■連載一覧
  • 米朝“宴の後”で 非核化・拉致問題の行方
  • 米朝首脳会談の焦点
  • どうなる米朝首脳会談
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 2018/6/14
  • 2018/6/07
  • 2018/5/23
  • 2018/5/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • ウィーン発コンフィデンシャル rss

    洗礼式で泣く幼児を叩いた老神父

     喜怒哀楽という言葉があるが、その中でも「怒り」という感情は最も怖い。怒りを爆発させたゆえに、その人の人生が変わったという人もいるだろう。以下は、神に仕える聖職者が怒りを抑えきれなかった結果、生じた不祥事の話だ。

    0
    続き

    性犯罪問題で米枢機卿に聖職停止

     ローマ・カトリック教会の聖職者による未成年者への性的虐待事件を書いているときりがないが、ローマ法王に次ぐ高位聖職者、枢機卿の性犯罪容疑となるとやはり無視できない。記録しなければならない。以下、バチカン・ニュースが21日、大きく報道した内容だ。

    0
    続き

    大麻の「解禁」は麻薬依存の道開く

     カナダのトルドー首相は20日、同国上院でマリファナ(乾燥大麻)の小規模生産、使用を認める法案が可決されたことを受け、10月17日を期し同法案を施行すると明らかにした。カナダのメディアによれば、同首相は、「可決後、8週間から12週間後に施行できるが、地方で準備に時間がかかるという声があるので施行期日を少し遅らせた」と説明している。

    0
    続き

    児童虐待問題と家庭の崩壊

     日本で児童への虐待事件が多発しているという。犠牲者が児童や幼児の場合、悲惨だ。加害者が両親の場合、なおさらだ。親は本来、子供の成長を願い、健康ですくすくと育ってほしいと願うが、実際はそうではないケースが出ている。

    2
    続き

    独情報局がオーストリアでスパイ活動

     ドイツ連邦情報局(BND)は政治、経済の情報などを収集し、それを分析する諜報活動を担当している。そのBNDが隣国オーストリアで広範囲の諜報活動をしていたとしてオーストリア政府が批判し、メルケル政権に全容の解明とその説明を求めている。

    1
    続き

    米国の「強さ」は誰の為か

     トランプ米大統領は5月8日、イランの核合意から離脱すると表明した直後、欧州のメディアで政治漫画が出ていた。曰く「大統領、どうしてイラン核合意から離脱するのですか。国際原子力機関(IAEA)や欧州の同盟国はイランはこれまで合意内容を遵守していると報告しています」と聞くと、トランプ氏は、「合意書のオバマの署名が気に入らないのさ」と答えているのだ。トランプ氏は合意内容や検証状況などには関心がなく、合意書に記入されたオバマ氏の署名が気に入らないというのだ。

    1
    続き

    性的少数派(LGBTIQ)の多様化

     社会は多様化してきたとよく言われるが、同時に、「性の多様化」も急速に拡大してきた。LGBTという性的少数派についてはメディアでも時たま報道されてきたが、現在はもはやLGBTではなくLGBTIQという。レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、それにインターセクシャルとクィア(Queer)が新たに加わる。そこで性的マイノリティについて、スイス・インフォの特集「LGBTIQ」を参考にしながら、少し整理したい。

    1
    続き

    行方不明となった「神」を探せ!

     カナダの主要先進諸国会議(G7)、シンガポールの米朝首脳会談、そしてモスクワのサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会の開幕と重要なイベントが5月から6月にかけ立て続きに開かれ、それをフォローしてきたので書きたいテーマは後回しになってきた。テーマは「神の不在」から、「去ってしまった神(行方不明の神)」探しという問題だ。

    0
    続き

    プーチン氏「自国チーム大勝」に笑み

     第21回サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会が14日、モスクワのルジニキ競技場で約8万人の観衆を集めて開幕した。国際サッカー連盟(FIFA)W杯は五輪大会と同じで4年に1度開催される。32カ国からチームが参加し、8グループに分かれ、7月15日の決勝戦まで64試合の熱戦を繰り広げる。

    0
    続き

    米朝の「宣言文」より「制裁」の維持を

     シンガポールで開催された史上初の米朝首脳会談は終わった。トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長のサミット会議に対する評価はもう一つだ。首脳会談の主要テーマだった北朝鮮の非核化について、両首脳が署名した共同宣言文に具体的なロードマップが記述されていなかったので当然かもしれない。

    1
    続き

    欧州の顔メルケル首相の面目躍如

     人はどのような機会に面目を失うか、逆に面目を保つか分からないものだ。ロイター通信が撮影した1枚の写真で“欧州の顔”といわれてきたメルケル独首相の株が再び急上昇中だ。

    1
    続き

    北「Happy Birthday , Mr. President」

     史上初の米朝首脳会談が12日、シンガポールのセントーサ島で開催される。世界の耳目が集まる会談の最大のテーマは「北の非核化」だ。トランプ氏は「完全かつ検証可能で不可逆的な核廃棄」(CVID)を北側に要求しなければならない。「段階的な非核化」を主張する金正恩氏を説得するという大きな使命を担っている。北は制裁の解除、経済支援、そして「完全かつ検証可能で不可逆的な体制保証」(CVIG)を主張しているだけに、簡単な仕事ではない。

    0
    続き

    イスラム寺院閉鎖とイマーム追放

     オーストリア連邦報道局から記者会見の知らせのメールが届いた。8日午前8時にクルツ首相、シュトラーヒェ副首相、キックル内相、そしてブリューメル文化相の4人の政府首脳が顔をみせ、記者会見を行うという。記者たちは7時には記者会見が行われる連邦首相府会議広間に入ることができるというのだ。会見の時間も4人の主要閣僚の参加も異例なことだ。記者会見のテーマは「政治イスラムとの戦いにおける決定」(Entscheidungen im Kampf gegen politischen Islam)だ。

    0
    続き

    G7を結束させた「共通価値」はどこ?

     カナダ東部シャルルボワで8日午後(現地時間)、主要国首脳会談(G7)が2日間の日程で始まった。カナダで開催されたG7は開催前から加盟国間(日米英仏独伊加)から不協和音が聞こえてきた。米国が発動した鉄鋼とアルミニウムに対する輸入制限措置に対し、他の加盟国から批判が飛び出したからだ。欧州の主要メディアでは、「6対1の戦い」「孤立を深めるトランプ」といった大きな見出しが躍っているほどだ。

    1
    続き

    元「死の島」で行われる米朝首脳会談

     ホワイトハウスのサラ・サンダース大統領報道官は5日、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の米朝首脳会談が12日、シンガポールのセントーサ島のカペラホテルで開催されると発表した。

    1
    続き

    洋菓子店は 同性婚者の注文断る権利

     米コロラド州で同性婚の男性カップルが結婚式用のケーキを注文したところ、洋菓子店の店主が、「自身の宗教的信念から作れない」と断った。そこで同性婚カップルが、「同性婚者への不当な差別だ」と訴えた。州公民権委員会は、「性的指向を理由とする差別を禁じた州法に違反する」として是正命令を出したが、店主側が提訴。米連邦最高裁判所は4日、「店主の信教の自由の権利も尊重しなければならない」と指摘し、店主側の主張を支持する判決を下した。

    3
    続き

    ロシアの愛するウィーンの「外交」

     ロシアのプーチン大統領は5日、オーストリアを訪問した。4期目の大統領就任後、初の西欧訪問先にオーストリアが選ばれたということもあって、ホスト国はプーチン氏を大歓迎。英国亡命中のロシア元スパイ毒殺未遂事件やウクライナのクリミア半島の併合で欧米の制裁下にあるロシアのトップにとっても久しぶりに味わう欧州での公式訪問となった。

    0
    続き

    プーチン氏「米韓軍事演習の中止」を

     ロシアのプーチン大統領が5日、オーストリアのウィーンを公式訪問し、バン・デア・ベレン大統領、クルツ首相らオーストリア政府首脳たちの歓迎を受けた。プーチン大統領にとって4期目の大統領就任後初の外国訪問だ。

    1
    続き

    生物医学分野は次のフロンティア

     独週刊誌シュピーゲル(5月26日号)の科学欄に非常に興味深い記事が紹介されていた。記事のタイトルは「ドクター・アルゴリズム」(Doktor AlgorIThmus)だ。デジタル医学への未来を展望した内容で、シリコンバレーに拠点を置くITの多国籍テクノロジー企業グーグルやアップル、そしてフェイスブック、ネット通販大手アマゾンなどが将来を見越して生物技術、健康分野のハイテク系スタートアップ(Start -up)企業にぞくぞくと投資しているという話だ。近未来のサイエンスフィクションを読んでいるような興奮を覚えた。

    0
    続き

    任期あるトランプ、任期ない金正恩

     トランプ米大統領は1日、シンガポールで歴史初の米朝首脳会談を予定通り今月12日に開くと発表した。同時に、「首脳会談ではいかなる外交文書にも署名する予定はない」と指摘し、「北の非核化を達成するためには一度の首脳会談では出来ない」と説明、複数の首脳会談が必要となることを示唆した。

    0
    続き

    「マケドニア国名呼称問題」解決近し

     旧ユーゴスラビア連邦のマケドニア共和国と隣国ギリシャの間で25年間続いてきた「マケドニア国名呼称」問題がようやく解決する見通しが出てきた。マケドニアのゾラン・ザエフ首相によると、「近日中に、マケドニアの新しい国名に関する合意協定が発表される」という。ただし、マケドニアとギリシャ両国内には民族主義的勢力が活発な動きを見せているだけに、「マケドニア国名呼称」問題が実際に平和解決するまでには紆余曲折が予想される。

    0
    続き

    独バイエルン州で「十字架」が復活!

     独南部バイエルン州で6月1日を期して、州全ての公共施設の入口にキリスト教の十字架が掲げられる。これは同州のマルクス・ゼーダー州首相が4月25日、発令した政令に基づくものだ。

    1
    続き

    「完全な非核化」と「完全な体制保証」

     トランプ米大統領と北朝鮮朝鮮労働党の金正恩委員長は今月、シンガポールで歴史初の米朝首脳会談を行う可能性が高まってきたが、その主要議題で依然、米朝間でコンセンサスが出来上がっていないという。

    0
    続き