■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    北、国連に「麻薬報告書」を提出せず

     「国際麻薬乱用撲滅デー」の26日、国連薬物犯罪事務所(UNODC)はウィーンの本部で「2014年世界麻薬報告書」を公表した。それによると世界の成人人口(15歳から64歳)の約5%に相当する2億4300万人が2012年、不法麻薬を摂取した。麻薬中毒者数は約2700万人で世界成人の約0・6%だった。また、麻薬関連死者数は約20万人だ。

    0
    続き

    100年前のきょう、ボスニア・ヘルツェゴビナ…

     100年前のきょう、ボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボで、オーストリア・ハンガリー帝国の皇位継承者フェルディナンド夫妻がセルビア人民族主義者の青年に暗殺された。第1次世界大戦勃発の引き金となったサラエボ事件である。

     サラエボといえば、まずこの事件が頭に浮かび、ボスニア・ヘルツェゴビナといえば、冷戦終結後のユーゴスラビア内戦、ボスニア紛争のことが思い浮かぶ。民族、宗教の難しい問題を抱える地域であるとの印象はぬぐえない。

    0
    続き

    イスラム過激派と穏健派

    地球だより

     イスラム過激派の動きが、イラクをはじめとしたシリアなどの中東諸国および国際社会を悩ませている。

     イスラム過激派の特徴は、厳格なイスラム法(シャリア)に固執して、シャリアを憲法とするイスラム国家建国に邁進(まいしん)することにある。

    0
    続き

    お抱え運転手の告発

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     朝鮮時代の情報通は断然、馬子だった。大鑑(テガム)(正二品以上の高官)たちの“足”となっていたので、彼らの一挙手一投足は馬子が把握していた。高官がどんな妓生(キーセン)に首ったけか、誰から賄賂をもらっているか、馬子ほどよく知る者はいなかった。宮廷によく出入りする高官たちの馬子が3、4人集まって情報交換すれば、すぐに官職異動の見通しがついた。

    0
    続き

    「金目」という単語を新聞の活字やテレビの…

     「金目」という単語を新聞の活字やテレビの字幕で見た時、「金目(きんめ)」と一瞬誤解した。あのおいしい金目鯛のことを思い出したのだ。が、実際はそんな話ではなく、「かねめ」と読むのが正解だった。

     「金目(かねめ)」は「金目の物」というように金銭的に価値のあるものという意味で使われることが多い。が、国語辞典を見ると、もう一つ「お金の問題」という意味もあった。

    0
    続き

    「関東甲信は雲が多く、昼前から雨や雷雨。…

     「関東甲信は雲が多く、昼前から雨や雷雨。局地的な激しい雨や落雷、突風などに注意」。24日付小紙に載った天気予報の一節。「上空を寒気を伴った気圧の谷が通過する」と概況を伝えていた。

     東京都三鷹市や調布市ではその日の午後2時半ごろ、雨に加えてひょうが降り始め、雷がとどろき、突風も吹いて、ちょっと怖いような天気となった。私事になるが、その頃三鷹市北野で雨宿りしていた。

    0
    続き

    真実の探求続ける星雅彦氏

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     「沖縄戦の実情はどこかでゆがめられている。もう一度洗い流して考えなければならない」

     こう語る文芸誌「うらそえ文藝」編集長の星雅彦氏は、2009年発行の同誌(第14号)で軍命説に疑問を呈して以来、沖縄戦の真実を求め続けている。

    0
    続き

    全国の公示地価(今年1月1日時点)は、…

     全国の公示地価(今年1月1日時点)は、東京、大阪、名古屋の三大都市圏で住宅地が前年比0・5%、商業地が1・6%上がり、リーマン・ショック前の2008年以来6年ぶりに上昇した。

     地方圏全体では住宅地、商業地ともに引き続き下落したが下げ幅は縮小、一部では上昇している。回復しつつある地価動向について、先日閣議決定された「2014年版土地白書」に分析があるが、興味深い。

    0
    続き

    過激派復活はオバマ氏のせい

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】ジョージ・W・ブッシュ氏が大統領に就任した時、イラクにアルカイダはいなかった。これは事実だ。オバマ大統領が就任した時、イラクにはアルカイダはほとんど残っていなかった。これも事実だ。

    0
    続き

    接種奨励が一時中止されている子宮頸がん…

     接種奨励が一時中止されている子宮頸がんワクチン(以下、ワクチン)について、国(厚労省)は接種を積極的に勧めることを再開すべきかどうか。その判断を急いで出す必要はどこにもないと心得るべきだろう。少なくとも今は慎重に問題の検討を重ね深めるべきだ。

     ワクチンは昨年4月に定期接種(小学6年から高校1年までの女子が対象)となった。だが、失神や全身の痛み、痙攣など重い副反応の訴えが相次ぎ、なかには運動障害などで日常生活が困難になるという重い障害を負うケースも出た。

    1
    続き

    地球益外交のうんざり

     中国・北京市で「世界平和フォーラム」が開催された。フォーラムに参加した鳩山由紀夫元首相は6月21日、講演を行った。その中で安倍政権が「中国脅威論を強調し、積極的平和主義の名の下に、日本国民に集団的自衛権の行使を受け入れさせようとしている」と批判した。

     さらに、鳩山氏は講演で「日本は戦前の時代に戻ってはならない」と強調。自身が首相在任時に提唱した「東アジア共同体構想」の実現を訴え、そのためには「日本の指導者が歴史の事実を直視する勇気を持つことが第一だ」とも述べた。

    0
    続き

    今時の若い者は…

     「今時の若い者は…」というのは、年老いた人間が息子や孫の世代に対して一言、物申す時の決まり文句だ。これは昔も今も変わらない。

     「現代青年の師弟関係は、全く乱れてしまって、美(うるわ)しい師弟の情誼(じょうぎ)に乏しいのは寒心の至りである。…学校の生徒の如きは、その教師を観ること、あたかも落語師か講談師かのごとく、講義が下手だとか、解釈が拙劣であるとか、生徒としてあるまじきことを口にしている。」

    0
    続き

    通常国会が閉幕 与野党のチエの出し合いを

     永田町は一生懸命やっている。国民は永田町の刻苦精励を多とするに吝かではない。しかしそれでも何となく物足りない気持ちがする。それはやっぱり見当違いの方向を見ながら力を籠めているからだろう。

     国民が永田町に望むのは国民のためにガムシャラに働くことではない。常に国民の胸の中を察し、国民と共に汗を流し、国民と歩調を揃えて前進することだ。その国民の視点から永田町を見ると、永田町の奮闘努力は作りものにすぎない。いかに上手に芝居を演じても、作りものは作りものだ。国民の目から見るとそれがよく分かる。

    0
    続き

    足りないのは数?質?

    地球だより

     このところフィリピンでは、有名人が殺害される事件が相次ぎ、治安の悪さが際立つ結果となっている。

    0
    続き

    「河野談話」は実は妥協の産物だった

     時事通信は20日、「日本政府が同日、従軍慰安婦問題への旧日本軍の関与を認めて謝罪した1993年の河野洋平官房長官談話の検証結果に関する報告書を公表し、(1)談話作成時に韓国側と文言調整していた(2)元慰安婦とされた女性への聞き取り調査では、事後の裏付け調査を行わなかった―ことを明記。日韓両政府が文言調整の事実を対外的に非公表とすることで一致していたなどを明らかにした」と報じた。

     両国政府の事前の「文言調整」が行われたことが判明し、調整はなかったと主張してきた両国政府のこれまでの発言が虚言であったことが判明する一方、文言調整プロセスで韓国側から圧力があったこと、慰安婦への聞き取り作業がなかった等が分かった。その結果、「河野 談話」の信憑性が土台から崩れる可能性が出てきた。

    0
    続き

    「殖産興業の事業を興し、国民の一人といえ…

     「殖産興業の事業を興し、国民の一人といえども怠惰であったり参加できなかったりということがないようにし、国民を豊かな生活にまで達するようにしたい」(「大久保利通文書」)。

     1871(明治4)年からの欧米視察で列強の実情に衝撃を受けた新政府の重鎮・大久保利通(1830~78)の新しい国造りへの並々ならぬ決意を示した一文。「殖産興業」は初代内務卿の大久保が中心となり進められた。

    0
    続き

    「子燕のさゞめき誰も聞き流し」(中村汀女)…

     「子燕のさゞめき誰も聞き流し」(中村汀女)。先日、商店街を歩いていたら、目の前をツバメが飛び交っていた。

     注意して見ていたら、ドラッグストアの軒下に泥を塗り固めたような巣があった。4~5羽の雛(ひな)が黄色いクチバシを開けてピイピイ鳴いている。必死に鳴く姿は、どこか切なく心に迫るものがある。

    0
    続き

    海外に暫く滞在して日本に帰国したりすると、…

     海外に暫く滞在して日本に帰国したりすると、街の電柱や電線が妙に目障りに感じる。美しい街並みが残る欧州などから帰ってくると特にそうだ。暫くすると、前と同じようにそれほどではなくなるけれど、初めて日本を訪れた外国人観光客の場合は、どうだろう。決していい印象にはならないに違いない。

     今年の「観光白書」で政府は訪日外国人数2000万人を達成するため、2020年開催の東京五輪を活用する施策の着手を決めた。その一つに街の景観改善のため無電柱化を進めることも挙げられている。

    0
    続き

    熱狂ムードには程遠く…

    地球だより

     サッカー・ワールドカップ(W杯)は、米国でも注目を集めている。が、日本のように国民総出で自国の代表チームを応援する熱狂ムードには程遠い。愛国心の強い国民なのに、W杯にどこか冷ややかな態度を取るのは実に不思議である。

    0
    続き

    普通に「虫」でいいのに「虫けら」と言う…

     普通に「虫」でいいのに「虫けら」と言う場合がある。「虫けらのように扱われた」と言えば、いい扱いを受けた様子はない。逆に、ホタルのように昔から好まれている虫を虫けらとは呼ばない。

     虫けらの「けら」は何を意味するのかよく分からないらしい。「ケラ」という昆虫はいるが、関係はなさそうだ。俗に「オケラ」と呼ばれるケラは、コオロギの仲間。土中で生活し、前足は土を掘るのに適した形をしている。オスの鳴き声は「ジージー」。ミミズのものだと言われることがあるが、ミミズは鳴かない。

    0
    続き

    海水浴場の飲酒禁止

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     ハワイのホノルル、ワイキキビーチの夜の風景は、ひっそりとしてもの寂しい。ほとんど人影がない。時たま1、2人が波と戯れながら砂浜を歩いている。あちこちで群れになってわいわい騒いでいる韓国とは完全に異なる。海水浴場は1㍍余りの歩道が境界線となって、その中では飲酒は一切、禁止されている。夜になると避暑客たちは境界線の外に集まる。小さな酒場が並んでいて、人々はそこで立って音楽を聞いて酒を楽しむ。酒瓶を持って境界線を越えることは決してない。

    0
    続き

    「井の頭公園の池のほとりに、老夫婦二人きり…

     「井の頭公園の池のほとりに、老夫婦二人きりで営んでゐる小さい茶店が一軒ある。私は、私の三鷹の家に、ほんのたまに訪れて来る友人たちを、その茶店に案内する事にしてゐるのである」。

     太宰治の「乞食学生」(昭和15年)に登場する井の頭公園の風景である。東京都三鷹市下連雀にある太宰治文学サロンで「太宰治×井の頭公園」の企画展示が開催中で、8点の作品が紹介されている。

    0
    続き

    金正恩氏が潜水艦に乗艦した時

     北朝鮮の朝鮮中央通信は16日、金正恩第1書記が朝鮮人民軍の潜水艦部隊第167軍部隊を視察し、潜水艦に乗艦したことを写真付きで報じた。金正恩氏が人民軍潜水艦部隊を視察したことについて、韓国国防部は「北の潜水艦戦力を誇示する目的がある」(韓国聯合ニュース)と分析している。当方は別の考えを持っている。以下、それを説明する。

    0
    続き