■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    平壌から届いた「美しい手紙」の中身

     トランプ米大統領は11日、北朝鮮の金正恩労働党委員長から「美しく、温かい手紙を受け取った」と述べたが、平壌から送られた「美しい手紙」の中身はどうだったのだろうか。

    0
    続き

    「旅人の如くに汚れ梅雨の蝶」(上野泰)。…

     「旅人の如くに汚れ梅雨の蝶」(上野泰)。梅雨に入ってから、空が曇っていることが多い。そのせいか、初夏の時期といっても肌寒く感じられることがある。実際、薄めの毛布を掛けて寝ていると、朝方に寒くて目が覚めてしまったほど。

     季節的には、チョウチョやトンボ、ハチなどの虫を見掛けてもいいはずだが、都会では花に集うチョウチョの姿もめったに見ない。

    0
    続き

    極右党「自由党」は立ち上がれるか

     欧州議会選挙(定数751)が先月23日から26日の間、28カ国の加盟国で実施された。その結果、予想されたことだが「欧州人民党」(EPP)と「社会民主進歩同盟」(S&D)の2大会派がこれまで握ってきた議会の過半数を失う一方、欧州連合(EU)懐疑派やポピュリズム派政党が議席を増やしたことから、欧州議会の運営が一段と難しくなった。

    1
    続き

    奈良の都、平城京の心臓部だった平城宮跡…

     奈良の都、平城京の心臓部だった平城宮跡歴史公園に行って驚いた。復元された大極殿の南側に、工場のような大きな建物が二つ建っていたからだ。実はこれ、昨年から本格復元工事が始まった南門のための施設。

     大極殿は天皇の即位や元日の儀式など重要な行事が行われた舞台である。第一次大極殿院の復元事業は、南門のほか、南北約320㍍、東西約180㍍の築地回廊を当時のままに復元し、往時の都、宮殿の壮大さ壮麗さを体感してもらおうというものだ。

    0
    続き

    晴れ舞台の卒業式の日

     6月1日土曜日、全国の高校で卒業式が行われ、約2万5000人が卒業した。その日は、1教科につき6時間にも及ぶ卒業試験をパスした高校生たちの晴れ舞台の日だ。

     午前中は卒業式。一人一人に高校を卒業した証しであるラッキ(Lakki)という黒いツバがある白い帽子と、卒業試験結果が記載されている卒業証書が授与される。クライマックスは、全員一斉にラッキをかぶる瞬間だ。

    0
    続き

    独CDU「トランプ評価」で分裂

     メルケル独首相は先月30日、米国のエリート大学、ハーバード大の卒業式で演説し、トランプ米大統領の政治を国際連携を無視した一方的な政策であり、自由貿易を否定する保護貿易主義的な傾向が強いと厳しく批判して、学生や教授陣から拍手を受けたばかりだが、メルケル首相が2021年、首相任期を満了した後の次期首相最有力候補者、与党「キリスト教民主同盟」(CDU)のクランプ=カレンバウアー党首は今月12日、ベルリンの独米会議で演説し、トランプ大統領の政策、特に、安保政策を評価し、北大西洋条約機構(NATO)への軍事費支出を増加すべきだと主張した。「トランプ評価」で独現首相と次期首相候補者の間に大きな相違が浮かび上がってきた。

    0
    続き

    横浜市の神奈川近代文学館で「江藤淳展」…

     横浜市の神奈川近代文学館で「江藤淳展」(7月15日まで)が開催されている。没後20年を記念した企画だ。文芸評論家の江藤は1999年7月21日、神奈川県鎌倉市の自宅で自殺した。享年66。

     見学しながら「批評家の展覧会は珍しい」と思った。小林秀雄(83年没)の展覧会は行われたのだろうか?とも考えた。そもそも、その批評家について論じられた単行本があるのは、北村透谷(1894年没)、小林、吉本隆明(2012年没)、江藤の4人ぐらいだ。

    0
    続き

    気の毒な中国の若者たち

    天安門事件の記憶が消え去ったわけではないのに、中国は天安門事件の再来を目指しているのか、と呆れてしまう。

    一国二制度、などという難しい仕組みを取ってきた中国政府がいよいよ香港の直接統治に乗り出そうとしているのだろうか。 香港の若者が気の毒である。 多分、香港の行政長官も気の毒な一人。

    香港の若者たちが声を上げるのは当然である。

    2
    続き

    老後資金、2000万くらい必要なの当たり前だろう。

     また野党やマスコミが政府を切り取り記事で批判して、政府はそれを真っ向から応えず逃げに回るという醜さを露呈します。

     老後資金2000万は必要という根拠を見てみれば;

     夫65歳 妻60歳  貯金ゼロ 収入 20.5万(年金) 支出26万 赤字毎月5.5万円強が前提

     65歳から95歳の30年間の赤字の累計が30年×66万(5.5万×12か月)=2000万というだけのこと。

    5
    続き

    祭り祝うも火事が心配

     イスラエルでは5月22日の夜、ユダヤ教の祭り「ラグ・バオメル」を祝った。過ぎ越しの祭りから数えて33日目に当たるこの日、学校は休みになるが、店や官庁などは平日通りだ。ラグとはヘブライ文字数秘術のゲマトリア数式で33を表し、オメルは麦の束という意味。

    0
    続き

    「おまけ」の人生だからこそ

    倫理研究所理事​長・丸山敏秋「風のゆくえ」 第99回

    生物学者の本川達雄氏(1948〜、東京工業大学名誉教授)といえば、ベストセラー『ゾウの時間 ネズミの時間』(中公新書)の著者として知られる。専門は動物生理学で、ナマコなど棘皮動物の皮膚組織研究の権威。なんとシンガーソングライターでもあるという。

    1
    続き

    高試合格者の転落

     高試(かつて高級公務員、法曹、外交官などの資格付与のため行われた国家試験=高等考試の略語)合格は出世の保証手形だ。行政高試(現、国家公務員5級公開採用試験)に合格すれば、5級事務官の席が保証される。2017年に廃止されたが、司法高試に合格すれば3級判事・検事になれる。高試合格は家門の栄光であり、出身学校・地域の慶事だ。“鳶(とび)が生んだ鷹(たか)”となることを願う貧困層出身者にとって希望の光だった。

    0
    続き

    ホワイトハウスのオークは枯れた

     マクロン仏大統領が昨年4月23日、米国を国賓として訪問した時、フランスからプレゼントとしてオーク(日本語ナラ)の苗木を持参し、トランプ大統領と共にホワイトハウスの庭園で植樹の式典を行った。あれからまだ1年余りしか経過していないにもかかわらず、オークの苗木が枯れてしまったというニュースが流れてきた。

     オークは植樹式典後、外国からの植樹の場合、検疫のために特別の場所に移される。そして正式にホワイトハウスの庭園に移そうとしたとき、オークが既に枯れていることが分かったというのだ。

    0
    続き

    昨年は音楽家ロッシーニの没後150年で、日本…

     昨年は音楽家ロッシーニの没後150年で、日本でもこれを記念してオペラ公演など40件以上の演奏会が行われた。11月には、東京文化会館小ホールで記念展示も開催。

     それらの記録が、先月末刊行された日本ロッシーニ協会紀要『ロッシニアーナ』(第39号)に掲載されている。これにはロッシーニ研究の最新成果が盛られていて、興味を引いたのは同協会運営委員の井内美香さんの「ゼッダ先生の語るロッシーニとその作品」。

    0
    続き

    さて、自民党東京都連の都知事候補選考委員会は機能するだろうか

    衆参同日選挙が回避されることになって大きく影響されることの一つが、来年の東京都知事選挙だろうと思う。

    衆議院の解散がいつになるか分からなくなるのだから、参議院選挙が終ってからも自民党の衆議院議員はおちおちしていられなくなる。 自民党東京都連の中には小池都知事の対抗馬担ぎ出しに熱心な都議会議員もおられるだろうが、自民党東京都連に所属する衆議院議員の大半は、今はそれどころではない、という心境に追い詰められるはずである。

    0
    続き

    韓国メディアよ、自己批判もしながら頑張れ

     韓国メディアも最近急に日韓関係を心配し、文在寅政権の日本無視を批判し出したが、政府批判と同時に自省もしてほしい。

    5
    続き

    「鉄のカーテン」と「移民防止の壁」

     1989年6月27日、冷戦時代の終焉直前、オーストリアとハンガリー間の国境線に敷かれていた鉄条網が切断された。ハンガリー共産党政権(社会主義労働者党)からはホルン外相(当時、後に首相)、オーストリアからはモック外相(当時、故人)が参加して、両国間の鉄条網をカットする式典が行われた。当方は現地で歴史的な瞬間を目撃した。

    0
    続き

    かりゆしウェアの苦い経験

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     6月1日は「かりゆしウェアの日」。この日を境に、沖縄県内では多くのビジネスマンがかりゆしウェアを着用する。

    2
    続き

    米航空宇宙局(NASA)は、早ければ2020年から国際宇宙ステーション…

     米航空宇宙局(NASA)は、早ければ2020年から国際宇宙ステーション(ISS)への「商業宇宙旅行」を認める方針だ。ISS往復にかかる費用は約5800万㌦(約62億円)という。

     桁外れの費用に“金満ジャーニー!”と嫌みの一つも投げ掛けたいところ。その一方で、米国のたゆみない伝統的なフロンティア精神の力強さを思う。宇宙空間のマネジメントを世界に先駆けようと、いよいよ一般国民の宇宙旅行実現に向かう。

    1
    続き

    【パブリクス】セルフスキャニング!さいふを忘れても平気なサザエさんの時代になる?

    ■フロリダ州などに1,218年を展開するスーパーマーケットチェーンのパブリクスがストアアプリでスキャンしながら買い物を行うシステムを導入する。

    レジ待ちやレジ会計の時間を短縮することで顧客満足度を高める決済システムは、お客がスマートフォンに専用アプリをダウンロードして、商品のバーコードをスキャンしながらレジで決済する。

    0
    続き

    「グレタ世代」の蜂起

     スウェーデンの女子生徒、グレタ・トゥーンベリさん(16)は昨年8月、スウェーデン議会前で地球温暖化問題、気候変動対策のための学校ストライキを行ったことで一躍有名となった後、同年12月の第24回気候変動枠組み条約締結国会議に出席。欧米ではグレタさんの活動に刺激を受けた学生や生徒たちが毎週金曜日、地球温暖化対策デモ集会を開催してきた。欧米のメディアではグレタさんの活躍は大きく報道され、最年少のノーベル平和賞候補者に上がるほど有名人となった。

    0
    続き

    成功とは偶然のものではない

    “Success is no accident. It is hard work, perseverance, learning, studying, sacrifice and most of all, love of what you are doing or learning to do.” –Pele 1940 –   「成功とは偶然のものではない。厳しい練習と、忍耐、学習、研究、犠牲などが伴う。しかし何よりも大切なのは、自分がしていることあるいは学んでいることに惚れ込むことだ」 –ペレ、元サッカー選手 (訳 舟田譲二)

    0
    続き

    中国を含む武器管理交渉が必要

     2010年に米露間で交わされた新戦略兵器削減条約(新START)が21年に失効する。トランプ米政権は、新たな条約に中国も参加させて、中露の核戦力増強に歯止めをかけたい意向だが、中国は多国間の武器管理交渉への参加を拒否している。

    2
    続き