«
»

アメリカ保守論壇 C・クラウトハマー rss

政府の説明は作り話

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

 信じがたいことに、連邦捜査局(FBI)のコミー長官が、2016年7月にしたことが原因で17年5月に解任された。その理由は、ロッド・ローゼンスタイン司法副長官が作成した覚書の中で説明されている。

5
続き

依然危ういトランプ大統領

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

 私の反トランプの友人はほぼ全員が、安心したと言っている。もっと状況が悪くなることもあり得た。友人らはもっと悪くなるだろうと思っていた。不安はまだ消えてはいない。しかし、国際秩序は保たれている。国は依然立っている。「民衆の敵」はまだ誰も逮捕されていない。

4
続き

失速するポピュリズム

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

 これまで、ポピュリストが反旗を翻して西側を席巻し、体制を根底から揺さぶっていると言われてきた。欧州連合(EU)でも、西側諸国の同盟でもそうであり、自由民主主義そのものが脅威にさらされている。

 しかし、フランス大統領選の第1回投票が終わった今、ポピュリストの波は最高潮に達したものの、すぐに弱まるという見方が支配的だ。

6
続き

北朝鮮の危機回避へ中国が関与

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

 北朝鮮をめぐる危機は作り上げられたもののように見えるが、そうではない。

6
続き

判事指名めぐる戦い、ゴーサッチ氏の指名承認へ

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

 あいまいな物言い、隠蔽(いんぺい)、露骨なごまかし、最高裁判事指名承認、議事進行妨害をめぐる共和党内のどたばたほど面白いものはない。議事進行妨害に反対であれ、支持であれ、これは、両党ともすでによく分かっていることだ。両党はこの問題について、熱意と確信をもって議論するが、候補者のイデオロギーによって、どちらを支持するかを臆面もなく変えてきた。

4
続き

開かれた国民皆保険への道

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

 オバマケアの廃止、見直しはまだ死んではいない。宣言されたが、それは、今のところ大統領が手を引き、下院共和党が意見の違いを埋められないという段階にある。

 だが、このどちらも、いつまでも続くものではない。共和党内の各派間に考え方の違いはある。しかし、この行き詰まりを生んだ原因は、手順であることを見逃してはいけない。手順は容易に変えられる。

5
続き