■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • ウィーン発コンフィデンシャル rss

    「嘘」を言ってごらん

     最近は米Foxの心理サスペンス番組「Lie to me」(邦題「ライ・トゥ・ミー」嘘は真実を語る)を見ている。人間の表情、仕草を観察し、そこからその人が何を考えているかを分析する精神行動分析学者カル・ライトマン(ティム・ロス主演)の話だ。

    0
    続き

    日本は中国の「本当の友」となれるか

     困った時、支援してくれたり、助けてくれた友こそ「本当の友」という。その一方、うまくいっている時には問題ないが、何か困難なことや不祥事が生じた時になると、サッと去っていく友も少なくない。人生で「本当の友」を探し出すことは決して容易ではない。

    5
    続き

    米独情報機関の「ルビコン作戦」とは

     アルプスの小国スイスは欧州でも独自の中立主義を掲げ、直接民主主義を実施、欧州連合(EU)や北大西洋条約機構(NATO)には所属せず、世界から政治・宗教で迫害されてきた難民を積極的に受け入れてきた国として有名だ。スイス国民は自国の国是を誇り、豊かな生活環境を享受してきた。そのスイス国民は今、頭を抱えている。スイス公共ニュース配信サービス「スイスインフォ」(SWI)は12日、「スパイ疑惑、永世中立国スイスに激震」という見出しの記事を配信した。米中央情報局(CIA)と独連邦情報局(BND)が1970年、スイスのツーク州にある暗号機製造メーカー「クリプト社」(CRYPTO)をリヒテンシュタインの財団を隠れ蓑にして買収し、その情報活動のツールに利用してきたことが明らかになったからだ。

    0
    続き

    新型肺炎は‟ラボ・イベント”から

     米紙ワシントン・タイムズのビル・ガーツ記者が中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスの発生源が同市から30キロ離れたところにある「中国科学院・武漢病毒研究所」の可能性があると報じて以来、世界のウイルス専門家が新型コロナウイルスを検証してきたが、海外中国メディア「大紀元」は13日、欧州に住む中国人ウイルス専門家、董宇紅氏の見解を紹介し、新型コロナウイルスがこれまでのコロナウイルスとは違うゲノン配列をし、自然界にない人工的痕跡があること、その感染力が非常に強いことなどから、「ラボ・イベント」(人為的にウイルスを改造する実験室)で人工的に作り出された可能性があると報じている。

    6
    続き

    高速電波バーストは神のメッセージ?

     日本語で「高速電波バースト」と呼ばれる Fast radio burst(FRB)をご存じだろう。深宇宙に由来する電波閃光だ。その起源、位置は不明だが、エリアン(地球外知的生命体)の存在と関連してメディアでも時たま報道されるから、ご存じの読者もおられると思う。

    9
    続き

    新型肺炎「不可視で正体不明の敵」

     中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスは11日現在、1100人以上が亡くなり、4万人以上の感染者が出ている。過去の重症急性呼吸器症候群(SARS)より、死者数、患者数で既に上回っている。オックスフォード大学元熱帯医学教授、現在はイギリスに本拠地を持つ医学研究支援等を目的とする公益信託団体「ウェルカム・トラスト」のジェレミー・ファ―ラー所長は独週刊誌シュピーゲルとのインタビューの中で、「新型肺炎に不必要に怯え、不安に陥るべきではない」と指摘し、冷静に対応するように呼び掛けている。

    6
    続き

    新型肺炎で「不安は助けにならない」

     独週刊誌シュピーゲル最新号(2月8日号)は、オックスフォード大学元熱帯医学教授、現在はイギリスに本拠地を持つ医学研究支援等を目的とする公益信託団体「ウェルカム・トラスト」のジェレミー・ファ―ラー所長(Jeremy Farrar)に、中国武漢で発生した新型コロナウイルスへの対応と問題点について緊急インタビューしている。非常に教えられる内容だから、同インタビューの概要を以下紹介する。

    0
    続き

    欧州で広がる「アジア人フォビア」

     アルプスの小国オーストリアではこれまでのところ中国発の新型コロナウイルスの感染確認者は出ていない。中国武漢在中のオーストリア人が9日、6人帰国し、即監視施設に2週間、隔離された。その前にはフランスのチャーター機で7人が帰国済みだ。

    0
    続き

    ドイツ政界をパニックにした「亡霊」

     ドイツの旧東独テュ―リンゲン州で5日、州首相選が実施され、3回目の投票で第6党の自由民主党(FDP)の候補者が首相に選出された時、首相に選出されたケンメリヒ氏だけではなく、他の政党の議員たちも唖然とした。ニヤニヤしながら他の政党の議員たちが驚く姿を見ていたのは、同州第2党の極右政党「ドイツのための選択肢」(AfD)の議員たちだった。

    0
    続き

    潜伏期間が過ぎる「8日以後」要注意

     中国武漢で発生した新型コロナウイルス問題をフォローしていると、いろいろと勉強になる。一つはコロナウイルスに感染した場合、それが発病するまで一定の時間、医学用語では「潜伏期間」があることだ。日常会話では余り使用しない言葉だが、新型肺炎問題に関する記事には頻繁に出てくる。もちろん、初めて聞いた言葉ではないが、新型コロナウイルス報道で出てくる「潜伏期間」という表現にはとても意味深いものを感じるのだ。

    4
    続き

    ジョージ・クルー二―と2人の教皇

     ローマ・カトリック教会の総本山バチカン法王庁は高齢者の集まりだ。それも男性で溢れている。ただし、バチカンにもちょっと変わった聖職者がいる。欧米メディアから“バチカンのジョージ・クルーニー”、ないしは“ヒュー・グラント”と呼ばれ、多数のファンクラブがある、ちょっと渋い2枚目の聖職者だ。その聖職者が現在、バチカン内の保守派と改革派の激しい権力闘争の狭間にあって対応に苦慮している。ドイツ出身のゲオルグ・ゲンスヴァイン大司教の話だ。

    1
    続き

    独極右党が初のキングメーカーに

     ドイツの旧東独テュ―リンゲン州議会で5日、第2党の極右政党「ドイツのための選択肢」(AfD)と第3党「キリスト教民主同盟」(CDU)の支持を受けた同州議会第6党の「自由民主党」(FDP)のトーマス・ケンメリヒ氏(55)が州首相に選出されるという想定外の結果となり、大きな波紋を呼んでいる。

    0
    続き

    武漢肺炎対策で「台湾排除」は犯罪だ

     台湾の約2400万人の国民の人権が蹂躙されている。台湾では中国本土から戻った国民に武漢発の新型コロナウイルスの感染者が出ているが、世界保健機関(WHO)や国際民間航空機関(ICAO)は台湾への情報提供を拒否するばかりか、ICAOの台湾排除に対する抗議のツイッターアカウントをブロックしていることが判明し、「国連専門機関として相応しくない対応だ」といった批判の声が高まっている。

    9
    続き

    武漢肺炎で見る中国共産党の「詭弁」

     最初は、駐イスラエルのダイ・ユミン中国代理大使(Dai Yuming)がテルアビブで記者会見を開き、そこで新型コロナウイルスの拡大防止という理由で中国人の入国制限、追放が展開されている状況に不満を表明し、「(中国人追放は)世界第2次大戦時の最悪の出来事、ユダヤ人大量虐殺ホロコーストを想起させる」と発言したと伝えた記事だ。

    7
    続き

    アラブでパレスチナへの関心薄れる

     中東のアラブ・イスラム諸国では過去、意見の対立があったとしてもパレスチナ人問題になると結束してきた。イスラエルに自国領土を奪われ、中東全域に散らばったパレスチナ人難民に対し同情し、経済支援を惜しまなかった。彼らにとって、イスラエルは最大の敵国だったからだ。それがトランプ大統領がホワイトハウスに就任して以来、パレスチナ人問題のプライオリティが低くなってきたのだ。

    1
    続き

    WIPOトップに中国人は不適格だ

     スイス・ジュネーブに本部を置く世界知的所有権機関(WIPO、加盟国192カ国)は今年3月5日、6日、フランシス・ガリ現事務局長の後任を選出する。オーストラリア出身のガリ事務局長は2008年10月、第4代事務局長に就任して今年で2期目、12年の任期が終わる。

    2
    続き

    武漢肺炎報道で露呈した北の「実力」

     北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は29日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止を「国家の存亡に関する重大な政治的問題とみなし、政治事業を強化すべきだ」と強調した。それに先立ち、北朝鮮は中国人観光客の入国を禁止し、中国経由で入国する全外国人に対しては1カ月間の隔離と医療観察措置の義務化を決めるなど、新型ウイルスの流入阻止に総力を挙げている。

    3
    続き

    韓国の「不買運動」はウクライナ式で?

     韓国の中央日報(日本語版)は29日、「不買運動の余波」という見出しで、日本の有名なチョコレートメーカー「ロイズコンフェンス」が韓国での営業を停止し、閉鎖するというニュースを報じた。

    3
    続き

    「悲しみ」は連帯と優しさが生れる時

     独週刊誌シュピーゲル電子版(28日)を開いてチェックしていると、一つの見出しが目に入った。曰く「分裂した国、共有する悲しみ」(Gespaltenes Land gemeisame Trauer)だ。米プロバスケットボールン協会(NBA)の元スーパーヒーロー、コービー・ブライアント氏(41)が搭乗していたヘリコプターが墜落し、ブライアント氏とその娘さん(13歳)を含む9人が亡くなったことを報じる記事だ。

    1
    続き

    金正恩氏、出自コンプレックス克服?

     北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)が配信した写真を見た。平壌で旧正月を祝う記念公演が開かれ、その場に金正恩朝鮮労働党委員長、その妻・李雪主夫人、そして叔母の金敬姫(元労働党書記)さんらが参加しているところを撮った写真だ。

    2
    続き

    「スーパーマン」の原作者はユダヤ人

     スーパーマン(Superman)を知らない人はいないだろう。「空を見ろ、鳥だ、飛行機だ、いや、スーパーマンだ」というセリフをワクワクしながら見たり聞いたりした人も多いのではないか。少なくとも、当方はスーパーマンをテレビで視て心を躍らした一人だ。そのスーパーマンの原作者ジェリー・シーゲル(Jerry Siegel)が亡くなって28日で24年目を迎える。

    4
    続き

    民間航空での無人機の安全対策急げ

     米軍が今月3日、イラクのバグダッドでイラン革命部隊「コッズ部隊」のカセム・ソレイマニ司令官を無人機(ドローン)で殺害した事件は米イラン間の紛争をエスカレートさせたばかりか、中東全域を震撼させている。米軍は今後も軍用無人機を利用した戦闘を一層積極的に実施していくと見られている。

    0
    続き

    プーチン氏「習近平主席の道を行く」

     ロシアのプーチン大統領は15日、年次教書演説の中で同国憲法を改正する意向を表明したばかりだが、20日にはその改正案が連邦議会(下院)に提出され、国家院(下院)で23日、プーチン氏が提出した改正案の第1読会が始まり、出席した432人の議員全員が大統領の憲法改正の意向を支持した。第2読会は2月11日に開催予定だ。なんと超スピードの憲法改正プロセスだろうか。

    5
    続き