■連載一覧
  • 憲法改正 私はこう考える
  • どう見る北の脅威
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 2018/2/15
  • 2018/2/13
  • 2018/1/18
  • 2018/1/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    「江沢民告訴」要求の署名活動拡大

     当コラム欄で先日、スイスの国会議員ら10人が中国の習近平・国家主席宛てに連署の書簡を送り、法輪功の集団弾圧を命令、執行した江沢民元国家主席の刑事責任を追及するよう求めていると報じたが、ウィーン市でも19日、海外に住む法輪功メンバーたちが江沢民元国家主席を告訴要求するデモ集会が行われた。

    0
    続き

    笠子帽

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     笠子帽(カッ)は韓国民族を代表するファッションだ。歴史が古い。(北朝鮮の)平安南道龍岡郡花上里にある7世紀の高句麗古墳、龕神塚の壁画「着笠騎馬人物図」には笠子帽をかぶった武士が弓を射る姿が描かれている。朝鮮時代の笠子帽とそっくりだ。笠子帽は高麗にも引き継がれた。首都・開京(今の開城)を訪れた宋の使臣、徐兢が高麗の風物を伝えた『高麗図経』には、大きな笠子帽をかぶって馬に乗る人が描かれている。その笠子帽は朝鮮500年の象徴物として定着する。平素は黒笠をかぶり、親族に不幸があると白笠をかぶった。戎服(軍服の一種)を着た武官は戦笠(毛皮で作られたつばの狭い笠)と朱笠(王に随行する際の朱塗りの笠)をかぶり、平民はペレンイ(竹で編んだ小さな笠)をかぶった。

    0
    続き

    秋は美味しい果物の豊富な季節だ。モモ、ナシ…

     秋は美味しい果物の豊富な季節だ。モモ、ナシ、ブドウ、クリ。そしてザクロのようなものまでスーパーに並んでいる。中でもナシは夏から秋の終わりまで、さまざまな品種が出回って食卓を彩ってくれる。

     みずみずしく、甘く、しゃりしゃりした歯触りが、たまらなくうまい。その甘さも糖度13とか14とか、数字で表すのが現代だ。8月に「幸水」、9月には「豊水」が収穫され、いま市場に出ている。

    0
    続き

    国連創設70周年と「朝鮮動乱」

     国連は今年10月24日、創設70周年を迎える。世界の平和促進と紛争解決を明記した国連憲章を抱える国連の過去の業績に対して評価は分かれるだろうが、国連は地球レベルの諸問題を協議できる数少ない貴重な外交舞台だ。ただし、193カ国の加盟国から構成された国連では各加盟国がその国益推進のために腐心する舞台ともなる。世界の首脳たちが結集する国連総会は一見、華やかだが、その舞台裏では激しい外交戦が展開されているのだ。

     国連外交で実質的権限を握っている機関は安全保障理事会だ。もう少し厳密にいえば、米英仏露中5カ国の常任理事国だ、常任理事国は拒否権を持っているから、5カ国のうち1国でも反対すれば議題は採択されない。最近では、シリア紛争を見れば分かる。シリアのアサド大統領を支持するロシアが拒否権を行使するため、抜本的な紛争解決案は採択できない、といった具合だ。日本やドイツは、「第2次世界大戦の終戦直後に創設された国連機関は21世紀の現状に合致していない」として国連の抜本的な改革を要求しているわけだ。

    0
    続き

    スシローが沖縄進出

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     回転寿司(ずし)業界で売上高トップのあきんどスシローは10日、浦添市内に県内初となる「スシロー」をオープンした。オープン当初は2時間待ちも当たり前の混雑ぶりで、諦めて帰る客も少なくなかった。これで国内で未進出なのは青森、島根の両県だけになった。

    3
    続き

    文部科学省が文学部など人文社会科学系学部の…

     文部科学省が文学部など人文社会科学系学部の縮小、廃止を要請したり、法科大学院定員の大幅削減が決まったりするなど、このところ大学関係でネガティブな話題が少なくない。その一方で、研究所が設立され、新しく生まれる学部もある。

     特に、防災や復興について調査、研究を行う大学の役割が注目されている。福島大学に「災害復興研究所」が設けられたのは、東日本大震災が起きた2011年。被災地での実態調査や被災生活の課題追求で実績を上げている。

    0
    続き

    露の派兵に手をこまねく米

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】オバマ大統領と外交チームは今回も戸惑いを見せている。ロシアのプーチン大統領はなぜ、兵士と武器をシリアに投入しているのか。ケリー国務長官が3度にわたってラブロフ・ロシア外相に言ったように、事態を悪化させるだけだ。

     ケリー、オバマ両氏は、クレムリンの屈強な男どもの真意を測れず、今回も意表を突かれた。だが、シリアでのプーチン氏の狙いは明らかだ。

    0
    続き

    親御さんたちへ。「道路を横断する時は、…

     親御さんたちへ。「道路を横断する時は、信号が青でも右左の安全を必ず確かめること。信号の点滅が始まったら、無理をせず次の青信号まで待つこと」をお子さんに繰り返し教えて――と。

     高齢者の皆さんには「横断禁止場所の横断は重大事故につながります。遠回りでも横断歩道を渡りましょう」。そして、ドライバーの皆さんは「子供や高齢者、自転車等に対する思いやりのある運転を心掛けましょう」と警視庁は呼び掛ける。

    0
    続き

    北のクリスチャンの「祈り方」

     世界のキリスト信者の迫害状況を発信してきた非政府機関、国際宣教団体「オープン・ドアーズ」は今年、創設60周年を迎えた。それを祝して19日、ウィーン工科大学内で記念イベントが開催された。当方も招待されたので参加した。

    0
    続き

    なぜハンガリーは難民を拒むか

     ハンガリーの国境警備隊が対セルビア国境沿いでフェンスを越えて入ろうとした難民・移民に対し放水する一方、催涙スプレーを使用するなど厳しい対応に出た。このニュースが流れると、欧州諸国や人権グループからハンガリー政府の対応に非難ごうごうとなった。欧州が直面している難民・移民問題ではこれまで静観してきた国連の潘基文事務総長もハンガリー政府の対応を批判。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は17日 、ハンガリーが難民・移民に関する国際法を違反していると異例の批判を発表している。

     ハンガリーは過去、多くの国民が隣国に亡命した難民体験をしている。ハンガリー動乱(1956年)だ。民主化運動が旧ソ連軍の弾圧で挫折し、多くの国民が隣国オーストリアに亡命していった。その数は25万人にもなるといわれた。ハンガリーからの政治亡命者を隣国オーストリアは暖かく迎え入れた。その後、歴史的に繋がりが深い両国はより一層、友好関係を築いてきた経緯がある。

    0
    続き

    買い物難民700万時代

     大手総合スーパー各社が相次いで大規模閉店の方針を打ち出した。需要が見込めない大型店の閉鎖は買い物難民を生む。

     先週「カンブリア宮殿」というテレビ番組で、高齢化社会の買い物難民を救う新ビジネスを紹介していた。

    0
    続き

    参院平和安全法制特別委員会の鴻池祥肇委員長…

     参院平和安全法制特別委員会の鴻池祥肇委員長(自民)は、安全保障関連法の成立を受け「感無量だ。備えあれば憂いなし。日本の将来を安全にしなければいけないし、日本の国柄というか文化や伝統を守っていく一歩だ」と。

     日本が歴史上、一度も侵略されたことのない事実は、国民の生命や財産、そして日本の伝統や文化を守るため、先人が「備えあれば憂いなし」の実践に知恵を尽くした証しでもある。その教訓は、われわれの日常では「火の用心」「まさかの時を考えろ」という言葉に表れている。小さいころ、親に口を酸っぱくして言われた覚えのある人は多いはず。

    0
    続き

    「わが頭上最も青し秋の天」(岩崎偶子)。…

     「わが頭上最も青し秋の天」(岩崎偶子)。昨日の関東地方は久し振りの晴天に恵まれ、青空が頭上をおおっていた。いかにも秋らしい日和で、木々の葉に落ちる優しい光に満ちていた。

     日差しも季節によって印象が違う。夏と冬の日差しは違いが分かりやすいが、春と秋は似ている。しかし、やはり異なっている。

    0
    続き

    厳しい写真も直視しよう 難民幼児の死と軍事パレード

     1枚の写真が、欧州と世界をゆさぶった。

     今月初め、トルコからボートで欧州を目指した3歳のシリア難民、アイランくんの悲しい水死体写真。日本の新聞やテレビは海岸の遺体をズバリ出さなかったが、欧米では出したマスメディアも多く、欧州連合(EU)に大きな衝撃を広げた。

     EUはすぐ、計16万人の難民受け入れ方針を決めた。難民・移民受け入れに消極的になっていた英仏首脳も、「義務と道義的責任」を再確認した。

    0
    続き

    「男は40歳を過ぎたら、自分の顔に責任を持て…

     「男は40歳を過ぎたら、自分の顔に責任を持て」とは米国大統領だったリンカーンの言葉とされる。その伝でいくと、この人はやや武骨な高僧を思わせるしっかりした面構えと言えよう。ただし40歳過ぎのそれではなく、20代30代のころの顔である.

    若くして老成し、病苦と闘う中で、与謝蕪村の再評価や俳句・短歌の近代化、新体詩、随筆、小説、評論など多彩な創作活動で日本の近代文学に大きな足跡を残した35歳の生涯。きょうは正岡子規の忌日「糸瓜忌」「獺祭忌」である.

    0
    続き

    言った者勝ちの割引価格

    地球だより

     妻の携帯電話の調子が悪くなり、家電量販店で新しい電話機を購入した。機種変更の手続きはウェブ上でできるということだったが、高い料金プランに変えない限り、機種変更できないと表示された。妻は携帯をあまり使わないので安いプランのままで十分。困ったなと思いつつ、とりあえずカスタマーセンターに電話してみた。すると、今までと同じ料金プランですんなり機種変更してもらえた。

    0
    続き

    ローマ法王の危険な10日間の「旅」

     ローマ法王フランシスコの米国とキューバ訪問が差し迫ってきた。南米出身の法王にとって、今回の両国訪問は法王就任後10回目の外国訪問だが、「危険な旅だ」という警告の声が米情報機関筋から流れている。

     バチカン法王庁のロンバルディ報道官が15日、記者会見で明らかにしたところによると、フランシスコ法王は19日から22日までキューバ訪問で、聖母マリア巡礼地、エル・コブㇾ(ELCobre)を訪ねるほか、日程はまだ未定だが、フェデル・カストロ氏と会見する予定だ。

    0
    続き

    今回の司法試験問題漏洩事件は、発覚の経緯が…

     今回の司法試験問題漏洩事件は、発覚の経緯が興味深い。採点を担当した考査委員が答案の論文に違和感を覚えた、とのことだった。

     優秀な古美術鑑定家や古美術商が、一瞬で贋作を見抜くのと同様の眼力が働いたようだ。贋作にはある種の「いかがわしさ」があると言われるが、この事件では論文の出来が良過ぎたために疑われた。

    0
    続き

    オペラはヨーロッパで生まれ、発展してきた…

     オペラはヨーロッパで生まれ、発展してきた舞台芸術だ。台詞だけでなく、歌手による歌唱によってドラマが進行していく。作詞家、作曲家らは、それぞれの国の言語や文化を背景に発展させてきた。

     日本でもヨーロッパの名作が上演される一方、日本語による唱法が研究され、創造的な試みが行われてきた。「日本の土壌から生まれるオペラの創造・普及」を願い、1958年に設立されたのが日本オペラ協会。

    0
    続き

    大統領の椅子と家族

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     「妻を私が捨てなければなりませんか。そうすれば大統領の資格があり、そのまま愛すれば大統領の資格がないというのですか」。2002年大統領選挙の与党候補を選ぶ予備選挙に立候補した盧武鉉候補は、(韓国動乱時に労働党幹部として住民虐殺に関与した)義父がアキレス腱として浮上すると感性に訴える言葉で正面突破した。金泳三候補の愛人“カオリ”、金大中候補の“ヨイドの女性”は対立広報チームの攻撃メニューだったが公開されなかった。

    0
    続き

    韓国次官「北の核実験も排除できず」

     韓国の朴槿恵大統領が3日、中国の北京で開催された抗日戦争勝利70周年式典と軍事パレードに出席したことに対して、日本や米国から批判の声が出たことは既に報じられてきたが、朴大統領の70周年式典と軍事パレード参加に不愉快な思いを持ったのは日米両国だけではなく、北朝鮮もかなり神経質となっていた。

    0
    続き

    全国最下位続く沖縄の中学生の学力

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     文部科学省はこのほど、小学6年生と中学3年生を対象に今年4月に実施した全国学力テスト(全国学力・学習状況調査)の結果を発表した。沖縄の小学校は国語A・B、算数A・B、理科の5科目の平均正答率が昨年の24位から20位に上昇した。

    0
    続き

    産業施設の安全を確保するには、…

     産業施設の安全を確保するには、機械装置の質の高さも重要だが、従業員が仕事の意義をよく理解し、高い士気を保っていることが大切だ。

     原子力発電所の安全対策についても同じで、原発本体の規制基準を満たすとともに、職員たちが自分の仕事を誇りに思えるような環境作りが必要だ。例えば、原発施設が地域住民のお荷物と思われ、“異物”のように見られていては、職員の士気は高まるまい。

    0
    続き