■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    「死刑」と共に「終身刑」も廃止?

     バチカン放送独語電子版をみていると、興味深い記事に出会った。ローマ法王フランシスコが23日、バチカンで国際刑事裁判官協会の使節団の表敬訪問を受けたが、その際、法王は「死刑を完全に廃止するだけではない。終身刑も廃止すべきだ。終身刑は死刑の変形に過ぎなく、非人道的だ」と語ったという。

     バチカンは熱心な死刑廃止論者であることはよく知られているが、フランシスコ法王はそれだけで満足せず、終身刑の廃止まで要求したのだ。そのうえ、法王は未決の拘留にも異議を唱えているのだ。

    0
    続き

    「わかりやすさ」がテレビの命だ、とテレビ…

     「わかりやすさ」がテレビの命だ、とテレビディレクターの佐々木健一氏が文芸雑誌「群像」(11月号)で述べている。が、「わかりやすさ」は制約でもある、とも付け加える。伝えるべき内容が十分に伝わらないのだ。

     なぜわかりやすくなければならないのか。答えは明瞭。テレビの情報量が極端に少ないためだ。1時間番組の情報量は、活字ならば十数行あれば伝達できる。そこを芸能人たちのしゃべりや、特に必要もないような模型などを使って「これでもか」とばかりに頑張る。

    0
    続き

    「シンデレラ物語」は日本でもよく読まれて…

     「シンデレラ物語」は日本でもよく読まれてきた童話。そのハイライトは、シンデレラが時間の約束を守らなかったために、魔法がとけて、美女からもとの娘に変わってしまうところだ。

     真夜中の12時を過ぎてはいけないと、厳しい注意を受けていた。経済史家で、先日亡くなった角山榮さんは、どうしてシンデレラは時を知ったのか、と疑問を抱き、時間と時計と社会について調べた。

    0
    続き

    韓国は「言論の自由」を遵守すべし

     ウィーンに本部を持つ国際新聞編集者協会(IPI)の言論自由マネージャー、バーバラ・トリオンフィ女史は22日、当方とのインタビューに応じ、産経新聞前ソウル支局長の在宅起訴問題と朝日新聞の慰安婦報道の誤報について、その見解を明らかにした。

    3
    続き

    赤十字社総裁の強弁

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     人事の専横を警戒する時に必ず言及されるのが、西晋の皇帝、司馬倫と宋の太祖、趙匡胤の故事だ。司馬倫はクーデターを起こして帝位を簒奪(さんだつ)した後、民心を収拾するため官職を大盤振る舞いしようとした。重臣たちが「そんなに簡単に官職に就けるのであれば、誰が官職を願って陛下に忠誠を尽くしましょうか」と反対したが、奴婢(ぬひ)たちにまで官職を乱発し間もなく悲惨な最期を迎えた。

    0
    続き

    那覇空港や那覇港を国際ハブのクラスター目指し

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄国際ハブクラスター・キックオフフォーラムが8日、那覇市のホテルで開かれた。沖縄県は、東アジアに近い地の利を生かしたアジアゲートウェイを目指し、那覇空港や那覇港をハブとした国際物流におけるハードおよびソフト面の振興に期待を掛けている。

    0
    続き

    政府が早期の再稼働を目指す九州電力の川内…

     政府が早期の再稼働を目指す九州電力の川内原子力発電所1、2号機(鹿児島県)。再稼働には地元住民の理解が欠かせず、その説得は基本的に自治体の役割だが、そのハードルは決して低くない。

     1970年代、新設原発の立地をめぐり賛成・反対派の説得合戦が全国各地であったが、住民は最後には政治決着に任せた。だが今日、東京電力福島第1原発事故を経て、大半の住民の頭の中で原発の安全神話が崩れ落ちており、再稼働の行方は予断を許さない。

    0
    続き

    最良の夫婦関係は退職後

    地球だより

     男女カップルの関係(結婚と同棲関係の両方を含む)に関する興味ある世論調査結果が最近発表された。それによると、「いつが最良の関係の時か」との問いに対して、「退職後」と答えた人が20%で最も多く、以下「関係が始まった2、3年」が19%、「子供が生まれた時」17%、「結婚直後」9%、「初期のデートしていた時」9%、「子供が家を出て独立した時」7%、「結婚直前」3%など、となっている。

    0
    続き

    違法でないと認識し、たばこ感覚で気軽に…

     違法でないと認識し、たばこ感覚で気軽に「危険ドラッグ」を吸引して車を暴走させて起こす交通事故が、今年6月から7月にかけて相次いだ。東京・JR池袋駅前で暴走車が8人を死傷させた事件は記憶に新しい。

     つい4カ月前のことだが、この時は「脱法ドラッグ」とか「脱法ハーブ」と呼ばれていた。麻薬などと似た効果がありながら違法と合法すれすれにある薬物の総称。

    0
    続き

    個人主義の源流

     先日、よく立ち寄る古本屋に面白そうな本があったので、さっそく買って読んだ。チャールズ・ビーアド博士とメアリ夫人共著の『アメリカ精神の歴史』(岩波現代叢書)で、高木八尺、松本重治両氏の翻訳で1954年に出版された。

     近頃、あまり目にしなくなった「文明」の観念とアメリカの歴史がどのようにかかわってきたのかを解明しているが、その中で一番面白かったのが、個人主義(インディヴィデュアリズム)に関する部分だ。

    0
    続き

    下村博文文部科学相が「自己否定感を持つ…

     下村博文文部科学相が「自己否定感を持つような子供をゼロにする教育をしていきたい」と話している(小紙16日付インタビュー記事)。

     今、小・中学校で道徳の時間に偉人や孝行を尽くした人物の伝記などを読んでいるが、人生を肯定的に生きた人たちのメッセージは子供たちの励みになろう。道徳の教科化も教育改革の目標の一つだ。

    0
    続き

    インドで初となるサッカーリーグ開幕

    地球だより

     クリケットが圧倒的な人気を誇るインドで、初となるプロサッカーリーグ「インディアン・スーパーリーグ」が10月初旬、開幕した。国中の原っぱでクリケットに興じている少年ばかりのインドで、サッカー旋風が起きるのかどうか注目される。

     このサッカーリーグには、首都ニューデリーや、商都ムンバイ、それにコルカタなどを拠点とした8チームが参加する。リーグ戦は、12月半ばまで2カ月半戦う。

    0
    続き

    「教会は同性愛者を歓迎する」

     今月5日から開催中のローマ・カトリック教会の特別世界司教会議(シノドス)は18日、参加者の発言などを総括した最終報告書をまとめ、2週間の協議日程を終えた。世界から191カ国の司教会議議長や専門家たちが結集して、家庭に関連した様々なテーマ、離婚、再婚、避妊、純潔、同性婚などについて話し合ってきた。シノドスの最終報告書は議決権を有する174人の参加者のうち158人が支持、賛成多数で承認された。ジャンフランコ・ラバシ枢機卿ら3人の枢機卿が同日、記者会見で明らかにした。

     バチカン放送独語電子版によると、報告書では、シノドス参加者は家庭が現在直面しているさまざまな挑戦を真摯に受け取り、「教会は全ての人々に開かれた家」と明記している。

    0
    続き

    「赤くなる為の林檎(りんご)の日を…

     「赤くなる為の林檎(りんご)の日を纏(まと)ふ」(佐藤静良)。太陽の光は、春夏秋冬それぞれで受ける感じが違う。春は雪解け水を思わせるようにふんわりしており、夏はジリジリとフライパンで焼くように苛烈で、秋は透き通るように柔らかい。

     そして冬は、さらさらとして水気のない感じだろうか。冒頭の俳句の「林檎の日を纏ふ」とは、日本人らしい感性がよく出ている表現だ。光にそんなことを感じるのも、自然とともに生きてきた生活感から来るのだろう。日本では太陽神を女性と見立てているので、光の表現にもどこか華やかなイメージがある。

    0
    続き

    なぜ日本はノーベル賞を多く獲得できるのか

     今年のノーベル物理学賞は、青色LEDの開発と実用化に成功した研究者である赤崎勇、天野浩、中村修二の3氏に決定した。これにより日本のノーベル賞の受賞者は米国籍の南部陽一郎と中村修二の両氏を含め22人となった。韓国と中国は1、2人しかいない。

     中国の13億の人口と比べ、日本のノーベル賞受賞が圧倒的に多いのは不思議だ。

    0
    続き

    北の若き独裁者と「人工衛星」の話

     北朝鮮の朝鮮中央通信は14日、金正恩第1書記が「衛星科学者住宅地区」を現地指導したと報じた。金第1書記の動静としては9月4日以来だ。健康悪化説から死亡説まで流れていた同第1書記は9月中旬にフランスの医師から両足首の関節の手術を受けたという。同氏は杖を引きながら、人民軍の黄炳瑞総政治局長らを同行させて視察した。労働新聞は、上機嫌な正恩氏の写真を大きく掲載した。

    0
    続き

    今年は日清戦争開戦から120年に当たる。この…

     今年は日清戦争開戦から120年に当たる。この戦争で正岡子規が従軍記者として大陸に渡り、帰りの船で喀血した話は有名だ。子規と日清戦争の関わりについては、評論家の末延芳晴氏が『正岡子規、従軍す』(平凡社)という本を2011年に出している。

     同書は、子規が従軍に際して詠んだ漢詩などに当たりながら、その内面とりわけ「陰」の部分に迫った労作。しかし、漢詩の重要な部分を誤読している。

    0
    続き

    ガザ復興支援は慎重に

    地球だより

    パレスチナ自治区ガザ地区の復興について話し合う「ガザ復興会議」が、エジプトの首都カイロで開催され、各国から54億㌦(約5800億円)の拠出が表明された。日本は2000万㌦(約22億円)の追加支援を表明した。

    0
    続き

    エボラ出血熱の迅速な診断を

     反原発を主張する人々は原子力発電事故が如何に怖いか、放射線の汚染からテロ襲撃の危険まで挙げて説明する。そして、脱原発、再生可能エネルギーの促進を要求する。それは一つの見解だが、原発開発、それに伴う核関連技術の発展はがん治療など様々な医療分野で人類の福祉に大きな貢献をしてきていることを忘れてはならないだろう(「IAEAのHPが変った」2010年6月19日参考)。

    0
    続き

    毎年のように受賞が予想される村上春樹氏だが…

     毎年のように受賞が予想される村上春樹氏だが、今年もノーベル文学賞を逸した。その理由として言われるのが「メッセージ性のなさ」だ。

     報道によれば、今年の受賞作家は、ナチス占領下のパリを舞台とした作品で知られる。対して村上作品は、その種のメッセージ性や政治性は全くない。

    0
    続き

    修能試験と軍入隊

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     30年前に軍隊生活をした記者には、とりわけ忘れられない同僚がいる。軍隊生活を立派に務めた中卒の兵士たちだ。当時、現役で入隊しようとすれば身体検査で1~3級の判定が必要で、4級は防衛(防衛産業での勤務)、5級は兵役免除だった。現役兵の対象も学歴による差があった。中卒は1級、高卒は2級、大学生は3級までが現役だった。今でこそ兵役の志願者不足により、十分ふるいにかけないため軍隊生活に適応できなかったり心理的に問題がある“関心兵士”(保護関心の必要な特別管理対象の兵士)が続出しているが、当時は身体検査を受けた半分だけが現役兵の“栄光”を享受できる時代だった。

    0
    続き

    文芸評論家の故亀井勝一郎は生前、武蔵野市…

     文芸評論家の故亀井勝一郎は生前、武蔵野市の御殿山に住んでいた。来客のある日の朝には、近くの井の頭公園へ歩いて行き、「お茶の水」で水を汲んで、それで茶を立ててもてなしたそうだ。

     「お茶の水」は池の片隅にある湧き水で、徳川家康が狩りに来た時も茶を立てて飲んだという。良質の水だったが、戦後に周辺が市街化され、地下水も大量に汲み上げられて池は干上がった。

    0
    続き

    喜納氏知事選出馬で民主党迷走

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     民主党県連代表の喜納昌吉(きなしょうきち)氏が10日、代表を辞任して知事選出馬に踏み切った。同党本部は10日の役員会議で、県知事選立候補を表明した喜納昌吉氏を除名する方針を決定。これを受け、同党県連は同日開かれた常任幹事会で、喜納代表の辞任を全会一致で承認した。

    0
    続き