■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    墜落したラオス小型空軍機

     ラオス国営通信はこのほど、17日朝、ビエンチャンからラオス北部シェンクワン県に向かっていたラオス小型空軍機(An74―TK300型機)がシェンクワン空港付近で墜落し、搭乗していた副首相や閣僚など政府要人を含む17人が死亡、3人が救助されたと報じた。離陸して30分後のことだった。

     死亡が確認されたのはドゥアンチャイ副首相兼国防相、トーンバン治安維持相、スカン・ビエンチャン特別市長、チュアン党広報訓練委員長らで、生存が確認されたのは客室乗務員、軍医、ラオス公安相補佐官の3人だった。一行は、シェンクワン県で開催予定だった軍の祝賀行事に参加するため現地に向かう途上だった。

    0
    続き

    「山の日」制定に想う

     このところ、汚染水や領海侵犯など、日本の海では嫌なことが多い。対照的に山の方は、明るい話題が続いている。富士山が世界文化遺産に指定されるなど、いまや空前の登山ブーム。そして8月11日「山の日」の制定となった。

     「山の日」を制定しようという提案は、昭和36年「夏の立山大集会」が最初という。53年越しの祝日化の実現に、当時を知る山岳ファンには感慨深いものがあろう。

    0
    続き

    城郭を見る目と政治

     日本人は男女・年齢を問わず、城好きな人が多い。そのため、日本の城郭について書かれた書籍が数多く出版されている。

     大東亜戦争までは、軍事学の1つとして築城学があり、日本の城郭についての軍事的な視点からの考察・研究が行われてきた。

     しかし現在は、その伝統も途絶え、軍事的知識を持たない歴史家・建築家によって考察・研究がなされているケースが多い。

    0
    続き

    近づく内閣改造 女性起用を好む安倍首相

     安倍首相は「女性好き」と言ったら天下の安倍ファンは目を剥くかも知れない。しかしウソではない本当だ。

     安倍内閣にはすでに2人の女性閣僚が任命されている。それだけではない。自民党三役のうち2人までが女性だ。内閣始まって以来の出来事だ。いままで三役のうち一役を女性が占めた例はある。しかし二役とは自民党開闢後の新記録だ。

     安倍首相は余程御婦人に執着しているらしい。選挙対策の上からも重要課題だ。

    0
    続き

    「笑顔を届けたい!」―4月29日、学生ら…

     「笑顔を届けたい!」―4月29日、学生ら10人が自転車で茨城県鹿嶋市を出発、青森県八戸市までの800㌔を6泊7日で走破し、復興支援に一役を果たした。イベントの主宰者、東京都中野区の旅行代理店業、岡田繁さん(53)の思いが実った。

     1日100~150㌔の強行軍、車道を一群が走るという事情から、難航が予想された。しかし宮城県南三陸町や八戸市などの後援を得て無事、全員完走した。

    0
    続き

    「雨に剪る薔薇の色のこぼれつゝ」(稲畑汀子)…

     「雨に剪る薔薇の色のこぼれつゝ」(稲畑汀子)。花の王とも言われるバラは四季咲きで、いつでもその花を観賞できる。俳句の歳時記では「夏」の項目に入る。

     バラは西洋から渡来したというイメージがあるが、日本にも自生した品種がある。万葉集にも詠まれているほどで「ウバラ」「ウマラ」などと呼ばれていた。

    0
    続き

    最近日本では、新聞の1面を飾るような考古学…

     最近日本では、新聞の1面を飾るような考古学上の発見はあまり聞かない。一方、韓国では地味ではあるが重要な発見が相次いでいる。半島の南西部全羅南道の海岸部を中心に、日本固有の古墳形式と言われる前方後円墳が13基も確認され、埴輪や日本製とみられる武具が相次いで見つかっているのだ。

     韓国の前方後円墳は1980年代に入って報告され、日本でも当時、故・森浩一さんら考古学者の間で盛んに議論された。その後日本ではあまり論じられてこなかったが、韓国では発掘が進められてきた。

    0
    続き

    W杯期間中はブラジルの学校も休み

    地球だより

     来月12日から開催されるサッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会では、反政府デモの拡大などによる悪影響が懸念されているが、その一方でブラジル市民の多くがW杯を楽しみにしているのも事実だ。

    0
    続き

    雁屋哲氏原作の漫画「美味(おい)しんぼ」の…

     雁屋哲氏原作の漫画「美味(おい)しんぼ」の原発事故による健康影響の描写をめぐる騒動は、作者の極端な反原発の姿勢に加え、発表誌編集部の曖昧な対応もあって混乱が続いている。

     もともと漫画は、小説と同様フィクションであって、ありもしない話を楽しむものだ。だが今回は、原発問題に関して特定の立場に立つ作者が、実在の人物を描いて根拠不明のメッセージを伝えようとしたことがフィクションの範囲を大きく逸脱する結果となった。

    0
    続き

    人間の責任

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     西暦79年のベスビオ火山の爆発は一つの都市を丸ごとのみ込んだ。火山灰に埋もれたポンペイの最後は何よりも残酷だった。街に散らばる屍(しかばね)、部屋の中で“皆殺し”に合った家族、互いに抱き締め合う恋人…。その中に、特に人目を引く姿があった。武器を手にしたまま城門の前に立つローマの警備兵だった。燃え盛る火の中でもひるまず自分の立場を守った兵士だった。路地で発見された外科医師も同じだった。彼の手には手術道具が握られていた。市民たちが火山の爆発で火傷すると、彼らを治療するため駆け付けたのだろう。死をもって責任を果たした彼らがいたので千年帝国ローマが可能になったのではないか。

    0
    続き

    俳誌「秋」名誉主宰の文挟夫佐恵さんが…

     俳誌「秋」名誉主宰の文挟(ふばさみ)夫佐恵(ふさえ)さんが亡くなった。100歳である。2013年に句集『白駒(はくく)』で第47回蛇笏賞を受賞した時は99歳で、最高齢の受賞。最晩年まで句を作り、名作が多く、周囲の俳人たちを驚かせた。

     「天降り来し天衣をまとふ白牡丹」。『白駒』に収録された作品だ。大輪のボタンは豊麗で気品がある。白いその花を見ていたら、天から降りてきた天の衣をまとっているように感じられたという。

    0
    続き

    神父たちの愛人が「独身制廃止」要求

     24人のイタリア女性たちがフランシスコ法王宛てに公開書簡を送り、その中で聖職者の独身制の廃止を請願している。24人の女性は神父や修道僧の愛人であり、密かに同棲生活をしてきた女性たちだ。

     興味深い点は、同記事を最初に報じたのはインターネット・メディアのバチカン・インサイダーだが、バチカン放送が18日、一日遅れでそのニュースを掲載したことだ。それもかなり詳細に報じているのだ。

    0
    続き

    仲井真知事3期目出馬へラブコール

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     仲井真弘多(ひろかず)知事の政治資金パーティー「仲井真弘多知事を励ます集い」(主催・知事後援会)が12日、那覇市のホテルで開催された。約1200人が参加し大盛況。11月には知事選が予定される中で、知事が出馬を明言するかどうか注目された。

    0
    続き

    がん、心臓疾患に次いで日本人の死因の第3位…

     がん、心臓疾患に次いで日本人の死因の第3位を占める脳卒中。年27万人が発症しうち12万人が死亡、社会の高齢化とともに患者数の増加が予想される。脳卒中は早く前兆に気づき、適切な処置を取ることが肝要だと言われる 。

     この脳卒中の治療について、厚生労働省研究班がこのほど全国調査の結果をまとめ、高度な治療を24時間体制で行える医療施設では、通常の施設に比べて死亡率が26%も低いことが明らかになった。高度な治療施設では早期に的確な判断と治療ができ、死亡率が下がると考えられ、後遺症が残る率も低かった 。

    0
    続き

    優勢の英国のEU残留支持派

    地球だより

     最近の英国の世論調査で、欧州連合(EU)残留支持派が54%になり、離脱支持派の37%を大きく上回っている。キャメロン英首相にとっては朗報だ。

     政権担当後の過去4年間、EU離脱賛成派が優勢で、保守党内外のEU批判勢力を抑えるのに苦労してきただけに、来年5月に実施される次期総選挙に向けて明るい見通しが出てきた。

    0
    続き

    「国民の命を守れない国家」とは

     韓国の珍島沖で起きた旅客船「セウォル号」沈没事故では14日現在、281人の遺体が収容された。犠牲者の多くは修学旅行中の生徒たちだったことで、事故を一層悲しくさせている。セウォル号の船長を含む4人の乗組員は殺人罪で起訴されたという。

     韓国の報道によれば、セウォル号沈没事故では、適切な救援体制があれば犠牲者の多くは助かった可能性があったということから、人災の性格が濃い。だから、船舶関係者ばかりか、その最終的責任を担う政府の危機管理と事故への対応が問われているわけだ。

    0
    続き

    日本相撲協会の第11代理事長を務めた元放駒…

     日本相撲協会の第11代理事長を務めた元放駒親方の西森輝門(てるゆき)さんが急逝した。現役時代の魁傑は1975年初場所後に大関に昇ったが、けがもあって5場所で転落。平幕まで落ちて1年以上をかけて大関に復帰した。こうした返り咲きケースは魁傑だけ。

     2回の大関在位は9場所と短く成績もパッとしなかったが、土俵姿勢は真摯(しんし)で真面目そのもの。不成績で休場を問われても「休場は試合放棄と同じだ」と名言を発し、ついに初土俵から引退まで1度も休場せず937回連続出場と言行一致の人だった。

    0
    続き

    サファリ化するタイの政治

    地球だより

     バンコクのタイ空軍本部で行われる予定の選挙委員会とニワットタムロン首相代行による次期下院選の協議が、反政府デモの実力行使で中断に追い込まれた。

     空軍本部前の反政府デモ隊が建物内部にまでなだれ込んだため、協議を急遽(きゅうきょ)取りやめ現場から避難したためだ。

    0
    続き

    教育的配慮ほしい首相夫人

     東京・渋谷の公園通りと言えば、週末や祝日には買い物客らであふれ、親子連れも多く通る繁華街だ。そこで、大型連休中の4月27日、一風変わった格好をした人が多く参加するパレードが行われた。

     動物の着ぐるみはまだいいが、上半身裸の男性、ビキニ姿の女性、そして女装した男性などもいた。「自由な愛のカタチ」「エイズはまだ終わっていない」などのメッセージを掲げたり、虹色の旗を振ったりする若者もいた。

    0
    続き

    政党同士の付き合い 公明の出方に手を焼く自民

     安倍内閣は自民党と公明党の連合政権だ。この両党の付き合いは長くて古い。何度も政権を共にしている。兄弟政党といっても差し支えない。お互いに気心は知り尽くしているし、政策もツーカーの関係にある。

     しかし、この古い仲も心を割っての付き合いとはいいかねる。遠慮があるし、イザとなると水と油の関係に逆戻りしかねない。しかし両党の間がギクシャクすると、待っていたとばかり野党に乗ぜられる恐れがある。

    0
    続き

    覚醒剤所持容疑で逮捕された人気男性デュオ…

     覚醒剤所持容疑で逮捕された人気男性デュオ「CHAGE and ASKA」のASKA容疑者。尿検査で覚醒剤と合成麻薬MDMAの陽性反応が出たが、本人は所持を否定している。

     「チャゲアス」の通称で、1990年代に「SAY YES」や「YAH YAH YAH」など次々とヒット曲を放ち、若者の心を掴(つか)んできただけにファンの失望と憤りは大きい。

    0
    続き

    「書肆(しょし)の灯や夏めく街の灯の中に」…

     「書肆(しょし)の灯や夏めく街の灯の中に」(五十嵐播水)。初夏の陽気が続いている。草木も緑が美しく映える季節。会社の窓に接するほど繁った桜の葉も、緑の濃さがあふれるほど。

     葉の間から涼しい風が吹き寄せてくる。緑の中には、豆粒のような赤い実がチラホラと見える。だが、花を鑑賞する品種は、実もサクランボのようには大きくならない。小鳥たちのご馳走ということになる。

    0
    続き

    国家間の紛争や問題が多いこの頃、各国政府の…

     国家間の紛争や問題が多いこの頃、各国政府の報道官の会見をテレビで観(み)ることが多くなった。その語り方は、どの国も概してクールだが、それでもちょっとしたところに国柄、体制が反映される。

     報道官ではないが、事実上その役割を果たしているのが、北朝鮮の朝鮮中央テレビのアナウンサーだろう。金正日総書記が存命中、よく登場した女性アナウンサーは、その大袈裟(おおげさ)な語り方など、まるで講談師のようだった。張り扇を持たせれば、さぞ様になるだろう。

    0
    続き