■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    ドナウ川のアリラン

     数万里の異国でも彼らの霊魂は寂しくなかった。韓国人26人をのみ込んだドナウ川で一昨日夕、切ない『アリラン』の歌声が響き渡った。追悼に訪れた1000人余りのハンガリー人が事故現場付近の橋の上で長い行列を作って「アーリラン、アーリラン、アーラーリーヨー、アーリラン、コーゲーロー、ノーモカンダ」と声を限りに歌った。

    1
    続き

    楽しみながら働く

    “Choose a job you enjoy, and you will never have to work a day in your life.” –Unknown 「自分が楽しめるような仕事を選びなさい。そうすれば一生の間一日たりとも働かなくてよくなります」 –作者不詳

    0
    続き

    極右党「自由党」の分裂の危機

     オーストリアの極右政党「自由党」が分裂の危機に瀕している。直接の原因は、シュトラーヒェ前党首のイビザ島スキャンダル事件だ。自由党党首のシュトラーヒェ副首相が野党党首時代の2017年7月、イビザ島で自称「ロシア新興財閥(オリガルヒ)の姪」という女性と会合し、そこで党献金と引き換えに公共事業の受注を与えると約束する一方、オーストリア最大日刊紙クローネンの買収を持ち掛け、国内世論の操作を唆すなど暴言を連発。その現場を撮影したビデオを独週刊誌シュピーゲルと南ドイツ新聞が今年の5月17日、報じたことから、オーストリア政界に激震が走った。

    0
    続き

    憲法改正のための大連立?いいんじゃない?

    まあ、7月の選挙が終ってからの話ではあるが、選挙結果次第では連立の枠組みを見直した方がいいだろう。

    国会の審議をスムースにして、国益、国民益に資するような活力のある国政を実現できるのなら、何も今の自公連立に拘ることはない。

    2
    続き

    人間が掌握し得る自然界の領域は、科学技術…

     人間が掌握し得る自然界の領域は、科学技術の進歩とともに急速に広がってきている。その大きな成果の一つは、ドローン(小型無人機)の登場によるもの。

     昨年7月公開のオーストラリア映画「クレイジー・フォー・マウンテン」は、山岳映像と音楽のコラボ作品で、究極の冒険をリポート。ドローンなくしては撮影不可能だった。

    0
    続き

    【アマゾン】翌日配送で競合ウォルマートに対し圧倒的な「1,000万品目以上」と強調!

    ■ネット通販最大手のアマゾンは3日、プライム会員向けに1,000万点以上の商品を翌日配送にすると発表した。スピード配達で競っている競合ウォルマートに対してアマゾンは翌日配達の商品数等で圧倒した形となった。

    0
    続き

    ファーウエイ、スイスに研究拠点

     トランプ米政権から中国共産党政権の情報工作に関与しているとして国際市場から追放されてきた中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)はここにきて欧州の中立国スイスのチューリヒとローザンヌで研究拠点を新設する計画を推進中だ。スイス・インフォが5月27日報じた。

    2
    続き

    優勝カップに足をのせた韓国のサッカー選手を国際試合の出場停止に!

     6月1日に行われたパンダ杯の優勝チームである韓国がこともあろうに優勝トロフィーに足をのせて写真を撮った事件で謝罪をしたが、優勝をはく奪されたと韓国メディアが騒いでいるらしい。

     U-18のチームといえばこれから韓国サッカー界をけん引する若手の集まりのはず。

     彼らはサッカー以外のことは何も教えてもらえなかったのでしょうか。

    7
    続き

    読者が求めるほっこり記事

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     最近、心温まる記事が沖縄2紙に連続で掲載され、久しぶりに朝からよい気持ちになった。二つとも、県内の17歳の高校生が絡んだ人助けのニュースだ。

    3
    続き

    北方領土を戦争で取り返す是非に言及した…

     北方領土を戦争で取り返す是非に言及した丸山穂高衆院議員に対する糾弾決議案を、与野党共同で提出する方向で調整が行われている。その発言を批判し、国会議員の資格はないとして、自ら進退を決断するよう求めるという。

     丸山議員が軽率であることは言うまでもない。政治家としての資質にも疑問符が付く。ただ、政治家やマスコミの反応は少し異常である。

    8
    続き

    架空話で済まぬ白頭山噴火

     北朝鮮世襲政権2代目の金正日総書記が生前に力を入れて制作させていた映画は、その全てが体制宣伝の道具だったと言われる。自身の生誕地だと宣伝した中朝国境沿いの白頭山と同名の映画では、日本統治下の朝鮮を舞台に抗日パルチザンのリーダーだった父、金日成将軍の戦いぶりが描写された。息子の金正恩氏の場合、韓国の文在寅大統領と実際に登頂し南北統一を誓い合った。同山は世襲独裁にうまいこと利用されてきた。

    2
    続き

    中国、米国非難する好戦的動画

     中国の動画共有サイト「西瓜視頻」に「中国は、長期戦に備えなければならない」と主張し、米国を非難する好戦的な動画が投稿された。貿易戦争を全面的な衝突へとエスカレートさせようとするもので、中国共産党が、対米強硬姿勢に傾いていることを示すものだ。

    1
    続き

    着物と呉服の違いとは

    和服のことを「呉服(ごふく)」とか「着物」といいますが、どちらが正しいのでしょうか。 古代の日本には文明も着るものさえなく、魏蜀呉の三国志の時代に孫権率いる「呉の国」から着衣の文化が伝わったから「呉服」なのだなどという、まことしやかな嘘がまかり通ったりしていますが、もちろんそのようなことはありません。 日本は魏蜀呉の三国時代などよりもはるか数千年の昔から、布の衣装を着ていたことは、ちゃんと遺跡が考古学的に証明しています。

    0
    続き

    メルケル氏の政界引退早まるか

     ドイツの社会民主党(SPD)のアンドレア・ナーレス党首が2日、党首と連邦議会(下院)の会派代表ポストから辞意を表明したことで、SPD指導部は混乱に陥っているが、SPDと連立政権を組む「キリスト教民主・社会同盟」(CDU/CSU)内でも当惑の声が聞かれるなど、第4次メルケル政権の土台は大きく揺れだしてきた。

    1
    続き

    妄想の中の真実

     午前6時ごろ、携帯電話が鳴った。兄夫婦の家族と暮らしている父からだった。大正15年生まれで、今年93歳になる父からの早朝電話には慣れている。それに、筆者も親に負けず劣らず早起きになっているから、「こんな朝早くに何だ!」とは驚かない。

     ゆっくりケイタイを手に取ると、「中共(中国共産党)がオレに毒を盛ろうとしているぞ!」と、いきなり物騒なことを言いだした。「何をバカなことを」と、口から出かかったが、それをグッとこらえながら聞いたいきさつは次のようなものだった。

    0
    続き

    尖閣を守るために、ちゃんと法律作りませんか?国会議員なんだから!

    尖閣諸島で領海侵入を繰り返す中国公船に関し、「中国公船がパトロールしているので、故意に刺激するようなことは控えなければならない」という玉城デニー沖縄県知事の発言が話題になっています。勿論批判です。

    八重山日報によると、八重山の漁業者らから「領海内で漁をすることの何が悪いのか」と反発の声が上がった。尖閣問題だけでなく、台湾との「日台漁業協定(取り決め)」などで、離島の漁業者が被害を受けているとの指摘もあった。 ということです。http://www.yaeyama-nippo.co.jp/archives/7292

    2
    続き

    アメリカがイランを優先する理由

    ■イランには攻撃的

     アメリカは北朝鮮と対立していたが交渉が行われた。トランプ大統領は軍事力を用いて北朝鮮を脅し米朝首脳会談に至った。北朝鮮が短距離弾道ミサイルを発射しても寛容。北朝鮮が非核化を選ぶことを望んでいる。

     だがイランには曖昧な情報で空母打撃群と爆撃機をイラン近辺に派遣。しかもイランには交渉ではなく舌戦で対応している。

    ■地勢

    12
    続き

    オンラインゲームなどのやり過ぎで、生活や…

     オンラインゲームなどのやり過ぎで、生活や健康に深刻な影響が出ている精神疾患が「ゲーム障害(依存症)」として正式に病気だと認定された。世界保健機関(WHO)が5月の総会で、薬物やギャンブル、アルコールなどの常習行為による疾病の項目に加えたもの。

     疾患は特に近年、中高生を中心に低年齢化が進んでいる。ひとたびゲーム依存症のドロ沼にはまってしまうと、抜け出すのは簡単ではない。それだけに治療法や依存症を未然に防ぐ手だての確立が急務だ。

    1
    続き

    くれぐれも自民党ブランドに安住しないことですね

    埼玉県蕨市の市長選挙で共産党の党籍がある現職市長が4選を決めたようだ。

    現職の壁が厚いことはどの選挙でも言えることだが、それにしても共産党の党籍があることを隠さないで当選出来たというのは、地域によっては共産党に対するアレルギーが殆どないということだろう。

    1
    続き

    アサンジ被告の起訴は当然

    アメリカ保守論壇 M・ティーセン

     ポンペオ米国務長官はウィキリークスを「敵対的非国家情報機関」と呼んだ。諜報活動取締法に基づいて新たに18件の罪状で起訴された創始者ジュリアン・アサンジ被告もこれを認めているようだ。司法省は起訴状の中で、アサンジ被告が元陸軍情報分析官のチェルシー・マニング氏に、ウィキリークスは最初から国民のための「情報機関」だったと説明していたと記されている。

    5
    続き

    【ネットスーパー】ウォルマートがアマゾン超え!アマゾン&ライフで起こる変化とは?

    ■アマゾンがホールフーズを買収して2年が過ぎようとしている。ゲームチェンジャーとなる世紀の買収に反応したのはスーパーなどの競合チェーンストアだ。ネットスーパーに乗り出す食品スーパーが続くことになった。

    特にウォルマートは実店舗を生かしたオムニチャネル展開で全方位型に客を取り込んでいる。そこで気になるのはネットスーパーの評判だ。どの企業のネットスーパーが最も評判が良いのか?それが明らかになっている。

    0
    続き

    安倍首相のイラン訪問に期待

     国際原子力機関(IAEA)の定例理事会が今月10日から5日間の日程で本部のあるウィーンで開催される。夏季休暇前、最後の定例理事会(理事国35カ国)の主要議題は北朝鮮の核関連検証問題とイランの核合意後の状況だ。特に、イランの核合意をめぐり米国とイラン間で緊張が高まってきている。

    0
    続き

    望むことはできると信じなさい

    “Determine that the thing can and shall be done, and then we shall find the way.” –Abraham Lincoln  (1809 – 1865) 「望むことはできるし叶えられると信じなさい。方法はあとから見つかる」 –エイブラハム・リンカン (訳 舟田譲二)

    0
    続き