■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    新たな観光資源 Jリーグキャンプ

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄の観光および飲食業界にとって、2月は閑散期に当たっていたが、それが過去の話となった。この月の沖縄経済を牽引(けんいん)するのはスポーツキャンプだ。リゾートホテルは団体予約が入り、キャンプ受け入れ地である各自治体への経済波及効果は大きい。

    2
    続き

    今年は亥年だが、イノシシにとっては受難の…

     今年は亥年だが、イノシシにとっては受難の年となりそうだ。昨年暮れに岐阜県で豚コレラが発生し、約8000頭の豚が殺処分された。昨日も新たな感染が見つかりさらに1600頭を処分するというが、野生のイノシシにも感染が広がっている。

     豚はイノシシが家畜化したものと言うけれど、見た目は大分違う。しかしイノシシも豚コレラに感染するということで、この類縁性も納得できる。

    1
    続き

    【ナノストア】Amazon Goライクな5坪店!結局のところ、レジなし店舗はハウマッチ?

    ■アマゾンゴーに似たレジなしコンビニエンスストアの出現が最近目立っているが、再びレジなし店舗の話題だ。カリフォルニア州サンタクララのスタートアップのアイファイ(AiFi:エイファイ?)がパーキングスペース程度のレジなしコンビニエンスストアを発表した。ニューヨークで開催された「NRF2019ビッグショー(NRF2019 RETAIL’S BIG SHOW)」でもデモンストレーションされたのは「ナノストア(Nano Store)」と呼ばれる超小型店舗だ。

    0
    続き

    ブレグジット特需

     前々から予想されていたとはいえ、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)が、合意なき離脱かもしくは離脱延期になりそうな状況の中、この数カ月、パリの不動産価格が急騰している。

     特に高級物件の高騰が目立っている。客層には、ロンドンからパリに引き揚げて来る金融関係のリッチなフランス人が多いそうだ。

    1
    続き

    ゴーン事件巡る仏大統領の正解と誤解

    2019年1月28日

     マクロン仏大統領が安倍首相との電話会談で、日産会長にスナール氏を起用するほか、ルノーと日産の経営統合の意向を示唆しました。企業レベルの話に大統領が首を突っこんできたことは、問題を政治・外交化させる愚策です。長期化するデモに手を焼き、国内向けのポーズを取りたかったのでしょうか。

    1
    続き

    朝鮮半島の「点と線」

     作家松本清張には「点と線」というタイトルの長編推理小説があったが、別々の場所で異なった時間に生じた出来事を結ぶ時、意外な事実が浮かび上がる。朝鮮半島周辺で生じている様々な出来事、事件を「点」とすれば、それらの「点」を結んでいくと、考えられないようなシナリオが浮かび上がってくるのだ。

    2
    続き

    数詞(かぞへことば)の不思議

    先日「日本を取り戻す12の言葉」という記事の12番目で、「数詞(かぞへことば)」についてご紹介したのですが、本文でこれを扱ったことがないので、あらためてその数詞について書いてみたいと思います。

    我が国では1〜10までを数える際に、 「ひぃ、ふぅ、みぃ、よぉ、いつ、むぅ、なな、や、ここ、とぉ」 という言い方をします。 これがもとからある日本式の数の読み方です。

    0
    続き

    ウイグルの神になろうとする中国共産党

    ■宗教をイデオロギーに適合させる

     中国はウイグルでイスラム教を社会主義・共産主義に適合した新たなイスラム教に変えようとしている。伝統・文化・言語なども社会主義・共産主義に適合させる同化政策。見た目はウイグル人の同化政策だが、中身は民族性の抹殺が行われている。

    ■宗教の神を超えた中国共産党

    7
    続き

    自分の対応思い返す「不登校」

     教育欄を担当するようになって、不登校、子育て、小中高の公教育現場の話を聞く機会が増えた。今になって思えば、もっと、早く(10年とか15年とか前に)真剣に子育てを考えるべきであったなと、いろいろ考えさせられる場面が多くなった。

     昨年末、日本財団が不登校傾向にある中学生、推計33万人という実態調査の結果を発表した。子供が学校に馴染(なじ)まなくなる原因や背景を本音として集めようと、2018年10月、中学生年齢の12~15歳6500人を対象にインターネットで調査し、6450人から有効回答を得た。不登校になった理由は、身体的症状のほか、「授業がよく分からない」「テストを受けたくない」など学業的な要因も多かった。

    2
    続き

    「後悔はしたくない。全ての感情を消そう」…

     「後悔はしたくない。全ての感情を消そう」。昨年の全米に続き全豪オープンと四大大会連覇の快挙を果たしたテニスの大坂なおみ選手は、そう心を定めて湧き上がってくる弱気の虫を封じた。

     決勝戦の相手ペトラ・クビトバ選手(チェコ)に第1セットを先取し、第2セットも5-3からマッチポイントを握り崖っぷちに追い詰めた。ところが、ここから相手の驚異的な粘り腰の前に4ゲームを連続して失い逆転でセットを奪われた。

    0
    続き

    オカシオコルテス氏は不誠実

    アメリカ保守論壇 M・ティーセン

     民主党のアレクサンドリア・オカシオコルテス下院議員が保守派だったら、誰もが、その無知ぶりを指摘したことだろう。記者らは、オカシオコルテス氏の教養のなさを白日の下にさらそうと、ひっかけの質問をぶつけるはずだ。NBCのバラエティー番組「サタデー・ナイト・ライブ(SNL)」で、その知性と適格性が嘲笑の的となり、こき下ろされていたことだろう。

    4
    続き

    春闘賃上げなし?安倍総理、消費増税本当にするの?

    今日第198回通常国会が招集され、 安倍総理が衆参両院で施政方針演説を行います。 12時から衆議院のネット中継が、NHKでは14時から中継が行われます。

    今国会への提出法案は、夏の参議院選挙を控え会期の延長をさけるため58に絞り込んだようです。 10月の消費税率引き上げに伴う景気対策として税制改正関連法案(自動車税の減税、住宅ローン減税の拡充など)や、 幼児教育・高等教育の無償化の法案などが主なものと報道されています。 私の調べ方が悪いのかもしれませんが、 衆参両院のホームページには今国会に提出予定法案の記載がまだありません。 国民に対し情報公開をしていくという姿勢が見えませんね。 私は国会議員に示すのと同時に、せめてネットで公開していくようにすべきだと思いますが… いずれにしても建設的な国会論戦を期待します。 野党の先生方、まともな質疑をするよう頑張ってください。

    1
    続き

    議論不足の「妊婦加算」制度に納得いかない妊婦たち

    凍結後の議論はどうなる?

     昨年4月から導入された「妊婦加算」の凍結が12月に決定し、今年1月から制度が停止することになりました。わずか9カ月で見直しが検討され、制度が凍結された「妊婦加算」。凍結のきっかけとなったのはある妊婦さんのツイッターへの投稿でした。

    2
    続き

    ソロス氏「習近平は最も危険な人物」

     スイスの世界経済フォーラム年次総会(通称ダボス会議)は22日から25日まで開催されたが、トランプ米大統領やマクロン仏大統領などが参加しなかったこともあって、相対的に静かなダボス会議となった。日本からは安倍晋三首相が参加して23日に演説、国際貿易システムの見直し、世界貿易機構(WTO)の改革の必要性などを訴え、アジアの指導者としてその存在感を遺憾なく発揮できたことは良かった。

    4
    続き

    サイバー戦への備え

     「あなた、会社の帰りにスーパーに寄って葱(ねぎ)を買って来て。今夜は、あなたが好きなすき焼きよ」などと奥さまに頼まれた覚えはありませんか。女性が働きに出るようになった今時は夫も家事や育児を分担するのが当たり前になっている。

    1
    続き

    弱腰外交が韓国を増長

     昨年12月に起きた韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊P1哨戒機への火器管制レーダー照射問題は、日本政府が今月21日に「最終見解」を示し、韓国との協議を打ち切った。

     これで問題は終息すると思ったが、韓国は新たに24日、海自P3C哨戒機による「低空威嚇飛行」があったとする写真やレーダーの記録を公開して、日本に謝罪を求めてきた。しかし、この写真は海面が写っておらず、韓国が主張する低空飛行(70~80メートル)を証明するものではないことは明らかである。

    6
    続き

    2016年現在のわが国の女性研究者は13万8400人…

     2016年現在のわが国の女性研究者は13万8400人。研究者全体に占める女性の割合は15・3%と、それまでの最高を更新した。主要国と比べると低い水準(米国では13年時点で34・3%)だが、評価すべき数字だ。

     日本の女性科学者の草分け的存在で、理論物理学者の米沢富美子氏が亡くなった。80歳だった。京都大大学院修了後、1967年に半導体などの分野で新素材として期待された非晶質(アモルファス)物質の研究で新理論を発表。「静かだが過激な理論」(ノーベル物理学賞受賞者のP・W・アンダーソン氏)と世界的な評価を受けた。

    1
    続き

    危険な韓国の「甘えの構造」

     かなり昔の話だが、日本人の精神性など解明した精神分析学者・土居健郎の「甘えの構造」(1971年)がベストセラーとなったことがあった。当方も読んで「なるほど」と感動したことを思い出すが、どうやら「甘えの構造」は日本人だけではなく、海を越えた隣国韓国にも別の「甘えの構造」があることが明らかになってきた。以下、説明する。

    7
    続き

    「予感とは楽しき不安春を待つ」(高石幸平)…

     「予感とは楽しき不安春を待つ」(高石幸平)。春の気配はまだそれほど明らかではないが、日中は少しずつ暖気が増している気がする。だが布団を干しても、まだ暖かさは短く、すぐに夜気が下りて冷たくなる。

     こうした気候に先駆けて咲くのが梅の花だが、本格的な開花はもう少し先になる。梅の花は今では日本の花として定着しているが、実際には中国から渡来した花で、ことに愛したのが万葉集時代の歌人たち。

    1
    続き

    文在寅大統領のルサンチマン(怨恨)

     スイスインフォから同国の高級紙ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥング(略称NZZ)の日韓関係を報じた記事(「日本と何も共有したくない韓国」)が配信されてきた。NZZはスイスだけではなく、独語圏ではドイツ日刊紙フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング(FAZ)と共に高い評価を受けている日刊紙だ。その独語圏最高峰の日刊紙が日本と韓国両国の関係をどのように論評しているかを知りたくて読んでみた。Patrick Welter記者の東京発のレポートだ。同記事の原題は「韓国は北朝鮮を友と宣言し、日本とは何も共有したくない」だ。

    10
    続き

    中国軍が衛星破壊ミサイルを配備

     中国軍が衛星攻撃兵器(ASAT)を複数の部隊に配備、訓練を行っていることが、国防総省・国家航空宇宙情報センター(NASIC)の報告書「宇宙での競争」から明らかになった。米国の人工衛星を破壊できる兵器であり、宇宙での米国の優位に対抗する狙いがあるものと報告は指摘している。中国軍が、ASATによる攻撃の訓練を実施していることが明らかになるのは初めて。

    2
    続き

    安倍晋三首相とプーチン・ロシア大統領の…

     安倍晋三首相とプーチン・ロシア大統領の25回目となる会談が開かれたが、北方領土問題での進展は見られなかった。むしろロシア側の主張は、ますます強硬になっている。ラブロフ外相など北方領土が第2次大戦で合法的にソ連領になったと認めることを要求してきた。

     これをロシア流の駆け引きの一つと見ることもできるだろう。中国や韓国が歴史問題を対日カードに利用するのをまねたのかもしれない。それ以前にロシア人は客観的な歴史から遠いところにいるようだ。

    1
    続き

    韓国が妙に日本に敵意を持っているようだ

    困ったことだが、韓国政府は日本を友好国と認めていないのじゃないか、と思うようなことが続いている。

    まあ、言い合いを続けているとどうしても声が大きくなっていくので、しばらく黙っていることにするのも大人の知恵だろう。

    困るのは韓国だということが明白になるまで放っておく、というのもいいかも知れない。

    今の韓国は、ああ言えばこう言う、というかつての上祐さんみたいなものかしら。

    4
    続き