■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    「隕石」の落下と「電磁パルス」攻撃

     キューバで1日、小さな隕石が住宅地域に落下した。キューバの文部科学省によると、隕石は無数に破壊され、地上に降り注いだのをキューバ最西部の都市ピナール・デル・リオで目撃された。最も大きい隕石は直径11センチ。被害情報は公式には報じられていない。隕石が落下する直前、大きな爆発が伴った火の玉が目撃された。隕石はニッケル、鉄、ケイ酸マグネシウムから成り立っていたという。ルンバ発祥の地のマタンサスでも同時間、火の玉がカリブ海に落ちていくのを見たという報告がある。

    0
    続き

    「学問のすゝめ」の全文と現代語訳

    福沢諭吉で有名な言葉に、 「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」があります。 『学問のすすめ』の冒頭に出て来る言葉です。 しかし諭吉が言いたいのは、そこではありません。 もっと深いことを解いています。 全文を原文と現代語訳の両方で掲示しますので、ぜひ、ご一読いただければと思います。 なお、現代語訳は、いつものねず式です。

    「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり。  されば天より人を生ずるには、  万人は万人みな同じ位にして、  生まれながら貴賤(きせん)上下の差別なく、  万物の霊たる身と心との働きをもって  天地の間にあるよろずの物を資とり、  もって衣食住の用を達し、  自由自在、  互いに人の妨げをなさずして  おのおの安楽にこの世を渡らしめ給うの趣意なり。

    3
    続き

    肉親頼れぬ高齢者

     単身赴任を続ける東京から、地方にある自宅に帰った。久しぶりに会う妻とゆっくり自宅で過ごしていると、妻の携帯が鳴った。短い通話の後、妻が「Aさんを、病院から彼女の家に車で送ってくるわ」と言った。

     Aさんとは、筆者も1度会ったことがある妻の知り合いだ。高齢の彼女は、脳梗塞で倒れ入院している夫を見舞い、家に帰るのだという。「息子さんが一緒に住んでいるのに、どうして、あなたが送らないといけないのか」と尋ねる筆者に「なんか事情があるみたいよ」と妻。日頃から、車の運転ができないAさんを助けてあげているという。「じゃあ、きょうは、私が運転するよ」と、妻と2人でAさんを送り届けた。

    2
    続き

    やや暖冬と言われる今年でも、冬は冬である…

     やや暖冬と言われる今年でも、冬は冬である。老身にはこたえる寒の間、外の風の冷たさに身を縮ませて過ごすうちに、はや2月も昨日は立春。「一月往(い)ぬる、二月逃げる、三月去る」と韻を踏んで言い表す、時の流れの速さに改めて驚く。

     東京は昨日、暦通りに一気に春らんまんの陽気となったが、しばらくは冴(さ)え返(かえ)りの日も。きょうは旧暦の1月1日で、中国などでは年の始まりである春節(旧正月)を祝うが、やらねばならぬことに追われる人には“往ぬ”の実感だけが重くのしかかってこよう。

    0
    続き

    死ぬ前に – 生きなさい!

    “Six Ethics of LIFE.” Before you Pray – Believe. Before you Speak – Listen. Before you Spend – Earn. Before you Write – Think. Before you Quit – Try & Before you Die – Live!

    1
    続き

    薩英戦争 ~ 大英帝国を驚かせた和魂洋才

    ■1.鹿児島湾に現れた黒い軍艦7隻

     文久3(1863)年6月27日、鹿児島湾の入り口にあたる大隅半島南部・小根占(こねじめ)の峰火台から狼煙(のろし)が上がった。3本マストの黒い軍艦7隻が一列になって、湾内に向かって進んでいるのを発見したのだ。各艦のマストにはイギリス国旗が掲げられていた。

    0
    続き

    ローマ法王「中絶は人権にあらず」

     世界に約13億人の信者を擁するローマ・カトリック教会の最高指導者、法王フランシスコは2日、「中絶は人権ではない」と述べた。バチカンニュースが同日報じた。フランシスコ法王がイタリアの胎児の権利を擁護する非政府機関(Movimento per la vita)の代表団に語った内容だ。ローマ・カトリック教会は中絶に対しては厳格に反対してきたが、「中絶は人権ではない」と強調した今回の法王の発言は教会内外で大きな波紋を呼ぶのは必至だ。

    1
    続き

    通常国会の施政方針演説で、安倍晋三首相は…

     通常国会の施政方針演説で、安倍晋三首相は少子化対策の一つとして、3歳から5歳までの全ての子供たちの幼児教育を無償化することを掲げた。「子供たちを産み、育てやすい日本へと大きく転換していく」という。

     演説の中で、直接出産を促す文言はないが、親の経済負担を軽減し、余裕を持った生活、また子育てを実現し、その上で次子、三子を……ということだろう。

    0
    続き

    【食品ロス】恵方巻の大量廃棄もアプリで減少!食品も売り手と買い手をマッチさせる?

    ■売れ残りや食べ残し、期限切れ食品など、本来は食べることができたはずの食品が廃棄される食品廃棄は世界的な問題になっている。

    日本では食品廃棄問題として「恵方巻」が取り上げられている。

    恵方巻とは節分に恵方を向いて無言で食すると縁起が良いとされる巻寿司だ。もともとは関西だけの習慣だったものだが、コンビニエンスストアが販売したことで全国に広がった。

    0
    続き

    国連が中国に乗っ取られる……

     ウィーン市の名所といえば、オーストリアのローマ・カトリック教会の精神的支柱・シュテファン大聖堂やハプスブルク王朝のシェ―ンブルン宮殿などが直ぐに頭に浮かぶが、ウィーンはニューヨーク本部、ジュネーブの欧州本部に次いで国連事務所が開設された第3の国連都市(その後、ナイロビ事務所が第4の都市となった)だ。ウィーンに誘致された国連機関を収容した「ウィーン国際センター」(VIC)がオープンして今年8月で40周年を迎えることから、ウィーン国連事務所では様々なイベントが計画されている。

    3
    続き

    「春そこに来てゐる如き水辺かな」(高浜年尾)…

     「春そこに来てゐる如き水辺かな」(高浜年尾)。先日帰宅する時、雪が夜の闇を斜めに切るように降っていた。

     春間近と思っていても、雪で電車のダイヤが乱れ、入試の開始時刻が遅延することも多々ある。

    0
    続き

    ローマ法王、歴史的なUAE訪問へ

     ローマ法王フランシスコは3日から5日まで法王として初めてアラビア半島のアラブ首長国連邦(UAE)を訪問する。バチカンはローマ法王のUAE訪問を「アラブ人がローマ法王を初めて招いた歴史的な旅」と受け取っている。なお、UAEはローマ法王の訪問を私的訪問とし、公式訪問とはみなしていない。

    1
    続き

    トランプ大統領が「政府閉鎖で勝利した」と言える3つの理由

     トランプ米大統領が国境の壁に関する予算計上の確証なく政府閉鎖を解除する繋ぎ予算に同意したことで、メディア各社は「トランプ大統領敗北、民主党ペロシ勝利」と報道している。しかし、これは非常に短絡的なモノの見方であると言えるだろう。

     トランプ大統領にとって最も優先すべき事項は、2020年の大統領選挙で再選することだ。もちろん公約の達成なども重要なことであるものの、政治家の本能とは常に自身の政治生命を保つために全力を注ぐものと考えるべきだろう。トランプ大統領は2019年1月を通して米国の政治シーンを覆いつくした政府閉鎖によって、2020年大統領選挙に向けた前哨戦を制したと言える。以下、その理由を3つのポイントから解説しよう。

    6
    続き

    作家の故安岡章太郎の随筆は、自然な語り口で…

     作家の故安岡章太郎の随筆は、自然な語り口で文章が流れていくのが魅力だ。疲れた時は、読みながら肩をほぐされているような感覚を味わう。

     しかし、最晩年の「カーライルの家」(「群像」2002年1月号)はやや散漫で、重要な地名の誤記もあった。

    0
    続き

    【ニコニコ闘会議2019レポート】岐路に立つ格闘ゲームのエンタメ性

     2019年1月26日、27日の2日間に渡って千葉市の幕張メッセで「ニコニコ闘会議2019」が開催された。今年も前年と同じくJeSU(一般社団法人日本eスポーツ連合)が主催し、「eSPORTS国際チャレンジカップ~日本選抜 VS アジア選抜~」との同時開催となったが、今回はJAEPO(ジャパンアミューズメントエキスポ2019)との共同開催ともなった。  3団体による共同開催という初の試みで、会場来場者数は8万4214人、会場から配信された生放送番組を視聴したネット来場者数は459万4715人を記録した。  昨年の会場来場者数が7万2425人、ネット来場者数は513万1820。昨年と比較するとネット来場者数は50万人程減ったものの、会場来場者数は1万2000人程伸びており、今年は「生でイベントを見たい」というニーズが増えたのではないかと予想される。

     今年はどのブースも盛況となっていたが、アーケードゲームを中心に取り扱っているJAEPOのコーナーでは入り口のバンダイナムコゲームスブース、KONAMIブースに特に大きな人だかりが出来ており、また最奥部にあるセガブース、TAITOブースにも同様に人だかりが出来ていた。  どのブースもアーケードゲームとしては主力となるタイトルを揃えており、中でも人の集まりにくい位置にあるセガブースでは人気ソーシャルゲーム「Fate/Grand Order」のアーケードゲーム版や「艦隊これくしょん」のアーケードゲーム版に人を集めるコンテンツ重視の姿勢を見せている。  同位置にあるTAITOブースでは「スペースインベーダー」の多人数プレイを可能としたアーケードタイトルの試遊や、家庭用ゲームのアーケード版タイトルの試遊展示という手堅い姿勢を宣伝していた。

    1
    続き

    韓国で軍クーデターは起きるか

     韓国の日刊紙(日本語版)を読んでいると、面白い動きに気が付いた。具体的には、興味を引く2本の記事が報じられていたのだ。1本は、文大統領の最側近だった金慶洙・慶尚南道知事が30日、2017年の大統領選挙に関する世論操作事件で業務妨害と公職選挙法違反の実刑判決を言い渡され、法廷で拘束されたというニュースだ。もう1本は、文大統領の娘家族が昨年住んでいた家を売却し、現在海外在住という事実が報じられたことだ。

    7
    続き

    ミサイル防衛システムに怯えるロシア

    ■強気のロシア

     ロシアは新型弾道ミサイルを宣伝した。新型弾道ミサイルはアメリカが配備を進めるミサイル防衛システムを突破するという。ロシアは新型弾道ミサイルの発射映像を公開し、マッハ20でミサイル防衛システムを突破すると豪語する。しかもアメリカ全土が射程圏内だと脅している。

    ■ミサイル防衛システムの現状

    6
    続き

    この世には、確かに、特別な人がいる

    この世には、確かに、特別な人がいる。

     野球界なら、長嶋茂雄。  歌謡界なら、北島三郎。  テニス界なら、大坂なおみ。

     全豪オープン初優勝にして、世界ランキング1位、おめでとう。

     ところで、そのように群を抜いた人が全体の0.1%だとすれば、残る99.9%は特別な人ではない。

    2
    続き

    佐賀の乱(明治7年)は明治維新後の「不平…

     佐賀の乱(明治7年)は明治維新後の「不平士族の反乱」の一つだが、乱は145年前のきょう、勃発した。西郷隆盛の西南戦争の3年前のことだ。

     首謀者は江藤新平。明治政権の司法卿(法相)や参議として活躍したが、大久保利通らと対立、下野して佐賀へ帰郷していたのを乱の首領として担ぎ出されたものだ。

    1
    続き

    サッカー王国で日本代表を思う

     サッカー日本代表が、28日のアジア・カップ準決勝でイランに快勝した。1次リーグでの苦戦を忘れさせるほどの内容で、ワールドカップ(W杯)ロシア大会で世界を驚かせた日本代表を見ているように感じたのは記者だけではないだろう。

    2
    続き

    自分を捨てて日進月歩

    日進月歩のことを、別な言葉で「日々是新(ひびこれあらた)」と言います。 Chinaの『三国志演義』には、 「男子、三日会わざれば刮目(かつもく)して見よ」 という言葉があり、これはいまではすっかり日本語の慣用句になっていますが、もともとは、 「士別れて三日、即ち更に刮目して相待すべし」 という記述から生まれている慣用句のようです。

    要するに、日々成長だということです。 ですから自信をもって世に出した自説であっても、それを世に出した時点で、そこが新たな出発点になります。 そこから出発して、さらに奥深くに研究を重ねていくのです。 すると、もっと深い事実がわかったりします。 そうなれば、過去の自説は、捨てざるを得ない。

    0
    続き

    【ウォルマート】ファナティクスと提携してECでMLBやNBA、NFL商品を販売!

    ■ウォルマートは29日、スポーツライセンスのアパレル商品等の製造や流通、ECを手がけるファナティクスとパートナーシップを締結したことを発表した。ウォルマート・コムでファナティクス専用サイト「ファン・ショップ・バイ・ファナティクス(Fan Shop by Fanatics)」をオープンし、スポーツライセンス商品を販売する。

    0
    続き