■連載一覧
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 迷走する北非核化
  • 人口減少社会を超えて 第3部・識者インタビュー
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/12/26
  • 2018/12/20
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 上昇気流 rss

    《亡くなった哲学者、梅原猛さんの『隠された…

     《亡くなった哲学者、梅原猛さんの『隠された十字架』は、法隆寺を聖徳太子の怨霊を鎮めるための寺と説いて衝撃的だった。文章も熱を帯び、読みながらぐいぐいと引き込まれたのを覚えている。

     その中で梅原さんは、法隆寺の中門の柱が正面から見ると5本並んでいるのは、真ん中の柱が閂(かんぬき)の役割を果たしており、聖徳太子の怨霊を封じ込める意味があると書いた。後に美術史家の町田甲一氏が『大和古寺巡歴』の中で反論していたのを読んだが、説得力があった。

    0
    続き

    初詣などの正月行事や昨日の成人式をはじめ…

     初詣などの正月行事や昨日の成人式をはじめ、1月は祭りや行事が多くある。永い歴史を持つ日本は気候や風土に合わせ、独特の信仰や習慣から祭りや風習、文化を育んできた。

     年の初めに豊穣をもたらす年神が訪れるという信仰も古くからある一つ。年神を祖霊の神とする地方では、玄関や神棚を飾った門松や注連縄(しめなわ)、古いお札など正月飾りを小正月の14日の夜か15日の朝、神社などで焚(た)き上げる。どんど焼きや左義長(さぎちょう)の行事である。

    0
    続き

    新たな防衛大綱では、宇宙やサイバー空間…

     新たな防衛大綱では、宇宙やサイバー空間、電磁波などの領域で領域横断的に作戦を展開できるようにするとしている。統合幕僚監部と内部部局に専門部署を設け、陸上自衛隊にも電磁波作戦部隊を置くという。

     電子戦では、相手のレーダーや通信を電磁波で使えなくする技術やその運用がポイントだ。電子戦の能力を向上させている中国やロシアに対抗するため、電子攻撃機の開発も目指す。

    0
    続き

    「皸(あかぎれ)の手入れがすめば寝るばかり」…

     「皸(あかぎれ)の手入れがすめば寝るばかり」(児玉葭生)。早朝、水で手を洗っているとピリッとした痛みが走った。見ると手のひらに赤い線がある。そこから血が少し出ているようだ。あかぎれだった。

     東北の地方都市に住んでいた時は、冬はあかぎれや霜焼けに悩まされた。手の皮膚が裂け、そこから内部が見えたこともある。軟膏(なんこう)を塗っても、なかなか治らなかった。

    0
    続き

    新年を新鮮な気持ちで出発しようと、東京…

     新年を新鮮な気持ちで出発しようと、東京・銀座の観世能楽堂に足を運んだ。渋谷区松濤にあった能楽堂が、松坂屋の跡地にできた「GINZA SIX」の地下3階に移ってきたのは一昨年の4月。もともと観世流ゆかりの地らしいが、銀座のど真ん中で能を観(み)る気分も味わってみたかった。

     演目は能「翁(おきな)」「鶴亀」、狂言「末広(すえひろがり)」、高砂など仕舞が8曲、最後に能「東北」というプログラム。20分の休憩を入れ5時間と長丁場だったが、もともとは「翁」ほか能5曲と狂言4曲を入れる「翁付五番立」というのが、江戸時代以来の正式な演じ方である。

    0
    続き

    4月から外国人労働者の受け入れ拡大が始まる…

     4月から外国人労働者の受け入れ拡大が始まる。課題は多いが、特に言葉の問題は避けて通れない。米国務省がアラビア語と並んで習得が最も困難と認定する日本語だけに、話は簡単ではない。

     新聞報道によれば、病院が外国人を「受け入れたくない」と考えているケースが多い。医療だけに、命に直結するケースが多いのは確かだ。「日本人の握ったすしが食べたい」といった感覚的な反応とは重みが違う。

    0
    続き

    1965年から85年までの間、NHK・FMで…

     1965年から85年までの間、NHK・FMで放送された「バロック音楽のたのしみ」という番組があった。解説者の一人が音楽学者の皆川達夫さんで、西洋の古楽を系統立てて紹介していた。

     私事で恐縮だが、気流子も、70年代に早朝のひと時、熱心に聴いていた一人だ。そのころ西洋史を勉強していたので、音楽はその社会を知るための非常に大きな手掛かりだと考えていた。

    0
    続き

    海外原子力発電所事業の採算確保が安全対策…

     海外原子力発電所事業の採算確保が安全対策などのコスト増大で、難しくなってきている。日本メーカーが受注を目指したリトアニアやベトナムでは計画が凍結または撤回された。

     また三菱重工業は、事業費が当初想定(約2兆円)の2倍以上に膨らんだトルコでの原発建設計画を断念する方向で検討している。日立製作所が英国で進めている原発建設計画に関しても、経団連会長の中西宏明日立会長は「民間の投資対象として難しくなっている」と話している。

    2
    続き

    都道府県別では東京の1・04人が最少で、…

     都道府県別では東京の1・04人が最少で、大阪1・67人、神奈川1・77人と続く。ワーストは、福井が5・26人、次いで富山5・11人、三重4・83人である。

     何の数字かというと、昨年の交通事故による人口10万人当たりの死者数で、全国平均は2・79人。これを死者数だけの比較で見ると、愛知が前年比11人減ながら189人で16年連続ワーストという、ありがたくない記録保持県に。以下、千葉186人(前年比32人増)、埼玉175人(同2人減)が続く。

    0
    続き

    年明け早々、住宅火災が相次ぎ、高齢者の…

     年明け早々、住宅火災が相次ぎ、高齢者の犠牲が目立つ。2日午前0時半ごろ、高松市の鉄筋コンクリート建て民家の2階が焼け、96歳の女性と長男(71)が亡くなった。高齢者の親子の2人暮らしだった。

     原因は調査中だが、台所が激しく燃えているので、火元の確認を忘れたのではないか。火事は初期消火であればたいてい鎮火する。備えが十全であれば、大事に至る可能性も大きくない。

    0
    続き

    まだ松の内だが、正月気分はいまひとつという…

     まだ松の内だが、正月気分はいまひとつという知人がぼやいていた。昨年末からの仕事が終わらないので、落ち着いて家でのんびりもできないというのである。確かに正月といっても、初詣やテレビの新年番組など恒例の行事や祭事を通過しないと実感できない面もある。

     「正月も二十日に成て雑煮かな」(嵐雪)。気流子も知人のぼやきとは別に、何かが欠けていることに気付いた。それは餅を入れて食べる雑煮である。年が明けてから、これまで雑煮や餅を食べていない。それが正月気分を少しばかり薄めている。

    1
    続き

    昭和天皇の御製集である『天皇歌集みやまきりしま』…

     昭和天皇の御製集である『天皇歌集みやまきりしま』を古書店で見つけ架蔵している。毎日新聞社による出版で、奥付を見ると発刊は昭和26年11月3日。まだ日本が占領下にあった時のものだ。

     スーツ姿の昭和天皇のお写真が巻頭にあり、戦後の御製79首が収められている。加えて、短歌界の重鎮、斎藤茂吉、釈迢空、吉井勇らが巻末に解説、エッセイを寄せている。装丁・題簽(だいせん)は日本画壇の重鎮、前田青邨が担当し、当時としてはなかなかの豪華本である。

    1
    続き

    気流子が子供のころの町での会話。「正月は…

     気流子が子供のころの町での会話。「正月はどうやって過ごすの?」と年長の男性が聞く。「寝正月ですよ」と問われた男性が即答する。「寝正月」という言葉は初耳だったが、意味は分かった。

     「正月を寝て過ごすのか!? 悲惨な話だ」というのが感想だった。「せっかくの正月なんだから、もっと楽しく過ごせばいいのに」と思ったことははっきり覚えている。「大人の世界も案外厳しいものだ」とも感じた。

    1
    続き

    「『一切空』空にはじまる大初日」(前田律子)…

     「『一切空』空にはじまる大初日」(前田律子)。初日の出を拝もうと見晴らしのいい特別なスポットに出掛ける人は多い。都内では東京タワーや東京スカイツリー、レインボーブリッジ、葛西海浜公園などがある。

     広々とした所や高い所、眺望の利く所などだが、日本航空では初日の出フライトを毎年全国で企画している。成田空港発着の便は、千葉県館山市付近で初日の出を眺めた後、富士山を巡るコースをたどる。

    0
    続き

    <初暦知らぬ月日は美しく>吉屋信子。…

     <初暦知らぬ月日は美しく>吉屋信子。明けましておめでとうございます。荘厳に響き渡る108の鐘の音に煩悩が消し取られ、真っ白な気持ちで迎える新年、新春。

     今年は天皇陛下が退位される4月末で平成が幕を下ろし、5月1日に皇太子殿下の新天皇御即位とともに改元が行われ、新しい元号が始まる。

    0
    続き

    「コンドルが飛んでいないロッキー山脈なんて…

     「コンドルが飛んでいないロッキー山脈なんて私には考えられない」――自然環境悪化で「種の絶滅」が進むことについて、以前話を聞いた元日本動物園水族館協会顧問の故正田陽一氏の感慨だ。

     その半面、正田氏は「今でも、寿命を終えて絶えていく生物はたくさんある。『多様性が大事だから』ということで守ろうとしても、決して守り切れるものではない」とも。

    2
    続き

    「老一人いつまで煤の始末かな」(高浜虚子)…

     「老一人いつまで煤の始末かな」(高浜虚子)。新年を迎えるための大掃除も終わり、あすは大みそかだが、気分はまだ落ち着かない。

     振り返ってみれば、今年は知人の訃報を聞くことが多かった。年を取るということは、さまざまな面で別れを告げることであると知っていても、寂しい気分がある。

    0
    続き

    今年もあと3日。澄んだ冬空を背に黄金色に…

     今年もあと3日。澄んだ冬空を背に黄金色に輝いていたイチョウの木もすっかり葉を落とし、冬支度を完了させた。冬来たりなば春遠からじ。落ち葉もゆくゆくは腐葉土となって、新しい芽吹きのための養分となる。

     毎年繰り返されていることだが、自然の摂理の見事さを思う。年の瀬というのは、忙しく追い立てられる気分の一方、ふと天地の悠久の営みを思ったりする瞬間がある。

    0
    続き

    明治25(1892)年ごろのある日、小説家・…

     明治25(1892)年ごろのある日、小説家・劇作家の坪内逍遥(33歳前後)は、東京・文京区の小説家、森鴎外(30歳前後)邸を訪ねた。原稿の催促のためだった。その後に予定があったので、あくまでもついでの訪問だ。用件が終わって帰ろうとすると、鴎外の母がそばを持って来た。胃弱でもあり、親友と会う次の約束もあるので、逍遥は食事を断った。

     逍遥との間で文学論争中だった鴎外は、それを「逍遥は論敵の食は口にしない覚悟でいる」と解釈した。以後、両者の関係は悪化した。

    1
    続き

    「現代になって、人は表現する対象を失って…

     「現代になって、人は表現する対象を失ってしまった。自然への畏怖や神の姿、いや、美そのものが陳腐化してしまった」。これは美術史学者の河合正朝さんが、2年前に東京都写真美術館で開かれた「杉本博司 ロスト・ヒューマン」展に寄せた言葉だ。

     この展示会では、杉本さんの提示する「今日 世界は死んだ もしかすると明日かもしれない」というテーマに、各界33人の知識人がその理由について考えコメントを寄せていた。

    0
    続き

    中小・零細企業の多い東京・大田区で長年…

     中小・零細企業の多い東京・大田区で長年、メッキ工場を経営していた男性(85)に話を聞くと、約50年前はメッキや鋳鍛造などの加工関連の組合に加入していたのは2000社以上もあった。それが現在は100社ほど。稼働しているのは30~40社ではないかという。

     メッキ加工は最もポピュラーな工業技術の一つで、多くの製品に利用され、その技術は日進月歩。そのため親会社からの注文に対応し切れず、大田区でも転・廃業の割合が大きい分野の一つとなっている。

    1
    続き

    米トランプ政権から来年2月末までの猶予期間…

     米トランプ政権から来年2月末までの猶予期間と引き換えに突き付けられた宿題に、中国がクリスマス返上で取り組んでいるようだ。北京で始まった全国人民代表大会(国会)常務委員会で、政府が「外商投資法」の草案を説明した。

     昨日の小紙1面は、中国が「外国企業に技術移転を強要することを禁止する法律の制定に着手した」(北京時事)と報じた。中国進出の外国企業が提携先企業や地方政府から技術移転を強要される問題については、米国が今月1日の米中首脳会談で交渉項目の筆頭に「知的財産権の保護」の明文化を要求している。

    1
    続き

    ペンシルロケットを製作し、日本の宇宙・…

     ペンシルロケットを製作し、日本の宇宙・ ロケット開発の父と呼ばれる糸川英夫博士(1912~99)は独創の人だったが、「人生で大切なのは、失敗の歴史である」という言葉も残している。試行錯誤の連続だった。

     その精神を受け継いでいるのが、小惑星の砂粒を史上初めて採取し、地球に持ち帰った探査機「はやぶさ」や後継の「はやぶさ2」のプロジェクトチーム。はやぶさが砂粒を回収した小惑星はイトカワと命名されている。

    1
    続き