■連載一覧
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/11/04
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    労働新聞が「電子タバコ有害」報道

     韓国聯合ニュースは28日、北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」が27日付で「世界的に懸念されている電子タバコ」という題の記事を掲載し、「電子タバコは一般のタバコと同様有害だ」と警告した、と伝えた。

    1
    続き

    「虫聞くや音符にとつてみたくなる」(猪子…

     「虫聞くや音符にとつてみたくなる」(猪子生牙)。そろそろ秋の虫の声の時期だと思って、帰宅時間に街路樹や家の塀などの暗がりで耳を澄ませてみるが、細々とした声が聞こえてくるばかり。

     まだ本格的な秋ではないこともあるだろうが、少しばかり寂しい思いもする。といっても、秋の虫の声がしてもどの虫が鳴いているのか分からないので、セミのように聞き分けられないのだが。

    0
    続き

    極右指導者の政治生命

     ハインツ=クリスティアン・シュトラーヒェ氏(50)の政治生命に終わりが近づいてきたのかもしれない。オーストリアの極右党「自由党」党首を14年間務め、欧州の代表的極右指導者として暴れまわってきたが、イビザ島スキャンダル事件がメディアに報道されて以来、ボクシングのサンドバッグのように叩かれ続けてきた。そしてウィーン検察当局は26日、同氏を党資金の不正使用という背任容疑で起訴したのだ。有罪判決となれば、最高3年の禁固刑だ。野党指導者として政権を揺さぶり、クルツ連立政権に参加した後は副首相として活動してきたが、同氏を取り巻く状況は次第に厳しくなってきている。

    0
    続き

    さて、この状況で憲法改正論議に拍車が掛かるだろうか

    前途多難だな、という思いが強くなった。

    憲法審査会を開くのは当然だが、一旦憲法論議を始めるととめどもなく様々な憲法問題が浮上してきそうな予感がしている。

    決して集団的自衛権や憲法9条の問題に限らない。

    小泉進次郎氏の関係で言えば環境権問題が登場するだろうし、萩生田氏の関係で言えば思想信条の自由や表現の自由と検閲問題や公権力の関わり方が問題になりそうである。

    1
    続き

    食欲の秋である。テレビのグルメ番組や旅番組…

     食欲の秋である。テレビのグルメ番組や旅番組で、ゲストやアナウンサーが食べるシーンはいまや当たり前となった。そして必ず「おいしい」とか「柔らか~い」など感想を一言二言述べる。

     しかし大体は月並みな言葉で、おいしさは伝わってこない。無理して言っているように聞こえる時もある。

    2
    続き

    商標“浸透”で日本企業が悲鳴

     日本企業が現地紙に掲載した、商標に関する広告が注目を集めている。

     広告を掲載したのはコピー機大手の富士ゼロックス社。「ゼロックス」という商標がフィリピンで、コピー全般を示す言葉として使用されていることを問題視し、そのような言葉の使い方の中止を求める内容となっている。

    2
    続き

    韓国の不買運動と察することの大切さ

     「察する文化」では、察した側、つまり人の上に立つ側に責任の全部が生じます。「結果で評価する文化」では、下の者が全責任を負います。果たして、民衆にとって、あるいは人類にとってと言っても良いのですが、果たしてどちらが幸せといえるのでしょうか。

    4
    続き

    「債務超過」で破産危機に陥る米教会

     バチカン・ニュース独語電子版が24日、報じたところによると、ローマ・カトリック米教会のニューヨーク州8司教区の中で、聖職者の性的虐待で犠牲者に支払う賠償金の工面に追われ、債務超過状況に陥る司教区が出てきた。賠償金総額が教会側の総資産を超えた状況で、遅かれ早かれ破産手続きに強いられるという。教会司教区が破産するという前代未聞の状況が生まれてきたのだ。

    1
    続き

    テレビで女性アナウンサーが「××に目が…

     テレビで女性アナウンサーが「××に目が離せません」と発言したことがある。普通「目が離せない」は、赤ちゃんや幼児などについて言われる。「常に注意していないといけない」という文脈で使われることが多い。頼りないもの、弱い者に関して用いられるのが普通だ。国語辞典にもそう書かれている。が、その時のテーマはれっきとした企業だったから、子供であるはずもない。

     「目を離したスキに……」という言い方もある。その場合「よくないことが起こった」と続くことが多い。「だから目を離してはいけない」という流れだ。

    2
    続き

    特別な車両のマナー

     先日、家族4人で、ニューヨークから首都ワシントンまで長距離列車アムトラックに乗った時のことだった。乗車後間もなくチケットのチェックにやって来た乗務員は、生後5カ月だった筆者の娘を見つつ、「泣き声を出さないようにくれぐれも気を付けて」と言ってきた。

     そう言われても泣くときは泣くのだけれどと、その若い黒人女性のきっぱりとした言い方に戸惑いを感じたが、なるべく泣き声を出さないように努めた。

    0
    続き

    私がどうして原子力発電を推すのかを説明します。

     サウジアラビアで世界の原油生産量の5%、日本への輸出量の15%を生産する油田がドローン攻撃によって、爆発炎上しました。これによって原油価格は一時は急騰したのですが、冷静な対処により、今はやや高めで落ち着いています。

     しかし、ここでホルムズ海峡等で異変が起こったら、もう原油の高騰は歯止めがかからないでしょう。原油と天然ガスはほぼ同じところで産出されるため、日本への輸入が止まるか、または価格の高騰につながります。

    9
    続き

    フロイトは「魂」の考古学者だった

     「夢」は昔、未来を占う手段だった。夢を解釈する預言者が現れ、王はその夢を自身が信じる神の声と受け取って重視した。ヤコブの子ヨセフが他の兄弟に疎まれエジプトに売られて行った。さてエジプトの王パロは夢を見たが、誰もその夢を解き明かす者がいなかった。給仕役が夢を解き明かすヨセフを思い出して、パロに伝える。ヨセフはパロが見た夢を解き、エジプトの地に7年間の大豊作の後、7年間の飢饉が襲来すると告げ、穀物を飢饉のために蓄えるべきだと進言した。ヨセフの夢解釈はその通りになったので、パロはヨセフを総理大臣にした話は旧約聖書「創世記」第41章に記述されている。「夢」は久しく未来を告げるものと受け取られていた。

    0
    続き

    曺国“一兵”救出作戦

     ヘウムという村の納屋で火事が起こった。炎が他に燃え広がることを防ぐために、人々が納屋に駆け寄った。しかし、火の手を鎮めるために必要な装備もなく、井戸の水を引き上げるホースもなかった。その時、政治家が現れて叫んだ。「今、われわれがすべきことは急いで新しい藁(わら)を持ってきて、火元を覆うことだ。そうすれば、火の手が新しい藁に遮られて荒れ狂うことはないはずだ」。

    3
    続き

    FBI ビザ不正取得関与の中国団体代表逮捕

     米連邦捜査局(FBI)は今月中旬、米国でハイテク技術専門家らをリクルートし、技術を違法に入手するための中国政府の計画に関与したとして、中国国際人材交流協会ニューヨーク事務所(CAIEP-NY)首席代表の柳忠三容疑者(57)を逮捕した。専門家らは、中国による技術窃取の「新たな事例」と警鐘を鳴らしている。

    7
    続き

    米国カリフォルニア州にあるヨセミテ国立…

     米国カリフォルニア州にあるヨセミテ国立公園は大自然の宝庫で、ユネスコの世界遺産の一つ。観光客が向かうのはヨセミテ渓谷で、白い花崗(かこう)岩の岩壁、巨大な滝、大小の川、巨木の林で魅了する。

     絶壁エル・キャピタンはクライミングの聖地で、ここでフリークライミングの技術が発達し洗練されてきた。高さ975㍍の壁だが、難所の連続で、過去に単独でロープなしで登り切った人はいない。

    0
    続き

    国連機関トップが転職を希望する時

     国連の知人から、「彼は国際原子力機関(IAEA)の事務局長選に出馬するらしい」と初めて聞いた時、正直言って驚いたが、同時に「トップが転職を願っていると聞いた部下の職員たちはどのように感じるだろうか」と思った。

    0
    続き

    連休の一日、久しぶりに東京の歌舞伎座へ…

     連休の一日、久しぶりに東京の歌舞伎座へ足を運んだ。昼の部の最初の演目が「極付(きわめつき)幡随(ばんずい)長兵衛(ちょうべえ)」。松本幸四郎が幡随院長兵衛を演じた。NHKの録画で中村吉右衛門演じる長兵衛を観(み)て以来、気になっていた。

     長兵衛は侠客(きょうかく)の元祖とも言われる実在の人物。町奴(まちやっこ)の頭領として名を売った長兵衛は、旗本奴の頭領、水野十郎左衛門に呼び出されて殺害される。

    1
    続き

    下ネタ芸で優勝どぶろっくに批判と称賛の嵐で炎上

     9月21日、コント芸日本一を決める「キングオブコント2019」の決勝戦が行われ、TBSで放送されました。決勝に残った10組で芸を競い合い、審査員の点数によって得点が多かった上位3組が2本目のコントを披露して、総合得点が一番高い組みが優勝となる流れでした。

     審査員は、ダウンタウンの松本人志さん、バナナマン、さまぁ~ずのコンビの計5人。ファイナリスト10組の中から優勝を勝ち取ったのは、どぶろっくのコンビでした。歌を歌いながら同じ下ネタを連呼するというもので、ネット上では批判殺到して炎上。しかし、称賛の声も多数で、賛否入り乱れている状況です。

    21
    続き

    定着脱北者は写し鏡

     3万人を超えた韓国定着の脱北者たちの人生は、いつ見聞きしても世知辛いものがある。最近の話としては、人知れずソウルの賃貸マンションで餓死しているのが発見された40代の母親と5歳の息子のケースが韓国社会に衝撃を与えている。

    0
    続き

    ドイツで「台湾と国交を」の署名活動

     海外中国メディア「大紀元」が20日で報じたところによると、今年5月、ドイツの国民が台湾との国交締結を請願する要望書をドイツ連邦議会に提出したという。今月18日時点で1万人を超える国民が署名した。署名数が来月9日までに5万人を超えれば、連邦議会は審議に入らなければならない。

    4
    続き

    即位礼正殿の儀はなぜ10月22日なのか

    10月22日に「即位礼正殿の儀」が執り行われます。 これは天皇が自らの即位を国の内外に宣明する儀式です。 そしてこの日は、今年限定の祝日となります。

    あるお世話になっている方から、 「即位礼正殿の儀がなぜ10月22日なのか」 というご質問をいただきました。

    6
    続き

    人民解放軍は張子の虎

    ■世界が受けた打撃

     サウジアラビア石油施設が9月14日に攻撃を受けた。ドローンと巡航ミサイル25発の攻撃で、サウジアラビアに日量570万バレル相当の被害を与えた。世界であれば1日5%の消費量になる。

     中国にはウイグルに世界最大規模油田があるのだが、アメリカは石油輸出の拡大に動き、中国は輸入に依存する対照的な動きを見せる。石油施設攻撃は世界に打撃を与え、その国の状況を明らかにした。

    7
    続き

    川崎の買い物難民

     10月から、市内の大型スーパーが全面出資し、念願の買い物バスが運行されることになった。と言っても、人口減の山間部の自治体の話ではない。2030年まで人口増が続く、政令指定都市の居住区(神奈川県川崎市)の話である。

     先日、区の外れにある地区の自治会長さんに呼ばれ、健康と終活の啓蒙(けいもう)活動に伺った際、そこで初めて買い物バスの話を聞いた。同じ区内でも駅からちょっと外れると、買い物難民問題が静かに進行していることに正直驚いた。

    1
    続き