■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    音楽の都にもアジア・フォビア?

     音楽の都ウィーンには連日、中国人旅行者が溢(あふ)れていたが、中国湖北省武漢で新型コロナウイルスが発生して以来、目に見えて少なくなってきた。

     ウィーンには数万人の中国人が住んでいる。中華レストラン従業員、アジアレストラン経営者やビジネスマン、留学生なども多数いる。

    0
    続き

    「嘘」を言ってごらん

     最近は米Foxの心理サスペンス番組「Lie to me」(邦題「ライ・トゥ・ミー」嘘は真実を語る)を見ている。人間の表情、仕草を観察し、そこからその人が何を考えているかを分析する精神行動分析学者カル・ライトマン(ティム・ロス主演)の話だ。

    0
    続き

    日本の武漢肺炎(COVID-19)対策

    ■日本で感染拡大

     武漢肺炎(COVID-19)感染は中国が主流だった。だが日本政府が中国全土からの入国禁止にしなかったことで、日本各地で感染報告が続いている。クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号で隔離しているが、乗客の国はチャーター機を用意し、自国民を帰国させる動きが出た。これは日本の防疫は信用されていない証。

    6
    続き

    新型肺炎 中国軍の生物兵器専門家が移動実験室設置し対策主導

     中国軍の生物化学兵器専門家の女性少将、陳薇氏が1月末、生物兵器の研究に関与していた可能性が指摘される湖北省武漢の「武漢ウイルス研究所」に送り込まれたことから、新型コロナウイルスと同研究所との関連をめぐる疑念が強まっている。

    2
    続き

    道徳の教科化から小学校で2年、中学校で1年

     道徳が教科化され「特別の教科道徳」となって間もなく小学校で2年、中学校で1年になる。

     筆者の子供が中学を卒業した後に始まったため、授業参観の機会はなかったが、現職の教師から道徳授業について話を聞くことがある。まだ試行錯誤している教師も多いようだ。先日聞いた教師は、学習指導要領に示された「内容項目の四つの視点」のうち特に「主として生命や自然、崇高なものとの関わりに関すること」を意識して教えているということだった(他の三つは「主として自分自身に関すること」「主として人との関わりに関すること」「主として集団や社会との関わりに関すること」)。

    0
    続き

    新型コロナウイルスをめぐって、発生源の…

     新型コロナウイルスをめぐって、発生源の中国本土(湖北省武漢市)はもとより感染者が出ている日本など各国が対策に全力を挙げている最中に、水を差すような物言いで恐縮するが、やはり言及せざるを得ないことがある。

     グローバルな対策の最前線に立つ世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長の発言に、中国に対する忖度(そんたく)が目に余ることだ。例えば、ドイツ訪問中の中国・王毅外相との会談。

    1
    続き

    【ニューミルク】その場で作るオーガニック・アーモンドミルク自販機!製造を見せろ?

    ■アホールド・デレーズ傘下でスーパーマーケットチェーンのストップ&ショップは焼き立てパンの自動販売機をテスト導入した。

    東海岸にある一部のホールフーズ・マーケットやショップライトでは植物由来のミルクの自販機をテスト導入している。

    0
    続き

    「10万円でできるかな」にヤラセ発覚。テレ朝や番組側に非難殺到

     テレビ朝日の月曜日のゴールデンタイムに、隔週で放送されている「10万円でできるかな」というバラエティ番組が、ヤラセをしていたことが発覚しました。

     ジャニーズグループのKis-My-Ft2(キスマイ)と、芸人のサンドウィッチマンという、人気のある2組が出演しているため、視聴者の落胆は大きいようです。出演者は知らされておらず、スタッフ内だけのヤラセだったということですが、ネット上では、出演者にも疑惑の目を向ける人は多々おり、ファン達は擁護の声を上げています。また、テレビ番組全般の批判的意見や、Youtubeとの比較に対する意見も多く、テレビ番組の今後のあり方を考えさせられる時代だと感じさせられます。

    1
    続き

    日本は中国の「本当の友」となれるか

     困った時、支援してくれたり、助けてくれた友こそ「本当の友」という。その一方、うまくいっている時には問題ないが、何か困難なことや不祥事が生じた時になると、サッと去っていく友も少なくない。人生で「本当の友」を探し出すことは決して容易ではない。

    5
    続き

    新型コロナウイルスをめぐって、中国当局は…

     新型コロナウイルスをめぐって、中国当局は、1月7日までに感染者が相当いたことを初めて明らかにした。習近平国家主席はすでにこの時、感染防止対策の指示を出していたそうだ。今回の発表は、その後の感染拡大を抑えられなかった習氏への批判をかわす狙いがありそうだ。

     しかし、本当に1月初旬の段階で感染状況を掴(つか)んでいたのか。ならばなぜその時、情報を世界に発信しなかったのか。中国当局への不信は募る。今もって感染源、感染経路、その広がり具合は解明されず、発生初期の状況は闇の中だ。

    1
    続き

    米独情報機関の「ルビコン作戦」とは

     アルプスの小国スイスは欧州でも独自の中立主義を掲げ、直接民主主義を実施、欧州連合(EU)や北大西洋条約機構(NATO)には所属せず、世界から政治・宗教で迫害されてきた難民を積極的に受け入れてきた国として有名だ。スイス国民は自国の国是を誇り、豊かな生活環境を享受してきた。そのスイス国民は今、頭を抱えている。スイス公共ニュース配信サービス「スイスインフォ」(SWI)は12日、「スパイ疑惑、永世中立国スイスに激震」という見出しの記事を配信した。米中央情報局(CIA)と独連邦情報局(BND)が1970年、スイスのツーク州にある暗号機製造メーカー「クリプト社」(CRYPTO)をリヒテンシュタインの財団を隠れ蓑にして買収し、その情報活動のツールに利用してきたことが明らかになったからだ。

    0
    続き

    このところ、寒くなったり暖かくなったり…

     このところ、寒くなったり暖かくなったりして気温があまり一定しない。それで困るのが、厚着をして外出すべきか、さほど着込む必要はないのかということ。さらに新型コロナウイルスや花粉の飛散などもあって、マスクをするかどうか迷うことである。

     衣服の方は工夫すれば問題がないが、マスクはなかなか手に入らない状況が続いている。1973年のオイルショックの時に、トイレットペーパーが買い占められ、スーパーなどの店頭から姿を消したことを思い出す。

    1
    続き

    新型肺炎は‟ラボ・イベント”から

     米紙ワシントン・タイムズのビル・ガーツ記者が中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスの発生源が同市から30キロ離れたところにある「中国科学院・武漢病毒研究所」の可能性があると報じて以来、世界のウイルス専門家が新型コロナウイルスを検証してきたが、海外中国メディア「大紀元」は13日、欧州に住む中国人ウイルス専門家、董宇紅氏の見解を紹介し、新型コロナウイルスがこれまでのコロナウイルスとは違うゲノン配列をし、自然界にない人工的痕跡があること、その感染力が非常に強いことなどから、「ラボ・イベント」(人為的にウイルスを改造する実験室)で人工的に作り出された可能性があると報じている。

    6
    続き

    東京・国立劇場の文楽公演の第2部「新版…

     東京・国立劇場の文楽公演の第2部「新版歌祭文(しんぱんうたざいもん)」と「傾城反魂香(けいせいはんごんこう)」を見た。「反魂香」の方は、竹本津駒太夫改め六代目竹本錣太夫(しころだゆう)襲名披露狂言として演じられた。錣太夫の名跡は80年ぶりの復活という。

     六代目錣太夫さんは入門して昨年で50年の70歳。公演プログラム掲載のインタビューによると、先輩の豊竹咲太夫さんから「文楽には大きな名前がたくさん眠っているんだから、それを掘り起こして世の中に出すことも、文楽の世界にいる者の務めでは」と襲名を勧められたという。

    2
    続き

    都市で増殖するウサギ

     ここ数年、暖冬で雪が少ないため、ヘルシンキ周辺の首都圏ではウサギのベビーブームが起こっている。特に夜、車で走ると至る所でかわいい子ウサギと出会う。

     このウサギたちは、1980年代、90年代にペットとして住宅で飼われていたウサギたちで、オーナーが放した、あるいは逃げ出したウサギたちの子孫だ。

    0
    続き

    高速電波バーストは神のメッセージ?

     日本語で「高速電波バースト」と呼ばれる Fast radio burst(FRB)をご存じだろう。深宇宙に由来する電波閃光だ。その起源、位置は不明だが、エリアン(地球外知的生命体)の存在と関連してメディアでも時たま報道されるから、ご存じの読者もおられると思う。

    9
    続き

    「北海道新聞」の投書欄に「激辛番組」を…

     「北海道新聞」の投書欄に「激辛番組」を批判する主婦の投書が掲載されたのをインターネットで知った。「激辛食品を食べさせられた出演者が苦しむ様子を見て楽しむような番組は不快」というのが投書の趣旨だ。

     この番組は日本テレビ系のようだが、これに限らず、激辛食品を食べさせて楽しむ番組は多い。激辛とは違うが、大食い、早食いの類いも同様だ。

    2
    続き

    遅刻寒波

     「初雪が降った今/だんだん空っぽになっていく/私の心にぼたん雪が積もるように/君が積もっていた」  詩人イ・ジョンハの『初雪』だ。ぼたん雪のロマンが漂っている。

    0
    続き

    皆さん、国会審議を劣化させている共犯者になっていませんか

    聞き惚れるような国会質疑を見てみたいものだと願っているが、残念ながらそういう場面にはなかなか出くわさない。

    相変わらずですね、というところか。

    まあ、時間がたっぷりある方は一生懸命NHKの画面を見ておられるのだろうが、国会中継はかつてほど視聴者を魅了しないようだ。

    4
    続き

    恵まれた気候と豊かな食べ物

     エジプトに長期滞在して、何よりも恵みと感じるのが天候の良さだ。基本的に毎日が雲一つない快晴。天気予報を聞く必要も、傘を持って出るべきかを心配する必要も全くない。雨は降っても数分でやむから驚きだ。砂嵐はあるものの、1年にせいぜい1、2回程度だ。

    1
    続き

    新型肺炎「不可視で正体不明の敵」

     中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスは11日現在、1100人以上が亡くなり、4万人以上の感染者が出ている。過去の重症急性呼吸器症候群(SARS)より、死者数、患者数で既に上回っている。オックスフォード大学元熱帯医学教授、現在はイギリスに本拠地を持つ医学研究支援等を目的とする公益信託団体「ウェルカム・トラスト」のジェレミー・ファ―ラー所長は独週刊誌シュピーゲルとのインタビューの中で、「新型肺炎に不必要に怯え、不安に陥るべきではない」と指摘し、冷静に対応するように呼び掛けている。

    6
    続き

    中国が米州・地方に浸透工作

     ポンペオ米国務長官は、ワシントンで開催された全米知事協会の会合で演説し、中国が、西側の技術を入手し、政策に影響を及ぼすための計画の一環として、米国内の州や地方レベルで影響工作、資金工作を積極的に進めていると警戒を呼び掛けた。

     ポンペオ氏は8日に行われた会合で、中国の外交官らが水面下で、台湾への支援を控えるよう州や地方の政府に圧力をかけていると強調した。

    2
    続き

    今年は作家の三島由紀夫が亡くなって50年目…

     今年は作家の三島由紀夫が亡くなって50年目。これを期して封印されてきたスクープ映像が映画として来月20日から公開される。豊島圭介監督の「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」だ。

     1969年5月13日、東大駒場キャンパス900番教室に1000人を超える学生たちが集まった。東大全共闘が企画して三島に出演を依頼し、三島がそれに応じて両者のスリリングな討論会が実現した。

    2
    続き