«
»

ウィーン発コンフィデンシャル rss

中国の「不法臓器取引」を許すな!

 正直言って、少し驚いたが、この場合はいい意味でだ。オーストリア議会人権委員会で先月23日、中国の不法な臓器移植取引問題がテーマに上がったというニュースを聞いたからだ。

108
続き

「麻酔」から覚めた金正恩氏の言動

 生きているが、意識のない状況といえば、グッスリと熟睡している時かもしれないし、手術を受けるために麻酔状態にある時かもしれない。

 当方はこれまで10回余り、麻酔を受けたが、無事目を覚まし今もコラムをせっせと書いている。麻酔状態の時は全く記憶がない。看護師が近づいて麻酔用の呼吸器を口元に持ってきた時まではかすかに覚えているが、その後は完全に記憶が途絶える。何時間後、集中治療室で目を覚ますとベッドにいて、しばらくすると看護師がニコニコしながら「どうですか」と声をかけてくる。

108
続き

「白人イエス」像は白人支配の象徴?

 2000年前のイエスの肌は白色だったか、褐色だったか、それとも黒色だったか。救世主イエスの肌の色はどのような意味合いがあったか。もう少し哲学的に表現すれば、「イエスのアイデンティティは肌の色とどのような関りがあったか」だ。

105
続き

なぜ「黒人薬局」の店名ではダメ?

 音楽の都ウィーンの由緒ある薬局「黒人薬局」(Mohren Apotheke)の名前が人種差別の響きがあるとして改名を求められているという。「Mohr」は古ドイツ語で「肌の黒い人間」を意味する。すなわち、黒人だ。その黒人という呼称をつけた薬局は黒人を中傷し、人種差別を助長させるというのだ。

102
続き

独の2人の女性指導者の出番だ!

 欧州連合(EU)はここ数年、想定外の出来事に次々と直面してきた。米国、中国に次ぐ第3の核として世界の政治、外交に大きな影響を与える計画だったが、その夢の実現に前進するどころか、EUの存続すら疑われる事態に陥っている。

99
続き

新型コロナの感染時期で新たな発見

 現代のシャーロックホームズはもはや虫眼鏡を持参して事件現場を捜査することはなく、都会の下水路を散策し、そこから採集した下水のサンプルから新型コロナウィルスのリボ核酸を見つけ、新型コロナが中国側の公式発表である「昨年12月末」前にイタリアでウイルスが広がっていた事実を突き止めた。

98
続き

コロナ禍でのビデオ会議の「明暗」

 新型コロナウイルスの感染問題でダメージを受けた欧州経済の再建を話し合う欧州連合(EU)首脳会談は予想されたことだが合意に至らず、19日閉幕した。

 同首脳会談はフォンデアライエン委員長が提案した7500億ユーロ規模(約90兆円)の復興基金について27カ国の首脳が話し合うものだが、新型コロナ時代では通常となったビデオ会議で行われた。決まったことは来月中旬に開催する次期首脳会談で合意を図る、ということだけだ。

87
続き

ブランド「Made in China」の試練

 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染拡大で大きなダメージを受けた欧州では、中国企業の欧州市場への進出に厳しい目を注ぎだしてきた。

 欧州の最初の感染地となったイタリア北部ロンバルディアでは、中国企業の進出が新型コロナ感染の下地となったという声が聞かれる(イタリアは昨年、中国の「一帯一路」プロジェクトに加わるG7の最初の国となった)。

82
続き

金与正の「怒り」の解消法とその後

 政治家や指導者は約束や公約を忘れずに実行することが大切だ。その当然のことが珍しくなった世の中だから、公約を実行する政治家、指導者が現れれば一定の評価を惜しんではならないだろう。北朝鮮の金正恩労働党委員長の実妹、金与正党中央委員会第1副部長は3日前に談話で発表した内容を16日、実行した。

 具体的には、2018年4月の南北首脳会談での「板門店宣言」に基づいて同年9月に設置した開城工場団地の南北共同連絡事務所の建物を爆破したのだ。それだけではない、これもまた与正氏が事前に警告していたように、南北軍事境界線周辺での軍事訓練演習を予告し、韓国を脅迫してきた。あれも、これも与正氏の談話が決して空言葉ではなかったことが実証されたわけだ。

83
続き

豪政府の「対中政策」から学べる事

 新型コロナウイルスの世界的大流行(パンデミック)の責任を追及されている中国共産党政権を敵に回すことは一国だけでは荷が重いだけではなく、中国側の反撃を受ける危険性が高い。

 その危険性をあえて冒して、北京当局が新型コロナ感染問題で隠蔽してきたこと、その発生源についての情報提供を拒否していることなどを指摘し、国際社会に新型コロナの発生源の解明を呼び求めたのはオーストラリア政府だ。それ以降、豪政府と中国共産党政権の関係は緊張が続いている。

79
続き

金正恩・与正の「役割分担論」

 北朝鮮の金正恩労働党委員長の実妹・金与正党中央委員会第1副部長がどうやら金正恩氏の後継者に内々指名されたというニュースが流れ、それを裏付ける情報が今年に入り頻繁に出てきている。

78
続き

トランプ氏と「教皇」の関係が破綻?

 世界の情勢で影響力を有する2大指導者を選ぶとすれば、その言動が問題とはいえ、やはり世界最強国・米国の第45代大統領、トランプ氏を外すわけにはいかないだろう。それではもう1人は誰かというと、世界最大のキリスト教会、ローマ・カトリック教会の最高指導者フランシスコ教皇だろう。

 世界に13億人の信者を抱えるペテロの後継者だ。聖職者の未成年者への性的虐待事件が後を絶たず、信者の教会離れは深刻だとはいえ、世界情勢への影響力はまだ侮れないものがある。

74
続き

世界に広がる「反中包囲網」

 中国湖北省武漢市で昨年末、新型コロナウイルスが発生し、半年以上が経過した。世界で11日現在、750万人以上が感染し、42万人余りの死者が出る世界的大流行(パンデミック)となったが、中国共産党政権は新型コロナの初期感染の事実を隠蔽してきたことが明らかになった。

 それを受け、世界的に中国の責任を追及する声が高まってきた。それに対し、中国側は新型コロナは米軍が中国に持ち込んだものだといった偽情報を世界に拡散し、中国批判をかわすため積極的な外交を展開してきた。

73
続き

フロイド氏の「最後の言葉」とマスク

 今、世界を震撼させている出来事は2つある。一つは中国湖北省武漢市から発生した新型コロナウイルスの感染問題だ。もう一つは先月25日に米ミネソタ州のミネアポリス近郊で警察官に窒息死させられたアフリカ系米人、ジョージ・フロイドさん(46)の事件に誘発された人種差別抗議デモだ。

68
続き

習近平主席の狙いは「宗教の中国化」

 中国共産党政権下で宗教の弾圧が進行中だ。米国務省は10日、「信教の自由に関する年次報告書」(2019年)を発表し、習近平国家主席は宗教弾圧を組織的に実施してきていると警告している。

70
続き

フロイド氏と「8分46秒の祈り」

 米ミネソタ州のミネアポリス近郊でアフリカ系米人、ジョージ・フロイドさん(46)が先月25日、白人警察官に暴行された末、窒息死した。そのシーンがテレビに放映されると、米全土で警察官の蛮行に抗議するデモが起きているが、欧州各地にも波及し、当方が住む音楽の都ウィーンでも4日、約5万人の市民が集まって、人種差別抗議デモが行われた。9日はフロイドさんの出身地の米テキサス州ヒューストンで葬儀が行われたばかりだ。

65
続き

欧州で見られる「マスクの名誉回復」

 欧州は6月に入り、新型コロナウイルスの感染がピークアウトしたことを受け、3月中旬から施行してきた外出規制や経済活動の制限など特別規制措置を段階的に解除してきた。今月末には欧州域内の空路も規制が解除され、飛行機を利用した旅も可能となる運びだ。

63
続き

コロナ禍で見る「普遍性」と「特異性」  

 日本の新型コロナウイルスで感染者数、死者数が人口比で圧倒的に少ないという事実に対し、欧米の専門家、政治家はその成功談に関心を寄せ出しているが、これまでのところ決定打は見つかっていない。

 欧米だけではない、日本国内でも安倍晋三首相が言う「日本モデル」について、誰でも納得できる説明を明らかにした専門家、政治家はいない。ただ、麻生太郎副総理が「日本人の民度の違いだ」と語っただけだ。

61
続き

不思議な国・日本でのコロナ禍

 「感謝」という言葉は政治用語ではないが、日本人は他の国に比べて新型コロナウイルスの感染者数、死者数が少ないことに感謝している様子はなく、安倍晋三政権に対して60%以上の国民が同政権下のコロナ対策に批判的だ、という時事通信の世論調査が報じられていた。

 時事通信が実施した5月の世論調査によると、新型コロナウイルス感染症をめぐる政府の取り組みに関しては「評価しない」が60.0%を占め、「評価する」の37.4%を大きく上回った。

60
続き

「問題」は中国共産党政権にある

 中国湖北省武漢発の新型コロナウイルスの世界的大流行で欧米諸国では新型コロナの発生地、中国への批判の声が高まって来た。中国に対し「人類への犯罪」として賠償を求める声すら聞かれる。新型コロナの拡大で多くの感染者、死者を出した欧州の人々の中に中国フォビアの様相が見られるが、ここで注意しなければならない点がある。批判しなけれならない「中国」は新型コロナの感染初期の段階で人から人への感染の事実を隠蔽してきた「中国共産党政権」であり、「中国国民」ではないことだ。彼らの多くは新型コロナ感染の最初の被害者であり、これまでも様々な形で迫害を受けてきたからだ。

39
続き

新旧キリスト教会の「積弊清算」は

 ローマ・カトリック教会(旧教)とプロテスタント教会(新教)に所属するドイツの神学者たちは、カトリック教会のローマ教皇フランシスコにはレオ10世(在位1513~21年)のマルテイン・ルター(1483~1546年)の教会追放、破門状の撤回をアピールする一方、ルター派教会の世界的共同体「ルーテル世界連邦」(LWB)に対しては、レオ10世を「反キリスト」と酷評したルターの評決の破棄を求めている。

31
続き

トランプ氏は敬虔なキリスト者か?

 当方は4年前の米大統領選前にこのコラム欄で「トランプ氏はキリスト教徒か」(2016年2月20日)を書いた。4年後の今日、再び「トランプ氏はキリスト教徒か」を問わざるを得なくなった。

30
続き

独社民党党首はアンティファ支持者

 米ミネソタ州のミネアポリス近郊で5月25日、黒人青年が白人警察官に暴行された末、窒息死させられたシーンがテレビに放映されたことを契機に、米全土で警察官の蛮行に抗議するデモが行われている。「州外からきたアンチファシズムのプロ活動家」(ミネソタ州のウォルツ知事)が抗議デモを扇動し、暴動を駆り立てているとして、トランプ大統領は軍に出動を命じ、取り締まり出した。新型コロナ感染が依然懸念される中、各地で抗議デモが起き、米国内は混乱の様相を深めてきた。

26
続き