■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    韓流アイドルへの思い複雑

     今や世界を股にかけると言っても過言ではない韓国男子7人組の人気K-POPアイドルグループ「BTS(防弾少年団)」。長身でイケメン、圧倒的な歌唱力、躍動的なダンスなどで聴衆を虜(とりこ)にしている。メンバーが原爆を連想させるキノコ雲の写真入りTシャツを着用し物議を醸したこともあったが、全米アルバムチャート1位や米ツアーチケット完売などの実績を誇り、文字通りスターダムにのし上がった。

    4
    続き

    ゴーンに続く西川日産社長の辞任の失態

    2019年9月10日

     再建の功労者と言われたゴーンが逮捕、起訴、裁判を待つ最中に、後任の西川社長が不透明な役員報酬受け取りを追及され、辞任に追い込まれました。「日産はどうなっているのか」というイメージ・ダウンがしばらく続くでしょう。

    0
    続き

    元神父ダイニンガ―氏が選んだ人生

     元カトリック神父だったマーティン・ダイニンガ―氏が先日、60歳の還暦を迎えることなく、若くして亡くなった。彼とは数回、インタビューしたことがあったので、個人的に少し知っていた。謙虚で、常に穏やかな笑顔で人と接していた。神父を辞めた後も、同氏には典型的なカトリック神父の雰囲気があった。

    1
    続き

    香港デモ隊が市民から支持を得る理由

    ■長期化と過激化

     香港デモは長期化し終わりが見えない。香港警察とデモ隊の行動は共に過激化。朝は平穏でも夜になると衝突が発生する。香港警察は無差別に市民を攻撃するようになり、報道関係者だと判っていても攻撃する。

    12
    続き

    東京で思う故郷の夏

     お盆が過ぎ、台風シーズンになると水が冷たくて川で水泳できなくなり、台風が来ると秋の気配が一気に深まる。運動会が開かれる10月10日にでもなれば、最後の種目が行われる頃にはじっとしていると、ガタガタ震えるくらい寒くなる。

     幼い頃に体感した故郷(四国)の夏から秋にかけての季節の移ろいだ。

    0
    続き

    製造業の一流企業でここ数年、不祥事が…

     製造業の一流企業でここ数年、不祥事が相次いだ。東芝の不正会計問題、東洋ゴム工業の免震ゴム事業のデータ改竄、三菱自動車の燃費試験データ改竄(かいざん)、川崎重工業の新幹線台車の不良等々。

     当時、川重の幹部の一人に話を聞いたが、「経済バブル期は、新卒者なら誰でもといった具合に大量に雇用したが、その付けが回ってきている」とバブル期の入社組を槍玉(やりだま)に挙げ、能力や社内倫理の欠如についてひとくさり。

    2
    続き

    【Amazon Go】一部に返品処理テスト!コーヒーに現金払いに返品でさらに人手が必要?

    ■全米小売業協会(NRF)によると、返品条件が若干厳格化していることで返品率は昨年、小売総額の10%となっている(前年は11%)。

    0
    続き

    IAEA次期事務局長は誰に?

     ウィーンに本部を置く国際原子力機関(IAEA)は、9日から定例理事会(理事国35カ国)を、16日から閣僚、高官らが参加する第63回年次総会(加盟国171カ国)をそれぞれ開催する。核エネルギーの平和利用促進を掲げるIAEAを取り巻く状況は厳しい。13年間の核交渉の末、2015年7月に包括的共同行動計画(JCPOA)が締結がされたが、米国がイランの核合意から離脱後、イランが合意内容の履行を拒否し、合意違反を繰り返してきた。一方、北朝鮮の非核化では依然、進展が見られない。同時に、天野之弥事務局長が7月18日、病死したことを受け、IAEAは空白となった次期事務局長の選出が急務となっている。ここでは、次期事務局長選について報告する。

    1
    続き

    反骨の検事総長と鉄面皮の法相、勝つのはどっち

    任命するのも任命する方だが、これを受けるのも受ける方だ、と言わざるを得ない。

    日本の話ではない。

    韓国では法務大臣が検察の捜査にどの程度関与出来るのか分からないが、文大統領に任命されたチェ曹国氏が万一検察の捜査に介入したりすれば、韓国の政治不安は留まるところがなくなるだろう。

    今は反日や嫌日を煽っている時ではないでしょう、と申し上げたいところだが、どうやら文大統領は行くところまで行くようだ。

    0
    続き

    不死鳥バノン復活!―2020年選挙に向かって…

      Washington Examinerが8月16日に配信した“Bannon battles back: Former aide regaining Trump’s favor”によれば、8月2日にトランプ大統領は“私の最高の生徒の一人がまだトランプの大ファンであることがわかります。予備選挙で優勝した後、スティーブが加わりましたが、彼と一緒に働くのが大好きでした!”とツイートした。これは多くの人々から、バノン氏との和解の兆候として受け止められ、バノンとトランプの両方に近い別の元職員は、ホワイトハウスと公的に連携することで“彼の地位は改善しているようだ”と述べた。

    1
    続き

    メルケル首相の12回目の訪中は?

     メルケル独首相ほど中国を頻繁に訪問する西側首脳はいない。同首相は昨年5月に訪中したばかりだが、今回は5日から3日間の日程で訪中した。今回で12回目だ。今回の訪中にはいつものようにドイツ産業界からVWやBMWなど同国経済を代表する企業代表が随伴した。

    1
    続き

    「ローソクの灯に一夜あけ秋出水」(巻野南風)…

     「ローソクの灯に一夜あけ秋出水」(巻野南風)。この夏も台風の影響などによる集中豪雨が各地であり、大きな災害となった。床下浸水したり、道路の冠水によって自動車が流されたりする光景などをテレビ報道で見ることも少なくない。

     こうした災害を表現した俳句の季語は「台風」のほか、「野分(のわき)」や豪雨そのものの表現である「秋出水(あきでみず)」がある。台風は説明不要だが、野分や秋出水などの言葉は今ではほとんど使われていない。ただ、季語としては健在である。

    0
    続き

    Keep America White Again

      Daily Beastが8月9日に配信した“El Paso Sparked Fear, but It’s ICE That Still Terrifies Immigrants the Most”によれば、“ミシシッピ州全体の大規模な作業現場で、米国移民税関当局(ICE)は700人近くを逮捕した。これは史上最大の作戦だった。違法に国内にいる疑いのある農産加工工場の労働者を標的とした襲撃は、水曜日の記者会見で記者団に語ったICEディレクターMatt Albenceによると、1年間の調査の集大成で,立ち退き命令のある個人を「迅速に」追放する“という。

      そして” この作戦は、ドナルド・トランプ大統領が米国からの最終的な撤去命令を受けた非文書化移民の「大量送還」を開始するという約束をさらに促進する。トランプは6月にICEが「違法に道を見つけた数百万人の不法外国人の除去」を国内に開始すると発表した“。

    0
    続き

    【スターバックス】新業態は第三の場所(サードプレイス)がない!受け取りのみの店?

    ■コーヒーチェーン大手のスターバックスは今秋、ニューヨーク・マンハッタンにピックアップをメインにした店をオープンする。

    同社CEOのケビン・ジョンソン氏がブルームバーグとのインタビューで語ったことによると、スターバックス・ピックアップ・オンリーストアはビジネスマンなど忙しい顧客をターゲットにした業態となる。

    0
    続き

    これは気の毒。イギリスも韓国も大迷走中

    どちらの方が気の毒か、と言えば、やはりイギリスの方だろう。

    国の進路を決めるような重大な問題に遭遇した時は滅多に国民投票などやらない方がいい、という貴重な先例になりそうである。 僅差の国民投票でEU離脱を決めたことがそもそもの間違いだったように思う。

    イギリスの国会議員は皆さんそれなりに聡明なはずだと思っていたが、EU離脱問題での迷走ぶりを見るととてもそうは思えない。

    0
    続き

    フロイト没後80年と「ノーベル賞」

     ジークムント・フロイト(1856~1939年)が亡くなって今月23日で80年目を迎えることもあって、フロイトに関する話を聞く機会が増えた。フロイトは「ウィーンは心理学のエルサレム」と呼んでいた。彼は生前、ノーベル医学賞ばかりか、ノーベル文学賞候補にも推薦されていたという事実を聞いて驚いた。精神分析分野で“無意識の世界”にまで踏み込み、その後の心理学、精神分析学に大きな影響を与えたこともあって、フロイトがノーベル医学賞候補に推薦されたことがあった、というのは頷ける。

    1
    続き

    運転歴20年近くになるが、運転にはいまだに…

     運転歴20年近くになるが、運転にはいまだに自信が持てない。特に車庫入れが苦手で、先日もホームセンターの駐車場にバックで駐車しようとして苦労した。傍で見ていた人も、ぶつけないかと冷や冷や顔だった。

     田舎の菩提寺の駐車場へは、踏切を渡ってすぐ線路沿いの道を右折すればいいのだが、道幅が狭くてコンクリートにこすってしまったことがある。以来、そこでは右折せず、少し先の左手にある駐車場でUターンしてから左折するようにしている。

    1
    続き

    「逃亡犯条令」改正案完全撤回しかし香港の民主主義運動は続く

    香港行政長官は「逃亡犯条令」改正案を正式に撤回表明した。これはデモ隊の大勝利である。しかし、デモ隊の要求はそれだけにとどまらない。五大要求である。その一つが実現しただけだ。

    五大要求の中に中国政府が絶対に認めない要求が「普通選挙の実現」である。普通選挙=中国独裁政府の崩壊につながるからだ。香港市民の闘いこそが中国を民主国家にする闘いである。五大要求運動に中国政府の弾圧は激しくなっていくだろう。長く苦しい闘いがこれから始まる。粘り強い闘いが続けば、世界の民主主義国家の国民の支持が増え、中国国内に民主化運動が拡大していくだろう。拡大していけば「習主席は中国の代表ではない。なぜなら中国国民の選挙で選ばれていないから」という声が中国内で聞こえてくる時代がやってくる。

    2
    続き

    マルセル・ヒルシャーの引退発表

     アルペンスキー界の英雄、マルセル・ヒルシャー(Marcel Hirscher,30)が4日、出身地オーストリアのザルツブルクのホテルで記者会見を開き、競技生活から引退することを公式に表明した。アルペンスキー界の王者、ヒルシャーの引退ということでCNNやニューヨーク・タイムズを含む約150人のジャーナリスト、20を超えるTVカメラチームが記者会見に集まった。

    1
    続き

    生後6日の赤ん坊を密輸?

     このほどマニラ首都圏のニノイ・アキノ国際空港で、生後6日の赤ん坊を国外に連れ出そうとした米国人の女が逮捕された。女は巧妙な手口で空港の厳しいチェックを潜(くぐ)り抜けていた。

    4
    続き

    『万葉集』第一の歌人は柿本人麻呂だろうが…

     『万葉集』第一の歌人は柿本人麻呂だろうが、広げて言えば人麻呂は、日本文学史上最大の詩人でもあろう。「淡海(おうみ)の海(み)夕波千鳥汝(な)が鳴けば心もしのにいにしへ思ほゆ」(『万葉集』266番)。

     人麻呂には傑作が多いが、この歌もその一つだ。琵琶湖の夕波の風景の中で千鳥が鳴いている。この声を聞くと、心がしおれてしまうほどに昔のことが思い出される、というのが歌の意味だ。

    3
    続き

    錦織圭 インタビュー 100%実力を出し切れば

    USオープン出場

    テニスの全米(US)オープン開幕を3日後に控えた8月23日、錦織圭選手(日清食品)が、滞在先でもあるニューヨーク唯一の日系ホテル、「ザ・キタノホテル ニューヨーク」で記者会見を行った。会見後、試合への思いやニューヨークでのエピソードなどお話を伺った。(聞き手・高橋克明)

    毎年、この時期のUSオープンは暑さとの戦いにもなります。真夏に開催される大会はいかがですか。

    0
    続き

    露店商売の“異変”

     エジプトでは、基本的に商品は商店から買うのが一般的ながら、地下鉄の駅前などで、商品を地面に並べて売っている露天商も多い。野菜などは、田畑から収穫したものをそのままトラックに積み込んで運んできた、というような雰囲気で売っている。

    0
    続き