■連載一覧
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 2018/4/07
  • 2018/3/30
  • 2018/3/12
  • 2018/2/15
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 教育 rss

    新潟大学が創設した「日本酒学」の初回の…

     新潟大学が創設した「日本酒学」の初回の講義は、教室に学生があふれ立ち見する人も出るほど関心を集めた。予定定員の3倍近い約820人が履修を希望したという。

     日本酒学という名称の物珍しさもあろうが、学生は情報に敏感で、今、日本酒が世界で注目されるようになったという事実を見逃さないようだ。優れた醸造・発酵の技術の知識を身に付けたいという工学部の学生の履修も。

    0
    続き

    「ストレスをためない生き方」と題して講演

    北里大学大学院医療系研究科教授の田中克俊氏

     強烈なストレス社会と言われて久しい日本人の働き方を食事、運動、睡眠で跳ね返そうと、ストレス科学シンポジウム(主催・公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター)うつにならない第8弾として「毎日を楽しく過ごすための工夫」が、このほど、早稲田大学小野記念講堂で行われた。北里大学大学院医療系研究科教授の田中克俊氏は「ストレスをためない生き方」と題して講演し、「うつになると、睡眠時間が短くなる」と語り、いかにして良質な睡眠を得ていくかについて語った。

    0
    続き

    石川県能登半島で地元の高校生が名人の技を取材

     「世界農業遺産」に認定された石川県能登半島の高校生たちが、その道の「名人」たちを取材し、冊子にまとめた「平成29年度 能登の里山里海人『聞き書き』作品集」がこのほど発刊された。炭焼きや狩猟、漁業、直売所経営などを生業とする名人たちを高校生が取材し、リポートした内容が掲載されている。彼らにとって「聞き書き」は作業の大変さを感じながらも、名人たちの生業に注ぐ並々ならぬ思いを肌で感じる貴重な体験となった。(日下一彦)

    0
    続き

    変わる大学入試に思う

     新年度が始まって3週間。毎朝、わが家の前を幼稚園児と小学生、それに中学生が初々しい姿で通る。中3になった筆者の息子と並ぶようにして、この間まで小学生だった子たちが大きめの制服に身を包んで通う姿は、何だか微(ほほ)笑ましい。

     さて、息子が中3になったこともあって、知人に会うたびに「いよいよ受験ですね」と言われる。今のわが家は受験という雰囲気にはなっていないが、義務教育の中学校と本人の意思で通う高校では全く違うことを、親としては意識させられる。

    1
    続き

    AIの時代に必要な教育

    沖縄大学教授 宮城 能彦

     先日、高校の先生から興味深い話を聞いた。

     高校生たちが真剣に「将来なくなってしまう仕事は何か」と議論しているというのである。最近よく話題になる人工知能(AI)の話である。「AIに取って代わってしまうような職業を目指しても仕方がない。では、私たちは何を目指せばいいのか」という不安が私たちの想像以上に高校生にはあるという。

    2
    続き

    広がる社会人の“学び直し”

    小樽商科大学大学院教授 李 濟民氏に聞く

    3
    続き

    マインドフルネスでうつ病予防を

    早稲田大学文学学術院教授の越川房子氏

     うつ状態にある人は、自分のマイナス面ばかりに目を奪われ、埋没してしまうことが多い。うつを予防するだけでなく、集中力を高めるなど、マスコミやIT企業などで注目されているマインドフルネスが注目されている。ストレス科学シンポジウム(主催・公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター)うつにならない第8弾として「毎日を楽しく過ごすための工夫」が、このほど、早稲田大学小野記念講堂で行われ、科学的根拠、瞑想(めいそう)について早稲田大学文学学術院教授の越川房子氏が語った。

    0
    続き

    小4男児自殺は「いじめが主因」

     2015年10月に沖縄県豊見城(とみぐすく)市の小学4年の男児(当時9)が自殺したのは、繰り返された「いじめが主な要因」とする調査報告書を、市教育委員会が設置した第三者委員会がこのほど公表した。自殺を防止できなかった学校の対応を「不適切」と批判した。(那覇支局・豊田 剛)

     男児は2015年10月12日に自宅でベルトを首に巻いて自殺を図り、1週間後に亡くなった。両親が真相解明を強く要望していた。

    2
    続き

    定年を迎える夫と妻

     定年は男性だけのものではないが、定年に関する本は男性が書いたものが多い。軸足を生活に置いている女性と違って、定年は男性にとって格別な意味を持つようである。

     以前、地域の集まりで会った男性が、リタイアした時の苦い経験を話してくれたことがある。勇気を出して地元のイベントに顔を出した時の失敗談だ。自己紹介で何気なく「一応、銀行マンをやってまして」と言った瞬間に感じた冷たい視線にショックを受けたという。過去を軽々に口に出せないとしたら、どうやって人間関係を築いていけるのか。強い自己喪失感を覚えたという。

    2
    続き

    高額ランドセルを背負う小学生が増えている!「ラン活」の必要性とは? 

     新年度に入り、背負い慣れないランドセルで小学校に通う新1年生の姿を見かけます。私が小学生だった10数年前は、女の子は赤いランドセル、男の子は黒いランドセルが一般的で、クラスに1人程その他の色のランドセルを持っている子がいた程度でした。それが近年では様々な色や、デザインのランドセルを購入することが主流になっており、好みに合わせてカスタマイズできるランドセルもあるほど人とは違う“自分だけのランドセル”を探す傾向にあります。最近では、両親や祖父母と一緒に子供の納得いくまでランドセル選びをする家族あげての一大イベントとなっており、ランドセル活動、略して「ラン活」という言葉が出てくるほどランドセル選びが進化しています。

    30
    続き

    「うつ病にならない食習慣の科学」

    国立精神・神経医療研究センター神経研究所の功刀浩氏が講演

     ストレス科学シンポジウム(主催・公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター)うつにならない「毎日を楽しく過ごすための工夫」が、このほど、早稲田大学小野記念館で行われた。国立精神・神経医療研究センター神経研究所疾病研究第三部長の功刀浩氏は「うつにならない食生活習慣の科学」と題して講演した。

    0
    続き

    注目される福島・いわき市の生徒会長サミット

     東日本大震災以後、被災地の復興とともに、国全体が未来に向かうための「創造的復興教育」を文部科学省が推進している。そんな中、福島県いわき市の進める44の中学校の生徒会長を集めて行う「生徒会長サミット」が注目されている。(市原幸彦)

    0
    続き

    軍事研究は平和を脅かす?

     かつて「産学協同」研究が、「大学と独占資本との癒着」「大学教育の独占資本への奉仕」などと糾弾された時代があった。1970年代後半、各大学が創立◯◯周年記念事業のため企業募金を行うと、左翼学生たちが学内で関係教授たちを追い回してつるし上げることも日常茶飯事だった。産学連携や産学官連携が当たり前になった現在では信じられない光景だろう。

     ただ、イデオロギーに基づく産学協同批判はなくなったが、実際に産学協同がうまく機能しているかというと、そうとも言えない。「研究費補助は多く、口出しは少なく」という大学(教授)側と払った研究費に見合う成果が欲しい企業側との思惑の違いを調整するのは容易でないためだ。

    2
    続き

    ICT教育充実へ、整備目標などの推進計画を

     学校教育での情報通信技術(ICT)活用を目指す超党派の議員連盟(会長・遠藤利明元五輪担当相)は、ICT環境の充実に向けた法案の概要をまとめた。

     コンピューターなどの整備状況に自治体間格差があるため、地域に関係なく教育機会を確保する必要性を強調。国が整備目標などを示した推進計画を作り、財政的、法的措置を講じるよう盛り込んだ。今国会への提出を目指す。

    0
    続き

    文科省、国公私立大を一体運営する制度案を示す

     文部科学省は3月27日、地域の国公私立大が新法人を設立し、一体的に運営できるようにする制度案を中央教育審議会の部会に示した。少子化で地方の大学を中心に経営が厳しくなる中、複数の大学がグループになって事務の共同化や役割分担を進め、効率的な運営を可能にするのが狙い。

     文科省は、早ければ来年の通常国会に関連法案を提出し、2020年度の施行を目指す。

    0
    続き

    虐待予防に訪問型支援充実を、全国「家庭教育支援チーム」が報告会

     子育て家庭を教育支援する「家庭教育支援チーム」が発足して10年。子供が育つ家庭環境が複雑化する中、学校・家庭・地域をつなぐ支援チームの役割は増している。3月15日、全国「家庭教育支援チーム」の関係者が集い、家庭教育支援シンポジウムが東京・渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センターで開催された。虐待予防に向けた訪問型支援に取り組む支援チームの活動と課題をリポートする。(横田 翠)

     家庭教育支援チームは、子育て経験者をはじめとする地域の多様な人材で構成され、保護者への学びの場の提要や地域の居場所づくりや訪問等による家庭教育支援を行う。全国616の支援チームの中から、平成29年度は茨城県高萩市など25の支援チームに文部科学大臣賞が授与された。

    0
    続き

    「ゆとり教育」の核心

     入学シーズンだ。大きなランドセルを背負ったちびっ子たちの姿はほほ笑ましい。そのランドセルの傾向として、軽量化が進んでいる。「脱ゆとり教育」で教科書が厚みを増して重くなったからだとか。教科書の厚さだけを見れば、脱ゆとりが定着したように思えるが、実態はどうか。

     官僚時代、「出会い系」バー通いをしていた前文部科学事務次官が公立中学校で講演したことに関して、文科省がなぜ講演者に選んだのか、などと学校に問い合わせたことが、一部のメディアで大問題として報じられた。前事務次官の講演に使われたのがゆとり教育の柱として導入された「総合学習の時間」だ。

    1
    続き

    エド・はるみのマネをすれば、大学に合格出来る!?

    エド・はるみさんが、慶応大学院の修士を取得! ご無沙汰しております。 しばらくブログお休みしてましたが、元気です。 新学期の開講時期なので、準備にいそしんでおります。

    さてさて、面白いニュースが飛び込んできたので、書いてみようかと。 エド・はるみ、慶大大学院の修士取得 今後はタレント業と研究続ける

    16
    続き

    奨学金で借金持ちが4分の1の国。

    今回お伝えしている内容は、日本人の人口が減少せざるを得ない情況についてですが、次回の坂東学校学校長報では、外国人が増加せざるを得ない情況についてお伝えしてまいりますね。

    この情況が生まれた根本的な原因は、アベ政治でも外国人の密航来日でもなく、

    Fラン大の乱立で大卒が若者の半数以上を占め、

    結婚適齢期の実に4分の1以上の男女が・・

    奨学金ローンの借金持ちになっていること。

    2
    続き

    北海道教育大の僻地・小規模校実習、参加学生が地方の優位性を体感

     全国各地で小中学校の小規模校化が進み、特に北海道は僻地・小規模校が全体の半数を超えている。北海道教育大学では、同大生に僻地(へきち)・小規模校の教育実習を積極的に体験させることで、その理解を深めさせ、地域に生きる教育者としての意識喚起を促している。今月上旬には同大生による体験実習報告を含むフォーラムが札幌市内で開催され、僻地における教育の重要性と課題が指摘された。(札幌支局・湯朝 肇)

    0
    続き

    児童虐待と関係機関の連携

     先日、児童虐待に関するシンポジウムに参加した。テーマは児童虐待への刑事的介入と関係機関の連携だ。警察と児童相談所(児相)をはじめ関係機関が連携を強める必要があると言われることが多いが、それには難しい課題がある。

     虐待事件解決のために犯罪捜査を行う警察は、関係機関に情報提供を求めることはあっても、虐待者を逮捕したこと以外の情報を公表できない。他機関からすると、情報を提供して協力しても、その後に虐待者の状況などが分からないことになる。

    0
    続き

    東京都教育委員会、全国初の「はしうち教室」開設

     東京都教育委員会はこのほど、不登校児童・生徒に対する多様な教育機会を確保する観点から、調布市教育委員会が文部科学省から指定を受け、2018年4月に調布市立第七中学校(吉岡俊幸校長)に、全国初の分教室「はしうち教室」を開設すると発表した。今回指定を受けた不登校特例校は、将来的に学校への移行を見据えつつ、当分の間、分教室として設置・運用される。

    1
    続き

    石川県立輪島漆芸技術研修所が研修生の作品展

     金沢市の「石川県政記念しいのき迎賓館」では、石川県立輪島漆芸技術研修所(輪島市)の卒業生による作品展が開かれている。同研修所は重要無形文化財保持者(人間国宝)の技術の伝承者を養成する施設で、会場の1階ギャラリーAには、漆芸の高度な技を継承し、作家を目指す研修生の力作が並び、来場者の感動を呼んでいる。(日下一彦)

    5
    続き