■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 上昇気流 rss

    「おもしろうてやがて悲しき鵜舟哉」松尾芭蕉…

     「おもしろうてやがて悲しき鵜舟哉」松尾芭蕉。きのうの小紙1面に、初夏の風物詩・長良川(岐阜市)の鵜(う)飼い開き(11日夜)の写真が掲載された。かがり火が真っ暗な川面を朱色に照らし出す一隅に集まるアユを、鵜が素早く潜っては捕らえる。

     その鵜を巧みな手縄捌(さば)きで操る伝統的な漁法は1300年以上の歴史と伝統を持つ。中国では四川省の後漢時代(1~3世紀)の遺跡から、鳥を使って魚を捕る舟上の漁師を描いたレンガが見つかっている。

    1
    続き

    新潟市西区で小学2年の女児が下校中に殺害…

     新潟市西区で小学2年の女児が下校中に殺害された事件はあまりにも痛ましい。新潟市教育委員会は市内の全小学校に、子供たちの登下校時に通学路に立ち安全を図るボランティアを募るよう要請した。これまでも見守りは行っていたが、夕方は手薄だったという。

     2005年に栃木県今市市で下校中の小1女児が殺害された事件でも、その直後から、県レベルで各小学校にボランティアを呼び掛け、以来栃木県では朝夕の通学路の見守りを欠かさないという。

    1
    続き

    「祝はるゝことには慣れず母の日を」(宮田…

     「祝はるゝことには慣れず母の日を」(宮田節子)。きょうは「母の日」。米国で始まったが、俳句の季語に「母の日」があるので日本にも定着したと言える。

     「母への感謝の日として1908年アメリカに始まり、わが国でも大正2年(1913)以来日本基督教会を中心として広まった。戦後一般的な行事となり、母のない者は白、母のある者は赤のカーネーションを胸に飾る」(稲畑汀子編『ホトトギス新歳時記』)。

    0
    続き

    米朝首脳会談の開催場所と日時が決まり、…

     米朝首脳会談の開催場所と日時が決まり、北朝鮮から解放された米国人3人も帰国した。午前3時近くにもかかわらずトランプ米大統領は、ワシントン近郊アンドルーズ空軍基地で出迎え、「3人を助けられて光栄に思う」と実績を強調した。

     米メディアも伝えるように異例なことだ。11月の中間選挙を控え、国内問題で逆風の絶えないトランプ氏としては、北朝鮮の核・ミサイル問題で成果を出し、アピールしたいところだろう。

    1
    続き

    今年10月に予定されていたノーベル文学賞の…

     今年10月に予定されていたノーベル文学賞の受賞者発表が見送りとなった。理由は選考委員の夫のセクハラ問題と、その委員による夫への選考過程漏洩問題の2点。セクハラに加えて、委員当人による漏洩(ろうえい)が問題視され、彼女は辞任した。ノーベル文学賞の選考については、選考過程が50年間公開されないなど秘密の部分が多い。

     芥川賞の場合、雑誌に掲載される「選評」で選考過程の概要を知ることができる。それをまとめた『芥川賞全集』(文芸春秋刊)まで存在する。ノーベル文学賞の選考委員は終身制だが、その点だけは芥川賞と共通している。

    1
    続き

    美術家の岡本太郎が1930年代にパリで学んだ…

     美術家の岡本太郎が1930年代にパリで学んだのは民族学だった。それはものから社会の構造をつかみ取ろうとする学問で、パリ万博の跡地にできた民族学博物館で資料に心ときめかせた。

     この体験がきっかけとなって、太郎は51年、東京国立博物館で縄文土器と出会う。超自然的で、呪術的で、緊張感のある縄文土器に衝撃を受けた。それまでは誰も美しいとは思っていなかったのだ。

    0
    続き

    今や全国的に超高級魚の名をほしいままに…

     今や全国的に超高級魚の名をほしいままにしているノドグロ。先日北陸地方のスーパーを覗(のぞ)いてみると、それほど高くない値段で売られていたので驚いた。これを塩焼きにすれば、東京の専門店ではいくらになるだろうかと一瞬考えた。

     ノドグロは白身魚なのに、上品な脂が乗っており、「白身のトロ」などとも言われる。アカムツが一般的な名称だが、主な産地である日本海側ではノドグロと呼ばれる。喉の奥が黒いのがその名前の由来だ。

    0
    続き

    「平和」の大義を振りかざして「公平」の要で…

     「平和」の大義を振りかざして「公平」の要であるルールを曲げてまで押し進めた、こんな横紙破りを見過ごしていいのだろうか。ハルムスタード(スウェーデン)で行われた卓球の世界選手権団体戦女子で、日本の準決勝の相手は唐突に、合同チームを組んだ「コリア」に変更された。

     韓国と北朝鮮は準々決勝での対戦を試合前に取りやめ、南北合同チームを結成して戦わずして準決勝進出を決めた。この決定が、スポーツの根幹である公平性を歪(ゆが)めることは明らかだ。

    1
    続き

    「少女駈け犬駈け浅瀬夏となる」(橋本博)…

     「少女駈け犬駈け浅瀬夏となる」(橋本博)。ゴールデンウイークもきょうで終わり、あすからはまた仕事や学校が始まる。大型連休の最後の日にわびしい気分になるのは、夏休みの終わりと似ているかもしれない。

     行楽地や故郷から帰る時の高速道路の渋滞や電車の混雑は、それまでの楽しい思い出さえも打ち消してしまうほど。Uターンラッシュの前に帰宅している人も多いはずだが、それでも渋滞はなくならないのが常だ。

    1
    続き

    日本映画の名匠、小津安二郎監督は「東京物語」…

     日本映画の名匠、小津安二郎監督は「東京物語」「晩春」など家族をテーマにした数々の名作を残した。それらは笠智衆や原節子らが演じる大人が主役ではあるが、子供たちも実に生き生きと印象的に描かれている。

     父親と息子の姿を描いた「父ありき」など小津監督の戦前のモノクロ作品では、子役が多く登場する。戦後の作品では、数は少なくなるが、家族のリアリティーを出すためにも欠かせない存在となっている。

    2
    続き

    「××の謎」という本やテレビ番組はなく…

     「××の謎」という本やテレビ番組はなくならない。謎は読者や視聴者の強い関心を引くからだ。ワイドショーも同じ流れだ。慶応3(1867)年の坂本龍馬暗殺事件も、実行犯(京都見廻組)が確定した後も「黒幕は別(例えば薩摩藩)」という形で謎は残された。

     しかし最近の研究では、約150年前のこの事件についても「黒幕も含めて謎はない」との結論がほぼ定着している。それを認めないのは、謎を叫び続ける歴史小説家や歴史愛好家だけだ。

    1
    続き

    5年前の夏に福島県伊達市にある霊山に登った…

     5年前の夏に福島県伊達市にある霊山(りょうぜん)に登った。標高825㍍の県立公園で「うつくしま百名山」に指定されている。南側の霊山こどもの村から眺めると、山稜を縁取る奇岩の数々が迫ってくる。

     当時はまだ原発事故の影響が大きく、放射線を受けないようにと子供たちは屋外に出ることを戒められ、こどもの村には人影がなかった。だが今は影響も薄れ、今年3月に相馬福島道路が開通した。

    2
    続き

    大手百貨店の免税品売上高で、大阪が東京を…

     大手百貨店の免税品売上高で、大阪が東京を圧倒している。高島屋では、大阪店の2018年2月期の免税品売上高が前期比59%増の240億円となり、東京で健闘した新宿店(7%増の115億円)に大きな差をつけた。

     先月上旬、気流子は出張で大阪に足を運んだが、週末の繁華街の賑(にぎ)わいに目を見張った。

    2
    続き

    まさに死闘と言っていい対決であった。テレビ…

     まさに死闘と言っていい対決であった。テレビ桟敷からの観戦でも、両者が力を振り絞って技をかけ合う迫力が伝わってきた。3連覇を狙う王子谷剛志と3年ぶり復活Vにかける同学年の原沢久喜の柔道の全日本選手権(日本武道館)決勝。

     重量級の2人は2月の国際大会決勝でも対戦したが、互いに技が出なかった。両者とも反則負け(指導3)で準優勝という屈辱を味わった因縁のライバルだ。

    1
    続き

    日本電産(本社・京都市)の会長兼社長で…

     日本電産(本社・京都市)の会長兼社長で京都学園大学の運営法人理事長に就任した永守重信さんが、早速大学の改革を打ち出し話題になっている。来年2019年に大学の名称を京都先端科学大に変え、20年には工学部を新設する予定で「私財をなげうってこの大学を大きく変える」と。

     先端技術のイノベーションは文字通り日進月歩で、例えば電気自動車やロボット、小型無人機(ドローン)の需要が広がっているのに、それを担うモーター関連の技術教育がおぼつかない。永守さんは「日本電産グループとの連携で長期インターンシップによる単位取得も可能にする」ことで有能な学生たちを育てたいという。

    2
    続き

    「春風や堤長うして家遠し」(蕪村)。きょうは…

     「春風や堤長うして家遠し」(蕪村)。きょうはゴールデンウイーク最初の祝日「昭和の日」。今年のゴールデンウイーク後半は、5月3日の「憲法記念日」から4連休となる。

     5月1、2日を有給消化して9連休になる人もいるだろう。この時期、国内はもちろん海外旅行へ出掛ける人が多い。「昭和の日」というのは、もともとは昭和天皇の御誕生日で、それが「みどりの日」となり、現在の「昭和の日」となった。

    0
    続き

    韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮…

     韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による南北首脳会談が板門店で開かれ、共同宣言が発表された。6月初めまでに開かれる米朝首脳会談を前に融和ムードが高まっている。しかし、肝心の北朝鮮の非核化への具体的見通しは不透明なままだ。

     北朝鮮の核・ミサイル問題での米国や日本、韓国とのやりとりを見ていると、野球の投手と打者の対決に似ていると思う。正恩氏は、剛速球は投げないが打者との駆け引きに長け、コントロールが巧みで腹の座った投手といったところか。

    1
    続き

    「人狼(じんろう)ゲーム」というものがある…

     「人狼(じんろう)ゲーム」というものがある。ゲームはともかく、人狼という言葉が何とも不気味だ。百科事典を見ると、人狼はヨーロッパ中世の被差別民を指す用語だった。

     「狼顧(ろうこ)」という語もある。『三国志』時代の中国で使われた。曹操の部下だった司馬懿(しばい)は「狼顧の相」と言われた。それを知った曹操が彼に前を歩かせて振り返らせたところ、顔だけが真後ろを向いて、身体は前を向いていたという。公式の歴史書に記載があるとのことだ。

    1
    続き

    静岡県の旧相良町(牧之原市)は日本有数の…

     静岡県の旧相良町(牧之原市)は日本有数の茶の産地として知られる。温暖な牧之原台地の南部で栽培が盛んだ。深蒸し煎茶が農林水産大臣賞を受賞したこともある。ここでも茶摘みが始まった。

     この町を作家の故村上元三さんと訪ねたことがあった。小紙に連載する『田沼意次』を書くための取材だった。新米記者だった気流子に「取材の仕方を学んでください」と夫人が語った。

    1
    続き

    新潟大学が創設した「日本酒学」の初回の…

     新潟大学が創設した「日本酒学」の初回の講義は、教室に学生があふれ立ち見する人も出るほど関心を集めた。予定定員の3倍近い約820人が履修を希望したという。

     日本酒学という名称の物珍しさもあろうが、学生は情報に敏感で、今、日本酒が世界で注目されるようになったという事実を見逃さないようだ。優れた醸造・発酵の技術の知識を身に付けたいという工学部の学生の履修も。

    0
    続き

    昨日の本紙1面に掲載されたように、北朝鮮に…

     昨日の本紙1面に掲載されたように、北朝鮮による拉致被害者家族会などは都内で「政府に今年中の全被害者救出を再度求める国民大集会」を開いた。27日に行われる南北首脳会談や6月初旬までに予定される米朝首脳会談は、拉致被害者全員の即時一括救出につなげる大きな機会である。

     集会で安倍晋三首相は、先の訪米でトランプ米大統領から「米朝首脳会談で拉致問題を提起する。日本のために最善となるよう、ベストを尽くす」と確約されたことを報告した。

    1
    続き

    野党6党は財務事務次官のセクハラ疑惑の…

     野党6党は財務事務次官のセクハラ疑惑の責任を負うべきだとして麻生太郎副総理兼財務相の辞任を求め、衆参両院で審議を拒否した。今後も要求に応じなけば審議拒否を続ける方針で、与野党の対立が先鋭化している。

     内憂外患が続く中、国会の議論の最大テーマは南北、日中韓、米朝、それに続く可能性のある日朝首脳会談にどう臨むかなどの外交課題のはずだ。働き方改革関連法案の審議も待っている。

    0
    続き

    「蝶の空七堂伽藍さかしまに」(川端茅舎)…

     「蝶の空七堂伽藍さかしまに」(川端茅舎)。チョウが飛んでいる姿を見かけた。春によく見るモンシロチョウやモンキチョウではない。クロアゲハで、ふわふわと力ない飛び方で舞っていた。

     チョウは春の季語である。稲畑汀子編『ホトトギス新歳時記』には「蝶は四季を通じて見かけるが、単に蝶といえば春である。種類も多く紋白蝶(もんしろてふ)、紋黄蝶(もんきてふ)は小形で優しい。菜の花を初め色とりどりの春の花に蝶の舞うさまは風情がある」とある。

    0
    続き