■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 上昇気流 rss

    教育正常化運動を進める全国教育問題協議会の…

     教育正常化運動を進める全国教育問題協議会の「全教協ニュース」第276号に「左翼人権派の子供観」と題して、教師OBの(山)氏(イニシャル)が執筆している。

     日本の人権団体「ヒューマンライツ・ナウ」が、小学校などで行われている組み体操について「極めて危険で重大な事故も起きているのに、日本政府は子どもを守る方策を十分に講じてこなかった」とする報告書をこの1月、国連の「子どもの権利条約委員会」へ提出したことを受けたものだ。

    0
    続き

    背番号51の45歳。米大リーグ・マリナーズの…

     背番号51の45歳。米大リーグ・マリナーズのイチロー選手の7年ぶりの日本でのプレーは、快音は聞かれなかったが右翼の守備では見せ場を作った。東京ドームでアスレチックスと対戦する開幕戦(20、21日)を前に行われた巨人とのプレシーズンゲーム(17日)。

     一回、巨人の坂本勇人選手の大飛球を斜め後方に追い、フェンス際で走りながら体をひねって好捕。直後に両手でフェンスとの激突をカバーする技術の高さを見せ、4万6000人超の観客を沸かせた。

    1
    続き

    「うちでも猫を飼ってみるかな」「でも手が…

     「うちでも猫を飼ってみるかな」「でも手がかかりますよ」「だから娘に面倒みさせるのさ。最近の人間の欠陥は自然をないがしろにしたところから来ているんだそうだ。たしかに文明がつくりだした害毒に蝕まれてるのは事実だよ」。

     日影丈吉の小説『咬まれた手』の中で、不良高校生の娘の更生を願って、父親が友人に相談する場面。「娘に動物でも与えたら、また考え方も違って来そうな気がするんだが、どうかね」と続く。

    2
    続き

    最近、朝テレビで確認するのは一日の天気や…

     最近、朝テレビで確認するのは一日の天気や気温の変化、そして花粉情報だ。天気は折り畳みの傘を持っていくかどうか、気温は重ね着にするか薄着にするかの判断のため。花粉情報はマスクなどの用意のためである。

     予報に反して雨が降らなくても、折り畳み傘は用心のためなのでそれほどショックを受けない。マスクもそう。失敗することがあるのは衣装である。気象予報士のアドバイスで着るものを選んだつもりで電車に乗ると、周囲の乗客が皆薄着で、厚着の自分が浮いていることがある。

    1
    続き

    息子や市役所職員、警察官などを装って、家に…

     息子や市役所職員、警察官などを装って、家に現金がいくらあるかなどを聞き出す「アポ電」。特殊詐欺の手口だが、強盗や殺人へと凶悪化している。

     東京都江東区の加藤邦子さん(80)が、アポ電の後に殺害された事件の容疑者3人が警視庁に逮捕された。都内では今年1月と2月、渋谷区の初台と笹塚でも同じような手口で高齢者夫婦を狙った強盗事件が2件起きている。笹塚の事件現場に残された足跡が、加藤さん殺害の現場の足跡と一致。同一グループの犯行とみられる。

    0
    続き

    テレビの旅バラエティー番組で、芸能人が…

     テレビの旅バラエティー番組で、芸能人が旅先で飲食店を探す場面がある。最近は店員に出演交渉まですることもある。飲食店の場所の情報源は当然地元の人が多く、「そういう店ならありますよ」と教えてくれる。ところが、いざ店へ行ってみると「本日休業」だったというパターンが多い。

     休業という事態に、タレントらはことさら大げさに反応する。それが番組の見せ場にもなっている。芸能人らのガッカリぶりを見ると、番組スタッフは休業を事前に承知していたのでは?と思えることもある。「ヤラセ」はともかく「演出」の可能性は否定できない。

    1
    続き

    米国映画界最大の祭典、第91回アカデミー賞…

     米国映画界最大の祭典、第91回アカデミー賞の作品賞は「グリーンブック」(ピーター・ファレリー監督)が受賞し、脚本賞と助演男優賞も受賞した。3月1日から日本でも公開が始まっている。

     小紙2月22日付で映画の紹介記事が掲載されたが、「トロント国際映画祭観客賞受賞など10受賞59ノミネート」という一節があった。これを読んだ映画宣伝会社の担当者から「数の出典は?」と不思議な問い合わせ。

    0
    続き

    英国の欧州連合(EU)からの離脱が今月…

     英国の欧州連合(EU)からの離脱が今月29日に迫る中、メイ首相とユンケル欧州委員長が離脱協定案をめぐり新たな合意に達した。EUが譲歩した形だが、野党・労働党党首などは反対の姿勢を示しており、議会で承認されるかは予断を許さない。

     EU離脱問題は英国に刺さった棘(とげ)どころか、国を分断する楔(くさび)となっている。最悪の場合は「合意なき離脱」に突入し、大きな混乱を招く恐れがある。

    2
    続き

    スポーツ競技の栄冠をめぐっては、よく勝者…

     スポーツ競技の栄冠をめぐっては、よく勝者を称(たた)えて<運も実力のうち>ということが言われる。僅差の勝ち負けだったり、天候が運不運を分けたりする場合などがあるが、この場合は掛け値なしの実力で頂点を極めたと言っていい。

     スキージャンプの本場ノルウェーで、ジャンプ男子の個人総合優勝の偉業を達成した小林陵侑(りょうゆう)選手(22、土屋ホーム)である。ワールドカップ始まって以来、これまで39シーズン連続で総合王者を占めた欧州勢以外では史上初となる快挙。

    0
    続き

    一昨年の5月、福島県・浜通り地域の東京…

     一昨年の5月、福島県・浜通り地域の東京電力福島第2原発がある楢葉町で、他所からの企業を呼び込むための「ビジネス交流会」があり、取材で出向いた。

     その時、国道6号を通って、同町の観光スポット「道の駅ならは」に立ち寄った。しかし東日本大震災から6年ほど経(た)っていたのに、特産品を置く「物産館」は休館中で、道の駅内にある温泉施設やフードコートも利用できなかった。

    0
    続き

    「空のほか何も映らず春の水」(高浜年尾)…

     「空のほか何も映らず春の水」(高浜年尾)。春と聞いても、なかなか実感が湧かない。梅の花も、まだ寒さが残っている感じがする。その意味で、春の暖かさを感じさせる花は桜かもしれない。

     桜の開花は関東地方では今月下旬からのようで、あと一息というところまで来ている。気流子が桜の時期になると思い出すのは大学受験のこと。合否判定の電報を家で待っていた時の気持ちがありありとよみがえるからだ。

    1
    続き

    かつて力道山やジャイアント馬場らと対戦し…

     かつて力道山やジャイアント馬場らと対戦し、日本にプロレスブームを巻き起こした覆面レスラー「ザ・デストロイヤー」本名リチャード・ベイヤーさんの訃報が米国から届いた。88歳だった。

     デストロイヤーと言えば「足4の字固め」。この必殺技で力道山と死闘を演じ、日本のプロレスファンに鮮烈な印象を残した。気流子なども友達と4の字固めを掛け合ってその“威力”を実感した口である。

    0
    続き

    かつては指をなめた手で本や書類のページを…

     かつては指をなめた手で本や書類のページをめくる光景をよく見掛けた。だが、そんな機会は最近少なくなった。

     映画「砂の器」(1974年公開)の一場面。大阪市内の区役所を訪ねた丹波哲郎扮(ふん)する刑事が、ある男の戸籍を見ながら指にツバを付けてページをめくっている。そのシーンをDVD(2009年発売)で見ていた時に「汚い」と感じてしまった。

    1
    続き

    俳人の故石原八束が主宰する俳句雑誌「秋」…

     俳人の故石原八束が主宰する俳句雑誌「秋」を始めた時、恩師の詩人である三好達治を自宅に招いて文章の勉強会が行われるようになった。昭和35年のことだが、三好の発案によるもので「俳人も文章が書けなくては」との配慮。

     小紙・世日俳壇の選者、平木智恵子さんはそのころ三好から文章の指導を受けた一人だった。俳人の皆さんからしばしば句集を贈呈されるが、俳句はうまいが文章はまだまだという印象を受けることが多い。

    0
    続き

    わが国近年の歴代ノーベル賞受賞者が、口を…

     わが国近年の歴代ノーベル賞受賞者が、口を揃(そろ)えて「基礎研究」充実の必要性を訴えている。来年度政府予算で科学技術予算の増額をぜひ実現させたい。

     政府の支援の方向は二つあって、一つは日本の大学全体の研究力アップに資する運営費交付金の付与。もう一つは有望な研究対象を決め、重点的に投資するもので、iPS細胞を使った再生医療や素粒子解明のための次世代大型加速器「ILC(国際リニアコライダー)計画」などがある。

    7
    続き

    昨日、一昨日とあいにくの雨続きの上に、風も…

     昨日、一昨日とあいにくの雨続きの上に、風もまだ冷たい。明日は「冬ごもりの虫が這(は)い出る」という二十四節気の啓蟄(けいちつ)で春も仲春を迎えるが、虫たちも地上に首を出すのは躊躇(ためら)うかもしれない。

     啓蟄の語は、江戸時代の歳時記には全期を通して登録されている。ところが、啓蟄を詠んだ句の方が見当たらないという。どうも難しい漢字が嫌われたのか使われなかった。

    0
    続き

    「草の戸も住替る代ぞ雛の家」(芭蕉)…

     「草の戸も住替る代ぞ雛の家」(芭蕉)。きょうは桃の節句、雛(ひな)祭りの日である。

     桃の節句について、稲畑汀子編『ホトトギス新歳時記』には「五月五日の男の子の菖蒲の節句に対して、三月三日の女の子の節句をいう。雛に桃の花を供え、桃花酒、白酒を酌んだりしたのでこの名がある」とある。

    0
    続き

    「親日残滓の清算も外交も未来志向で進む…

     「親日残滓の清算も外交も未来志向で進むべきだ」。韓国の文在寅大統領が「三・一独立運動」から100年を記念した式典で語った言葉である。予想より日本批判は抑えられた演説だった。

     未来志向で進むべきだというのは大賛成だ。しかし「親日の残滓」「親日の清算」など、韓国では「親日」という言葉が「反民族」つまり「悪」の意味で使われ普及していることに、困惑を覚える。韓国語の「親日(チンイル)」も日本と同じ漢字を元にした言葉なのだが。

    1
    続き

    「歴史とは勝者の歴史」と言われる。勝った…

     「歴史とは勝者の歴史」と言われる。勝った者が歴史を記述する権利を持つという意味だ。が、勝者の誰もが歴史を記述できるわけではなく、業績は大きいものの謀反を起こされ自害した織田信長や、謀反を主導した明智光秀は、歴史を記述するだけの時間がなかった。

     その点、鎌倉幕府は150年の歴史を持ったが故に『吾妻鏡』(鎌倉時代後期成立)という著作を残すことができた。

    3
    続き

    福島県須賀川市に藤沼湖自然公園がある。…

     福島県須賀川市に藤沼湖自然公園がある。1949年に農業用に造られた人造湖で、周囲に温泉や神社があり、庭園としても整備されて、キャンプ場ともなっていた。

     釣り人が集う湖でもあった。気流子も旅に出る時釣り竿を持参したので、岸辺でミミズを取って餌にし、釣り糸を垂らしてみた。ブルーギルが群れていて次々かかってきた。湖に流れ込む細流を覗(のぞ)いたらウグイの群れ。

    0
    続き

    「きょうは怖い話をありがとうございました」…

     「きょうは怖い話をありがとうございました」。小紙愛読者でつくる世日クラブで特定失踪者問題調査会代表の荒木和博氏が講演し、急増する北朝鮮からの漂着船がはらむ問題への危機意識の不足に警鐘を鳴らした。それに対する質問者の率直な感想である。

     荒木氏が特に問題にしたのは、2017年11月に秋田県由利本荘市の海岸に着岸した木造船に8人が乗っていたが、地元ではあと2人いたと言われていること。新著『北朝鮮の漂着船』(草思社)では、イカを吊(つ)るしたりするやぐらが残ったままの木造船が無人で漂着したことを重視している。

    1
    続き

    半月ほど前、食卓に出た鰹節(かつおぶし)…

     半月ほど前、食卓に出た鰹節(かつおぶし)の佃煮(つくだに)のようなものを口にした。味噌(みそ)味だったので何なのか聞くと、蕗(ふき)の薹(とう)を刻んで合わせ味噌にしたという。言われてみて、わずかにほろ苦い味が分かるほどだった。

     近くの公園の路傍で芽を出していたのを家人が摘んできたのだが、少し早かったようでまだ小さく少なかった。数日前、今度は近所の人から庭で芽を出したというのを頂いた。こちらは待ち遠しい春の旬の味覚をしっかり堪能できた。

    0
    続き

    英国のロックバンド「クイーン」のギタリスト…

     英国のロックバンド「クイーン」のギタリストで、天体物理学の博士号を持つブライアン・メイさん。探査機「はやぶさ2」の小惑星「りゅうぐう」への着陸成功に、ツイッターで「素晴らしい成功だ」と英語で称(たた)え、ローマ字でも「Subarashi des’!!」と書き添えた。

     ニュートンを輩出し、この間、近代科学のあり方を示してきた英国。その国からの、日本の技術の高さと成熟への祝福のようで、とてもうれしい。

    0
    続き