■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    よい日本人を修身教科書に学ぶと

    はじめにひとつの短文を紹介します。 まずお読みになってみてください。 ある本の抜粋です。

    ***** よい日本人となるには、 いつも天皇陛下、皇后陛下の御徳(おんとく)を仰ぎ、 皇大神宮(こうだいじんぐう)をうやまいたっとんで、 忠君愛国の心をさかんにしなければなりません。 また紀元節・天長節・明治節などの祝日のいわれをわきまえ、 国旗を大切にすることも、 日本人として大事な心得です。

    1
    続き

    ウォルマート】OJT研修にVRヘッドセット利用!馬車思考ではお店の視察が無駄?

    ■ウォルマートは20日、スーパーセンターやネイバーフッドマーケットの従業員トレーニングにバーチャル・リアリティ(VR)ヘッドセットを利用することを発表した。100万人以上にもなる同社の従業員に仮想現実の没入感で実際の職務現場を疑似体験させ、実践的なトレーニングとして役立てる。

    0
    続き

    更迭された独長官の奥さんは日本人

     独連邦憲法擁護庁(BfV)のハンス・ゲオルグ・マーセン長官が18日、更迭された。ここまでは予想されたことだが、次のニュースには少し驚かされた。更迭されたマーセン長官はゼーホーファー内相のもとで内務次官に就任するというのだ。

     独メディアの中では「これでは更迭とはいえない。マーセン長官の給料はきっと長官時代より多い」と茶化す。国家公務員としては2段階昇進した給料が手に入る。だから、更迭というより、昇進だ。

    5
    続き

    3日間に及んだ文在寅韓国大統領の北朝鮮…

     3日間に及んだ文在寅韓国大統領の北朝鮮訪問と南北の首脳会談は、金正恩朝鮮労働党委員長の年内ソウル訪問などサプライズを交え、米朝首脳の再会談実現へムードの盛り上げに腐心した。

     最終日に、北朝鮮が「革命の聖地」と宣伝する白頭山に一緒に登ったのもサプライズだった。好天に恵まれ、山頂のカルデラ湖「天池」をバックに両首脳が夫人らと共に記念写真に収まった。

    2
    続き

    小さな贈り物

    “Surprise is the greatest gift which life can grant us.” –Boris Pasternak, 1890-1960 Russian poet, novelist, and literary translator 「サプライズは人生が私たちに与えてくれる最大の贈り物」 –ボリス・パステルナック、ロシアの詩人、小説家、文学翻訳家 (訳 舟田譲二)

    0
    続き

    韓国はアメリカに捨てられる

    ■米朝首脳会談後に

     トランプ大統領は米朝首脳会談後に、在韓米軍撤退の可能性を示唆した。すぐには実現しないとしても、トランプ大統領は演習費用や駐留費が無駄だと考えている。アメリカ国防総省は否定したが、トランプ大統領は軍事戦略を無視しているから在韓米軍撤退を口にする。

    9
    続き

    県庁は左翼の巣窟 県庁に玉城デニー候補のポスター

    沖縄県庁に玉城デニー氏のポスター 自民が調査要求、県選管は「公選法違反の疑い」

     沖縄県議会の自民党会派は20日、県知事選(30日投開票)に立候補している玉城(たまき)デニー前衆院議員(58)のポスターが県庁内に掲示されているのは公職選挙法違反などに当たるとして、新里(しんざと)米吉(よねきち)議長に県議会として調査するよう求めた。富川盛武副知事は20日、記者団に対し、ポスターが掲示された経緯などについて「調査する」と述べた。

    6
    続き

    金正恩氏よ「ノーベル平和賞」を狙え

     北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は19日、平壌の百花園迎賓館で韓国の文在寅大統領と共に「平壌共同宣言」に署名したが、その直後の記者会見で「朝鮮半島を核兵器と核脅威がない平和の地にしたい」と述べた。

     朝鮮半島の非核化を北の指導者が口に出したのは初めてだ。文大統領が金正恩氏の発言を高く評価したことは言うまでもないが、それを外電で知ったトランプ米大統領も「非常に興奮した」という。

    1
    続き

    ノーベル文学賞への強い執念を物語る「辞退」…

     ノーベル文学賞への強い執念を物語る「辞退」だ。作家の村上春樹氏が、関係者の不祥事によって今年は発表が見送られたノーベル賞の代わりに、今年限りで設けられた文学賞の最終候補を辞退した。

     賞を主催するNPO団体「ニューアカデミー」に対し、村上氏はメディアの注目を避けて執筆活動に専念したいと表明した。同団体は「残念だが、彼の決定を尊重する」としている。村上氏が望むのはあくまでもノーベル賞であって、それに代わる賞が欲しいわけではない。

    2
    続き

    ユダヤ人は太巻きがお好き?

     イスラエルでは9月10日、ユダヤの新年(ロシュ・ハシャナー)を迎えた。今年はユダヤ暦5779年となる。

     聖書の創世記に「はじめに神は天と地とを創造された」とあり、ユダヤ教指導者(ラビ)たちは聖書の記述から割り出して、天地創造は西暦の紀元前3761年10月7日と定められた。

    1
    続き

    【Alexa】エコーに電子レンジなど新機種!アマゾンはアレクサで儲ける事より遍在化?

    ■ネット通販最大手のアマゾンが今月末のイベントでスマートスピーカーのアマゾン・エコーの新機種を発表するとの報道だ。CNBCによると、アマゾンは年末までに新たに8種類のエコーを発売する。

    0
    続き

    遼東の風塵

     (朝鮮第22代王)正祖4年、1780年の陰暦7月10日、燕厳(ヨンアム)・朴趾源(パクジウォン)(燕厳は号)は遼寧省外の十里河を出て瀋陽に向かった。ひどく暑かったその日、眼前には遼東の平原が広がっていた。

    0
    続き

    中国の対台湾「民族浄化政策」とは!?

     こんにちは、中国人マンガ家の孫向文です。  日本人の皆さんは、「台湾=反中親日」という既成観念をお持ちかもしれませんが、今日は親中派の台湾人のタレントのトンデモ発言を紹介してみます。

    ●台湾元アイドルのつぶやきで大炎上のトンでも発言とは!?

     彼女の名前は劉楽妍(ファニー)、台湾のアイドルグループ女版F4の元メンバーで、お爺さんは中国から移民した軍人で、お婆さんは台湾人です。

    30
    続き

    批判からは何も生まれない!

     明日、自民党の総裁選が行われます。結果は見えているのですが、マスコミは必至で石破氏が健闘しているというイメージを作っています。

     今回は無理にしても、次の総裁選レースを有利に戦おうという魂胆なのでしょうか。

    4
    続き

    天野事務局長の早期快癒を願う

     ウィーンの国連本部で国際原子力機関(IAEA)の第62回年次総会が17日から5日間の日程で開幕した。170カ国の加盟国が参加し、核エネルギーの平和利用、核技術協力の促進のほか、イラン核合意の行方、北朝鮮の非核化などの議題について話し合う。

    0
    続き

    福島県にやって来て吾妻スカイラインを…

     福島県にやって来て吾妻スカイラインをドライブしようとしていた。地元紙を広げると、吾妻山の麓の福島市土湯温泉町で、犬と散歩をしていた70代の男性がクマに襲われ、ケガをしたと伝えていた。

     現場は温泉の中心部から北に250㍍離れた、女沼に向かう山林の道。男性は子グマ2頭に遭遇し、追い払おうとしたところ後から出てきた親グマにかまれたという。県内での人的被害は今年初めて。

    0
    続き

    モンゴロイドについて考える

    今週の『ねずさんのひとりごとメールマガジン』にも書いたのですが、我々日本人が「モンゴロイド」であるという言い方には、非常に抵抗があります。 なぜなら「モンゴロイド」という言葉は、18世紀のドイツの人類学者のヨハン・フリードリヒ・ブルーメンバッハ(Johann Friedrich Blumenbach)が、様々な人種のなかで、コーカサス(黒海とカスピ海にはさまれた平原)出身の白い肌を持つコーカソイド(白人種)こそが、最も美しくて、すべての人類の基本形であって、他の人種はコーカソイドが「退化した」ヒトモドキにすぎないということを述べるために造った造語だからです。

    このときブルーメンバッハは、世界の人種を古くからの言い伝えにある五色人の分類を模倣して、人種を5種類に分けています。それが、 ・コーカソイド(白人種) ・モンゴロイド(黄色人種) ・エチオピカ(黒人種・ニグロイド) ・アメリカ―ナ(赤色人種・アメリカインディアン) ・マライカ(茶色人種・マレー人) で、アメリカーナも、マライカもかなり怪しい分類ですが、とりわけ「モンゴロイド」は、単にモンゴルの大軍がモンゴル平原からヨーロッパに攻め込んできたから付けられた名前にすぎません。

    1
    続き

    北朝鮮報道史の二つの汚点

     先月、脱北者5人が東京地裁に北朝鮮政府を人権侵害で初提訴した。1959~84年に、在日朝鮮・韓国人と日本人妻ら約9万3000人を虚偽宣伝で騙(だま)し、帰国させる「国家的誘拐」を行った。朝鮮総連が「地上の楽園」と宣伝したが、現実は劣悪な生活と人権完全抑圧の「地獄」だった。それを世界に訴えたい――という。

    7
    続き

    「無神論者」はいつ生まれたか

     「宗教はいつから始まったか」を書いたので、その反対の「無神論者はいつ生まれたか」を考えてみた。無神論的唯物世界観から共産主義が出現し、一時は世界を席巻する勢いを見せた。幸い、冷戦時代は神を信じる民主主義陣営が勝利したが、共産主義陣営の残滓は今なお、至る所で見られる。

    5
    続き

    選挙勝利ためだけの辺野古移設反対が沖縄政治を駄目にした翁長前知事1

     自民党県連で県外移設を主導していたのが翁長前知事であった。仲井眞元知事が二期目の知事選の時、仲井眞元知事は辺野古移設を選挙公約しようとしたが、県外移設に変更させたのが翁長前知事であった。

    知事選は11月であったが、5月に県外移設を断念して辺野古移設にするのを伝えるために鳩山元首相はの来沖していた。 「最低でも県外」を豪語し県外説を公約していた鳩山元首相であったが、普天間飛行場を受け入れる自治体は一つもなく、県外移設を断念せざるを得なかった。日本は独裁国家でもなければ中央集権国家でもない。民主主義国家である。地方の自治権は保障されている。首相がどんなに県外移設をやろうとしても地方自治体に押しつけることはできない。日本が民主主義国家であることが明らかになったのが鳩山元首相の「県外移設」騒動であった。 来沖した鳩山首相は「県外移設断念」「辺野古移設復帰」を仲井眞知事と稲嶺名護市長伝えた。

    5
    続き

    とことん安室フィーバー

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     歌手の安室奈美恵さんが16日をもって芸能界を引退した。

    3
    続き

    2020年東京五輪・パラリンピックの聖火台に…

     2020年東京五輪・パラリンピックの聖火台に縄文土器のデザインを採用するよう呼び掛けている団体がある。「縄文文化発信サポーターズ」で、メンバーの新潟県長岡市長らが五輪組織委員会副会長の遠藤利明元五輪担当相を訪ねて要望した。

     これまで、メイン会場の設計やエンブレムの決定過程では再公募を余儀なくされるなど、すったもんだの顛末(てんまつ)だった。思い出せばうんざりだが、今回の提案はなかなかうならせる。

    2
    続き

    子供が学校でトルコ語学ぶ

     オーストリアの移民・難民統合を担当するカリン・クナイスル外相はこのほど、「2018年統合報告書」を公表した。それによると、同国では移民出身の国民はほぼ200万人で全体に占める割合は23%。10年前は16%だった。一方、外国人数は139万5000人で外国人率は15・8%(08年10%)とこれまた大幅に増加した。

    0
    続き