«
»

経済 rss

氷河期世代の就職・就労支援に焦点当て問題点を指摘した東洋経済

 人口減少が進むわが国において、近年ほど労働環境の変化が著しい時代はないといって過言ではない。過労死ラインを超える時間外労働がたびたび問題化される中で、以前のような残業を強いる雇用形態は消失しつつある。併せて、従業員に副業を認める企業も増えつつある。 

 生産労働人口(15歳から65歳まで)が減少し、人手不足が叫ばれる中でより有能な人材を確保したいという企業の思惑があるが、その一方で正社員になれない非正規雇用労働者は依然として多く、さらに氷河期世代の引きこもりは社会問題にもなっている。政府は今年、氷河期世代に対して就職支援に乗り出すというが、果たして妙策はあるだろうか。

0
続き

【HEB】ストアアプリ販促に食料品を生涯無料!できる食品スーパーはアプリで語る?

■電話やカメラ、手帳、ゲーム、お財布など様々な機能を搭載するようになったスマートフォンは、日常生活にはなくてなならない生活インフラだ。

ミレニアルなどの若い世代はスマートフォン・アプリを使いこなし、日常行動を便利にコントロールしている。中には起床から就寝まで片時も手放せないほどスマートフォンに依存した生活を送っている人もいるほどだ。

0
続き

【フェアウェイ・マーケット】倒産報道を否定したNY老舗スーパーが翌日に倒産!

■ニューヨーク老舗スーパーマーケットのフェアウェイ・マーケット(Fairway Market)は23日、連邦破産法11条を申請し倒産した。

フェアウェイ・マーケットは2016年に負債総額で約4億ドルで倒産している。

0
続き

訪日客過去最高 地方誘客、コト消費に知恵を

 日本政府観光局が発表した2019年の訪日外国人数(推計値)は、2・2%増の3188万2100人となり、過去最高を記録した。伸びが鈍っているため、20年4000万人の目標達成は厳しい状況だが、東京五輪・パラリンピックの開催で注目が集まる中、できるだけ多くの外国人客を呼び寄せ、観光日本をアピールしていきたい。

韓国人客減少で伸び鈍化

1
続き

金融政策の枠組み修正の年か

鈴木政経フォーラム代表・経済学博士 鈴木 淑夫

 2020年の年頭に当たり、本年の日米欧の金融政策を展望してみたい。

 昨年は米中貿易戦争に伴うグローバル・バリューチェーンの混乱から世界経済は減速し、主要国は多かれ少なかれその影響を受けた。

1
続き

【アマゾン】手のひら決済の端末を開発?中国はイノベーションも国の手のひらの上だ!!

■ウォール・ストリート・ジャーナル紙は18日、アマゾンが手のひらで支払いが可能となる端末を開発中であることを報じた。

アマゾンによる非接触生体認証の開発やパテント申請についてはこれまで報じられていた。

同紙が匿名の関係者の話として伝えたところによると、アマゾンは手のひらで支払いできる端末を他の小売店やファーストフード店、コーヒーショップなどアマゾン以外のリアル店舗に売り込む計画を持っている。

0
続き

【Amazon Go】ワシントンDCに大型店?プライムナウ等の宅配サービスとどう紐付け?

■レジなしコンビニエンスストアのアマゾン・ゴーの大型店がシアトル市内にオープン間近となっているが、ワシントンDCにも同様な店舗がオープンしそうだ。

ワシントンDCの当局が13日に許可を発行したサイトプランによると、複合施設のプロジェクト「Liz」にオープンするアマゾンの小売施設(1701 14th St NW Washington, DC 20009)は8,041平方フィート(225坪)の面積。

0
続き

米中貿易協議 米国は構造改革を促し続けよ

 トランプ米大統領と中国の劉鶴副首相は米ホワイトハウスで貿易協議での「第1段階」の合意文書に正式署名した。

 世界1位と2位の経済大国間の貿易戦争は制裁と報復のエスカレーションの状態からしばしの小休止に転じた。だが、中国の構造問題は未解決のままだ。

追加関税の一部引き下げ

0
続き

【ウォルマート】在庫管理ロボットが1,000店に展開!ロボット進化で売り場も変わる?

■ウォルマートは今年、商品棚をスキャンしながら在庫管理するロボットを大幅に導入する。

シェルフ・スキャニング・ロボットを開発するボサノバ・ロボティクスが13日に発表したところによると、ウォルマートは同社と提携し「オートS(Auto-S)」を新たに650台を追加導入する。

0
続き

ゴーン被告、「自画自賛のショー」「怒りをぶちまけた」

 日本から保釈中に国外逃亡したゴーン被告(65)が9日、レバノン・ベイルートで行った記者会見の様子を仏メディアは一斉に報じた。仏国際ニュース専門チャンネルのフランス24は「ゴーンのショーだった」とのSNSの投稿を紹介した。

1
続き

ゴーン被告、日本での身柄確保に全力を

 日本から逃亡した日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告が、滞在中のレバノンで記者会見し、潔白を主張した。

 しかし保釈中で海外渡航が禁じられているにもかかわらず、日本から無断出国したことは重大な違法行為である。無罪の主張は日本の法廷で行うべきではないのか。

レバノンで逃亡を釈明

3
続き

【アレクサ】ガソリン給油も音声!「経験がないから柔軟」で音声コマンドが拡大する?

■アマゾンは6日、エクソンモービルと提携しアレクサの音声指示によるガソリン給油を発表した。アレクサを利用することでGSでの支払いを簡略化し利便性を高める。

アマゾンによると、ボイスコマンドでのガソリン代を支払う機能はアレクサ対応の車やエコーオートなどアレクサ対応のモバイル所有者から利用可能となる。対象となるスタンドは1万1,500以上のエクソンとモービルのガソリンスタンド。

0
続き

【ストアアプリ】プロが選んだ大手チェーンのアプリはターゲット!実店舗より重要に?

■電話やカメラ、手帳、ゲーム、お財布など様々な機能を搭載したスマートフォンは生活のあらゆる場面で使われるようになっている。

ミレニアルなどの若い世代はスマートフォンに依存するほど使い倒している。

大手チェーンストアも顧客にシームレスで便利な買い物を提供するためストアアプリの開発に莫大な投資を行っている。

これからの消費者はスマートフォンを使いこなして買い物を便利に行うことが予想できるからだ。

0
続き

20年の日本経済 経済対策の規模に慢心するな

 新年の日本経済がスタートした。東京五輪イヤーの今年はどんな展開をたどるのか。世界経済・貿易の最大懸念である米中貿易摩擦問題に明るい兆しも見えるが、五輪後の状況には不安の声も根強い。政府は昨年末に26兆円規模の経済対策をまとめた。規模に慢心せず、機敏かつ適切な運営に努めてほしい。

五輪後の不況への懸念も

0
続き

年末を飾るにふさわしいゴーン被告の大逃亡劇

2019年12月31日

 東京地検特捜部は経営者史上、空前の犯罪者、巨悪として、元日産会長のゴーン被告を逮捕、訴追していました。来春の公判開始を前に、ゴーン被告は監視の目をすり抜け、なんとプライベート・ジェット機でレバノンの首都ベイルートに逃亡しました。やってくれました。

1
続き

各紙批判の20年度予算案論評でも気になる読売の消費増税への傾き具合

 「『100兆円』は持続可能なのか」(読売)、「健全化遠い実態直視を」(朝日)、「『身の丈』に合わぬ放漫さ」(毎日)、「歳出の改革は置き去りか」(産経)、「財政の持続性に不安残す来年度予算案」(日経)、「財政再建は置き去りか」(東京)――。

0
続き

【おもちゃ】キッズ・ユーチューバー!ライアン君のおもちゃがバカ売れする理由とは?

■ビジネス誌のフォーブス誌は19日、ユーチューバーでの年収ランキングで8歳のライアン・カジくんがトップになったことを発表した。

フォーブス誌のデータ(2018年6月~2019年6月までの推定収入)によると、ライアン君のYouTubeからの年収は2,600万ドル(約28億円)だった。

0
続き

20年度予算案 成長持続と強靭化で大型に

 2020年度の政府予算案が閣議決定された。一般会計総額は102兆6580億円と過去最大である。厳しい安全保障環境、少子高齢化の進行、想定を超えた自然災害の多発など諸々の危機への対処を施した予算と言える。

 最大の支出項目である社会保障費の拡大をいかに抑制するか課題は残るが、増税後の成長持続へ苦心の跡も窺(うかが)える。経済社会の活力維持へ、成長重視の視点は引き続き重要である。

1
続き

かんぽ不正販売 企業体質の改善が急務だ

 かんぽ生命保険の不適切販売問題を検証した特別調査委員会(委員長・伊藤鉄男弁護士)の調査報告書が公表された。法令や社内規定に違反した疑いがある契約は1万2836件に上り、そのうち670件を法令・社内規定違反と認定した。

 規範意識の低さにはあきれるばかりだ。早急に組織を立て直す必要がある。

社内で黙認される風潮

2
続き

【サムズクラブ】ボルトが2分53秒17の買い物で「人類史上最速の買い物客」を達成!?

■ウォルマート傘下で会員制倉庫型販売のサムズクラブはウサイン・ボルト氏とアリソン・フェリックス氏をコマーシャルに起用し話題となっている。

ジャマイカの元陸上競技短距離選手であるボルト氏は「人類史上最速のスプリンター(The greatest sprinter of all time)」と評され通算で11個の金メダルを獲得、一方、フェリックス氏は通算12個の金メダルを保持する陸上短距離選手だ。

0
続き

経済政策の戦略を転換せよ

鈴木政経フォーラム代表、経済学博士 鈴木 淑夫

 安倍晋三氏の総理在任期間が、憲政史上最長となった。長く総理を務めることによって、国際政治における日本の存在感が高まったことは功績として評価したい。とくに米国のトランプ大統領がアメリカ第一の一国中心主義を掲げる中で、米国抜きの環太平洋連携協定(TPP)を成立させ、また東南アジア諸国との自由貿易を推進するなど多国主義を貫いていることは、評価できる。

0
続き

12月日銀短観 懸念される消費税増税の影響

 懸念していた通りである。12月の日銀全国企業短期経済観測調査(短観)は、10月の消費税増税や台風19号の影響が幅広い業種で顕著に表れたことを示した。米中貿易摩擦の長期化で輸出が振るわない中、頼みの内需関連の業種にも増税などのショックが加わり、企業の景況感を一段と冷え込ませた。

 米中貿易協議の「第1段階」合意や政府の経済対策から先行きに回復の兆しも見えるが、増税の影響がどこまで長引くか読みにくく、楽観は禁物である。

3
続き

【トイザらス】復活もいきなり絶賛炎上中!米国流通視察で参加者が集まらなくなると?

■企業精算したトイザらスが復活するもいきなり炎上騒動に見舞われている。

トイザらスの商標権を保有するツルーキッズ(TRU Kids)が最近、IoTショールームを展開するベータ(B8ta)とソフトウェア企業のリテールネクスト(RetailNext)と提携しトイザラスを2店舗オープンした。

0
続き