■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    米国東部の安全神話崩れる

    地球だより

     2月に入って、週末2回連続で東京を含む関東地方が45年ぶりの大雪に見舞われ、それぞれ700便以上の航空便が欠航になった。丁度その時、海外から東京に到着した知人の話では、成田空港から東京都内にタクシーで出ようとしたら積雪によるノロノロ運転で5時間以上かかったという。電車、バスも全て運休で、まだ移動できただけいい方で、何千人もが空港で一夜を過ごすことを余儀なくされた。

    0
    続き

    「カルチャーセンターの女性たち、あるとき、…

     「カルチャーセンターの女性たち、あるとき、私のこと嫌ってね、ずいぶんいなくなった」と、昨年10月に亡くなった文芸評論家の秋山駿氏が、没後刊行された著書(『私の文学遍歴』作品社刊)の中で語っている。

     カルチャーセンターの受講者は女性が圧倒的に多い。特に、年配の人が多数を占める。彼女らが秋山氏に反発して辞めてしまったのは、戦時中の女性の戦争についての考え方をめぐる違いのためだった。

    0
    続き

    改名ブーム

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     名前に対する韓国人の関心は格別だ。名前で吉凶禍福を占う姓名学の影響が大きい。朝鮮時代には大逆罪人と名前が同じなら、門中会議(氏族の長老会議)を開いて改名したという。それでも足らず、紙に名前を書いて燃やしたり、土に埋める風習もあった。

    0
    続き

    ヨーロッパ諸国では今、俳句が非常に盛んだ。…

     ヨーロッパ諸国では今、俳句が非常に盛んだ。去る1月、ベルギーのブリュッセルで国際俳句交流協会(有馬朗人会長)の創立25周年記念シンポジウムが開催された。

     参加した俳人の恩田侑布子(ゆうこ)さんによれば、15年くらい前から世界中でブームで、60カ国に根付き、特に25カ国で盛んだ。シンポジウムで基調講演をしたのはヘルマン・ファンロンパイ欧州連合(EU)大統領。政治家にして俳人だ。

    0
    続き

    震災3年で“右傾化”?

    地球だより

     「東日本大震災から3年」のニュースはこちらでも大きく取り扱われ、避難生活が続く被災民の様子や復興に向けた動きなどをリポートしていたが、ある大手紙は東京発で「3年で後退した日本」という見出しで、例によって安倍政権発足後の“右傾化”にスポットを当てた記事を書いた。

    0
    続き

    沖縄は特攻隊の「聖地」

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     2日夕方より、那覇市内の県立博物館・美術館「講堂」で「自虐史観、被害者史観から脱却し、誇りある沖縄へ」と題した集会(主催・沖縄対策本部)が行われ、約150人が集まった。

     沖縄では、沖縄の歴史と現在に真正面から向き合って「誇りある沖縄」を取り戻そうという集会は珍しい。もちろん地元マスコミではほとんど取り上げられない。

    0
    続き

    観光立国の一つに中東のトルコがある。…

     観光立国の一つに中東のトルコがある。東京ではトルコ航空などが協賛して毎月1回「トルコの朝ごはん」と題したイベントが行われ、同国の文化が紹介されている。先日、西新宿のトルコ文化センターで開かれたこの“朝食会”にメディア関係者ら70人が参加した。

     そこでまず驚いたのは出された約90種類もの料理。トルコは黒海と地中海に挟まれ、海産物の豊富さで知られるが、この日はポテトサラダやキノコのソテー、ニンジンのサラダやインゲンの煮物、肉料理や豆料理など、多彩な味覚を堪能した。

    0
    続き

    クリミア侵攻招いた弱い米

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】ロシアのプーチン大統領は幸運な男だ。この幸運はさらに3年間続く。

     プーチン氏がクリミアを奪取すると、オバマ大統領は、ロシアの利益にならないだけでなく、戦略的にも懸命ではないと主張した。だがこれは弱さの証しでしかない。

    0
    続き

    <故郷やどちらを見ても山笑ふ>子規 例年…

     <故郷やどちらを見ても山笑ふ>子規 例年なら山々の木々が淡い緑の若芽を吹いて、やさしく明るい色を帯び、山全体が微笑むように春の訪れを喜ぶ季節。土の湿り気に眠っていた虫が穴から這い出すころをいう啓蟄は6日だったが、どちらの春も空振りのようだ。

     同じ厳冬でも昨年の今ごろは、暦通りにもう春爛漫で、桜の記録的早咲き(東京16日)が話題となったほど。全国の3月の平均気温は観測史上最も高温だった。

    0
    続き

    フィリピンで拳銃を向けられた知人

    地球だより

     マニラ市にトンドという場所がある。かつてスモーキー・マウンテンという巨大なゴミ集積場があった地域で、今でも国内有数の貧困地区として知られており、この一帯の治安は極めて悪い。

     先日、そこに住む知人と会う約束をしていたところ、携帯電話に「トラブルに巻き込まれて警察に行くことになった。路上で銃を向けられた」などという内容のメッセージがあり、予定はキャンセルとなった。

    0
    続き

    海外の大麻合法化の波紋

     米国コロラド州で今年1月、大麻が合法化となった。同国内で、大麻を嗜好(しこう)品として解禁したのはワシントン州に次いで2州目。「子供の頃、大麻を吸った」と言って憚(はばか)らないオバマ大統領は1月、米誌上で「(大麻は)アルコールよりも危険が大きいとは思わない」と公言している。

     両州での解禁は、すでに大麻が蔓延(まんえん)している現状を考慮すれば、合法化して管理したほうがより現実的な対応で、課税すれば財源になるとの判断もあった。それでも、警戒心を欠いた大統領の発言には、首をかしげてしまう。

    0
    続き

    戦後、ストライキを繰り返し政治闘争に明け…

     戦後、ストライキを繰り返し政治闘争に明け暮れた日本教職員組合(日教組)に嫌気がさし、脱退した現役教職員らが昭和59年「全日本教職員連盟(全日教連)」を結成。今年30周年を迎えた。

     それまでの教職員運動の在り方を決然と見直すことを公言。①児童、生徒を犠牲にした職場放棄などの違法行為を行わない②政党支持の自由③偏向教育の排除④調和のとれた学校運営の推進――などをうたった。

    0
    続き

    「犬耳を立て土を嗅ぐ啓蟄に」(高浜虚子)。…

     「犬耳を立て土を嗅ぐ啓蟄に」(高浜虚子)。俳句の春の季語に「啓蟄」という言葉がある。この字を初めて見た時は、何と読むのかも、何の意味かも分からなかった。難しい漢字で、強い印象を受けたのを覚えている。

     啓蟄の意味は「土中にじっと冬眠していた蟻、地虫、蛇、蜥蜴、蛙の類が、春暖の候になって穴を出て来ることをいい、またその虫をいうこともある」(稲畑汀子編『ホトトギス新歳時記』)とある。春の到来を示す虫や小動物の活動から生まれた言葉であり、生き生きした情景が浮かんでくる。

    1
    続き

    「歴史は繰り返す」というが、確かに歴史を…

     「歴史は繰り返す」というが、確かに歴史を振り返れば同じような出来事が、その時代と主役を替えて起きてきた。ロシアの「クリミア併合」への動きに似たものとしては、1938年のヒトラーによるズデーテン併合がある。

     プーチン大統領が今回ロシア人の保護を理由にしたのと同じく、ヒトラーはチェコスロバキアのズデーテン地方に多かったドイツ系住民の保護を名目に軍事介入の構えを見せた。結局ミュンヘン会談でチェンバレン英首相らが宥和(ゆうわ)政策からその理不尽な要求を呑み、これがヒトラーを増長させた。

    0
    続き

    「悪いのは米とイスラエル」

    地球だより

     エジプトに長く滞在して、国民が共通して持つ異常な感覚に時々ぶつかることがある。それは、常に「自分たちが問題なのではなく、イスラエルと米国に問題があるのだ」と主張する姿勢だ。

     1997年に、邦人10人を含む62人が死亡したルクソール事件が発生した時、当時の学生らは、米国が引き起こしたとして、イスラム過激思想に染まったエジプト人が起こしたことを認めなかった。

    0
    続き

    全国で数百あると言われる文学賞の中でも、…

     全国で数百あると言われる文学賞の中でも、芥川賞・直木賞の注目度は高い。特に芥川賞はそうだ。「文藝春秋」(3月号)では「芥川賞150回」の記念特集を組んでいる。が、そこは主催者だから、都合の悪いことは書かれていない。

     そこで、外部の視点から芥川賞について第1回(昭和10年)から今日までを詳細に記した川口則弘著『芥川賞物語』(バジリコ)を読んでみると、いろいろ分かってくる。

    0
    続き

    「京平サッカー」復活?

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     わが国にサッカーが伝わったのは1882年、高宗(コジョン)(朝鮮第26代王)の時代だ。済物浦港(今の仁川にあった港)に入港した英国軍艦フライング・フィッシュ号の乗組員たちが埠頭(ふとう)でボールを蹴った。珍しそうに見守っていた朝鮮の人々が、彼らが置いていったボールで、日が暮れて暗くなるまでサッカーをしたという記録が方々で残っている。

    0
    続き

    日本で昨年8月に公開された米映画「最愛の…

     日本で昨年8月に公開された米映画「最愛の大地」は、アカデミー賞女優アンジェリーナ・ジョリーさんが初監督を務めた作品。ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争を舞台にしていた。

     ジョリーさんは10年間、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の親善大使を務め、2005年に世界人道活動賞を受賞。この映画は、ジョリーさんが現地で難民の女性から聞いた話が元になっていた。

    0
    続き

    自分の半生を音楽に合わせて語る「セルフ・…

     自分の半生を音楽に合わせて語る「セルフ・ストーリー・オペラ」。世界130カ国を旅した歌手AKIRAさんが創り出した新しい芸術ジャンルだが、東京都大田区出身の佐藤誠司さん(47)はその語り手の一人として活躍している。

     高校中退時には2000人の暴走族グループのリーダーで折り紙つきのワルだった佐藤さん。だが、電気工だった21歳の時、身体の50%に火傷を負う感電事故に遭い生死の境を彷徨(さまよ)った。

    0
    続き

    露の攻勢になす術ない米

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】ヘンリー・キッシンジャー元国務長官はかつて、ピョートル大帝以来、ロシアは1年にベルギー一つ分の割合で拡大したと指摘した。だがそれも、振り出しに戻った。ソ連が崩壊したからだ。ロシアのプーチン大統領はソ連崩壊を、「20世紀最大の地政学的悲劇」と呼んだ。

    0
    続き

    接種後に歩行困難や体の痛みなど重篤な…

     接種後に歩行困難や体の痛みなど重篤な副反応を訴える中高生が相次ぎ、接種の勧奨が一時中止されている子宮頸(けい)がんワクチン。厚生労働省の専門部会は1月下旬に症状の多くは「心理的要因」とする見解を出したものの、焦点の勧奨再開の是非には触れなかった。

     専門部会は先月26日の審議会でも、脳などの炎症がワクチンによるものとする医学者からの指摘を否定して先の見解を維持した。が、勧奨再開の判断はしなかった。

    0
    続き

    真っ直ぐに生きる

     昨年、NHKラジオの番組で、リスナーに70年代の思い出の曲を投票してもらってランキングを付けたことがあった。第1位は森田健作氏(現千葉県知事)の『さらば涙と言おう』。筆者も若かりし頃、森田氏主演のテレビ番組『俺は男だ』を毎週欠かさず見ていたので、なつかしくなって耳を傾けたが、最後の方の歌詞を聞いてちょっと驚いた。

     「恋のため愛のため、真っ直ぐに生きるため、泣けることもあるけど、さらば涙と言おう」

    0
    続き

    ミャンマーの下呂温泉行きバス

    地球だより

     ASEAN最後のフロンティアとして海外からの投資が急増し始めているミャンマーでは、長距離バスが人気だ。鉄道もあるのだが、メンテナンスが不十分で平均時速20㌔程度と遅い。その点、主要都市間の高速道路も整備され効率的な移動が保証されているミャンマーでは長距離バスの人気が高いのだ。

    0
    続き