■連載一覧
  • 憲法改正 私はこう考える
  • どう見る北の脅威
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 2018/2/15
  • 2018/2/13
  • 2018/1/18
  • 2018/1/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    選挙公約は成長戦略も教育無償も的外れ

     コンピューター産業に詳しい知人が、日本の経済力、産業力の将来性を嘆いています。選挙も終盤に差し掛かり、各党は選挙公約の宣伝合戦です。「どの党の成長戦略も教育政策も的が外れている。中国はすさまじい勢いでソフト産業を強化しており、米中と日本の格差は広がる一方。このままではインドにも追い越されてしまうだろう」と警告します。

     「今やソフト産業が産業、経済の将来性を握っている。産業政策も教育政策もそこに焦点を絞らなければならない」と、知人は警告してます。ソフト産業を具体的にいえば、米国のアップル、グーグル、マイクロソフト、フェースブックであり、サービス業を加えるとアマゾンなどです。

    4
    続き

    韓国は日米の重要な同盟国だ

     韓国日刊紙中央日報は18日、トランプ米大統領のアジア歴訪を報じ、「なぜトランプ大統領の訪韓日程が1泊2日と短いのか」という韓国メディアの不満、恨み節を紹介している。簡単にいえば、「わが国はトランプ大統領を国賓で招いたのにもかかわらず、日本で2泊3日の日程と長いのに……」というのだ。韓国に対する理解を持とうと努力している当方にとって、韓国メディアの論調には、少しやりきれなさを感じた。

    3
    続き

    打ち過ぎたり手抜きをしたため思わぬ苦戦を強いられたが、それでもよく頑張った

     適当な軍師がいなかったためだろうと思う。

     いつもの小池さんならもう少し上手にやったと思うが、今回の選挙では小池さんの知略、機略というものが十分には働かなかった。

     魔法使いサリーにもこんなことがあるんだな、と改めて選挙の難しさを痛感しているところである。

    3
    続き

    「秋風や竹林一幹より動く」(高浜年尾)。…

     「秋風や竹林一幹より動く」(高浜年尾)。秋は抜けるような青空に代表されるが、その半面、雨が多い季節でもある。東京はここ数日、冷え切った雨に覆われていた。一挙に冬が到来したかのような感じだ。

     秋は「芸術の秋」でもあり、芸術祭やコンサートや絵画展が盛んである。この際に、芸術に親しむ機会を持ちたい。

    1
    続き

    【ブルーエプロン】IPOから110日で300人以上を解雇!スーパーも競争激化で面白い?

     ■ミールキット宅配サービスのブルーエプロンは18日、従業員6%のレイオフを発表した。従業員数が5,000人以上となるブルーエプロンでは300人以上の解雇となる。

    0
    続き

    マクロン大統領の書きかけの「小説」

     誤解していたのかもしれない。ロスチャイルド家系の名門銀行から政界に飛び込み、大統領にまで這い上がった青年を当方は「銀行マンから大統領になったポピュリスト」という程度でしか理解していなかったが、その青年は英雄と物語を愛し、ひょとしたら本人もその世界の住人ではないかと思えるほどだ。政治家のイメージは全く感じさせない。青年はフランスのエマニュエル・マクロン大統領(39)だ。

    4
    続き

    一番注目するべきは自民党・希望の党・維新の会で三分の二以上の議席を獲得するか否かである

     読売新聞の調査では比例選投票先は自民が33%、立憲民主17%、希望13%である。

     終盤に入り、立憲民主の勢いが増し、野党の第一党には希望の党ではなく立憲民主党ではないかと予想をしている。マスコミは希望の党と立憲民主を話題にしているが日本政治全体から見れば大した問題ではない。

    9
    続き

    「論語」をこのところ読んできて、昔といっても…

     「論語」をこのところ読んできて、昔といってもついこの間まで、日本の政治家の基本的な教養に論語があったということを再認識させられた。

     かつて鈴木善幸首相が、所信表明か何かで「寡(すく)なきを患(うれ)えずして均(ひと)しからざるを患(うれ)う」と述べた。社会党から自民党に移った異色の経歴の首相らしいとも言えるが、出典は論語「季子第十六」である。

    1
    続き

    【ホームデポ】ランディングページのデザインがシンプルに進化!文字より絵を見せろ?

     ■ホームセンター最大手のホームデポの直近(2017年1月期)の売上高は945.95億ドルだった。前年から約7%の増加となっている。一方で国内の店舗数は1,977店と前年から変わっていない。

    0
    続き

    テレビが立憲民主党を推すのはなぜ?

     一か月前まであれだけ小池氏を持ち上げ、希望の党がその名前のように燦々と輝いていましたが、今は見る影もありません。

     その劣勢が伝えられてからマスコミは代わりに立憲民主党を持ち上げるようになってきました。

     「筋を通している」とか「ぶれていない」そして「希望の党には失望したから」などが理由にあげられます。

    13
    続き

    9条以外を改正という茶番が待っている!?

     2017年10月22日の総選挙は、70数年間に渡り日本の安全保障と外交を縛り続けた日本国憲法が、改正に向けて歩みだした選挙として歴史に刻まれるのだろうか。自主憲法制定が党是である自民党はもちろん、希望の党と日本維新の会も改憲には積極的だ。公明党は世の中の空気を読んで憲法への態度を決めるだろうし、あの立憲民主党さえ第9条はともかく、憲法改正をすべて阻止すべきとは言っていない。

     さらに重要な点は、安倍総理が憲法改正を争点の一つに挙げ、他の政党も改憲に対して立場を明らかにして選挙を戦った点である。選挙結果はふたを開けるまで分からないが、それでも憲法改正絶対阻止を掲げる社民党と日本共産党が併せて3分の2を取ることだけはない、と断言できる。

    9
    続き

    極右政党が連立交渉で「内相」を要求

     オーストリアで19日、国民議会選挙の最終結果が公表された。郵送分の投票集計の結果、第2党と第3党が入れ替わり、ケルン首相の社会民主党が野党第1党の極右政党「自由党」を抜いて第2党に入った。同国の政界は、第1党の国民党のクルツ党首(外相)が20日、バン・デア・ベレン大統領から組閣要請を受け、安定政権発足のための連立交渉に入る予定だ。

    2
    続き

    「(大衆は)前代の英雄や偉人の生い立ちに…

     「(大衆は)前代の英雄や偉人の生い立ちに関しては、いかなる奇瑞(きずい)でも承認しておりながら、事一たび各自の家の生活に交渉するときは、寸毫も異常を容赦することができなかった」と柳田国男は『山の人生』(大正15年)に書き留めている。

     遠い昔の人物については、どれほど信じ難い話であっても大衆は受け入れる。だが、いざ自分の生活に関わる場合は、異常なものはいささかも受け入れることがないという意味だ。江戸時代の大衆のことを柳田は言っているのだが、同じことは今の日本人にも当てはまる。

    0
    続き

    JALが世界に誇るラグジュアリーなラウンジ

     日本航空(JAL)では羽田空港、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港で国際線ラウンジサービスを提供している。搭乗前にくつろぎのひとときを過ごせるラウンジを成田国際空港で本紙編集部員が体験。その魅力を紹介する。

    「ファーストクラスラウンジ」、「サクララウンジ」 成田空港第2ターミナル内で本紙編集部員が体験

    0
    続き

    トランプ:人間性崩壊の大統領〜ハリケーン被災で壊滅状態の米領プエルトリコ島民を放置

     ドナルド・トランプはもはやアメリカと世界を破滅に追いやろうとしているとしか思えないが、すべての所業をここに並べる代わりに、ハリケーンで壊滅状態となった米領プエルトリコに関する2ツイートと、やはりハリケーン被災したテキサス州についてのツイートを転載する。

     この3つのツイートによってトランプが「金と票」にならない者はたとえ米国市民であっても見捨てること、人種差別主義者であることも含めていかに人格が崩壊しているか、および一国のリーダーになど決してなってはならない人物であることが十分にわかる。

    1
    続き

    ばれないと信じ続けた不祥事の神戸製鋼

     神戸製鋼という巨大企業が、大掛かりな性能データ改ざんを続けていたとは、信じ難いですね。なんと60年前から、改ざんに手を染め、不正は主力の鉄鋼製品にまで及ぶと聞くと、絶句します。米司法当局も書類の提出を求めたそうで、どこまで疑惑が広がるのか分からず、日本企業の信頼を損なわせる深刻な事態です。

     日本の多くの企業にみられる共通項は、トップが生え抜きの日本人で、採用されてからひたすら出世し、社長に上り詰めたという点です。欧米系企業では、外部から経営トップが迎えられ、それを機会に企業体質を徹底的洗いなおし、経営計画をリセットします。その段階で不祥事が発覚すれば、手をいれます。

    1
    続き

    紅海のリゾートを満喫

     エジプトといわれて日本人の頭に最初に浮かぶのは、ピラミッド、スフィンクス、ミイラ、ツタンカーメン王の黄金のマスク、さらに、世界三大美女の一人、クレオパトラだろう。その次が、ルクソールや王家の谷、アブシンベルに見られる古代王朝時代の大神殿や彫像など数々のお宝かもしれない。

     パピルスなどによく描かれる横顔だけの独特の絵やヒエログリフと呼ばれる独特の象形文字を思い浮かべる方も多いかもしれない。

    1
    続き

    冬季五輪の救世主

     韓国のマスコミが激賞している2002年、米国のソルトレーク冬季五輪は散々だった。招致の時から贈収賄の不正まみれとなった。収賄疑惑を受けた国際オリンピック委員会(IOC)委員9人が追放された。

    1
    続き

    「緑の党」はなぜ沈没したか

     当方はオーストリアの「緑の党」の党員ではないが、同党が15日実施された国民議会選(下院、定数183)で議席獲得に不可欠な得票率4%の壁をクリアできず敗北したことが明確になった時、少々、感傷的になってしまった。31年間、国民議会に議席を有し、野党として活動してきた同党が連邦政治で議席を失ったというニュースは、国民党が勝利し、次期首相に31歳のセバスティアン・クルツ党首が最有力となったという選挙結果と共に、大きな出来事だった。

    0
    続き

    タイ中部のカンチャナブリ県で、黄色の花を…

     タイ中部のカンチャナブリ県で、黄色の花を咲かせたおびただしい数のマリーゴールドの写真が、18日付の小紙・国際企画面を飾った。プミポン前国王をしのんで栽培され、満開となった42万鉢だ。

     タイの人々が花々の間を楽しそうに歩いている。前国王は月曜生まれだったそうだ。タイでは曜日ごとにシンボルカラーがあり、黄色が前国王の象徴。しかもラマ9世だったことから、鉢は「9」の字が浮かぶように並べられた。

    0
    続き

    【レント・ザ・ランウェイ】新レンタルプラン!衣類収納もクローゼットもクラウド化?

     ■若い女性が憧れる高級デザイナー・ドレスなどをオンラインや実店舗を通じて手頃な価格で貸し出すレント・ザ・ランウェイ(Rent The Runway)が新たなレンタルプランを打ち出した。

    0
    続き

    カタルーニャ自治州、住民投票の宴のあと

     スペイン人と結婚し、バルセロナに住む日本人女性から嘆きメールが届いた。先のカタルーニャ自治州の独立の是非を問う住民投票が、社会と民主主義をいかに破壊したかを訴え、市民戦争にならないか心配していた。

     オーウェルのスペイン内戦記「カタロニア讃歌」の1930年代とは違う。市民戦争は杞憂(きゆう)だろう。

    2
    続き

    北朝鮮が核保有で高まる崩壊の可能性

     北朝鮮が核を掴(つか)んで放棄しない理由は72年間、孫の代まで継承してきた長期政権を守るためである。ルーマニアのチャウシェスク、イランのフセイン、リビアのカダフィーの長期政権は核を持ってないから崩壊したと、北朝鮮は教訓にしている。

     しかし、その核が、むしろ北朝鮮の政権を崩壊を呼び込む恐れがあることを、北朝鮮の指導層は自覚しているだろうか。彼らはでたらめでも愚かでもないはずだ。

    2
    続き