■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    全学徒隊追悼碑に説明板が追加

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄戦で犠牲になった沖縄県内旧制師範学校・中等学校21校の学徒の人数を記した説明板が糸満市摩文仁の平和祈念公園内に完成し、14日に除幕式が行われた。

     2年前、「全学徒隊の碑」が建立された。そこには各学徒隊の戦死者数が明記されておらず、21校の元生徒らでつくる「元全学徒の会」のメンバーが何度も県議会に陳情を行い、説明板の追加にこぎつけた。

    1
    続き

    教育正常化運動を進める全国教育問題協議会の…

     教育正常化運動を進める全国教育問題協議会の「全教協ニュース」第276号に「左翼人権派の子供観」と題して、教師OBの(山)氏(イニシャル)が執筆している。

     日本の人権団体「ヒューマンライツ・ナウ」が、小学校などで行われている組み体操について「極めて危険で重大な事故も起きているのに、日本政府は子どもを守る方策を十分に講じてこなかった」とする報告書をこの1月、国連の「子どもの権利条約委員会」へ提出したことを受けたものだ。

    2
    続き

    癖になる辛口ラーメン

     現在、放映しているNHKの朝の連続テレビ小説はインスタントラーメンを生み出した実在の人物をモデルにしたもので、こちらの在韓日本人たちも海外向け衛星放送で見ている。ところで、韓国定番の家庭用ラーメンと言えば何といっても「辛ラーメン」だろう。赤い包装袋に「辛」の字が大きく印字され、いかにも辛そうなイメージだ。日本にもかなり流通していて、ある米国系倉庫型量販店ではいつも1箱20袋入りが山積みにされ販売されている。

    2
    続き

    最大のリスク

    “The biggest risk is not taking any risk.” ―Mark Elliot Zuckerberg - Co-founder of Facebook, Chairman, CEO 「最大のリスクとは、リスクをまったく取らないこと」 ―マーク・エリオット・ザッカーバーグ、Facebookの共同創業者・会長・CEO (訳 舟田譲二)

    0
    続き

    「憎悪」煽るCNNの反トランプ報道

     ニュージランド(NZ)中部のクライスチャーチで15日起きた銃乱射テロ事件をCNNと独ニュース放送NTVで追っていた。CNNはいつものように豊富な人材を駆使し、関係者やイスラム信者たちにインタビューし、ホットな情報を流していた。一方、独民間放送は外電で事件をフォローする一方、ロンドンに住むテロ専門家にインタビューし、欧州で起きたイスラム過激テロ事件と比較しながら事件を追っていた。

    1
    続き

    年金機構のツイートが大炎上、削除して謝罪ないままスルーするつもりか

     老後を支えるための年金制度ですが、年金を受け取れる年齢が上がってきたり、現代の若者は将来本当に年金を受け取れるのか、受け取れる年金の額は減少しないのかなど、不安や心配になることはあります。現在年金を払っている世代の中には、年金に対して不信感を抱いている人も少なくないでしょう。その不信感を助長させるような出来事が3月の14日に起こりました。政府から委託を受け、公的年金に関わる一連の運営業務を担っている日本年金機構がツイッターで投稿した内容が批判を浴び、ツイッターでは機構に対して批判が殺到しています。

    軽いノリで他人事のような投稿に批判殺到

    1
    続き

    中国の覇権が拡大する南シナ海

    ■領有権争いの南シナ海

     南シナ海に中国が覇権を拡大すると領有権問題が増大した。中国は太平洋進出を目指したが、日米の覇権に阻まれて頓挫した。だが南シナ海からアメリカの覇権が引いたことで、中国は南シナ海進出できた。

    6
    続き

    “子育て無免許運転”をなくせ

     近年、脳科学研究が進み、しつけと称する体罰が子供に想像以上に悪影響を与えることが分かってきた。

     福井大学の友田明美教授の子供の脳画像分析では、ひどい体罰を受けた児童の脳は、感情や理性に関わる右前頭前野の容積が約2割、認知に関わる左前頭前野の容積が10%強も萎縮することが明らかになった。まさに「体罰は百害あって一利なし」というわけだ。

    3
    続き

    背番号51の45歳。米大リーグ・マリナーズの…

     背番号51の45歳。米大リーグ・マリナーズのイチロー選手の7年ぶりの日本でのプレーは、快音は聞かれなかったが右翼の守備では見せ場を作った。東京ドームでアスレチックスと対戦する開幕戦(20、21日)を前に行われた巨人とのプレシーズンゲーム(17日)。

     一回、巨人の坂本勇人選手の大飛球を斜め後方に追い、フェンス際で走りながら体をひねって好捕。直後に両手でフェンスとの激突をカバーする技術の高さを見せ、4万6000人超の観客を沸かせた。

    1
    続き

    日本の「韓国外し」は急速に進むのか?安保から見た日韓関係

     先ほどの『日韓関係清算はやむを得ないにしても、準備というものがある』の補足として、本稿ではいくつか最新の話題を紹介しておきたいと思います。「平和ボケ」を楽しんでいたい人たちにと』っては非常に嫌な話かもしれませんが、東アジア情勢の急変は待ったなしであり、私たち日本人にとっても、いつまでも呑気に惰眠をむさぼることは許されなくなっています。こうしたなか、日韓関係、日朝関係、米朝関係、日米関係で、それぞれ紹介したい、非常に扱いが小さいものの、非常に大切な論点が出て来ました。

    ●結局、日本は共同訓練に参加するのか、しないのか

    4
    続き

    左派台頭で分裂する民主党

    アメリカ保守論壇 M・ティーセン

     民主党のペロシ下院議長は「弾劾を支持しない」と発表し、左派から反発を受けた。ペロシ氏は、トランプ大統領を守ろうとしたわけではない。常軌を逸した非主流派から党を守ろうとしているだけだ。だが、それもますます困難になっている。

    2
    続き

    ハリネズミの進化論

    「徳川家康公遺訓」は、たいへん有名なものですので、ご存知の方も多いかと思います。
慶長8年1月15日のものです。

    「人の一生は
重荷を負うて、  遠き道を行くがごとし  急ぐべからず
 不自由を常と思えば不足なし  心に望みおこらば  困窮したる時を思い出すべし  堪忍は無事のいしずえ  怒りは敵と思え  勝つことばかりを知って  負くることを知らざれば、  害、其の身に到る  己を責めて人を責めるな  及ばざるは過ぎたるに優れり」

    0
    続き

    欧州カトリック教会の牙城が崩れた

     ローマ法王ヨハネ・パウロ2世の27年間の在位中、東欧のポーランド教会は欧州教会で最も影響力を有する教会とみられてきた。そのポーランド教会でも過去、聖職者による未成年者への性的虐待事件が発生していたが、ヨハネ・パウロ2世在位中は公に報じられることはなかった。

    1
    続き

    朝鮮学校無償化の訴えを5つの裁判所が退ける!

     学校には一条校と非一条校があり、

     一条校とは「第一条 この法律で、学校とは、幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学及び高等専門学校とする。 【 学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条、「第1章 総則」中】」

    1
    続き

    「うちでも猫を飼ってみるかな」「でも手が…

     「うちでも猫を飼ってみるかな」「でも手がかかりますよ」「だから娘に面倒みさせるのさ。最近の人間の欠陥は自然をないがしろにしたところから来ているんだそうだ。たしかに文明がつくりだした害毒に蝕まれてるのは事実だよ」。

     日影丈吉の小説『咬まれた手』の中で、不良高校生の娘の更生を願って、父親が友人に相談する場面。「娘に動物でも与えたら、また考え方も違って来そうな気がするんだが、どうかね」と続く。

    2
    続き

    NZの「銃乱射テロ事件」を考える

     ニュージランド(NZ)中部のクライストチャーチにある2つのイスラム寺院(モスク)で15日、銃乱射事件が発生し、49人が死亡、子供を含む少なくとも20人が重傷した。NZ当局によれば、主犯は白人主義者でイスラム系移民を憎む極右思想を信奉する28歳のブレントン・タラント容疑者(Brenton Tarrant)。他の2人も共犯の疑いで逮捕された。

    5
    続き

    最近、朝テレビで確認するのは一日の天気や…

     最近、朝テレビで確認するのは一日の天気や気温の変化、そして花粉情報だ。天気は折り畳みの傘を持っていくかどうか、気温は重ね着にするか薄着にするかの判断のため。花粉情報はマスクなどの用意のためである。

     予報に反して雨が降らなくても、折り畳み傘は用心のためなのでそれほどショックを受けない。マスクもそう。失敗することがあるのは衣装である。気象予報士のアドバイスで着るものを選んだつもりで電車に乗ると、周囲の乗客が皆薄着で、厚着の自分が浮いていることがある。

    1
    続き

    米政権、台湾へ新型F16売却へ

     米政府は、戦闘機F16、66機を台湾に売却することを承認した。この30年間でこれほどの規模の軍用機が台湾に売却されるのは初めて。米政府当局者によると、決定は間もなく発表され、総額は130億㌦に上ると見積もられている。

    4
    続き

    芸能人の薬物汚染について

     いろんな番組や映画で鬼才を放っていたピエール滝容疑者がコカイン使用で警察に逮捕されました。

     「またか」と思ったのは私だけではないでしょう。

     覚せい剤の蔓延は普通に暮らしている人とは全く別世界の物かと思っていましたが、徐々に一般人にの間にも浸透しているようです。

    2
    続き

    金正恩氏の「生体情報」は高額

     ハノイで先月開催された第2回米朝首脳会談では、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が会議前にタバコを吸っているシーンがCNNで放映された。テレビで金正恩氏の喫煙シーンが映ったのは今回が初めてではないだろうか。金正恩氏はお酒飲みであり、ヘビースモーカーだとは聞いていたが、金正恩氏がタバコを実際吸っているシーンを初めて見た。

    0
    続き

    息子や市役所職員、警察官などを装って、家に…

     息子や市役所職員、警察官などを装って、家に現金がいくらあるかなどを聞き出す「アポ電」。特殊詐欺の手口だが、強盗や殺人へと凶悪化している。

     東京都江東区の加藤邦子さん(80)が、アポ電の後に殺害された事件の容疑者3人が警視庁に逮捕された。都内では今年1月と2月、渋谷区の初台と笹塚でも同じような手口で高齢者夫婦を狙った強盗事件が2件起きている。笹塚の事件現場に残された足跡が、加藤さん殺害の現場の足跡と一致。同一グループの犯行とみられる。

    0
    続き

    まあ、メディアから相手にされなくなったら影が薄くなるのは仕方がありませんね

    おいおいおい、立憲民主党の影が薄くなっているぞ、と書いておいたら、私のブログの読者の方から的確なコメントが返ってきた。

    もともと支持率が高くなかったし、自民党側で目立った失策がなく、震災関連の報道でメディアがわざわざ立憲民主党を取り上げる枠がなかったので、立憲民主党の影が急に薄くなったように見えるだけでしょう、と仰る。

    1
    続き

    オープンした日系カジノ

     ベトナムの首都ハノイで11日、日系カジノ「ハリウッドワン・ゲーミングクラブ・ハノイ」がオペラハウスに近い繁華街で開業した。

     カジノは五つ星ホテルの地下にあり、ルーレットやバカラ、さらにスロットマシンなどカジノゲーム機を置き、24時間利用することができる。

     これまでの東南アジアのカジノは、シンガポールを例外に豊かな隣国の富裕層をターゲットにしていた。水が高きから低きに流れるのにも似ている。

    1
    続き