■連載一覧
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 2018/4/07
  • 2018/3/30
  • 2018/3/12
  • 2018/2/15
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • ウィーン発コンフィデンシャル rss

    文在寅大統領へ淡い期待を込めて

     韓国の文在寅大統領と北朝鮮労働党の金正恩委員長の南北首脳会談が27日、南北軍事境界線にある板門店の韓国側の「平和のハウス」で開かれる。

     南北首脳の会談は2000年6月(金大中大統領・金正日総書記、平壌)、2007年10月(廬武鉉大統領・金正日総書記、平壌)に次いで今回が3回目だが、北側指導者が韓国領土に入るのは南北分断後、初めて。6月初めまでにはトランプ米大統領と金正恩委員長が歴史上初の米朝首脳会談を開くことになっている。その意味で、南北首脳会談は米朝会談の“前座”とみる向きもあるが、南北首脳会談が成功しない場合、米朝首脳会談の開催は考えられない。北の非核化を含む朝鮮半島の行方を左右する重要な首脳会談だ。韓国大統領府は、金正恩氏には国賓級ゲストのプロトコールに従って歓迎するという。

    0
    続き

    EU大使「一帯一路」構想に反対

     興味深い記事が独経済紙ハンデルスブラット(4月17日付)に掲載されていた。見出しは「EU大使、中国の『一帯一路』(One Belt, One Road)構想に結束して反対」というのだ。

    2
    続き

    独社民党で初の女性党首誕生

     ドイツで22日、メルケル連立政権に参加している社会民主党(SPD)がヴィースバーデンで党大会を開き、連邦議会(下院) 党会派代表のアンドレア・ナーレス議員(47)を新党首に選出した。155年の歴史を誇るSPD(1863年創設)で初の女性党首の誕生だ。党首選はマルティン・シュルツ党首(62)の辞意表明を受けて行われた。

    1
    続き

    イランとの核合意はどうなるか

     トランプ米大統領は5月12日、イランとの核合意を破棄するかどうかの決定を下す。トランプ氏は大統領選からオバマ政権時代の外交実績といわれる核合意(2015年7月に最終合意した「包括的共同行動計画=JCPOA」)を「これまで締結された合意の中でも最悪のディールだ」と批判し、その破棄を主張してきた。

    0
    続き

    非核化の“どの工程”から制裁解除?

     北朝鮮の金正恩労働党委員長は20日、朝鮮労働党中央委員会総会で核実験と中長距離弾頭ミサイルの試射中止を表明し、過去6回の核実験を実施してきた北東部、豊渓里の核実験場を廃棄すると述べた。  朝鮮中央通信が配信した上記のニュースが世界に流れると、北の戦略路線の大転換と歓迎する声が支配的だ。

    0
    続き

    イギリスのスクリパリ事件の「核心」は?

     英国で3月4日、亡命中の元ロシア連邦軍参謀本部情報総局(GRU)スクリパリ大佐と娘が、英国ソールズベリーで意識を失って倒れているところを発見された。調査の結果、毒性の強い神経剤が犯行に使用されたことが判明した(治療を受けてきた両者は生命の危険は脱し、健康を回復してきた)。

    0
    続き

    韓国大使が避けた「不都合な事実」

     駐オーストリアのシン・ドンイク韓国大使(Shin Dong – ik)が最近の南北接近と今後の朝鮮半島の見通しについてオーストリア代表紙プレッセ(4月17日付)に寄稿していた。記事のタイトルは「歴史的転換への大きなチャンス」だ。

    4
    続き

    米英仏のシリア空爆と小惑星接近

     米英仏の3カ国の有志連合国軍がシリアの首都ダマスカスの化学兵器の研究施設や中部ホムス近郊にある化学兵器保管庫など3カ所にミサイル攻撃をする直前、「2018GE3」と呼ばれる小惑星が時速10万キロで地球から約20万キロの所を通過していった。

     惑星の大きさは直径50メートルから100メートルと推定。地球に衝突していたならば大規模な被害が発生したことは間違いない。米英仏の有志国軍がシリアの化学兵器関連施設に向けて発射した全ミサイルの規模よりも大きい爆発を引き起こしていただろう。ちなみに、アメリカ航空宇宙局(NASA)は、地球を通過する21時間前に初めて「2018GE3」を発見したという。

    2
    続き

    ファースト・ドックの「死」

     オーストリアのアレクサンダー・バン・デア・ベレン大統領は15日、自身のフェイスブックで「愛犬キタ(雌犬)が3月30日(聖金曜日)に高齢のため安らかに亡くなった」ことを明らかにした。14歳だった。

     オーストリア大衆紙エステライヒは今月16日、「オーストリアは国を挙げてファースト・ドッグの死を惜しんだ」というタイトルで1面にキタの写真を掲載して報じた。キタ(Kita)が大統領の犬でなくても、愛犬の死は関係者には家族の一員を失ったように辛いものだ。

    0
    続き

    急死したダヴィデの「その後」の活躍

     世界最大のスポーツ競技はサッカーだ。そのサッカー試合は通常,各チーム11人の選手でプレイするが、サッカー場にイレブンの他、12番目の選手がいるといわれる。それは通常、チームを応援するファンたちのことを意味する。ここではサッカー・ファンのことではない。実際、12番目の選手が他の11人の選手と一緒にプレイする話だ。北朝鮮の非核化やシリア内戦問題のコラムを読み疲れた読者に気楽に読んで頂ければ幸いだ。

    0
    続き

    米英仏の精密攻撃と5つの「事実」

     米英仏の3カ国の有志連合国軍が14日、シリア国内の3カ所の化学兵器製造・保管関連施設への軍事攻撃をした。これまでのところ、シリア政府軍、駐留ロシア軍兵士に人的被害は出なかったという。肝心の化学兵器製造関連施設への攻撃が成功したか否かの情報には、統一した見解はないが、米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長は、「首都ダマスカスの化学兵器の研究施設や中部ホムス近郊にある化学兵器保管庫など3カ所を攻撃した。アサド政権の化学兵器能力を長期的に大きく後退させた」と強調している。

    1
    続き

    オルバン主義は危険なウイルス?

     欧州の政界で目下、最も多く囁かれている言葉は“オルバン主義”、“オルバン化”だ。何の意味かといえば、ハンガリーのヴィクトル・オルバン首相(54)が推進する反難民、反・欧州連合(EU)が欧州全土に席巻してきたことを指摘する表現だ。「オルバン主義は感染しやすい危険なウイルスだ」と指摘する声さえ聞かれるのだ。

    0
    続き

    韓国、米韓研究所への支援停止

     韓国聯合ニュースは11日、「韓国政府がジョンーズホプキンス大学国際大学院(SAIS)所属の米韓研究所(USKI)の予算支援を停止すると発表した」と報じた。この結果、5月11日にはUSKIは閉鎖されることになる。表向きの理由は「研究業績が不十分だった」からだという。

    0
    続き

    米大学で「孔子学院」閉鎖の動き

     海外中国メディア「大紀元」日本語版(4月11日付)によれば、米国で学生数が2番目に多いテキサス州のA&M大学内にあった中国情報機関とつながる「孔子学院」の閉鎖が決まった。

    8
    続き

    シリア内戦で揺れるレッドライン

     シリア内戦が始まって今年3月で丸7年目が過ぎた。その間20万人から40万人のシリア人が犠牲となり、数百万人が国外難民となったが、戦闘は今なお終焉する兆しを見せていない。それどころか、武装勢力間で化学兵器が使用され、民間人、子供たちが多数犠牲となっている。国際社会はシリア内戦の終焉をアピールするが、その声は紛争勢力には届かない。

    0
    続き

    バチカンの「エクソシスト養成講座」

     世界に12億人以上の信者を抱える世界最大のキリスト教宗派、ローマ・カトリック教会総本山バチカン法王庁は今月16日から21日までの日程で、ローマでエクソシスト(悪魔祓い)の養成講座(非公開)を開講する。バチカンでエクソシスト養成講座は既に13回目となる。

    2
    続き

    国民は希望より不安で動かされる

     ハンガリーで8日、国民議会(一院制、定数199、任期4年)の選挙の投開票が行われた。中央選挙管理委員会が9日午前5時、公表した結果(集計99・8%段階)によると、ヴィクトル・オルバン首相が率いる中道右派連合「フィデス・ハンガリー市民同盟」が得票率約48・5%を獲得し、第1党を維持した。これを受け、オルバン首相は2010年と14年に続き3期連続、続投することが濃厚となった。同首相は1998年にも政権を担当しているから、通算4期目の長期政権となる。

    0
    続き

    中国の「人権問題」どうでもいいの?

     オーストリアのアレキサンダー・バン・デア・ベレン大統領は7日から6日間の日程で中国を国賓訪問中だ。オーストリアからは約170人の経済界関係者を含む250人の使節団が随伴。その中には、セバスチャン・クルツ首相(8日合流)のほか、カリン・クナイスル外相、ノルベルト・ホーファー運輸相らクルツ政権から4閣僚たちが含まれている。今回の訪問使節団の規模は同国戦後、最大という。

    3
    続き

    日本は北朝鮮犯罪の最大被害国

     韓国聯合ニュース(日本語版)によると、韓国統一部の白泰鉉報道官は6日の定例会見で、北朝鮮に拘束されている韓国人6人の送還問題について、「南北対話などによって、こうした人道的な事案が南北関係進展の過程で解決できるよう積極的に努力していく」と述べた。

    4
    続き

    ワルトハイムと民族の「苦悩」

     春の訪れを告げるような暖かい光が仕事場に差し込んできた日、久しく手を付けてこなかった昔の写真の整理に取り掛かった。1枚の少々暗い写真が目に入った。1986年のクルト・ワルトハイムの大統領選挙後の写真だった。ワルトハイムと夫人エリザベトさんが椅子に座っている。夫人はこちらを見ているが、ワルトハイムの視線は下の方に向いていた。

    0
    続き

    “スイス・ファースト”問う国民発議

     スイスは直接民主制の国家で欧州連合(EU)にも加盟せず、独自の政治、社会体制を構築してきたが、ここにきて国際法と国内法(連邦法)のどちらを優先すべきかで、議論を呼んでいる。

     以下、スイス・インフォが特集した「国際法より国内法を優先?」のタイトルの記事(独語翻訳・編集 宇田薫氏)の概要を紹介する。

    0
    続き

    世界で毎年13回祝福される女性は?

     見出しの答えは「聖母マリア」だ。イエスはクリスマス、十字架後の「復活」、そして「昇天の日」などが大々的に祝われるが、母マリアの祝日回数はここにきて上昇気流に乗っているのだ。少なくともローマ・カトリック教会では聖母マリアの価値がイエスのそれを凌ぐ勢いを見せてきている。これは世界のジェンダー・フリー運動やフェミニズムの成果を物語るのか、それとも人類の歴史をこれまで主導してきた男性社会への強烈なアンチ・テーゼなのか。

    0
    続き

    南北首脳会談で北の人権問題を

     今月27日には第3回目の南北首脳会談が板門店の韓国側「平和の家」で開かれる。来月末までには米朝首脳会談が初めて開催される予定だ。両首脳会談の主要課題は北の非核化である。韓国からの情報によれば、文在寅大統領は北朝鮮の金正恩労働党委員長との間で「非核化宣言」を発表したい意向だという。

    4
    続き