■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    さて、無党派層の方々は選挙に行くのかしらー目の前にある議会制民主主義の危機

    世間では無党派層の方々が圧倒的に多そうだなあ、と見ているのだが、どうも目下のところ無党派層の方々には投票所に足を運ぶ気力も体力もなさそうだ。

    自分の力で日本の社会を変えようとか、政治を変えようという意思が希薄のようで、誰の応援をすることもなく、ただただぶつぶつと不平不満を述べるだけで終わってしまいそうだ。

    どうも投票率が低くなりそうだな、と心配している。

    1
    続き

    三つの“卒業式”

     卒業式シーズンもほぼ終わり、卒業生は入学式や入社式まで、多少の不安を抱えながらも新しい生活に胸をときめかせる時期を迎える。それは春にふさわしい風景だ。

     ここ1週間の間に、筆者は三つの“卒業式”を目の当たりにした。最初は孫の卒園式だ。母親に纏(まと)わり付いたり、むずかったりする幼児が多く騒々しかった入園時とは違って、一人ひとり名前を呼ばれて、しっかりと卒園証を受け取る姿を見て、その成長ぶりに驚かされた。

    3
    続き

    強い春風が収まると、ようやく暖かな春めいた…

     強い春風が収まると、ようやく暖かな春めいた日とともに桜の季節が巡ってきた。東京の標本木である靖国神社のソメイヨシノに開花宣言が出たのは春分の日だった。満開となる今週末あたりからこの花は、ピンクに染まったあでやかな風景で人々の心を浮き立たせるであろう。

     咲き誇る華麗な様に酔い楽しむ期間は長くなく、次は人々の心にはかなさと潔さを残して散っていく。桜前線はこうして列島を北上するが、春を感じさせるのは桜ばかりではない。

    0
    続き

    民主党は憲法の最大の脅威

    アメリカ保守論壇 M・ティーセン

     憲法秩序への最大の脅威となっているのは誰か。トランプ大統領ではない。

    4
    続き

    【買い物リスト】アプリのショッピングリストに新機能!流通視察の「サザエさん」化?

    ■食品スーパーのストアアプリには買う予定の食材や商品を事前にリストアップしておくことができるお買い物メモのショッピングリストを提供している。スーパーで買い忘れを防ぐ、買い物の「To Doリスト」はストアアプリの常備機能でもある。

    0
    続き

    性犯罪問題への対応で揺れる法王

     ローマ法王フランシスコは、フランス教会リヨン大司教区のフィリップ・バルバラン枢機卿(68)の大司教辞表を受理しなかった。同枢機卿は今月7日、聖職者の未成年者への性的虐待事件を隠蔽したとして執行猶予付き禁固6カ月の有罪判決を受けたばかりだ。枢機卿は上訴している。

    2
    続き

    「党内野党」の石破、宰相に跪いた中曽根を教訓に

     落語家・三遊亭金馬(3代目)が語る枕(小話)に「世の中は、澄むと濁ると大違い。刷毛に毛があり禿に毛がなし」というくだりがある。絶妙な語り口に聴衆は思わず引き摺り込まれる。要は、わずかな違いに見えても、実は、天と地ほどの違いがあることの喩えである。政界にも「党内野党」と「野党」と言う、似て非なる立場がある。

    2
    続き

    自衛隊、頼れる「最後の砦」

     平成という時代が終わろうとしているが、この30年間で、自衛隊を取り巻く環境は大きく変わった。

     国内では雲仙普賢岳噴火後の災害派遣を皮切りに、常に災害現場に自衛隊がいる。また、イラク戦争後のペルシャ湾への海上自衛隊掃海部隊の派遣を皮切りに、国際貢献活動も新たな任務となった。

    4
    続き

    厚生労働省のエイズ動向委員会は、2018年に…

     厚生労働省のエイズ動向委員会は、2018年に新たにエイズウイルス(HIV)感染が判明した人は、17年より101人減り、1288人だったとの速報値を発表した。1300人を下回るのは05年以来だが、高水準が続いている。

     エイズを発症して初めて感染が分かった人は367人で28%に上る。早期に分かれば他者に感染を広げるのを防ぐだけでなく、薬で発症を抑えられる可能性もある。検査や相談をしやすい体制の整備が必要だ。

    1
    続き

    占術に洋の東西地理を問わず 占い師ケイロカミオカ氏インタビュー

     VRChat上で米シアトル在住の占い師「ケイロカミオカ」さんをインタビューした。カミオカさんは和名「上岡恵郎」を持ち日英語に堪能。VRChatを話題とする非公式コミュニティサーバー「VRChat-Asia」の主要スタッフとしての顔も持つ。そんな日米両面に顔を持つ彼から、VRChatを訪れたきっかけや自身の成り立ちについて語っていただいた。

    米国にありながら日本語のシャワーを浴びる

    8
    続き

    米中の「欧州情報戦」の覇権争い

     幸い死傷者が出ず、事前に防止されたこともあって、11人のテロ容疑者の逮捕というニュースはあまり注目されなかったが、ベルリンからの情報によると、ドイツのヘッセン州とラインラント=プファルツ州で治安部隊が容疑者宅を奇襲し、合わせて11人のテロ容疑者を逮捕した。主犯はオッフェンバッハ出身の21歳の男性とヴィースバーデンの31歳の2人の男性の合わせて3人。フランクフルト検察当局が22日発表した。

    1
    続き

    中国の音響兵器で米外交官攻撃

     米情報・治安機関は、中国駐在の米外交官らが音響攻撃を受けているとみられる問題を調査しているが、中国の産業情報技術省の仕業であることは明らかだ。

     同省は昨年11月15日の民間プロジェクトでの軍事技術の活用に関する報告で、「音波砲」に関するプロジェクトについて触れている。

     この兵器は、中国広東省の東莞三基音響科技が製造した音波砲の派生型とみられている。

    6
    続き

    「初花の東京と聞く陽気かな」(稲畑汀子)…

     「初花の東京と聞く陽気かな」(稲畑汀子)。東京地方では、千代田区の靖国神社にある桜の標本木が開花した。桜はあっという間に咲き、あっという間に散る印象がある。開花時期が短いため、花見には「一期一会」の感がある。

     このあたりの機微は、平安時代の歌人で六歌仙の一人として有名な在原業平(ありわらのなりひら)の和歌「世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」がよく表現している。最初、学校の教科書で読んだ時は、理屈っぽく感じられ、名歌とは思えなかった。

    0
    続き

    自助の精神が日本を育む

     池田成彬(いけだしげあき、1867年〜1950年)という人がいました。 山形県米沢市の出身の人です。  池田成彬の父の池田成章(いけだなりあき)は、上杉家の江戸留守居役を勤めた人で、明治維新後には、三井財閥筆頭常務理事、大蔵大臣を歴任しています。

    4
    続き

    イチロー 英雄は永遠に不滅

    “Heroes get remembered, but legends never die.” —Babe Ruth 「ヒーローは記憶に残る。しかし、英雄は永遠に不滅だ」 —ベーブ・ルース (訳 舟田譲二)

    一昨日、大リーグ・シアトルマリナーズのイチロー選手(45歳)が現役を引退しました。 日本のファンだけでなく、世界中の多くのファンに惜しまれながら。

    2
    続き

    天皇陛下は来月17日から三重県を訪問され…

     天皇陛下は来月17日から三重県を訪問され、18日に伊勢神宮を参拝される。30日に退位されることを皇祖神に報告されるためであるが、これが天皇として最後の地方御訪問となる。

     陛下の伊勢神宮御参拝は、式年遷宮が行われた翌平成26年の3月以来だが、今回も三種の神器の「剣璽」の動座がある。八咫鏡、草薙の剣、八尺瓊勾玉からなる三種の神器のうち、八咫鏡は伊勢神宮、草薙の剣は熱田神宮(名古屋市)にあり、宮中の賢所に奉安されているのは、その形代(複製)である。

    1
    続き

    イチロー「外国人となることの意義」

     大リーグ・マリナースのイチローの外野手(45)が21日、引退を表明した。その日は来ると誰もが考えていたが、やはり到来した。日米メディアはイチロー引退表明を大きく報道した。偉大な実績を残した、稀有な選手だったと改めて感じる。

     イチローのプロ野球選手としてのキャリアや実績は日本のスポーツ記者の記事を読めば分かる。ここでは、イチロー選手の引退表明後の会見記事を読んで当方が感じた点をまとめた。

    3
    続き

    韓国を考えるときのキーワードは「無責任」

     ふとした雑感です。人類史上、さまざまな国が成立しては滅亡する、ということを繰り返してきました。ただ、古今東西、どんな国であっても「国としての目的」は変わりません。それは、「国民が①安全、かつ、②豊かに、暮らしていけること」です。日本という国は、軍事面の議論を封印するなど、安全保障面で大きな問題を抱えていることは事実ですが、私自身は『批判されたって構わない!敢えて言おう、「日本は滅びない」と』で述べたとおり、意外と日本の先行きについては楽観視しています。それよりも、滅亡がわが国のすぐ隣にいるような気がしてなりません。

    ●国家が消滅するということ

    13
    続き

    猟奇犯罪に死刑復活の声

     フィリピンで16歳の少女が犠牲となった極めて残虐な殺人事件があり、死刑が廃止され極刑は終身刑となっていることから、死刑復活を求める声も上がっている。

    1
    続き

    【大量閉店】また3桁スクラップ!ショッピングモールの影を見たければアソコに行け?

    ■今年1月に倒産したデパートメントストアのショップコが18日、再建を断念し企業清算を発表した。

    1962年創業のショップコは2月初めに251店舗の閉鎖を発表し、残りの116店の売却先を模索していた。売却先が見つからなかったため、全店舗とオンラインストアを閉鎖するのだ。

    0
    続き

    「宗教の中国化推進5カ年計画」とは

     トランプ米大統領は目下、2020年の次期大統領選のために様々な戦略を考え、そのために腐心している。一方、第2次冷戦時代のもう一方の雄、中国共産党の習近平国家主席も同じように様々な戦略を考えている。9000億ドルを投入した新マルコポーロ構想「一帯一路」を旗印に、「中国製品2025」で先端技術ばかりか宇宙開発でも覇権を握り、同国の通信関連大手ファーウェイ(華為技術)で5G(第5世代移動通信システム)の市場を制覇する、といった中長期の計画を考えている。トランプ氏との違いは習近平主席の目が来年ではなく、数十年先まで注がれていることだ。もう少し厳密にいえば、ポスト・トランプ時代も計算に入れていることだ。

    5
    続き

    中国共産党は人間狩りを止めろ

    ■拷問を非難

     アメリカは中国共産党がチベット人・ウイグル人・キリスト教徒・法輪功に対して行っている拷問を非難した。中国共産党は教育による改心を目的とした強制収容所であり、そこで職業訓練をしていると主張。さらに中国共産党はテロ対策だと正当化し、収容を強化すると反論した。

    ■テロ対策ではなく革命対策

    16
    続き

    韓国版トルネード

     新羅の(30代)文武王(金)法敏は、(29代)太宗武烈王、金春秋の息子だ。彼が歴史の中で輝くのは、父と共に三国統一を成し遂げたためだけではない。唐に対抗して国を守ったのでいっそう輝いている。

    1
    続き