■連載一覧
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2018/1/18
  • 2018/1/04
  • 2017/12/21
  • 2017/10/25
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • ウィーン発コンフィデンシャル rss

    ドイツSPD「大連立交渉」にゴー・サイン

     ドイツの第2党、社会民主党(SPD)は21日、ボンで臨時党大会を開催し、メルケル首相の「キリスト教民主同盟」(CDU)とその姉妹政党「キリスト教社会同盟」(CSU)の間で協議した大連立発足を巡る予備交渉の合意内容(28頁)について、その是非を問うた。結果、党代表642人中、賛成362人、反対279人、棄権1人で、賛成が過半数(約56・4%)を上回ったことから、CDU/CSUとの大連立交渉にゴー・サインを出した。CDU/CSUはSPD臨時党大会の結果を歓迎し、連立交渉を即開始し、2月中にも大連立政権を発足させたい意向といわれる。

    1
    続き

    安倍首相が得た「ルーマニアの教訓」

     安倍晋三首相が今月16日、ルーマニアの首都ブカレスト入りする直前、同国のミハイ・トゥドゼ首相が辞任を表明したというニュースが飛び込んできた。安倍首相ら日本関係者はルーマニアの政変の真っ只中にブカレスト入りしたわけだ。ホスト国ルーマニアの政治空白という異常な状況に遭遇した安倍首相は不運だっただろうか、それとも民主革命からほぼ30年が経過するが、依然政情不安定な東欧諸国の生の姿を目撃できたことは政治家として貴重な体験となっただろうか。

    0
    続き

    「独立宣言」10年目のコソボが危ない

     セルビア系住民が多数住むコソボ北部のミトロヴィツァ市(Mitrovica)で16日朝、セルビアの政治家オリベル・イバノビッチ(Oliver Ivanovic)氏が射殺された。犯人は走る車から消音銃で4発、政治家の胸に発砲。イバノビッチ氏(64)は運ばれた病院先で死亡した。

    1
    続き

    “ロブスター”だって痛いさ!

     今週最も心を惹かれた外電はロブスターの料理に関連するニュースだ。それによると、ロブスターを生きたまま熱湯で入れて料理してはならないという。なぜならば、ロブスターは複雑な神経系をもち、その痛みは想像を超えたものだからだ。そこで、ロブスターを生きたまま熱湯に入れないで、料理前に電気ショックで神経をマヒさせるか、包丁で命を絶たなければならない。スイス政府はこのような動物保護法改正を3月1日から施行するという。

    2
    続き

    “最後の赤の砦”ウィ―ン市の行方

     音楽の都ウィ―ン市のミヒャエル・ホイプル市長が退任するのを受け、与党社会民主党は今月27日、後継者選出のための臨時党大会を開催する。市長候補者には住居建築担当市参事会員のミヒャエル・ルドヴィク氏(56)と連邦社民党の院内総務を務めるアンドレアス・シ―ダー議員(48)の2人が出馬している。

    0
    続き

    「預言者」は故郷では歓迎されない

     ローマ法王フランシスコは15日からチリ、18日にはペルーと南米2カ国を訪問中だ。フランシスコ法王にとって既に22回目の外遊だ。南米ではブラジルを皮切りに7カ国訪問済みだが、不思議なことに、法王は出身国アルゼンチンをまだ訪問していない。

    1
    続き

    見直される“ノルウェー人”の価値?

     ドナルド・トランプ米大統領は11日、移民問題を巡る超党派会合でアフリカやハイチなど南米出身国を「価値のない場所」(英Shit hole,独Drecksloch)と指摘し、物議をかもした。米大統領から侮辱された関係国ばかりか、世界各地から「人種差別発言だ」といった最高レベルの批判の声が挙がっている。当然の反応だろう。

    2
    続き

    金正恩氏と文大統領の「平昌五輪」

     南北高官級会議が今月9日、約2年1か月振りに南北軍事境界線がある板門店の韓国側施設「平和の家」で開催され、北がその場で平昌冬季オリンピック大会(2月9日から25日)の参加を発表した時、最も喜んだのは韓国の文在寅大統領であり、最も大笑いしたのは北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長だっただろう(大喜びと大笑いの違いは後で説明する)。「大喜び」の文大統領と「大笑い」の金委員長の南北首脳会談の開催は織り込む済みかもしれない。

    4
    続き

    独「大連立」は国民の支持得るか

     ドイツで12日、与党「キリスト教民主同盟」(CDU)のメルケル首相とその姉妹政党、ミュンヘンの地域政党「キリスト教社会同盟」(CSU)のゼ―ホーファー党首、そして「社会民主党」(SPD)のシュルツ党首の3首脳が大連立政権発足の予備交渉を終えて記者会見に臨んだ時、CDU/CSUとSPDの大連立政権の再現はほぼ確実となったと受け取られた。3党首からは昨年9月24日の連邦議会選(下院)後続いてきた「新政権空白」の政治危機を乗り越えたといった満足感すら感じられたほどだ。その1日後の13日、SPDのザクセン州党大会は大連立政権に反対を表明したのだ。

    1
    続き

    戦国時代に入った「フェイクの世界」

     人は嘘を言う存在だ、といえば多くの人は少し表情を歪めながら首肯せざるを得ないだろう。これまで一度も嘘をついたことがないと胸を張って言える人はいないだろう。相手を陥れるために嘘をつく攻撃的な嘘から、相手の為につく利他的な嘘もある。いずれにしても、世界は嘘が氾濫している。そこに今日、事実を隠し、情報を操作するために嘘を発信するフェイクニュースが乱入してきた。フェイクの世界は今、戦国時代に突入してきたのだ。

    3
    続き

    教会脱会者数が示す欧州の「明日」

     アルプスの小国オーストリアの主要宗派ローマ・カトリック教会は9日、昨年末現在の信者数を公表した。それによると、信者総数は約511万人、前年比で5万3510人減、2・7%減だった。この結果、全人口に占めるカトリック信者数は58・3%となった。

    0
    続き

    トランプ氏は無能な大統領か?!

     欧米メディアから配信されるトランプ米大統領と北朝鮮の独裁者、金正恩朝鮮労働党委員長の舌戦のやり取りを見ていると、「世界は大変だ。超大国の米国に稀に見るバカな大統領が選出され、日々、ツイッターで世界を威嚇し、北では核兵器をおもちゃのように扱う独裁者が君臨している」といった印象を受けたとしても仕方がないかもしれない。全てのニュースが根拠のないフェイクニュースとは言い切れないからだ。

    5
    続き

    文大統領の「心こめた謝罪」とは何?

     韓国の文在寅大統領は10日、青瓦台(大統領府)で開いた新年の記者会見で日韓両国で合意済みの慰安婦問題に言及し、日韓合意の破棄や再交渉を求めない意向を表明し、日本政府が元慰安婦への経済支援のために設立した財団「和解・癒やし財団」へ拠出した10億円を返還せず、同額の金額を韓国側も拠出し、その処理方法を日本と今後協議していきたいと述べた。

    11
    続き

    「分かっちゃいるけど止められない」

     世の中に分かっちゃいるけど、止められない事や物が結構ある。食べ過ぎれば健康に良くない、喫煙は肺疾患の主因ということを多くの人は知っているが、なかなか止められない。当方もこんなことを書けば読者から必ず反発を食らうだろうと知っていて書いてしまうことがある。頭で結果が分かっていながら、やってしまうことが少なくない。

    4
    続き

    旧ユーゴ共和国間の領海争い

     多民族から構成され、久しく“民族の火薬庫”と呼ばれてきたユーゴスラビア連邦が1991年、民族紛争が契機となって解体された後、欧州に近接しているスロベニアは独立後、2004月5月に早々と欧州連合(EU)に加盟を果たし、07年12月にはシェンゲン領域に加入した。一方、クロアチアのEU加盟(2013年)は遅れた。ボスニア・ヘルツエゴビナ紛争の影響もあり、紛争処理に時間がかかる一方、国内政治の腐敗などがあってブリュッセルから加盟が認められるまで時間がかかったのだ。

    0
    続き

    法王「教会組織」の“正教会”化急ぐ

     ウィ―ンの著名な牧会神学者パウル・M・ツ―レ―ナ―氏はオーストリア日刊紙クリアとのインタビュー(1月6日付)で、「南米の司教たちは2019年10月に開催予定の南米汎アマゾン地域シノドス(代表司教会議)で既婚聖職者を正式に公認する決定を下すだろう。(南米出身の)フランシスコ法王はその決定を支持するはずだ。フランシスコ法王にとって最重要の決定となるはずだ」と強調した。

    2
    続き

    潘基文氏の退職後のライフワーク

     作詞:谷村新司、作曲:堀内孝雄のヒット曲「遠くで汽笛を聞きながら」の歌詞の中に、「何もいいことがなかった街」という個所がある。その歌詞を初めて聴いた時、正直言って「なんと寂しい表現だ」と感じたことを思い出す。少なくとも、前国連事務総長、元韓国外相の潘基文氏にとって音楽の都ウィ―ンは「多くいいことがあった街」であることは間違いないだろう。

    0
    続き

    ドイツ国民は再「大連立」より選挙を望む

     明日(7日)、メルケル独首相の与党「キリスト教民主・社会同盟」(CDU/CSU)と野党第1党「社会民主党」(SPD)の間で大連立政権の発足を目指し予備交渉が始まる。予定では12日まで行われる。SPDは交渉内容を今月21日に招集する臨時党大会で協議し、本格的な連立交渉を進めるか否かを決める。

    0
    続き

    イランで今、何が起きているのか

     イランで昨年12月28日、同国北東部のマシュハドで反政府デモが起きてから1週間が過ぎたが、その抗議デモは今、イラン全土に波及し、デモ参加者と治安当局は各地で衝突し、これまで20人以上が死去したという情報が流れている。しかし、政情が比較的安定していると受け取られてきたイランでなぜ、反政府デモが生じてきたのかについて信頼できる情報は少ない。

    0
    続き

    「核ボタン」弄ぶ金正恩氏の「残虐さ」

     新年そうそう米朝指導者の間で舌戦が再び始まった。今回の争点は相手の外貌に対する中傷・誹謗ではなく、“ボタン”競争だ。洋服ボタンの色や形ではない。「核兵器」のボタンだ。

     普通の人なら「核ボタン」という表現は知っているが、それを実際見る機会はない。あるとすれば、英国秘密情報部(MI6)の工作官ジェームズ・ボンドが活躍する映画「007」の中でぐらいだろうか。

    1
    続き

    ヒトラーの「オーストリア併合」80年

     今年はヒトラー・ナチス政権のオーストリア併合(Anschluss)80年を迎える。バン・デア・ベレン大統領は1日の新年の演説で「今年はヒトラー・ナチス政権のわが国併合80年目を迎える年だ。わが国はヒトラーの犠牲国であると共に、加害国だったという事実を単に記憶するだけではなく、心の中でしっかりと留めておかなければならない」と述べ、「人種主義、反ユダヤ主義、そして破壊的な民族主義を再び甦らせてはならない」と強調している。

    0
    続き

    文在寅大統領の“初夢”を占う

     北朝鮮の金正恩労働党委員長は1日、朝鮮中央テレビで慣例の「新年の辞」を発表した。金委員長は、「米本土全域が核攻撃射程圏内にあり、核のボタンが執務室の机の上にいつもある」(時事通信)と述べ、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の実戦配備を事実上宣言した。

    2
    続き

    「2017年」と「2018年」の違い

     明けましておめでとうございます。

     2018年が開けた。昨日までは2017年だったはずだ。当たり前のことだが、時には不思議に感じることがある。当方が年を取ったからかもしれないが、「時間」が気になる。

     アルベルト・アインシュタインは「絶対時間は存在せず、光速より速いものは存在しない。時間は不変ではなく、動いているものの時間は遅れる」といった相対性理論の世界を展開させた。

    3
    続き