■連載一覧
  • 波紋呼ぶLGBT請願
  • 検証’18米中間選挙
  • 人口減少社会を超えて 第2部・戦後人口政策の誤り
  • 新閣僚に聞く
  • 2018/12/06
  • 2018/11/11
  • 2018/10/29
  • 2018/10/25
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    東京・四谷にある母校の上智大を久しぶりに…

     東京・四谷にある母校の上智大を久しぶりに訪れた。卒業生たちの小さな会に出席するためだった。正門に至る土手のサクラは異様なほどの巨木に成長して、卒業以来の歳月の長さを感じさせられた。

     四十数年ぶりだ。早く着いたので、食堂のあるビルに入り、階段を上っていった。3階のフロアには学生専用の無料のプリンターが8台並んでいて、学生たちがノートパソコンのデータを印刷していた。

    0
    続き

    ブッシュ父大統領の米国、勝ち誇らない外交の力

     先日94歳で死去したブッシュ父41代米大統領。その在任時に駐米記者だった私なりの思いをつづりたい。あの時代、米国は東西冷戦終結と湾岸戦争勝利で自信と誇りを取り戻したが、ブッシュ氏は誇っても勝ち誇らない外交大統領だった。そして、人間的、家族的温かさを、大統領と夫人が体現していた。

    1
    続き

    つまずきの石と飛び石の違い

    “The difference between stumbling blocks and stepping stones is how you use them.” –Unknown 「つまずきの石と飛び石の違いは、あなたがそれをどのように使うかだ」 ーー作者不詳 (訳 舟田譲二)

    「同じ石でもつまずくことにもなれば、それが飛び石になることもある」 とても哲学的な言い回しです。

    2
    続き

    核固執は金体制崩壊の火種

     北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が今年6月12日、米朝首脳会談に応じた狙いは米国から体制を保証してもらうことだった。

     年初、金委員長は「米国の全域がわれわれの核攻撃の射程圏内にあり、核のボタンは私の事務室の机に常に置かれている」と脅迫したが、米朝首脳会談に応じたのは米国に降伏したのに等しい。

    1
    続き

    欧州で反ユダヤ主義の拡大を懸念

     欧州で反ユダヤ主義が拡大してきた。欧州に住むユダヤ人を対象に欧州連合(EU)の欧州基本権機関(FRA)_が調査した結果が10日、ブリュッセルで公表された。それによると、多くのユダヤ人は自身の身辺を心配せずに欧州に住むことができなくなってきたと感じている。FRAの調査報告によれば、欧州居住のユダヤ人はバンダリズム、中傷、威嚇、暴力などに直面している。反ユダヤ主義の最大の舞台はインターネットやソーシャルネットワークだという。

    3
    続き

    卓球参戦でプロスポーツ王国に

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄では、新たなスポーツ観戦の楽しみが増えた。

     今年、卓球のプロリーグが開設された。わずか4チームの中の一つが、沖縄の琉球アスティーダだ。リオ五輪男子団体銀メダリストの丹羽孝希選手、福原愛選手の夫で台湾代表の江宏傑選手らが所属するなど、他チームと対等に戦えるだけの充実したラインナップだ。

    1
    続き

    エジプト・シナイ半島最南端のシャルムエル…

     エジプト・シナイ半島最南端のシャルムエルシェイクで国連生物多様性条約第14回締約国会議(COP14)が開催され、同国の環境相らがアフリカの苦境を訴えた。

     アフリカ諸国はおしなべて平均年齢が若く、爆発的に増加する人口を賄わなければならない。いまだに生産性の低い国が多く、そこから立ち上がり発展していくという長い道程にも言及した。

    0
    続き

    バチカン大使館別館から白骨

     イタリア・ローマのバチカン大使館別館の改装作業中、白骨化した人骨が発見された。バチカン側はイタリア警察に即通報。ローマ検察は人骨の年齢、性別、死亡時の確認のために法医学者を派遣した。バチカン・ニュースが10月30日報じたニュースだ。

     イタリアのメディアはこの人骨が1983年に行方不明となったバチカン職員の娘エマヌエラ・オルランディさんのものではないかと推測する記事を流した。

    0
    続き

    問題は、法の潜脱はどこまで許されるか、ですかね

    結論から言えば、ゴーン氏に係る金融商品取引法違反事件について無罪判決を獲得することは至難の技だろうというのが、私の見立てである。

    弁護団としては内外の専門家を総動員して、ゴーン氏に係る報酬の過少記載は罪に当たらないという議論を展開するだろうが、ゴーン氏が自分に対する報酬は20億円余りが相当だと確信しており、自分の報酬の減額は絶対に飲めない、あるいは飲まない、と日産の関係者に言っていたことは、検察が入手している証拠からは否定出来ない事実のように思われる。

    0
    続き

    【リドル】ニューヨーク市に1号店!競争激化でマンハッタン近くで卵1個2円になる?

    ■ローカルチェーンのベストマーケットを買収したドイツのディスカウント・スーパーマーケット・チェーンのリドルが12日、ニューヨーク1号店をオープンする。場所はニューヨーク市スタテンアイランドにあるスタテンアイランド・モール(Staten Island Mall)。

    0
    続き

    カトリック信者・文大統領の「信仰」

     他者の信仰をああだ、こうだと批判したり、論評することは最も愚かな試みだろう。第3者が他者の信仰世界を完全に理解できるだろうか。出来っこないからだ。その愚かな試みをここでは敢えてした。ローマ・カトリック信者の文在寅大統領の「信仰」を問うてみた。

    5
    続き

    梅毒患者が過去最多数に! 閉ざされた性教育だけでは防げない

     「梅毒」というと昔の病気のように感じてしまいますが、実は近年、日本で梅毒患者数が急増しているのです。昭和23年からの報告制度では年間1万人以上の年もありましたが、制度変更があった平成11年以降、24年までは600~800人で推移していました。しかし、平成25年に1000人を超えてからは増加する一方で、昨年は昭和48年以来44年ぶりに梅毒の感染者が5000人を超えたことが発表されました。今年は更に増加し、1月から11月25日までの累積患者数は6221人となったことが国立感染症研究所により明らかにされています。梅毒が何故こんなにも急増しているのか、梅毒の恐ろしさとは何かを調べてみました。

    不特定多数との性的関係が、梅毒感染の大きな原因

    3
    続き

    中学受験だけの算数?

     12月も早くも中旬となり、入試を目前にした受験生は最後の追い込みに忙しいはずだ。それを見守る親御さんも気が気でない毎日を送っておられるだろう。

     田舎育ちの筆者には、受験と言えば高校や大学しか思い浮かばないが、東京には中学受験や小学受験の子供を持つ親がわんさといる。そのうち、私立中学の受験生を持つ親は次のような算数の問題に出くわすはずだ。

    0
    続き

    中国当局によるウイグル人への虐待、過酷な…

     中国当局によるウイグル人への虐待、過酷な弾圧を「状況は地獄より酷い」と日本ウイグル連盟のトゥール・ムハメット会長は告発する。家族が収容所にいるというアブドラルラフマン・アイシャンさんは、中央アジアでビジネスをしていて身の危険を感じトルコに亡命した。

     断片的に漏れ伝わった現地の壮絶な実態から、安倍晋三首相に「『母と妻を(いっそのこと)殺してやってくれ』と中国に伝えてほしい」とまで訴えるほどだ。以上は東京・永田町の憲政記念館で行われた呉竹会アジアフォーラムについての9日付小紙記事から。

    0
    続き

    軽減税率なのに値上げ必至の新聞代

    2018年12月8日

     12月の予算編成期を迎え、政府は19年10月の消費税10%の実施に向け、増税後の値上げが消費に悪影響を及ぼさないよう、景気対策を次々に発表しています。私が関心を持っているのは、新聞代の値上げです。軽減税率の対象となり、税率は8%のまま据え置かれるのに、新聞代の値上げは必至だからです。

    0
    続き

    今こそ『違法パチンコ』を取り締まれ!

     韓国人は、徹底的に日本企業から金をむしり取るつもりのようだ。 「日韓国交正常化の際に、個人の請求はさせない代わりにその分まで当時の韓国政府に日本政府がお金を支払った。それにもかかわらず、今になって当時の被雇用者が日本企業に労働代を請求するのはおかしい。まして、最高裁判所で当時の労働者が勝訴するのはおかしい。「韓国政府はどうにかすべきだ」というのが、日本の正常なメディアの概要だ。私もこれ自体は正しいと考えている。左翼メディアやその付近の人々は、様々な理屈で「韓国人の気持ちは解る」「韓国政府にも一理ある」と言いたがるが、どの論にも一理もないので、ここで紹介はしない。

     しかし、残念ながら日本政府は韓国政府にまともなしっぺ返しはできないと思う。政権与党の一角にある公明党は中華人民共和国と大韓民国が大好きだし、自民党の中にも石破茂氏のように、韓国に尻尾を振る政治家が存在するのが、戦後一貫した日本政治の実情だ。戦後の悲しい日本政治の中では、現在の安倍政権は相当に(おそらくは「最も」)まともな政府だと評価しているが、それでも韓国政府に「文句があるんだよ」的なポーズを取るのが関の山だろう。もし韓国政府に具体的な要求をすれば、愛国者を自称・詐称している政治家たちさえ「韓国政府への要求は内政干渉だ」といって、政府の足を引っ張り始めるだろう。

    14
    続き

    考古学的発見によって変わる古代史

    2005年の夏休みのことです。 国立科学博物館で「縄文対弥生ガチンコ対決」という催しものが開催されました。

    上にあるのは、そのときのポスターの写真です。 実は、この写真、縄文人、弥生人に現代人が扮しているのですが、服装や装飾品、髪型に加えて、モデルの顔立ち体型などまで、しっかりとした時代考証に基づいて、写真に収まっているとされました。

    3
    続き

    「心的外傷後障害」に悩む犬と猫の話

     幼い時に経験した強烈なショックや心の痛みはその人の生涯を付きまとい、癒されることがない。イラクやアフガニスタン帰りの米軍兵士は帰国後、心的外傷後障害(PTSD)に悩まされる。残念ながら戦場帰りの元米軍兵士による襲撃事件が頻繁に発生している。戦場での強烈な場面や出来事は容易には癒されず、時には暴発する。

    0
    続き

    安倍政権は売国奴政権なのか?

     出入国管理法や水道法の改正を巡って、安倍政権は売国奴政権だと言い始めた自称保守の人たちがいますが、実際にそうなのでしょうか。

     出入国管理法改正に関しては、野党をはじめ「移民法」とレッテルを張り付けて批判していますが、あまりにも筋違いな論理にあきれ返っています。

     まず私の見解を先に述べます。

    1
    続き

    文在寅大統領の「2つの夢」の行方

     実現できるかどうかは別にして、夢をもつことができる人は幸いだ。独週刊誌シュピーゲル最新号(12月1日号)の中で、若者の間で今人気のあるカナダのトロント大学心理学教授ジョーダン・ペーターソン氏は、「目標がなければ価値も生まれてこない」と述べている。その意味から、韓国の文在寅大統領は幸福な政治家であり、価値を感じる日々を送っていることになる。なぜならば、文大統領には「2つの夢」の実現という目標を持っているからだ。一つは北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の年内訪韓であり、もう一つは世界に13億人の信者を抱え、自身も信者であるローマ・カトリック教会の最高指導者ローマ法王フランシスコの訪朝だ。

    1
    続き

    「大空にのび傾ける冬木かな」(高浜虚子)…

     「大空にのび傾ける冬木かな」(高浜虚子)。朝目覚めると、寒さで布団からはみ出ていた肩が冷え切っていた。それでも、日中は暖かな日差しがあるので体調管理が難しい。外に出ると、紅葉した木々は目に鮮やかだが、落ち葉も多い。

     枯れ葉を踏んで歩いていると、水気が無くなっているのでカサコソと音を立てる。どこか田舎の道のような気配がして悪くない。ところが、落ち葉が重なり過ぎて歩きにくくなってしまう場所もある。

    0
    続き

    棋士は体で将棋を指す

     人工知能が過去の棋譜を学習するとき、それは二次元の盤面情報を処理している。これは、今の技術レベルでは人間の能力を圧倒的に凌駕します。

     ところが、学習の成果を使って自ら機械を動かして人間らしい振る舞いをさせようとすれば、三次元の空間情報を処理しなくてはならなくなる。二次元から三次元への進展は、かなり難しいのだろうと思います。情報量が圧倒的に膨大で複雑になるからです。

    1
    続き

    護衛艦いずもの空母化は松島の再現

    ■黄海海戦の松島

     清国が海軍を増強し戦艦「定遠」(1885年就役)と「鎮遠」(1885年竣工)を保有すると、当時の日本海軍を上回る戦力を持った。焦る日本海軍は「松島」型防護巡洋艦に戦艦並みの主砲を搭載して対抗した。定遠と鎮遠の主砲は32センチだから、松島型にも32センチ主砲を搭載することで対抗する強引さだった。

    4
    続き