■連載一覧
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/11/04
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    停電で人生真っ暗?

     国力の落差が大きい東南アジアでは、インフラ事情一つ取っても千差万別だ。経済成長で先行したシンガポールやタイでは、雷が落ちるとか避けがたい自然災害にでも遭遇しないと、停電はまずない。しかし、ミャンマーなどでは停電がしばしば発生する。

    0
    続き

    ナチスが奪ったユダヤの「本」を探せ

     ウィーン大学で2日、イスラエルのラマド・ガンに位置するバル=イラン大学哲学部のイサク・ヘルシュコヴィッツ教授(42)が“奪われた書籍を探して”というテーマで講演した。

    0
    続き

    「自分の個性と違う役を演じる場合、困る…

     「自分の個性と違う役を演じる場合、困ることはないか?」という質問に対し、女優の奈良岡朋子さんが「違う自分は実は自分の中にあったことに気づく」と答えていた。民放テレビで放送された番組だが、興味深かった。もともと自分の中にあったのだから、多少時間はかかるとしても探せば見つかる。だから困ることはない。

     山崎努著『俳優のノート』(文春文庫)には「役を生きることで、自分という化けものの正体を発見する」という記述がある。奈良岡さんの演技論と流れは同じだ。

    0
    続き

    G2のセール競争

     世界的な景気の鈍化にもかかわらず、G2(米国と中国)の年末セールが熱気を帯びてきている。先月29日、米国の“ブラックフライデー”1日のオンラインの売上高が74億㌦となり歴代最高値を更新した。前日の感謝祭(サンクスギビングデー)の売上高42億㌦と合わせると、2日間でなんと116億㌦(約1兆2600億円)もの商品が売れたわけだ。“サイバーマンデー”の今日(12月2日)は売上高が100億㌦に迫るだろうと言われている。

    0
    続き

    牛肉の価格高騰に怒り心頭

     ブラジル人が怒っている。理由はサッカーワールドカップ(W杯)でブラジル代表が優勝を逃し続けていることではない。ブラジル人が愛してやまない「牛肉」のことだ。

     先月末、妻が近所にある精肉店の買い物から怒り心頭で帰ってきた。なんでも、牛肉が信じられないほど値上がりしていて、予算オーバーしてしまったというのだ。どれだけ値上がりしたのかと聞くと、なんと3~4割もの上昇だという。

    0
    続き

    韓国国防相の強硬発言への深読み

     韓国の鄭景斗国防相は4日、全軍指揮官の前で、「強い力だけが韓半島の平和プロセスを支えることができる」とし、「訓練と実践はわが軍が存在する重要な価値」と述べたという。文在寅大統領が南北融和路線を走り出して以来、韓国軍最高指導者のこのような発言は久しく聞くことがなかった。感動する一方、「どうして今、韓国国防相は軍幹部たちを前に強硬路線を思わせる発言をしたのだろうか」と考えざるを得ない。

    5
    続き

    米の兵器、先端技術 中国軍が香港通じ不正入手

     中国軍は、香港で米国などの武器、軍事技術を盗み出している。オーストラリアに脱出し、亡命を求めている中国の元工作員、王力強氏が明らかにした。

     王氏はさらに、オーストラリアの治安情報局「ASIO」に提出した声明で、中国が来年1月に実施される台湾総統選に影響を及ぼすための工作、香港での民主化勢力の切り崩しのために積極的な活動をしていることを明らかにしている。

    0
    続き

    中国の広州で行われたクライミングチャイナ…

     中国の広州で行われたクライミングチャイナオープンの試合をテレビで見た。国際スポーツクライミング連盟公認の大会で女子決勝の場面。野中生萌選手が金メダル、伊藤ふたば選手が銀メダルだった。

     身体のしなやかさ、パワー、卓越した技術、登攀(とうはん)力のすごさに圧倒され、見とれるばかりだった。気流子もこのスポーツに挑戦してみたい気持ちがあるが、年を取り過ぎてしまって実行するのは無理。

    0
    続き

    【Amazon Go】NYタイムズスクエア近くにオープン!スタバコーヒーAIチャレンジ?

    ■ネット通販最大手のアマゾンは2日、ニューヨーク市内では7店舗目となるレジなしコンビニエンスストアのアマゾン・ゴーをオープンした。

    アマゾン・ゴー全体では22店舗目となる新店はマンハッタンのブライアント公園前の42丁目沿い(11 W 42nd St, New York, NY 10036)にある。

    0
    続き

    ルシファーの前では「嘘」はダメ!!

     ①オーストリアの柔道家,ペーター・ザイゼンバッハ―被告(59)が2日、ウィーン地方裁判所で5年間の有罪判決を受けた。容疑は未成年者への性的行為などだ。ロサンゼルス(1984年)とソウル(1988年)の両五輪大会柔道86kg級で金メダルを獲得した被告は裁判では自身の容疑を否定した。控訴するかどうかは弁護士との協議で決める予定だ(「金メダリストの柔道家の『蹉跌』」2017年1月19日参考)。

    4
    続き

    マネ最晩年の傑作<フォリー=ベルジェール…

     マネ最晩年の傑作<フォリー=ベルジェールのバー>を観(み)ようと、上野の東京都美術館の「コートールド美術館展 魅惑の印象派」に足を運んだ。15日が最終日で、この作品だけでも観られればと駆け込んだが、セザンヌやルノワールの傑作も多数あり、得をした気分になった。

     ロンドンのコートールド美術館は、レーヨン産業で巨富を築いた英国の実業家、サミュエル・コートールドが寄贈したコレクションが始まり。セザンヌなど見向きもされなかった時代、その美しさに魅了され収集した。粒よりの絵画が揃(そろ)っているわけである。

    0
    続き

    生理をオープンにしても、女性同士の理解が得がたい生理の個人差

     男女平等がうたわれる近年。女性が男性と同じく社会で活躍するためにも、女性と男性の違いをオープンにし、違いを認めた上で互いに譲歩しながら仕事を進めていく必要性を感じさせられます。

     男女の違いを突き詰めていくと、これまで公には語られてこなかった性的な秘められた部分を明かしていかなかればなりません。特に女性は、妊娠のために必要な身体的痛み、心の浮き沈みなど、人によっては日常生活すらままならない場合もあります。

    6
    続き

    英国のイメージダウン

     「出て行きたければ出て行けばいい」。仏大手金融会社の調査部長を務めるポワイエ氏は、2年前、吐き捨てるように私に言った。フランスには、自由主義経済を信奉するビジネスマン、エグゼクティブが多く、ポワイエ氏もその一人。

     彼らにとっては、弱者にばかり重心を置く欧州連合(EU)の古い政治体質より、一大金融拠点、シティーを築いた英国の方が優れているとの見方が強い。

    0
    続き

    北朝鮮に対応できない日本政府

    ■安倍首相を恫喝する北朝鮮

     北朝鮮は11月30日、安倍首相を弾道ミサイルで恫喝した。だが日本政府は北朝鮮への対応はないに等しい。見た目は無視と言えるが、実際には北朝鮮への対応が出来ないだけだろう。戦後日本政府は伝統的に穏便外交。北朝鮮に国民が拉致されても穏便。これだから北朝鮮は日本に対して強気になれる。同時に今年も拉致被害者は帰国できない。

    8
    続き

    スマホに“使われる”

     2カ月前、ガラケーをスマホに替えた。スマホ使用がとっくに「当たり前」になっていたのだから、「遅ればせながら」と言うべきなのだろうが、電車でスマホの画面に釘(くぎ)付けになっている姿が好きになれなかったので、持たなかったのだ。では、なぜスマホに替えたのかというと、SNSで情報発信しようと考えたからだ。しかし、それがなかなかできていない。使い方に慣れない上に、時間の余裕がないからだが、それはこれから何とでもなる、と楽観している。

     それよりも、使い始めて実感したのは、スマホに「使われる」ような状況を生んでいる情報技術の“罠(わな)”の巧妙さだ。例えば、ある食堂から出た後、「いかがでしたか?」と感想を求めるメッセージが届いた。頼みもしないのに、近くにどんな店があるかを知らせてくることもある。

    1
    続き

    令和最初の師走に入り、あとひと月ほどで…

     令和最初の師走に入り、あとひと月ほどで令和最初の新年を迎える。少し早いが、重大ニュース(国内)で今年を振り返ってみたい。

     何といっても今年を特徴付けたのは、皇太子徳仁(なるひと)親王殿下が第126代天皇に即位(5月)され、平成から令和へ元号が改まったことである。即位を宣言される「即位礼正殿の儀」(10月)とパレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」(11月)もつつがなく行われた。

    0
    続き

    【ダラーゼネラル】DGゴー!料理大会や店長インタビュー等でお茶を濁す時代は終了?

     ■44州に1.6万店近くを展開するダラーストアのダラーゼネラルはストアアプリの「DGゴー(DG Go)」を拡大している。

    DGゴーは買い物客がレジに並ばなくてもお客が自分で商品をスキャンして、アプリ内で決済ができるモバイルチェックアウトだ。

    0
    続き

    元気のいい「左派政党」の登場を願う

    ドイツとオーストリア両国の社会民主党は支持者を失い、元気がなくなってきた。

    4
    続き

    「技術(機械)は自然の中の異物として捉え…

     「技術(機械)は自然の中の異物として捉えられることが多い」「工場が都市から離れて、次第に遠い地域に建てられるなど、日常的に技術の恩恵を受ける量が多くなればなるほど、技術の本質が人間から見えなくなっていく」(吉川弘之著「帰ってきた機械」)。

     さしずめ原子力発電所などは「異物」の典型と見られている。以前そこで働く職員の子供たちが、通う小学校でいじめられたという事例もあった。

    1
    続き

    バチカン、信者献金を不動産投資に

     ローマ教皇フランシスコの4日間の訪日(11月23~26日)は日本国民に相対的にいい印象を残して幕を閉じた。日本のローマ・カトリック教会側が懸念していた聖職者の未成年者への性的虐待問題は教皇の訪日中には飛び出さず、もっぱら核兵器全廃、社会の多様性への理解などといったテーマが教皇のメッセージとして報じられた。

    5
    続き

    「地下鉄を出て冬の日の既になし」(佐藤漾人)…

     「地下鉄を出て冬の日の既になし」(佐藤漾人)。会社で仕事をしていて、いつの間にか暗くなっていることに気付く。もうそんな時間なのかと時計を見ると、まだ帰社時間ではない。それだけ日が差す時間が短くなったのである。

     きょうから12月。一年の終わりの月だが、まだそんな気持ちになれない。今年は天皇陛下の御代替わりがあって、平成の気分が残っているせいか、令和にまだなじんでいないのか、少し平年と違った感慨がある。

    1
    続き

    【スチューレオナード】スーパーが七面鳥に恩赦!感謝祭の食事に免れた七面鳥の名前?

    ■アメリカでは毎年、感謝祭の食卓に並ぶ予定の七面鳥に大統領が「恩赦」を与える恒例行事がホワイトハウスである。

    今年も感謝祭を前にトランプ大統領が「ブレッド」と「バター」と名付けられた七面鳥に恩赦をあたえた。

    二羽の七面鳥は食卓に上ることなく、バージニア州の特別保護施設に送られ一生を過ごすことになる。

    0
    続き

    文大統領、韓国の「今」を直視せよ!

     朴槿恵大統領は「歴史の正しい認識」を標榜し、その後任の文在寅大統領は「積弊清算」を主張してきた。いずれも生きている「今」ではなく「過去」を政権の政策の要に置いてきた。その結果、日韓関係は「戦後最悪」ともいわれる険悪な状況をもたらした。

    3
    続き