■連載一覧
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米朝“宴の後”で 非核化・拉致問題の行方
  • 米朝首脳会談の焦点
  • どうなる米朝首脳会談
  • 2018/7/18
  • 2018/6/14
  • 2018/6/07
  • 2018/5/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 上昇気流 rss

    2020年東京五輪・パラリンピックまで2年に…

     2020年東京五輪・パラリンピックまで2年に迫り、競技日程や観戦チケットの価格が相次いで発表された。五輪に関わる具体的な事柄が数字で示され、いよいよ近づいてきた、の感がする。

     競技の一般チケットは最低2500円から、最高は陸上競技で男子100㍍が観戦できる日の13万円。開会式は1万2000円から30万円。安い席はグラウンドから一番遠いのだろうけれど、それでもその場の空気に浸れるのだから忘れ難い体験となるだろう。

    0
    続き

    今期芥川賞では、話題作の受賞はならなかった…

     今期芥川賞では、話題作の受賞はならなかった。話題作といっても、内容や力量ではなく、作品の一部に先行作と類似した表現があった点で注目を集めた作品だ。

     作者は北条裕子さん(32)、作品名は「美しい顔」。東日本大震災を題材にした作品だ。複数のノンフィクション作品と表現がよく似た部分が幾つか見つかった。

    0
    続き

    「人生には成功も失敗もない。あるのはそれを…

     「人生には成功も失敗もない。あるのはそれを味わい尽くすことのみ」。日本を代表するアルゼンチン・タンゴ歌手、香坂優さんがかつてブエノスアイレスに留学し、修業の難しさに落ち込んだ時の気持ちだった。

     横浜みなとみらいホールでアルゼンチン・タンゴコンサートを聞く機会があった。楽団チコス・デ・パンパによる演奏があり、香坂さんの歌があり、音楽の解説と思い出話が繰り広げられた。

    1
    続き

    猛暑が続いている。一昨日は岐阜県揖斐川町で…

     猛暑が続いている。一昨日は岐阜県揖斐川町で今年の全国最高となる39・3度を記録。3連休中、共同通信の集計によると、全国で5616人が熱中症で搬送され、14人が亡くなった。西日本豪雨の被災地では、暑さと戦いながらの復旧作業となった。

     今年は全国的に梅雨明けが早かった。まだ7月の中旬を過ぎたところ。これからが夏本番だと考えると、うんざりというよりは怖い気すらする。

    0
    続き

    この32日間は世界中が沸いたと言っても過言…

     この32日間は世界中が沸いたと言っても過言ではなかろう。サッカーW杯ロシア大会(モスクワなど)は15日の決勝で、クロアチアを4-2で下したフランスに栄冠が輝いた。フランスの強さとクロアチアの奮闘を称(たた)えたい。

     これで欧州勢のW杯制覇は、2006年のイタリアからスペイン、ドイツに続き4大会連続となる。次回大会(22年・中東カタール)では、ネイマールらの個人技が封じられ準々決勝で姿を消したブラジルなど、欧州と対峙(たいじ)するサッカー大陸・南米勢の巻き返しに期待したい。

    2
    続き

    「実際に迫る水を見るまで重い腰が上がら…

     「実際に迫る水を見るまで重い腰が上がらなかった」。西日本豪雨で避難が遅れ、辛くも一命を取り留めた岡山県倉敷市真備町の竹内昇さん(70)。近接の堤防が決壊し、道路の両側から水が押し寄せてきて、初めて「まさかの事態」に気付いたという。

     この間、直ちに命を守る行動を取るよう促す気象庁の特別警報、市町村が発令する避難勧告、避難指示が出ていた。竹内さんは避難のタイミングの難しさをつくづく思い知らされた。

    2
    続き

    「もみくちやに洗ひゐるなり汗の顔」(三條…

     「もみくちやに洗ひゐるなり汗の顔」(三條羽村)。じっとしていても動いていても暑い季節。シャワーを浴びても、すぐに汗が噴き出す。洗濯した衣類も、部屋干ししてもわずかな時間で乾く。

     酷暑が続き、ものを考えるのもおっくうになってしまう。外出となれば余計に暑さがこたえる。酷暑の夏も酷寒の冬も過ごしにくい季節である。

    1
    続き

    「世界三大料理」は何かと問われ、フランス…

     「世界三大料理」は何かと問われ、フランス料理、中国料理までは言えても、トルコ料理と答えられる人は少ないのではないか。日本でも羊の肉を焼いたケバブなどが知られるようにはなったが、残念ながらトルコ料理店は中仏と比べると遥(はる)かに少ない。

     気流子がイスタンブールを訪ねたのはもう30年近く前だが、最初の晩、夕食代を安く上げようと、店頭で売られていたケバブとピラフをプラスチックの器に入れてもらい、宿で食べた。その美味(おい)しかったこと。カルチャーショックに近いものを受けた。

    1
    続き

    「潜伏キリシタン」の関連遺産が世界文化遺産…

     「潜伏キリシタン」の関連遺産が世界文化遺産に登録された。全く結構な話だが、潜伏キリシタンという名称には違和感を覚えなくもない。「隠れキリシタン」という表現の方が一般的だからだ。

     もっとも隠れキリシタンに関しては、江戸幕府によるキリスト教禁止後も密(ひそ)かに信仰し続けた信者を潜伏キリシタン、明治維新後に解禁されてからも江戸時代の秘境形態を守ってカトリックに復帰しなかった信者を「かくれキリシタン」とする区別はある。

    0
    続き

    「いったい、これがわれわれの祖先によって…

     「いったい、これがわれわれの祖先によって作られたものなのだろうか? これらはふつう考えられている、なごやかで繊細な日本の伝統とはまったくちがっています。むしろその反対物です」(「縄文土器」)。

     美術家の岡本太郎がヨーロッパから帰国して、1952年に縄文土器に出会った時の驚きの言葉である。荒々しく、不協和音がうなりを立てるような不思議な形態。圧倒されるような文様。

    2
    続き

    日本の河川には二つの特徴がある。一つは…

     日本の河川には二つの特徴がある。一つは勾配が急で流れが速いこと、もう一つは最大流量と最小流量の差が大きいことだ。それで洪水を起こすこともあれば、雨が降らないと水の流れが細くなり、干上がってしまうこともある。

     水に恵まれていながら、昔から水不足に悩まされ、他方では水による被害を受け、生命や財産を奪われ日々の生活を破壊されたりした。「水は天からもらい水」という。天に向かっての感謝の気持ちと人知ではどうにもならない授かりものという諦めの気持ちも込められている。

    2
    続き

    七夕を挟んだ3日間に西日本を中心とする…

     七夕を挟んだ3日間に西日本を中心とする広い地域を襲った記録的豪雨の死者が100人を超え、豪雨災害の死者数としては平成最悪となった。被災地は土砂崩れや河川の氾濫(はんらん)、堤防の決壊などで川と道路、田畑の区別がつかない一面ドロ沼。

     死者や行方不明者などのほか孤立した集落も続出した。まずは被災地や避難所に向けた食料や水、寝具などの生活物資の支援に万全を尽くしてもらいたい。

    0
    続き

    「乾坤(けんこん)に一擲(いってき)くれし…

     「乾坤(けんこん)に一擲(いってき)くれし大夕立」(安積素顔)。「乾坤」とは天地のこと。よく使われる用語として「乾坤一擲」がある。「天に運を任せて大勝負に出ること」という意味だ。

     本来は賭け事などに用いられる言葉だが、転じて政治などの勝負にも使われる。戦国時代の織田信長の桶狭間の戦いは、まさに「乾坤一擲」と言っていい奇襲作戦。このような作戦は一生に一度あるかないかのばくちで、信長もその後は実行していない。

    2
    続き

    日本で18件目となる世界文化遺産登録が…

     日本で18件目となる世界文化遺産登録が決まった「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」。キリシタン時代や潜伏キリシタンについては、作家の故遠藤周作氏が深い関心を示し、『沈黙』『銃と十字架』などの作品を残した。それらは、自身カトリック教徒である遠藤氏の信仰告白でもあった。

     昭和46年出版の『切支丹の里』は、遠藤氏が長崎、平戸、天草などキリシタンの里を訪ねた紀行。今から50年近く前の里の様子を伝え、貴重な記録にもなっている。

    0
    続き

    サッカー・ワールドカップ(W杯)の決勝…

     サッカー・ワールドカップ(W杯)の決勝トーナメント進出に当たって、西野朗監督がポーランド戦で攻撃の姿勢を見せることなく、「パス回し」による時間切れを狙う方法を取ったことは、賛否両論あるが興味深い。

     日本では高校野球をモデルとしたスタイルが影響力を持っていて「全力」というキーワードが普通に実践されている。度を越えた熱投、一塁へのヘッドスライディングといった熱血プレーが称賛される。結果を度外視した美学は、日本スポーツの伝統だった。

    1
    続き

    1909年に伊藤博文がハルビンで暗殺された時…

     1909年に伊藤博文がハルビンで暗殺された時、懐に忍ばせていたという本がある。米国のイエール大学講師の朝河貫一が書いた『日本の禍機』という時事問題を論じた著作だ。

     日露戦争後、日本が直面している危機の一つについて論じた時事評論。当時の満州と韓国での、私欲をむき出しにした官民挙げての日本の行動について、欧米の日本を見る目の変化を紹介し、危惧の念を表明したものだ。

    3
    続き

    落語の笑いも噺家(はなしか)によって随分…

     落語の笑いも噺家(はなしか)によって随分質が違う。ばかばかしい笑い、こそばゆい笑い、ニヒルなブラックユーモアなど。人気番組「笑点」の大喜利では、笑いの個性が際立つ。

     「笑点」の開始時から出演し、司会も務めた桂歌丸さんの笑いは、可笑(おか)しさの中に何かほのぼのとしたもの、あるいは人生への肯定的なものがあった。それが幅広い人気の背景にあった。その歌丸さんが亡くなった。81歳だった。

    2
    続き

    今年上半期(1~6月)の全国の交通事故…

     今年上半期(1~6月)の全国の交通事故死者数は1603人で、昨年同期比で72人の減少を記録した。昨年は、昭和24(1949)年の3790人という年間の戦後最少記録を実に68年ぶりに破り、3694人という交通安全運動において画期的な成果を刻んだ年となった。

     今年も、1年の4分の1となる3月末までが845人と昨年同期比で28人減だったのを、半年でさらに72人減と進めた。戦後最少記録をさらに更新する可能性が出てきた。

    0
    続き

    再生可能エネルギーの太陽光発電は発電パネル…

     再生可能エネルギーの太陽光発電は発電パネル設置という比較的小さい初期投資で済むことから、森林伐採や農地転用を行うことで各地に建設された。しかし採算が取れず撤退し、環境悪化が進んで事業者と住民との間でトラブルが起きている所が少なくない。

     一方、風力発電の場合も、住民の「風車が回る音や発せられる低周波で眠れない」などの苦情が多く、思ったほど普及が進んでいない。風力発電ではほかに、海上に造った施設で発電する洋上発電がある。

    2
    続き

    「七月の蝌蚪が居りけり山の池」(高浜虚子)…

     「七月の蝌蚪が居りけり山の池」(高浜虚子)。「蝌蚪」とは難しい漢字だが、オタマジャクシを指す。きょうから7月。夏本番という天候が続く。

     気象庁が、関東甲信地方は先月29日に梅雨明けしたとみられると発表した。このところ快晴で真夏日となることが多い。夏と言えば学生時代の長期休暇のことが浮かんでくる。ずっと昔のことながら、休みの間に行った海や山が思い出される。

    1
    続き

    サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア…

     サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で、日本が2大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。ポーランドに0-1で敗れたものの、同成績のセネガルよりイエローカードが2枚少ないという、予想だにしない形で。

     最後の10分間は大ブーイングの中、選手たちはパス回しで時間を稼いだ。そんなプレーを見たくないという気持ちと、もしセネガルが同点に追い付いたらという心配から、チャンネルをセネガル-コロンビア戦に切り替えた人も多かったのではないか。

    1
    続き

    今月の大阪府北部の地震。地震となれば地震…

     今月の大阪府北部の地震。地震となれば地震学者の出番だ。思い出すのは東日本大震災の時。特別報道番組(生放送)で高齢の地震学者が何かの映像を見て「非常に面白い」と言った。

     本音が出たのだろうが、一視聴者として聞いていて「まずい」と思った。司会者はそれとなく注意し、学者も以後この発言は控えた。

    0
    続き

    美術展の内覧会に行くとどこでも同じような…

     美術展の内覧会に行くとどこでも同じようなことを感じることが多い。それは学芸員がよく研究していることだが、視点を変えて言うと、見方を強制されている感じがすることだ。

     その見方は時代の鏡のようなものなのだろう。ところでそれとは反対に、観(み)る人自身の体験を重要視する展示で興味をそそるのは東京都写真美術館で開催中の「イントゥ・ザ・ピクチャーズ」だ。

    0
    続き