■連載一覧
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 平壌共同宣言の波紋
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 2018/10/15
  • 2018/10/04
  • 2018/9/26
  • 2018/9/25
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 米朝首脳会談の焦点
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/6/07
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    這ってでもタスキをつなぐ!素晴らしい根性だと私は思う!

     21日に行われた宗像プリンセス駅伝で脛を骨折しながら這ってタスキを渡した選手を私は凄いと思います。

     その根性と使命感に大きな拍手を送りたいと思います。

     足の骨折というのは私も経験がありますが、激痛が走ります。いくらアドレナリンが出ていても、とても痛かったはずです。それでもチームに迷惑をかけたくないという一心でのタスキをつないだ根性を私は称賛していいものだと思います。

    0
    続き

    観光馬車フィアカーの廃止論

     ウィーン観光の目玉の一つ、観光馬車のフィアカーを廃止すべきとの声が出てきた。フィアカーが路面を痛め、その修理代も馬鹿にならないからだという。これに対し、ルドヴィク・ウィーン市長は「フィアカーは市の文化財だ」と、廃止には消極的だ。

    0
    続き

    マティス国防長官の辞任はトランプ政権の政治リスクを増大させる

    トランプ大統領がTV番組の取材中にマティス国防長官の辞任の可能性を示唆した。事実であれば、ニッキー・ヘイリー国連大使に続くトランプ政権を揺るがす辞任になる可能性がある。

    0
    続き

    世論調査が示すドイツ政界の「変動」

     独公営放送ARDが10月16、17日の両日、1040人の有権者を対象に実施した「政党支持トレンド」調査結果を先ず紹介する。

     ①「キリスト教民主・社会同盟」(CDU/CSU)・・25%  ②「同盟90/緑の党」・・19%  ③「ドイツのための選択肢」(AfD)・・16%  ④社会民主党(SPD)・・14%  ⑤自由民主党(FDP)・・11%

    1
    続き

    意地を張ればプロなのか!?平成生まれからすれば老害に見える公演ドタキャン騒動

    1967年に「ザ・タイガース」のリードボーカルとしてデビューしたジュリーこと沢田研二さん。平成生まれの私はジュリーの名前は知っていても全盛期にどれほど人気があったのか全く知りませんでした。今月17日、さいたまスーパーアリーナでのコンサート本番直前、「契約上の問題」を理由に開演を中止。中止を決断したのは沢田さん本人であることを報道陣の前で明かしており、コンサートドタキャンに対して、SNS上だけでなく様々な芸能人も物議を醸しだしています。

    力不足、申し訳ないと謝罪するも、意地を貫き通しドタキャン

    4
    続き

    オーダーメードの教育

     先日、近所のコンビニがいつの間にか個別学習塾に変わっていた。不登校や発達障害、心身の疾患を抱える子供や日本語が不十分な外国人児童など、個別対応を必要とする子供が増える中、一人ひとりにきめ細やかな対応ができる個別指導の塾へのニーズが年々高まっている。

     先週、某テレビ番組を見ていたら、イノベーティブな教育ベンチャーとして、人工知能(AI)を活用した究極の個別指導の学習システムを紹介していた。生徒の理解度や進度、ミスの傾向、学習履歴など、あらゆる情報をAIがリアルタイムで診断し、一人ひとりに最適の学習プログラムを提供する、言わばAIによる“オーダーメードの教育”である。

    0
    続き

    “風の又三郎”が暴れ回っているように、…

     “風の又三郎”が暴れ回っているように、トランプ大統領の米国は次から次へと難題が襲来している。その一つが、治安悪化と貧困が深刻な中米ホンジュラスなどから2000人以上の集団が米国移住を目指して北上している問題である。

     メキシコからの不法移民対策では、国境への壁建設を主張してきた。今回の事態を前にトランプ氏はツイッター投稿で、メキシコに不法移民の襲来阻止を求め「もしできなければ、米軍を動員して南部国境を閉鎖する」と迫っている。

    1
    続き

    京都新聞社説を批判する 民意なら違法でもいいのか

    10月19日(金)の京都新聞に「辺野古移設「対抗措置は民意無視だ」が掲載された。

    京都新聞は、先月末の沖縄県知事選で、翁長雄志前知事の後継者である玉城デニー氏が大勝し、「辺野古ノー」の民意が再び示されたにも拘わらず、政府は地元の民意を切り捨てる形で行政不服審査の手続きをしたことは移設の強行であると批判している。そして、政府に求められるのは、工事再開へ突き進むことではなく、沖縄の重い負担を軽減するためのあらゆる可能性を探ることではないかと述べ、そのためには「解決策は辺野古が唯一」との姿勢に固執せず、新しいリーダーを迎えた県との話し合いに立ち戻るべきだと主張している。

    2
    続き

    立憲民主党に入ったら政策が実現しやすくなる?ご冗談を。

    参議院愛知選挙区選出で、現在無所蔵の参議院議員がまもなく立憲民主党に入党されるそうだ。

    まあ、無所属のままだと再選は難しいだろうから、少しでも有利に選挙戦を戦うために立憲民主党に入党されるのは一つの合理的選択だろうと思うが、しかし立憲民主党入党の理由があまりにも奮っていて、つい笑ってしまった。

    「立憲という政党に入った方が政策を実現することができると考えた。」

    1
    続き

    文部科学省幹部の逮捕は何を予言しているのだろう

     文部科学大臣や文科省の幹部は、国民への信頼回復に取り組むと発言している。今年の夏に文科省の局長クラスが2名、立て続けて逮捕された。先に逮捕されたのは元学術政策局長の佐野太容疑者で、東京医科大学に私大支援事業の選定で便宜を図る代わりに見返りに息子を裏口入学させたというものだった。次に逮捕された国際統括官の川端和明氏の容疑は、約140万円相当の飲食接待である。これらの逮捕に対してメディアは左右ともに文部科学省が腐敗しているかのごとく報道した。昨今の大臣や次官が「国民への信頼回復に向けて取り組む」といった趣旨の発言は、その意味で正しい。

     しかし、そのために一体何ができるというのだろう。私は、そもそも「文部科学省が昨今腐敗したために幹部が逮捕された」などとは全く思っていない。佐野太容疑者が受け取ったとされている賄賂は「我が子の大学合格」である。「不正入学が賄賂である」のであれば、検察は男女で合格ラインを不正に替えていた私立医大関係者などに対して徹底的に犯罪調査を実施すべきである。また、川添和明容疑者が受けていた飲食接待は複数回と言われているので、一度の接待は数十万円に過ぎなかったはずである。文教部門でこの額の接待は珍しいかもしれないが、建設部門など巨大な予算が動く分野では、その程度の接待は決して珍しいことではなかった。

    3
    続き

    殺人現場の「音声記録」は何を語るか

     サウジアラビア検察当局は20日、トルコのイスタンブールにあるサウジ総領事館で今月2日に行方不明になった反体制派ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏は死亡したと初めて公式に認めた。

    1
    続き

    安保語る資格ない共産

     陸上自衛隊の観閲式が10月14日、朝霞訓練場(陸自朝霞駐屯地)で3年ぶりに開催され、安倍晋三首相は自衛官を前にして次のような訓示を行った。

     「今や国民の9割が敬意をもって自衛隊を認めています。60年を超える歩みの中で、自衛隊の存在はかつては厳しい目で見られた時もありました。それでも歯を食いしばり、ただひたすらに、その職務を全うしてきた。(中略)次は政治がその役割をしっかり果たしていかなければならない。すべての自衛隊員が強い誇りを持って任務を全うできる環境を整える。これは今を生きる政治家の責任であります。私はその責任をしっかりと果たしていく決意です」

    4
    続き

    黒部峡谷鉄道の終点、欅平駅(富山県黒部市)…

     黒部峡谷鉄道の終点、欅平駅(富山県黒部市)と黒部ダム(立山町)を結ぶ関西電力の工事用資材の輸送路「黒部ルート」(約18㌔)が、2024年度をめどに一般開放されることになった。

     発電設備の保守や工事に使われるルートで、普段は作業員しか通行できない。かつては完全非公開だったが、1996年から「黒部ルート見学会」という形で公募による限定公開をしていた。

    0
    続き

    マケドニア議会、改憲審議開始へ

     マケドニア議会は19日、国名変更に関する憲法改正手続きを開始することを決めた。スコピエ(首都)からの情報によると、国名を「マケドニア旧ユーゴスラビア共和国」から「北マケドニア共和国」に変更する憲法改正手続きの開始が議会定数120議席の3分の2に当たる80票を獲得して採択された。

    0
    続き

    「いちじくをもぐ手に伝ふ雨雫」(高浜虚子)…

     「いちじくをもぐ手に伝ふ雨雫」(高浜虚子)。農業に従事している知人からイチジクのジャムが送られてきた。今年の夏は特に暑かったので、大量に実が熟したのだという。

     イチジクは漢字で「無花果」と書くが、この漢字を見るたびに違和感を覚える。秋の季語でもあり、稲畑汀子編『ホトトギス新歳時記』には「高さ三メートル以上になることもある落葉樹。花が咲かずに実るというのでこの字をあてているが、実際は初夏、葉のつけ根に卵形で緑色の花嚢を生じ、その内側に小さい粒々の花を無数につけている」とある。

    1
    続き

    人の名誉を大切にする

    いまでいう小学校4年生向けに発刊されていた戦前の『尋常小学修身書巻四』に「人の名誉を重んぜよ」という抄があります。ご紹介します。 文章はそのままに、文語表現を現代文にあらためています。

    ******尋常小学修身書巻四 人の名誉を重んぜよ

    1
    続き

    【メイシーズ】小売史上で最大規模のVR導入事例!も部屋のデザインがめんどくさい?

    ■メイシーズは16日、不動産サービス向けのバーチャル・リアリティ(VR:仮想現実)/AR(拡張現実)コンテンツを開発しているマークセント(Marxent)と提携し、VR技術を活用した家具販売を展開することを発表した。圧倒的な没入感によるインタラクティブで体験で家具売上を伸ばし、部屋のインテリアと合わなかった等の返品を抑える。

    「小売史上で最大規模のVR導入」と謳った展開ではニューヨークにある旗艦店ヘラルドスクエア店やサンフランシスコ・ユニオンスクエア店など国内の70店舗でVRを活用した家具販売を展開する。2019年1月までには、新たに20店舗への導入を拡大する計画もある。

    0
    続き

    フランシスコ法王は革命家ではない

     世界に約13億人の信者の抱えるローマ・カトリック教会の最高指導者ローマ法王フランシスコは10日、バチカンのサンピエトロ広場の一般謁見の場で、「妊娠中絶は殺人請負人を雇うことと同じだ」と発言した。その発言が報じられると、教会内外で大きな波紋が生じた。

    1
    続き

    沖縄基地反対の人との議論の続き どこまで続くぬかるみぞ

    【Hitomi Akasaki】

    極右の方ってアジアの一員として平和と経済を共に伸ばすってことも驚異的なアイディアなんだろうね、

    【井上 政典】

    そしてここは危ないから非難しろと言って住民を外へ出し、代わりにその壕に入って米軍と戦い住民が逃げる時間を稼いだという話を古老の方から聞いたことはないですか?

    2
    続き

    ビルのシンクタンク「都市戦略研究所」が…

     森ビルのシンクタンク「都市戦略研究所」が発表した2018年の「世界の都市総合力ランキング」で東京が3年連続3位を保った。しかし、1位のロンドン、2位のニューヨークとの差は広がり、課題も明らかとなった。

     ランキングは「経済」「研究・開発」「文化・交流」「居住」「環境」「交通・アクセス」の6分野で採点。「居住」分野は14位から9位に上げたが、「環境」では12位から29位に落ちた。総合4位のパリが「文化・交流」で大きく伸び、東京に迫っている。

    0
    続き

    カバノー最高裁判事誕生が「トランプ再選」に直結する理由

    ブレット・カバノー氏の最高裁判事承認手続きが米国上院で50対48で通過した。

    本件を巡って同氏の高校時代の性的暴行疑惑が浮上したことで、9月末の承認が10月頭にまで延期される事態となっていた。そのため、今回の採決はFBIによる追加調査結果を待つ形で10月7日に連邦上院で行われたものである。

    3
    続き

    支援物資にまで及ぶ政治腐敗

     がんが疑われた健康問題が浮上して弱気になったのか、しばらく過激発言が減っていたドゥテルテ大統領だが、このほど地方の首長に対する怒りが爆発。再びドゥテルテ節が炸裂(さくれつ)した。

    0
    続き