然学習イベントを、札幌市北区民センターで開催、機会あるごとに発表の場を設けている。(札幌支局・湯朝 肇)

     同センターで開かれた設立5周年記念の集いでは、これまでの活動事例として5人の小学生による発表があった。

    0
    続き

    新型コロナの影響で、学校の一斉休校に思う

     新型コロナウイルスの影響で、学校が休校となって2週間。

     わが家では、子供を昼間の数時間だけ民間の子供クラブに通わせている。いつもは学校が終わる夕方に週3~4回通っていたが、突然の休校にも対応してくれて、共働きの家庭にはありがたかった。レクリエーションや物作りなどで子供にも良い気分転換になっている。

    1
    続き

    児童虐待 「親となる基礎」支える社会に

     児童虐待事件の増加が続いている。警察庁によると、昨年1年間に虐待の被害に遭った18歳未満の子供は1991人、生命の危険があるなどとして警察が緊急で保護した子供は5553人を数えた。虐待の疑いで警察が児童相談所(児相)に通告した子供は9万8222人。いずれも過去最多となり、統計を取り始めた2012年以降増え続けている。

    子育て力の劣化は明らか

    5
    続き

    広がるJリーグ「ベガルタ仙台」のエコ活動

     宮城県仙台市をホームタウンとするプロサッカーチーム・ベガルタ仙台は、ごみの分別を通じて減量化に積極的に取り組んできた。他のJリーグチームにとどまらず、プロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルスなど他のスポーツ団体にも影響を与えている。仙台市では一般団体へのエコステーションキットの無料貸し出しを行い、一般のイベントにも拡大。ごみ減量・リサイクルを支援している。ボランティア育成や子供のエコ教育にもつながる。(伊藤志郎)

     ベガルタ仙台のホーム・仙台スタジアム(2003年当時)では、観客が持参した飲食品の包みや容器などをスタジアムで捨て帰る。そのため、1試合で500袋のごみが発生し処理問題が深刻さを増していた。その処理費用は毎回約10万円。ボランティアの労力だけでは処理が追い付かない状態になっていた。

    1
    続き

    非常時のネット情報は要注意、SNSでデマ拡散

     もう2週間以上も前になるが、天皇誕生日の朝、妻は休日なのに早々に朝食を済ませ、8時には近くのドラッグストアに向かった。平日では手に入らないマスクを買うために列に並ぶのだという。

     筆者も急(せ)かされたが、時事番組を見て8時半すぎに自宅を出たら既に長蛇の列。駐車場をはみ出し店舗横の日陰の道路まで伸びた列の最後尾に並んではみたが、案の定、9時の開店間もなくマスクは売り切れ、妻から大目玉を食らってしまった。

    0
    続き

    世界一幸福度が高い日本の女性

    動物行動学者の竹内久美子氏が講演

     日本の女性は差別され、幸せではないのか。動物行動学者でエッセイストの竹内久美子氏はこのほど、沖縄県で講演し、女性の人権を主張するリベラリズムの主張を覆すデータを示しながら、日本人の女性は世界一幸せだと指摘。伝統的な日本の家庭のあり方を変える理由はないと強調した。(沖縄支局・豊田 剛)

    2
    続き

    病床の父の手は人生を語る

     大正15年生まれの父が1月中旬、脳梗塞で倒れた。入院したが、病状は軽く、少しろれつが回らない程度で、退院は時間の問題だろう、と共に暮らす兄が知らせてきた。

     それを聞いて安心していた矢先、再び兄から電話が入った。入院中にまた脳梗塞が起きたという。今度は重く、カテーテル治療で脳の血流は回復したものの、右半身が麻痺(まひ)。回復は難しいという。

    1
    続き

    福島県内で広がる「農福連携」の取り組み

     高齢化で人手不足が深刻化する農業と、障害者の就労支援を進める福祉のニーズが一致し、障害者を農業の現場に派遣する「農福連携」の取り組みが福島県内で広がっている。障害者の生きがいにもつながると注目され全国で広がりを見せているが、今月、全農福島県本部が窓口を開設した。県授産事業振興会が協力し、広域的な推進体制を整える。(市原幸彦)

     須賀川市で農福連携に取り組んでいる(株)(おぬき)農匠(のうしょう)園(小抜吉平代表)では、「障害者と実際に関わってみなければ分からない」と平成29年6月から受け入れを始めた。3人の障害者が週4日、午前10時から午後3時まで働いている。稲刈り、キュウリ畑の設備設置・解体、タマネギやナガネギの種まき・収穫などさまざまな作業を行っている。

    0
    続き

    物議を醸す厚労省が示す体罰の定義

     改正児童福祉法の4月施行を前に、厚生労働省の検討会が体罰防止ガイドラインで示した体罰の定義が物議を醸している。

     ガイドラインでは体罰について「身体に、何らかの苦痛を引き起こし、又は不快感を意図的にもたらす行為(罰)である場合は、どんな軽いものであっても体罰に該当し、法律で禁止される」と説明している。

    3
    続き

    非大卒人材にも社会的な支援を

     中卒や高卒といった非大卒人材に対するキャリア教育事業などを行う一般社団法人スクール・トゥ・ワーク(=所在地:東京都千代田区、代表理事:古屋星斗)は4日、非大卒人材の就職問題についてのセミナーを千代田区立日比谷図書文化館で開いた。(辻本奈緒子)

     登壇した大阪大学の吉川徹教授は「大学無償化や奨学金といった大学生向けの支援が話題だが、中卒・高卒で就職する若者は支援対象となっていない」と指摘。高卒と大卒における賃金格差は、男性に限っても20代では月収3万円程度だが、50代前半では20万円近い差になっているなどのデータを紹介した上で「稼得力の最も低い非大卒女性の賃金が上昇すれば、子供の貧困などの抑止にもつながるのではないか」と訴えた。

    0
    続き

    高校生初の「もったいない大賞」農水大臣賞受賞

     第7回「食品産業もったいない大賞」(公益財団法人食品等流通合理化促進機構)の農林水産大臣賞を、石川県の県立翠星(すいせい)高校(白山市)食品科学研究会が受賞した。高校生の受賞は初めてで、居並ぶ大手企業を抑えての快挙だった。卒業した先輩たちの跡を地道に受け継ぎ、9年間かけて取り組んできた「廃棄果皮0(ゼロ)システム」の構築と普及が高く評価された。(日下一彦)

     このシステムは、かんきつ類の柚子(ゆず)についての取り組みで、通常果汁を搾った後の果皮は捨てられている。それをピール煮(砂糖煮)に加工し、お菓子の材料にしたり、アロマオイルを抽出・商品化することで付加価値を生み出した。さらに抽出後の残った果皮を炭にして畑に還元することで、循環型農業の実現につなげた。しかも、ピール煮製造やアロマオイル抽出を障がい者就労施設に委託することで、その支援も可能にしている。

    1
    続き

    道徳の教科化から小学校で2年、中学校で1年

     道徳が教科化され「特別の教科道徳」となって間もなく小学校で2年、中学校で1年になる。

     筆者の子供が中学を卒業した後に始まったため、授業参観の機会はなかったが、現職の教師から道徳授業について話を聞くことがある。まだ試行錯誤している教師も多いようだ。先日聞いた教師は、学習指導要領に示された「内容項目の四つの視点」のうち特に「主として生命や自然、崇高なものとの関わりに関すること」を意識して教えているということだった(他の三つは「主として自分自身に関すること」「主として人との関わりに関すること」「主として集団や社会との関わりに関すること」)。

    0
    続き

    北海道らしい特色ある教育の研究実践を展開

     世界的に積雪の多い都市として知られる札幌市。その雪をテーマとした授業を教育カリキュラムに入れることで北海道の特色ある教育を展開しようと長年、研究実践している北海道雪プロジェクト(代表、高橋庸哉・北海道教育大学札幌校教授)はこのほど、札幌市内の小学校で雪をテーマにした公開授業を行った。(札幌支局・湯朝 肇)

     「緯度が札幌より北にあるハバロフスクよりも札幌の方が降水(雪)量は多い。それはなぜか。きょうは皆でその原因を考えてみよう」――1月24日、札幌市北区にある市立新琴似緑小学校の5年生のクラスを受け持つ担任の渡邉浩考教諭が生徒たちにこう語って理科の授業を始めた。渡邉先生は前もって準備した極東アジアの地図、札幌とハバロフスク両市内の街並みや1年間の気温と降水量のグラフなどを黒板に張り付けて説明。その後、六つの班を作り生徒たちが20分ほど討論し考える時間を与えた。

    1
    続き

    関東煮、田楽とかしわ 身近な歴史を辿る

     関東煮(かんとだき)、田楽…。仕事の合間に聞こえてくる懐かしい言葉に思わず耳をそばだてた。先週金曜夜のNHK番組『チコちゃんに叱られる』の「おでんの『でん』ってなに?」という問いの中でだ。

     この二つは、筆者が子供の頃(小学校前だからちょうど“5歳”の頃かもしれない)、母からよく聞いていた言葉だ。

    0
    続き

    エネルギーが伝わってくる作品1200点が揃う

     秋田県内の幼・保・小・中学校の授業などで作成された入賞作品約1200点を集めた第60回秋田県児童生徒美術展がこのほど、秋田市文化会館で開かれた。平面、立体、具象、抽象画とさまざまだが、「画面いっぱいにのびのびと描かれた作品ばかりで、子供たちのエネルギーが伝わってきた」「新しい描画材や素材を用いて、画面構成に工夫の見られる作品が多かった」との審査員の総評が全体を網羅している。(伊藤志郎)

     主催は秋田県教育研究会造形部会のほか、県と市の教育委員会が後援。「夢、希望、生きる力に結びつく、創造性豊かで、つくる喜び、活力の感じられる作品」を主体に出品されている。児童生徒と共に父母など家族連れも多く、交流の場ともなった。父親が樹木の作品を見て「なかなかこういう見詰め方はできない。表現方法もすごい」と子供に話している光景もあった。

    0
    続き

    「引きこもり」全国ワースト1位の沖縄でシンポ

     学校にも仕事にも行かず自分の部屋に閉じこもる「引きこもり」が日本全国で100万人を超えるとみられ社会問題になっている。沖縄県の推計では少なくとも15~39歳の引きこもり者数約6800人、40~64歳約7000人で、県民100人に1人の割合だと見積もられている。佐賀県を中心に全国の引きこもり問題を解決してきた専門家や引きこもり当事者を交え、当事者目線で引きこもりの解決策を考えるシンポジウムが1月25日、那覇市の沖縄大学で開かれた。(沖縄支局・豊田 剛)

     「ひきこもった子どもと親たち」と題する公開講座(主催・沖縄大学地域研究所)が1月25日、沖縄大学アネックス共創館で開催され、引きこもり解決に取り組む認定NPO法人スチューデント・サポート・フェイスの谷口仁史代表理事が講演した。谷口氏は、専門職が訪問支援する「アウトリーチ」をいち早く取り入れ、引きこもり解決の“請負人”として全国から引っ張りだこだ。

    0
    続き

    スマホに距離を置く秘訣は?

     最近、「デジタル・デトックス」という言葉をよく耳にする。「デトックス」とは、薬物やアルコール依存症の人の体にたまった毒素を排出することを意味するdetoxification(解毒)の短縮形だ。

     パソコンやスマホなどのデジタル機器に依存した生活を送る人が、自然豊かな環境に身を置くことで人間本来の感性を取り戻すなどの意味で使われている。そんな言葉が生まれたのは、それだけネット依存に陥っている人が多いからだ。

    3
    続き