■連載一覧
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 迷走する北非核化
  • 人口減少社会を超えて 第3部・識者インタビュー
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/12/26
  • 2018/12/20
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    野田さんは、どうするのがいいか

    野田さんの名前は、意図的に外してきた。

    野田さんは、それなりに存在感があり、それなりの役回りをこなせる自民党の中では貴重な人材だと思っていたが、マスコミに煽られてうっかり展望がない総裁選に担ぎ出されてしまうと、二度と立ち上がれないようなダメージを受けるかも知れないと思って、私のブログでは野田さんについて殆ど言及してこなかった。

    1
    続き

    創業適齢期

     「4月は一番残忍な月だ」で始まる『荒地』をTSエリオットが発表したのは1922年だ。彼はその後、詩人の自由を満喫しながら過ごしたのだろうか。そうではない。ロンドン銀行で25年まで仕事をして、その後には出版社に通った。夢を追いかけて生業を捨てる冒険は彼には似合わなかった。

    0
    続き

    【アマゾン】アプリ機能に「ねじ」の検索!パート・ファインダーは地味にスゴい技術?

    ■ネット通販最大手のアマゾンはホームインプルーブメントや日曜大工(DIY)市場にも触手を伸ばそうとしているのかもしれない。ねじやスクリューを見つけるための新たなイメージ検索機能がアマゾン・アプリに追加したのだ。新機能の「パート・ファインダー(Part Finder)」で、ねじ先や頭、首、軸など形やサイズ、溝の深さがまったく同一のボルトを探すときの手間を軽減する。

    0
    続き

    トランプ氏の「2重否定」と「大文字」

     トランプ米大統領は頻繁にツイッターで発信することで有名だ。そのテキストが発信されると、メディアで即報道され、関係者にさまざまな反響を与える。その発信先が友邦国だけに限られず、独裁国家・北朝鮮の金正恩労働党委員長宛てにも発信するから、メディア関係者もトランプ氏のツイッターを無視できないばかりか、フォローしていないとトランプ氏の政治活動を正しく理解できない。

    0
    続き

    今年は世界的な歴史学者、朝河貫一(1873~…

     今年は世界的な歴史学者、朝河貫一(1873~1948)の没後70年で、それを記念するシンポジウム「朝河貫一―人文学の形成とその遺産―」が母校の早稲田大学大隈講堂で開催された。

     その業績は三つの分野にわたっていた。第一は歴史学者として日本を世界史の中に位置付け、日欧の比較封建制研究の分野を開拓したこと。第二は図書館司書の分野で、米国で東アジア関係図書を収集し、日本研究の基礎を築いたこと。

    1
    続き

    人は見違えるほど変わる

    “The simple act of paying positive attention to people has a great deal to do with productivity.” –Thomas J. Peters, Writer 「ただ好意的な接し方をするだけで、人は見違えるほど変わる」 –トマス・J・ピーターズ、作家 (訳 舟田譲二)

    2
    続き

    日本PKO只今4人、高田警視の千の風を想う

     「何しろたった4人ですよ」。長く国連平和維持活動(PKO)に関わった大島賢三・元国連事務次長が心底残念そうに言った。

     PKOは現在世界で14ミッションが実施され、10万人以上が従事している。だが日本は昨年5月、5年半で延べ4000人を派遣した南スーダンから自衛隊部隊を撤収した後、司令部要員4人を残しているだけだ。

    1
    続き

    膵臓全摘出した翁長知事は一日六回インスリン注射をしなければならない。注射しても・・・

     翁長知事は県知事選に出馬するかしないか・・・。翁長知事は出馬を表明していないが、翁長知事を支持する保守も、オール億縄の左翼も翁長知事が出馬するのは当然でもあるように出馬のレールを敷いている。右のレールは県民投票署名運動であり、左のレールは埋め立て承認撤回である。レールは敷かれたのだが翁長知事は出馬を明言していない。  問題は膵臓を摘出した翁長知事が知事の仕事を4年間無事にこなせるかどうかである。健康になんの問題もなければ出馬を表明していたはずである。

    しかし、翁長知事は膵臓を全摘出した。膵臓はインスリンを分泌する臓器であり、膵臓がないということはインスリンが分泌されなくなるということである。 インスリンのおもな働き ○全身のほぼすべての臓器細胞にブドウ糖をとり込ませます。 ○肝臓や筋肉でブドウ糖からグリコーゲン(貯蔵糖)が合成されるのを促進します。 ○貯蔵されているグリコーゲンが分解されるのを抑制します。 ○脂肪組織で脂肪が合成されるのを促進したり、脂肪の分解を抑制します。

    1
    続き

    政治問題化するエジルの独代表辞任

     サッカーのドイツ代表の1人、MFメスト・エジル(Mesut Ozil) が22日、ドイツ代表を辞任すると表明し、その理由として「独サッカー連盟(DFB)内の人種差別主義( Rassismus)と 尊敬心のない無礼な言動」を挙げたことが明らかになると、DFBばかりか、ベルリンの政界にも大きな波紋を投じている。

    0
    続き

    熱中症 子供と老人 域値が違う! 治療より予防

    暑いです。以前の記事でも書きましたが、熱中症なんとかしなければいけません。

    それこそあの川越救急クリニック含めて医師達がいっぱいテレビに出ていますが、治療よりも予防、そう災害としての対応をしっかりすべき問題です。

    0
    続き

    陸自那覇、大災害に備えて訓練

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     西日本で大規模災害が発生したことを受け、陸上自衛隊第15旅団(沖縄県那覇市)の第15後方支援隊は18日、広島県呉市三高町と安芸郡坂町で給水支援を開始した。大規模災害で常に最前線で活躍しているのが自衛隊だ。

    1
    続き

    政府は西日本豪雨を激甚災害に指定する政令を…

     政府は西日本豪雨を激甚災害に指定する政令を決定した。これによって、被災自治体が行う道路や河川、農地などの復旧事業への国の補助率が1~2割程度かさ上げされる。決壊した堤防などの復旧が急務だが、保安林の造成も必要だ。

     わが国には保安林の一種に「魚つき保安林」がある。水の汚濁を防ぎ、養分の豊かな水を供給するなどの働きで魚介類の繁殖を助けるものだ。以前は海岸部の天然林を指したが、最近は森林の機能が重視され、河川の上流部にも植林されるようになった。同時に自然災害を防止する盾になっている。

    1
    続き

    がんばれ、小泉・小沢の反原発コンビ!

     先日から書いている小泉・小沢の話のまとめです。

     仇敵が反原発で手を組んで気勢を上げていました。老人が元気なことは良いことです。どんどん頑張ってほしいものです。

     そして小泉氏は反原発で野党がまとまれば、安倍政権を倒すことがきっとできると宣っていました。

     この発言に私は思わず「そうだ!」と思いました。

    3
    続き

    ロナウドと「チップの話」

     クリスティアーノ・ロナウド(33)は次季からスペインのレアル・マドリードからイタリアのセリエAの王者ユベントスに移籍する(4年契約、推定移籍金1億ユーロ)。ロナウドは既にトリノ入りし、ファンにお披露目の記者会見をしたばりだ。

    1
    続き

    緑の聯隊長

    私達日本人が、日本軍として大陸で何をしていたか。 何を目的としていたのか。 それを知ることのできるノンフィクションです。 開戦間近い昭和15(1940)年のことです。

    吉松喜三陸軍大佐は、China事変のために大陸に出征しました。 そこで腹部に重傷を負って、後方の野戦病院に入院しました。 入院中のある日、療養中のベッドから窓の外を見ました。 すると隣接する洋館の中庭で賛美歌を歌いながら緑の木立の中を散策する修道女たちの姿が目に飛び込んできました。 吉松大佐は、そこでひらめきを得ました。

    1
    続き

    猛暑を少し和らげる「幽霊の話」

     とにかく暑い、という。先日、日本に電話した時、知人は猛暑の日々を語ってくれた。当方は40年あまり日本を留守にしているから、日本の夏を忘れてしまった。欧州でも2回ほど、40度を超える猛暑を体験したが、空気は乾燥し、湿気は余りない。知人曰く、「日中はクーラーで何とかしのげるが、夜は体を冷やさないためにクーラーを切って寝るので大変だ」という。

    1
    続き

    米国接近で揺れる北朝鮮内部

     北朝鮮の体制を支える二本柱は反米主義と反日主義である。金日成は日本帝国と戦った抗日戦争の英雄であり、米帝国と戦った抗米戦争の英雄だと宣伝する。

     外に敵をつくって国民の敵愾心を高め、国民結束を図るのが独裁政権の常套手段だ。従って、北朝鮮の最高権力機関は労働党の組織指導部と宣伝扇動部になっている。

    1
    続き

    【料理キット】ファストフードのチックフィレが販売!日曜定休もKFCを凌ぐ人気店?

    ■47州に約2,300店を展開するチキン・サンドウィッチ・チェーンのチックフィレが23日、店頭で料理キット(ミールキット)のテスト販売を開始することを発表した。同社の強みとなるチキンを生かしたミールキットの投入で新たな成長分野を開拓するのが狙い。

    0
    続き

    子どもの熱中症「エアコンないから?それともエアコンのせい?」

     太陽がこれでもかと照りつける今夏は、猛暑を通り越して酷暑だと言われています。異常な暑さが続く中、7月の半月間で1万2000人を超える人が熱中症で病院等に搬送されたと消防庁が発表。児童・生徒の搬送も相次いでおり、17日には愛知県豊田市で校外学習から戻った1年の男子児童が亡くなったという痛ましい事故が起きました。

     それを受けて文部科学省は部活動や校外活動の中止や延期などを含め柔軟に対応するよう求める通知を出しますが、熱中症で病院に運ばれるケースは後を絶ちません。今回事故の起こった豊田市では、市内の小中学校と特別支援学校計104校には、一部の特別教室を除いて扇風機しかなく、これまでの計画では、小学校は2020、21年度にエアコンの設置を終える予定だったといいます。

    0
    続き

    改めて、女子大の存在意義

     お茶の水女子大学が、戸籍上の性別と心の性が異なるトランスジェンダーの学生の受け入れを決めた。この問題では米名門女子大が4年前にトランスジェンダー受け入れを決定している。早晩、日本も同様の判断を求められると思っていたが、想像以上に早いタイミングで事が進んだ。

     2015年、性同一性障害の小学生児童の保護者からの相談がきっかけだが、日本学術会議による提言(『性的マイノリティの権利保障をめざして』)が後押しした。7月10日、記者会見で室伏きみ子学長は、「女子の解釈を拡張し、出願資格を『戸籍または性自認が女子とする』に改める。性自認の具体的な確認方法はこれから検討する」とした。

    1
    続き

    昨日の大暑から立秋までの2週間ほど、暦の…

     昨日の大暑から立秋までの2週間ほど、暦の上では最も暑い夏である。だが今年は関東甲信地方が6月29日に早々と梅雨明けし、「前倒し猛暑」と言われる異常気象である。

     今週の天気について、日本気象協会は「記録的な猛暑 底知れぬ暑い夏」(22日)と警鐘を鳴らしている。昨日は埼玉・熊谷市で41・1度となり、国内の観測史上最高気温を約5年ぶりに更新。連日、命にかかわる危険な暑さが続いているのだ。

    0
    続き

    TPPに英国参加表明が意味すること

     英国がTPP参加を表明した。英国のフォックス国際貿易相はロンドン市内で講演し、英国が欧州連合(EU)を離脱した後に環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への参加を目指す意向を表明した。

     メイ首相はこれまで離脱後にEU以外の第三国との自由貿易協定(FTA)を締結する方針を示しているがTPPは一国帯一国の交渉で決めるFTAではない。TPPは貿易だけでなく投資や知的財産など多くの協定がすでに決まっていて加盟をすればTPPルールを守らなければならない。TPPの性質はFTAではなくEUに近いものである。FTAは相手国との貿易について自由に交渉できるがTPPはできない。EUを離脱するイギリスがTPPに参加するというのは矛盾している。

    3
    続き

    380店を超える人気レストランが参加 夏のレストランウイーク、再び開催!

    380店を超えるニューヨークの人気レストランの味が格安で楽し めると話題の「レストランウイーク(NYC RESTAURANT WEEK SUMMER 2018)」が7月23日(月)から再び開催される。

    0
    続き