■連載一覧
  • 憲法改正 私はこう考える
  • どう見る北の脅威
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 2018/2/15
  • 2018/2/13
  • 2018/1/18
  • 2018/1/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    意外なフランス人権宣言

     「人民は常に憲法を再検討し、改正し、変更する権利を有する。ひとつの世代が、自らの法に将来の世代を従わせることはできない」

     これはどこかの改憲派の主張を引っ張ってきたものではない。かの有名なフランス人権宣言(人間および市民の権利の宣言)の一条文だ。とは言っても、私たちが社会科や世界史の中で学んだ1789年の人権宣言ではなく、1793年6月の人権宣言の28条だ。

    1
    続き

    日本にやって来た昨年の外国人旅行客は前年…

     日本にやって来た昨年の外国人旅行客は前年よりも約2割増しの約2869万人で、5年連続の過去最多の更新となった。この勢いが続けば、東京五輪の2020年までに訪日客4000万人という政府が掲げる目標の達成も視野に入ってくる。

     訪日客の増加は個人客を中心に加速していこうが、そのためにも旅行者の足が東京に集中するのではなく、地方に分散して向かうことが望ましい。地方の観光地も、その魅力の発信や英語をはじめとする外国語表示板の充実などに力を入れ、外国人が訪れやすい環境整備を進めている。

    1
    続き

    多発性骨髄腫 まだ色々問題はあるがもしかすると治るかも

    昨年十一月に多発性骨髄腫に保険認可されたダラツムマブ。すでに五百人以上の難治性(もう治療の反応性が乏しい)の患者さんに投与されているそうです。日本での効果のほどはこれからの報告待ちですが、欧米と同じような反応であればとても期待できると思われます。また昨年のアメリカ血液学会でも新規骨髄腫患者の治療におけるかなりいい報告も出ているようです。(新規診断多発性骨髄腫はMVPよりもダラツムマブを加えたD-VMPの方が有効【ASH2017】)

    いつもいい薬が出た後思うことは、あの時の患者さんに使うことができたらという思いです。そしてAPLのATRA、CMLのイマチニブ(グリベック)、リンパ腫のリツキシマブのように、今後当たり前のように使われるようになり、治すことができなかった骨髄腫の患者さんが治癒する(治療をやめても再発しない)時代が来る予感がしています。そうはいっても現状まだまだ難しいのは事実です。以前のセカンドオピニオンを含めた記事です。

    33
    続き

    軍事パレードやワナに負けず、日本選手団がんばれ!

    みなさん、こんにちは。

    まずはいつものひとポチを! 

    政治ランキング

    JUGEMテーマ:エンターテイメント

    日本の既存マスコミどもはミニスカはいた北朝鮮軍美女応援団に目が釘付けだそうで、被害甚大な台湾の地震をほぼ完全にスルーしております。

    信用できるのは産経さんだけか?

    【日本人の高齢夫婦救出 暗闇の中、手つなぎ激励「一瞬の出来事で何もできず」】

    4
    続き

    「発言」を翻すシュルツ独社民党党首

     独社会民主党(SPD)のマルティン・シュルツ党首(62)は7日、メルケル首相が率いる「キリスト教民主同盟」(CDU)とゼ―ホーファー党首の「キリスト教社会同盟」(CSU)との大連立交渉で合意した直後、本人は社民党党首を辞任し、外相に就任する意向を漏らしたが、その2日後(9日)、「外相に就任することを断念する」と表明した。

    0
    続き

    欧州に徴兵制復活の動き

     産経新聞(2月2日付)に「欧州徴兵制復活の動き」という特集記事が掲載された。特にこの記事で注目したのが、スウェーデンの動きだ。

     北欧の中立国であるスウェーデンは、2010年に徴兵制を廃止したが、ウクライナ危機以降、バルト海域で軍事演習を繰り返すロシアの軍事的脅威に対抗して、今年1月に復活させた。

    13
    続き

    「暗号」は当事者間だけで了解した記号で、通信文の…

     「暗号」は当事者間だけで了解した記号で、通信文のやりとりなどで重宝される。その起源は古く、数千年の歴史を持つと言われる。20世紀には電気機械式の暗号が発明され、以前にない桁違いに長い数列が使われるようになった。

     しかし、しょせんは人工的な数列だ。最近ではコンピューターの演算処理能力の向上に伴って解読される危険性が増している。そこで盗聴やハッキングができない暗号として注目されるのが、光の最小単位の粒(光子=量子)に情報を搭載して送信するデータ通信技術。

    1
    続き

    ロシアの「五輪旗」と南北の「統一旗」

     ウィーンで9日正午過ぎから韓国の平昌で開催された第23回冬季五輪大会のオープニングをテレビで観た(韓国とウィ―ンでは8時間の時差)。  開会式当日は気温も零度以下で選手たちも大変だったろう。五輪発祥の地ギリシャから入場行進が始まった。平昌大会では冬季五輪最多の92カ国・地域から選手2900人超が参加するという。

    5
    続き

    「残雪の上に傾きとまるバス」(新谷氷照)…

     「残雪の上に傾きとまるバス」(新谷氷照)。道を歩くと、先日降った雪の痕跡は無くなっている。ところが、よく観察すると、少しだけれども路地や庭の隅などに解け残った雪のかたまりがある。寒気が厳しい今冬の天候を思わされた。

     平昌冬季五輪が始まった。寒冷な地であるにもかかわらず、降雪が意外と少なく、競技会場では人工雪で対処しているという話が報道されていた。一方、北陸地方では記録的な大雪が降った。

    5
    続き

    極右党「公共放送の受信料廃止を」

     当方は先日、このコラム欄で隣国スイスの公共放送の受信料廃止を問う国民投票実施について報告したが、予想外に反響があった。多分、多くの聴視者は、「なぜ公共放送だけが強制的に受信料を請求できるのか」という素朴な疑問を持っているからだろう(「スイスで『受信料』廃止問う国民投票」2018年1月29日参考)。

    6
    続き

    東京23区大学定員抑制に思う。何故、若者が東京に出ていくのか?

    東京23区への大学定員抑制を10年間続けることで若者の東京流入を抑制するという極めて愚かな法案が閣議決定されました。法案には地方大学及び産業振興のための交付金も盛り込まれていますが、毛沢東ばりの現代版・下放政策として自民党の歴史的愚策として名を残すことになることでしょう。

    13
    続き

    「驚くべき『訓読み』」を編み出した先祖に感謝

     感謝の言葉「ありがとう」を書くとき、私はなるべく漢字仮名交じりで「有り難う」と書く。

     この時、2つの漢字はどちらも訓読みしています。そうすると、この言葉の意味は、「有ることが難しい」だと推察でき、「元々は、有ることが難しい、つまり普通では有り得ないような良いことが起こる、という意味だ」という解釈がすんなり納得できるのです。

    6
    続き

    東京・銀座にある中央区立泰明小学校が、…

     東京・銀座にある中央区立泰明小学校が、高級ブランド「アルマーニ」デザインの制服を今春から導入する。8万円もするというので、保護者からは「負担が増える」「十分な説明がなかった」などと苦情が出ているという。

     導入を決めた理由を和田利次校長は「銀座の街にある学校として、子供たちに誇りを持って育ってもらいたい」などと言っているが、高級ブランドの制服がどうして誇りにつながるのか。

    2
    続き

    天才すぎる!!

    “As a well-spent day brings happy sleep, so life well used brings happy death.” — Leonardo da Vinci, 1452–1519, Mathematician and Artist 「充実した一日は安らかな眠りをもたらすように、充実した人生は安らかな死をもたらす」 –レオナルド・ダ・ヴィンチ、数学者・芸術家 (訳 舟田譲二)

    11
    続き

    北朝鮮、オリンピック開幕前日に軍事パレード実施

    北朝鮮、軍事パレードを実施 平昌五輪の開幕式前日(CNN)

    北朝鮮は8日、北朝鮮人民軍の創建70周年を祝う軍事パレードを首都・平壌の金日成広場で実施した。外交筋がCNNに明らかにした。韓国の平昌(ピョンチャン)冬季五輪の開幕式を翌日に控えた中での軍事力誇示となっている。

    18
    続き

    セルフレジが混雑助長

     露政府は老朽化した、旧来の運営システム刷新に取り組んでおり、モスクワ市ではそのソフト面の進化の恩恵を大いに受けている。

     しかし、国民の生活事情は以前に比べて質素なものになっているのは間違いない。

     郊外の大型スーパーに行ってみると一目瞭然で、商品の数が激減、欧米の経済制裁は如実に露への経済ダメージを与えている。

    0
    続き

    ドイツ大連立政権の発足はまだ不確か

     ドイツで先月26日から続けられてきた与党「キリスト教民主・社会同盟」(CDU/CSU)と野党「社会民主党」(SPD)の大連立交渉は7日、合意に達した。同国で昨年9月24日の連邦議会選後、政治空白が続いたが、CDU/CSUとSPDは新政権発足に向け大きなハードルをクリアした。

    0
    続き

    米資金がテロ組織に

     米政府は、オバマ政権時にイランに支払われた17億㌦の一部が、イランが支援するテロ組織の手に渡っていたことを突き止めた。情報筋によると、イランはこの資金を、レバノンを拠点とするテロ組織ヒズボラ、精鋭部隊「革命防衛隊」のために国外で情報・スパイ活動を行う「クッズ部隊」に提供したという。

    8
    続き

    大麻取締法違反(所持)容疑で娘が逮捕された…

     大麻取締法違反(所持)容疑で娘が逮捕された。その娘について、父親である有名芸能人がテレビで会見し、謝罪した。タレントの大竹まこと氏は冷静で、罪を犯した娘と自身の立ち位置の違いを明瞭に認識しているようにテレビでは見えた。

     今時そんな例は全くありふれているが、一味違っていたのは「逆質問」だ。通常の会見では、言い訳、弁解、開き直りは許されない。逆質問も当然ダメ。

    3
    続き

    小池都政による都組織の実質的な民営化の検討へ

    小池都政下における象徴的な組織改革として下水道と都立病院の経営形態の見直しが進んでいます。両者ともに組織の効率化を促進し、東京都の中長期的な財政支出を抑えることを狙いとしています。

    8
    続き

    あってはならない選管職員による白紙票の水増しや投票済み投票用紙の廃棄処分

    これは明らかな犯罪だ、と申し上げておく。

    当該選挙区における選挙そのものを無効にしてもいいような重大な事件であり、再発防止のために、ここは関係職員に対しての厳正な処分を求めたい。

    13
    続き

    五輪ボランティア冷遇

     ボランティアという言葉は自由意志というラテン語「voluntas」に由来する。心の奥底から湧き出る自発的な意思のことをいう。最初に使われたのは第1次世界大戦当時、軍隊に自ら志願した志願兵を指すようになってからだ。その後、社会の各分野で代価なく自発的に活動する人に拡大された。

    1
    続き

    アラファトが伊でテロを防いだ?

     当方はこのコラム欄で「伊『マフィア』はテロを防いでいる」(2016年12月27日)というタイトルで、「なぜイタリアではこれまでテロが発生しないか」というテーマを扱った。イタリアは欧州共通通貨ユーロ圏の第3の経済国であり、ギリシャと共に欧州文化の発祥の地だ。フランス、ドイツ、英国、ベルギーで過去、テロが頻繁に発生したが、イタリアではこれまで大きなテロ事件は起きていないからだ。そして「イタリアでテロを防いでいるのは、警察当局の対テロ対策の成果というより、マフィアの存在があるからではないか」という考えを紹介した。

    1
    続き