■連載一覧
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    手術という大きなストレス後のうつ 仕事を休むことは治療で悪いことではありません

    名倉さんがうつのためおやすみになるそうです。 (ネプチューン名倉、昨年の手術の影響でうつ病発症を公表 リハビリのため2か月間休養へ)

    以前岡村さんもお休みになりましたが、芸能界のうつ患者そこそこいます。やはり大変なんですね。

    >昨年6月に受けた頸椎(けいつい)椎間板ヘルニアの手術の侵襲によるストレスが影響し、うつ病を発症

    0
    続き

    政権交代時の機密情報の処理問題

     オーストリアでは来月29日、国民議会(定数183)の前倒しの総選挙が実施されるが、同国の2大政党、中道右派「国民党」と中道左派「社会民主党」の間でメディアを巻き込んだ前哨戦が始まっているのだ。両党間の舌戦のテーマは、政権交代時の連邦首相府の機密情報の処理問題だ。

    0
    続き

    左翼が主導する不買運動が拡大 もっともっと拡大を

     韓国の日本製品不買運動は広がっている。聯合ニュースは消費者が自発的始めたと書いているがそうではない。嘘だ。不買運動は反日左翼が始めたし、左翼が全力で取り組んでいるから拡大しているのである。

     不買運動集会の写真を見れば彼らが一般市民ではないことが分かる。これは左翼が主導する集会である。辺野古の左翼集会と同じである。

    4
    続き

    自然科学の世界では、遺伝子の性質が現れ…

     自然科学の世界では、遺伝子の性質が現れやすいものを「優性」、現れにくいものを「劣性」とこれまで呼んできた。日本学術会議は、高校生物の教育現場で「優性」を「顕性」、「劣性」を「潜性」と言い換えることを提言した。

     この言い換えはもともと、日本遺伝学会が17年の用語改訂で行ったものだ。「優性」「劣性」は優劣を意味するとの誤解を招き、別の呼び方が必要だと判断したためだ。

    1
    続き

    子供がレモネードで職業体験

     夏になると自宅前などでレモネードを入れたコップを並べ、通り掛かった人に販売する子供たちを見掛ける。お小遣い稼ぎや寄付をするために子供たちが行う米国に古くからある風習だ。

     子供たちはこの「レモネードスタンド」でお金を稼ぐ苦労や喜びを体験するとともに、社会性や自立心を養う機会となる。それ故、勤勉と努力によって成功を勝ち取るアメリカンドリームのシンボルと言われている。

    0
    続き

    【ウォルマート】新学期商戦もアプリで便利なショッピング!期間限定シーズナル機能?

    ■アメリカでは9月から新学期。アメリカ小売業にとって807億ドル(約8.8兆円)の市場規模となる新学期商戦(バック・ツー・スクール:Back to School)はクリスマス商戦に次ぐ繁忙期となる。大手チェーンストアの中には早いところで7月4日の独立記念日前に新学期商戦のディスプレイが完了するところもあるほどだ。

    0
    続き

    父親の育児休暇

     1434年、(朝鮮王朝の第4代王)世宗16年4月26日。世宗は「女の僕(婢)が子供を産めば、その夫も30日後に役所の職務を行うようにしなさい」と刑曹判書(法相に相当)に指示した(朝鮮王朝実録64巻)。臨月だったり産後100日にならない婢を働かせないように命令したものの、夫は休暇が与えられず産母を世話できなかったので、フォローアップする措置を施したのだ。婢に出産休暇100日、男の僕には一種の“育児休暇”30日を与えたわけだ。実録に婢子で役人の妻に対するものと記録されており、下層民たちに適用されたものと見られるが、時代を先駆けた慧眼が読み取れる。

    0
    続き

    模範難民「A」に何があったのか?

     独ヘッセン州のフランクフルト中央駅構内で29日、1人の男が高速列車(ICE)がホームに入って来る直前、電車を待っていた母親と子供を突然後ろから突き落とした。母親は脇に逃れて助かったが、8歳の男の子は轢かれて即死した。容疑者はスイスに13年間住んでいたアフリカのエリトリア出身の難民、Habte A(40)だ。

    0
    続き

    維新は、特定枠の廃止と参議院議員定数削減の先頭に立ってみては如何?

    本気で日本の統治機構改革に取り組んでくれる政党は、維新だろうと思っている。 政権与党の自公は、基本的に既得権者の擁護に回らざるを得ないだろうから、よほどのことがない限り自ら改革の先頭に立つことはないはずである。

    大阪維新が大阪府と大阪市で実現した改革のマインドを「維新」(日本維新の会)が正しく承継していくのであれば、日本の統治機構改革を推進する保守の政党は維新以外にない、ということになる。

    1
    続き

    かつて米国を旅行した時、ワシントンDCの…

     かつて米国を旅行した時、ワシントンDCの地下鉄の駅で、路上演奏者に出会ったことがある。人々が行き交うざわついた場所で、黒人男性がフルートでバッハのソロ・ソナタを演奏していた。

     立ち止まって聴いていると、名演奏と言えるほどではないが自然体で、難しいパッセージも力技でこなしていた。楽器は彼の人生と共にあったのだろうと思い、その個性的な響きが旅の印象として残った。

    0
    続き

    夏の怪談

    五百年ほど前のことです。 九州の熊本の菊池家の侍臣に、磯貝平太左衞門武連(たけつら)と云う人がいました。 代々武勇にすぐれた家柄で、生れながらに弓馬の道に精通した猛者で、その力量は非凡、子供の頃にすでに剣道、弓術、槍術の腕前で師匠を超え、長じては永享年間(1429〜1441)の乱で武功をあらわして、たびたび誉(ほまれ)に授(さず)かっています。

    ところが主家の菊池家が滅亡してしまいます。 磯貝平太左衞門はほかの大名に仕官(しかん)する道もあったのですが、前の主人に心が残っていたこともあるし、どうしても自分のために立身を求めようという気になれません。 結局彼は浮世(うきよ)を捨てて剃髪して僧になりました。 そして名を囘龍(かいりゅう)とあらためて、諸国行脚に出かけたのです。

    0
    続き

    警察の“お粗末”な捜査に国民が怒り

     ルーマニア南部カラカルで2人の女性が殺害されるという事件が発生したが、警察側の捜査があまりにもお粗末であったことが判明し、それに抗議するデモが27日、首都ブカレストであった。

    0
    続き

    関東地方でも梅雨が明けたが、外出する時も…

     関東地方でも梅雨が明けたが、外出する時もスマートフォンを手放さない子供たちの夏休みの時間の過ごし方が気になるところである。

     暑ければ熱中症に気を付けねばならず、外で遊ぶにも注意がいる。エアコンの効いた部屋の中でゲームに熱中する、ということにならなければいいのだが。

    1
    続き

    晩鐘の音にもクレーム

     フランス西部ブルターニュ地方にある人口3000人足らずの町、マルティニ・ファエルショには、数キロ先からも見える立派なカトリック教会の聖堂が立っている。ブルターニュといえば、フランスで最もカトリック信仰が強い地方だ。

     フランスでは聖堂が町の中心に位置し、鐘楼の鐘の音が郊外に広がる田園にまで響き渡る。夕暮れに農作業を終えた夫婦が鐘の音を聞きながら祈るミレーの「晩鐘」が思い起こされる。

    1
    続き

    【アマゾン・ブックス】最新店は電子棚札も!ロッカー併設リアル書店でみた問題点は?

    ■アマゾンは今年3月、コロラド州デンバー近郊のチェリーク・リーク地区にアマゾンのリアル書店「アマゾン・ブックス(Amazon Books)」をオープンした。19店目となるアマゾン・ブックスは4.000平方フィート(約110坪)。

    アマゾン・ブックスは実は昨年にオープンした一部の店舗から従来のアマゾンブックスとは異なる展開を行っている。

    0
    続き

    文大統領は休暇を取るべきだ

     「韓国大統領府は28日、文在寅大統領が29日から8月2日まで予定していた夏季休暇を取りやめたと発表した。  具体的理由は明らかにしていないが、日本政府が8月2日にも、優遇措置を適用する『ホワイト国』から韓国を除外する政令改正を閣議決定する見通しとなる中、対応を準備するなど懸案に取り組むためとみられている」

    2
    続き

    「心の終活」恐るべし

     40年ぶりに相続法が改正されたこともあって、終活講座が大盛況である。先日、行政書士の知人に講師をお願いし、地元の公共施設で「心の終活」講座を開いたら、主宰者の予想を超え、大入り満員だった。参加者は50代から最高齢は90歳。「10年前、夫を亡くし、今は独り暮らしです」と言う来場者も。

     講義の後、フリートーキングで真っ先に手を挙げたのは最高齢の老婦人。「空き家になった実家の土地に他人様が勝手に家を建て、20年以上住み続けている、どうしたらいいか」。認知症の家族の介護をしている70代男性は「延命治療はしたくないが、本人の意思確認が取れなくても、大丈夫なのか」――等々。

    3
    続き

    東京・東池袋で87歳男性が運転する車が暴走…

     東京・東池袋で87歳男性が運転する車が暴走して、若い母親と幼い娘が死亡、10人が重軽傷を負った4月の悲惨な事故は記憶に新しい。一瞬の事故で妻と愛児を失った遺族の男性は、深い悲しみのどん底に突き落とされたようであろう。家族で過ごした平凡な日常を奪われ、一変させられたのだ。

     この事故の不条理な印象が強かったせいもあろう。今年上半期(1~6月)の全国の交通事故の死者数が1418人で、記録が残る1956年以降で最も少ない、と聞いても違和感を拭えない。

    0
    続き

    世界は香港デモを見捨てる

    ■長期化する香港デモ

     香港市民は民主化を求めており、中国本土に飲み込まれることを拒んでいる。中国共産党は2047年まで「一国二制度」を約束したが、現実は日々中国共産党の支配が進んでいる。そんな時に香港で、犯罪者を中国本土に引き渡す条例がデモの引き金になった。

    8
    続き

    サンダース陣営で労組の反乱

    アメリカ保守論壇 M・ティーセン

     バーニー・サンダース上院議員は今年に入って、大統領選挙戦の自らの陣営に歴史上初めて、労働組合を取り入れたと自慢気に発表した。そして、労働組合の反乱に遭う歴史上初めての大統領候補になった。

    1
    続き

    れいわ新選組の二人の国会議員は国民から選ばれたのか?

     敢えてタブーに切り込みます。

     身体障碍者のことはなかなか言いにくいのが今の世ですが、れいわ新選組の新国会議員の木村英子氏の記者会見を聞いていてとても違和感をいだきました。

     私は小学校のころ両足まひの友人がいて一緒によく遊びました。両足マヒと言っても足を固定するギブスをすると自足歩行が可能だし、小学校低学年のころなので、思いやり何て言う気持ちはなかったので、M君と普通に遊んでいました。

    40
    続き

    人はなぜ「憂鬱」となるのか

     大谷、豪快15号、ソロ同点、という見出しの記事がヤフーのニュース記事の中に大きく報じられていた。エンゼルスの大谷翔平選手にとって後半戦初のホームランだ。海外に住む日本人の活躍は嬉しい。イチローや野茂投手の時も確かそうだった。

    0
    続き

    左翼がはびこる文政権に安倍政権がバズーカ砲

    毎日新聞が「日本製品不買、週末ロウソク集会呼び掛け 自制求める声も 韓国・ソウル」の記事をネットに掲載した。韓国市民の集会のイメージを与えているが韓国の市民ではなく韓国左翼の集会である。記事を読むと集会ではロウソクを手に「経済報復を糾弾する」だけでなく「元徴用工問題で謝罪しろ」と元徴用工問題での安倍首相の謝罪も要求した。

    集会のスローガンは「歴史歪曲、経済侵略、平和脅威、安倍糾弾」である。主催団体は今後、8月3日、10日の土曜日と、植民地支配から解放された15日の光復節にロウソク集会を予定している。

    3
    続き