■連載一覧
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 迷走する北非核化
  • 人口減少社会を超えて 第3部・識者インタビュー
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/12/26
  • 2018/12/20
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    コーヒーブレイクの文化

     フィンランド人の1人当たりのコーヒー消費率は、世界トップレベルだ。1人当たり年間12キロのコーヒーを消費するといわれている。フィンランドでは、仕事の合間にある15分間ほどの休憩時間を「コーヒーブレイク」と呼んでおり、労働者の権利として認められている。

    3
    続き

    中国大使の空しい「反論」

     中国の習近平国家主席は2日、「台湾同胞に告げる書」の40周年記念式典で台湾問題に関する中国政府の立場を述べたが、その中で「武器の使用は放棄せず、あらゆる必要な措置をとる選択肢を残す」と発言したことから、台湾の武装統一を示唆したとして台湾を含む周辺国家は警戒心を高めている。欧州メディアでも習近平国家主席の発言内容が報じられると、「中国の台湾への野望」を指摘する論調が聞かれた。

    4
    続き

    チベット・ウイグルの人権を無視する人権団体

    ■人権を無視する人権団体

     日本の人権団体は「人権を護れ」と口にする。ならばチベット人・ウイグル人の人権はどうだろうか? チベット人・ウイグル人は中国共産党から宗教の自由を奪われ言葉も奪われている。これはチベット人・ウイグル人としての自己認識を奪う行為で、これに服さなければ強制収容所に送られて再教育される。だが日本の人権団体は中国共産党による人権弾圧を批判しない。

    30
    続き

    4月から外国人労働者の受け入れ拡大が始まる…

     4月から外国人労働者の受け入れ拡大が始まる。課題は多いが、特に言葉の問題は避けて通れない。米国務省がアラビア語と並んで習得が最も困難と認定する日本語だけに、話は簡単ではない。

     新聞報道によれば、病院が外国人を「受け入れたくない」と考えているケースが多い。医療だけに、命に直結するケースが多いのは確かだ。「日本人の握ったすしが食べたい」といった感覚的な反応とは重みが違う。

    0
    続き

    人の上下と師道を谷時中に学ぶ

    谷 時中(たに じちゅう、1598-1650)は、土佐出身の、戦国から江戸初期を生きた儒学者です。 戦国時代、我が国の価値観が混乱し、人を殺したり怪我をさせてもとにかく強ければ良い、強ければ赦されるという、不可思議な道徳観が蔓延しました。 人々の欲望が刺激され、人は己の欲得のために生きるものという気風が高まり、周辺国からやってきた人々が国内でありえないような犯罪を犯して逃げていくことが日常となった時代でもありました。

    ちなみにお伊勢様の式年遷宮は、太古の昔より国費をもって営まれてきました。 ところが国費で行われない時代が、我が国の長い歴史において、二回だけあります。 一度目が応仁の乱に始まる戦国時代の100年です。 二度目が大東亜の敗戦後の74年です。 つまり戦国期は、戦後の日本によく似ているということです。

    1
    続き

    元日も平日

     イスラエルでは、西暦の1月1日は新年の始まりではない。ユダヤ暦では9月に新年を迎える。ユダヤ人の街では、クリスマスや年末年始の雰囲気などはどこにも感じられない。ここでは通常通りの平日なのだ。

     例年は家族で過ごしていたが、元日は普通に学校へ行くと娘たちが言う。他の生徒たちは登校したのか気になって、帰宅した娘に尋ねてみると、クラスの半数近くは学校を休んだという。

    1
    続き

    借り着かおさがりくらいなものだと思うが、それでも憲法は憲法

    襤褸は着てても心は錦、などとは言わない。

    まあ、継ぎ接ぎだらけだとか、借り着でしょうなどと言われてしまうところがあることはその通りだが、しかし、私は自分の国の最高法規範である憲法を自らみっともない、などとは言わない。

    日本の自主性が損なわれている、という指摘は確かに当て嵌まるところがあり、対米従属を覆い隠しているところがある、と言われれば、これまたそのとおり、と言わざるを得ないことも確かだ。

    0
    続き

    KBS受信料

     KBS(韓国放送公社)の受信料(聴取料、視聴料)はKBSの前身、京城放送局の時代(日本統治時代)から存在した。米軍政は1946年の逓信部令1号を通してラジオ聴取料を月額10ウォンと定めた。63年、朴正煕政府はテレビ放映に伴う財政確保のために視聴料を同100ウォン徴収した。73年には800ウォンまで上がった。81年4月にカラーテレビ時代の幕が開くと、2500ウォンに引き上げられた。同時に視聴料の徴収員が家にテレビがあるかどうかを確認して回った。徴収員が突然、呼び鈴を押すと、見ていたテレビを消して押し入れや布団の中に隠すことも行われた。

    2
    続き

    カトリック教会は「性犯罪組織」か

     世界のローマ・カトリック教会総本山バチカンの今年の日程を紹介する。今月22日から27日の間、パナマで「世界青年の集い」が開催され、その後、法王として初めてアラブ首長国連邦を訪問、その後、3月はモロッコ、5月5日からバルカンのブルガリア、マケドニアの両国訪問が待っている。10月には司教教会会議(アマゾン会議)。日程はまだ決まっていないが38年ぶりの法王の訪日が予定されている。

    1
    続き

    1965年から85年までの間、NHK・FMで…

     1965年から85年までの間、NHK・FMで放送された「バロック音楽のたのしみ」という番組があった。解説者の一人が音楽学者の皆川達夫さんで、西洋の古楽を系統立てて紹介していた。

     私事で恐縮だが、気流子も、70年代に早朝のひと時、熱心に聴いていた一人だ。そのころ西洋史を勉強していたので、音楽はその社会を知るための非常に大きな手掛かりだと考えていた。

    0
    続き

    悲観主義者、楽観主義者、現実主義者

    “The pessimist complains about the wind; the optimist expects it to change; the realist adjusts the sails.” –William Arthur Ward - Educator, Minister 「悲観主義者は風のことで文句を言う。 楽観主義者は風が変わるのを待つ。 現実主義者は風に帆を合わせる」 –ウィリアム・アーサー・ウォード、教育学者・牧師 (訳 舟田譲二)

    2
    続き

    極貧人口増加、アフリカで米国が中国に挑む

     国際貧困モニター研究機関「世界貧困時計」によれば、ナイジェリアは昨年、極貧人口(1日1・90㌦以下で生活)がインドを抜き世界最多になった。12月末には約9090万人(総人口は約2億人)で、世界総極貧人口の15%。毎分4・5人の割合で増加中だ。子供の23%が極貧、70%が一般的貧困という別の調査結果もある。

    1
    続き

    2018年は陰謀論者完敗の年、2019年から政治議論の健全化を!

    2018年は近年政治に関心がある市井を賑わせてきた陰謀論者が完敗した年であった。

    その代表的な陰謀論は、TPP亡国論や水道法改正反対論である。

    0
    続き

    首領様用「専用機」か「核兵器」か

     「核兵器はもはや使用できない価値のない兵器となった」

     元米国務長官のコリン・パウエル氏がメディアにこのように語ったが、核兵器を製造したものの、国家元首が安心して搭乗できる飛行機もパイロットもいない国がある。ご存じだろう、あの北朝鮮だ。シンガポールで昨年6月、史上初の米朝首脳会談が開催されたが、そのサミット会議開催地まで飛ばす飛行機がないことから、中国が国家主席用の飛行機を急きょ北側に貸したという話が報じられた。

    1
    続き

    千住博 インタビュー ニューヨークの魅力は「トレンド」でなく「多様性」

    NYで日米および世界の友好に貢献した人をたたえる日米特別功労賞受賞

    2
    続き

    亥年とリュウキュウイノシシ

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     今年の干支は「亥年」。沖縄にもリュウキュウイノシシと呼ばれる小型のイノシシが生息している。

    0
    続き

    海外原子力発電所事業の採算確保が安全対策…

     海外原子力発電所事業の採算確保が安全対策などのコスト増大で、難しくなってきている。日本メーカーが受注を目指したリトアニアやベトナムでは計画が凍結または撤回された。

     また三菱重工業は、事業費が当初想定(約2兆円)の2倍以上に膨らんだトルコでの原発建設計画を断念する方向で検討している。日立製作所が英国で進めている原発建設計画に関しても、経団連会長の中西宏明日立会長は「民間の投資対象として難しくなっている」と話している。

    2
    続き

    2019年は選挙で圧勝した玉城デニー知事が敗北へ辿る道のりである

    あけましておめでとうございます。

    去年は辺野古移設阻止を選挙公約に掲げた玉城デニー氏が県知事選で大勝した。 であるなら、県知事に就任した玉城デニー知事は辺野古移設阻止の政策を次々と出し、辺野古移設は阻止される方に着々と進むはずである。ところが現実は違う。 辺野古飛行場建設は中止どころか埋め立て工事は進んでいる。

    3
    続き

    地方議会を動かすことで日本の国を動かすことが出来るか、ということを試す絶好の機会になりそうな1年

    みんなの党も再旗揚げするようである。

    上手くすると、今年は、地方議会を動かすことで日本の国を動かすことが出来るかどうか、ということを試す大事な1年になりそうである。

    今の渡辺喜美氏にどれだけ人を魅き付ける力があるのか分からないが、来るべき統一地方選挙に向けてみんなの党も候補者の公募を実施する予定だということだ。

    0
    続き

    今や主流はスマホ年賀

     日本では正月に親戚や知人・友人から届く年賀状を楽しみにする習慣があるが、韓国でも「ソルナル」と呼ばれる旧正月より一足早く、陽暦1月1日を「シンジョン(新正)」と言って簡単に祝い、それに合わせ年賀状を出す人もいる。年賀状は日本のようなハガキタイプではなく大きなカードタイプで、表紙にその年の干支(えと)が色鮮やかに描かれたりする。

    0
    続き

    2019年「世論」は正常化するか!?

     何かあれば直ぐに自分に因縁をつける。それどころか何かと金をゆする。酷い時は暴力までふるう。そういう相手に恋愛感情を持つことは異常である。異常さが進行すると、自分をゆする相手を避難する人間に対し、「あなたは〇〇さんの良さが解らないの。〇〇さんをけなす貴方の方が酷い人よ」などと言い出す。こういった異常な恋愛感情を持つ人は、男性にも女性にも少なくない。私が育った昭和時代・大阪下町の不良には珍しくなかったし、『じゃりん子チエ』という大阪舞台のマンガでは、借金をして暴力をふるう夫を愛する婦人(チエの母親)が良き女性として描かれていた。

     だが、冷静に考えれば、因縁をつけ、金をゆすり、暴力をふるう者が異常であることはもちろん、それに恋愛感情を持つ者も共依存であり異常である。この論理は、日本国に因縁をつけ、不当な金を要求し、日本国内でその国の者たちが罪を犯しまくる、中国、韓国、北朝鮮の異常さと、それらの国の立場に立って擁護する日本の左翼にも完全にあてはまる。北朝鮮に至っては日本人を拉致までしたが、その時でさえ左翼の多くは彼らを擁護した。日本の左翼がチエの母親と違う点は、自分が金を出すのではなく、日本国民から徴収した税金を反日国家に与えようと動いてきた点であろう。

    5
    続き

    中国によるウイグル族抹殺

    ■中国の悪循環

     自由を奪われ過去を否定される。帰属意識と誇りを捨てさせる再教育。おぞましいことが中国で行われている。新疆ウイグル自治区をはじめとする中国内のウイグル人への弾圧が激しいのは恐怖の裏返しだ。中国にはウイグル人を惹き付ける魅力が無い。だからウイグル人は中国と一体化しないのだ。

    20
    続き

    新年こそ憲法改正議論を

     戦争、テロ、大規模自然災害、特殊災害、感染症、その他あらゆる危機に対応できる実力組織は自衛隊しかいない。警察、消防、海上保安庁もある程度のレベルまでは対応できるかもしれないが、最後の砦(とりで)が自衛隊であることは多くの日本人が認めている。自衛隊という言葉が新聞に登場しない日はない。

     一方で、自衛隊の存在は日本国憲法には何も規定されていない。逆に、自衛隊の存在を否定するかのように、憲法第9条2項には「陸海空その他の戦力は、これを保持しない」と書かれている。

    7
    続き