■連載一覧
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • フィンランド100年の児童支援 「ネウボラ」の現場
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 人口減少社会を超えて 第1部・先駆けの地方移住
  • 2018/9/25
  • 2018/9/18
  • 2018/8/20
  • 2018/8/06
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 米朝首脳会談の焦点
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/6/07
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 上昇気流 rss

    親御さんに。「(道路を渡る時は信号と右左…

     親御さんに。「(道路を渡る時は信号と右左(みぎひだり)を確かめて)信号の点滅が始まったら、無理をせず次の青信号まで待つこと」をお子さんに繰り返し教えて――と。

     高齢者の皆さんには「横断禁止場所の横断は重大事故につながります。遠回りでも横断歩道を渡りましょう」。そして、ドライバーの皆さんは「子供や高齢者、自転車等に対する思いやりの運転を」と警視庁がそれぞれに呼び掛けたのは3年前である。

    0
    続き

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、探査機…

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、探査機「はやぶさ2」が投下した2台の小型探査ロボット「ミネルバ2-1」が、小惑星「りゅうぐう」への着地に成功したと発表した。

     りゅうぐうは地球から約3億㌔離れ、直径約900㍍。りゅうぐうに探査機を到着させるには「日本からブラジルにある長さ6㌢の的を狙う」ほどの精度が求められると言われる。送られた画像は、そんな遠くの出来事とは思えない迫真性がある。

    0
    続き

    「枝豆をおせばつぶてや口の中」(五十嵐播水)…

     「枝豆をおせばつぶてや口の中」(五十嵐播水)。そろそろ秋といっても、なかなかその実感が持てない。最近は秋雨前線の影響で長雨が降り、朝夕は肌寒いほど。なぜ秋の到来を感じられないのかと思っていると、まだ秋の虫の鳴き声がしていないことに思い至った。

     例年のこの時期だと、いくら暑い日でも夕暮れごろからそこここで虫が鳴き始める。家に帰っても、その声が闇の中から聞こえてくる。ああ、秋だなあと思う――これがないので秋とは感じられないと気付いた。

    2
    続き

    3日間に及んだ文在寅韓国大統領の北朝鮮…

     3日間に及んだ文在寅韓国大統領の北朝鮮訪問と南北の首脳会談は、金正恩朝鮮労働党委員長の年内ソウル訪問などサプライズを交え、米朝首脳の再会談実現へムードの盛り上げに腐心した。

     最終日に、北朝鮮が「革命の聖地」と宣伝する白頭山に一緒に登ったのもサプライズだった。好天に恵まれ、山頂のカルデラ湖「天池」をバックに両首脳が夫人らと共に記念写真に収まった。

    2
    続き

    ノーベル文学賞への強い執念を物語る「辞退」…

     ノーベル文学賞への強い執念を物語る「辞退」だ。作家の村上春樹氏が、関係者の不祥事によって今年は発表が見送られたノーベル賞の代わりに、今年限りで設けられた文学賞の最終候補を辞退した。

     賞を主催するNPO団体「ニューアカデミー」に対し、村上氏はメディアの注目を避けて執筆活動に専念したいと表明した。同団体は「残念だが、彼の決定を尊重する」としている。村上氏が望むのはあくまでもノーベル賞であって、それに代わる賞が欲しいわけではない。

    2
    続き

    福島県にやって来て吾妻スカイラインを…

     福島県にやって来て吾妻スカイラインをドライブしようとしていた。地元紙を広げると、吾妻山の麓の福島市土湯温泉町で、犬と散歩をしていた70代の男性がクマに襲われ、ケガをしたと伝えていた。

     現場は温泉の中心部から北に250㍍離れた、女沼に向かう山林の道。男性は子グマ2頭に遭遇し、追い払おうとしたところ後から出てきた親グマにかまれたという。県内での人的被害は今年初めて。

    0
    続き

    2020年東京五輪・パラリンピックの聖火台に…

     2020年東京五輪・パラリンピックの聖火台に縄文土器のデザインを採用するよう呼び掛けている団体がある。「縄文文化発信サポーターズ」で、メンバーの新潟県長岡市長らが五輪組織委員会副会長の遠藤利明元五輪担当相を訪ねて要望した。

     これまで、メイン会場の設計やエンブレムの決定過程では再公募を余儀なくされるなど、すったもんだの顛末(てんまつ)だった。思い出せばうんざりだが、今回の提案はなかなかうならせる。

    2
    続き

    住んでいる都下西部の小学校の地区協議会が…

     住んでいる都下西部の小学校の地区協議会が主催する防災訓練に初めて参加した。週末の土曜日はあいにくの小雨にたたられ、体育館内だけの行事となったが「災害は天気を選ばない。雨の日にやって来るかもしれないので、いざというときのためにしっかり備えてください」という主催者あいさつが心に響いた。

     今年は災害が続く。6月中旬の大阪北部地震、岡山県倉敷市などに大被害をもたらした7月の記録的な西日本豪雨。7~8月のこれまた記録的な猛暑・炎暑で終わらない。

    0
    続き

    複数の災害が同時、またはほぼ同時に発生…

     複数の災害が同時、またはほぼ同時に発生する「複合災害」。地震が発生した後に津波が来たり、地震や風水害によって土砂災害が発生したりするなど、その組み合わせは多くある。

     ところが、複合災害の本格的な研究、住民対応についてはまだほとんど手付かずの状態だと言われる。東京23区の約20%は海抜ゼロメートル地帯だが、台風と地震に同時に襲われるとどうなるのか。架空の話ではなくなっている。

    0
    続き

    「眼鏡かけ点が字となる秋灯火」(嶋田摩耶子)…

     「眼鏡かけ点が字となる秋灯火」(嶋田摩耶子)。テレビのCMは、商品のアピールが主要な目的。だが、それを必要とする時代の状況を示している面がある。最近、気になっているのはルーペや拡大鏡のCM。高齢者としてはふと目を止めたくなる。

     気流子もとみに最近、朝の暗がりで新聞や活字の小さい昔の文庫本を読む時、字がぼやけて判読し難いことがある。目に近づけたり、前後の文から判断したり、時には虫メガネを持ち出したりして読むことになってしまう。

    1
    続き

    日露平和条約を「年末までにいかなる前提条件もなしで…

     日露平和条約を「年末までにいかなる前提条件もなしで締結しよう」。ウラジオストクで開かれた東方経済フォーラムで、ロシアのプーチン大統領が唐突に提案した。到底受け入れられない提案で、安倍晋三首相と日本国民を愚弄しているのではないかとの疑いすら起きる。

     ロシアの不法占拠が続く北方四島の返還は日本の悲願であり、「領土問題の解決なくして平和条約の締結はない」が一貫した立場だ。プーチン氏の提案は共同経済活動などで信頼醸成を図る安倍首相の「新しいアプローチ」も無視した形だ。

    0
    続き

    台風襲来で暴風が吹き荒れる現地からの中継で…

     台風襲来で暴風が吹き荒れる現地からの中継で、冒頭に「安全を確保した上でお伝えしています」という言葉を聞くことが多くなった。以前はそんな前置きはなかった。ごく最近になって様子が変わったのだろう。

     「何があったんだろう?」と思っていると「テレビ局へのパワハラ批判を回避したいのがその理由」とのインターネット記事が出ていた。「危険な場所に記者やアナウンサーを配置して台風の中継をさせるのはパワハラ行為だ」と視聴者に受け止められるという判断がテレビ局内に生まれてきたらしい。

    1
    続き

    秋雨前線が西日本から長く東北にまで延びて…

     秋雨前線が西日本から長く東北にまで延びていた。福島県はまだ前線の南側だったが、小雨が降ったりやんだり。東北自動車道から西を見ると奥羽山脈には雲がかかっている。吾妻スカイラインに向かった。

     だが、福島に来て分かったのは、不動沢から浄土平間が通行止めだということ。台風13号の影響で路肩が崩落したためだという。そこで土湯峠を経由して浄土平に行こうと国道115号を南西に。

    0
    続き

    北海道地震への対応で延期されていた自民党…

     北海道地震への対応で延期されていた自民党総裁選の本格論戦がスタートした。6年ぶりとなる選挙にしては、盛り上がりはいまひとつ。せっかくの機会だ。活発な論戦とその深化を望みたい。

     国会議員選挙の場合、特に野党に多いが、ほとんど実現不可能な公約を掲げたり、ネガティブキャンペーンに終始したりしがちだ。それに対して、与党自民党の総裁選は基本的には志を同じくする候補が、リーダーシップや政策、ビジョンを競うのだから、より責任を伴い、現実的な論戦が期待できる。

    0
    続き

    テニスの四大大会シングルスで日本人選手が…

     テニスの四大大会シングルスで日本人選手が初めて挑戦した1912年から1世紀を超え、ついに日本テニス界の悲願を達成した大坂なおみ(日清食品)。全米オープン女子シングルス決勝は、主審の判定にブチ切れしたセリーナ・ウィリアムズ(米国)を後押しする観客のブーイングに包まれた。

     大坂はこれに動じない精神的たくましさで、S・ウィリアムズのパワーテニスを真っ向勝負で受け止め切り返した。天晴(あっぱ)れな試合ぶりだったが、それ以上に表彰式などでの応答も称賛ものである。

    0
    続き

    「撫子(なでしこ)や堤ともなく草の原」…

     「撫子(なでしこ)や堤ともなく草の原」(高浜虚子)。日本女性の姿に例えられる花といえば、ナデシコが代表的。サッカー日本女子代表の愛称「なでしこジャパン」で有名になった。そのナデシコは秋の七草の一つ。

     といっても、春の七草に比べると知名度はいまひとつかもしれない。春の七草は、お粥(かゆ)に入れて食べる新春の行事で強く印象に刻まれるからだろう。秋の七草は観賞するのみのもの。

    0
    続き

    北海道胆振地方を震源とした今回の地震では…

     北海道胆振地方を震源とした今回の地震では一時、道内のほぼ全世帯に当たる約295万戸で停電する「ブラックアウト」が起きた。2003年、ニューヨークも含む米北東部からカナダ南部をまたがる広い地域で起きたのと同じことが日本でも起きるとは。まさに防災体制の虚を突かれた感がある。

     ブラックアウトが起きる背景には、電力の需給バランスの崩れによる周波数の乱れ、それによる事故を防ぐためのシステムがある。政府はきょう中に停電解消を目指すというが、北海道電力の電力供給体制の完全復旧には最低1週間はかかるという。

    0
    続き

    数字や数値の疑わしい報道が多くなった。…

     数字や数値の疑わしい報道が多くなった。こうした問題はもともと多かったのが、最近になって問題視される機会が増えただけかもしれない。

     何かの集会などで、主催者発表が5万人という場合がある。ところが、警察発表は1万人だったりする。実に5倍の違いがある。本当の数字はどちらなのか。

    3
    続き

    「女みな運転出来て梨出荷」(堀恭子)。…

     「女みな運転出来て梨出荷」(堀恭子)。男女を問わず運転免許証を持つ時代、果樹園では出荷を女性が担当しているところもあるようだ。畑の脇に直売所を置いているところもある。

     埼玉県蓮田市の高虫地区でもナシ栽培が盛んで、その日採れたナシが並ぶ。今、収穫されているのは彩玉。埼玉県オリジナル品種で、平成17年に農林水産省に登録され、県内でしか生産されていない。

    1
    続き

    空飛ぶじゅうたんならぬ空飛ぶ自動車が日本…

     空飛ぶじゅうたんならぬ空飛ぶ自動車が日本でも開発されることになった。空飛ぶ自動車は今のところ、電動のプロペラで垂直に離着陸ができる機体のことを指し、ふわふわと浮き上がる様子は車というよりはヘリコプターやドローンに近いイメージだ。

     トヨタなどメーカー大手が乗り出すのは、せめぎ合う世界の自動車各社の中で製品開発で一歩でも先んじたいという思惑があるから。電気自動車、ハイブリッドカー……などの開発競争の一環でもある。

    4
    続き

    その昔ファンを魅了したムーンサルト(月面…

     その昔ファンを魅了したムーンサルト(月面宙返り)の鮮やかな着地は、どうやら決められそうにない。体操の五輪金メダリストである日本体操協会の塚原光男副会長と妻の千恵子女子強化本部長からパワーハラスメントを受けたとする告発がなされた。

     告発したのは、リオデジャネイロ五輪女子代表で2020年東京五輪でも期待のかかる宮川紗江選手(18)。師事する男性コーチが暴力行為で処分を受けたことをめぐるもので、パワハラの有無だけでなく夫婦共に選手選考の要職にある組織のあり方の是非も徹底究明すべきだろう。

    2
    続き

    中央省庁全体で障害者の雇用数を、実際より…

     中央省庁全体で障害者の雇用数を、実際より3460人多く計上していたことが分かった。その水増し分を修正すると、職員全体に占める障害者の割合は1・19%と法定雇用率(2・3%)を大きく下回っていたという。

     企業に厳しく法の順守を求めながら、手本となるべき中央省庁がこの体たらくでは話にならない。障害者雇用の趣旨に沿うよう現実的な受け入れ体制を早急に整えるべきだ。

    1
    続き

    「水音も風の音にも九月かな」(副島いみ子)…

     「水音も風の音にも九月かな」(副島いみ子)。9月に入っても暑さが続き、なかなか秋の気配が感じられない。「九月の声を聞くと、大気が澄み爽やかな秋の感じがようやく深くなる」(稲畑汀子編『ホトトギス新歳時記』)という俳句の歳時記の言葉が何とも空々しく思えるほど。

     とはいえ、異常気象が長い歴史の中で割合あったことは間違いない。かつての異常気象は、命の危機にさらされる作物の不出来につながり、飢饉(ききん)をもたらした。

    1
    続き