■連載一覧
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    れいわ新選組の二人の国会議員は国民から選ばれたのか?

     敢えてタブーに切り込みます。

     身体障碍者のことはなかなか言いにくいのが今の世ですが、れいわ新選組の新国会議員の木村英子氏の記者会見を聞いていてとても違和感をいだきました。

     私は小学校のころ両足まひの友人がいて一緒によく遊びました。両足マヒと言っても足を固定するギブスをすると自足歩行が可能だし、小学校低学年のころなので、思いやり何て言う気持ちはなかったので、M君と普通に遊んでいました。

    40
    続き

    人はなぜ「憂鬱」となるのか

     大谷、豪快15号、ソロ同点、という見出しの記事がヤフーのニュース記事の中に大きく報じられていた。エンゼルスの大谷翔平選手にとって後半戦初のホームランだ。海外に住む日本人の活躍は嬉しい。イチローや野茂投手の時も確かそうだった。

    0
    続き

    左翼がはびこる文政権に安倍政権がバズーカ砲

    毎日新聞が「日本製品不買、週末ロウソク集会呼び掛け 自制求める声も 韓国・ソウル」の記事をネットに掲載した。韓国市民の集会のイメージを与えているが韓国の市民ではなく韓国左翼の集会である。記事を読むと集会ではロウソクを手に「経済報復を糾弾する」だけでなく「元徴用工問題で謝罪しろ」と元徴用工問題での安倍首相の謝罪も要求した。

    集会のスローガンは「歴史歪曲、経済侵略、平和脅威、安倍糾弾」である。主催団体は今後、8月3日、10日の土曜日と、植民地支配から解放された15日の光復節にロウソク集会を予定している。

    3
    続き

    「釦の掛け違い」の後遺症 安倍宰相、改憲へ克服成るか

     永田町には「釦の掛け違い」という魔物が棲んでいるらしい。石橋湛山が岸信介を7票差で破って宰相に就任した自民党総裁選(1956年)、田中角栄が本命と目された福田赳夫を下した総裁選(72年)、初めて導入された党員投票で大平正芳が福田赳夫を凌いだ総裁選(78年)、ポスト小泉純一郎を争った麻(麻生太郎)垣(谷垣禎一)康(福田康夫)三(安倍晋三)で、最も若い安倍晋三が宰相の座を射止めた総裁選(2006年)などは、いずれも下馬評を覆した戦いと言われる。

    0
    続き

    亥年現象は憲法改正を不可能にしたか?

     選挙分析の世界で亥年現象という言葉がある。12年に一度巡って来る亥年は参議院選挙の投票率が低下するというものである。その原因は春に統一地方選挙が行われるため、国政選挙の実働部隊でもある地方議員が、自分の選挙が終わった直後なので、参議院選挙のために積極的に動かないことにあると言われている。これは多くの地方議員を抱える自民党に、最も大きな影響が出ることは言うまでもない。

     今年の参議院選挙で自民党の議席が伸びず憲法改正に必要な3分の2の議席を失った理由を、この亥年現象に求める考え方もあると思う。それは正しいか?もう憲法改正は不可能に近くなったのか?詳しい数字に基づいて考えてみたいと思う。

    0
    続き

    来年の東京五輪とパラリンピックのメダルは…

     来年の東京五輪とパラリンピックのメダルは合わせて約5000個が用意され、それらは使用済みの携帯電話や小型家電の金銀銅を使って製造される。全国の自治体の9割となる約1500市区町村が協力し2年がかりで回収されたという。

     もう半世紀近く前になるが、1970年代の石油ショック時、日本が官民挙げて行った省エネ運動を思い出した。風呂は家族4人が続けて入る、テレビを見る時は二灯式の照明を半減する(電力会社の奨励策)等々が、各家庭で大真面目に実践された。

    1
    続き

    「子供のない政治家」は政治に不適?

     オーストリアで9月29日、国民議会選挙(定数183)が行われる。中道右派「国民党」と極右政党自由党から成るクルツ連立政権が自由党党首のスキャンダルが原因で崩壊し、議会で野党の不信任案が通ったため早期議会選の実施となった。

    1
    続き

    ファーウェイは「国家権力の道具」

     共和党のマルコ・ルビオ上院議員は記者(ビル・ガーツ)とのインタビューで、中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)は「国家権力行使の道具」であり、米国の安全保障にとって脅威だと改めて主張、米政権が課している取引の制限を法制化することに自信を示した。

    2
    続き

    「小説のこんがらかつてきて昼寝」(湯浅典男)…

     「小説のこんがらかつてきて昼寝」(湯浅典男)。夏らしく湿度が高いので、寝苦しい夜を迎えるようになった。時々、暑さで目覚めたりするので睡眠不足になりやすい。

     寝不足のため、午後についウトウトとする。特に、電車などで眠っている人を見掛けることが多い。眠気というと春眠をイメージするが、夏も油断をしていると寝落ちしてしまう。

    0
    続き

    天野氏は病死ではなかった?

     国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長(72)が急死されたため、IAEAのウィーン本部を訪ね、職員の様子などを取材する予定だったが、別の取材テーマもあって25日になってIAEAを訪問した。ウィーンの国連にはIAEAだけではなく、国連工業開発機関(UNIDO)や国連薬物犯罪事務局(UNODC)などの専門機関が入っているが、IAEAは最大の職員数を抱える花形の国連機関だ。

    1
    続き

    関西空港をよく利用する大学教授が、中国人…

     関西空港をよく利用する大学教授が、中国人旅行者のマナーがこの1年ほどで急速に良くなったと言う。しかし、その理由を聞くと喜んでばかりはいられない。中国では街の至る所に監視カメラが設置され、マナーまで監視されている影響だというのだ。

     AI(人工知能)の顔認識によって人物が特定され、例えば、交通規則を無視して道路を横断すると違反行為が記録される。実際、中国国内では交通マナーが良くなっているという。

    7
    続き

    トランプ大統領の人種差別的ツイートの真の意味

     トランプ大統領が7月14日に行なった四人の民主党女性下院議員に対する人種差別的と思われるツイートが、世界的と言って良いほど問題になっている。しかし、それには重要な裏の真の意味があるのである。

     事の起こりはNYTが7月13日に配信した“Top Ocasio-Cortez Aide Becomes a Symbol of Democratic Division”によれば、その約2週間前に四人の女性議員―最近は“分隊”とも呼ばれているーの指導者的立場にいるアレクサンドラ=オカシオコルテス下院議員の首席補佐官チャクラバティ氏のツイートに遡る。それは民主党主流派が、トランプ大統領の国境警備政策に融和的とも思える法案に賛成したことを批判し、かつての南部民主党が人種差別的だったことと同じであると述べた。このツイートの対象になった議員の中心人物の一人は北米原住民系の女性議員だった。そこでチャクラバティ氏こそ人種差別主義者だというような批判も起こった。

    1
    続き

    トゥアナオの意味は「臭い豆」

     タイにも納豆が存在する。日本だと大体が納豆をご飯に混ぜて食べるが、タイの場合は食べ方はさまざまだ。

     納豆をペースト状につぶして薄くせんべい状に広げて乾燥させたものを、火であぶっておかずにしたり、つぶしてカレーやスープの調味料として使ったりもする。

     また、軽くつぶした納豆に塩やトウガラシで味付けしてゆでたものや、納豆に塩やトウガラシを混ぜて、みそのように熟成させたものもある。

    0
    続き

    中国共産党「DNA情報を集めろ」

     仏教開祖の釈尊が「天上天下唯我独尊」と、一人一人が世界で唯一の価値を有した存在だと諭した。無神論で唯物思想を国是とする中国共産党政権はここにきて海外でDNA(デオキシリボ核酸)を集めているという。もちろん、釈尊の教えに倣って、人間の一人一人の価値を認めたうえでの政策ではない。簡単に言えば、世界の70億人の人間をDNAを通じて管理するという野望が隠されているのだ。

    2
    続き

    【Amazon Go】4店がカミングスーン!1階がレジなしコンビニとなる賃貸マンション?

    ■ネット通販最大手のアマゾンは22日、レジなしコンビニエンスストアのアマゾンゴー(Amazon Go)を3店オープンすることを発表した。

    2か月前からオープン間近となっているサンフランシスコのエンバーカデロセンター店を含めるとキャッシャーレスストアは17店舗となる。

    0
    続き

    芸能界は大略、芸を行う芸能人、芸を発表…

     芸能界は大略、芸を行う芸能人、芸を発表するテレビ局などの場、テレビ局などと芸能人を仲介する芸能事務所の3者で成り立っている。

     芸能界も社会の一部である以上、問題が起きることもある。「圧力」の問題で公正取引委員会から注意を受けたジャニーズ事務所、タレントと反社会的勢力との接点の問題で話題になっている吉本興業のケースなどいろいろだ。

    2
    続き

    免許更新にも潤滑油?

     あるエジプト人女性が、近頃、袖の下を要求する公務員が多くなってきたとのうわさがあるという話をしていた。どこの国にでもある話で、気にも留めていなかった。

    0
    続き

    京都アニメーション火災から見る日本の底力!

     こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

     7月18日、京都府京都市伏見区にある、京都アニメーション第1スタジオが前代未聞の悲惨な爆発テロに見舞われました。これにより34人という多くの有能かつ若いクリエーターが命を失い、その他にも負傷者がでました。世界各国から悲痛と祈りの声が届きました。

    7
    続き

    吉本と医療界 芸人と無給医 もう昔のやりかたじゃどちらも不満を抑えられない

    前々回の記事で期待していた岡本社長の5時間会見。いやはや、火に油を注ぎました。藤原副社長が癒しとかの評価もありましたが、吉本の弁護士の力不足を強く感じましたし、むしろこの組織としての危機管理への対応力の低さが悲しいです。

    そして加藤さん含めた中堅芸人である被雇用者(契約書はないのでこの言葉が正確かどうか?)は荒れています。なんとか全体を抑えようといわゆる「大人の対応」を促す松本さんに対して、この対応こそがブラック、権力側だと解説する記事もあります。そう昔の日本のやり方、まあまあと言いながら落とし所を認めることができない人間が増えているのでしょう。(橋下さんのこんな記事もあります。ほぼ同意です。)

    1
    続き

    ボリス(ジョンソン)で大丈夫か?

     ボリス・ジョンソン氏(55)は24日、エリザベス女王から正式に首相に任命された。ボリス号はいよいよ就航する。英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)では「英国の要求が受け入れられない場合、合意なき離脱も辞さない」という強硬姿勢を表明し、ブリュッセルを脅迫してきた経緯があるだけに、英国の異端児の政治に一抹の不安と懸念の声が絶えない(このコラムでは以下、愛称のボリスで呼ぶ)。

    1
    続き

    “産業のコメ”半導体

     “産業のコメ”は鉄に付けられた別名だった。今は半導体に付けられている。コメを主食にするわが国はそのように呼ぶ。

    0
    続き

    英国の人気スパイ映画「007」シリーズは…

     英国の人気スパイ映画「007」シリーズは「ロシアより愛をこめて」をはじめ1960年代から圧倒的な人気を博してきた。原作者イアン・フレミングは64年に亡くなったが、今もシリーズは続いている。

     主人公ジェームズ・ボンドは英対外情報部(MI6)の工作員。オックスフォード大を出た後、海軍中尉となり、第2次世界大戦で出征。終戦後、情報部の任務に就いた。武術に長(た)け、ウオッカ・ベースのマティーニが大好き。

    0
    続き

    米国防長官にエスパー氏。ヒゲの隊長、出番ですよ!

    世界情勢も日韓関係もややこしくなっているときに、岩屋防衛大臣では国益を損ないます。 領土・国民・統治機構を絶対に死守することが主権国家なのですから、のんびりとしたお花畑思想では見くびられてしまいます。 外務大臣がきっちり仕事をしているとき、コインの裏表である防衛大臣も同調していなければ「日本なに?」って話になってしまいますよ。

    米国も陸軍長官が国防大臣に就任するこの契機に、 日本も陸上自衛隊の佐藤正久外務副大臣を防衛大臣に起用すべきなのではないかと思います。

    3
    続き