■連載一覧
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/11/04
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    人間の「魂」の重さは2.5グラム

     海外中国メディア「大紀元」日本語版で興味深い記事が掲載されていた。「死は2つの世界の中継点か」という見出しで、人間の魂の場所について米国の神経心理学者の発言を紹介し、「心臓を移植すると魂の記憶も移植された人間に移る」という。そして「心臓」は人間の性格や特長が存在する場所で、脳を制御し、感情、恐怖、夢、思想などを管理しているというのだ。

    2
    続き

    新元号を寿ぐ

    昨日新元号が発表されました。 新しい元号は「令和(れいわ)」です。

    桜の季節に新元号。 しかも「和(なごみ)」とは!! 素晴らしいと思います。

    元号は、天皇の御名御璽をいただいた時点で、その時代を示す御神意となります。 元号が定められるのは、前の元号が終わるときですが、新たに生まれた元号の時代をあとから振り返ってみると、まさに元号はその時代を象徴するからです。

    10
    続き

    北朝鮮は瀬戸際外交に失敗した

    ■ミサイル防衛システムの成長

     アメリカはミサイル防衛システムの開発を続け、今では2発連続発射が可能なまで進んでいる。これはミサイル防衛システムが複数同時対応能力を持つことを意味する。ミサイル防衛システムは実験レベルだったが、確実に実用段階まで成長した。

    ■瀬戸際外交を採用した北朝鮮

    10
    続き

    「言葉狩り」への抵抗

     昨年秋、東京都内にある私立の中高一貫校の理事長から、文化祭への招待を受けた。生徒たちが知恵を絞った、さまざまな出展に交じり、「父母会」による絵や習字の作品展があった。「保護者会」を使う学校が一般的になっている中で、父母会の名称を使う学校が都内にまだあったことを少し意外に思い、その理由を理事長に聞くと、なるほどと思った。

     生徒の親はこの学校の卒業生が多く、愛校心が強い。長く父母会を使っていて、親たちもそれを当たり前と思い、「保護者会に変えよう」という声はどこからも出ていないというのだ。

    2
    続き

    わくわくする期待感とともに、固唾をのんで…

     わくわくする期待感とともに、固唾をのんで次の御代の元号の発表を待った人も多かったであろう。新たな元号「令和(れいわ)」は645年の「大化」以降、248番目となる。出典は「万葉集」で、日本の元号の典拠が日本の古典(国書)となるのは初めて。この意外性が新鮮さを感じさせる。

     同時に元号に初登場の「令」に、多少の違和感を持った人も少なくないのでは。辞書では①いいつけ②きまり③おさ。長官④よい。立派な⑤他人の親族への敬称――の意味があると説く。

    0
    続き

    日本は優秀な人材の海外流出を阻止できるか?

     表題の件に関して考えて見たいと思う。しかし私は経済が専門家ではないので、そこで久しぶりに私独自のAKB論として論じてみたい。今までの私のAKB論を読んでくださった方なら、AKBを題材にしているだけで、非常に真面目な内容の現代社会論であることは、ご理解いただけているものと思う。

     最近のAKBでは、女性同士のライバル抗争に破れた人は、AKBはおろか日本の社会から出て行かねばならなくなっている。去年の選挙に負けた宮脇咲良、3代目総監督指名競争に破れた高橋朱里。そういった比較的選挙の順位の高い人がーである。いかに今のAKBが組織内ゼロサム化しているかということだろう。1970年代半ば以降の日本の民間企業と同じである。

    0
    続き

    【続】NPO法人の本当に効果的な中期計画の具体的な作り方とは?!

    昨年、「NPO法人の本当に効果的な中期計画の具体的な作り方とは?!」を前編、中編、後編で配信しました。あの中期計画を策定してから1年経ち、その後どのように運用し、これからどのように運用していこうと考えているかについて本日は書きたいと思います。

    どのように活用してきたか 

    0
    続き

    北取材で会った2人の知人の「急死」

     欧州を拠点に北朝鮮の活動をフォローしてきて30年以上になるが、取材で知り合った人物が突然亡くなるというケースはこれまで2件あった。このコラム欄でも紹介したドイツ人の化学者ヤン・ガヨフスキー氏と、もう1人は会計監査の事務所を経営していたアドルフ・ピルツ氏だ。当方が最後に会った時は2人とも少なくとも「死が近い人間」といった印象は全くなかった。だから、2人が突然亡くなったと聞いた時、本当に驚いた。

    1
    続き

    中国、海上コンテナ・ミサイル開発

     中国は、貨物船に搭載される海上コンテナから発射する新型の長距離巡航ミサイルを製造している。米国防当局者が明らかにした。これにより、中国が運用する貨物船が戦艦に転用され、国外の商業港がミサイル基地となる可能性が出てくる。

    3
    続き

    きょうから新年度。小中学校だけでなく、…

     きょうから新年度。小中学校だけでなく、高校、大学もおしなべてきょうから始まる。4月1日から翌年3月末日までが会計年度となったのは1886年のことで、英国のそれに合わせた。

     生活上は会計年度も暦の上の年度(1~12月)と一致させる方が便利なようにも思われるが、国会で予算が成立するのは3月になる。その関係で官庁や企業、学校の新年度の始まりが4月に固定されていったようだ。

    0
    続き

    透析中止問題 病院発表とズレ 毎日新聞さん それこそ説明責任ですよ

    前回の記事たくさんの人が読んでくれました。ありがとうございます。

    そして朝日新聞や東京新聞も病院の発表に基づき記事を出しました。再度書きますがこの内容であれば正直ほとんど医療的には問題はありません。 (もちろん倫理委員会の問題はいくらか解釈上あるかもしれませんが)

    では今までの毎日新聞記事と今回の病院発表どちらが正しいのでしょう?4点について見なおしてみました。

    2
    続き

    南北、UNIDO経由で制裁突破?

     北朝鮮はウィーンに本部を置く国連工業開発機関(UNIDO)へ出向職員を派遣し、UNIDOを通じて対北制裁の抜け道を模索している。同時に、韓国側は対北経済支援を実現させるために様々な外交支援を行っている。

    2
    続き

    「あふむけば口いつぱいにはる日かな」(成美)…

     「あふむけば口いつぱいにはる日かな」(成美)。明日から4月。3月が卒業式に見られるように別れを告げる季節だとすれば、4月は新しい人間関係を築く時期。3月・4月は「別れと出会い」の季節である。

     特に卒業式のシーズンは、桜の花が咲いて散るので感傷的になりやすい。ちょうどきょうあたりは東京・上野恩賜公園の桜も盛りになる。

    0
    続き

    日産の日本人社長、幹部は免罪か

     ゴーンを追放した後、日産の企業統治改革をどう進めるか。専門委員会が発表した提言書を読むと、ゴーンの独裁者ぶりがすさまじい。日本人代表取締役、担当社員はゴーンになぜもっと抵抗しなかったのか。あきれるほどの独裁者でしたから、楯突くのは無理だったでしょう。

    2
    続き

    北朝鮮は極右主義者の模範の国?

     ニュージランド(NZ)のクライストチャーチで29日、2カ所のイスラム寺院(モスク)で50人が死亡、ほぼ同数の重軽傷者を出した銃乱射テロ事件の犠牲者を追悼する式典が行われた。同国ではNZ最大の都市オークランド、首都ウェリントン、そして南島の都市ダトニーデンでも厳重な警備のもと同様の追悼集会が挙行された。追悼集会には、白人主義者でイスラム系移民を憎悪する極右思想信奉の犯人、ブレントン・タラント容疑者(28)の出身国オーストラリアのスコット・モリソン首相も同席した。

    1
    続き

    新元号の発表がいよいよ2日後に迫り、昨日は…

     新元号の発表がいよいよ2日後に迫り、昨日は安倍晋三首相が皇太子殿下に複数の原案をお伝えしたようだ。新元号に対する国民の関心が高いのは、実生活に影響を及ぼすだけでなく、新しい御代に託す願いが込められるからだ。

     元号の制定は、かつては天下の時間と空間を支配する中国皇帝の特権だった。それが三国時代の朝鮮では、王が独自の元号を定めるようになった。

    1
    続き

    ポリオとの戦い

     「小児まひ」ともいわれたポリオだが、日本でこそ昭和の時代に根絶されたものの、アジアやアフリカではいまだに悩まされている国がある。パキスタンや隣国のアフガニスタン、それにアフリカのナイジェリアの3カ国だ。

     WHO(世界保健機関)によるとポリオは感染力が強く、この3カ国で根絶できなければ、グローバル時代の今日、人の移動などによって世界に広がる懸念があると警告している。

    7
    続き

    【ペット市場】ペットフードにもフリーフロム!健康志向に高級化で拡大が止まらない?

    ■ペットの家族化が進んでいることでペット市場の拡大が止まらない。全米ペット製造品製造業者(APPA:American Pet Products Association)が21日に発表した2019-2020ペット所有者調査レポートによると、アメリカの67%の世帯(8,490万世帯)がペットを所有している。

    前年の68%から1ポイント減少しているのだが、ペットフードやペット用品、ペット・サービス等に支出する市場規模は史上最大となる725.6億ドル(約8兆円)に達しているのだ。

    0
    続き

    北朝鮮大使の「26年後の望郷」

     人は年を取ると自分が生まれた故郷に戻りたくなるのだろうか。普段は仕事にかまけて忘れていた故郷が突然、「帰っておいで」と囁きかけてくるからだろうか。「彼が国に戻ろうと考えているらしい」という情報を聞いてそんな思いが湧いてきた。

    2
    続き

    核の傘から盾の傘へ

    ■アメリカの挑戦

     アメリカは批判されてもミサイル防衛システム開発を進めた。挑戦することが成功を生む。ミサイル防衛システムは欠陥品だと言われても挑戦を続けた。その結果ミサイル防衛システムは着実に成長している。

    ■新たな成功

     アメリカは3月25日に弾道ミサイル迎撃実験を行った。アメリカ本土に向けて発射されたことを想定し、2発の迎撃ミサイルを連続して発射。そして2発の迎撃ミサイルが命中した。

    7
    続き

    コカイン使用容疑で逮捕されたミュージシャン…

     コカイン使用容疑で逮捕されたミュージシャンで俳優のピエール瀧容疑者の出演映画が、瀧容疑者の出演シーンも含めてそのまま公開されることが、配給会社の東映によって発表された。

     「作品に罪はない」というのが公開決定の理由だ。無論、作品に罪はない。作品は作品自身をさらすだけ。公開を決定するのは人間だ。

    0
    続き

    選挙真っ盛り!棄権だけはしてはならない。

     日本は民主主義国家です。

     民主主義の根本は選挙です。

     選挙で大勢の人から選ばれた議員が私たちの代わりに意見を言い、政策を立案して、法律や条例を作ってくれます。

     決して国会前のデモやテレビの発言で決まるわけではありません。

    1
    続き

    毛布必須の高速バスの旅

     南米最大の広大な面積を誇るブラジル。国土面積は日本の20倍以上で、東西南北の距離はそれぞれ4300㌔を超える。これだけの広い国となると、長距離移動には飛行機が一番。ただ、飛行機は格安航空会社が増えてきた今も、ハイシーズンや人気路線はそれなりの値段がする。

    0
    続き