■連載一覧
  • 人口減少社会を超えて 第1部・先駆けの地方移住
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米朝“宴の後”で 非核化・拉致問題の行方
  • 米朝首脳会談の焦点
  • 2018/8/06
  • 2018/7/18
  • 2018/6/14
  • 2018/6/07
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    「雲間より稲妻の尾の現れぬ」(高浜虚子)…

     「雲間より稲妻の尾の現れぬ」(高浜虚子)。最近、突然の豪雨に遭遇したことがある。強風を伴う雷雨となって光と音のシンフォニーが爆発し、辺り一面を占領する。傘もほとんど役に立たないほどの勢いである。

     落雷による火事や事故も時々ある。改めて自然というものの恐ろしさを感じさせる。一方、雷のことを「稲妻」と書くのは、これが古くから稲の生育と関係していると考えられてきたからだ。

    1
    続き

    プーチン氏を結婚式に招いた外相

     オーストリアのクルツ連立政権の閣僚の1人、カリン・クナイスル外相(53)が18日、同国南部シュタイアーマルク州で結婚式を挙げる。その式にロシアのプーチン大統領が招かれたというニュースが流れると、外相のプライベートな結婚式が俄かに政治問題となってしまった、という「話」をする。

    1
    続き

    平成30年8月15日(水)全国戦没者追悼式における陛下のお言葉

    はじめに陛下のお言葉を宮内庁のHPからコピーさせていただきます。 *****

     本日, 「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり,  全国戦没者追悼式に臨み,  さきの大戦において,  かけがえのない命を失った  数多くの人々とその遺族を思い,  深い悲しみを新たにいたします。

    0
    続き

    山口県周防大島町で行方不明になっていた…

     山口県周防大島町で行方不明になっていた2歳男児が3日ぶりに無事保護された。お盆で帰省していた藤本理稀ちゃんが曽祖父の家の近くで行方不明になったというニュースは、子供連れで帰省中の親たちには人ごととは思えなかっただろう。

     理稀ちゃんを発見したのは、捜索ボランティアとして同町を訪れていた尾畠春夫さん(78)。裏山に入って30分ほどで沢沿いに座っていた理稀ちゃんを発見した。

    1
    続き

    【ウォルマート】国内店が10年ぶりの記録的伸び!オムニチャネル拡充が実習数に比例?

    ■ウォルマートが16日発表した第2四半期(5月~8月期)決算は、国内の既存店ベースが実に10年ぶりとなる高い伸びとなった。

    会員費等を含む総売上高は3.8%増となる1,280.3億ドル。純利益は前年同期の29.0億ドルの黒字から8.61億ドルの赤字となった。引き続きアマゾンなどEC企業との価格競争で粗利益が低下、ITへの投資、輸送コスト上昇等で利益を圧迫した。

    0
    続き

    いまさら靖国神社を語る

     終戦の日を終えて、今敢えて靖国神社を語ります。

     祖国を命を懸けて守っていただいた英霊の方々が祭られる靖国神社を騒乱の渦に巻き込みたくなかったので、敢えて今日書きます。

     ただ、マスコミも学習したのか、あまり政治家の靖国参拝を問題にしなくなったように思えます。私がテレビを見ていないだけなのか、それともほんとうに扱う時間が減っているのは定かではありません。個人的な感想です。

    1
    続き

    カトリック教会は解体すべきだった

     米ペンシルベニア州のローマ・カトリック教会で300人以上の聖職者が過去70年間、1000人以上の未成年者に対し性的虐待を行っていたことが14日、州大陪審の報告書で明らかになった。バチカン・ニュースは15日、米教会の聖職者の性犯罪報道について、「深い悲しみだ」「ショックだ」「恥ずかしい」といった教会関係者の声を紹介している。

    2
    続き

    デジタル性犯罪

     弘益大(美術学部絵画科)で行われた人体ヌードクロッキーの授業で、男性モデルの裸体写真を撮影して流布した容疑で起訴された女性モデルの安某被告に対し、昨日、1審判決で懲役10月の実刑が宣告された。この事件は“性差別による不公平捜査”論議を活性化させた。当初、実刑を受ける可能性が低いものとみられていたため、さまざまな女性団体の“性差別捜査論議”の主張がいっそう強まる見通しだ。(問題の写真が掲示された)男性嫌悪サイト「ウォマド(Wom ad)」には、「ソウル大隠しカメラ設置」という書き込みが相次ぎ、大学側が慌てて学内のトイレ約1700を調査している。

    0
    続き

    トランプ大統領の反理性主義的(地政学的)外交

     トランプ大統領は7月中旬に欧州を歴訪しNATO会談、米英会談、米露会談と精力的な外交をこなした。長年の同盟国であったNATO諸国には軍事費増額を迫って反感を買った。英国でも最終的には米英経済協定を結ぶことに関して合意を取りまとめたものの、その途中の駆け引きでメイ首相のソフトなBrexit政策を批判したため、やはり反感を買った。逆に冷戦時代以来のライバルでありクリミア問題等で対立し続けるロシアのプーチン大統領とは非公開会談で協力関係を模索したという。

     これらには戦略性を欠いた思いつきの外交という批判も多い。しかし、そこで言う“戦略性”とは、理性主義的な外交政策のようなものを言っているのだと思う。そのような行き方が行き詰まり、アメリカ外交が国益の実現に失敗して来た為にトランプ政権が出来たーつまり理性以前の直感を重んじるトランプ氏の才能が必要とされたのではなかったか?

    1
    続き

    「誤解を恐れずにいえば、戦争は、人類と…

     「誤解を恐れずにいえば、戦争は、人類という種の展開にとって、深部において常に重大な役割を果たしてきた」と文芸批評家の三浦雅士氏が書いている(『孤独の発明』講談社・2018年6月)。

     「誤解を恐れずにいえば」というのは「戦争が人類史にとって重大な役割を果たしてきた」という考え方が、今の日本の風潮と異なることを著者が明瞭に自覚しているためだ。

    2
    続き

    「すき家」も悪くない

     南米ブラジルは、100万人以上という世界最大の日系人人口を抱えるだけに、日本食レストランが多く、メニューも豊富だ。最大都市サンパウロでは、近年始まったラーメンブームが続いており、人気店では行列が絶えないほど。

     ただし、人気ラーメン店の値段は非常に高く、日本の相場を知っている者からすると複雑な気持ちになるのも確かだ。

    1
    続き

    阿波踊りの観客を増やして、累積赤字解消に貢献するプロジェクトを始めませんか

    あまり政治的な争点になってしまうのはよくないと思うので、徳島市関係者の方には早めに知恵を出して欲しい。

    まあ、徳島市長はご自分の目論見が見事に外されてしまって、目下は如何にも面目を失ってしまったような感じではあるが、徳島の阿波踊りに全国の方々が関心を持っていただいたのだから、今年の観客が昨年より15万人程度減少したといって、そうめげることはない。

    1
    続き

    文在寅「慰安婦問題が外交紛争化しないこと望む」の支離滅裂

     いわゆる「慰安婦問題」を巡り、韓国の文在寅(ぶん・ざいいん)大統領は8月14日の「慰安婦記念日」に、「慰安婦問題が日韓の外交紛争につながらないことをのぞむ」と発言しました。ただ、この問題は文在寅氏自身の誤った行動により、すでに日韓間の外交紛争に発展してしまっています。

    3
    続き

    ウィーン市は「世界一」住みやすいか

     「ウィーン市が世界で最も住みやすい都市に選ばれた」というニュースが飛び込んできた。40年余りウィーンに住んでいる当方は「へェー」と叫んだ後、「自分はひょとしたら世界で最も住みやすい都市に住む、世界で最も幸せな人間の一人ということになる」と考えた。

    1
    続き

    色々な奇跡が重なった2歳の子生存 凄腕災害ボランティアの職人技

    行方不明だった2歳の子供。無事見つかりました。(不明男児発見した男性、「尊い命が助かって良かった」 曾祖父、元気な姿に涙)

    沢があったことから水分だけはとっていたのでしょう。68時間1人で2歳児が生きていたことは奇跡です。本当見つかった子供は元気だったようで、すぐに退院できそうとのことです。

    8
    続き

    群馬県の西南端にある上野村は県内で最も…

     群馬県の西南端にある上野村は県内で最も人口の少ない自治体。「四季のうつろいが鮮やかな山々の豊かな自然とともに、平成の名水百選に選ばれた神流川源流が村の中心を流れ、貴重な動植物を育む環境を残した、すばらしい山村です」と黒澤八郎村長が紹介する。

     この辺鄙(へんぴ)な山村の「森のギャラリー」で4月24日から約3週間、「東南アジアの仏教美術と陶磁器展」が開かれた。展示されたのはタイ、カンボジア、ラオスの仏像と南海の陶磁器「宋胡録」など。

    0
    続き

    偽の翁長知事伝説がつくられている。それを崩す

     「命を削って県民や平和のために尽くした翁長さん」  翁長知事の偽の伝説が始まっている。  翁長知事が命を削ったのは県民や平和のためではない。選挙に勝つためであり、知事の座に居座るためであった。  その事実の一つを2016年12月のブログに書いた。翁長知事は知事の座に居座るために共産党に気を配っていた。県民に気を配ってはいなかった。

    2016年12月のブログ

    12
    続き

    ベルギーで「安楽死」が急増

     ベルギー議会に今年6月提出された国家安楽死監視委員会の「最新安楽死報告」(2016~17年)によると、2004年には349人だった安楽死数が16年には2028人に急増し、昨年は2309人に増えた。

     ベルギーでは2002年9月以来、一定の条件をクリアした場合、安楽死が合法的に認められるようになったが、その件数は年々増加してきた。ベルギーで2016年までに安楽死した総件数は1万2762件だ。

    1
    続き

    ゆいレール15年、延伸に期待

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     「ゆいレール」の愛称で親しまれている沖縄都市モノレール(美里義雅社長)が今月10日、開業15周年を迎えた。総乗客数は開業翌年度から1・5倍以上に増え、昨年、乗客数2億人を達成した。

    3
    続き

    73回目の終戦の日を迎えた。戦争は始めるより…

     73回目の終戦の日を迎えた。戦争は始めるより終わらせる方が難しいという。陸軍などがなお本土決戦を唱える中、昭和天皇の御聖断によってポツダム宣言受諾が決せられ、日本は破滅から逃れることができた。

     1945年8月10日午前零時ごろから御前会議が開かれたが、降伏条件についてなお閣内の意見が割れた。そこで鈴木貫太郎首相は「まことに異例で畏れ多いことでございまするが」と御聖断を仰いだ。

    3
    続き

    【マクドナルド】旗艦店がアップルストア!マックブックと似合いテーブルサービスも?

    ■外食チェーン最大手のマクドナルドが13日、テーブルサービス用カウンターの導入など総額60億ドル(約6,600億円)の投資となる店舗アップデートを発表した。2020年までにほとんどの店舗をモバイルオーダーに対応した店舗に改装する。

    0
    続き

    どうしてそんなに安倍総理は嫌われるの?

     テレビを見ていると、特に終戦特集などを見ていると、「戦争は絶対してはいけない」ここまでは私も同感です。しかしその後に「今の政権はきな臭い」とか「戦争を知らない世代が戦争を美化している」とかにつながってああまたかと思う今日この頃です。

     皆さんはいかがですか?

     安倍総理が進めようとしている憲法改正、特に憲法9条を改正することは戦争することにつながると真剣に思っているのでしょうか。

    6
    続き

    100歳画家の憂い

     先日、こちらの新聞をめくっていたら御年102歳になる韓国人画家、金秉騏氏に関する記事が目に留まった。日本統治下、現在の北朝鮮・平壌で生まれ、画家だった父親の影響を受けて東京の学校で絵の勉強をし、解放後は長く抽象画で韓国美術界をリードしてきた。前半生を朝鮮半島で、後半生を米国で暮らし、今春には鎌倉にある神奈川県立近代美術館の展示会に出展し、特別講演までするなど今なお現役だ。

    0
    続き