■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    平壌で「法輪功」が急速に拡大

     韓国聯合ニュース日本語版を読んでいると、興味深いニュースが見つかった。米政府系放送局のラジオ・自由アジア(RFA)が16日、平壌在住の消息筋の情報として、北朝鮮の平壌で中国発祥の気功法集団「法輪功」が急速に拡大し、北当局はその対応に乗り出しているというのだ。

    4
    続き

    中城の名所廃虚が撤去へ

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄本島中部に位置する世界遺産の中城城跡に行った。頂上から見渡す景色は風光明媚(めいび)なのだが、南側には巨大な廃虚が目に入ってくる。

     5階建ての建物の窓ガラスがすべて抜け落ちていて、一部では鉄骨がむき出している。本土から来るお客さんを中城城跡に案内すると、「歴史的な建造物なのか」と問われることが多い。

    1
    続き

    今や世界的なブランド牛として名高い和牛…

     今や世界的なブランド牛として名高い和牛。黒毛で赤身に脂肪が散らばる霜降りが最大の特徴というのが一般的なイメージだが、具体的には黒毛和種、褐毛和種、日本短角種、無角和種の4品種を指す。

     その種は日本の貴重な財産で、3月には和牛の受精卵と精液の中国への不正輸出事件も起きている。台湾の李登輝元総統が飼育繁殖に力を入れる「源興牛」は日本統治時代に導入された和牛を大切に育ててきたものだ。

    0
    続き

    仲裁手続について、韓国メディアの報道をいくつか眺めてみた

     当ウェブサイトでも既報のとおり、日本政府は昨日、韓国人自称元徴用工の問題で、日韓請求権協定に基づく仲裁手続の付託を韓国政府に通告しました。これについては、「なぜ、今このタイミングで日本政府が仲裁付託を行ったのか」という点もさることながら、韓国側がこれでどう出て来るかという点は非常に気になるところです。本稿では、現時点までに出て来ている韓国メディア(日本語版)の反応をざっとレビューするとともに、相変わらず出て来る韓国側からの無責任な主張にも言及しておきたいと思います。

     昨日の『日本が仲裁手続の付託決定:国際的ルールで韓国を裁く第一歩』や今朝の『対韓仲裁手続付託通告 タイミングと狙いについて考えてみる』で紹介したとおり、日本政府は昨日、韓国人自称元徴用工の問題で、日韓請求権  協定に基づく仲裁手続の付託を韓国政府に通告しました。

    0
    続き

    誰が極右党党首を罠に嵌めたのか

     独週刊誌シュピーゲル最新号(5月18日号)はオーストリアの極右政党「自由党」の前党首シュトラーヒェ氏の「イビザ島事件」を詳細に報じている。スペイン領の避暑地イビザ島の別荘でシュトラーヒェ氏が自称「ロシアの新興財閥の姪」と会合し、そこで党献金の引き換えに政府の公共事業の受注を約束するなど、「酒の勢いもあってスキャンダルな言動」をした。会合事態は私的なものだったが、その会合が何者かにビデオで撮影されていたのだ。

    1
    続き

    ずっと続いている奇跡の命

    トップの図は自分が生まれてくるための先祖を示したものです。 自分ひとりが生まれてくるためには、父と母の2名が必要です。 その父母が生まれてくるためには、4人の祖父母が必要です。 祖父母が生まれるためには、8人の曾祖父母(ひそふぼ)が必要です。 曾祖父母が生まれるためには、16人の高祖父母(こうそふぼ)が必要です。

    3
    続き

    丸山穂高議員の戦争発言と国際社会の現実

    ■戦争発言で批判される。

     丸山穂高議員は戦争発言で批判された。日露交渉を妨害する発言として批判され、戦争を口にしたことで悪とされた。国際社会では政治の延長として戦争があり、戦争は政治の手段の一つ。外交交渉で解決できない場合は、戦争を用いて解決するのが国際社会。

    34
    続き

    どんな資質を育てるのか

     教育改革の議論が盛んになってきている。例えば、小学校5、6年での教科担任制の導入。先月、柴山昌彦文部科学相が中央教育審議会に諮問した「新しい時代の初等中等教育の在り方」の中に盛り込まれている。

     背景には、教師の働き方改革や、小学校で英語やプログラミングが必修化されることで専門性が求められるといったこともある。先駆けて教科担任制を導入している学校では、学級担任が担当する授業数が減り、一回の授業準備の時間を増やすことができるようになったという。

    1
    続き

    高齢化が急速に進む日本を反映しているとは…

     高齢化が急速に進む日本を反映しているとはいえ、80歳を過ぎた高齢者らが今も活動の前線に立って訴えなければならないのは何とも痛ましい。北朝鮮による拉致被害者家族会や支援団体「救う会」などが都内で開いた「国民大集会」のことである。

     被害者の田口八重子さん=拉致当時(22)=の兄で家族会代表の飯塚繁雄さん(80)は、体調を崩して集会出席を見合わせた。この種の大会を欠席するのは初めてのことと無念を伝えた。

    0
    続き

    【大量閉店】パリピ御用達店も大量閉鎖!パーティ・イズ・オーバーの意外な理由とは?

    ■調査会社のコアサイト・リサーチによると、5月17日までに発表されたアメリカ国内の閉鎖店舗数はトータルで6,378店舗にのぼった。今年はまだ半年も経っていないにもかかわらず、昨年1年間で閉鎖となった5,864店を超えるペースで店舗閉鎖が起きているのだ。

    0
    続き

    平安な日々は軍事的覚悟がないと得られない!

     日本は本当に平和ボケしているようです。

     維新の幹部がロシア大使館に謝罪に出向いたり、野党の面々がつるんで丸山議員の議員辞職勧告を発議しようとするなど、いったい日本の国防をどう考えているのでしょうか。

     こういう野党の動きは「泥棒に追い銭」という表現がぴったりだと思います。

     また一番びっくりしているのがロシア政府でしょう?

    2
    続き

    欧州の極右党党首が辞任する日

     オーストリアの中道右派政党「国民党」(党首・クルツ首相)と極右政党「自由党」(党首・シュトラーヒェ副首相)から成るクルツ連立政権は2017年12月に発足したが、5年の任期を全うできず1年5カ月余りで解消することになった。欧州では30歳になったばかりの国民党のクルツ党首が欧州の代表的な極右政党の自由党と連立を組むことが明らかになった時、不安と恐れを抱く声が聞かれた。不幸にもその声が間違っていなかったことを実証してしまった。以下、クルツ政権の解体劇を報告する。

    2
    続き

    厚生労働省は、白血病などの新しい免疫療法…

     厚生労働省は、白血病などの新しい免疫療法製品「キムリア」に公的な医療保険を適用することを決めた。キムリアは1回の投与で治癒が期待できる革新的な薬だが、公定価格(薬価)は3349万円で過去最高額だ。

     「助かる命が、所得の多寡で切り捨てられるのは、医師としてしのびない。やはり歓迎すべき」と都内のある外科医。ただし「医療技術は日進月歩で、医療の高額化はますます続く。公的医療のあり方についての議論を」と釘(くぎ)を刺す。正論だ。

    0
    続き

    イギリスとの離脱交渉は無駄でなかった

     欧州議会選挙(任期5年)が今月23日~26日の間、加盟国28カ国で実施される。ブレグジット(欧州連合離脱)で揺れてきた英国も議会選に参加が決定した。欧州議会選(定数751)の焦点は、2015年の難民殺到以来、反難民・移民政策を訴え躍進してきた欧州懐疑派の極右政党やポピュリズム(大衆迎合主義)政党がどれだけ議席を獲得するか、伝統的な「欧州人民党グループ」(EPP)と「社会民主進歩同盟グループ」(S&D)の2大会派の巻き返しはどうか、の2点だ。

    1
    続き

    5月の声を聞くと、自然の風物が若々しく…

     5月の声を聞くと、自然の風物が若々しく感じられるようになる。こうしたイメージが形作られるのは、木々の若葉のきらめくような緑の光彩によるものだろう。

     春は、冬から解放されて未来に向かって芽が吹き出すことで、希望的な感覚になる。5月の若葉は青少年が成長する時のように、外に押し出されるエネルギーを感じさせる。

    1
    続き

    台湾の「世界保健総会」参加を認めよ

     世界保健機関(WHO)の年次総会、世界保健総会(WHA)が20日からスイスのジュネーブで開催されるが、オブザーバーの中華民国(台湾)は中国共産党政権の妨害により参加できない状況だ。それに対し、米国、英国、フランス、カナダなどが相次いで台湾のWHA参加支持を表明している。台湾の多くの医療団体もWHAに参加希望を表明してきた。WHAはWHOの意思決定機関だ。

    6
    続き

    岩波文庫といえば、東西の古典や学術書…

     岩波文庫といえば、東西の古典や学術書などを中心に、日本の教養主義を牽引(けんいん)してきた。かつて旧制高校の学生は読了した岩波文庫を積み上げてその高さを競い合ったという。

     一方で『きけ わだつみのこえ』改変や清朝最後の皇帝・溥儀の家庭教師を務めた英国人レジナルド・ジョンストンの『紫禁城の黄昏』の翻訳問題など、戦後は左翼的な偏向を指摘する声もある。その岩波文庫に昨年9月、『三島由紀夫紀行文集』、11月に三島の戯曲集『若人よ蘇れ・黒蜥蜴他一篇』が収められ、今月には東京オリンピック観戦記などが収録された『三島由紀夫スポーツ論集』が加わった。

    4
    続き

    【ウォルマート】ピックアップ等の拡大で実店舗の売上増!EC体験に勝る学びはなし?

    ■ウォルマートが16日発表した第1四半期(2月~4月期)決算は、グローサリーピックアップや宅配サービスの拡大が寄与し予想を上回った。

    会員費等を含む総売上高は1.0%増となる1,239.3億ドルだった。為替変動の調整では総売上高は1257.8億ドルとなり、前年同期から2.5%の増加だった。純利益は前年同期から80%の増加となる38.4億ドルだった。

    0
    続き

    人気が集まる縁起数

     タイでは車のナンバーのオークションがある。これまでの最高落札額は5年前、日本円にして7500万円だった。番号は11KK1111だった。

     基本的に人気なのは9だ。タイ語で9はカーウと発音するが、「発展する」との意味でもあり、縁起がいいのが人気の理由だ。

     9の連番の9999だったりすると、オークションの値段も急カーブで「発展」したりする。

    1
    続き

    害人?

    Then God blessed them, and God said to them, “Be fruitful and multiply; fill the earth and subdue it; have dominion over the fish of the sea, over the birds of the air, and over every living thing that moves on the earth.” (Genesis 1:28) 神は彼らを祝福して言われた、「生めよ、ふえよ、地に満ちよ、地を従わせよ。また海の魚と、空の鳥と、地に動くすべての生き物とを治めよ」。 (創世記 1:28 口語訳)

    1
    続き

    彼がもう少し痩せていたならば……

     韓国の北朝鮮関連記事でここ数日、北の食糧不足問題が大きく報道されている。北朝鮮が深刻な食糧不足に陥り、人道から判断しても緊急支援が必要だ、という趣旨の報道だ。100万人以上の国民が飢えで亡くなった金正日総書記時代の飢餓の再来すら懸念する声が聞かれるほどだ。

    7
    続き

    「女性の話はとかく回りくどい」との印象は…

     「女性の話はとかく回りくどい」との印象は、男性にとって大方共通する。「だから何なんだ?」と聞き返したくなるケースも多い。何かの問題があるらしいということは分かっても、問題をどう解決すればいいのかが分かりにくい。

     が、これは女性の脳の働きとして自然なことらしい。黒川伊保子著『共感障害』(新潮社)によれば、話が回りくどいのは、女性の脳の「認識フレーム」の結果だ。

    1
    続き