■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 上昇気流 rss

    このところ、寒くなったり暖かくなったり…

     このところ、寒くなったり暖かくなったりして気温があまり一定しない。それで困るのが、厚着をして外出すべきか、さほど着込む必要はないのかということ。さらに新型コロナウイルスや花粉の飛散などもあって、マスクをするかどうか迷うことである。

     衣服の方は工夫すれば問題がないが、マスクはなかなか手に入らない状況が続いている。1973年のオイルショックの時に、トイレットペーパーが買い占められ、スーパーなどの店頭から姿を消したことを思い出す。

    1
    続き

    東京・国立劇場の文楽公演の第2部「新版…

     東京・国立劇場の文楽公演の第2部「新版歌祭文(しんぱんうたざいもん)」と「傾城反魂香(けいせいはんごんこう)」を見た。「反魂香」の方は、竹本津駒太夫改め六代目竹本錣太夫(しころだゆう)襲名披露狂言として演じられた。錣太夫の名跡は80年ぶりの復活という。

     六代目錣太夫さんは入門して昨年で50年の70歳。公演プログラム掲載のインタビューによると、先輩の豊竹咲太夫さんから「文楽には大きな名前がたくさん眠っているんだから、それを掘り起こして世の中に出すことも、文楽の世界にいる者の務めでは」と襲名を勧められたという。

    2
    続き

    「北海道新聞」の投書欄に「激辛番組」を…

     「北海道新聞」の投書欄に「激辛番組」を批判する主婦の投書が掲載されたのをインターネットで知った。「激辛食品を食べさせられた出演者が苦しむ様子を見て楽しむような番組は不快」というのが投書の趣旨だ。

     この番組は日本テレビ系のようだが、これに限らず、激辛食品を食べさせて楽しむ番組は多い。激辛とは違うが、大食い、早食いの類いも同様だ。

    2
    続き

    今年は作家の三島由紀夫が亡くなって50年目…

     今年は作家の三島由紀夫が亡くなって50年目。これを期して封印されてきたスクープ映像が映画として来月20日から公開される。豊島圭介監督の「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」だ。

     1969年5月13日、東大駒場キャンパス900番教室に1000人を超える学生たちが集まった。東大全共闘が企画して三島に出演を依頼し、三島がそれに応じて両者のスリリングな討論会が実現した。

    2
    続き

    「長嶋や王はいつも太陽の下に咲くヒマワリ…

     「長嶋や王はいつも太陽の下に咲くヒマワリ。僕は人の見ていない所にひっそりと咲く月見草みたいなもの」。訃報が伝えられた野村克也さんが、1975年に通算600号本塁打を打った時に語った有名な言葉だ。僻(ひが)みっぽくも聞こえるが、マスコミに大きく取り上げてもらおうと考えた上での発言だった。

     試合後に多くのプロ野球ファンが楽しみにした「ボヤキ」の原型があるように思われる。率直な本音と冷徹な分析を分かりやすい言葉や比喩で表現する。しかも、その言葉の影響を十分計算している。

    2
    続き

    さて、きょうは何を着て行こうかな……。…

     さて、きょうは何を着て行こうかな……。外出する予定の時、着るものの組み合わせをあれこれ考えるようになって久しい。清潔を心掛けても、見栄えとかおしゃれ心からではない。

     その際に頼りにするのは気象予報や天気図である。天気図を見ればその日の天気は大凡(おおよそ)分かり、まず傘をどうするかの判断がつく。それ以上に注視するのは一日の最高と最低気温予想である。どうしてこれがピタリと当てられるのか、予想のメカニズムは分からないが、最近はこちらの精度の向上に驚くことが少なくない。

    1
    続き

    「良寛の一書を膝に春の旅」(今川凍光)。…

     「良寛の一書を膝に春の旅」(今川凍光)。俳句の歳時記では、春は「立春」から始まるが、今年は4日に当たる。だが、体感的にはまだ寒さも残り、春という感じがしない。ただ、春という漢字からは感覚的に植物の芽生えをイメージさせるものがある。

     春はそのほか、外に出掛けたいという旅心を誘う季節でもある。春夏秋冬それぞれの旅の楽しみ方があるが、気候的には春や秋は過ごしやすい季節。車窓の景色を眺めたり、駅弁などの楽しみのほか、本を所持して、汽車に揺られながら拾い読みするのも一興。

    3
    続き

    新型コロナウイルスによる肺炎の発生を、…

     新型コロナウイルスによる肺炎の発生を、当局が公表する前にいち早く警鐘を鳴らした中国・武漢市の医師、李文亮氏が新型肺炎のため亡くなった。33歳の若さだった。李医師ら8人は、地元警察に「デマを流した」として訓戒処分を受けている。

     眼科医として診療に当たっていた李医師は自身も感染し入院していたが、入院中も、ソーシャルメディア「微博」に自身の状態や考えを発信していた。李医師らの重要な情報を封殺したことが、初動の遅れを決定的にした。

    1
    続き

    哲学者は不思議な人種だ。例えば「うまく…

     哲学者は不思議な人種だ。例えば「うまく言えないという感じがいつもある。同時に、うまく言えないようなことしか言いたくない」(『戦後思想の到達点』NHK出版/昨年11月刊)と語るのは柄谷(からたに)行人(こうじん)さんだ。

     「うまく言えない」は、単なる口下手とは違う。小学校2年ごろまで学校ではものを言わなかったと本人が回想している。大人になってから、選択的緘黙(かんもく)症と診断された。家族以外とは話せないのが特徴だ。

    3
    続き

    歳時記は俳句を作る人たちにとって必携の…

     歳時記は俳句を作る人たちにとって必携のもので、何種類もの書が出されてきた。だが、時代の変化とともに物足らなくなって「作者達は、更に新しい歳時記の出版をもとめ、或いは自分の手で改良して見たいといふ気持が起る」。

     これは水原秋櫻子が「新編歳時記」(大泉書店)を編纂(へんさん)した時の言葉。今もその通りで、俳句結社では自分たち独自の歳時記を作るところもある。能村登四郎が創刊した「沖」では過去3度も出してきた。

    1
    続き

    「はじめまして わたしがママよ」と、優しく…

     「はじめまして わたしがママよ」と、優しく呼び掛ける大ヒット曲「こんにちは赤ちゃん」で知られる歌手の梓みちよさんが76歳で亡くなった。

     茶の間のテレビを囲み、一家団欒(だんらん)を楽しむ時代だった。毎週土曜日の午後10時から放映されたNHKの人気音楽番組「夢であいましょう」で「こんにちは赤ちゃん」が紹介されると、すぐ話題に。昭和38(1963)年のことだ。

    1
    続き

    <うれしさは春のひかりを手に掬(すく)ひ>…

     <うれしさは春のひかりを手に掬(すく)ひ> 野見山朱鳥。やや暖冬と言われた昨年は、年間を通しても気温が高かった。平均気温が平年(2010年までの30年平均)を0・92度も上回り、統計開始の1898年以来で最高だった(気象庁発表)。

     これは1990年代以降に顕著になった地球温暖化の影響で、今年も暖冬となりそうだ。厳冬が続いた一昨年までは、この時期に唱歌「早春賦」の一節「春は名のみの風の寒さや」を借りて「暦の上では春が立つ2月だが……」と呟(つぶや)いたもの。

    1
    続き

    新聞などでは小さな扱いだったが、環境省は…

     新聞などでは小さな扱いだったが、環境省は3月上旬、今通常国会に大気汚染防止法改正案を提出する予定だという。石綿(アスベスト)の飛散防止強化が狙いだ。

     いわゆるアスベスト問題は1975年ごろ、国際機関がその有害性を明らかにし、日本でも大きな社会問題となった。その後、アスベストが使われた建造物解体の手続きなどの法律が施行され、被害者の補償、救済活動が営々となされてきた。

    1
    続き

    最近、とみに読書量が衰えていることを実感…

     最近、とみに読書量が衰えていることを実感する。原因の一つに、年齢を重ねるとともに活字を読み続けることへの集中力が欠けてきてしまったことがある。若い時のように本を一気に読み通すことができなくなった。

     このため、1冊の本を読むのにかなり時間がかかるようになった。また別の原因としては、老眼が進み、活字を読むのがしんどくなったことが挙げられるだろう。

    1
    続き

    新型コロナウイルスによる肺炎が、きょう…

     新型コロナウイルスによる肺炎が、きょうから「指定感染症」となる。これによって入国拒否や強制入院が可能となる。世界保健機関(WHO)の緊急事態宣言を受けて施行日を当初より6日繰り上げた。

     しかし政府は、もっと早く施行してもよかったのではないか。先月23日のWHO緊急委員会でも緊急事態を宣言すべきだとの意見があったが、中国への忖度で見送られたからだ。

    1
    続き

    永田雅一(まさいち)という名前は、年齢の…

     永田雅一(まさいち)という名前は、年齢の高い人であれば知っていよう。永田は映画会社大映の社長であり、政界フィクサーでもあった。「永田ラッパ(ホラ吹き)」という愛称でも知られていた。

     笹山敬輔著『興行師列伝』(新潮新書/1月刊)は、永田の他、12代目守田勘弥、大谷竹次郎、吉本せい、小林一三を取り上げているが、破天荒な人物が多い興行師の中でも永田の存在は際立つ。

    1
    続き

    スイスのチューリヒ在住のジャーナリスト、…

     スイスのチューリヒ在住のジャーナリスト、サーシャ・バッチャーニさんが家族史について書いた『月下の犯罪』は2016年に出されると、ヨーロッパでベストセラーになった。

     原書はドイツ語で、英語、仏語をはじめ5カ国語に訳され、昨年8月には講談社から日本語訳も出版された。日本人も無関心でいられないのは、著者がロシアの歴史認識の問題について報告しているからだ。

    0
    続き

    新元号「令和」制定を機に「万葉集」への…

     新元号「令和」制定を機に「万葉集」への関心が高まっている。気流子も岩波文庫の『万葉集』を読みながら感動を新たにしているが、一方で驚くこともある。

     例えば、柿本人麻呂が軽(かるの)皇子(みこ)の遊猟に従った時詠んだ<東(ひむがし)の野にかぎろひの立つ見えてかえり見すれば月かたぶきぬ>と高校の古典の授業で習った歌は<東の野らにけぶりの立つ見えてかえり見すれば月かたぶきぬ>となっている。

    1
    続き

    「女子マラソンを目覚めさせる走り」だった…

     「女子マラソンを目覚めさせる走り」だったという。スポーツジャーナリストの増田明美さんがテレビの実況中継で話していた。東京五輪代表キップの最後の1枚を争うMGCファイナルチャレンジ第2戦の大阪国際女子マラソンで、松田瑞生(みずき)選手(ダイハツ)が最有力候補に躍り出た。

     五輪代表の設定記録2時間22分22秒の突破が代表入りの最低条件。このハードルも結構高く、第1戦のさいたま国際ではクリアした選手が出なかった。

    1
    続き

    東京・新宿から京王線の急行電車で約30分の…

     東京・新宿から京王線の急行電車で約30分の調布駅(調布市)。駅前広場がずいぶん広くなって、整備され見違えるようになった。親子で遊べる人工芝や樹木を囲むしゃれたベンチ、季節の花のフラワーガーデンも。

     昨年のラグビーW杯の期間中、この駅前広場には、パブリックビューイングなどのイベントに約2000人が集まり、日本の戦いに歓声を上げていた。その後、歌のライブなども。すっかり若者の街の印象だ。

    1
    続き

    NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が19日、…

     NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が19日、ようやく初回放送された。出演予定だった女優が昨年、麻薬取締法違反容疑で逮捕されるトラブルで配役の変更や撮り直しなどもあったが、それを乗り越えて無事に放映されたことを喜びたい。初回視聴率は19・1%(関東地区)で、昨年の「いだてん」の15・5%を上回った。

     スタートしたばかりなので、今後視聴率がどうなっていくかは未知数だが、少なくとも期待を抱かせるものだったことは間違いない。

    1
    続き

    中国・武漢から感染が広まった新型コロナ…

     中国・武漢から感染が広まった新型コロナウイルスによる肺炎は、感染者800人以上、死者26人に上っている。春節(旧正月)連休で30億人が移動し、700万人が海外へ出国するという。最悪のタイミングである。

     武漢で最初の原因不明の肺炎患者が発見されたのは昨年12月8日。30日に内部報告の公文書がインターネットに流出し、翌日ようやく市当局が27人の発症を公表した。しかしそれ以降も、人から人への感染はないとされていた。

    1
    続き

    「SNS(ソーシャル・ネットワーキング…

     「SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は自由に表現できるので、自分にとってはありがたい」と、人気お笑い芸人がテレビ番組で語っていた。テレビでは発言がカットされるなど何かと不自由なことが多いが、その点でSNSは全く自由だとテレビで堂々と話していたのが印象に残った。

     カットされるのは、テレビ局を含む世の中には「編集」という機能が働いているからだ。この芸人が「SNSは自由」だというのは「編集からの自由がある」からだという確信があってのことなのだろう。

    1
    続き