■連載一覧
  • 米朝“宴の後”で 非核化・拉致問題の行方
  • 米朝首脳会談の焦点
  • どうなる米朝首脳会談
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 2018/6/14
  • 2018/6/07
  • 2018/5/23
  • 2018/5/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    「仕事よりも家庭優先」は非難されること? 物議をかもし出す若者の意識調査

     先週19日に内閣府から、「仕事よりも家庭とプライベート」という若者が6割を超えたという結果が公表されました。内閣府は去年、16歳から29歳の男女1万人に仕事に対する意識調査を行い、「仕事よりも家庭・プライベートを優先する」と回答した人は63.7%で、6年前の調査に比べて10ポイント増加。「家庭・プライベートよりも仕事を優先する」と回答した人は12.7%で、6ポイント減少していました。この結果を受けてネット上では、「当然だ」とする意見と、「嘆かわしい」という非難の意見に分かれ、物議をかもしいました。あなたはこの結果についてどう思われますか?

    ●将来性が見えない仕事が不安でプライベートを優先

    3
    続き

    保守派への攻撃続けるSPLC

    米コラムニスト マーク・ティーセン

     非営利団体「南部貧困法律センター(SPLC)」は、偏狭な考えから、善良な人々に対しいわれのない中傷をしてきたが、ようやくその責任が問われることになった。イスラム過激派だったマージド・ナワズ氏が、いんちきの「反イスラム急進派へのフィールドガイド」に参加させられたとSPLCを訴え、SPLCは今週、和解金337万5000㌦を支払い、公式に謝罪することで合意した。

    1
    続き

    諸命以と豈国無也にみる古事記と日本書紀の違いとは

    古事記と日本書紀は、それぞれが実に明快に、その目的を冒頭に述べています。 それが、  諸命以(もろもろのみこともちて・古事記)と  豈国無也(あにくになけむや・日本書紀)です。

    ◎楽太鼓  古事記と日本書紀の違いには諸説あって、どれもなんだか帯に短し、たすきに長しという具合で、なかなか「これだ!」という決め手になるような違いを説明したものが見当たりません。

    0
    続き

    先端技術を盗み出す中国

     中国政府は、米国に対する経済的攻勢の一環として、さまざまな手法で米国の先進技術を盗み出している。ホワイトハウスは19日、報告書「中国の経済的攻撃が米国と世界の技術・知的財産にいかに脅威となっているか」を公表、中国への技術、知的財産の流出に警鐘を鳴らした。

    7
    続き

    安倍総理ほど海保の重要性を知っている政治家はいない!

    安倍総理になってから沿岸警備予算が上積みされたことは、あまり知られていないのではないかと思います。 海上保安庁の平成30年度の予算総額は2,106億円ですが、 とあるOBに伺ったところによると「2,000億円を超えることは絶対にないと思っていた」そうです。 それだけ沿岸警備に関しては目が行っていなかったということでしょう。

    安倍総理は「海上保安庁なかりせば、今の海の安全、ひいては、日本の繁栄はなかった。」と、海上保安制度創設70周年で挨拶されました。 (産経ニュースに全文記載されておりますが、下段に全文引用させて頂きましたので、ぜひお読みいただければと思います。) 昨年度の当初予算要求に対して、100億円増やすという異例ともいえる措置をしたことも、沿岸警備に関して非常に関心を持っていることの現れです。

    1
    続き

    振り袖の販売・レンタル業「はれのひ」…

     振り袖の販売・レンタル業「はれのひ」(横浜市)=破産=の元社長、篠崎洋一郎容疑者(55)が詐欺容疑で逮捕された。新成人を対象に新規契約を取り続けていたが、今年の成人の日を前に営業を突然取りやめたため、成人式に晴れ着を着られない被害者が続出した。

     篠崎容疑者は1月の記者会見で「被害者に個別に謝罪しなきゃいけないと思う」と述べたが、6月の債権者集会にも出席せず、その後謝罪もなく姿を隠していた。一昨日米国から帰ったところを逮捕された。

    0
    続き

    洗礼式で泣く幼児を叩いた老神父

     喜怒哀楽という言葉があるが、その中でも「怒り」という感情は最も怖い。怒りを爆発させたゆえに、その人の人生が変わったという人もいるだろう。以下は、神に仕える聖職者が怒りを抑えきれなかった結果、生じた不祥事の話だ。

    0
    続き

    「桑の実の落ちてにじみぬ石の上」(佐藤漾人)…

     「桑の実の落ちてにじみぬ石の上」(佐藤漾人)。子供の頃、母方の実家へよく遊びに行った。庭にはキュウリやナス、カボチャ、白菜、ネギなどの野菜と少しばかりの花が植えられ、その向こうの畑は一面、桑の木だった。

     その頃は、なぜ食べられない桑ばかりが植えられているのか不思議だった。リンゴやナシ、モモを育てればいいのにと思った。

    0
    続き

    【シアトル日程】流通最前線となるITやオムニチャネル、フィンテックを視察するⅢ!

    ■シアトルでの視察2日目にはタコマ方面に向かう。シアトルから南下する前に、ウォルマート・グローサリーでネット注文しておくのだ。カーブサイド・ピックアップのウォルマート・グローサリーでは指定された駐車スペースに到着すると同時に、ネット注文した商品を持ってきてくれる。ウォルマートが顧客の位置情報をモニタリングするシステムを確認するのだ。

    1
    続き

    性犯罪問題で米枢機卿に聖職停止

     ローマ・カトリック教会の聖職者による未成年者への性的虐待事件を書いているときりがないが、ローマ法王に次ぐ高位聖職者、枢機卿の性犯罪容疑となるとやはり無視できない。記録しなければならない。以下、バチカン・ニュースが21日、大きく報道した内容だ。

    0
    続き

    昨年1年間の全国の山岳遭難者数は3111人、…

     昨年1年間の全国の山岳遭難者数は3111人、死者・行方不明者は計354人に上り、いずれも過去最多を更新。遭難者の約半数は60歳以上だった。高齢者登山ブームの中、頭の痛い問題だ▼日本人の健康寿命が延び、高齢でも登山ができるようになった。しかし、多発する交通事故が問題となっている高齢ドライバーと同様、自分の体力や運動能力への過信は禁物だ。若い時に登山の経験がなく、時間に余裕のできた高齢になって始めたという人なら、なおさらである▼もう一つ最近の傾向で気になるのは、外国人の遭難が増えていること。昨年はその数121人に上り、外国人遭難者の統計を取り始めた2013年の2・8倍で、これも過去最多となった。外国人旅行者が増加し、日本の山の魅力が世界に知られるようになるのは喜ばしいのだけれど▼知り合いの外国人留学生が昨年、留学生仲間と富士山に登った時の写真を見せてもらったが、その軽装に驚いた。天候の変わりやすい日本の山の怖さを知っているとは思えない。しかも、若さに任せた、いわゆる弾丸登山に近い強行軍だった▼警察当局は民間団体と連携し、万全な装備を呼び掛ける外国語のリーフレットを外国人登山者に配布するなど、取り組みを進めている▼来月1日は富士山の山開き。いよいよ夏山シーズンが始まる。自然を甘く見ず、自分の体力・判断力を過信しないで、安全な登山を楽しんでもらいたい。

    0
    続き

    言語がつくる思考回路と、日朝・日韓交流の限界

     会員学生の皆さん、こんにちは。

    ほーら、きたきた+(笑)

    ■【日朝首脳会談へ本格調整 金正恩氏「安倍首相と会ってもよい」 トランプ大統領に伝える】https://www.sankei.com/world/news/180614/wor1806140005-n1.html  まあこの記事を読む限り、二者会談については、概ね私が前回書いた会談の妄想再現」どおりのようですね(^_^;)

    0
    続き

    おじいちゃんの大切な一日

    キサゲって、鉄をピカピカに平らにするんだ。 だけど髪の毛の10分の1位のデコボコを残すんだ。 そうすると、ボコの所に油が流れて、 機械の動きがスムースになるんだ。 イシさんくらいの大ベテランになると、 指で触っただけでデコボコが分かるんだ。

    0
    続き

    ロマンあふれる職業

     このほどルソン島サンバレス州の沖にある島で、4人の日本人が逮捕される事件があった。地元メディアの報道によると4人の肩書は「トレジャーハンター」。インディージョーンズを彷彿(ほうふつ)とさせる職業が、フィリピンには依然として存在するのだ。

     地元警察によると4人は、フィリピン人労働者13人を雇い、当局の許可を受けずに1カ月近くもトンネルを掘り、財宝を探していたという。

    0
    続き

    目の不自由な人、耳の不自由な人にも通じる万国共通語

    “Kindness is a language which the deaf can hear, and the blind can read.” —Mark Twain 「親切というのは、耳の不自由な人が聞くことができ、目の不自由な人が見ることのできる言葉だ」 —マーク・トウェイン (訳 舟田譲二)

    0
    続き

    大麻の「解禁」は麻薬依存の道開く

     カナダのトルドー首相は20日、同国上院でマリファナ(乾燥大麻)の小規模生産、使用を認める法案が可決されたことを受け、10月17日を期し同法案を施行すると明らかにした。カナダのメディアによれば、同首相は、「可決後、8週間から12週間後に施行できるが、地方で準備に時間がかかるという声があるので施行期日を少し遅らせた」と説明している。

    0
    続き

    「私みたいな何の権力もない個人」と人気…

     「私みたいな何の権力もない個人」と人気女性作家が書いていた。だが「何の権力もない個人」なぞいない。赤ちゃんでも泣くことで権力を行使する。特に人気の高い作家である以上「作品を書いてほしい」と思っている編集者はたくさんいる。彼らにとって、この女性作家は権力者そのものだ。

     こうした事情は分かっているのに「権力がない」と言いたがる。「自分には絶大な権力がある」などと強調する必要はない。しかし「権力がない」と事実に反することまで述べることもない。

    2
    続き

    圧倒的なサッカー熱気

     サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会が盛り上がっている。W杯観戦の最高の醍醐味(だいごみ)といえば、開催国の試合会場で選手たちのプレーを直(じか)に見ることだ。かくいう記者も、前回のブラジル大会ではスタジアムに足を運び、会場を取り巻く雰囲気と熱気に圧倒された。

    3
    続き

    相乗り首長よ、小4少女の命を奪った者を庇うな

     6月18日大阪を襲った地震により、小学校4年生(9歳)の少女がブロック塀の下敷きになって亡くなるという痛ましい事故が起きた。このブロック塀が建築基準法に違反しているということで、現在、高槻市教育委員会や少女が通っていた高槻市立寿栄小学校に世間の非難が集まっている。

     地震時のブロック塀の危険性については従来から指摘されており、材料や基礎、鉄筋の入れ方など建築基準法では設計基準を設けて細かく規定している。もちろん、これらの全てを発注者が事前にチェックすることは困難であろう。しかし、今回、問題になっている高さについては、誰が見ても一目瞭然だ。ブロック塀の高さは、建築基準法施行令第62条の8第1号において明確に「2.2m以下とすること」と規定されている。ところが、少女の命を奪ったブロック塀の高さは地上3.5mだった。3.5mのブロック塀を見て2.2mと見間違う者はいない。

    9
    続き

    日の丸を胸に闘う若者たち、がんばれ日本!

     サッカーワールドカップの予選で、まさかの番狂わせというか、日本チームが史上初めてワールドカップで南米の強豪コロンビアに勝利しました。

     私はサッカーはほとんどわからないので、その試合の解説や分析はほかのブログやニュースを見てください。

    1
    続き

    韓国は国際社会の和を乱したいのか?

    韓国の考えていることがよくわからない。何も今に始まったことじゃないけども、反日世論を盛り上げて国民を団結させようという考えはとても浅はかで、手法が古い。

    韓国の外相、康京和が慰安婦問題をめぐる対外発信を強める方針を示したらしい。一体何を考えているのやら。慰安婦問題は日韓政府間で完全に解決されたはずであり、そもそも戦後から何年経っているのか考えたことはあるのか?

    3
    続き

    児童虐待問題と家庭の崩壊

     日本で児童への虐待事件が多発しているという。犠牲者が児童や幼児の場合、悲惨だ。加害者が両親の場合、なおさらだ。親は本来、子供の成長を願い、健康ですくすくと育ってほしいと願うが、実際はそうではないケースが出ている。

    2
    続き

    長射程砲の脅威

     戦争が起こった時、最も多く犠牲になるのは軍人たちではなく、民間人の方だ。矛と盾で武装した古代の戦争よりも、遠く離れても正確な打撃が可能な最先端兵器を動員した現代戦の方で民間人犠牲者の比率が高いのはアイロニーだ。

    0
    続き