■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    汝矣島に高まる怨聲

     「暗行御史の出頭(お出まし)だ!」

     『春香伝』(朝鮮時代の説話で、全羅北道南原府使の息子・李夢龍と妓生の娘・春香の恋物語)で暗行御史(朝鮮時代に民情を探るため地方に派遣された王の密使)となった李夢龍の出頭場面は壮快だ。卞(学道)府使は肝をつぶし、貪官汚吏は逃げ出そうと無我夢中になる。

    1
    続き

    地下鉄、乗り越すと罰金

     カイロの地下鉄に乗り降りして、ほのぼのとさせられることが一つある。それは、若い学生や青年たちが、老人や女性に気さくに声を掛け、席を譲る姿だ。遠くにいる人に大声を掛けて知らせることも多い。ためらいや恥ずかしさはなく、実に自然な感覚で行動している姿は、見ていて気持ちがいい。

     エジプト人の人懐っこさもいい意味で作用しているのかもしれない。

     一方で問題もある。

    0
    続き

    独身制の是非で新旧教皇の不協和音

     近代教皇の中で最高峰の神学者といわれた前教皇、べネディクト16世がギニア出身の保守派代表ロバール・サラ枢機卿(典礼秘跡省長官)と共に独身制に関する本「Des profondeurs de nos coeurs」(仮題「私たちの心の底から」)を書いたが、出版前から大きな話題を呼んでいる。

    1
    続き

    俳人協会の「新年の集い」が都内のホテルで…

     俳人協会の「新年の集い」が都内のホテルで開かれた。俳句大賞など三つの賞の授賞式を兼ねた集いだったが、俳句の世界の動向について、興味深い幾つかの話を聞くことができた。

     大串章会長は、来年で創立60周年を迎える同協会の記念事業について触れた後に「昨年は看過できない問題が浮上した」と、2022年から実施される高校国語の新学習指導要領に言及。

    0
    続き

    【ウォルマート】在庫管理ロボットが1,000店に展開!ロボット進化で売り場も変わる?

    ■ウォルマートは今年、商品棚をスキャンしながら在庫管理するロボットを大幅に導入する。

    シェルフ・スキャニング・ロボットを開発するボサノバ・ロボティクスが13日に発表したところによると、ウォルマートは同社と提携し「オートS(Auto-S)」を新たに650台を追加導入する。

    0
    続き

    「歴史」はどこまで遡るべきか

     当方が歴史に余り関心がないといえば、歴史物や歴史小説が好きな友人は決まって「それではダメだ。歴史を知らなければ、自分が分からないぞ」と軽蔑した目で見る。もう慣れてしまったが、当方にも理由がある。歴史といってもどこまで遡って学ぶべきか、分からないからだ。日本史しかり、世界史しかりだ。

    3
    続き

    下地幹郎議員の釈然としないIR疑惑弁明会見

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業に絡んだ汚職事件で、秋元司衆院議員(自民党を離党)が逮捕されたことに続き、沖縄選出で維新の下地幹郎衆院議員も、中国企業「500ドットコム」からの現金受け取りを認めた。IR議連副会長でもある下地氏は、沖縄在住で同社元顧問の紺野昌彦容疑者から100万円を受け取ったが、政治資金収支報告書に記載しなかった。

    2
    続き

    英国のエリザベス女王は、ヘンリー王子と…

     英国のエリザベス女王は、ヘンリー王子と妻のメーガン妃が王室中心メンバーから退くことを認める声明を発表した。王子の意向表明を受けての王室メンバーの話し合いで決まった。

     「新たな人生を歩むという2人の希望を、家族は全面的に支持する」としたが、一方で「私たちは、彼らに王室の第一線メンバーに残り続けてもらいたかった」と、残念さもにじませた。残念さはメディアなどにも向けられていると思われる。

    0
    続き

    誰が“第二の田中角栄”になるか?

     誰が“第二の田中角栄”になるか?その条件は、まず元総理クラスの大物政治家だということだろう。次にパチンコやカジノの利権に深く関係している人物だろう。

     2008年にパチンコ業界を取り仕切る国籍問題を持つ人々の陳情等により、パチンコ事業に対する大幅な規制緩和のために動いたのは誰か?いまカジノを北海道に誘致するために、オリンピック競技の関連で最も動いているのは誰か?

    0
    続き

    今も主流は数え年

     こちらでは年が明けると一斉に年齢が一つ上がる数え年を使っている。古くから日本でも数え年が使われてきたが、もう満年齢に統一されて久しい。数え年は生まれた瞬間に1歳なので、同い年でも満年齢の人より2歳上の期間が必ず生じる。赴任したての頃は筆者もこの数え年で年齢を数えられ、複雑な気持ちになったものだ。実年齢より若く見えたがる心理があるのに、数えでは逆に実年齢より1歳か2歳年上扱いされるからだ。

    0
    続き

    ソレイマ二司令官は英雄だったか?

     米軍は3日、無人機を使ってイラクのバグダッドでイラン革命部隊「コッズ部隊」のカセム・ソレイマニ司令官を殺害したが、イランでは同司令官を「英雄」と見なし、司令官の出生地での葬儀には多くの国民が集い、追悼した。

    9
    続き

    アメリカの今後の方針と対中国包囲網

    ■トランプ大統領は歓迎

     台湾総統選挙で蔡英文氏が再選。即座にトランプ大統領は歓迎し、軍事と経済で台湾を支援することを表明。アメリカは中国の太平洋進出を阻止するために、台湾を重要な防衛拠点と見なしている。

    ■アメリカの基本方針

     アメリカは冷戦期から、核戦争から通常戦争まで幅広く方針を定めている。冷戦期に定められた基本方針だが、現在でも有効だと思われる。

    4
    続き

    無計画な便利さを追求した大きな代償

     新年を迎えて大きく変わったのは、地下鉄銀座線渋谷駅のホームが新しくなったことだ。通勤などで頻繁に利用しているが、昨年末の移設工事の時は半蔵門線を代用し、それほど不便を感じなかった。

     ところがM字形のアーチ屋根が目を引く新駅舎の使用が始まった3日、井の頭線から乗り換えようとすると、従前は岡本太郎の大壁画『明日の神話』を右に見ながらエスカレーターで3階に上ればすぐだった改札口への道筋が複雑になり、しかも、JR中央口に向かう階段でJR線利用者と合流するため、通勤時間帯は大変な混雑に巻き込まれるようになった。

    0
    続き

    スマートフォンなどを操作しながらの車の…

     スマートフォンなどを操作しながらの車の運転は、事故につながりかねない。「ながら運転」を厳罰化した改正道路交通法が昨年12月から適用されるようになった。今年は「あおり運転」の厳罰化が進みそうだ。

     あおり運転は周囲の車両への急接近や進路妨害をしたりする危険行為。現行法では定義がないため、警察は道交法の車間距離保持義務違反などで摘発してきた。

    1
    続き

    軍の誤射を認めたイランの株上昇?

     イラン軍は11日、「8日起きたウクライナ国際航空機墜落は軍の人為的ミスによるものだ」と表明し、謝罪した。旅客機墜落直後、イラン当局や国営メディアは、「事故は技術的欠陥によって起きた」と述べていたが、イラン側の説明が余りにも早急だったこともあって、欧米航空関係者から不審に受け取られていた。

    0
    続き

    英国首相の上級顧問が、自身のブログに…

     英国首相の上級顧問が、自身のブログに「首相官邸で当局者と共に働く多様な技能や生い立ちの持ち主」を探していると投稿。データ科学者やソフト開発者、政策専門家などのほか、「奇妙な技術を持った変人」は連絡してほしいと募っている。

     それに応募した一人が、あのスプーン曲げで有名な「超能力者」のユリ・ゲラー氏(73)。応募書類で「予言科学の最前線にいる人物を探しているようだが、ここにいる。私には真の心霊能力がある」と主張した(本紙11日付)。

    0
    続き

    自由と民主主義を求める民意を選挙で示した台湾の総統選

    まずは、圧倒的な勝利で再選を果たされた台湾の蔡英文総統に祝意を申し述べたい。

    日本にとって台湾ほど心が通じる国は少ない。

    公式には国とは言えず、地域と表記せざるを得ないのだが、台湾ほど日本や日本人に対して理解が深く、友好的で、かつ日本で大きな災害が発生した時に国民総ぐるみで暖かく手を差し伸べてくれる国はない。

    1
    続き

    米イラン紛争はこれから正念場だ

     トランプ米大統領はイランに対し、2点の対応を考えてきた。一つは、シリア、レバノン、イエメン、そしてイラクで軍事活動を支援するイラン革命部隊「コッズ部隊」を鎮圧すること、そしてイランの核開発計画を壊滅することだ。

    0
    続き

    今年は東京五輪・パラリンピックの年。それに…

     今年は東京五輪・パラリンピックの年。それに合わせるように、3月30日からスタートするNHK連続テレビ小説「エール」は、まさにその成功を祈願するようなタイトルである。主人公のモデルは、高校野球の大会歌「栄冠は君に輝く」の作曲者、古関裕而(ゆうじ)とその妻だ。

     古関は、早稲田大学の応援歌「紺碧の空」などに代表されるように、各大学の応援歌の作曲をし、プロ野球でも読売ジャイアンツや阪神タイガースなどの応援歌を作曲したことでも知られている。

    0
    続き

    ウクライナ航空機墜落の真相

     イランのテヘラン空港から8日、ウクライナのキエフに向かって飛び立ったウクライナ国際航空ボーイング737型旅客機が離陸直後、墜落し、搭乗員、乗客176人全員が死亡した事故で、イラン軍の地対空ミサイルが誤射した結果という声が高まってきた。

    3
    続き

    レバノンに逃亡した日産自動車の前会長…

     レバノンに逃亡した日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告の記者会見は、何ら新味のない一方的な日本の司法制度批判に終わった。多くの日本メディアを排除した上、「日本ではメディアに汚名を着せられた」などと批判。一方、海外メディアは会見を大きく報じた。

     フランスの国営TVフランス2は「全体として自画自賛の会見だった」としてはいるが、「仏メディアは総じて、ショーマンとしてのゴーン被告の能力にポジティブな評価を下した」と、本紙の安倍雅信パリ特派員が伝えている。

    1
    続き

    北独裁者をソウルに招いた南大統領

     北朝鮮の独裁者をソウルに招いた韓国大統領は過去2人いたが、2人とも招いた北の独裁者から「馬鹿者」扱いにされている。最初の大統領は「太陽政策」を標榜し、南北の融和を唱えた故金大中大統領(任期1998~2003年)、そして2人目が現在の文在寅大統領だ。2人とも北の独裁者をソウルに招く夢を実現できないばかりか、肝心の北の独裁者から「馬鹿者」呼ばわりされているのだ。

    1
    続き

    注目集めた女性主導政府

     世界のメディアがめったに注目することがないフィンランド政府が、昨年の暮れに世界のメディアの注目を浴びた。それは、世界最年少の首相が誕生したからだ。それも女性。

     社会民主党のサンナ・マリン首相は、34歳で五つの政党による中央左派連合政権を率いる首相に就任した。若き女性首相の誕生となるとどの国でも話題になる。だが欧州は女性リーダーが珍しくない時代になり、これは有り得る話だ。

    0
    続き