■連載一覧
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/11/04
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 上昇気流 rss

    「木曽路はすべて山の中である」と始まる…

     「木曽路はすべて山の中である」と始まる島崎藤村作『夜明け前』。幕末、維新の政治的動乱の中にあって、森林が日本国土の骨組みの中心にあり続けた様子が、よく分かる。

     木曽一帯は尾張藩が支配し、その厳重な管理下に置かれた。その中にあって住民は、大半の地域に自由に出入りして雑木を伐採し、薪炭の材料を集めることができた。森林は地元共同体が所有し管理するという総意があった。他地域も同様だった。

    0
    続き

    天皇陛下の即位を披露する皇居から赤坂御所…

     天皇陛下の即位を披露する皇居から赤坂御所までの約4・6キロ、時間にして30分ほどのパレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」が滞りなく行われたのは何よりであった。オープンカー上の天皇、皇后両陛下は、沿道に幾重もの人垣をつくり、日の丸の小旗を振って祝福の歓声を上げる人々に手を振られ、にこやかな笑顔で応えられた。

     雲ひとつない秋晴れに恵まれた10日の東京は8月18日以来、日曜日としては12週間ぶりに雨の降らない一日に。一方、「即位礼正殿の儀」が行われた10月22日は朝から雨だった。

    1
    続き

    まだ秋と言っていい時期だが、俳句の歳時記…

     まだ秋と言っていい時期だが、俳句の歳時記で11月は「冬」になる。初雪や初霜の便りも届き始めている。

     水の冷たさを実感するこの頃、今年を振り返るのはまだ早いかもしれないが、記憶に残るのは台風による風水害が多かったことだ。気流子の故郷、福島を流れている阿武隈川(あぶくまがわ)の流域も氾濫によって被害が出た。

    0
    続き

    オリヴィエ・アサイヤス監督のフランス映画…

     オリヴィエ・アサイヤス監督のフランス映画『冬時間のパリ』を観た。タイトルからマロニエの枯れ葉散る晩秋から初冬のパリが浮かび、これを観(み)ればパリに行った気分になれるのではないかと試写会場に足を運んだ。

     編集者アランと作家レオナールの家族同士の不倫などでやや込み入った人間関係をコメディータッチで描いている。最後はレオナールが妻から妊娠を知らされ大団円となる。

    1
    続き

    恒例の「国語に関する世論調査」(文化庁)…

     恒例の「国語に関する世論調査」(文化庁)で、今年は「言わずもがな」が取り上げられていた。とうに忘れた表現だったので、不意を突かれた。「結果は『言わずもがな』」というふうに使われるが、聞いたこともない人が25・6%、聞いたことはあるが使わない人が54・9%、使うことがある人は18・5%だった。

     「言わずもがな」は「言うまでもない」の意味だ。21世紀の今、この表現を18・5%(ほぼ5人に1人)の人々が使っているのが不思議な気もする。

    2
    続き

    江戸時代を専門にした歴史学者・故大石慎三郎…

     江戸時代を専門にした歴史学者・故大石慎三郎さんが、江戸中期の老中・田沼意次(おきつぐ)の研究を始めたのは、史料の中に奇妙なことがあると気付いたからだ。意次は賄賂好きの腐敗した政治家と言われてきた。

     その根拠の一つとされた「まいないつぶれ」の図を見ると、記された紋所は「丸に十の字」で九州島津家のもの。田沼家の紋所は「七曜」で照合しない。史料を調べた結果「悪評」を記したものはすべて偽りと結論。

    2
    続き

    <それは秋らしい柔らかな澄んだ日ざしが…

     <それは秋らしい柔らかな澄んだ日ざしが、紺のだいぶはげ落ちたのれんの下から静かに店先に差し込んでいる時だった>。志賀直哉の名作「小僧の神様」の冒頭部分である。余計な説明を省き「秋らしい柔らかな澄んだ日ざし」と書くだけで、その季節感が伝わってくる。

     しかし、最近は「秋らしい」日が少なくなっているのが気に掛かる。特に先月は台風が多かったこともあり、暑くもなく寒くもなく、からりと爽やかな晴れの日が少なかった。

    1
    続き

    新聞コラムから。「蕪村の句<老(おい)が…

     新聞コラムから。「蕪村の句<老(おい)が恋わすれんとすればしぐれかな>は二百数十年も昔の人が詠んだとは思えず、作者名を隠せば平成の作品で通るだろう」(読売「編集手帳」平成21年11月4日付)。

     もう一つは小紙・上昇気流。「繰り返し読まれる本が名著、その中で100年単位でなお残るものが古典ということだろうか。『万葉集』であれ『平家物語』であれ、古典は長い時間によるテストをくぐり抜けて来た」(平成28年9月30日付)。

    1
    続き

    製造業では規模の大きい企業合併が珍しく…

     製造業では規模の大きい企業合併が珍しくなくなった。日立製作所とホンダは傘下の自動車部品メーカー4社を合併し、新会社を設立することになった。4社の売り上げは1兆7000億円余。国内有数規模の自動車部品メーカーが誕生する。

     電動車向けに、燃料や電力の制御系部品、緩衝器などの足回り部分、ブレーキ部品などを製作する4社。記者会見で「それぞれの事業を組み合わせることで、競争力のある技術を確立したい」(日立副社長)と。

    2
    続き

    「旅に見る十一月の水や空」(島田みつ子)…

     「旅に見る十一月の水や空」(島田みつ子)。年賀はがきの発売が1日から始まり、もう来年のことを考える時期になった。虚礼だから廃止したいという声を聞くこともあるが、普段の音信があまりない知人友人のことを思い出して懐かしい思いになることも確か。

     はがきの値段も少しばかり上がったので、枚数を検討している人もいるだろう。とはいえ、それはかなりの枚数を出す人のこと。高齢になると、年々自然に減っていくのは仕方がない。

    0
    続き

    炎上する映像を視(み)て茫然(ぼうぜん)…

     炎上する映像を視(み)て茫然(ぼうぜん)、跡形なく焼失した姿を見て愕然(がくぜん)、なぜこんなことになったのかと思うと憤然としてくる。那覇市の首里城の焼失はそれを心の拠り所としてきた沖縄の人々だけでなく、多くの日本国民にとっての衝撃であり、喪失感は大きい。

     沖縄の歴史と文化を象徴する建物であるばかりでなく、中国と日本の様式を融合させた独特の形は、日本文化の多様性も示している。

    1
    続き

    これまで何十回となく本を処分してきた。…

     これまで何十回となく本を処分してきた。古書店相手の場合、多い少ないはともかく、お金がもらえる。近所の処分所へ運んだこともあった(お金はもらえない)。今回処分所に運び込んだのは、古書店が買い取ってくれるはずがないような本ばかりだからだ。

     今回は「読まない」本(不要となった本)ではなく、「読めない」本を処分した。機会があれば読みたいこともあるだろうが、活字があまりに小さいので、メガネを掛けてもしんどくて読めない本が中心だ。文庫本が多い。なぜか、新書の活字は文庫本ほど小さくはない。

    2
    続き

    「君が手に花冷えの手重ねけり」。先日亡く…

     「君が手に花冷えの手重ねけり」。先日亡くなったエッセイストの木村梢さんが、夫で俳優の木村功さんのことを詠んだ句だ。梢さんがエッセーを書くようになったきっかけは、夫の死だった。

     最初の著書『功、大好き』(講談社)は、1982年に出されて半年後には40万部のベストセラーに。友人や家族に勧められて書き、題名は出版社が付けた。「私には抵抗があって恥ずかしかったんです」と取材で語ってくれた。

    1
    続き

    台風21号に伴う記録的な豪雨で死亡した10人…

     台風21号に伴う記録的な豪雨で死亡した10人のうち、5人は乗車中に浸水で流された「車中死」であることが分かった。豪雨時の避難手段などについて議論が起こっている。

     冠水する道路を走る乗用車の映像を見ると、危なっかしく冷や冷やさせられる。当人たちも、ある時点から誤算に気付くのだろう。水の深さや量は予想を一気に超えることもあり、車は身動きが取れなくなったり、道路外に引っ張られたりする。

    1
    続き

    来年の東京五輪のマラソンと競歩の実施コース…

     来年の東京五輪のマラソンと競歩の実施コースが東京都から札幌市に変更される見通しである。国際オリンピック委員会(IOC)と大会組織委員会、都などが明日から都内で開く調整委員会(J・コーツ委員長)で正式決定となる。

     すでに大会組織委はIOCの札幌ドーム発着のコース案に対し、市中心部の大通公園案を検討していることが伝えられるなど事実上、札幌実施で動きだしている。開幕まで300日を切る中での急転直下の変更だが、「選手の健康優先」の決定を各紙社説はそろって「やむをえまい」と追認している。

    1
    続き

    「間尺に合わない」とは、努力に見合う利益…

     「間尺に合わない」とは、努力に見合う利益を得られないことをいう。昔、工学部の学生を前に、ある教官はよくこの言葉を出して訓を垂れていた。大学生レベルの電気回路の出力計算にプログラムを作ってコンピューターを回すのは愚の骨頂、機械式計算機で十分満足な答えが出せる、計算手段はその目的や用途に合ったものを、と。

     米IT大手のグーグルは、最先端のスーパーコンピューターで約1万年かかる計算問題を、同社開発の量子コンピューターがわずか3分20秒で解いたと発表した。この極端な数値差に驚かなかった人はいないだろう。

    1
    続き

    「母家より起きよと電話秋出水」(杉森干柿)…

     「母家より起きよと電話秋出水」(杉森干柿)。今年は台風の襲来が多い。特に、記録的な大雨による河川の氾濫で被害が続出している。このほどの台風21号でも、大雨による土砂崩れなどが発生した。

     秋には台風による被害が多い。俳句の歳時記に「秋出水」という季語がある。稲畑汀子編『ホトトギス新歳時記』には「台風季の豪雨によって、秋も出水が多い。単に『出水』といえば夏季、五月雨(さみだれ)ごろの出水をさす」とある。

    1
    続き

    台風19号による被害で一部区間が不通と…

     台風19号による被害で一部区間が不通となっていた北陸新幹線の東京-金沢間の直通運転が13日ぶりに再開した。「かがやき」が最速約2時間半で結ぶこの路線は、北陸の都市と首都圏を日帰り往復圏内にし、新幹線効果としては大きなものがある。不通と再開でそれを実感した利用者も多いのではないか。

     月曜午後に山野之義金沢市長にインタビューし、その日に帰京した気流子もその一人だ。往きは台風が来る前に予約した高速バスで前日に金沢入りしたが、帰りは新幹線の直通運転がないため、北陸本線で滋賀県の米原へ出てそこから東海道新幹線で帰京。約2倍の時間がかかった。

    1
    続き

    東日本の広範囲に大きな被害をもたらした…

     東日本の広範囲に大きな被害をもたらした台風19号は、気象庁の当初予報では「狩野川台風(1958年)並み」と言われた。千人単位の死者・行方不明者が出た狩野川台風よりも今回は人的被害が少なかったことを受け、自民党の二階俊博幹事長が「まずまずに収まった」と発言して批判を浴びた。このような場合のコメントは難しい。

     逆に被害が予想を超えた場合、コメントはしやすい。「予想外」とか「想定外」といったものになるはずだ。ありきたりの言葉ではあるが、その際それ以外の言い方は考えられない。

    1
    続き

    天皇陛下が即位を内外に宣言される「即位礼…

     天皇陛下が即位を内外に宣言される「即位礼正殿の儀」をテレビで拝見した。三権の長や外国元首、国際機関や各界の代表者ら1999人が参列して行われ、この厳粛な時間に歴史の新しいページが開かれたと実感した。

     高御座(たかみくら)、御帳台(みちょうだい)、万歳旙(ばんざいばん)など、特別な儀式でなければ使われることのない用語も高貴に感じられた。こうした演出は飛鳥・奈良時代から古代中国の文化を元に形成され、千数百年の歴史を持つという。

    1
    続き

    昨日の午後1時、気流子は東京・銀座4丁目…

     昨日の午後1時、気流子は東京・銀座4丁目交差点付近で人を待っていた。ちょうど天皇陛下の「即位礼正殿の儀」の行われる時間で、テレビの中継があったが、数カ月ぶりに地方から上京した友人の都合に合わせざるを得なかった。

     即位を祝う日の丸が飾られた銀座通りに10分ほど前に到着した頃は、小降りだが雨が降っていた。友人から携帯に電話があり、少し遅れるとのことだった。仕方なく和光デパートの大時計を見ながら待っていたところ、にわかに晴れ間がのぞき、日が差してくるではないか。

    3
    続き

    今年秋の全国交通安全運動の期間10日間の…

     今年秋の全国交通安全運動の期間10日間の交通事故による死者数は、統計を取り始めた昭和29(1954)年以来最も少なかった昨年同期よりさらに5人少ない89人となった。事故件数も9540件(同950件減)で1万件を割り込んだのである。

     今年1~6月の全国の交通死者数1418人は、記録が残る昭和23年以降で最も少なかった。こうした成果は7月以降も続いていて、今月16日までの死者数は2355人。年間死者数が戦後最少の3532人だった昨年同期の2628人に比べて273人(10・4%)もの減少だ。

    1
    続き

    交通機関の「計画運休」は、台湾などでは…

     交通機関の「計画運休」は、台湾などでは以前から実施されていたが、わが国の首都圏の交通網は大規模で複雑であるため、とてもかなわないと思っていた。ところが、昨年9月の台風24号や今回の19号の時に行われた。

     昨年はJR東日本が首都圏全路線の運行を午後8時以降取りやめ、私鉄も終電を繰り上げた。今年は半日全休という“本格的な”運休となったが、ともに大きな混乱はなかった。

    1
    続き