■連載一覧
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 迷走する北非核化
  • 人口減少社会を超えて 第3部・識者インタビュー
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/12/26
  • 2018/12/20
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    中国と北朝鮮の独裁を否定しろ

    ■独裁を黙認する人権団体

     独裁は嫌われている。日本の人権団体は独裁を批判する。ならば中国と北朝鮮の独裁を批判すべきでは? 中国は共産党による一党独裁。しかもチベット・ウイグルの民族性抹殺を行っている。中国共産党はチベット・ウイグル固有の宗教・言語・伝統・文化・風習・歴史を否定している。これは民族性の否定。その代りに中国共産党が指定する思想を強制している。

    7
    続き

    新駅の名称に「てだこ」

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     JR山手線(東京都)の新駅の名前がこのほど、「高輪ゲートウェイ」に決まった。これには全国的な注目を浴び、鉄軌道がない沖縄県民の間でも、かなり話題になっている。

    1
    続き

    《亡くなった哲学者、梅原猛さんの『隠された…

     《亡くなった哲学者、梅原猛さんの『隠された十字架』は、法隆寺を聖徳太子の怨霊を鎮めるための寺と説いて衝撃的だった。文章も熱を帯び、読みながらぐいぐいと引き込まれたのを覚えている。

     その中で梅原さんは、法隆寺の中門の柱が正面から見ると5本並んでいるのは、真ん中の柱が閂(かんぬき)の役割を果たしており、聖徳太子の怨霊を封じ込める意味があると書いた。後に美術史家の町田甲一氏が『大和古寺巡歴』の中で反論していたのを読んだが、説得力があった。

    0
    続き

    カトリック教国でなくなる時

     アルプスの小国オーストリアはフランス、スペイン、ポルトガル、イタリアなどと共に欧州の代表的カトリック教国だ。そのオーストリアのカトリック教会の信者総数は昨年12月31日現在、約505万人で前年の511万人より約1・1%減少した。教会脱会者数は昨年5万8378人で前年比で8・7%増加した。オーストリア教会司教会議が9日、公表した教会統計だ。

    1
    続き

    『古事記』に込められた先人からのメッセージ

     古代国家の復活、再生といふ悲願をこめて綴られた『古事記』は、我々に「復古・維新の精神」を活き活きと語りかけている。

    ■1.『古事記』に込められた「復古・維新の精神」

     春にあけて先(ま)づ看(み)る書(ふみ)も天地(あめつち)の始(はじめ)の時と読みいづるかな

    0
    続き

    【イケア】ネットで注文して店でピックアップに販促!消費者に業種業態の垣根はない?

    ■世界最大手の家具チェーンのイケアは現在、ネットで注文してお店でピックアップするボピスの「クリック&コレクト(Click & Collect)」サービスでキャンペーンを行っている。クリック&コレクト・サービスを利用して買い物すれば、次回の買い物で5ドル引きとなるギフトカードを進呈しているのだ。

    イケアでは数年前から始めたストアピックアップサービスは手数料が5ドル。

    0
    続き

    東欧で“ファーウェイ締め出し”拡大

     米国を皮切りに、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、日本らの政府が中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)社製品を政府調達から排除することを相続いて決定したが、“ファーウェイ締め出し”の動きは東欧にも拡大、チェコのアンドレイ・バビシュ首相は昨年12月18日、内閣の職員に対して、ファーウェイ製スマートフォンの使用を禁止した。東欧では初めて。その理由は「中国のファーウェイと通信大手の中興通訊(ZTE)のハードウェアやソフトウェアを使用すると、セキュリティ上の問題がある」というのだ。

    8
    続き

    えっ?細野豪志議員が自民二階派?

    モリカケ追及の時もそうだったのですが、

    何か大きな問題に国民の目が向いているときに、シレーっととんでもないことを決めていくものです。

    自民党ってそういうところが、ある意味凄いのですわ…むかっむかっむかっ

    「足もでかいが夢もでかい」のキャッチフレーズで初当選したのが28歳。 爽やかな青年でした。 時の流れとともに、実に残念な政治家になってしまいました…

    1
    続き

    「介護ができて、とても嬉しい」

     還暦を過ぎた古い友人が時々集まって話すと、最近は決まって介護の話が出る。父母はどこも80代以上、仕方のないことでもあり、お互いに苦労話の競い合いのようになったりするのです。

     今年の正月も集まって、「お正月はどうでしたか?」と水を向けると、一人の婦人が、「大変だった。目が回るほど忙しかった」と、その大変さを話し始める。

    1
    続き

    もったいないでは済まされない大量廃棄される恵方巻

     お正月ムードが過ぎ去ったと思いきや、スーパーやコンビニでは既に来月の節分に関するコーナーが目立っています。節分といえば豆まき。幼少の頃は、鬼のお面と一緒に豆の袋がスーパーなどで山積みにされていた記憶があります。それを買って帰って、父が鬼の面をかぶって子供達で豆をぶつけ、散らばった豆を集めて年齢の数だけ食べるというのが節分の過ごし方でした。

     ところが近年、この時期になるとスーパーやコンビニなどで幅を利かせているのは豆よりも「恵方巻」。近畿地方の一部で、その年の恵方(縁起のいい方向)を向いて巻き寿司を丸かぶりすると福がめぐってくるとして始まった習俗ですが、1998年にセブンイレブンが全国発売にあたり、商品名を「丸かぶり寿司恵方巻」としたことで恵方巻という名称が全国に広まったとされています。

    2
    続き

    中国が新型中距離ミサイル配備公表

     中国は、米海軍の南シナ海での「航行の自由」作戦に対抗し、地上配備の中距離弾道ミサイル「東風26」を、同国北西部の内陸部に配備したことを明らかにした。南シナ海、グアムを射程に収め、米軍は今後、潜水艦配備の低出力核兵器などで対抗措置を迫られる可能性がある。

    0
    続き

    三浦雄一郎さんの挑戦

     正月の2日、プロスキーヤーの三浦雄一郎(86歳)さんが、南北米大陸最高峰アコンカグア(標高6961㍍)に挑戦するために日本を出発した。

     三浦さんは70歳、75歳、80歳と、エベレスト登頂のたびに名語録を残している。

    3
    続き

    初詣などの正月行事や昨日の成人式をはじめ…

     初詣などの正月行事や昨日の成人式をはじめ、1月は祭りや行事が多くある。永い歴史を持つ日本は気候や風土に合わせ、独特の信仰や習慣から祭りや風習、文化を育んできた。

     年の初めに豊穣をもたらす年神が訪れるという信仰も古くからある一つ。年神を祖霊の神とする地方では、玄関や神棚を飾った門松や注連縄(しめなわ)、古いお札など正月飾りを小正月の14日の夜か15日の朝、神社などで焚(た)き上げる。どんど焼きや左義長(さぎちょう)の行事である。

    0
    続き

    ゴーン被告の経営モラルの欠落は明白

    2019年1月11日

     日産の前会長、ゴーン被告が会社法違反(特別背任)などの罪で追起訴されました。報道されている情報が事実とすれば、会社の私物化としか言いようのない行為の数々は、法的には今後の捜査、裁判の行方を待つとしても、経営モラルの欠落は否定しがたいと思います。

    1
    続き

    トランプ大統領の失敗ワースト10

    アメリカ保守論壇 M・ティーセン

     トランプ大統領は就任2年目の昨年、数多くの素晴らしい実績を上げたが、同時に、恥ずかしくなるようなことから、手の施しようのないことまで、さまざまな失敗もした。2年目のワースト10を挙げる。

    1
    続き

    教会信者数が人口の過半数を割る日

     アルプスの小国オーストリアはフランス、スペイン、ポルトガル、イタリアなどと共に欧州の代表的カトリック教国だ。そのオーストリアのカトリック教会の信者総数は昨年12月31日現在、約505万人で前年の511万人より約1・1%減少した。今年中には500万人台を割ることは必至の状況だ。

    1
    続き

    自衛官の60歳定年検討を

     防衛省は昨年12月21日、1佐から3曹までの自衛官の定年年齢をそれぞれ1歳ずつ引き上げることを決定。自衛隊法施行令などを改正し、2020年1月以降の実施を目指すとしている。

     防衛省は定年年齢引き上げの理由を「装備品の高度化や任務の国際化などに対応できる知見を豊富に備えた人材の有効活用を図る」と説明する。

    2
    続き

    新たな防衛大綱では、宇宙やサイバー空間…

     新たな防衛大綱では、宇宙やサイバー空間、電磁波などの領域で領域横断的に作戦を展開できるようにするとしている。統合幕僚監部と内部部局に専門部署を設け、陸上自衛隊にも電磁波作戦部隊を置くという。

     電子戦では、相手のレーダーや通信を電磁波で使えなくする技術やその運用がポイントだ。電子戦の能力を向上させている中国やロシアに対抗するため、電子攻撃機の開発も目指す。

    0
    続き

    なぜ「予言」は時に外れるのか

     このコラム欄で紹介したブルガリアの予言者ババ・ヴァンガ「2019年の予言」は結構反響があった。まだ起きていないことを前もって語ることは通常、難しい。昔から「当たるも八卦、当たらぬも八卦」と言われたが、その通りかもしれない。ただ、いつの時代も「予言」がズバリ当たれば、人は驚き、その予言を語った人物は一躍有名になる。

    2
    続き

    「皸(あかぎれ)の手入れがすめば寝るばかり」…

     「皸(あかぎれ)の手入れがすめば寝るばかり」(児玉葭生)。早朝、水で手を洗っているとピリッとした痛みが走った。見ると手のひらに赤い線がある。そこから血が少し出ているようだ。あかぎれだった。

     東北の地方都市に住んでいた時は、冬はあかぎれや霜焼けに悩まされた。手の皮膚が裂け、そこから内部が見えたこともある。軟膏(なんこう)を塗っても、なかなか治らなかった。

    0
    続き

    結構深刻な事態のようだが、日本オリンピック委員会には聞く耳がなかったのかしら

    一日経って、ようやく事情が呑み込めた。

    郷原さんがかねてから重要な警告を発していたことを知った。 日本オリンピック委員会の方が郷原さんの声に耳を傾けていたら、もう少し違った展開になっていたんじゃないかな、と思っているが、残念ながら日本オリンピック委員会には郷原さんの警告が届いていなかったのか、そもそも聞く耳がなかったのかも知れない。

    リスク管理、危機対処能力が欠如していた、と言わざるを得ない。

    1
    続き

    移植臓器は新疆ウイグル自治区から

     悲しいニュースが届いた。海外中国メディア「大紀元」日本語版(1月9日付)に「移植用の臓器は今、すべて新疆ウイグル自治区からきている」という内容の記事が掲載されていた。中国共産党政権は新疆ウイグル自治区で同化政策を推進、ウイグル人の固有の言語、文化を否定し、共産党政権の方針に従わないウイグル人を強制収容所に送って再教育している、というニュースは知っていた。そのウイグル人の臓器が中国移植市場で主要供給元となっているというのだ。

    11
    続き

    新年を新鮮な気持ちで出発しようと、東京…

     新年を新鮮な気持ちで出発しようと、東京・銀座の観世能楽堂に足を運んだ。渋谷区松濤にあった能楽堂が、松坂屋の跡地にできた「GINZA SIX」の地下3階に移ってきたのは一昨年の4月。もともと観世流ゆかりの地らしいが、銀座のど真ん中で能を観(み)る気分も味わってみたかった。

     演目は能「翁(おきな)」「鶴亀」、狂言「末広(すえひろがり)」、高砂など仕舞が8曲、最後に能「東北」というプログラム。20分の休憩を入れ5時間と長丁場だったが、もともとは「翁」ほか能5曲と狂言4曲を入れる「翁付五番立」というのが、江戸時代以来の正式な演じ方である。

    0
    続き