■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    タイの愛国映画の不気味な予言

    地球だより

     タイ軍事政権は歴史大作映画「キング・ナレスワン5」を15日、無料公開する。タイ全土の映画館160スクリーンで上映される。外国人は除外され、タイ人限定のサービスで、ナショナリズムの高揚と軍政支持取り付けを狙う。

    0
    続き

    「正直に梅雨雷の一つかな」(一茶)。…

     「正直に梅雨雷の一つかな」(一茶)。梅雨は長雨のイメージが強いが、梅雨入りしてから集中豪雨と夏日が重なるような天気が続いている。

     もっとも、稲畑汀子編『ホトトギス新歳時記』(三省堂)には「南北の高気圧圏が交替する過渡期にあたり、うっとうしい天気が続き、ときに豪雨となる」とある。豪雨も梅雨の季節につきもののようだ。

    0
    続き

    和平の「祈り」がもたらした不協和音

     「信仰の祖」アブラハムから派生したユダヤ教、キリスト教、そしてイスラム教の3宗派代表が8日、ローマ法王フランシスコの招きでバチカン法王庁に結集し、中東の和平実現のために祈祷会を開催した。世界に12億人以上の信者を有するローマ・カトリック教会の最高指導者ローマ法王フランシスコ、ユダヤ教代表のイスラエルのペレス大統領、そしてイスラム教代表のパレスチナ自治政府アッバス議長の3人がバチカン内の庭園に集まった。

     予定ではフランシスコ法王が宿泊に利用しているゲストハウスのサンタ・マルタ内の祈祷室で行うことになっていたが、突然、バチカン庭園の野外祈祷会となった。その背景について、バチカン関係者によると、ゲストハウス内にあるイエスの十字架がユダヤ教代表団の心情に不快感を与えるかもしれないからだという(ユダヤ民族がイエスを十字架に処刑したことを受け、キリスト教会では「ユダヤ民族のメシア殺人論」が聞かれる)。

    0
    続き

    サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル…

     サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会の熱戦の火ぶたが切られた。ブラジル-クロアチアの開幕戦は西村雄一主審のホイッスルで始まった。相楽亨、名木利幸両副審とともに日本人審判団が、初めて開幕戦を担当した。

     西村主審はブラジルのエース、ネイマール選手にイエロー・カードを出し、後半フレジ選手が倒されたプレーでは、ブラジルにPKを与えた。この判定でクロアチアの選手たちが詰め寄る場面もあったが、西村主審は毅然と対した。

    0
    続き

    昨年までとは違うロシアの夏休み

    地球だより

     モスクワの北東約200㌔に、「黄金の環」と呼ばれる観光地がある。

     白亜の建造物群は世界遺産となっているが、その一つ、ウラジーミル市の外れにある「古代ロシア建築の白鳥」と呼ばれるポクロフ・ナ・ネルリ教会を訪れた。古代ルーシ時代、ウラジーミル公アンドレイ・ボゴリュプスキーがその息子の死を悼んで建設した教会だ。

    0
    続き

    横浜市の中学生5人が先月、長崎原爆の…

     横浜市の中学生5人が先月、長崎原爆の「語り部」(被爆者、77歳)に対して「死に損ない」という暴言を吐き、語り部が学校に抗議していたことが分かった。未成年とはいえ、人間として最低の発言と言うほかはない。

     半面この話には、暴言問題を超えた一面が潜んでもいる。語り部は原爆について語ることを「平和教育」と位置づけているが、原爆を含めた戦争の悲惨さを語ることと実際に平和を実現することは別問題、というやっかいな現実があるからだ。

    0
    続き

    ローマ法王のアジア重視政策

     オバマ米大統領はアジア重視政策を強調しているが、世界に12億人以上の信者を有するローマ・カトリック教会の総本山、バチカン法王庁もここにきてアジア重視政策を鮮明化してきた。アジア教会は南米教会に次いで信者数が急増している地域だ。信者離れが加速する欧州エリート教会から信者の増加が続くアジア地域にバチカンの重点がシフトするのは当然かもしれない。具体的には、フランシスコ法王は8月に韓国訪問、来年初めにスリランカとフィリピンの訪問が控えている。同時に、法王の中国訪問がバチカンの現実的課題となってくると予想されている。イタリア日刊紙ラ・レプブリカが10日報じたところによると、アジア重視政策の中でも、法王の中国訪問実現が最大の優先課題という。

     フランシスコ法王は5月24日から3日間、ヨルダンの首都アンマンを皮切りに、イスラエルのベツレヘムとエルサレムの中東の3都市を訪問したばかりだが、8月14日から韓国訪問が控えている。フランシスコ法王は4月24日、韓国の天主教(カトリック教会)大田教区長の兪興植主教と会見し、韓国の珍島沖で起きた旅客船「セウォル号」沈没事故の犠牲者を哀悼し「韓国民すべてに深い哀悼を表す。若者に会いに行く訪韓を控え、多くの若い生命の犠牲を非常に残念に思う。韓国民がこの事故をきっかけに倫理的・霊的に生まれ変わることを望む」と強調している。 フランシスコ法王は8月14日から18日の韓国訪問中、大田や忠清南道一帯で開かれる「第6回アジア青年大会」に参加する。同時に、北朝鮮の地下教会で苦しむキリスト信者たちへの連帯を表明する機会として、北への平和の祈り集会が計画されている。

    0
    続き

    食い逃げ社会

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     食い逃げ(モクティ)。食って逃げるの略語で、良い待遇を受けたり甘い汁を吸っても、それに見合う役割を果たせなかったり回避したりすることを指す。食い逃げ資本、食い逃げCEO(最高経営責任者)、食い逃げ公約、食い逃げ選手、食い逃げサイト…。派生語が列挙できないほど多い。食い逃げがはびこる社会環境と無関係ではないようだ。

    0
    続き

    相模湾に面した新江ノ島水族館は、海辺の…

     相模湾に面した新江ノ島水族館は、海辺の絶好のロケーションにあって、子供たちや家族連れでにぎわう人気のスポット。中でも「クラゲファンタジーホール」は宇宙空間に来たような神秘的な展示場だ。

     クラゲの展示が始まったのは1974年だが、生態の研究と飼育の困難さにぶつかりながらも、クラゲが圧倒的に人気のある生き物だと知るようになり、88年に世界で初めてクラゲ展示館を開いた。

    0
    続き

    韓国はスマホ“狂国”

    地球だより

     毎日乗るソウルの通勤電車の車中では、スマホに興じる人たちを多く見掛ける。高齢者はそれほどでもないが、それ以外の年齢層では男女問わずスマホにイヤホンを挿して好きな連ドラを観(み)たり、音楽を聴いたりしている。おかげで車内は静かだ。

    0
    続き

    かりゆし、全国に広がるか

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     梅雨がない北海道を除いて日本全国が梅雨入りした。沖縄県が梅雨の真っただ中の6月3日、最も暑い観測地点の上位10位がすべて北海道という驚くようなニュースが飛び込んできた。その日の那覇の最高気温は29度だった。猛暑が全国を襲うようになり、沖縄のかりゆしウエアがにわかに注目を浴びている。

    0
    続き

    「親を見りゃボクの将来知れたもの」――…

     「親を見りゃボクの将来知れたもの」――中学生らの作を集めた同名の川柳集(矢野壽男著、三笠書房)がベストセラーになったのは昭和47年。揺れる中学生の心が親たちを驚かせ、ちまたで中高一貫教育の必要性などが言われたことがあった。

     しかし、それは一時的なもので「6・3・3・4」の学校制度変更の機運はしぼんだ。むしろ当時、文部省が追求したテーマは教育の機会均等だった。

    0
    続き

    「対抗軸」でバラバラ

     菅直人元首相、赤松広隆衆議院副議長、江田五月元参議院議長を含む民主党内のリベラル系議員15名が会合を開き、憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使を容認しないよう党代表の海江田万里氏に申し入れることを決めた(産経新聞6月6日付)。

     海江田氏に対し「自民党の対抗軸として行使容認への反対を6月11日の党首討論で明確にしてほしい」などの意見も出たと記事は伝えている。

    0
    続き

    バーグダル軍曹を軍事法廷に

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】またスーザン・ライス氏と日曜日朝のトークショーだ。今回、ライス氏は、ボウ・バーグダル軍曹は「栄誉と功績」をもってアフガニスタンでの軍務に就いたと言った。ベンガジ攻撃の原因は動画だったと言って以来、最大の大うそだ。

    0
    続き

    睨み合う自公 後で「しまった」では遅い

     今、永田町で随一のモテモテ政党は公明党だ。それでも集団的自衛権をめぐり自民、公明両党の間がギクシャクしている。気の早い一部の勢力は一種の期待感を込めて、自、公の関係悪化を囃(はや)し立てている。

     しかし、そんなことは金輪際起こりそうもない。明らかに両党の安全保障政策は違う。集団的自衛権については両党の歩み寄りはまず不可能だ。それは本来自民党は保守本流を自任し、公明党は一皮むけば野党そのものの体質を持っているためだ。しょせん両党は水と油の他人同士に外ならない。それどころか仇敵のように睨み合ってばかりいる。特に外交、防衛では隔たりがある。

    0
    続き

    父の日(15日)を前に。家庭内でのお父さん…

     父の日(15日)を前に。家庭内でのお父さんの立場がお母さんのそれに比べて影が薄いことは、今に始まったことではない。それをよく詠っているのが第一生命保険の毎年恒例の「サラリーマン川柳」である。

     入選作品100句の中にはお父さんの切ないつぶやき、悲哀、アイロニーを世相や流行語に反映させてユーモラスに描いた作品も少なくない。今年(第27回)は「妻不機嫌 お米と味噌汁 『お・か・ず・な・し』」(雅号・不幸な男)と「帰宅して うがい手洗い 皿洗い」(しゅうくりーむ)がベスト10に。

    0
    続き

    中露からタイへの観光客顕著に

    地球だより

     タイ観光スポーツ省によると、5月にタイに入国した外国人は前月比14・1%減の173万7000人と激減した。クーデター騒動など政局の混乱が影響し観光客の足を止めた格好だ。

    0
    続き

    「桑の実の落ちてにじみぬ石の上」(佐藤漾人)…

     「桑の実の落ちてにじみぬ石の上」(佐藤漾人)。気流子の幼少時代、夏になると田舎の母方の実家に泊まりに行き、野山で昆虫採集や川遊びなどをするのを楽しみとしていた。特に蛍狩りが印象的な思い出になっている。

     満天の星空の中を蛍が飛び交うのは幻想的な光景だった。夢中になって蛍をウチワでたたき落としたり、ふわふわ浮かぶ光を追って走り回ったりした。危うく水田や小川に落ちかかったこともある。今やそんな光景は遠いものとなってしまった。

    0
    続き

    日本に対する周辺国の不信とは

     「竹島問題の早期解決を求める東京集会」が5日、東京都内の憲政記念館で開催され、多数の国会議員や島根県関連団体代表が参加したというニュースを韓国聯合ニュースが流していた。それによれば、韓国政府が5日、同集会を批判する外交部報道官名義の論評を発表したという。そこで「日本政府が過去に周辺国に与えた甚大な被害と苦痛を真に反省し、独島(日本名竹島)に対するでたらめな主張を直ちに中断すべき。そうでなければ、日本に対する周辺国の不信は深まり、韓日関係改善の道も遠のく」と強調している。

     当方が「おや」と思ったのは「日本に対する周辺国の不信は深まり、……」という個所だ。どの周辺国だろうか。間違いなければ反日運動を繰り返す中国と韓国の2カ国だろう。それを論評は「周辺国の不信は深まり……」とぼかして表現している。論評だから、いちいち文句を言ってもしようがないかもしれない。と、考えていた時、英BBCが世界16カ国と欧州連合(EU)を対象とした好感度調査を実施し、その結果を公表した。

    0
    続き

    <ひと日臥し卯の花腐し美しや>(橋本多佳子)…

     <ひと日臥し卯の花腐し美しや>(橋本多佳子)。「卯の花腐し」は、卯の花を腐らせるように、たゆみなく降る雨のことで、夏の季語。雨が降り続く鬱陶しい季節の中にも、美と風情を感じ取ってきた日本人の感性が生んだ言葉である。

     「卯の花腐し」の他、雨の多い日本では、降り方や降る時期によって、さまざまな雨の呼び名がある。春雨、村雨、時雨など、それぞれがその時期特有の降り方をするところから生まれたものだ。

    0
    続き

    中国で「正しい歴史認識」は存在せず

     中国共産党政権が学生らの民主化運動を武力弾圧した天安門事件から4日で25年目を迎えたが、オーストリア国営放送は前日、夜のニュース番組で天安門事件で息子を失った母親、丁子霖さんとのインタビュー記事の内容を報じていた。母親は「中国では天安門の事件についてはどの歴史教科書にも記述されていない。自分は息子を失った。決して忘れることはできない」と述べていた。番組は女学生にもインタビューしていたが、「天安門事件のことを教科書で学んだことがない」と語っていたのが印象的だった。

     25年前の天安門事件について、中国共産党政権は「政治風波」(暴乱)と呼び、完全に無視してきた。日頃、反日批判を繰り返し、歴史を正しく直視すべきだと主張したきた中国共産党政権が25年前の天安門事件を国民に正しく伝えることができず、事件に関する報道を検閲したり、削除し、事件そのものを封印してきた。50年も過ぎれば、事件は完全に風化して、事件を全く知らない世代が生まれてくるだろう。その中国共産党政権が他国の歴史認識を批判しているのだ。自家撞着もいいところだ。共産党政権は自身に都合のいい出来事だけを国民に教えている。そのような歴史認識の後進国は21世紀の今日、北朝鮮と中国の2カ国しか存在しないだろう。

    0
    続き

    「で、あなたはどう考えているの?」と…

     「で、あなたはどう考えているの?」と石原慎太郎氏が問う。「あなた」とは、ニュースキャスターの安藤優子氏。話題は、先月末の日本維新の会の分党騒ぎの件だ。

     沈黙の後、安藤氏が「私はインタビュアーですから……」と答えた。「インタビュアーなのだから、テレビで自分の意見を言うわけにはいかない」という趣旨だ。

    0
    続き

    海から届いた手紙

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     第1次世界大戦に参戦した兵士の話だ。英国軍のトマス・ヒューズ氏は船でフランス西部戦線に向かった。26歳の青年は波がうねる軍艦の上で妻に手紙を書いた。「愛するあなたへ。私はこの手紙を海に落としてあなたを訪ねていくか見守るつもりだ。…さようなら、愛する人よ。必ず帰るよ」。そしてこの手紙を瓶に入れて海に投げ入れた。

    0
    続き