■連載一覧
  • 憲法改正 私はこう考える
  • どう見る北の脅威
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 2018/2/15
  • 2018/2/13
  • 2018/1/18
  • 2018/1/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    沖縄の健康長寿は昔の話?

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     厚生労働省が13日に発表した2015年の都道府県別平均寿命で、5年前の前回調査で3位だった沖縄女性は7位に、同26位だった沖縄男性は36位に、それぞれ後退した。

     詳しくデータを見ると、沖縄は肺と肝臓の疾患が全国ワーストで、喫煙や飲酒が原因になっていることは明確である。

    1
    続き

    日本海のわが国の排他的経済水域(EEZ)で…

     日本海のわが国の排他的経済水域(EEZ)で違法操業する北朝鮮の漁船に対し、海上保安庁の巡視船が放水して追い出している映像が公開されている。日本海のほぼ中央部にある巨大な浅瀬「大和堆」の付近という。大和堆は一番浅い所で水深236㍍。スルメイカなどの好漁場だ。

     北朝鮮の違法操業問題をきっかけに、大和堆という名前を知った人も多いのではないか。「日本海溝」であれば知っていても、普通の日本人で海底の地名まで知る人は少ないだろう。

    0
    続き

    ユダヤ人のイスラエル移住

     欧州最大規模のユダヤ人とアラブ人の両コミュニティーを抱えるフランスに緊張が走っている。トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と正式に認定したからだ。

    2
    続き

    極右政党の“暴走”対策はこれだ!

     オーストリアで18日午前11時(現地時間)、ウィ―ンの大統領府で中道右派政党「国民党」と極右政党「自由党」からなる新連立政権の宣誓式が行われ、クルツ新政権が正式に発足した。11年前、両党の連立政権が発足した時、自由党の政権参加に反対するデモ集会が行われ、新政権の閣僚たちは宣誓式が行われる大統領府まで地下道を通って行かなければならなかったが、今回も抗議集会こそ行われたが、規模的には小さく、大きな衝突はなかった(ウィーン市警察によると、デモ参加総数約5000人)。

    1
    続き

    「僕は信じる」と妻を守った太川陽介の男前会見、果たして本音は?

     おしどり夫婦として知られる太川陽介さんと藤吉久美子さんの夫婦に、不倫疑惑が浮かび上がりました。不倫をしたと疑いをかけられたのは妻の久美子さん。大阪・朝日放送のプロデューサーとW不倫をしたことが週刊文春で報じられ、先日、久美子さんと夫の太川さんがそれぞれ記者会見を行いました。涙ながらに不倫を否定する久美子さんに反して、明るい表情で妻の久美子さんを「信じる」と話す太川さん。太川さんの男気のある記者会見に“神対応”と称賛の声が上がっています。

    太川陽介さんの神対応に絶賛の声

    3
    続き

    指導者で子供は変わる

     NHKBS1のドキュメンタリー「奇跡のレッスン」をよく見る。「世界の一流指導者が子どもたちに1週間のレッスンを行い、技術だけでなく心の変化まで呼び起こす」と、番組ホームページは説明する。端的に言えば、指導者によって子供は劇的に変わることを教える番組だ。

     最近見たのは、ラグビーの元日本代表コーチ、エディー・ジョーンズさんが高校生を指導する企画。指導期間は5日間と、いつもより短かったが、最終日に行った格上の大学生チームとの試合で勝ってしまった。ジョーンズさんは、褒める場合も叱咤(しった)する時も言葉が的確。生徒たちは納得してそれを受け入れるから進歩が格段に早い。練習も自ら考えながら、能動的に取り組むようになった。まさに「奇跡のレッスン」である。

    1
    続き

    理化学研究所の今井猛チームが匂いの安定した識別について…

     理化学研究所の今井猛チームが匂いの安定した識別について、匂いを嗅ぐ意思、意図(動物ならば本能)を持った主体的な行為(働き掛け)が決定的に影響することを突き止めたことを取り上げた昨日の小欄。

     「機械にはない人間や生物の卓越した能力の根拠が今回、科学によって示された素晴らしい発見だ」と高く評価した。そこで思い出したのは、10年以上前の話になるが、知り合いの老夫婦が入居した都心部の超高層高級マンション、いわゆる“億ション”での出来事である。

    0
    続き

    他国の大統領ながら文在寅を見ていると哀れでならない。

     韓国の文在寅大統領を見ていると他国の大統領ながら哀れでなりません。

     北朝鮮に秋波を送り続けているにもかかわらず無視され、平和的な話し合いをと呼び掛けているにもかかわらずお構いなしにミサイル実験を繰り返され、人道的食糧支援を実施して西側の国々から猛反発を食らっていたところに、今回の訪中でした。

    7
    続き

    【アマゾン】クリスマスイブ注文も送料無料で当日深夜に届く!プライム会員数が頭打ち?

    ■ネット通販最大手のアマゾンは13日、送料無料の当日宅配サービス「プライムナウ(Prime Now)」の対象エリアを増やし、クリスマス直前注文の対応を拡大したことを発表した。プライムナウは、年会費99ドルのプライム会員が利用できるスピード宅配サービス。

     日用品から食品、家電品までプライムナウ対象商品(注文金額35ドル以上)なら送料無料で注文から最短2時間で届く(1時間宅配は有料)。アマゾンはプライムナウの対象エリアを以前発表していた5,000ヵ所から、8,000以上の市や町に拡大した。プライムナウ利用では、12月24日の午後9時までに注文すれば多くの場所で当日に届くとしている。またアマゾンはリアル書店の「アマゾン・ブックス(Amazon Books)」をニューヨークやロサンゼルスなど13店を展開している。アマゾン・ブックスでは、人気の書籍からエコーやファイアタブレットなどのアマゾン製品をクリスマスイブの閉店時間(午後5時もしくは午後6時)まで購入可能としている。

    3
    続き

    新政権「イスラム北上を阻止せよ」

     オーストリアで18日、中道右派「国民党」と極右政党「自由党」から成る新連立政権が正式に発足する。同日午前、大統領府でバン・デア・べレン大統領のもと新閣僚たちが宣誓式をした後、新政権はスタートする。

    2
    続き

    迫るバイオテロの危機

     連日、北朝鮮籍と思われる木造船に関するニュースの中で、軍事評論家や専門家(識者)がコメントしている。

     一方、11月30日の参議院予算委員会で、自民党の青山繁晴議員が「北朝鮮の木造船が次々に漂着している。異様だ。北朝鮮は兵器化された天然痘ウイルスを持っている。もし、上陸者ないし侵入者が、天然痘ウイルスを持ち込んだ場合、ワクチンを投与しないと無限というほど広がっていく」と問題提起した上で、バイオテロにつながりかねないとの認識を示した。

    4
    続き

    「世の中には20万種類以上の香り物質があり…

     「世の中には20万種類以上の香り物質があり、これらの物質を組み合わせることで別の香りを作り出すのが『調香師』と呼ばれる人たち。地味だが専門職で、その『香水』が当たれば一攫千金も可能だという」。

     ベストセラー作家、内田康夫氏の作品『幻香』の一節だ。「香」は香水の香り。華やかな香水産業の裏側、熾烈(しれつ)な開発競争の暗部に迫り、お馴染(なじ)みの浅見光彦探偵が活躍するミステリーだ。

    1
    続き

    最年少首相と極右党の新連立発足

     オーストリアで国民議会(下院、定数183)選挙後、連立交渉を続けてきた中道右派「国民党」のセバスチャン・クルツ党首と極右政党「自由党」のハインツ・クリスティアン・シュトラーヒェ党首は15日、「連立交渉は成功裏に終わった」と述べ、連立政権の発足で合意したことを明らかにした。

    2
    続き

    「有り難い」ことの必然と偶然

     30代の前半、米国の神学校でキリスト教を学びながら、考えたことがある。

     「神を信じる信仰者と、神を信じないという無神論者と、根本的に違うところがあるとすれば、それは何だろう?」

    3
    続き

    「かなしみのあとの寒さに耐へにけり」(濱井…

     「かなしみのあとの寒さに耐へにけり」(濱井武之助)。今年も残り少なくなってきた。日々、冬の寒さが増してくるのを実感する。日中は暖かいこともあるが、朝は冷えた空気が床や布団から伝わり、心地よい眠りから急に目覚めさせられることもしばしば。

     年末は「師走」という漢字に表されているように、どこか慌ただしい感じがする。「年の終わり」ということを実感するのは、仕事納めや御用納め、そして大掃除の後、何もしないでぼんやりと過ごしている時かもしれない。

    1
    続き

    【アマゾン】トレジャー・トラックがサイバーマンデーで大人気オモチャを定価販売!?

     ■昨年のハッチマルズのように、今年の年末商戦でも大人気で手に入りにくい状態となっているオモチャがある。15センチほどのフィンガーモンキー・ロボット「フィンガーリング(Fingerlings)」だ。日本で「小っちゃな手のりモンキー ハグミン」の商品名で販売されているフィンガーリングの製造元は、カナダの玩具メーカーのワォウィー。5歳~15歳を対象にしたフィンガーリングはハッチマルズのように、2009年のズーズーペット騒動を思い起こさせるほど、子供からせがまれるオモチャになっているのだ。

    2
    続き

    南京事件について書く。朝日新聞の罪編

     南京事件がユネスコの記憶遺産に登録されましたが、その登録された内容が見れないということはどういうことでしょうか。記憶遺産のはずですが、その記憶がたどれないというのは、人間でいえば痴ほう症でしょう。

     つまりユネスコはその痴ほう症にかかっているのです。そんな機関は正すか、やめるかをしなければならない時期ではないでしょうか。

    6
    続き

    文在寅大統領の第1の敵国は日本?

     13日から始まった韓国の文在寅大統領の中国訪問は大統領府の狙いとは違った展開で終わったのではないか。就任後初の訪中で大きな成果を期待する声もあった。文大統領は14日、北京人民大会堂で習近平国家主席と首脳会談を行った。事前に予想されていたことだが、その直後の記者会見も共同声明もなく終わった。文大統領は16日、北京大学で前日演説した後、地方を視察し、帰途に就いた。

    19
    続き

    核戦力の増強進めるロシア

     米国防総省当局者によると、ロシアは核戦力の増強を積極的に進め、2026年までに、新型の低出力、超低出力弾頭を含む8000発の核弾頭を配備する。出力の小さな弾頭は、兵器条約の制限をかわすためであり、紛争の早い段階で核を使用するというロシアの新ドクトリンを反映したものだ。  ロシアは核弾頭の増強に加え、核戦争時の指揮・管制のための地下施設の強化も進めているという。

    3
    続き

    東京都千代田区の国立劇場小劇場で年4回…

     東京都千代田区の国立劇場小劇場で年4回行われる文楽公演の今年最後のプログラム「ひらかな盛衰記」を聞いてきた。「源平盛衰記」を分かりやすくしたものだが、「実はこうだった」ふうの大胆な解釈を行っている。

     主人公は、木曾義仲の四天王の一人、樋口次郎兼光。「源平盛衰記」では、義仲討ち死に後、投降し処刑されたと記されている。ところが「ひらかな」では、大津の船宿の船頭になり、敵討ちの機会を狙っているという設定である。

    2
    続き

    米軍機落下物

     13日、小学校の校庭に米軍普天間飛行場から離陸して上空を飛行中の米軍大型ヘリコプターCH53Eから窓枠が落下した。私は前日も書いたが、どこのどなた様であろうが日本の空から物を落としてはならない。米軍であろうと民間航空であろうと、許せない。唐突ながら、金正恩が日本の空に落とすことがあっては絶対に許せません。もし惨事になったら、犠牲者は”死に損”ではありませんか。それで、沖縄県は米軍に沖縄県内の全米軍機の緊急総点検と安全が確認されるまでの飛行中止を求めた。

     総点検や安全確認とありますが、まず原因究明だと私は思う。何事も原因が分かれば解決は早いのではありませんか。なんで軍用機の窓枠が外れたんですか?有事の際にこんなことやってたのでは戦にならないのではありませんか?日本の防衛にとっても危うい。

    3
    続き

    日比関係に水差す慰安婦像

     このほどマニラ市にフィリピン初の慰安婦像が設置された。事前に話題にもなっておらず、まさに青天霹靂(へきれき)といった感じだ。8日に行われた除幕式の様子を報じているのは、ほとんどが中国系メディアで地元メディアではほとんど話題になっていない。

    6
    続き

    世界中「あなたの会話は聞かれている」―中国が音声監視技術開発に成功

     2017年12月5日、中国淅江省烏鎮で開催された第4回世界インターネット大会が閉幕しました。中国政府は「『開放的』『共有的』なインターネットを構築しよう!」というスローガンをアピールしながら、今回のテーマは「インターネット主権」と「ネット監視の強化」です。

     分かりやすいように説明してみると、

    19
    続き