■連載一覧
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 迷走する北非核化
  • 2019/1/23
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/12/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • ウィーン発コンフィデンシャル rss

    バチカンのレター・ゲート事件

     ローマ・カトリック教会総本山バチカン法王庁広報事務局のダリオ・ビガノ長官(55)が21日、引責辞任した。以下、イタリアのメディアで“レター・ゲート事件”と呼ばれている不祥事を読者に報告する。

    1
    続き

    ロボット車の初の人身事故発生

     米アリゾナ州でのテンピ市で18日夜(現地時間)、1人の女性(49)が車道に飛び出したところ自動操縦車(ロボット車)に跳ねられ、運び込まれた病院で死去した。女性はこれまで明らかになったロボット車による最初の犠牲者と受け取られている。米紙ニューヨークタイムズらが大きく報じた。

    0
    続き

    “パリパリ”でノーベル賞受賞は無理!

     韓国民族の民族性を適切に表した言葉に「パリパリ(早く早く)」という韓国語がある。パリパリが効果をもたらすこともあるが、そうでない場合も少なくない。ましてや、ノーベル平和賞を受賞しようとパリパリしても無理があるばかりか、相手側から反発を買うことにもなる。

    1
    続き

    プーチン氏の次の夢は終身制導入?

     ロシア大統領選にはサプライズがないことは大方のメディアは知っていた。8人の候補者が擁立されていたが、ロシアの大統領選が民主的に実施されているというアリバイ工作(複数候補者)のようなもので、それ以上でも以下でもない。プーチン氏の選挙ポスター用の顔写真が候補者の中で唯一の反クレムリンの女性司会者クセーニア・ソプチャク氏(36)の傍にあったのもクレムリン側の細かい配慮が伺えるというものだ。プーチン氏に取って唯一心配事は投票率だっただろう。低投票率は国民の反プーチン票と受け取られるからだ(投票率約67%)。

    0
    続き

    世界的神学者キュング氏90歳に

    ペテロの後継者、ローマ・カトリック教会最高指導者ローマ法王の「不可謬説」を否定したためバチカン法王庁から聖職を剥奪された世界的神学者ハンス・キュング氏は19日で90歳(卒寿)を迎えた。最近は健康状況が良くないこともあって、誕生日は家族や知人たちと身内で祝い、4月21、22日、公けの場で「90歳祝賀会」やシンポジウムをチュービンゲンで開催する予定という。

    1
    続き

    北朝鮮の地政学的価値について

     南北首脳会談と米朝首脳会談の2つのビッグ会談の開催まで時間があるので、北朝鮮の地政学的、戦略的価値について少し考えてみた。地政学的、戦略的価値といえば、何か仰々しい感じがする。北のセールスポイントと言い換えれば分かりやすいかもしれない。

    3
    続き

    スロバキア政界とマフィアの癒着

     このコラム欄で「ブラチスラバのジャーナリスト殺人事件の調査が進み、事件の背景が明らかになれば、スロバキア政界が大揺れになる可能性が予想される」と書いたが、事態はその通りに進行してきた。

     スロバキアで著名なジャーナリストが婚約者の女性と共に自宅で銃殺された殺人事件はブラチスラバの中央政界を直撃し、ロベルト・フィツォ首相は15日、引責の形で辞任に追い込まれてしまった。

    0
    続き

    米朝首脳会談前の「金正恩氏の憂欝」

     南北首脳会談は容易に乗り越える自信があったが、その直後に控えている米朝首脳会談を考えると、金正恩氏は次第に憂欝になってきた。文在寅大統領との会談で非核化問題が扱われたとしても、それ以上発展する可能性はないし、非核化に消極的に対応したとしても会談が幕を閉じればそれで終わりだ。

    8
    続き

    ドイツで171日ぶり大連立政権発足

     ドイツで第4次メルケル政権が14日、正式に発足した。ベルリンの独連邦議会(定数709議席)は同日、与党「キリスト教民主・社会同盟」(CDU/CSU)と第2党「社会民主党」(SPD)が擁立したメルケルCDU党首を賛成多数で首相に再選した。これを受け、メルケル首相は即、大統領府でシュタインマイヤー大統領から正式に任命証を受けて第4次メルケル政権をスタートさせた。昨年9月24日の連邦議会選後、171日ぶりの新政権誕生だ。新政権(任期4年)はメルケル首相(CDU)、オラーフ・ショルツ副首相兼財務相(SPD)を含む16閣僚(CDU/CSUから10閣僚、SPDから6閣僚)から構成されている。

    4
    続き

    北朝鮮とデュアル・ユース品目

     米朝首脳会談の開催地候補にウィ―ンの名前がなかったからいうのではないが、有力な開催地として名前を挙げられているスイスの工業製品が2012年に発射された北朝鮮のロケット「銀河3号」に使用されていたことが明らかになった。スイス企業が北のロケット開発の手助けをしていた、という不都合な事実は、歴史的な米朝首脳会談の開催に意欲を示すスイス外務省の誘致活動に暗雲を投げかけている。

    3
    続き

    歴史的な米朝首脳会談はどこで?

     トランプ米大統領が北朝鮮の金正恩労働党委員長の要請を受け、5月までに米朝首脳会談を開催することに合意して以来、歴史上初の米朝首脳会談がどこで開催されるかが大きな関心を呼んでいる。

    2
    続き

    金正恩氏とトランプ氏は似ている

     トランプ米大統領は5月にも北朝鮮の金正恩労働党委員長と会談する意向を表明し、注目されている。平昌冬季五輪大会前まで互いに相手を「老いぼれ」とか、「チビデブ」「ロケットマン」といって一国の最高指導者らしくない誹謗中傷合戦を展開させてきたが、ここにきて両指導者は「出来るだけ早急に会いたい」と相互にエールを送る間柄に激変してしまった。米朝間で何が起きたのか。結論からいえば、まだ何も起きていない。

    2
    続き

    「北情報の90%はフェイクだ」

     スカンジナビア文学界の巨峰、スウェーデンの作家ヨハン・アウグスト・ストリンドベリ(1849~1912年)は「自分は神を探しに出かけたが、出会ったのは悪魔だけだった」と皮肉を込めて語ったが、われわれは事実を知ろうとサーチすると、フェイク・ニュースに出会う時代に生きているのかもしれない。

    2
    続き

    バチカンは過去5年で変わったか

     アルゼンチンのブエノスアイレス大司教だったホルへ・マリオ・ベルゴリオ枢機卿がペテロの後継者、第266代の法王に選出されて今月13日で丸5年目を迎える。

    1
    続き

    北の体制の安全保障はあり得ない

     韓国政府は6日、訪朝した韓国特使団(団長・鄭義溶大統領府国家安保室長)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との間で合意した内容を発表した。6項目に渡る合意内容を読んで、少々驚かされた。

     北朝鮮が非核化の前提として「北朝鮮の軍事的脅威が解消され、北の体制の安全が保障される場合、核を保有する理由がない」と明言したという条項だ。韓国政府は北が非核化の意思があることを初めて明言したとして高く評価している箇所だが、まったく見当違いではないだろうか。

    2
    続き

    世界に浸透する中国の“赤いカネ”

     海外中国メディア「大紀元」に中国の海外進出に対して警告を発する記事が掲載されている。俗にいう“中国マネー”問題だ。特にアフリカはその“赤いカネ”が大量に振りまかれ、「アフリカは第2の中国」という言葉すら聞かれるほどだというのだ。

     当方はスーダン出身の友人がいるが、彼を通じて数年前から中国企業のスーダン市場進出について聞いてきたが、「とうとうそこまで来たのか」という思いがした。

    5
    続き

    文大統領の南北首脳会談前の心構え

     ソウルからの情報によると、南北首脳会談が4月末に板門店で開催されることになったという。韓国の文在寅大統領が派遣した特使団(団長・鄭義溶大統領府国家安保室長)が5日、平壌を訪問し、金正恩朝鮮労働党委員長と4時間を超える長時間の会談をし、南北首脳会談を早急に実現させることでトントンと話が進んだという。

     金正恩氏が韓国の特使団と直接会談し、夕食を共にしたことは初めてだ。金正恩氏にとってもどのような理由があるにせよ、南北首脳会談を早く実現させたい意向の表れと受け取られている。平昌冬季五輪大会後、全てはベルトコンベアー式に、南北首脳会談がセッテイングされたわけだ。

    0
    続き

    スイス国民はちょっと違う

     スイスで4日、スイス公営放送の受信料廃止(ノー・ビラグ)を問う国民投票が実施された。ベルンからの情報によると、「ノー・ビラグ」反対が71・6%を獲得し、受信料廃止の国民発案(イニシアチブ)は否決された。国民投票前は反対と賛成が拮抗するか、ノー・ビラグが勝利するか、と予想されていたが、結果ははっきりしていた。スイス国民は今後も受信料を払うことを承認したわけだ。投票率54・11%。

    0
    続き

    独政界、長いトンネルを抜ける

     欧州はここ数日寒波に襲われ、交通網が絶たれ、外地から隔離された地域さえ出ているが、ドイツの政界はようやく長いトンネルを抜けた。昨年9月24日の独連邦議会選後、新政権が誕生できずに5カ月以上(161日)が経過したが、メルケル独首相が率いる与党「キリスト教民主、社会同盟」(CDU/CSU)と野党第一党「社会民主党」(SPD)との大連立政権(第4次メルケル政権)が発足に向けて大きく前進した。

    1
    続き

    独外相、中国の「一帯一路」を批判

     ジグマ―ル・ガブリエル独外相は先月17日、独南部バイエルン州のミュンヘンで開催された安全保障会議(MSC)で中国の習近平国家主席が推進する「一帯一路」(One Belt, One Road,一帯一路)構想に言及し、「民主主義、自由の精神とは一致しない。西側諸国はそれに代わる選択肢を構築する必要がある」と述べた。

    4
    続き

    国連の北支援計画が制裁の抜け道に

     シリアのアサド政権は反政府武装勢力に対して再び化学兵器を使用したことが明らかになった。シリア政府軍は先月、東グータで化学兵器を使用、多数の子供たちや非武装の市民たちが窒息死したり、呼吸困難に陥った。そのシリアに北朝鮮は化学兵器製造に関連する機材や物質を密かに支援してきたというニュースを国連安全保障理事会で対北制裁決議の履行状況を監視する制裁委員会関係者が先月末、明らかにした。

    1
    続き

    スロバキア「ジャーナリスト殺人事件」

     オーストリアの隣国スロバキアで先月25日、著名なジャーナリストが婚約者の女性(Martina Kusnirova)と共に自宅で銃殺されているのが発見された。犠牲者は政治家や実業家の腐敗や脱税問題を調査報道することで国内で良く知られていたヤン・クツィアクさん(27)だ。警察のティボア・ガスパール(Tibor Gaspar)長官は26日、事件はクツィアクさんの取材活動と密接な関係があるとの見方を明らかにした。

    1
    続き

    メルケル氏の「党(CDU)への処方箋」

     ドイツ政界の行方は今週末には明らかになる予定だ。野党第1党社会民主党(SPD)がメルケル首相の与党「キリスト教民主・社会同盟」(CDU/CSU)と大連立を発足させるか否かを問う党員投票の結果が出るからだ。

     それに先立ち、CDUは26日、第30回党大会をベルリンで開催し、SPDとの大連立交渉の合意内容を賛成多数で承認した。反対は27人に過ぎなかった。

    1
    続き