■連載一覧
  • 波紋呼ぶLGBT請願
  • 検証’18米中間選挙
  • 人口減少社会を超えて 第2部・戦後人口政策の誤り
  • 新閣僚に聞く
  • 2018/12/06
  • 2018/11/11
  • 2018/10/29
  • 2018/10/25
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • ウィーン発コンフィデンシャル rss

    欧州のクリスマス市場はテロ注意を

     フランス北東部ストラスブール中心部のクリスマス市場周辺で11日午後8時ごろ、29歳の男が市場に来ていた買い物客などに向け、発砲する一方、刃物を振り回し、少なくとも3人が死亡、12人が負傷したが、容疑者は犯行現場から逃亡。容疑者の行方を追っていた警察当局は13日午後9時、同市中心部から南2キロのノイドルフ地区の路上を歩いていた容疑者を見つけ、撃ち合いの末、射殺した。事件は2日余りで容疑者の射殺で幕を閉じたが、テロ対策関係者に多くの教訓を残した。

    0
    続き

    駐在北大使の新年会挨拶を阻止せよ

     オーストリア外務省は新年を控え、苦悩している。トランプ米政権からウィーンの親ロシア路線への批判が高まってきたからではない。来年1月8日、ウィーンのホーフブルク宮殿でバン・デア・ベレン大統領主催の新年会が駐オーストリアの大使たちを招いて開催される。新年会では大統領の新年の挨拶前に駐オーストリア外交団首席の立場のバチカン代表部大使が挨拶するのが慣例となってきた。しかし、バチカンのペーター・シュテファン・ズルブリゲン大使が11月末、定年退位したため、そのポストは空席となっている。ローマから次期バチカン大使が新年会までに派遣されない場合、外交プロトコールに従い、外交団副首席がその役割を担うことになっている。その副首席は駐オーストリア北朝鮮大使を25年間務めてきた金光燮大使が務めているからだ。

    1
    続き

    今年最も読まれた聖書の聖句は何?

     キリスト系オンライン「クリスチャン・トゥデイ」は10日、「無料聖書アプリ『ユーバージョン』によると、2018年に最も読まれた聖書の聖句は旧約聖書の『イザヤ書』第41章10節だった」と報じた。

     「恐れてはならない、わたしはあなたと共にいる。驚いてはならない、わたしはあなたの神である。わたしはあなたを強くし、あなたを助け、わが勝利の右の手をもって、あなたを支える」

    3
    続き

    欧州で反ユダヤ主義の拡大を懸念

     欧州で反ユダヤ主義が拡大してきた。欧州に住むユダヤ人を対象に欧州連合(EU)の欧州基本権機関(FRA)_が調査した結果が10日、ブリュッセルで公表された。それによると、多くのユダヤ人は自身の身辺を心配せずに欧州に住むことができなくなってきたと感じている。FRAの調査報告によれば、欧州居住のユダヤ人はバンダリズム、中傷、威嚇、暴力などに直面している。反ユダヤ主義の最大の舞台はインターネットやソーシャルネットワークだという。

    3
    続き

    カトリック信者・文大統領の「信仰」

     他者の信仰をああだ、こうだと批判したり、論評することは最も愚かな試みだろう。第3者が他者の信仰世界を完全に理解できるだろうか。出来っこないからだ。その愚かな試みをここでは敢えてした。ローマ・カトリック信者の文在寅大統領の「信仰」を問うてみた。

    5
    続き

    「心的外傷後障害」に悩む犬と猫の話

     幼い時に経験した強烈なショックや心の痛みはその人の生涯を付きまとい、癒されることがない。イラクやアフガニスタン帰りの米軍兵士は帰国後、心的外傷後障害(PTSD)に悩まされる。残念ながら戦場帰りの元米軍兵士による襲撃事件が頻繁に発生している。戦場での強烈な場面や出来事は容易には癒されず、時には暴発する。

    1
    続き

    文在寅大統領の「2つの夢」の行方

     実現できるかどうかは別にして、夢をもつことができる人は幸いだ。独週刊誌シュピーゲル最新号(12月1日号)の中で、若者の間で今人気のあるカナダのトロント大学心理学教授ジョーダン・ペーターソン氏は、「目標がなければ価値も生まれてこない」と述べている。その意味から、韓国の文在寅大統領は幸福な政治家であり、価値を感じる日々を送っていることになる。なぜならば、文大統領には「2つの夢」の実現という目標を持っているからだ。一つは北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の年内訪韓であり、もう一つは世界に13億人の信者を抱え、自身も信者であるローマ・カトリック教会の最高指導者ローマ法王フランシスコの訪朝だ。

    1
    続き

    独CDU新党首「勇気をもって前進」

     ドイツ北部ハンブルクの見本市会場で7日、独与党「キリスト教民主同盟」(CDU)の第31回党大会が開催され、アンネグレート・クランプ=カレンバウアー党幹事長(56)が党首ポストを辞任したメルケル首相に代わって新しいCDU党首に選出された。

    0
    続き

    「反日」は韓国の国益にあらず

     韓国で文在寅大統領政権が発足して以来、「積弊清算」を標語に反日活動がこれでもか、これでもか、というように激しく進められてきた。韓国済州島で10月開催された国際観覧式で日本の海上自衛隊の自衛艦旗(旭日旗)の掲揚自粛要求、旧日本軍の「慰安婦」問題の和解・癒し財団の解散、そして元朝鮮半島出身戦時労働者(いわゆる「徴用工」)の賠償請求容認判決まで、次から次と飛び出す反日活動に日本側もさすがに疲れを覚え、安倍晋三首相の口からオバマ前米大統領が対北政策で使った「戦略的忍耐」という表現に倣って、「戦略的放置」という言葉が飛び出すほどになってきた。日韓両国関係は既に危険水域に入っていることは誰の目にも明らかだ。

    6
    続き

    「神は愛なり」と信じられない人々

     世界的理論物理学者アルベルト・アインシュタイン(1879~1955年)が生前、知人宛てに書いた手紙がオークションに出されたという外電を読んだ。手紙は1954年1月3日付でドイツの哲学者エリック・グートキンド宛て。アインシュタインはその中で「私にとって神という言葉は人間の弱さの表現と産物以外の何物でもない」と記述している。

    1
    続き

    法王は「同性愛」を容認しているか

     日本のローマ・カトリック教徒にとって来年は歴史的な年となるかもしれない。このコラム欄で既に紹介したが、あの南米出身のローマ法王フランシスコが日本を訪問する可能性が高まってきたからだ。81歳の高齢となった法王は根っからの日本好きだ。聖職者生活を始めた時から日本への宣教を夢見てきた。訪問する側と迎える側がウエルカムだから、1981年2月の故ヨハネ・パウロ2世以来38年ぶりのローマ法王の訪日はきっと多くの感動と出会いをもたらすだろう。

    7
    続き

    なぜ文大統領はチェコを訪問したか

     韓国の文在寅大統領は先月27日、アルゼンチンのブエノスアイレスで開催される先進20カ国・地域(G20)首脳会議に出席するためにソウルを発ち、大統領専用機の給油目的のためチェコ入りし、同国政府首脳と会談をこなした後、28日夜(現地時間)、ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港からブエノスアイレスに向かった。

    2
    続き

    北朝鮮国民に絶好の亡命チャンスの時

     北朝鮮軍の兵士1人が1日、南北の軍事境界線を越えて韓国側に亡命してきた。韓国軍合同参謀本部によると、北軍の兵士1人は1日午前8時前、北東部・江原道の軍事境界線(MDL)を越えて韓国側に入った。兵士の所属や階級は不明。北朝鮮から兵士に対する銃撃などはなく、今のところ北軍に特異な動きは見られないという。

     このニュースを聞いて直ぐに旧東独政権の“終わりの始まりの時”を思い出した。以下、説明する。

    2
    続き

    ウクライナとロシアと「ケルチ海峡」

     ウクライナ南部クリミア半島とロシア本土を隔てるケルチ(Kerch)海峡で、ロシア警備艇がウクライナ海軍の艦船3隻を拿捕し、24人のウクライナ海軍兵士を拘束し、裁判のためにモスクワに連行した件で、ウクライナとロシア両国は相手側を糾弾し、批判合戦を展開、対応を間違えれば軍事的衝突にエスカレートする危険性も出てきた。

    0
    続き

    「ポスト・メルケル」担う新党首選出

     メルケル独首相の与党「キリスト教民主同盟」(CDU)の党大会が今月7日、独北部ハンブルクで開催される。党大会では、メルケル首相が10月29日党首辞任の意向を表明したことを受け、次期党首が選出される。

    0
    続き

    この一年で中東情勢は急変した

     過ぎ行く1年を振り返るには少々早すぎるかもしれないが、今年1年で世界で最も大きな変化がみられた地域は朝鮮半島とアラブ・イスラム諸国ではないだろうか。

    0
    続き

    北へのスパイ容疑で仏上院職員逮捕

     フランスのメディアが26日報じたところによると、同国情報機関、国内治安総局(DGSI)は25日、北朝鮮に情報を提供していたとしてスパイ容疑で同国上院事務局のブノワ・ケネディ(Benoit Quennedey)容疑者を逮捕した。同容疑者がどのような情報を北側に流していたかなどの詳細なことは明らかにされていない。ケネディ容疑者は過去、何度も訪朝歴があり、今年9月9日の北朝鮮建国70年軍事パレートにも招かれている。

    1
    続き

    女性党首は社民党を救えるか?

     オーストリア野党第1党社会民主党(前身社会党)に130年の党の歴史で初の女性党首パメラ・レンディ=ワーグナー氏(47)が誕生した。オーバーエスターライヒ州ヴェルズで24日開催された社民党(SPO)大会で97・8%の支持を得て、ケルン党首の後継者に選出された。レンディ・ワーグナー新党首は、「党員の支持に感謝する。党員一人ひとりの支持は私にとって燃料だ。私はこれから国民のために走りだす。共に走ってほしい」と述べ、「わが国の初の女性首相を目指す」と宣言し、大拍手を受けた。

    1
    続き

    ローマ法王の訪日に何を期待するか

     ローマ法王フランシスコが来年、日本を訪問する予定だ。バチカンを訪問した河野太郎外相は23日、ポール・リチャード・ギャラガー外務長官と会談し、フランシスコ法王が訪日を願っていることを受け、訪問の準備に乗り出すことで一致したという。実現すれば、1981年2月の故ヨハネ・パウロ2世以来、38年ぶりとなる。

    1
    続き

    「赤の商人」中国がイスラエルに接近

     「われわれは5000年の歴史を誇る。あなたがたイスラエルは3500年の歴史を持っている。それに比べると米国は200年余りの歴史しかない」

     中国のビジネスマンがイスラエルを訪問し、商談する時、必ずと言っていいほど上記のセリフを吐くという。自国を誇り、商売相手のイスラエルを称賛する一方、米国を軽蔑する時の常套セリフという。海外中国反体制派メディア「大紀元」(11月23日)が報じていた。

    1
    続き

    韓国よ「反日」と「愛国」は全く別

     韓国に今最も必要なことは本当の「愛国心」を醸成することではないか。その前提条件は「愛国は反日とは全く別だ」という認識を持つことだ。

     韓国の為政者たちは過去、愛国心を高めるために「反日」を恣意的に扇動してきたが、「反日」と結びついた「愛国」は本当の愛国心とは成り得ない。

    11
    続き

    元首相よ「人生の勝負」はこれからだ

     日本でも存命中の元首相となればかなりの数になるだろう。最高年齢の中曾根康弘氏を筆頭にランダムに書くと小泉純一郎氏、細川護熙氏、村山富市氏、森喜朗氏、麻生太郎氏、鳩山由紀夫氏、野田佳彦氏、そして菅直人氏だ。小泉さんや安倍さんを除けば短命政権だったため、名前を思い出すのも大変だ。医学の発展もあって、現役を終えて引退後も長く生きる政治家は今後増えるだろう。

    3
    続き

    欧州の牙城「ポーランド教会」の告白

     ポーランドのローマ・カトリック教会は共産政権時代でも大きな影響力と権威を誇ってきた。ポーランド統一労働者党(共産党)の最高指導者ウォイチェフ・ヤルゼルスキ大統領でさえも「わが国はカトリック教国だ」と認めざるを得なかったほどだ。

    3
    続き