«
»

ワシントン発 ビル・ガーツの眼 rss

米政府、北朝鮮のサイバー攻撃めぐり警告

 米連邦捜査局(FBI)と国家安全保障省(DHS)はこのほど、北朝鮮がマルウエア(悪意あるソフトウエア)を使って乗っ取ったコンピューターのネットワークを築き上げようとしていると警告を発した。このネットワークは、重要インフラへの大規模なサイバー攻撃に利用される可能性があるという。

3
続き

中国向けラジオ放送 トランプ政権、予算削減へ

 トランプ政権は、米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)の予算に大なたを振るい、中国向けのラジオ放送を縮小しようとしている。ワシントンのRFA本部の発表を受けて、連邦議会議員らから強い反対の声が上がった。

3
続き

ロシアが極超音速ミサイル試射

 ロシアは新型の極超音速巡行ミサイル「ジルコン」の試験発射を行った。国防総省は米軍艦艇への脅威になるとして懸念を強めている。米情報機関が追跡したとされるが、詳細については明らかになっていない。

2
続き

中国サイバー攻撃に民間企業協力

 中国広州に本社を持つサイバーセキュリティー企業、博御信息(Boyusec)が同国情報機関、国家安全省の世界的なサイバー情報活動を行っていたことが、サイバーセキュリティー専門家らによって明らかにされた。専門家からは、中国によるサイバー攻撃のリスクの再検討を求める声が上がっている。

5
続き

中国製機器が米国防総省に、通信傍受や破壊工作の懸念

 中国政府との関連が指摘される同国大手通信機器メーカー、中興通訊(ZTE)が、米国防総省と国土安全保障省に通信設備を売却していたことが、国防総省科学委員会の報告「サイバー・サプライ・チェーン」で明らかになり、通信傍受や破壊工作へ新たな懸念が生じている。

2
続き

米海軍、中国をリムパックに招待 容易な情報収集許す

 リチャードソン米海軍作戦部長は、米軍の優位の必要性について強調する一方で、海軍演習への中国のスパイ活動にはそれほど懸念を抱いていないようだ。

 リチャードソン氏は戦略国際問題研究所(CSIS)のアジア海域の支配への対抗に関する会議で、通常の紛争を抑止する米軍の能力が、他国の情報収集と指揮・統制の能力の向上によって損なわれていると指摘、「この傾向は大きな問題であり、急を要する」と語った。

6
続き

米海軍、ミスチーフ礁近海で「航行の自由作戦」

 米国防当局者によると、米海軍艦艇は南シナ海で行った「航行の自由作戦」で、落水者の救難訓練を含む機動訓練を行っていた。中国の領有の主張を強く否定することを狙ったもので、作戦が通常の航行にとどまらないことを示す前例になるとみられる。

1
続き

北朝鮮で体制へ不満の兆候

 北朝鮮の脱北者らによると、北朝鮮国内で金正恩体制への反発が強まっていることを示す出来事が相次いでいるという。

 米人権擁護団体「北朝鮮自由連合」の会長で、北朝鮮問題専門家のスザンヌ・ショルテ氏は4月、脱北者らを招いて会議を開催し、北朝鮮国内情勢について意見交換した。

2
続き

脅威にさらされる米軍衛星通信システム

 米軍の衛星通信がサイバー攻撃、レーザー兵器、通信妨害機器、衛星破壊兵器など外国の数々の兵器の脅威にさらされている。国防総省国防科学委員会が1年間に及ぶ軍事衛星システムの評価を基に作成した調査報告でこう指摘した。

1
続き

CIA長官、亡命の北元駐英公使と会見

 米中央情報局(CIA)のポンペオ長官が、4月末から5月初めにかけての極秘の韓国訪問時に、韓国に亡命した北朝鮮の太永浩元駐英公使と会い、北朝鮮の金正恩体制に対する反乱の可能性について話し合っていたことが、米情報当局者の話で明らかになった。

3
続き

ランサムウエアめぐりMSが情報機関を非難

 世界150カ国でコンピューターウイルス「ランサム(身代金)ウエア」によるハッキング被害が確認されたことを受けて、コンピューターソフトの脆弱(ぜいじゃく)性を知っていながら、隠していたとして、情報機関への批判が高まっている。

4
続き

トランプ氏が大統領令、送電網へのサイバー攻撃に対応

 トランプ米大統領は11日、送電網へのサイバー攻撃に備えるよう政府に命じる大統領令に署名した。米軍幹部が、米国の重要インフラがサイバー攻撃に対して脆弱(ぜいじゃく)と証言したことを受けた措置で、サイバー攻撃による長期的な停電への対策を検討することを求めている。

3
続き

極秘無人宇宙往還機Ⅹ37Bが帰還

 宇宙に滞在していた米空軍の無人宇宙往還機X37Bが7日、これまでで最長718日間の飛行を終えて帰還した。X37Bはスペースシャトル型で全幅8・7㍍、フロリダ州ケープカナベラルのケネディ宇宙センターに着陸する際、周辺数㌔内で、超音速飛行時に発生するソニックブームが聞こえたという。

2
続き

米軍特殊部隊、北朝鮮有事へ作戦本格化

 米特殊作戦軍のトマス司令官は議会での証言で、韓半島で将来起こり得る紛争に備えて、米軍特殊部隊が北朝鮮の核、ミサイルなど大量破壊兵器の場所を特定し、破壊する作戦への取り組みを本格化させることを明らかにした。

6
続き

米国の安全脅かす中国のスパコン

 中国は、先進兵器の製造に使用する高速スーパーコンピューターの開発で米国をしのごうとしている。米国家安全保障局(NSA)とエネルギー省は、最近行った共同研究で、この分野で後れを取れば、米国の安全保障にとって脅威になると警鐘を鳴らし、政府にスパコン開発への取り組みの強化を求めた。

2
続き

政治利用される機密取扱許可

 米ホワイトハウス内での職務に不可欠な国家機密情報へのセキュリティークリアランス(機密情報取扱許可、TS/SCI)が、トランプ大統領の上級顧問らのホワイトハウス入りを阻むための情報機関による権力闘争に利用されている。  2月、アフリカ問題の専門家で、当時のフリン大統領補佐官(国家安全保障担当)の側近だったロビン・タウンリー氏のセキュリティークリアランスが情報機関によって拒否された。

2
続き

敵ミサイルを発射前に破壊

 国防総省は、新型ハイテク防衛システムの一環として、敵ミサイルを発射前に攻撃するためのサイバー兵器、電子戦兵器の開発を進めている。国防総省高官らが昨年4月、連邦議会で明らかにしていた。

3
続き

ロシア、反米軍情報戦を強化

 ロシアは、東欧の各国政府や、駐留する米軍への信頼を損ねることを狙った偽情報活動を活発化させている。米政府当局者が明らかにした。

 米当局者は「数多くのフェイクニュース、プロパガンダ、うそがこの2週間の間に出回った。一部にすぎないが特に挙げるとすれば、ポーランド、エストニア、ウクライナで顕著だ」と偽情報がインターネット、ニュースメディアを通じて拡散していることを指摘した。

2
続き

急速に進む北朝鮮のSLBM開発

 北朝鮮の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)とミサイル搭載潜水艦の開発が急速に進んでいる。国連の専門家会議の報告から明らかになった。8人の専門家からなる委員会は、「短期間で急速な技術開発が行われ、実用可能な潜水艦発射弾道ミサイルシステムへと大きく近づいている」と指摘した。

3
続き

「忍耐」から「圧力」へ トランプ政権、対北政策を転換

 米国のトランプ政権が北朝鮮に対する外交・軍事的圧力を強める一方で、北朝鮮は先週末、実施の可能性が指摘されていた核実験を見送った。米政府は新たな対北朝鮮政策を策定し、「忍耐」から「圧力」へと転換した。核兵器と長距離ミサイルの開発計画を放棄させるための圧力を強め、物資、資金の調達を困難にするための追加制裁なども検討している。

4
続き

シリア化学兵器攻撃でロシアが情報操作

 米政府は今週、シリアに対する巡航ミサイル攻撃の引き金となった化学兵器攻撃に関する電子・画像情報をもとに新たな情報を公開した。数十人の死者を出した化学兵器攻撃についての記者へのブリーフィングで政府高官は、ロシア政府は、同盟国シリアのアサド政権への批判をかわすために情報操作を行い、偽情報を流したと指摘した。

2
続き

北朝鮮への軍事行動恐れる中国

 米国が空母打撃群を韓半島近海に派遣、北朝鮮が新たに地下核実験を行う兆候が出ていることを受けて、北東アジアでの緊張が高まっている。

 空母カール・ビンソンの派遣に先立ち、トランプ米大統領と中国の習近平国家主席が先週、フロリダ州で北朝鮮問題を中心に会談を行ったばかりだ。

 両首脳は、北朝鮮問題について意見を交換し、米政府高官によると「この問題が差し迫っているということで相互に理解を示した」という。

7
続き