■連載一覧
  • 憲法改正 私はこう考える
  • どう見る北の脅威
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 2018/2/15
  • 2018/2/13
  • 2018/1/18
  • 2018/1/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    ユダヤ人が引きずる「良心の痛み」

     先日、疲れたのでベットに横になりながらラジオを聞いていた時、「良心の痛み」をテーマにさまざまな有識者に見解を聞いていた。「良心」という表現はキリスト教が出現する前からあった。ソクラテスも良心について言及していたという。興味を引いたのは、一人のユダヤ人の意見だ。アウシュヴィッツ強制収容所で多くのユダヤ人が犠牲となったが、生き残ったユダヤ人の中には一種の良心の痛みを感じながら、その後の人生を歩むケースが少なくないという。

    0
    続き

    「天災は忘れた頃にやって来る」の警句を…

     「天災は忘れた頃にやって来る」の警句を発した物理学者の寺田寅彦。明治政府の委嘱で海水振動調査をしたり、伊豆大島の三原火山を調べるため火口原の一隅でテント生活をしたりと、行動する科学者であった。

     寺田は「日本のような特殊な天然の敵を四面に控えた国では、日常の研究と訓練によって非常時に備えるのが当然」(『天災と国防』)と。自然の猛威に対し、昨今のメディアには「記録的な……」という見出しが躍るが、常日頃から「災害列島」の自覚こそ必要だ。

    2
    続き

    夢は計画の一つ

    “Dreaming, after all, is a form of planning.” –Gloria Steinem, Feminist and Journalist 「夢というのは結局のところ、計画の一つの形だ」 –グロリア・スタイネム、フェミニスト・ジャーナリスト (訳 舟田譲二)

    14
    続き

    米国のスクールシュ―ティング

     米国南部フロリダ州のパークランドの高校で14日午後、銃乱射事件が起き、17人が死亡、少なくとも15人が負傷した。犯人は犯行があった高校の元生徒ニコラス・クルーズ(19)で犯行後、警察官に拘束された。容疑者は犯行を認めているという。地元警察当局は犯行の動機などを慎重に捜査中だ。

    2
    続き

    「鼻少しゆるみしばかり春の風邪」(高浜…

     「鼻少しゆるみしばかり春の風邪」(高浜年尾)。暖かかったり寒かったりするので、体温調節に失敗し、風邪を引く人も多い。

     特に、今年のインフルエンザは猛威を振るっている。街を歩いても、電車の中でも、マスクをしている人をよく見掛ける。

    2
    続き

    温故知新:出張族が見た朝日新聞の押し紙問題

    安倍総理、朝日新聞を批判

     今週13日(火)に行われた衆院予算委員会で、安倍総理は今井雅人議員(希望の党・無所属クラブ)の質問に答える形で、朝日新聞の過去の「誤報」を手厳しく批判しました(衆議院インターネットテレビの20:09:30~以降)。

    これについてまともに報じているのは産経ニュースくらいです。

    8
    続き

    高齢者が生活保護への一例 今の時代は仕方ないからこそ復活する道を

    ある高齢血液患者の症例です。血液以外にも複数の病気を持っています。

    この方は通院などを家族が支えながらも一人暮らしを頑張っていました。時折病気が原因で出血しますが、入院し治療を受けることで何度も生死の境を乗り越え、退院し自宅で頑張って生きてきました。

    44
    続き

    上院議長「反ポーランド言動許すな」

     韓国・平昌冬季五輪大会が開催されて以来、関心が朝鮮半島に向かい、欧州の政情フォローが疎かになってきた感じがしていた時、ポーランドの興味深い政策が報じられた。このコラム欄でも報じた「ユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)関連法案」が施行されたが、今回はその続編ともいうべき内容だ(「ポーランドの『ホロコースト法案』」2018年2月2日参考)。

    3
    続き

    高校歴史教科書から「坂本龍馬」「吉田松陰」…

     高校歴史教科書から「坂本龍馬」「吉田松陰」を削れ――。昨年11月、高大連携歴史教育研究会(高大研、会長・油井大三郎東大名誉教授)なる団体が、歴史が暗記中心となっているのは問題として、用語を現行の半分以下の1600語に減らす案を提示した。

    一方、誤解を与えやすい「従軍慰安婦」「南京大虐殺」などを残すべきだとした。高大研は用語の「精選」に当たってその基準を示していないが、左からのバイアスがかかっているのは一目瞭然だ。

    8
    続き

    古代の人が築こうとした日本

     記紀は、相対的な個人的幸福感よりも、大多数の人々の喜びを次の世代につなげていくことを重視した国をつくろうという明確な国家統治の理念を確固たるものにしていくためのツールとして存在しています。 そのような史書を持っている国に生まれたことは、とっても幸せなことです。

    20
    続き

    北朝鮮の「瀬取り」って何?

     このところ当ブログもカタカナのタイトルが続きました。「アルマーニ」「ウリヌン ハナダ(我々はひとつ)」「テレビ左翼」といったカタカナタイトルは、当分の間、使わないようにしたい。それらはたいていの方がおよそ見当のつく話題ではあります。「テレビ左翼」が耳新しいでしょうかね。或いは、目新しいと言うべきか。どちらでもいいが(笑)、これは政治学者・岩田温氏が動画の中で話していました。    TVを主な情報源としている60歳代以上の人達のことです。この人達は平和安保法制のときも「戦争になる」「徴兵制が布かれる」とTVを信じてました。今も信じているのでしょうかね。そりゃあ、「ネトウヨ」もいるのですから「テレサヨ」もいますわな。テレウヨも居そうなものだが、ウヨはあまり偏向TVを観ないときている。

     さて、私はTVで観たが(笑)、北朝鮮が「瀬取り」と言われる方法で石油製品を密輸しています。つい最近も海上自衛隊の哨戒機が公海上で瀬取りの北朝鮮タンカーを捉えています。http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180215-OYT1T50054.html?from=ytop_ylist

    2
    続き

    使えば使うほど創造力は身につく

    “You can’t use up creativity. The more you use, the more you have.” –Maya Angelou – 1928-2014, Poet and Author 「創造力というのは使い切ることはできない。使えば使うほど創造力は身につく」 –マヤ・アンジェロウ、詩人・作家 (訳 舟田譲二)

    13
    続き

    殺し屋を返り討ち

     このほどマニラ首都圏で弁護士の男性がバイクに乗った殺し屋に襲撃される事件があった。

    2
    続き

    韓国への金融制裁は可能か

    【 韓国の現状・中間報告 】やっぱりグダグダな平昌五輪

     開会前にあれだけグダグダしていた平昌冬季五輪は、開会後もグダグダが続いています。

     相変わらず平昌付近ではノロウィルスは蔓延しているようですし、また、予想通りの悪天候で、協議によっては選手勢からも「フェアな競争環境ではない」といった不満が漏れているようです。

    5
    続き

    文在寅氏に未来志向型“接待”の勧め

     どうしても頭から離れないニュースがあるものだ。最近では、韓国中央日報(日本語版)の記事だ。平昌の第23回冬季五輪大会開会式前後の“五輪外交”をテーマにした記事で、そこには韓国大統領府の接待報告が書いてあった。当方が忘れることができない部分とは「北朝鮮代表団4回、ペンス米副大統領1回、そして安倍晋三首相ゼロ」という部分だ。何のことかというと、文在寅大統領が開会式に参加するために訪韓したVIPへの接待回数だ。

    4
    続き

    FBIが「孔子学院」を調査、中国のスパイ活動など加担か

     米連邦捜査局(FBI)は、米国内でスパイ活動、宣伝活動に関わっているとみて、全米の中国政府系教育機関「孔子学院」数十校の調査を進めている。FBIのレイ長官が12日、上院情報委員会の公聴会で明らかにした。

    19
    続き

    2018年の「新書大賞」(中央公論新社主催)…

     2018年の「新書大賞」(中央公論新社主催)には、前野ウルド浩太郎著『バッタを倒しにアフリカへ』(光文社新書)が選ばれた。これにちなんで「新書の現状」ともいうべきテーマについて、出版社の新書担当者3人による座談会が「中央公論」(3月号)に掲載されている。

     「10年前までは鉄板ネタ(売れる確率の高い題材)があった」との発言がある。織田信長、坂本龍馬をテーマにすればこれぐらい売れるという見通しが立った。

    2
    続き

    無所属の会は、変身願望の民進党の脱皮・成長を妨げる存在になってしまっているのではないかしら

    民進党の代表になっている大塚さんにとっては、無所属の会の内の何人かはずいぶん鬱陶しい存在になっているのではなかろうか。

    一番鬱陶しそうなのが、元代表の岡田克也氏のようである。 如何にも真面目そうで政策にも強そうだが、正真正銘の堅物のようで、普通の人にはとても歯が立たないだろう。

    大塚執行部のやること為すことに一々ケチをつけているようで、如何にもひ弱そうな大塚さんが気の毒になるくらいだ。

    14
    続き

    北朝鮮の美女応援団

     北朝鮮の「美女応援団」が平昌オリンピックで初の応援を行った。一昨日、女子アイスホッケー南北合同チームのスイス戦で朝鮮半島を描いた「統一旗」とタンバリンなどを使用して『パンガプスムニダ(お会いできてうれしいです)』(韓国でも有名な北朝鮮歌謡)や「オンヘヤ」(麦脱穀時の民謡をアレンジした北朝鮮歌謡)を歌って活発に応援した。韓国の観衆も彼女たちと心を一つにして応援する心温まる場面を演出した。

    0
    続き

    Chinaと満洲の歴史と日本

    満洲が乱れれば、それはそのまま日本の危機となります。 当時にあっては、それが日本の現実であり危機であったのです。 能書きの問題ではないのです。

    18
    続き

    持ち帰りにチップは必要?

     日本人にはなじみが薄いが、米国ではチップの文化が根付いている。レストランでテーブルサービスを受けた場合、代金の15~20%のチップを渡すのが相場とされるが、テークアウトで注文した際に渡すべきかについては、意見が分かれるようだ。

    0
    続き

    中国への情報ダダ漏れをトランプが断つ!

    米5Gネットワーク国有化の動機とは?

    中国政府が反米テロ組織に資金援助  こんにちは、中国人マンガ家の孫向文です。  2018年に入り中国共産党の触手は更なる全世界のインターネットに伸ばしています。

    23
    続き

    アイホ日本女子、南北コリアを破る

     近代オリンピックの創設者ピエール・ド・グーベルタン男爵の五輪精神を思い出すまでもなく、オリンピックは「参加に意義がある」とすれば、勝敗にこだわり過ぎることは邪道だが、スポーツの世界で勝ち負けを無視することはできない。国別金メダル、銀メダル、銅メダルの獲得数リストがスポーツ欄で大きく報道される。スポーツ選手は単に参加するだけではなく、勝ちたいし、そのために日々練習を重ねてきたはずだ。

    2
    続き