■連載一覧
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/11/04
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    高等学校野球連盟の日の丸外しに大激怒!

     高等学校野球連盟の韓国遠征の際の日の丸外しの決定は、戦後の日本の自虐史観があふれ出た決定だと思います。

     日の丸(日章旗)は、日本国の国旗です。国際試合に行く選手たちのいわば制服に日の丸がないとすれば、今回高野連が派遣する野球のチームはどんな性格を持つチームなのでしょう。

    9
    続き

    人はなぜ「孤独」で苦しむのか

     ドイツ週刊誌シュピーゲル最新号(8月24日号)に「ドイツも孤独で苦しむ国民が増えてきている。孤独対策の担当省を設置すれば」という趣旨の小記事が掲載されていた。「孤独対策省」の新設という発想はこれが初めてではない。メイ前英首相は昨年1月18日、孤独担当大臣(Minister for Loneliness)を新設し、スポーツ・市民社会担当のクラウチ国務大臣に兼任させた(現在はミムズ・ディビース会員議員が昨年11月から就任)。

    0
    続き

    45歳定年の悪夢

     1997年冬。その年はいつもの年よりも寒かった。わが国を襲った金融為替危機。税金をつぎ込んでやっと破産を免れた銀行は資金融資を渋った。工場の運転資金まで底をついた多くの企業。倒産の恐怖は伝染病のように広がった。各企業は倒産しないように身もだえした。

    0
    続き

    北アルプスの三俣山荘から伊藤新道を通って…

     北アルプスの三俣山荘から伊藤新道を通って湯俣川を下り、湯俣温泉にテントを張って1泊したことがあった。1971年夏のことで、渓谷沿いの道はひどく荒れていて、その下流の高瀬川に沿った山道は消えていた。

     前年の台風で山の状況が大きく変化していたのだが、それを知らなかったのだ。当時工事中だった高瀬ダムは79年に完成したが、伊藤新道は83年以後使えなくなり、地図からも消えた。

    0
    続き

    大坂なおみ「プレッシャー感じるが、できる限りの力でプレー」

    USオープン前に記者会見

    テニスの全米(US)オープン開幕を3日後に控えた8月23日、女子シングルス連覇へ第1シードで臨む大坂なおみ選手(日清食品)は滞在先でもあるニューヨーク唯一の日系ホテル「ザ・キタノホテル ニューヨーク」で行われた記者会見で大会に向け意気込みを語った。(会見内容は抜粋。大坂選手は全て英語で回答。翻訳:ニューヨークビズ編集部)

    ◇ ◇ ◇

    0
    続き

    旧東独州議会選にみるドイツの現状

     ドイツでは、9月1日にザクセン州とブランデンブルク州で、10月27日にはテュ―リンゲン州と、旧東独の3州で立て続けに州議会選挙が行われる。極右政党「ドイツのための選択肢」(AfD)は3州でいずれもトップ争いに絡んでいる。

    1
    続き

    首脳宣言採択も見送られ、成果の乏しい先進…

     首脳宣言採択も見送られ、成果の乏しい先進7カ国首脳会議(G7サミット)だったが、初参加のジョンソン英首相にとっては国際外交舞台へのデビューとなった。安倍晋三首相との初会談では、欧州連合(EU)からの離脱問題で「円滑な離脱に努力したい」と述べた。しかし、実際のところは「合意なき離脱」も辞さない構えだ。

     離脱後を見越し米国との自由貿易協定(FTA)締結にも乗り出しているという。トランプ米大統領との会談で「英国は羊肉も牛肉もポークパイも米国に売っていない」と語り、市場開放を求める構えを示したが、ここで「ポークパイ」が出てくるところが、この首相らしい。

    0
    続き

    あおり運転が多いワケ

     先日、日本で度が過ぎたあおり運転を繰り返した揚げ句、車から降りて暴行まで加えた男が逮捕されて大きなニュースになったが、韓国でもあおり運転が全国で多発し社会問題になっている。こちらでは主に「報復運転」と呼ばれ、方向指示器を出さずに車線変更してきた車がすぐ前に割り込んできたり、相手に進路妨害されたと感じたときにドライバーがカッとなってその車を追い抜いてわざと急ブレーキをかけたり、逆に進路妨害するというパターンが多い。

    0
    続き

    初の民間ティルトローター機、米FAAの認証取得へ ヘリと飛行機の長所兼備

    (CNN) ヘリコプターのように空中で静止する一方、飛行機のように高速で遠くまで飛行する――。その名はティルトローター機。軍では既に長年にわたる運用実績がある。

    そんなティルトローター機としては史上初めて民間用の量産モデルが認証を取得する見通しとなっている。用途は救急救命や捜索救助活動、会社役員の移動などだ。

    1
    続き

    ロボットをいかに基督信徒にするか

     バチカン日刊紙オッセルヴァトーレ・ロマーノが25日報じたところによると、バチカン市国にある薬局で数日前からロボットが勤務している。仕事の内容は、薬の自動管理と在庫整理などだ。ロボットは薬局内のスペースを節約し、毎年行われる在庫整理が不必要になった、と歓迎する声が聞かれるという。

    1
    続き

    文氏側近の不正疑惑深まる

     去る23日、韓国は日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を正式通告したが、翌24日には、北朝鮮がミサイル2発を試射。先月25日以来7回目だが、韓米合同軍事演習の終了(20日)後の発射は協定破棄で揺れる日韓の間隙を突く形となった。

     そのような中、文在寅政権は25日、竹島(独島)防衛などを想定した軍事訓練を同日開始したと発表した。

    8
    続き

    香港デモは中国共産党崩壊の狼煙

    ■終わらぬ香港デモ

     香港デモは2カ月を超えた。5年前の雨傘運動とは異なり、今回は沈静化どころかデモが拡大している。香港警察はデモ隊だけを攻撃するのではなく、民間人や医療関係者まで攻撃。この怒りがデモに参加しなかった民間人まで拡大している。

    ■拡大の原因

    11
    続き

    今どきのお墓事情

     遠くの墓地を墓じまいし、住まいの近くに新たに墓を持つ人が増えている。今、首都圏は空前の墓ブームである。わが家の近くの永代供養墓の霊園チラシには、樹木葬墓など「お一人様」「ご家族お二人様」に向けた多様なプランが並んでいる。一昔前には考えられないほど簡素化している。

     立地の良さに惹(ひ)かれ、お盆休みに霊園の担当者に話を聞いてみた。格安で管理費不要、合同・合祀(ごうし)の永代供養墓が今は一番ニーズが高いという。箱根の立派な墓地を畳んで、簡素な永代供養墓に移る人など、経済力に関係なく子や孫に面倒を掛けたくないというのがあるようだ。

    3
    続き

    さすがにここまでやるとは思わなかった――…

     さすがにここまでやるとは思わなかった――というのが正直なところだ。日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を決定した韓国の文在寅政権である。

     協定破棄は中国やロシア、北朝鮮に付け込むスキを与えることになる。米国のポンペオ国務長官は「強烈な失望」を表明したが、極めて異例の事態と言えよう。日韓が軍事情報を共有できなければ抑止力の低下にもつながり、韓国は自分の首を絞めることにもなりかねない。事ここに至って韓国内でも賛否が真っ二つに割れている。

    2
    続き

    不買運動は反日である 左翼が反安倍に変えた

    最近日本のメディアで目立つのは韓国の不買運動などの反日運動が反日ではなく反安倍であるという報道である。

    「最初は『反日本』だったけれど、先週末くらいから『反安倍』が増えたというのである。しかし、慰安婦問題、徴用工問題の運動、そして不買運動の主張内容は同じである。変わっていない。同じ内容の運動が「反日」から「反安倍」に変わるのはおかしい。 「韓国人は日本人を好き」 だから反日ではなく反安倍だというのである。  しかし、不買運動は日本の製品を買わないという運動だから反日運動以外のなにものでもない。。安倍政権が日本製品を売ってはいないのだ。だから、不買運動は反安倍ではなく反日である。

    1
    続き

    英国離脱後「英語」がEUを支配

     オーストリア代表紙プレッセは24日1面で欧州連合(EU)での英語の地位について詳細なレポートを掲載していた。結論を先に言うと、英国が10月末にEUから離脱(ブレグジット)した後、英国の母国語・英語はEU機関、欧州議会などでその地位を拡大するという話だ。逆ではない。

    1
    続き

    萩生田発言に怒る二階氏

     例外はある。往生際が悪いのもいる。会社によっても異なるに違いない。だが、実権を揮(ふる)っていた社長から会長になる、勲章をもらう話が出たら、そろそろ経営の「第一線」からお引き取りいただきたいというサインなのだそうである。

    0
    続き

    大手玩具メーカーのバンダイが今夏、小中学生…

     大手玩具メーカーのバンダイが今夏、小中学生の子供を持つ親900人に子供の防災対策に関して尋ねた結果を、来月1日の防災の日を前に発表した。その中で、災害が起きた時の集合場所や連絡手段について子供としっかり話し合えている家庭は、わずか5・9%しかなかった。

     約7割の家庭が何らかの対策をしていたが、その一方で災害時について子供と話し合っているかどうかについては「全く話し合ったことはない」が23・2%、「あまり話し合えていない」が57・9%と多数を占めた。

    1
    続き

    国会議員や高級官僚、大学教授等の子女はなぜ東大に入れるのか

     もともと長州閥で高級官僚を独占しようとしてできた学制です。 現在の日本の学制も、新しい時代に向けた抜本的な改革が必要であると思います。

     実はこのことを教わったのは、まだ20代の初め頃のことで、聞いたときはすこしショックでしたし、そうではなくて本人の持って生まれた能力や努力の結果なのであって、そんなバカな!と、ものすごく否定的な思いでいましたし、だからどうだということも思いませんでした。

    4
    続き

    極右派と環境保護活動家の「共通点」

     このコラム欄で「人は希望より不安によって動かされる」という趣旨の記事を書いた。欧州では2015年秋、100万人を超える難民が中東・北アフリカから殺到し、その対応で欧州諸国は混乱を呈した。難民が主にイスラム教徒だったこともあって、カルチャーショック状況となる一方、イスラム過激派テロ事件への恐怖が高まっていった。

    0
    続き

    中国が香港抗議デモで宣伝工作

     中国共産党が最近、香港の民主派による抗議デモに関して好意的な報道をしないよう国営メディアに命じる内部文書を出していたことが明らかになった。米国へ亡命申請をしている中国人実業家、郭文貴氏が運営するサイト「郭媒体(グオ・メディア)」が公表した。

     文書は6月12日付で、共産党の国家安全委員会が出したもの。安全委は国内の治安強化を統括する機関で、習近平国家主席がトップを務める。

    2
    続き

    「朝顔のしづかにひらく折目かな」(片岡…

     「朝顔のしづかにひらく折目かな」(片岡片々子)。蒸し暑い日々が続くが、早朝は少し涼を感じることができる。朝に花開くアサガオは、その青や赤の色彩で涼しさを感じさせてくれる。

     夏の風物詩といえばいろいろあるが、花ではアサガオを外すことはできない。家の庭にアサガオが植えられ、添え木をはい上るように巻き付いている光景がよく見られた。だが最近は、その姿を見る機会が少ない。

    0
    続き

    自由主義陣営の孤児になりかねない韓国政府にどう向き合うべきか

    韓国政府は、どうやらトランプ大統領からも金正恩委員長からも無視され始めたようである。

    こういう状態をシカトする、と言うのだろうが、韓国の存在感がドンドン小さくなっているのは確かだろう。 アメリカの政府高官は深く失望した、などと言っているようだが、トランプ大統領は依然として口を噤んだままである。 北朝鮮は、またまた飛翔体発射に踏み切ったようだから、北朝鮮が韓国に対して何の遠慮もしていないことがよく分かる。

    0
    続き