■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 上昇気流 rss

    米ナイキの厚底シューズ使用の是非論があった…

     米ナイキの厚底シューズ使用の是非論があったが、東京マラソンは日本男子の記録ラッシュで、日本陸連マラソン強化戦略プロジェクトリーダーの瀬古利彦さんが「進化したシューズが前に比べれば良いのは分かっている。ただ、うまくシューズに合った走りをしたおかげでこういう記録が出ている。選手が努力した結果」と。

     瀬古さんは選手時代、運動量の上限ぎりぎりのところで試行錯誤を繰り返し、記録アップにつなげた経験の持ち主。「選手が努力した結果」の言葉に説得力がある。

    2
    続き

    「東風(こち)吹かば匂(にほ)ひおこせよ…

     「東風(こち)吹かば匂(にほ)ひおこせよ梅の花主(あるじ)なしとて春を忘るな」(菅原道真)。春の風の中で、よく知られているのが東風。平安時代の学者・菅原道真が、大宰府に左遷される時に愛(め)でていた庭の梅の木に呼び掛けた和歌である。

     春の受験シーズンには、学問の神様である道真が祭られた神社を受験生が合格祈願で訪ねる。俳句の歳時記によれば「東風」は「春になって東から吹く風をいう。春吹く風ではあるがまだやや寒い感じがある」(稲畑汀子編『ホトトギス新歳時記』)。

    1
    続き

    新型コロナウイルス対策として、中国と韓国…

     新型コロナウイルス対策として、中国と韓国からの入国者を2週間隔離するなどの水際対策が強化される。4月頃で調整されていた中国の習近平国家主席の来日も延期となった。発表が同日となったのは、この2案件が密接に絡んでいたことを示唆している。

     感染が中国全土に拡大しているのに、入国制限を広げないのかという声はあちこちで聞かれた。実行できなかったのは、習氏訪日への配慮があったためだ。経済への影響の大きさも足かせとなった。

    4
    続き

    咳(せき)(くしゃみも同じ)は、する人に…

     咳(せき)(くしゃみも同じ)は、する人にとっても周囲にとっても楽しいものではない。咳については苦い思い出がある。半世紀も前の大学のゼミ教室。授業中、咳が止まらなくなった。医師から気管支炎との診断は受けている。気になるのは教授だ。

     見ると、真向かいの席にいる教授の顔がいささか険しい。彼には昔肺病と呼ばれた肺結核の病歴がある。咳が結核とは無関係であることを何とかして伝えたい。「どうやって伝えようか」と考えるのが先で、授業も頭に入らない。

    2
    続き

    トルコ西部の対ギリシャ国境にシリア難民…

     トルコ西部の対ギリシャ国境にシリア難民数千人が押し寄せているという。小紙「難民数千人、ギリシャ国境へ」(3月2日付)によると、数日前トルコ国境の門が開かれて1万8000人が越境したが、ギリシャは受け入れを拒否。

     難民は国境地帯で立ち往生している。トルコは対シリア政策について欧州諸国の支援を引き出す狙いで門を開いたらしい。難民が向かうのはドイツだが、通過する国々は国境を閉鎖中だ。

    0
    続き

    無料や安価で、一人親や共働き、貧困世帯の…

     無料や安価で、一人親や共働き、貧困世帯の食事のサポートをする民間発の「子ども食堂」。支援団体によると、2019年6月時点で全国3718カ所が確認されており、食事のみならず、学習支援や子供の居場所の提供、地域交流の場としての役割もあるという。

     それが、新型コロナウイルスの感染拡大で休止が相次いでおり、残念な事態だ。気流子の知り合いの婦人が通うキリスト教の施設内でも、2年ほど前に子ども食堂が開設された。

    2
    続き

    学校の臨時休校、美術館などの休館、プロ…

     学校の臨時休校、美術館などの休館、プロ野球オープン戦の無観客試合、各種イベントの中止や延期、規模縮小――。縮こまって過ごしてきた寒さが少し緩む春のひな祭りも、今年ばかりは閉塞(へいそく)感がのしかかる。

     もとより中国・武漢市から世界に広がった新型コロナウイルスによる肺炎の予防が今は最優先とあれば、仕方のないことだ。政府の対応が唐突とか場当たり的だとか批判はあっても、この段階で先行した対策を取らなくても中国のような爆発的拡大を招く恐れなしとは断言できまい。

    1
    続き

    演歌歌手の鏡五郎さんが歌う『戸田の渡し』…

     演歌歌手の鏡五郎さんが歌う『戸田の渡し』(キングレコード)がCD5万枚を売り上げ気を吐いている。作詞・作曲は埼玉県戸田市在住の作曲家・今澤雅一さん。

     江戸から中山道に出る時、荒川で板橋と戸田を結んだのが戸田の渡し。幕末の蘭学者、高野長英も江戸逃亡時に渡ったと言われ、「江戸の未練を川面にすてて、蕨宿から木曽街道へ……江戸が恋しや、渡しの舟が」と長英の悲哀を歌詞に織り込んだ。「戸田のまちおこしを展開する中で、『戸田の渡し』ブームに火が付いた」と今澤さん。

    1
    続き

    「マラソンの息のまはりの春の風」(渡辺和弘)…

     「マラソンの息のまはりの春の風」(渡辺和弘)。新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。観光業界が打撃を受けたのに続いて、タレントや人気グループの公演中止が相次いでいる。スポーツ界では、東京マラソンで一般選手の参加取りやめ、プロ野球オープン戦の無観客試合、Jリーグの公式戦延期、女子ゴルフの開幕戦中止などのニュースが躍った。

     小社でも少しばかりその余波を受け、文化面の情報コーナーなどのイベント紹介記事が突然の中止によって急遽(きゅうきょ)差し替えとなった。

    1
    続き

    新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない…

     新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない北海道の鈴木直道知事は、緊急事態を宣言し、道民に週末の外出を控えるよう要請した。感染拡大は札幌などの大都市だけでなく道内の各地に及んでおり、昨日も新たに12人の感染が確認された。

     あの広い、人口密度も高くない北海道でなぜと考えてしまうが、北海道は観光地として中国人などに人気が高い。札幌雪まつりの時期でもあった。

    1
    続き

    車谷(くるまたに)長吉(ちょうきつ)は…

     車谷(くるまたに)長吉(ちょうきつ)は2015年に亡くなった作家だが、自身へのこだわりが異常に強い人物だったようだ。そのことは、今度文庫になった高橋順子著『夫・車谷長吉』(文春文庫)の中にも詳述されている。

     中でも、大岡信(まこと)との一件は印象深い。文壇・詩壇の大先輩である大岡が車谷夫妻の結婚祝いを開いてくれることになった。ところが、車谷は「場所が気に食わない」と言いだした。会場を変更して会は行われたが、恥をかいた大岡の怒りは収まらなかった。

    1
    続き

    初音という言葉がある。虫や鳥たちがその…

     初音という言葉がある。虫や鳥たちがその年の初めに鳴く声のことだが、俳句では特にウグイスについて使われる。もうその季節で、しばらくは耳を傾けて聴き入りたい鳴き声だ。

     他の鳥たちと違って、とりわけ美しく、テレビや新聞で伝えられる陰惨で憂鬱(ゆううつ)になるような出来事から一瞬にして、清澄無垢(むく)な天上世界に誘(いざな)ってくれる。優美で、典雅で、気品ある鳴き声なのだ。

    1
    続き

    東京五輪の聖火採火式がいよいよ来月12日…

     東京五輪の聖火採火式がいよいよ来月12日、ギリシャのオリンピアで行われる。古式にのっとり火がともされたトーチは、前回リオデジャネイロ五輪の射撃で金メダルを獲得したギリシャの女子選手から、2004年アテネ五輪の女子マラソン金メダリスト、野口みずきさんに引き継がれる。

     日本人最初の聖火ランナーを務める野口さんが、ギリシャを訪ねるのは五輪以来。「私は三重県伊勢市出身で、実家が伊勢神宮の外宮に近い。ギリシャは神々の国だから、どこかに『神のつながり』があるのかも」と、時事通信のインタビューで語っている。

    0
    続き

    朝のテレビニュースで、東京・渋谷でタンポポ…

     朝のテレビニュースで、東京・渋谷でタンポポが咲いたと黄色い花の映像が映し出された。タンポポは4月の花だが、昨日、一昨日の東京は最高気温が15~16度と3月の陽気。今年の暖冬傾向を表すトピックスに心が浮き立つ。

     例年であれば、2月は暦の上では春でも、実際は春雪や冴(さ)え返りの厳しい、まだ冬の寒さが優勢の頃。コートの襟を立てて歩く日々なのである。

    2
    続き

    全国紙の部数減が続いている。月刊誌…

     全国紙の部数減が続いている。月刊誌「THEMIS」2月号によると、朝日新聞はかつて800万部台だったのが500万部台に減り、押し紙を除けば300万部台も見えてくる。他紙の退潮ぶりも同様だが、特に朝日の不人気はそれを象徴している。

     地域の公立図書館では最近、閲覧用の新聞のうち、朝日が手に取られず残っているのが目に付く。図書館に行く方は注意されてみてはどうか。

    2
    続き

    「雨ふれば少しあたゝか蕗(ふき)の薹(とう)」…

     「雨ふれば少しあたゝか蕗(ふき)の薹(とう)」(高田風人子)。蕗の薹とはキク科フキ属の多年草のフキの花芽であり、春になるとこの花芽を使ってフキみそを作る。フキの苦みがいかにも冬から春への季節の変化を表すような味わいがある。

     蕗の薹は春の季語で、稲畑汀子編『ホトトギス新歳時記』には「蕗は雪の残っている野辺や庭隅に、卵形で淡緑色の花芽を出す。(略)柔らかい苞(ほう)に幾重にも包まれており、煮たり汁物にしたり、練味噌にして食べると、ほろ苦く早春の香りがする」とある。

    1
    続き

    文豪・泉鏡花は病的なまでに黴菌(ばいきん)…

     文豪・泉鏡花は病的なまでに黴菌(ばいきん)への恐怖心を抱いていた。若いころに赤痢に罹(かか)ったことが理由で、逸話がたくさん残っている。

     鏡花は煙管で煙草を吸ったが、紙のキャップを作らせ、一口吸い終わるたびに、それを吸い口に素早く被せていたという。東京・麹町の鏡花の家を訪れた研究者の村松定孝が目撃、報告している。

    1
    続き

    森鴎外は果物を煮て食べたという。味覚の…

     森鴎外は果物を煮て食べたという。味覚の問題ではなく、衛生上の観点からだった。医師(軍医)で細菌学の知識を持つ鴎外は、生ものに対して極度の警戒心を持っていたようだ。嵐山光三郎著『文人悪食』(1997年)に出てくる話だ。

     その情報源は鴎外の娘森茉莉(87年没)。父はアンズであれ桃であれ、煮て食べたと娘は証言する。生ものが苦手ならば、鴎外は刺し身なんかも食べなかったのだろうか?

    0
    続き

    信州大学医学部で運動科学を教えていた能勢…

     信州大学医学部で運動科学を教えていた能勢博さんの著書『ウォーキングの科学』(講談社)を読んで、昨年暮れからウオーキングを実行している。早歩き3分、ゆっくり歩き3分、これを5セット行い、週4回繰り返す。

     いろいろなコースを歩いてみたが、伸び伸びした景色のあるところ、車や人通りの少ないところを選ぶようになった。好んで歩くのは畑や果樹園、公園、造園業者の園がある一帯である。

    1
    続き

    盗聴やハッキングが理論上不可能とされる…

     盗聴やハッキングが理論上不可能とされる量子暗号通信を、政府は2020年度から試験的に導入する方針を固めたという。量子コンピューターの開発と共に、世界でその実用化に向け熾烈(しれつ)な競争が続く分野である。

     ミクロ世界の基本理論とされる量子力学や素粒子論は難解で、その応用や実用化はなかなかかなわないとみられてきたが、ここに来て一気に進み始めた。日本の科学行政の発展に弾みをつける話題だ。

    1
    続き

    新型コロナウイルスをめぐって、発生源の…

     新型コロナウイルスをめぐって、発生源の中国本土(湖北省武漢市)はもとより感染者が出ている日本など各国が対策に全力を挙げている最中に、水を差すような物言いで恐縮するが、やはり言及せざるを得ないことがある。

     グローバルな対策の最前線に立つ世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長の発言に、中国に対する忖度(そんたく)が目に余ることだ。例えば、ドイツ訪問中の中国・王毅外相との会談。

    1
    続き

    新型コロナウイルスをめぐって、中国当局は…

     新型コロナウイルスをめぐって、中国当局は、1月7日までに感染者が相当いたことを初めて明らかにした。習近平国家主席はすでにこの時、感染防止対策の指示を出していたそうだ。今回の発表は、その後の感染拡大を抑えられなかった習氏への批判をかわす狙いがありそうだ。

     しかし、本当に1月初旬の段階で感染状況を掴(つか)んでいたのか。ならばなぜその時、情報を世界に発信しなかったのか。中国当局への不信は募る。今もって感染源、感染経路、その広がり具合は解明されず、発生初期の状況は闇の中だ。

    1
    続き

    このところ、寒くなったり暖かくなったり…

     このところ、寒くなったり暖かくなったりして気温があまり一定しない。それで困るのが、厚着をして外出すべきか、さほど着込む必要はないのかということ。さらに新型コロナウイルスや花粉の飛散などもあって、マスクをするかどうか迷うことである。

     衣服の方は工夫すれば問題がないが、マスクはなかなか手に入らない状況が続いている。1973年のオイルショックの時に、トイレットペーパーが買い占められ、スーパーなどの店頭から姿を消したことを思い出す。

    1
    続き