■連載一覧
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 2018/4/07
  • 2018/3/30
  • 2018/3/12
  • 2018/2/15
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • コラム rss

    高い税金と庶民の本音

     ブラジルに住み始めた日本人が驚くことの一つが、税金の高さと複雑さだ。

     例えば、スーパーで渡されるレシートには、合計欄の下に「あなたはこれだけの消費税を払いましたよ」という明細が小さな字で書かれている。物品によって税率は変わるが、多くの場合、数十%もの税率に基づいた納税額が書いてあり、「こんなに税金を払っているのか」と驚かされる。

    0
    続き

    私権は制限されてあたりまえのものです。

    早い話、悪事を働く犯罪者に私権などありません。 私権を制限するのは、むしろ正常な社会においては、あたりまえのことです。 私権を制限されても、まっとうに生きている人にとっては、何の不都合もありません。 制限されて困るのは、犯罪者や国家転覆を狙うテロリストや、日本人の富を狙う泥棒国だけです。 従って、私権が「生まれながらのもの、天賦(てんぷ)のもの」というのは、詭弁(きべん)です。 私権は制限されてあたりまえのものなのです。

    なんでもかんでも外国のものが良いというつもりはまったくありません。 ただ、良いものは摂り入れるべきであろうと思います。

    0
    続き

    半導体戦争

     アリババは中国最大の電子商取引会社だ。英語の講師だった馬雲(ジャック・マー)が創業した。馬雲は1964年、浙江省杭州市で生まれた。そんな因縁のためなのか、アリババは杭州の半導体企業を買収した。買収した企業はC-SKY(中天微)だ。この事件をめぐって世界の半導体業界に緊張が走った。“半導体戦争”を告げる信号弾であるためだ。

    1
    続き

    文在寅大統領へ淡い期待を込めて

     韓国の文在寅大統領と北朝鮮労働党の金正恩委員長の南北首脳会談が27日、南北軍事境界線にある板門店の韓国側の「平和のハウス」で開かれる。

     南北首脳の会談は2000年6月(金大中大統領・金正日総書記、平壌)、2007年10月(廬武鉉大統領・金正日総書記、平壌)に次いで今回が3回目だが、北側指導者が韓国領土に入るのは南北分断後、初めて。6月初めまでにはトランプ米大統領と金正恩委員長が歴史上初の米朝首脳会談を開くことになっている。その意味で、南北首脳会談は米朝会談の“前座”とみる向きもあるが、南北首脳会談が成功しない場合、米朝首脳会談の開催は考えられない。北の非核化を含む朝鮮半島の行方を左右する重要な首脳会談だ。韓国大統領府は、金正恩氏には国賓級ゲストのプロトコールに従って歓迎するという。

    0
    続き

    静岡県の旧相良町(牧之原市)は日本有数の…

     静岡県の旧相良町(牧之原市)は日本有数の茶の産地として知られる。温暖な牧之原台地の南部で栽培が盛んだ。深蒸し煎茶が農林水産大臣賞を受賞したこともある。ここでも茶摘みが始まった。

     この町を作家の故村上元三さんと訪ねたことがあった。小紙に連載する『田沼意次』を書くための取材だった。新米記者だった気流子に「取材の仕方を学んでください」と夫人が語った。

    1
    続き

    ほう、希望・民進の新党は、国民民主党だそうな

    皆さん、民主の名前には拘りがあるようだ。

    本当に皆さんが民主主義を大事にされているのだったら、民主の上にどんな名称が冠されてもあえて異議を述べることはない。

    2
    続き

    現役自衛官も国民だ! 「国のために働け」「ばかなのか」もダメ? そして政治家は嘘をついていい?

    幹部自衛官の小西参議院議員への罵声事件について上のようにツイートしたら反対意見続出。それでも最初は文民統制、自衛隊法などという建設的意見でしたから対応していましたが、途中からはバカだの無知だとまあ罵声の連続。

    元幹部自衛官がこんな考えじゃ、自衛隊がいつクーデーターしでかすかわからないというほとんど無理くりな理屈まで飛び出すしまつ。あんたたちは面識のない俺に罵声あびせていいんかいというツッコミは置いといて、あのね私は元自衛官だよ。今は基本何を言ってもいい状態。そう現役自衛官じゃないからねと念のためことわっておきます。

    5
    続き

    南北、米朝首脳会談 北はベトナム式統一を狙う?

     43年前の4月、ベトナム、カンボジアの戦争で共産側が勝利し、インドシナ共産主義半島が成立した。今年、その記憶がいつも以上に気になる。27日の南北朝鮮、その後の米朝の首脳会談に臨む北朝鮮の究極の狙いが、「ベトナムコース」と重なって見えるからだ。

    4
    続き

    EU大使「一帯一路」構想に反対

     興味深い記事が独経済紙ハンデルスブラット(4月17日付)に掲載されていた。見出しは「EU大使、中国の『一帯一路』(One Belt, One Road)構想に結束して反対」というのだ。

    2
    続き

    ブルックリンの魚屋 OSAKANA 京都で日本第1号路面店オープン

    「お魚朝ごはん定食」と魚使った料理教室を提供

    ブルックリンの魚屋「OSAKANA(おさかな)」を経営する原口雄次さんが、日本で初の路面店となる「LORIMER KYOTO(ロリマー京都)」を4月1日、京都市下京区にオープンした。3月21日には関係者やメディア向けのプレオープン・レセプションも行われた。

    0
    続き

    百田尚樹氏、過激発言も笑いに

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     「永遠の0」などの小説で知られる作家の百田尚樹氏が22日、沖縄県宜野湾市で講演。相変わらずの“毒舌”に1550人(主催者発表)の観客は魅了された。

     百田氏の話は、沖縄本土2紙と朝日新聞の批判から始まった。「沖縄タイムスは僕の悪口をしょっちゅう書いている。まるで大スター。何やっても注目される(大リーグの)大谷翔平選手みたいだ」と話し、笑いを誘った。

    15
    続き

    新潟大学が創設した「日本酒学」の初回の…

     新潟大学が創設した「日本酒学」の初回の講義は、教室に学生があふれ立ち見する人も出るほど関心を集めた。予定定員の3倍近い約820人が履修を希望したという。

     日本酒学という名称の物珍しさもあろうが、学生は情報に敏感で、今、日本酒が世界で注目されるようになったという事実を見逃さないようだ。優れた醸造・発酵の技術の知識を身に付けたいという工学部の学生の履修も。

    0
    続き

    音声データは三つの場所の合成。テレ朝女子社員は実在しない

     福田淳一事務次官がセクハラしたという録音をユーチューブで聞いて、すぐに感じたのは「このテープはおかしい」だった。声紋検査の結果では声の主は福田事務次官の声であると報道していたから、声の主は福田事務次官であることは間違いないが、しかし、テープがおかしいという疑いは消えなかった。テープはねつ造してあるのではないかという疑いである。疑いの原因は福田事務次官の声が極端に短いことであり、インタビューしている女子記者に話しているような雰囲気が全然感じられないことだった。声が福田事務次官の声だとしても、インタビューを受けた時の声であるのか疑問があった。

     最初の福田事務次官の録音の声が出る前に、テロップで「森友問題を尋ねると」が表示される。そして、「今日ねえ・・今日ねえ・・・抱きしめていい」という福田事務次官の声が流れる。森友問題とはあまりにもかけ離れた声である。もし、女子記者が森友問題について質問したら、それなりに応える筈である。森友問題について何を話したかの録音も流すべきであるのに全然流していない。それでは森友問題について質問をしたのかどうかが不明である。むしろ質問しなかっただろうと思ってしまう。

    7
    続き

    盛衰多き韓国国産車

     その国の経済レベルを推し量るには走っている国産車を見れば分かるとある韓国人から聞いたことがある。1台の車には技術の粋が結集されているからだろう。その意味で韓国の場合、記者が初めて訪れた二十数年前から比べ現在は隔世の感だ。何せ90年代前半当時、韓国二大自動車メーカーの一角だった「大宇(デウ)」の大型セダンを運転し、スピードを出すと飛んで行ってしまいそうなボディーのちゃちさに驚いたものだ。今は日本車に引けを取らない品質とデザインを誇る。

    0
    続き

    【アマゾン】アレクサ・ロボット極秘開発!アイボ?ペッパー君?それとも幻の先行者?

    ■ネット通販最大手のアマゾンが、家庭用ロボットを開発中であることをブルームバーグが23日に報じた。「動くアレクサ」は早ければ来年にも販売が開始される可能性がある。

    事情に詳しい複数の話として、アマゾンはカリフォルニア州サニーベール地区にあるハードウェア研究開発部所「アマゾン・ラボ126(Amazon Lav 126)」でコードネーム「ヴェスタ(Vesta)」を極秘研究している。

    0
    続き

    森友学園問題で籠池佳茂氏が野党・左派勢力を非難する理由

     先日、森友学園問題で詐欺罪で逮捕・起訴された籠池泰典氏の長男である籠池佳茂氏がFacebook上で左派勢力を非難し、安倍政権の外交・国防政策への支持を表明しました。これについて多くの左派系の人たちが籠池佳茂氏が「転向」したとして非難をしています。

     こういう的外れな評価をしている方々は籠池一家の皆様と直接話したことがなく(話をしても相手の思想を知ろうともせず)、佳茂氏の過去のFacebookもきちんと読んでいない人が多いのだと思います。

    7
    続き

    瞬きひとつで安楽死ができる時代に感じる生死の尊厳の曖昧さ

     オランダのアムステルダムで先日開催された葬儀関連の見本市で、驚くべきマシンが登場しました。サルコ(Sarco)という名前の、ボタンひとつで命を絶つことができる「自殺マシン」です。オランダは安楽死を合法化している国の1つで、このマシンも安楽死を望む人のためのもの。発明したのは安楽死を推進するオーストラリア人の活動家で医師のフィリップ・ニチケ氏。安楽死を合法としていないイギリスを中心に、各国で安楽死や自殺ほう助の合法化について賛否両論の意見が飛び交う中、このマシンについても賛否両論の意見が出て来そうです。

    安楽死が身近になるマシン

    2
    続き

    ラストチャンス!今度こそ拉致被害者を連れ戻せ!

    昨日の22日、拉致被害者家族や「救う会」が開催した国民大集会で、 「南北、米朝首脳会談の際にも拉致問題が前進するよう、私が司令塔となって全力で取り組む」と発言したようです。

    0
    続き

    独社民党で初の女性党首誕生

     ドイツで22日、メルケル連立政権に参加している社会民主党(SPD)がヴィースバーデンで党大会を開き、連邦議会(下院) 党会派代表のアンドレア・ナーレス議員(47)を新党首に選出した。155年の歴史を誇るSPD(1863年創設)で初の女性党首の誕生だ。党首選はマルティン・シュルツ党首(62)の辞意表明を受けて行われた。

    1
    続き

    変わる大学入試に思う

     新年度が始まって3週間。毎朝、わが家の前を幼稚園児と小学生、それに中学生が初々しい姿で通る。中3になった筆者の息子と並ぶようにして、この間まで小学生だった子たちが大きめの制服に身を包んで通う姿は、何だか微(ほほ)笑ましい。

     さて、息子が中3になったこともあって、知人に会うたびに「いよいよ受験ですね」と言われる。今のわが家は受験という雰囲気にはなっていないが、義務教育の中学校と本人の意思で通う高校では全く違うことを、親としては意識させられる。

    1
    続き

    昨日の本紙1面に掲載されたように、北朝鮮に…

     昨日の本紙1面に掲載されたように、北朝鮮による拉致被害者家族会などは都内で「政府に今年中の全被害者救出を再度求める国民大集会」を開いた。27日に行われる南北首脳会談や6月初旬までに予定される米朝首脳会談は、拉致被害者全員の即時一括救出につなげる大きな機会である。

     集会で安倍晋三首相は、先の訪米でトランプ米大統領から「米朝首脳会談で拉致問題を提起する。日本のために最善となるよう、ベストを尽くす」と確約されたことを報告した。

    1
    続き

    日本は領土主権者がいない無主地なの?

    日本の「領土主権者」は誰でしょう。

    もし「領土主権者」がいない、もしくは憲法上何の規程もないのなら、日本は「無主国」ということになってしまいます。

    そうであれば「日本は日本人だけのものではない」というどっかの誰かの言い分は、正論ということになるし、どの国であれ侵略も侵犯も、日本国内での日本人からの収奪も思いのままです。

    「主権」という言葉は誰でも知っている言葉です。

    2
    続き

    見えてくる野党崩壊のシナリオ

     立憲民主党が募集している立憲パートナーは、18歳以上なら国籍は関係ないそうです。

     つまり、外国人からの献金が可能になる制度なのです。でも、法の裏をかくことが得意な立憲民主党の面々は、これを政治資金とは別建てで運用します。

     しかし、このお金がなかったら党費や党予算から支出するものですから、実質的な党の運営にかかわることになります。

    7
    続き