■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 経済 rss

    【ドッグスポット】スマート犬小屋は食品スーパーに犬を同伴する迷惑客に大きな圧!?

    ■犬を同伴する顧客のためスマート犬小屋を提供する食品スーパーが徐々に増えている。

    スーパーマーケットチェーン最大手クローガーの傘下でワシントン州シアトル郊外に62店展開するQFCは4月、スタートアップのドッグスポット(DogSpot)のハイテク犬小屋を8店舗に置くことを発表した。

    QFCは現在までに7店舗にドッグスポットを設置し、さらに2店舗に置く。

    0
    続き

    米中首脳、貿易交渉再開で一致

    トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は29日、大阪市内のホテルで会談し、暗礁に乗り上げていた貿易交渉を再開することで一致した。米国による対中関税第4弾の発動は当面見送られる。トランプ氏は、安全保障上の懸念から中国通信大手の華為技術(ファーウェイ)に課していた禁輸措置についても、限定的に解除することを表明。決裂による深刻な事態は当面回避されたものの、今後の交渉で成果を見いだせるかは、予断を許さない。

    1
    続き

    【アマゾン】ボピスの「カウンター」をライトエイドで開始!幾何級数的成長で悲鳴も?

    ■ネット通販最大手のアマゾンは27日、大手チェーンストアなど店舗を持つ企業と提携して注文品を渡すサービスを開始することを発表した。

    アマゾンロッカーや留守宅に宅配する以外にもピックアップ拠点を増やし利便性を高める。

    提携する企業にはピックアップで集客できるというメリットがある。

    新ピックアップ・サービスの「カウンター(Counter)」で最初の提携先となったのはドラッグストアチェーンのライトエイド。

    0
    続き

    割高な携帯料金の規制に「理解」を示す読売、日経は「時限措置」強調

     通信料が高いと批判されてきた携帯電話について、総務省が、2年契約を途中で解約する際の違約金上限を1000円に引き下げる―などとする新たな省令案をまとめ、今秋に施行する予定である。

    0
    続き

    【セブンイレブン】公園やビーチなど人気スポットに時短配達!お台場ビーチに配達も?

    ■コンビニエンスストアチェーン最大手のセブンイレブンは24日、公園やビーチなど人気スポットへのデリバリーを開始したことを発表した。

    いつでもどこでも顧客が好きな時に注文ができて、自由に決済方法を選び、都合のよい時に都合のよい場所で受け取ることができるシームレスなオムニチャネルにコンビニも近づいた形だ。

    0
    続き

    【Amazon Go】スタバのコーヒー販売でAIやコンピュータービジョンの限界を実証!?

    ■レジなしコンビニエンスストアのアマゾンゴーのニューヨーク2号店は、スターバックスのコーヒーを販売している。

    キャッシャーフリーとも呼ばれるアマゾンゴーは人工知能(AI)やコンピューターヴィジョンを駆使することで、レジでの精算なしで食品を買うことができる革新的な店舗。

    1
    続き

    【ハッピーリターンズ】オンライン専売ストアの返品をモールやリアル店で受け付ける!

    ■デパートメントストアのコールズは今年4月、全店でアマゾンで購入した商品の返品を受け付けることを発表した。アマゾンとの提携を拡大することで返品でやってくるお客から売上を得るのが狙いだ。アマゾンにとっては返品を店に持ってきてもらうことで物流を効率化でき、コストを削減できるのだ。

    実は店舗を持たないオンライン専売ストアの返品を受け付ける、ユニークなスタートアップ企業がある。

    0
    続き

    携帯違約金、料金引き下げへ知恵絞れ

     総務省の有識者会議が、携帯電話の2年契約を途中で解約する際の違約金上限を1000円に引き下げることで一致した。これを踏まえ、同省は改正電気通信事業法の省令改正案をまとめ、今秋の法施行を目指す。

     携帯大手3社は「縛り」が実質的になくなる中、10月に参入する楽天と共に知恵を絞り、高いと批判されてきた料金の引き下げを進めてほしい。

     上限が1000円に

    0
    続き

    今こそ財政政策が前に出よ

    鈴木政経フォーラム代表、経済学博士 鈴木 淑夫

    1
    続き

    【ギターセンター】楽器店もイノベーション!初心者の90%は1年目で練習を断念する?

    ■多くのチェーンストアが大量閉鎖したり企業清算する中、楽器専門チェーン最大手のギターセンターは店舗数を着実に増やしている。

    先月10日もハワイ州オアフ島のパールシティに290店舗目をオープンした。ギターセンターは今年、530坪のパールシティ店を含め6店舗オープンする計画だ。

    昨年は7店舗をオープンしており、年間6~10店舗のペースで出店していくという。

    0
    続き

    民泊法1年、健全営業で訪日客増やしたい

     旅行者らに住宅を有料で貸し出せる住宅宿泊事業法(民泊法)の施行から1年を迎えた。

     政府は2020年に訪日外国人旅行者を4000万人に増やす目標を掲げ、宿泊の受け皿づくりを進めている。民泊はホテルなどに比べ宿泊料が安く、地域住民との交流も楽しむことができる。訪日客を丁寧にもてなし、海外の「日本ファン」を増やすことができれば、日本の外交にもプラスになろう。

    地方では普及進まず

    0
    続き

    骨太方針原案、氷河期世代正社員化に全力を

     政府が経済財政諮問会議で示した経済財政運営の指針(骨太の方針)原案は、いわゆる「就職氷河期世代」の正規雇用化を柱に据えている。

     高齢化と人口減少の時代に入ったわが国の社会保障制度を支える労働者を増やすとともに未婚率の低下をもたらし得る。遅きに失したとはいえ、明るい日本経済につなげたい。

    3年間で30万人増やす

    0
    続き

    【パブリクス】セルフスキャニング!さいふを忘れても平気なサザエさんの時代になる?

    ■フロリダ州などに1,218年を展開するスーパーマーケットチェーンのパブリクスがストアアプリでスキャンしながら買い物を行うシステムを導入する。

    レジ待ちやレジ会計の時間を短縮することで顧客満足度を高める決済システムは、お客がスマートフォンに専用アプリをダウンロードして、商品のバーコードをスキャンしながらレジで決済する。

    0
    続き

    【アマゾン】翌日配送で競合ウォルマートに対し圧倒的な「1,000万品目以上」と強調!

    ■ネット通販最大手のアマゾンは3日、プライム会員向けに1,000万点以上の商品を翌日配送にすると発表した。スピード配達で競っている競合ウォルマートに対してアマゾンは翌日配達の商品数等で圧倒した形となった。

    0
    続き

    「2%成長」でも内需「不安」としつつ増税に触れなかった日経の真意

     2018年1~3月期の国内総生産(GDP)は実質で前期比0・5%増、年率では2・1%増と大方の予想を上回る良い数字だった。輸入が輸出以上に悪かったため外需が成長率に寄与したのである。輸入は内需の強弱をも反映するから、それだけ内需が弱かったということである。

    0
    続き

    米中貿易戦争、団結する米国

    アメリカン・エンタープライズ研究所客員研究員 加瀬 みき

     アメリカの対外政策を読み解くのは簡単ではない。「アメリカ」とは政権なのか、大統領なのか、議会、共和党か民主党、ビジネス界、あるいは有権者なのか。通常はさまざまなプレーヤーの思惑は一致せず、綱引きの結果「アメリカ」の政策が決まるため、必ず政策への反対分子がおり、他国が付け入る弱点がある。

    3
    続き

    【オーガニック】過去最大5.7兆円も価格競争で成長率鈍化!ラーメンもオーガニック?

    ■オーガニックトレード協会(OTA)は17日、アメリカ国内のオーガニック市場が昨年、525億ドル(約5.7兆円)に達したことを発表した。

    2019年オーガニック業界調査レポートによると、オーガニック食品市場は2018年に479億ドルの規模となっており、前年から5.9%と伸びとなった。食品全体に占めるオーガニック食品の割合が5.7%と過去最大となった。

    0
    続き

    【モバイルオーダー】ディズニー直営ホテルのクイックサービス・レストランでも開始!

    ■フロリダにあるウォルト・ディズニー・ワールド直営ホテル内のレストランがモバイルオーダー&ペイを始める。

    0
    続き

    1~3月期GDP、内需の弱さ改めて浮き彫りに

     喜べぬどころか、逆に心配が深まった――内閣府が発表した2019年1~3月期の国内総生産(GDP)である。

     実質年率2・1%のプラス成長は、輸出以上に輸入が減少した計算上の結果で、実態はそれだけ内需の弱さを浮き彫りにした。下降局面入りしたとも指摘される景気は、米中貿易摩擦激化の影響が今後下押し要因としてのしかかる。10月に消費税増税を実施するには環境が一段と厳しくなりつつある。

    0
    続き

    金融政策の路線修正図る米欧

    鈴木政経フォーラム代表、経済学博士 鈴木 淑夫

    0
    続き

    【大量閉店】パリピ御用達店も大量閉鎖!パーティ・イズ・オーバーの意外な理由とは?

    ■調査会社のコアサイト・リサーチによると、5月17日までに発表されたアメリカ国内の閉鎖店舗数はトータルで6,378店舗にのぼった。今年はまだ半年も経っていないにもかかわらず、昨年1年間で閉鎖となった5,864店を超えるペースで店舗閉鎖が起きているのだ。

    0
    続き

    景気「悪化」、「後退局面」の可能性高まる

     緩やかな拡大を続けていた景気は、既に「後退局面入り」している可能性が大きい――まだ断定はできないが、3月の景気動向指数をはじめ、最近発表される経済指標はそれを裏付けつつある。

     景気動向は10月予定の消費税増税の実施判断にも影響を与えるだけに、永田町では増税延期、衆参同日選の憶測も出ている。増税は経済に大きな影響を及ぼすだけに、米中貿易摩擦の行方をにらみつつ、熟慮にも熟慮を重ねた判断を求めたい。

    1
    続き

    【ウォルマート】ピックアップ等の拡大で実店舗の売上増!EC体験に勝る学びはなし?

    ■ウォルマートが16日発表した第1四半期(2月~4月期)決算は、グローサリーピックアップや宅配サービスの拡大が寄与し予想を上回った。

    会員費等を含む総売上高は1.0%増となる1,239.3億ドルだった。為替変動の調整では総売上高は1257.8億ドルとなり、前年同期から2.5%の増加だった。純利益は前年同期から80%の増加となる38.4億ドルだった。

    0
    続き